九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
瀧上 隆智(たきうえ たかのり) データ更新日:2018.06.15

教授 /  基幹教育院 自然科学実験系部門 教育実践部・自然科学部門


主な研究テーマ
油/水界面吸着膜状態の巨視的研究
キーワード:界面張力,吸着膜の相転移,混和性,吸着の相図
1995.10.
シンクロトロンX線反射・回折・吸収による界面吸着膜の構造解析
キーワード:シンクロトロンX線、X線反射、微小角入射X線回折、全反射XAFS
1999.10.
ソフト界面における自発的多重膜形成
キーワード:FCジオール,水平配向凝縮膜,自発的多重膜形成
2005.04.
ソフト界面膜における不均一膜形成と線張力
キーワード:ドメイン、線張力、界線活性剤、脂質ベシクル
2012.04.
従事しているプロジェクト研究
脂質ベシクル系におけるドメイン形成と線張力
2017.06, 代表者:瀧上隆智, 九州大学, 九州大学(日本)
飽和脂質ー不飽和脂質ーコレステロールからなる脂質ベシクル系の液体秩序(Lo)/液体無秩序(Ld)相共存領域におけるドメイン線張力の定量およびドメイン形態と線張力との関りを明らかにすることを目的に、Feigenson教授(コーネル大学)と共に共同研究を立ち上げた。.
ドメイン線張力に関する共同研究
2008.08, 代表者:瀧上隆智, 九州大学, 日本学術振興会(日本)
ドメイン線張力測定法に関するバイロイト大学・フィッシャー博士およびコロラド大学・シュバルツ教授との共同研究.
アメリカ合衆国との二国間交流事業(共同研究)
2008.04~2010.03, 代表者:瀧上隆智, 九州大学, 日本学術振興会(日本)
液/液界面膜構造に関するイリノイ大学・シュロスマン博士との共同研究.
Japan-U.S. Cooperative Science Program (JSPS)
2002.04~2005.03, 代表者:荒殿 誠, 九州大学, 九州大学・大学院理学研究院(日本)
油/水界面吸着膜の相転移の直接証明および精密構造解析を、相手方国内のブルックヘブン国立研究所でのX線反射率測定および主催側研究機関による界面張力測定と並行して遂行している。現在までに、界面張力測定から見出された吸着膜相転移をX線反射率測定から求まる界面被覆率の変化から直接証明することに成功している。さらに、膨張膜と呼ばれてきた状態において、分子が非常に密にパッキングした凝縮膜ドメインと分子密度の非常に希薄な気体膜ドメインとの共存状態である描像を提唱するに至っている。.
研究業績
主要原著論文
1. Shusaku Ueno, Yuichi Takajo, Shunsuke Ikeda, Ryo Takemoto, Yosuke Imai, Takanori Takiue, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Surface dilational viscoelasticity of aqueous surfactant solutions by surface quasi-elastic light scattering, Colloid and Polymer Science, 10.1007/s00396-018-4297-8, 296, 781-798, 2018.02.
2. Miyako Tsuura, Aya Shuto, Shinya Hiraki, Yosuke Imai, Hiroyasu Sakamoto, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Hajime Tanida, Kiyofumi Nitta, Tomoya Uruga, Takanori Takiue, Surface freezing and molecular miscibility of binary fluoroalkanol-alkanol liquid mixture, Colloids and Surfaces A, 10.1016/j.colsurfa.2017.04.047, 525, 31-37, 2017.07.
3. Takanori Takiue, Shinya Hitaki, Heterogeneous Structure and Line Tension in Interfacial Film
(界面膜の不均一構造と線張力), Netsu-Sokutei, 44, 2, 60-64, 2017.04.
4. Law Bruce, Sean McBride, Jiang Yong Wang, Haeng Sub Wi, Govind Paneru, Santig Betelu, Baku Ushijima, Yoichi Takata, Bret Flanders, Hiroyasu Sakamoto, Fernando Bresme, Takanori Takiue, Makoto Aratono, Hiroki Matsubara, Line tension and its influence on droplets and particles at surfaces, Progress in Surface Science , 10.1016/j.progsurf.2016.12.002 , 92, 1-39, 2017.02.
5. Kenta Mitani, Yosuke Imai, Toshiaki Ina, Kiyofumi Nitta, Hajime Tanida, Tomoya Uruga, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Takanori Takiue, Effect of Hydrophobic Chain Structure on Phase Transition and Domain Formation of Hybrid Alcohol Films Adsorbed at the Hexane/Water Interface, Journal of Physical Chemistry B, 10.1021/acs.jpcb.5b07632, 119, 12436-12445, 2015.08.
6. Shinya Hiraki, Tsukasa Goto, Hajime Tanida, Kiyofumi Nitta, Toshiaki Ina, Tomoya Uruga, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Takanori Takiue, Adsorbed film of n-tetradecylphosphocholine at thetetradecane/water interface studied by interfacial tensiometry and X-ray reflection, Colloids and Surfaces A, 10.1016/j.colsurfa.2015.06.033, 482, 454-463, 2015.07.
7. Ryushi Fukuhara, Hajime Tanida, Kiyofumi Nitta, Toshiaki Ina, Tomoya Uruga, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Takanori Takiue, Effect of Molecular Orientation on Monolayer and Multilayer Formations of Fluorocarbon Alcohol and Fluorocarbon-α,ω-diol Mixture at the Hexane/water Interface, Journal of Physical Chemistry B, 118, 12451-12461, 2014.10.
8. Takanori Takiue, Takuya Tottori, Kazuo Tatsuta, Hiroki Matsubara, Kiyofumi Nitta, Hajime Tanida, Tomoya Uruga, Makoto Aratono, Multilayer Formation of the Fluoroalkanol - ω-Hydrogenated Fluorocarbon Mixture at the Hexane/Water Interface Studied by Interfacial Tensiometry and X-ray Reflection, Journal of Physical Chemistry B, 116, 13739-13748, 2012.10.
9. T. Takiue, F. Nakamura, H. Sakamoto, H. Matsubara, and M. Aratono, Miscibility and multilayer formation of fluoroalkane-α,ω-Diol mixtures at the air/water interface, Journal of Physical Chemistry B, 115, 3, 471, 2011.04.
10. D. Murakami, T. Fukuda, H. Matsubara, M. Aratono, T. Takiue , Molecular orientation and miscibility of fluorinated α,ω-alkanediol and alcohol at the hexane/water interface, Colloids and Surfaces A: Physicochemical and Engineering Aspects , 354, 1-3, 205, 2010.05.
11. M. Aratono, H. Matsubara, and T. Takiue, Thermodynamic and structure studies of Gibbs films at soft interfaces , Journal of Thermal Analysis and Calorimetry , 99, 51, 2010.05.
12. T. Takiue, T. Fukuda, D. Murakami, H. Sakamoto, H. Matsubara, M. Aratono, Molecular orientation and multilayer formation in the adsorbed film of 1H,1H,10H,10H-perfluorodecane-1,10-diol at the hexane/water interface; Pressure effect on the adsorption of fluoroalkane-diol, Journal of Physical Chemistry B, 113, 14667-14673, 2009.11.
13. M. Aratono, D. Murakami, H. Matsubara, T. Takiue, Phase transition and domain formation in the Gibbs adsorbed films of long-chain alcohols, Journal of Physical Chemistry B, 113, 6347-6352, 2009.04.
