九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
中西 秀(なかにし ひいず) データ更新日:2019.07.04

教授 /  理学研究院 物理学部門 物性物理学


教育活動概要
2015年度から2019年度にかけて、基幹物理学II、統計力学I、解析力学、相転移の統計力学、レトリックIを担当し、詳細な講義ノートを作成して、WEBで公開している。

-----------------------------
2013年度は、講義科目としては、全学科目のコアセミナー、専攻科目の物理学最前線の取りまとめ、統計力学I・同演習、相転移の統計力学、および編入生向けの量子力学補習を担当した。
新たな試みとして、4年生対象の相転移の統計力学について、去年に引き続き試験を口頭試問で行った。
また、統計力学Iの講義ノートの公開に向けての準備を開始した。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2012年度は、講義科目としては、全学科目のコアセミナー、専攻科目の物理学最前線の取りまとめ、統計力学I・同演習、相転移の統計力学、および編入生向けの量子力学補習を担当した。
新たな試みとして、4年生対象の相転移の統計力学について、去年に引き続き試験を口頭試問で行った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2011年度は、講義科目としては、全学科目のコアセミナー、専攻科目の物理学最前線の取りまとめ、統計力学I・同演習、相転移の統計力学、および編入生向けの量子力学補習を担当した。
新たな試みとして、4年生対象の相転移の統計力学について、去年に引き続き試験を口頭試問で行った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2010年度は、講義科目としては、全学科目のコアセミナー、専攻科目の物理学最前線の取りまとめ、統計力学I・同演習、相転移の統計力学、および編入生向けの量子力学補習を担当した。
新たな試みとして、4年生対象の相転移の統計力学について、試験を口頭試問で行った。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2009年度は、講義科目としては、全学科目のコアセミナー、専攻科目の物理学最前線の取りまとめ、統計力学I・同演習、相転移の統計力学、および編入生向けの量子力学補習を担当した。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
2008年度は、全学教育理系コア科目の物理学IIIを3こま担当し、ブラウン運動、フラクタル、カオスの講義を行った。
全学教育の「熱と波動論基礎」を担当した。
また、コアセミナーを担当し、レポートの書き方について演習を行った。
専攻教育の統計物理学特論(相転移と臨界現象)および物理数学II(複素関数論)の講義を行った。
特に、統計物理学特論については、今年度初めて講義ノートを学生に配布した。
反省点としては、全学教育の「熱と波動論基礎」は、初めて担当したこと、履修登録が100人を超える大クラスであったこと、担当学科が工学部の電気情報学科の必修科目あったこともあって、学生の状況やニーズの把握が不十分だったせいか、学生による授業評価が非常に悪かった。自分自身で講義をした印象としても、講義中の学生の把握が十分でなく、内職をする学生が目に付き、出席の代返や、中間試験での不正行為も出してしまった。今後の反省材料としたい。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------
2007年度は、後期には九大のサバティカル制度で不在をしていたので、講義は前期のみを担当した。
全学教育理系コア科目の物理学IIIを3こま担当し、ブラウン運動、フラクタル、カオスの講義を行った。
また、コアセミナーを担当し、レポートの書き方について演習を行った。
専攻教育の統計物理学特論を担当し、相転移と臨界現象の講義を行った。
大学院教育としては、研究室に修士1年に学外他大学から2名、スリランカから1名の留学生、合計3名の学生を受け入れた。しかし、スリランカからの留学生1名は、家庭の事情で、入学後一ヶ月で帰国せざるをえなくなった。

--------------------------------------------------------------------------------------------------
全学共通教育としては、1996年度から1999年まで「統計物理学の基礎」を担当し、
主に物理学を専門とする学生以外を対象に、熱や温度などマクロな物理量や
現象が原子論的・微視的な描像からいかに記述し理解されるかを講義。
また、1999年から1年生前期の「力学基礎」を担当し、ニュートン力学の基礎的な
考え方、応用の仕方を講義。

学部教育としては、「物理数学」を担当し、複素関数論を中心に
物理で用いられる数学(微分方程式、フーリエ変換・ラプラス変換、偏微分方程式等)
を解説。
物理学科及び地球惑星学科2年生後期向けに、「統計力学I]を講義し、
統計力学における種々の統計集団などの基礎的な概念の講義を行っている。
2001年より、物理学科3年生向けに「統計力学II」を担当し、
統計力学を具体的な物理系に応用してその性質を調べる方法を講義している。
2000年より,3年生後期に「物理学ゼミナール」を受け持ち,
物理学の基礎的な英語のテキストの輪講を行っている。
4年次の特別研究(卒業研究)では、前期には統計物理学の専門的ではあるが
基礎的なテキストや古典的な論文の輪講、および計算機を用いた演習を行い、後期には
より個別専門的なテキストの輪講を行いつつ、学生一人ずつ課題を与え結果をレポート
としてまとめさせている。

大学院の講義は、「量子統計物理学」を担当し、統計物理学における場の量子論
および線形応答理論等を解説。研究室配属の修士課程の学生の指導方針としては、
修士一年の間は基礎的勉強や講義を重視する。修士論文の研究テーマは、修士1年の
後期までに具体的テーマを学生と相談のうえ決める。博士課程の学生に対しては、
定期的に研究討論を行うが、研究の具体的問題設定から自ら主体的に取り組むことを
期待する。
担当授業科目
2019年度・前期, 基幹物理学II.

2019年度・前期, レトリックI.

2018年度・前期, レトリックI.

2018年度・後期, 物理学基礎演習.

2018年度・後期, 解析力学.

2018年度・前期, 基幹物理学II.

2017年度・後期, 物理学基礎演習.

