九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
宮本 知治(みやもと ともはる) データ更新日:2016.08.25

助教 /  理学研究院 地球惑星科学部門 固体地球惑星科学講座


主な研究テーマ
大陸地殻の形成史およびそのメカニズムの解明
キーワード:大陸地殻、地球年代学・同位体地球科学、物質循環
1995.10.
研究業績
主要原著論文
1. 宮本 知治, 中村啓太郎, 星野惠美, 島田 允堯, 福岡城上之橋御門石垣石材から見た産地の考察, 月刊地球, 66, 8月, 21-29, 2016.08.
2. Miyamoto, T., Hamamoto, R., and Yanagi, T., Sr and Nd isotope compositions of atmospheric mineral dust at the summit of Mt. Sefuri, north Kyushu, southwest Japan: a marker of the dust provenance and seasonal variability. , Geochimica et Cosmochimica Acta, 74, 1471-1484. , 2010.03.
3. Miyamoto, T., Satish-Kumar, M., Dunkley, D. J., Osanai, Y., Yoshimura, Y., Motoyoshi, Y., and Carson, C. J., Post-peak (<530 Ma) thermal history of Lutzow-Holm Complex, East Antarctica, based on Rb-Sr and Sm-Nd mineral chronology. , Geodynamic evolution of East Antarctica: A key to the East-West Gondwana connection. Geological Society, London, Special Publications., SP308, 165-181, 2008.11.
4. Miyamoto, T., Osanai, Y., Nguyen Thi Minh, Nakano, N., Owada, M., Tran Ngoc Nam., Isotope compositions of mineral fractions in metamorphic rocks from Po Ko and Dien Bien Phu regions: a preliminary report for geochronological research of Indochina Peninsula. , Journal of Geology in Vietnam, Ser. A, No.296, 38-45, 2006.11.
主要学会発表等
1. 宮本 知治, 島田和彦, 角替敏昭, Daniel J. Dunkley, 加藤睦実, Evidences of magma-mixing for post-metamorphic alkali ~ highly potassic dyke rocks on LHC, East Antarctica, Goldschmidt Conferences, 2016.06.29.
2. 宮本 知治, 山下勝行, 島田和彦, 岡野修, 角替敏昭, Daniel J. Dunkley, 加藤睦実, Evidences of magma-mixing for post-metamorphic alkali ~ highly potassic dyke rocks intruded into metamorphic rocks on Lützow-Holm Complex, East Antarctica, IAGR, 2015.10.
3. 宮本 知治, 中村啓太郎, 星野惠美, 島田 允堯, 福岡城上之橋御門石垣石材の岩石記載とその産地についての考察(福岡城上之橋御門石垣石材調査報告), 地質学会, 2015.09.12.
4. 宮本 知治, 山下勝行, 島田和彦, 岡野修, 角替敏昭, D.J.Dunkley, 加藤睦実, 東南極Lützow-Holm岩体に産する高カリウム貫入岩におけるマグマ混合の痕跡., 2014年国立極地研究所極域科学シンポジウム., 2014.12.02.
5. 宮本 知治, 島田和彦, 角替敏昭, Dunkley Daniel J., 加藤睦実, 東南極Lützow-Holm岩体 Rundvågshttaに産する貫入岩に含まれる燐灰石のF-Cl組成と共生する鉱物との関連., 日本鉱物科学会2014年年会, 2014.09.18.
6. 宮本 知治, 山下勝行, 岡野修, 角替敏昭, D.J.Dunkley, 加藤睦実, 東南極Lützow-Holm Complex, Rundvågshettaに産するminette岩脈のSr同位体組成. , 日本地質学会第121年学術大会, 2014.09.14.
7. 宮本 知治, 浜本礼子, 柳 哮, 北部九州脊振山頂にて採取された降下風送塵の化学組成〜その季節変化と経年変化〜., 風送ダストに関する現状と今後の展開に関する研究集会, 2014.01.09.
8. 宮本 知治, 東南極Lützow-Holm Complex, Rundvågshettaに産する苦鉄質岩岩脈の産状と組成., 日本地質学会, 2013.09.15.
9. 宮本 知治, 東南極Lützow-Holm Complex, Rundvågshettaに産する苦鉄質岩岩脈の産状と組成., 日本地球化学会, 2013.09.11.
10. 宮本知治・角替敏昭・D.J.Dunkley・加藤睦実, Lützow-Holm岩体に産する高カリウム苦鉄質岩岩脈の産状 〜岩石・鉱物組成から考察する貫入状況〜, 日本地質学会, 2012.09.15.
11. 宮本知治・浜本礼子・柳 哮, 北部九州脊振山頂にて採取された風送塵(黄砂)のSr・Nd同位体組成:起源と季節変化の指標として., 日本地球化学会, 2012.09.12.
12. 宮本知治, 東南極Howard Hillsの変成岩中の鉱物および山鹿地域はんれい岩体に産する珪長質変成岩中のジルコンのU-Pb年代 〜表面電離型質量分析計によるU-Pb分析の例〜., 日本地質学会, 2011.09.10.
13. 宮本知治・浜本礼子・柳 哮, 西南日本北部九州脊振山頂にて採取された風送塵(黄砂)のSr・Nd同位体組成:起源と季節変化の指標として, 日本地球惑星科学連合大会, 2010.05.28.
14. Miyamoto, T., Osanai, Y., Nguyen, Thi, Minh, Nakano, N., Owada, M. and Tran, Ngoc, Nam , Isotope compositions of whole-rocks and mineral fractions in metamorphic rocks from Po Ko and Dien Bien Phu regions in middle and northern Vietanm. , 4th International Symposium on Gondwana to Asia and 2007 IAGR Annual Convention, 2007.11.
15. Miyamoto, T., Yoshimura, Y., Dunkley, D. J., Motoyoshi, Y. and Carson, C. J. , Geothermal history of Napier Complex from Latest Archean peak metamorphism to the Paleozoic igneous activity. , 4th International Symposium on Gondwana to Asia & 2007 IAGR Annual Convention, 2007.11.
16. 宮本知治, 雨水中の風送塵のSr・Nd同位体組成に関する季節変化と年変化 , 地球惑星科学関連学会連合, 2007.05.
17. Miyamoto, T., Yoshimura, Y., Motoyoshi, Y., Dunkley, D. J. and Carson, C. J., Time tracks of cooling after UHT metamorphism in the Howard Hills, Napier Complex, east Antarctica, International Mineralogical Conference, 2006.06.
学会活動
所属学会名
日本地球化学会
日本地質学会
日本情報地質学会(平成25年まで)
日本鉱物科学会(旧:日本岩石鉱物鉱床学会)
学協会役員等への就任
2009.04~2013.03, 日本地質学会, 幹事.
2010.04~2013.03, 日本地質学会, 日本地質学会西日本支部事務局担当.
2012.04~2014.03, 日本地質学会, 日本地質学会代議員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2014年度
2013年度
2012年度
2011年度
2009年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
昭和基地他, Antarctica, 2010.11~2011.03.
昭和基地ほか, Antarctica, 1998.11~1999.03.
チュラロンコン大学, Thailand, 2007.02~2007.02.
RIGMR, Vietnam, 2007.08~2007.08.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2007年度~2010年度, 基盤研究(C), 代表, 初期日本列島構成岩類の同位体組成:古太平洋とユーラシア大陸の間で何が起こったか?.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2014.10~2015.03, 受託研究, 福岡市教育委員会, 代表, 福岡城上之橋御門石垣石材の岩石記載とその産地についての考察(福岡城上之橋御門石垣石材調査報告書).

九大関連コンテンツ