14. T. Takiue, F. Nakamura, D. Murakami, T. Fukuda, A. Shuto, H. Matsubara, and M. Aratono, Molecular Orientation and Multilayer Formation of 1H,1H,8H,8H-Perfluorooctane-1,8-diol at the Air/Water Interface
, Journal of Physical Chemistry B, 113巻、6305-6310, 2009.03.
15. K. Kashimoto, J. Yoon, B. Hou, C-H. Chen, B. Lin, M. Aratono, T. Takiue, and M. L. Schlossman, Structure and Depletion at Fluorocarbon and Hydrocarbon/Water Liquid/Liquid Interfaces
, Physical Review Letters, 101巻、7号、076102, 2008.08.
16. K. Kashimoto, K. Shibata, T. Matsuda, M. Hoshide, Y. Jimura, I. Watanabe, H. Tanida, H. Matsubara, T. Takiue, and M. Aratono, Preferential Adsorption of Cationic Surfactant Mixture Studied by Bromide Ion Selective Total-Reflection XAFS Measurement
, Langmuir, 24巻、13号、6693-6697, 2008.07.
17. T. Takiue, T. Fukuda, D. Murakami, H. Inomata, H. Sakamoto, H. Matsubara, and M. Aratono, Phase Transition and Molecular Orientation in the Adsorbed Film of 1H,1H,10H,10H-Perfluorodecane-1,10-diol at the Hexane/Water Interface
, Journal of Physical Chemistry C, 113巻、13号、5078-5084, 2008.04.
18. S. V. Pingali, T. Takiue, G. Luo, A. M. Tikhonov, N. Ikeda, M. Aratono, and M. L. Schlossman, X-Ray Studies of Surfactant Ordering and Interfacial Phases at the Water-Oil Interface, Journal of Dispersion Science & Technology, 2006.08.
19. Takanori Takiue, Daiki Murakami, Takafumi Tamura, Hiroki Matsubara, Hiroyasu Sakamoto, Makoto Aratono, Effect of w-Hydrogenation on the Adsorption of Fluorononanols at the Hexane/Water Interface: Temperature Effect on the Adsorption of Fluorononanols, Journal of Physical Chemistry B, 2005.08.
20. Sai Venkatesh Pingali、瀧上隆智、Guanming Luo、Aleksey Tikhonov、池田宜弘、荒殿 誠、Mark Schlossman, 水とH(CH2)20OHおよびF(CF2)8(CH2)2OHのヘキサン溶液間界面の構造と相挙動に関するX線反射率と界面張力による研究, Journal of Physical Chemistry B, 109巻、1210〜1225ページ, 2005.02.
21. 瀧上隆智、Dieter Vollhardt, 空気/水界面でのラングミュア膜におけるアルカノールとフルオロアルカノールの
混和性, Colloids and Syrfaces A, 198-200巻、797〜804ページ, 2002.03.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 瀧上 隆智, 平城慎也, 界面膜の不均一構造と線張力, 熱測定, 2017.04.
2. 今井洋輔, 瀧上 隆智, 松原 弘樹, 荒殿 誠, ソフト界面吸着膜の対イオン分布と膜構造, オレオサイエンス誌, 2015.10.
3. 瀧上 隆智, シンクロトロン放射光を利用したソフト界面膜の研究, 日本膜学会誌, 2014.10.
4. 瀧上 隆智, 矢野陽子, 界面研究への放射光の利用, CSJカレントビュー第14号「化学への応用が広がる放射光」, 2013.03.
5. 谷田 肇, 瀧上 隆智, 原田 誠, 永谷広久, ソフト界面分子膜の精密構造解析Ⅰ X線吸収分光法, オレオサイエンス誌, 2012.02.
6. T. Takiue and M. Aratono, Adsorption at Soft Interfaces for Understanding Nanotechnology, Encyclopedia of Nanoscience and Nanotechnology, Marcel Dekker, 2009.11.
7. 荒殿 誠,瀧上隆智, 流体系界面吸着膜の圧力誘起相転移, 高圧力の科学と技術, 2007.05.
8. 荒殿 誠、瀧上隆智, Liquid-Liquid Interfacial Films, Encyclopedia of Surface and Colloid Science, Marcel Dekker, 3098〜3108ページ, 2002.05.
9. 荒殿 誠、瀧上隆智, Miscibility in Binary Mixtures of Surfactants, Mixed Surfactant Systems, Marcel Dekker, 2002.01.
主要学会発表等
1. 瀧上 隆智, 放射光により見えてくるソフト界面膜の新たな描像とその展開, 第35回 コロイド界面・技術シンポジウム, 2018.01.
2. 早瀬はるな, 平城慎也, 伊奈稀哲, 新田清文, 宇留賀朋哉, 谷田肇, 今井洋輔, 瀧上隆智, 陽イオン界面活性剤-一本鎖リン脂質混合吸着膜の構造と分子混和性, 平成29年度九州コロイドコロキウム, 2017.09.
3. 砥上莉奈子, 斉木孝輔, 伊奈稔哲, 新田清文, 宇留賀朋哉, 谷田肇, 今井 洋輔, 池田 宜弘, 瀧上 隆智, W/O型エマルション膜の安定性に及ぼす飽和リン脂質多重膜形成の効果, 平成29年度九州コロイドコロキウム, 2017.09.
4. 田原佐衣子, 東那美, 山中美智男, 今井洋輔, 瀧上隆智, ドデシルスルホベタイン‐ドデカノイルホスファチジルコリン系の吸着膜とミセルにおける相互作用, 平成29年度九州コロイドコロキウム, 2017.09.
5. 押川泰士, 高寄峻一, 平城慎也, 伊奈稀哲, 新田清文, 谷田肇, 宇留賀朋哉, 今井洋輔, 瀧上隆智, 油/水界面におけるフルオロアルカノール吸着膜へ及ぼす溶媒効果, 平成29年度九州コロイドコロキウム, 2017.09.
6. 山川あゆみ, 平城慎也, 早瀬なるな, 伊奈稀哲, 谷田肇, 新田清文, 宇留賀朋哉, 今井洋輔, 瀧上隆智, 油/水界面における陽イオン界面活性剤‐コレステロール混合吸着膜の不均一構造, 平成29年度九州コロイドコロキウム, 2017.09.
7. 斉木孝輔, 平城慎也, 砥上莉菜子, 伊奈稀哲, 谷田肇, 新田清文, 宇留賀朋哉, 今井洋輔, 瀧上隆智, 飽和および不飽和リン脂質のベンゼン/水界面における多重膜形成, 平成29年度九州コロイドコロキウム, 2017.09.
8. Shinya Hiraki, Ayumi Yamakawa, Takanori Takiue, Domain Formation in Adsorbed Films at Oil/Water Interface Studied by Interfacial Tensiometry and X-ray Reflectometry, The Asian Conference on Oleo Science, 2017.09.
9. 瀧上隆智, ソフト界面における不均一膜形成, 第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017.09.
10. 平城慎也, 伊奈稀哲, 新田清文, 谷田肇, 宇留賀朋哉, 今井洋輔, 瀧上隆智, 油/水界面におけるリン脂質-コレステロール混合吸着膜のドメイン形成, 第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017.09.
11. 早瀬はるな, 平城慎也, 伊奈稀哲, 新田清文, 谷田肇, 宇留賀朋哉, 今井洋輔, 瀧上隆智, 臭化テトラデシルトリメチルアンモニウム-テトラデシルホスホコリン混合吸着膜の構造と分子混和性, 第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017.09.
