九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
関谷 実(せきや みのる) データ更新日:2017.10.12

教授 /  理学研究院 地球惑星科学部門 太陽惑星系物質科学


主な研究テーマ
太陽系小天体の温度分布
キーワード:太陽系、小惑星、 隕石
2009.04.
微惑星の形成過程
キーワード:太陽系、惑星、固体微粒子
1994.04.
Chondruleの形成過程
キーワード:隕石、太陽系、惑星、小惑星
1994.04.
従事しているプロジェクト研究
九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト:地球外物質と生命の起源を含めた太陽系形成に関する研究
2002.04~2005.03, 代表者:村江達士, 九州大学(日本)
小惑星探査機「はやぶさ」の持ち帰る資料を将来分析することを視野に入れた地球外物質と生命の起源を含めた太陽系形成に関する研究.
研究業績
主要原著論文
1. Minoru Sekiya, Akihito Shimoda, An iterative method for obtaining a nonlinear solution for the temperature distribution of a rotating spherical body revolving in an eccentric orbit, Planetary and Space Science, 97, 23-33, 2014.07.
2. Minoru Sekiya, Akihito Shimoda, An iterative method for obtaining a nonlinear solution for the temperature distribution of a rotating spherical body revolving in a circular orbit around a star, Planetary and Space Science, 84, 112-121, 2013.08.
3. Minoru Sekiya, Akihito A. Shimoda, Shigeru Wakita, An iterative method for obtaining a nonlinear solution for the temperature distribution of a spinning spherical body irradiated by a central star, Planetary and Space Science, 60, 304-313, 2012.01.
4. Shigeru Wakita and Minoru Sekiya, Numerical simulation of the gravitational instability in the dust layer of a protoplanetary disk using a thin disk model, The Astrophysical Journal, 675巻1559-1575ページ, 2008.03.
5. Minoru Sekiya and Hidenori Takeda, Does the gas flow through a porous dust aggregate help its growth in a protoplanetary disk?, Icarus, 176, 1, 220-223, 176巻 220-223ページ, 2005.01.
6. Naoki Ishitsu and Minoru Sekiya, The effects of the tidal force on shear instabilities in the dust layer of the solar nebula, Icarus, 165, 1, 181-194, Vol. 165, No. 1, PP. 181-194., 2003.09.
7. Minoru Sekiya, Masayuki Uesugi and Taishi Nakamoto, Flow in a Liquid Sphere Moving with a Hypersonic Velocity in a Rarefied Gas - An Analytic Solution of Linearized Equations -, Progress of Theoretical Physics, 109, 5, 717-728, Vol. 109, No. 5, PP. 717-728, 2003.05.
8. Minoru Sekiya and Hidenori Takeda, Were planetesimals formed by dust accretion in the solar nebula?, Earth, Planets and Space, 55, 5, 263-269, Vol. 55, No. 5, PP. 263-269., 2003.05.
9. Minoru Sekiya, Quasi-equilibrium density distributions of small dust aggregations in the solar nebula, Icarus, 133, 2, 298-309, Vol.133, No.2, PP.298-309., 1998.06.
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本惑星科学会
日本天文学会
学協会役員等への就任
2011.01, 日本惑星科学会, 会計監査.
2007.05~2008.05, 日本惑星科学会, 最優秀賞選考委員長.
2006.05~2007.05, 日本惑星科学会, 最優秀賞選考委員会幹事.
学会・研究会における座長等
2007.09, 日本惑星科学会2007年秋季講演会, 座長.
2006.10, 日本惑星科学会2006年秋季講演会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2008.11.01~2008.11.03, 日本惑星科学会秋季講演会, 実行委員長.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2013年度
2010年度
2007年度
2006年度      
2005年度        
2004年度        
2003年度      
2002年度          
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, 地球惑星科学部門年報, 2006.09.
地球惑星科学部門年報, 研究テーマ、研究業績, 1995.10.
ホームページ, 研究内容, 1998.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2019年度, 基盤研究(C), 代表, 原始惑星系ガス円盤の散逸に伴う微惑星形成モデルの構築.
2010年度~2010年度, 基盤研究(B), 分担, 太陽系外縁部に存在したコンドリュールの形成および輸送過程.
2005年度~2006年度, 特定領域研究(A)特定領域研究(B), 代表, 微惑星の形成過程から見た系外惑星系の多様性の起源.
2004年度~2007年度, 基盤研究(B), 分担, 同位体宇宙科学的手法による原始太陽系星雲の散逸時期の推定.
学内資金・基金等への採択状況
2002年度~2004年度, P&P, 分担, 地球外物質と生命の起源を含めた太陽系形成に関する研究.

九大関連コンテンツ