2017年度・後期, 解析力学.

2017年度・前期, レトリックI.

2016年度・前期, レトリックI.

2016年度・後期, 統計力学I・同演習.

2016年度・前期, 相転移の統計力学.

2017年度・前期, 基幹物理学II.

2016年度・前期, 基幹物理学II.

2015年度・前期, 基幹物理学II.

2015年度・前期, 相転移の統計力学.

2015年度・後期, 統計力学I・同演習.

2014年度・後期, 統計力学I・同演習.

2014年度・前期, 相転移の統計力学.

2013年度・前期, 相転移の統計力学.

2013年度・前期, 量子力学補修.

2013年度・前期, 物理学特別講義A(物理学最前線).

2013年度・前期, コアセミナー.

2013年度・後期, 統計力学I・同演習.

2012年度・前期, 相転移の統計力学.

2012年度・前期, 量子力学補修.

2012年度・前期, 物理学特別講義A(物理学最前線).

2012年度・前期, コアセミナー.

2012年度・後期, 統計力学I・同演習.

2011年度・前期, コアセミナー.

2011年度・前期, 物理学特別講義A(物理学最前線).

2011年度・前期, 量子力学補修.

2011年度・後期, 統計力学I・同演習.

2011年度・後期, 相転移の統計力学.

2010年度・後期, 相転移の統計力学.

2010年度・後期, 統計力学I・同演習.

2010年度・前期, 量子力学補修.

2010年度・前期, 物理学特別講義A(物理学最前線).

2010年度・前期, コアセミナー.

2009年度・後期, 統計力学I・同演習.

2009年度・後期, 相転移の統計力学.

2009年度・前期, コアセミナー.

2009年度・前期, 物理学特別講義A(物理学最前線).

2009年度・前期, 物理学III.

2008年度・後期, 物理数学II.

2008年度・前期, 熱と波動論基礎.

2008年度・前期, コアセミナー.

2008年度・前期, 統計物理学特論.

2008年度・後期, 物理学III.

2008年度・前期, 物理学III.

2008年度・前期, 物理学特別講義A(物理学最前線).

2007年度・前期, 物理学III.

2007年度・前期, 統計物理学特論.

2007年度・前期, 物理学特別講義A(物理学最前線).

2007年度・前期, コアセミナー.

2006年度・後期, 統計物理学特論.

2006年度・後期, 量子光学.

2006年度・前期, コアセミナー.

2003年度・後期, 物理数学II.

2003年度・後期, 統計物理学特論.

2003年度・前期, 統計力学II.

2003年度・前期, 物性物理学I.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.12, 学科, 参加, グループワークによる授業の活性化.

2018.11, 全学, 参加, 平成30年度 メンタルヘルス講演会.

2018.09, 部局, 参加, M2BシステムFD.

2018.08, 部局, 参加, 大学入学試験についての高校教員と大学教員の 意見交換会(理学研究院FD).

2017.12, 学科, 参加, H29年度 物理学部門FD講演会.

2016.10, 学科, 企画, 物理学部門・理学研究院FD 「ニールスボーア研究所の運営への学生参加」.

2018.03, 全学, 参加, FD著作権セミナー 著作権法第35条改正間近!?大学では何が起こるのか?.

2016.01, 学科, 参加, 平成27年度 物理学科FD 「伊都キャンパスにおける学生生活・学科活動と人間関係.

2015.01, 学科, 参加, 教育の質向上支援プログラム(EEP)セミナー.

2015.01, 学科, 参加, 教育の質向上支援プログラム(EEP)セミナー.

2014.12, 学科, 講演, 物理学科FD.

2014.04, 部局, 参加, 第2回理学部等心身の安全・安心・健康支援セミナー.

2014.01, 学科, 講演, 物理学科FD.

2013.11, 学科, 企画, EEP セミナー.

2013.03, 部局, 参加, 厚生関係セミナー.

2013.03, 部局, 参加, 理学部FD.

2013.03, 学科, 参加, 物理学科FD.

2013.01, 学科, 企画, 物理学科FD.

2012.11, 学科, 参加, 物理学科FD.

2012.03, 学科, 参加, 物理学科FD.

2011.12, 学科, 参加, 物理学科FD.

2010.12, 学科, 参加, 物理学科FD.

2009.12, 学科, 参加, 物理学科FD.

2009.03, 部局, 参加, 平成20年度理学府FD.

2009.02, 学科, 参加, 物理学科FD.

2006.12, 学科, 企画, 物理学科FD.

2006.09, 全学, 参加, コアセミナーの目標と課題.

2004.01, 全学, 参加, GPA.

2005.11, 学科, 講演, 物理学科FD.

2004.11, 学科, 講演, 物理学科FD.

学生のクラス指導等
2019年度, 学部, 物理学科 アドバイザー.

2018年度, 学部, 物理学科 アドバイザー.

2017年度, 学部, 物理学科 アドバイザー.

2016年度, 学部, 物理学科 アドバイザー.

2015年度, 学部, 物理学科 アドバイザー.

2014年度, 学部, 物理学科 アドバイザー.

2013年度, 学部, 物理学科 アドバイザー.

2012年度, 学部, 物理学科 アドバイザー.

2011年度, 学部, 物理学科 アドバイザー.

2010年度, 学部, 物理学科 アドバイザー.

2009年度, 学部, 物理学科 アドバイザー.

2008年度, 学部, 物理学科 アドバイザー.

2008年度, 学部, 物理学科 2003年度入学 担任.

2007年度, 学部, 物理学科.

2006年度, 学部, 物理学科.

2005年度, 学部, 物理学科.

2004年度, 学部, 物理学科.

2003年度, 学部, 物理学科.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」