12. 砥上莉奈子, 伊奈稔哲, 新田清文, 宇留賀朋哉, 谷田肇, 今井 洋輔, 池田 宜弘, 瀧上 隆智, ベンゼン/水界面における飽和リン脂質の多重膜形成とW/O型エマルション膜の安定性, 第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017.09.
13. 田原佐衣子, 東那美, 山中美智男, 今井洋輔, 瀧上隆智, デカノイルホスファチジルコリンとドデシルスルホベタインの吸着膜とミセルにおける相互作用, 第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017.09.
14. 押川泰士, 高寄峻一, 平城慎也, 伊奈稀哲, 新田清文, 谷田肇, 宇留賀朋哉, 今井洋輔, 瀧上隆智, 油/水界面におけるフルオロアルカノール吸着膜の構造に及ぼす溶質‐溶媒相互作用の効果, 第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017.09.
15. 山川あゆみ, 平城慎也, 早瀬なるな, 伊奈稀哲, 谷田肇, 新田清文, 宇留賀朋哉, 今井洋輔, 瀧上隆智, 臭化テトラデシルトリメチルアンモニウム-コレステロール混合吸着膜における相転移と分子混和性, 第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017.09.
16. 斉木孝輔, 平城慎也, 砥上莉菜子, 伊奈稀哲, 谷田肇, 新田清文, 宇留賀朋哉, 今井洋輔, 瀧上隆智, 飽和および不飽和リン脂質のベンゼン/水界面吸着膜相転移と膜構造, 第68回 コロイドおよび界面化学討論会, 2017.09.
17. Takanori Takiue, Shunichi Takayose, Kenta Mitani, Toshiaki Ina, Kiyofumi Nitta, Hajime Tanida, Tomoya Uruga, Shinya Hiraki, Effect of Line Tension on Domain Formation of Fluorocarbon Alcohol at Oil/Water Interfaces, 91st ACS Colloid and Surface Science Symposium, 2017.07.
18. Shinya Hiraki, Ayumi Yamakawa, Toshiaki Ina, Kiyofumi Nitta, Hajime Tanida, Tomoya Uruga, Yosuke Imai, Takanori Takiue, The Effect of Molecular Mixing on Domain Formation in Adsorbed Film at Oil/Water Interface, 91st ACS Colloid and Surface Science Symposium, 2017.07.
19. Haruna Hayase, Ayumi Yamakawa, Shinya Hiraki, Toshiaki Ina, Kiyofumi Nitta, Tomoya Uruga, Yosuke Imai, Takanori Takiue, Miscibility and Critical Packing Parameter of Surfactant Molecules in Adsorbed Film and Micelle, 91st ACS Colloid and Surface Science Symposium, 2017.07.
20. 瀧上 隆智, 放射光を利用したソフト界面膜の微細構造評価, 第34回 コロイド界面・技術シンポジウム, 2017.01.
21. 瀧上 隆智, 界面膜の不均一構造と線張力, 第52回 熱測定討論会, 2016.09.
22. Haruna Hayase, Shinya Hiraki, Toshiaki Ina, Kiyofumi Nitta, Tomoya Uruga, Yosuke Imai, Takanori Takiue, Molecular Packing and Miscibility of Tetradecyltrimethylammonium Bromide and Tetradecylphosphocholine in Adsorbed Film and Micelle, 4th International Kyushu Colloid Colloquium, 2016.09.
23. Rinako Togami, Yosuke Imai, Norihiro Ikeda, Takanori Takiue, Adsorption at benzene/water interface and W/O emulsion film formation of double-chain phospholipid (DPPC) , 4th International Kyushu Colloid Colloquium, 2016.09.
24. Saeko Tabaru, Tomomi Higashi, Ayumi Nishimaru, Michio Yamanaka, Yosuke Imai, Takanori Takiue, Thermodynamic study on adsorption and micelle formation of dodecylsulfobetaine and dodecanoylphosphatidylcholine mixture, 4th International Kyushu Colloid Colloquium, 2016.09.
25. Shunichi Takayose, Kenta Mitani, Toshiaki Ina, Kiyofumi Nitta, Hajime Tanida, Tomoya Uruga, Yosuke Imai, Takanori Takiue, Effect of Solvent on the Domain Formation of 1H,1H,2H,2H-Perfluorodecanol at Oil/Water Interface, 4th International Kyushu Colloid Colloquium, 2016.09.
26. Taishi Oshikawa, Shohei Sato, Toshiaki Ina, Kiyofumi Nitta, Hajime Tanida, Tomoya Uruga, Yosuke Imai, Takanori Takiue, Effect of solute – solvent interaction on the adsorbed film of F10H2OH at oil/water interface, 4th International Kyushu Colloid Colloquium, 2016.09.
27. Shinya Hiraki, Toshiaki Ina, Kiyofumi Nitta, Hajime Tanida, Tomoya Uruga, Yosuke Imai, Takanori Takiue, Domain Formation in Mixed Adsorbed Film of n-Tetradecylphosphocholine and Cholesterol at Oil/Water Interface, 4th International Kyushu Colloid Colloquium, 2016.09.
28. 早瀬はるな, 平城慎也, 伊奈稔哲, 新田清文, 宇留賀朋也, 今井 洋輔, 瀧上 隆智, 臭化テトラデシルトリメチルアンモニウム-テトラデシルホスホコリン混合吸着膜およびミセルにおける分子のパッキングと混和性
, 第67回 コロイドおよび界面化学討論会, 2016.09.
29. 砥上莉菜子, 今井 洋輔, 池田宜弘, 瀧上 隆智, 二本鎖リン脂質(DPPC)のベンゼン/水界面吸着とW/O型エマルション膜形成
, 第67回 コロイドおよび界面化学討論会, 2016.09.
30. 田原佐衣子, 西丸あゆみ, 東那美, 山中 美智男, 今井 洋輔, 瀧上 隆智, ドデカノイルホスファチジルコリンとドデシルスルホベタインの吸着膜とミセルにおける相互作用と混和性, 第67回 コロイドおよび界面化学討論会, 2016.09.
31. 押川泰士, 佐藤翔平, 伊奈稔哲, 新田清文, 谷田 肇, 宇留賀朋也, 今井 洋輔, 瀧上 隆智, ヘキサンーペルフルオロヘキサン混合油/水界面における1H,1H,2H,2H-ペルフルオロドデカン-1-オールの吸着膜に関する研究, 第67回 コロイドおよび界面化学討論会, 2016.09.
32. 高寄峻一, 三谷謙太, 伊奈稔哲, 新田清文, 谷田 肇, 宇留賀朋也, 今井 洋輔, 瀧上 隆智, 油/水界面における1H,1H,2H,2H-ペルフルオロデカノールのドメイン形成に及ぼす溶媒の効果, 第67回 コロイドおよび界面化学討論会, 2016.09.
33. 平城慎也, 伊奈稔哲, 新田清文, 谷田 肇, 宇留賀朋也, 今井 洋輔, 瀧上 隆智, 油/水界面におけるテトラデシルホスホコリン-コレステロール混合吸着膜のドメイン形成, 第67回 コロイドおよび界面化学討論会, 2016.09.
34. 瀧上 隆智, ソフト界面における不均一膜形成と線張力, 第53回 化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
35. 早瀬はるな, 平城慎也, 今井 洋輔, 瀧上 隆智, 臭化テトラデシルトリメチルアンモニウム-テトラデシルホスホコリン混合物水溶液の表面吸着膜及びミセルにおける分子の混和性, 第53回 化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
36. 押川泰士, 佐藤翔平, 今井 洋輔, 瀧上 隆智, ヘキサンーペルフルオロヘキサン混合溶媒/水界面における1H,1H,2H,2H-ペルフルオロドデカン-1-オールの吸着膜に関する研究, 第53回 化学関連支部合同九州大会, 2016.07.
37. Takanori Takiue, Ryushi Fukuhara, Kenta Mitani, Shinya Hiraki, Hajime Tanida, Kiyofumi Nitta, Toshiaki Ina, Tomoya Uruga, Domain formation and line tension in adsorbed films at an oil/water interface, International Colloid Conference 2016, 2016.06.
38. Shinya Hiraki, Hajime Tanida, Kiyofumi Nitta, Toshiaki Ina, Tomoya Uruga, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Takanori Takiue, Miscibility and structure of mixed adsorbed films of n-tetradecylphosphocholine and cholesterol at liquid/liquid interfaces, International Colloid Conference 2016, 2016.06.
39. 瀧上 隆智, 福原隆志, 三谷謙太, 平城慎也, 谷田 肇, 新田清文, 伊奈稔哲, 宇留賀朋哉, Domain Formation in Gibbs Films at Oil/Water Interface, Current Frontiers in Liquid-Liquid Interfaces, 2015.10.
40. 平城慎也, 谷田 肇, 新田清文, 伊奈稔哲, 宇留賀朋哉, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, Structure of Mixed Adsorbed film of n-Tetradecylphosphocholine and Xholesterol at Oil/Water Interface, Current Frontiers in Liquid-Liquid Interfaces, 2015.10.
41. 瀧上 隆智, 液/液界面膜におけるドメイン形成
, 第66回 コロイドおよび界面化学討論会, 2015.09.
42. 平城慎也, 松原 弘樹, 谷田 肇, 新田清文, 宇留賀朋也, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, ヘキサン/水界面におけるテトラデシルホスホコリンとコレステロールの混和性と吸着膜の構造
, 第66回 コロイドおよび界面化学討論会, 2015.09.
43. 佐藤翔平, 伊奈稔哲, 新田清文, 谷田 肇, 宇留賀朋也, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, ヘキサン/水界面における1-イコサノール−ハイブリッドアルコール混合系吸着膜の相転移と分子混和性
, 第66回 コロイドおよび界面化学討論会, 2015.09.
44. 高寄峻一, 三谷謙太, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, 油/水界面における1H,1H,2H,2H-ペルフルオロデカノールの吸着とドメイン形成に及ぼす溶媒の効果
, 第66回 コロイドおよび界面化学討論会, 2015.09.
45. 高寄峻一, 三谷謙太, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, 1H,1H,2H,2H-ペルフルオロデカノールの油溶液/水界面吸着に及ぼす溶媒の効果

, 第52回 化学関連支部合同九州大会, 2015.06.
46. 瀧上 隆智, 三谷謙太, 松原 弘樹, 荒殿 誠, Domain Formation and Phase Transition of Adsorbed Film of Hybrid Alcohol Mixture at the Hexane/Water Interface, International Association for Colloid and Interface Scientists Conference 2015, 2015.05.
47. 平城慎也, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, Miscibility and Structure of Mixed Adsorbed Film of Cholesterol and n-Tetradecylphosphocholine at Oil/Water Interface, International Association for Colloid and Interface Scientists Conference 2015, 2015.05.
48. 平城慎也, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, Miscibility and Structure of Mixed Adsorbed Film of Cholesterol and n-Tetradecylphosphocholine at Oil/Water Interface, International Association for Colloid and Interface Scientists Conference 2015, 2015.05.
49. 瀧上 隆智, 表面・界面における界面活性剤の吸着, 第二回コロイド実用技術講座, 2014.11.
50. 瀧上 隆智, シンクロトロン放射光を利用したソフト界面膜の研究, 日本膜学会第36年会, 2014.05.
51. 瀧上 隆智, 福原隆志, 谷田肇, 伊奈稔哲, 新田清文, 宇留賀朋哉, 松原 弘樹, 荒殿 誠, フルオロカーボンアルコール−フルオロカーボン-α,ω-ジオール混合系のヘキサン/水界面吸着膜における不均一構造形成
, 第65回 コロイドおよび界面化学討論会, 2014.09.
52. 三谷謙太, 谷田肇, 伊奈稔哲, 新田清文, 宇留賀朋哉, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, 油/水界面吸着膜でのドメイン形成と相転移に及ぼすハイブリッドアルコールの効果, 第65回 コロイドおよび界面化学討論会, 2014.09.
53. 小山久美, 津浦都, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, アルカノール-アルカンおよびアルカノール-フルオロアルカノール混合液体の表面凝固と不均一膜構造形成
, 第65回 コロイドおよび界面化学討論会, 2014.09.
54. 平城慎也, 大林信明, 松原 弘樹, 谷田肇, 新田清文, 宇留賀朋哉, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, コレステロールとテトラデシルホスホコリン混合系のヘキサン/水界面吸着膜に関する研究, 第65回 コロイドおよび界面化学討論会, 2014.09.
55. 佐藤翔平, 福原隆志, 三谷謙太, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, ヘキサン/水界面における1-イコサノールとハイブリッドアルコール混合系吸着膜の相転移や混和性に関する研究
, 第65回 コロイドおよび界面化学討論会, 2014.09.
56. 瀧上 隆智, 福原隆志, 松原 弘樹, 荒殿 誠, Effect of Molecular Orientation on Structure and Miscibility of Molecules in Adsorbed Film at Oil/Water Interface, Surfactants in Solution Symposium 2014, 2014.06.
57. 三谷謙太, 谷田肇, 新田清文, 宇留賀朋哉, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, Phase transition and structure in adsorbed film of hybrid alcohol mixture at hexane/water interface, Surfactants in Solution Symposium 2014, 2014.06.
58. 小山久美, 津浦都, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, Surface Freezing of Alkane and Alkanol Mixture, Surfactants in Solution Symposium 2014, 2014.06.
59. 瀧上 隆智, 島崎真由子, 津浦都, 谷田肇, 新田清文, 宇留賀朋哉, 松原 弘樹, 荒殿 誠, アルカン-フルオロアルカンおよびアルカノール-フルオロアルカノール混合物の表面凝固
, 第64回 コロイドおよび界面化学討論会, 2013.09.
60. 三谷謙太, 福原隆志, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, ヘキサン/水界面におけるハイブリッドアルコール混合吸着膜の相転移と膜構造, 第64回 コロイドおよび界面化学討論会, 2013.09.
61. 小山久美, 津浦都, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, アルカン―アルカノール混合系の表面凝固, 第64回 コロイドおよび界面化学討論会, 2013.09.
62. 福原隆志, 松原 弘樹, 谷田肇, 新田清文, 宇留賀朋哉, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, ヘキサン/水界面におけるフルオロカーボンアルコール-フルオロカーボン-α,ω-ジオール混合系の単分子膜および多重膜形成に及ぼす分子配向の効果, 第64回 コロイドおよび界面化学討論会, 2013.09.
63. 大林信明, 松原 弘樹, 谷田肇, 新田清文, 宇留賀朋哉, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, 空気/水及びペルフルオロヘキサン/水界面におけるデカン-1.10-ジオールの吸着に及ぼす溶媒の効果, 第64回 コロイドおよび界面化学討論会, 2013.09.
64. Takanori Takiue, Miyako Tsuura, Mayuko Shimasaki, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Surface Freezing of Binary Mixtures of Hydrocarbon and Fluorocarbon Compounds, European Colloid and interface Society (27th ECIS), 2013.09.
65. Nobuaki Obayashi, Takuya Tottori, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Takanori Takiue, Effect of Solvent on Gibbs Adsorbed Films of Decane-1,10-diol at Air/Water and Perfluorohexane/Water Interfaces, International Conference on Solution Chemistry, 2013.07.
66. Ryushi Fukuhara, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Takanori Takiue, Effect of Molecular Orientation on Mscibility and Domain Formation of Fluorocarbon-1-ol and Fluorocarbon-α,ω-diol at Oil/Water Interface, International Conference on Solution Chemistry, 2013.07.
67. 瀧上 隆智, シンクロトロン放射光を利用したソフト界面膜の構造解析, 表面力セミナー, 2013.03.
68. 福原隆志, 廣木鉄郎, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, フルオロアルカノール—フルオロアルカン-α,ω-ジオールのヘキサン/水界面吸着膜における分子配向と混和性
, 日本化学会第93春季年会, 2013.03.
69. 大林信明, 鳥取拓也, 廣木鉄郎, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, 空気/水及びペルフルオロヘキサン/水界面におけるデカン-1,10-ジオールの吸着に及ぼす温度の効果
, 日本化学会第93春季年会, 2013.03.
70. Ryushi Fukuhara, Tetsuro Hiroki, Takehiko Matsuo, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Takanori Takiue, Effect of Molecular Orientation on Structure and Miscibility of Gibbs Adsorbed Films at Oil/Water Interface, Soft Interfaces Mini-Symposium 2013, 2013.03.
71. Nobuaki Obayashi, Tetsuro Hiroki, Takuya Tottori, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Takanori Takiue, Effect of Solvent on Gibbs Adsorbed Film of Decane-1,10-diol at Air/Water and Perfluorohexane/Water Interfaces
, Soft Interfaces Mini-Symposium 2013, 2013.03.
72. 後藤 司, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, 空気/水およびアルカン/水界面におけるテトラデシルホスホコリンの吸着に関する研究, 2012年日本化学会西日本大会, 2012.11.
73. 津浦 都, 島崎真由子, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, アルコール二成分混合系の表面凝固, 2012年日本化学会西日本大会, 2012.11.
74. Takanori Takiue, Takuya Tottori, Kazuo Tatsuta, Hajime Tanida, Tomoya Uruga, Makoto Aratono, Synergetic Effect on Multilayer Formation of Fluorocarbon Compounds at the Hexane/Water Interface Studied by Interfacial Tensiometry and Synchrotron X-ray Reflection, 26th Conference of the European Colloid and Interface Society, 2012.09.
75. Takanori Takiue, Takuya Tottori, Tetsuro Hiroki, Makoto Aratono, Hajime Tanida, Tomoya Uruga, Spontaneous Multilayer Formation at Soft Interfaces Studied by Interfacial Tensiometry and Synchrotron X-ray Reflection
, International Association of Colloid and Interface Scientists Conference 2012, 2012.05.
76. Miyako Tsuura, Mayuko Shimasaki, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Takanori Takiue, Surface Freezing of Alkane-Alkane, Alkane-Fluoroalkane, and Alkanol-Alkanol mixtures
, International Association of Colloid and Interface Scientists Conference 2012, 2012.05.
77. 大林信明, 鳥取拓也, 廣木鉄郎, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, ペルフルオロヘキサン/水界面でのデカン-1,10-ジオールの吸着に及ぼす温度の効果, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
78. 福原隆志, 廣木鉄郎, 松原 弘樹, 荒殿 誠, 瀧上 隆智, フルオロデカン-1,10-ジオールとフルオロデカン-1-オールのヘキサン/水界面における分子配向と混和性
, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
79. 瀧上隆智, ソフト界面膜の構造と状態転移
, 2011年日本化学会西日本大会, 2011.11.
80. 廣木鉄郎、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, ハイドロカーボン-α,ω-ジオールとフルオロカーボン-α,ω-ジオールのヘキサン/水界面吸着膜に関する研究
, 2011年日本化学会西日本大会, 2011.11.
81. 鳥取拓也、辰田和穂、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, ヘキサン/水界面における多重膜形成に及ぼすフルオロカーボン化合物のシナジズム
, 2011年日本化学会西日本大会, 2011.11.
82. 津浦都、島崎真由子、松原弘樹、荒殿誠、瀧上隆智, 1-ウンデカノール-1-ドデカノール混合系の表面凝固, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
83. 後藤 司、辰田 和穂、松原弘樹、荒殿誠、瀧上隆智, テトラデカン/水界面におけるテトラデシルホスホコリンの吸着に関する研究, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
84. 瀧上隆智、島崎真由子、松原弘樹、荒殿 誠, アルカン-アルカン、アルカン-フルオロアルカン混合系の表面凝固, 第63回 コロイドおよび界面化学討論会, 2011.09.
85. 津浦都、島崎真由子、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, 長鎖アルコール混合系の表面凝固, 第63回 コロイドおよび界面化学討論会, 2011.09.
86. 後藤司、辰田和穂、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, テトラデカン/水界面におけるテトラデシルホスホコリンの吸着に関する研究, 第63回 コロイドおよび界面化学討論会, 2011.09.
87. 廣木鉄郎、中村文弥、島崎真由子、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, ヘキサデカン-1,16-ジオールとフルオロデカン-1,10-ジオールのヘキサン/水界面における混和性, 第63回 コロイドおよび界面化学討論会, 2011.09.
88. 鳥取拓也、辰田和穂、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, ヘキサン/水界面におけるフルオロアルコール - 1H-ペルフルオロデカン混合物の混和性と多重膜形成
, 第63回 コロイドおよび界面化学討論会, 2011.09.
89. takanori Takiue, Mayuko Shimasaki, Miyako Tsuura, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Surface Freezing of Binary Liquid Mixtures
, 24th conference of the European Colloid and Interface Society, 2011.09.
90. takanori Takiue, Mayuko Shimasaki, Miyako Tsuura, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Surface Freezing of Binary Liquid Mixtures
, 24th conference of the European Colloid and Interface Society, 2011.09.
91. Tetsuro Hiroki, Fumiya Nakamura, Mayuko Shimasaki, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Takanori Takiue , Miscibility in the Adsorbed Films of Hexadecane-1,16-diol and Perfluorodecane-1,10-diol Mixture at the Hexane/Water Interface
, 24th conference of the European Colloid and Interface Society, 2011.09.
92. Takuya Tottori, Kazuo Tatsuta, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Takanori Takiue , Synergism of Fluorocarbon Compounds on Multilayer Formation at Hexane/Water Interface, 24th conference of the European Colloid and Interface Society, 2011.09.
93. 瀧上隆智, シンクロトロンX線反射率測定による液/液界面ギブズ膜の構造解析, 2011年応用物理学会, 2011.07.
94. Takanori Takiue, Multilayer formation in Gibbs films at soft interfaces, Seminer of Colloid and Interface Science, 2011.06.
95. 瀧上隆智, 放射光を利用したソフト界面膜の構造解析, 第11回ヘルスケア研究会, 2011.04.
96. 瀧上隆智, コロイド・界面科学分野への放射光分析の応用, コロイド・界面技術シンポジウム, 2011.01.
97. 瀧上隆智, シンクロトロンX線反射率測定による液/液界面膜の構造解析, 溶液化学懇談会, 2011.01.
98. 瀧上隆智, シンクロトロンX線反射率測定によるソフト界面膜の構造解析
, 2010年日本化学会西日本大会, 2010.11.
99. 辰田和穂, 鳥取拓也, 松原弘樹, 荒殿誠, 瀧上隆智, 1H,1H,2H,2H-ペルフルオロドデカノール‐1H-ペルフルオロデカン混合系のヘキサン/水界面吸着膜に関する研究, 2010年日本化学会西日本大会, 2010.11.
100. 島崎真由子、松原弘樹、荒殿誠、瀧上隆智, アルカン-フルオロアルカン混合系の表面凝固, 2010年日本化学会西日本大会, 2010.11.
101. 瀧上隆智, 油/水界面における自発的多重膜形成, 第51回高圧討論会, 2010.10.
102. Takuya Tottori, Kazuo Tatsuta, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, and Takanori Takiue, Studies on Adsorbed Films of 1-Icosanol-1H-Perfluorodecane Mixed System at Hexane/Water Interface, The 3rd International Kyushu Colloid Colloquium, 2010.09.
103. Tetsuro Hiroki, Fumiya Nakamura, Mayuko Shimasaki, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, and Takanori Takiue, Miscibility in the Adsorbed Films of Hexadecane-1,16-diol and Perfluorodecane-1,10-diol Mixture at the Hexane/Water Interface, The 3rd International Kyushu Colloid Colloquium, 2010.09.
104. Kazuo Tatsuta, Takuya Tottori, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, and Takanori Takiue, Positive and Negative Adsorption of 1H-Perfluorodecane and Its Multilayer Formation with 1H,1H,2H,2H-Perfluorododecanol at Oil/Air and Oil/Water Interfaces, The 3rd International Kyushu Colloid Colloquium, 2010.09.
105. M. Shimasaki, H. Matsubara, M. Aratono and T. Takiue, Surface Freezing of Alkane-Alkane and Alkane-Semifluorinated Alkane Mixtures, The 3rd International Kyushu Colloid Colloquium, 2010.09.
106. T. Takiue, F. Nakamura, H. Matsubara, and M. Aratono, Effect of Molecular Orientation on Miscibility of Fluoroalkane-α,ω-dioles in Adsorbed Film at the Air/Water Interface, NCSS-2010, 2010.09.
107. M. Shimasaki, H. Matsubara, M. Aratono and T. Takiue, Surface Freezing of Binary Liquid Mixtures, NCSS-2010, 2010.09.
108. K. Tatsuta, T. Tottori, H. Matsubara, M. Aratono, and T. Takiue, Studies on Adsorbed Films of 1H,1H,2H,2H-Perfluorododecanol – 1H-Perfluorodecane
Mixed System at Hexane/Water Interface, NCSS-2010, 2010.09.
109. T. Takiue, K. Kashimoto, M. L. Schlossman, and M. Aratono, Effect of Solvent on the State and Structure of Adsorbed Films of Hydrocarbon Alcohols at Oil/Water Interfaces, 24th conference of the European Colloid and Interface Society , 2010.09.
110. M. Shimasaki,1 F. Nakamura, H. Matsubara, M. Aratono, and T.Takiue, Surface Freezing of Hydrocarbon-Hydrocarbon and Fluorocarbon-Hydrocarbon Mixtures, 24th conference of the European Colloid and Interface Society, 2010.09.
111. Kazuo Tatsuta, Takuya Tottori, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, and Takanori Takiue , Studies on Interfacial Films of 1H-Perfluorodecane at Oil/Water and Oil/Air Interfaces, 24th conference of the European Colloid and Interface Society, 2010.09.
112. 瀧上隆智, 流体/水界面におけるペルフルオロアルカン-α, ω-ジオールの分子配向と多重膜形成
, ワークショップ「ソフト界面と水」, 2010.08.
113. T. Takiue, T. Fukuda, H. Matsubara, and M. Aratono, Pressure Effect on Molecular Orientation and Multilayer Formation of Perfluoroalkane-α,ω-diol at the Hexane/Water Interface, 21st IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics, 2010.08.
114. 廣木鉄郎、中村文弥、島崎真由子、松原弘樹、荒殿誠、瀧上隆智, ハイドロカーボンジオールとフルオロカーボンジオールのヘキサン/水界面吸着膜における混和性
, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
115. 鳥取 拓也,辰田 和穂,松原 弘樹,荒殿 誠,瀧上 隆智, 1-イコサノール – 1H-ペルフルオロデカン混合系のヘキサン/水界面吸着膜に関する研究, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
116. 辰田和穂、福田 翼、村上大樹、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, 1H-ペルフルオロデカンの油/水および油/空気界面膜に関する研究, 第62回 コロイドおよび界面化学討論会, 2009.09.
117. 島崎真由子、中村文弥、村上大樹、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, ハイドロカーボン-フルオロカーボンおよびハイドロカーボン-ハイドロカーボン混合系の表面凝固, 第62回 コロイドおよび界面化学討論会, 2009.09.
118. 中村文弥、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, フルオロアルカン-a,w-ジオールの空気/水界面吸着膜における混和性と相転移, 第62回 コロイドおよび界面化学討論会, 2009.09.
119. 瀧上隆智、福田 翼、村上大樹、松原弘樹、荒殿 誠, ヘキサン/水界面における1H,1H,10H,10H-ペルフルオロデカン-1,10-ジオールの分子配向と多重膜形成に及ぼす圧力の効果, 第62回 コロイドおよび界面化学討論会, 2009.09.
120. 島崎真由子、中村文弥、村上大樹、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, オクタデカン-1H‐ペルフルオロデカン混合系の表面凝固, 第46回 化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
121. 辰田和穂、福田 翼、村上大樹、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, 1H-ペルフルオロデカンの油/水および油/空気界面膜に関する研究, 第46回 化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
122. T. Takiue, T. Fukuda, D. Murakami, H. Matsubara, M. Aratono, Molecular orientation and multilayer formation of perfluoroalkane-a,w-diol at the hexane/water interface, 23th Conference on the European Colloid and Interface Society, 2009.09.
123. F. Nakamura, D. Murakami, T. Fukuda, H. Matsubara, M. Aratono, T. Takiue, Molecular orientation and multilayer formation in the adsorbed film of perfluoroalkane-a,w-diols at fluid/water interface, 23th Conference on the European Colloid and Interface Society, 2009.09.
124. K. Tatsuta, T. Fukuda, D. Murakami, H. Matsubara, M. Aratono, T. Takiue, Studies on interfacial films of 1H-perfluorodecane at oil/water and oil/air interfaces, 19th Joint Seminar of Busan Branch of the Korean Chemical Society and the Kyushu Branch of the Chemical Society of Japan , 2009.05.
125. M. Shimasaki, F. Nakamura, D. Murakami, H. Matsubara, M. Aratono, T. Takiue, Surface freezing of octadecane and 1H-perfluorodecane mixture, 19th Joint Seminar of Busan Branch of the Korean Chemical Society and the Kyushu Branch of the Chemical Society of Japan , 2009.05.
126. F. Nakamura, D. Murakami, T. Fukuda, H. Matsubara, M. Aratono, T. Takiue, Molecular orientation and multilayer formation in the adsorbed film of perfluoroalkane-a,w-diols at fluid/water interface, 19th Joint Seminar of Busan Branch of the Korean Chemical Society and the Kyushu Branch of the Chemical Society of Japan, 2009.05.
127. T. Takiue, Study on Structure of Interfacial Films at Liquid/Liquid Interfaces by Synchrotron X-ray Reflection, 19th Joint Seminar of Busan Branch of the Korean Chemical Society and the Kyushu Branch of the Chemical Society of Japan, 2009.05.
128. 福田 翼、村上大樹、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, ヘキサン/水界面吸着膜における1H,1H,10H,10H-ペルフルオロデカン-1,10-ジオールの分子配向と多重膜形成に及ぼす圧力の効果, 第49回高圧討論会, 2008.11.
129. 瀧上隆智, シンクロトロンX線反射率測定による液/液界面膜構造の研究, J-PARC反射率計で目指す新しい界面科学に関する研究会, 2008.09.
130. T. Takiue, K. Kashimoto, D. Murakami, M. L. Schlossman, H. Matsubara, and M. Aratono, Study on State of Adsorbed Film of Hydrocarbon Alcohol at Perfluorohexane/Water Interface by Interfacial Tension and X-ray Reflectivity Measurements, 第61回 コロイドおよび界面化学討論会, 2008.09.
131. D. Murakami, T. Fukuda, H. Matsubara, M. Aratono, andT. Takiue, Effect of Molecular Orientation on the Miscibility of Fluorinated 1-Alkanol and a,w-Alkanediol in the Adsorbed film at the Hexane/Water Interface, 第61回 コロイドおよび界面化学討論会, 2008.09.
132. 福田 翼、猪俣英章、村上大樹、松原弘樹、荒殿 誠、瀧上隆智, ヘキサン/水界面吸着膜における1H,1H,10H,10H-ペルフルオロデカン-1,10-ジオールの分子配向と多重膜形成, 第61回コロイドおよび界面化学討論会, 2008.09.
133. T. Takiue, F. Nakamura, D. Murakami, T. Fukuda, H. Matsubara, and M. Aratono, Molecular Orientation and Multilayer Formation of Perfluoroalkane-a,w-diol at Fluid/Water Interface
, 19th International Symposium on Surfactants in Solution, 2008.08.
134. D. Murakami, T. Fukuda, H. Matsubara, M. Aratono, and T. Takiue, Effect of molecular orientation on the miscibility of fluorinated alcohol and diol in the adsorbed film at the hexane/water interface
, 19th International Symposium on Surfactants in Solution, 2008.08.
135. 瀧上隆智, シンクロトロンX線反射率法による液/液界面膜の構造解析, 2008年度日本電気化学会, 2008.03.
136. 瀧上隆智,村上大樹,福田翼,首藤礼,樫本薫,松原弘樹,荒殿誠, 界面張力およびX線反射率測定による油/水界面吸着膜状態の研究, 第60回 コロイドおよび界面化学討論会, 2007.09.
137. T. Takiue, D. Murakami, S. V. Pingali, G. Luo, A. Tikhonov, M. Schlossman, and M. Aratono, Adsorbed Films of Alkanol and Fluoroalkanol Mixtures at Hexane/Water Interface Studied by Synchrotron X-ray Reflectivity
, Scattering on Liquid-Liquid Interfaces, 2007.06.
138. Takanori Takiue, Tsubasa Fukuda, Hideaki Inomata, Daiki Murakami, Hiroki Matsubara, Makoto Aratono, Novel state of adsorbed film of 1H,1H,10H,10H-perflouorodecane-1,10-diol at the hexane/water interface, 233rd National ACS Meeting, 2007.03.
139. 瀧上隆智,猪俣英章,村上大樹,松原弘樹,荒殿 誠, ヘキサン/水界面における1H,1H,10H,10H-ペルフルオロデカン-1,10-ジオールの新規な吸着膜状態, 第59回 コロイドおよび界面化学討論会, 2006.09.
140. Takanori Takiue, Norihiro Ikeda, Hiroki Matsubara, Mark Schlossman, Aleksey Tikhonov, Sai V Pingali, Guang M Luo, Makoto Aratono, Inhomogeneous state in adsorbed film of alkanol - Fluoroalkanol mixture at the hexane/water interface, 第58回 コロイドおよび界面化学討論会, 2005.09.
141. Takanori Takiue, Sai V Pingali, Guang M Luo, Aleksey Tikhonov, Makoto Aratono, Mark Schlossman, Adsorbed films of alkanol and fluoroalkanol mixtures at the hexane/water interface studied by synchrotron x-ray reflectivity, Faraday Discussion 129, 2004.09.
142. T. Takiue, N. Ikeda, S. V. Pingali, M. L. Schlossman, and M. Aratono, Study on the State of Adsorbed Film at the Oil/Water Interface by Synchrotron X-ray Reflection, International Symposium on Structure and Properties of Interfacial Fluids on the Nanometer Scale, 2004.03.
143. 瀧上隆智、池田宜弘、Mark Schlossman、Aleksey Tikhonov、Sai Venkatesh Pingali、 Guangming Luo、荒殿 誠, シンクロトロンX線反射によるアルカノール-フルオロアルカノール混合吸着膜状態の
研究, 第56回 コロイドおよび界面化学討論会, 2003.09.
144. 瀧上隆智, シンクロトロンX線反射による油/水界面吸着膜の相転移と混和性に関する研究, 日本化学会 第81春季年会, 2002.03.
145. Takanori Takiue and Dieter Vollhardt, Miscibility of Alkanol and Fluoroalkanol in Langmuir Film at Air/Water Interface, The 9th International Conference on Organized Molecular Films, 2000.09.
学会活動
所属学会名
アメリカ化学会
コロイドおよび界面科学国際協会
日本熱測定学会
日本化学会・コロイドおよび界面化学部会
日本高圧力学会
学協会役員等への就任
2016.02~2018.02, 日本化学会・コロイドおよび界面化学部会, 運営委員.
2015.02~2017.05, 日本化学会・コロイドおよび界面化学部会・九州支部, 会長.
2015.02, 日本化学会・コロイドおよび界面化学部会, 運営委員.
2014.04~2018.03, SPring-8利用推進協議会「ソフト界面科学研究会」, 会長.
2013.02, 日本化学会・コロイドおよび界面化学部会, 運営委員.
2010.04~2014.03, SPring-8利用者懇談会「ソフト界面科学研究会」, 副会長.
2006.10~2007.09, 日本化学会, 役員等選考委員.
2007.03~2008.02, 日本化学会九州支部・化学教育評議会, 幹事.
2007.03~2008.02, 日本化学会九州支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.11.03~2019.11.08, Okinawa Colloids 2019: An International Conference on Colloid & Surface Science Symposium Celebrating the 70th Anniversary of the Divisional Meeting of DCSC, CSJ, Session Organizer.
2016.09.27~2016.09.28, 4th International Kyushu Colloid Colloquium, 座長(Chairmanship).
2016.09.22~2016.09.24, 第67回 コロイドおよび界面化学討論会, 座長(Chairmanship).
2016.08.29~2016.08.29, ソフト界面科学研究会2016, 座長(Chairmanship).
2015.11.20~2015.11.21, 第32回 九州コロイドコロキウム , 座長(Chairmanship).
2015.09.14~2015.09.14, ソフト界面科学研究会2015 , 座長(Chairmanship).
2015.09.10~2015.09.12, 第66回 コロイドおよび界面化学討論会 , 座長(Chairmanship).
2014.09.03~2014.09.05, 第65回 コロイドおよび界面化学討論会 , 座長(Chairmanship).
2013.09.18~2013.09.21, 第64回 コロイドおよび界面化学討論会 , 座長(Chairmanship).
2013.03.13~2013.03.15, Soft Interfaces Mini-Symposium 2013, 座長(Chairmanship).
2012.11.10~2012.11.11, 2012年日本化学会西日本大会, 座長(Chairmanship).
2012.05.13~2012.05.18, International Association of Colloid and Interface Scientists 2012, 座長(Chairmanship).
2011.09.07~2011.09.09, 第63回 コロイドおよび界面化学討論会 , 座長(Chairmanship).
2010.09.23~2010.09.24, The 3rd International Kyushu Colloid Colloquium, 座長(Chairmanship).
2010.08.01~2010.08.06, 21st IUPAC International Conference on Chemical Thermodynamics, 座長(Chairmanship).
2009.09.17~2009.09.19, 第62回 コロイドおよび界面化学討論会 , 座長(Chairmanship).
2008.09~2008.09, 第61回 コロイドおよび界面化学討論会, 座長(Chairmanship).
2007.09~2007.09, 第60回 コロイドおよび界面化学討論会, 座長(Chairmanship).
2007.07~2007.07, 第44回 化学関連支部合同九州大会, 座長(Chairmanship).
2005.09~2005.09, 第58回 コロイドおよび界面化学討論会, 座長(Chairmanship).
2004.09~2004.09, 第57回 コロイドおよび界面化学討論会, 座長(Chairmanship).
2002.09~2002.09, 第55回 コロイドおよび界面化学討論会, 座長(Chairmanship).
2016.09.27~2016.09.28, 4th International Kyushu Colloid Colloquium, 実行委員長.
2013.03.13~2013.03.15, Soft Interfaces Mini-Symposium 2013, 実行委員.
2010.09.23~2010.09.24, The 3rd International Kyushu Colloid Colloquium, 実行委員.
2010.03.15~2010.03.15, 九州大学シンクロトロン光利用研究センター 設立記念講演会, 実行委員.
2006.12~2006.12, 日本化学会第27回九州支部シンポジウム「イオン液体科学の基礎とイノベーション」, 実行委員.
2007.05, 第18回日本化学会九州支部および韓国化学会釜山支部合同セミナー, 実行委員.
2005.10~2005.10, 第41回日本熱測定討論会, 実行委員会委員.
2000.11, International Symposium on Amphiphiles in Solution & at Interfaces, 実行委員会委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度   15 
2016年度   10 
2015年度   12 
2014年度 10    15 
2014年度   14 
2013年度
2012年度
2011年度
2010年度
2009年度    
2008年度      
2007年度      
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度      
2002年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Cornell University, UnitedStatesofAmerica, 2017.11~2017.11.
The City College of New York, UnitedStatesofAmerica, 2017.07~2017.07.
Max-Planck-Institute of Colloid Interface Science, Germany, 2016.06~2016.06.
Maritim proArte Hotel Berlin, Germany, 2016.06~2016.06.
Institut Max Von Laue-Paul Langevin, France, 2015.10~2015.10.
Convention Center Rheingoldhalle, Germany, 2015.05~2015.05.
Coimbra University, Portugal, 2013.06~2013.06.
Sofia University, Bulgaria, 2013.09~2013.09.
Slagthuset in Maelme, Sweden, 2012.09~2012.09.
Technical University of Berlin, Germany, 2011.09~2011.09.
Nationa Taiwan University, Taiwan, 2011.06~2011.06.
Univetsity of Illinois at Chicago, UnitedStatesofAmerica, 2011.11~2011.11.
Univetsity of Illinois at Chicago, UnitedStatesofAmerica, 2011.03~2011.03.
U Hajku Congress Centre, CzechRepublic, 2010.09~2010.09.
University of Bayreuth , Germany, 2009.11~2009.11.
Antalya, Turkey, 2009.09~2009.09.
Argonne National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 2008.10~2008.10.
University of Bayreuth, Germany, 2008.08~2008.08.
Berlin, Germany, 2008.08~2008.08.
Rdvig, Denmark, 2007.06~2007.06.
McCormick Place, UnitedStatesofAmerica, 2007.03~2007.03.
Brookhaven National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 2006.08~2006.08.
Seoul Kyoyuk Munwha Hoekwan, Korea, 2006.06~2006.06.
Brookhaven National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, UnitedStatesofAmerica, 2005.07~2005.07.
Cambridge University, UnitedKingdom, 2004.08~2004.08.
Brookhaven National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 2004.03~2004.06.
Brookhaven National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 2003.09~2003.09.
Brookhaven National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 2003.07~2003.07.
University of Illinois at Chicago, UnitedStatesofAmerica, 2003.03~2003.03.
Brookhaven National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 2002.08~2002.08.
Barcelona University, Spain, 2002.06~2002.06.
Brookhaven National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 2002.03~2002.04.
Max-Planck-Institute of Colloid and Interfaces, Germany, 1999.10~2000.09.
外国人研究者等の受入れ状況
2017.12~2017.12, 2週間未満, イリノイ大学・シカゴ校, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2016.09~2016.09, 2週間未満, Universidad Complutense(コンプルテンス大学), Spain, 日本学術振興会.
2013.09~2013.09, 2週間未満, Max-Planck-Institute of Colloid and Inteface(マックスプランク研究所), Germany, 学内資金.
2013.02~2013.02, 2週間未満, University of Colorado(コロラド大学), UnitedStatesofAmerica, 日本学術振興会.
2008.02~2008.02, 2週間未満, イリノイ大学・シカゴ校, UnitedStatesofAmerica, 民間・財団.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2017年度~2018年度, 特別研究員奨励費, ハイブリッド脂質の界線吸着より紐解く生体膜のナノドメイン形成原理.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 界線吸着定量解析から明らかにするソフト界面の微小ドメイン形成原理.
2011年度~2012年度, 新学術領域研究, 代表, ソフト界面にける多重膜形成のシナジズム.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 代表, 表面凝固メカニズムに及ぼすドメイン界線の効果解明.
2009年度~2013年度, 基盤研究(B), 分担, 全反射X線吸収分光法による液液界面吸着分子の構造解析.
2009年度~2010年度, 新学術領域研究, 代表, ソフト界面にける自発的多重膜形成.
2008年度~2009年度, 特別研究員奨励費, 液/液界面ギブズ膜におけるドメイン構造の物理化学 -「線」の立場からの研究-
.
2007年度~2009年度, 基盤研究(C), 代表, 液/液界面ギブズ膜不均一構造の安定性に及ぼすドメイン線張力の役割解明.
2004年度~2006年度, 基盤研究(C), 代表, メゾスコピックドメイン間相互作用により安定化するギブズ膜の分子レベル構造解析.
1999年度~2000年度, 奨励研究, 代表, 自己組織化膜の二次元秩序化構造発現機構の研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2008年度~2009年度, 二国間交流, 代表, ギブズ膜ドメイン構造の線エネルギーからの解明
.
2002年度~2003年度, 二国間交流, 分担, シンクロトロン放射光による油/水界面吸着膜の相転移の直接証明と構造解析.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2008年度~2009年度, 旭硝子財団研究助成, 代表, 生体膜ラフトモデルとしてのギブズ膜ドメイン構造の線エネルギーからの解明.
2005年度~2006年度, 三菱財団自然科学研究助成, 代表, 液/液界面に形成されるメゾスコピックドメインの分散・凝集安定性の解明.
2001年度~2002年度, 住友財団基礎科学研究助成, 代表, シンクロトロン放射光による油/水界面吸着膜の一次相転移の直接証明と精密構造解析
.
寄附金の受入状況
2002年度, 中村治四郎基金.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」