九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
谷 文都(たに ふみと) データ更新日:2019.07.06



主な研究テーマ
縮環型π電子化合物の合成と機能解析
キーワード:π電子系、縮環、芳香族、
2013.04~2023.03.
ポルフィリン、フタロシアニン、フラーレンを用いた機能性化合物および超分子集合体の合成と物性評価
キーワード:ポルフィリン、フタロシアニン、フラーレン、エネルギー移動、集積化、超分子、π電子系、電子移動
2002.04~2018.03.
チトクロムP450のモデル化
キーワード:ポルフィリン ,触媒 ,酸素 ,酸化反応 ,金属酵素 ,ヘム ,P450 ,モデル ,錯体 ,分子変換
1986.04~2007.12.
従事しているプロジェクト研究
CREST:物質群「3次元カーボン構造体」と革新的触媒反応
2018.10~2024.03, 代表者:生越 友樹, 京都大学大学院工学研究科, JST
熱エネルギーに依存した従来の化学工業からの脱却に向け、本研究では電気・力学的エネル ギーを高効率利用するための新規電極触媒材料の開発及び電極触媒システムを構築する。 電極触媒反応は、(1)電位を外部から制御することで反応性や選択性を任意に制御でき、(2) かつ半反応のみを起こす(つまり、酸化還元サイトを空間的に分離可能である)といった点で 既存の熱触媒と比較して大変魅力的な反応系である。しかしこれまでの電極触媒において、有 機系材料の分子設計性と、カーボン材料の電気伝導性、耐久性を併せ持った材料は皆無であっ た。本研究では、有機化学的に構造制御が可能な規則性を有した新物質群「3 次元(3D)カー ボン構造体」を構築し、電極触媒へと展開する。また、3D カーボン構造体の緻密な構造制御性 を利用し、半反応の電極触媒を空間的に隔てて組み込こんだ局部電池触媒を構築する。さらに 3D カーボン構造体に柔軟性を持たせることで、力学的エネルギーによる反応制御にも挑戦する。 新材料創製に加え局部電池触媒システムの構築および力学的エネルギーの利用により、電子や イオンの能動的制御を行い、革新的反応技術の創出を目指す。.
研究業績
主要著書
1. 谷 文都, Nobukuni, H, Sakaguchi, K., Kamimura, T., Chemical Science of π-Electron Systems, Springer, Japan, 423-442, 2015.10.
2. 谷 文都, 自己集合性ポルフィリンによる高次π空間の創出と機能性π複合体の構築、『高次π空間の創発と機能開発』, pp.107-112, 2013.03.
主要原著論文
1. K. Tani, T. Yashima, K. Miyanaga, K. Hori, K. Goto, F. Tani, 
Y. Habuka, K. Suzuki, K. Shizu, H. Kaji, Carbazole and Benzophenone Based Twisted Donor­Acceptor Systems as Solution Processable Green Thermally Activated Delayed Fluorescence Organic Light Emitters, Chem. Lett., 47, 1236-1239, 2018.09.
2. M. Watanabe, S. Sun, T. Ishihara, T. Kamimura, M. Nishimura, F. Tani, Visible Light-Driven Dye-Sensitized Photocatalytic Hydrogen Production by Porphyrin and its Cyclic Dimer and Trimer: Effect of Multi-Pyridyl-Anchoring Groups on Photocatalytic Activity and Stability, ACS Appl. Energy Mater., 1, 6072-6081, 2018.08.
3. H. Nishihara, M. Ohwada, T. Kamimura, M. Nishimura, H. Tanaka, S. Hiraide, M. T. Miyahara, K. Ariga, Q. Ji, J. Maruyama, F. Tani, Central metal dependent modulation of induced-fit gas uptake in molecular porphyrin solids, Chem. Commun., 54, 7822-7825, 2018.07.
4. K. Uehara, P. Mei, T. Murayama, F. Tani, H. Hayashi, M. Suzuki, N. Aratani, H. Yamada, An Anomalous Antiaromaticity That Arises from the Cycloheptatrienyl Anion Equivalent, Eur. J. Org. Chem., 4508-4511, 2018.07.
5. M. Narita, T. Murafuji, S. Yamashita, M. Fujinaga, K. Hiyama, Y. Oka, F. Tani, S. Kamijo, K. Ishiguro, Synthesis of 2-Iodoazulenes by the Iododeboronation of Azulen-2-ylboronic Acid Pinacol Esters with Copper(I) Iodide, J. Org. Chem., 83, 1298-1303, 2018.01.
6. H. Nishihara, T. Hirota, K. Matsuura, M. Ohwada, N. Hoshino, T. Akutagawa, T. Higuchi, H. Jinnai, Y. Koseki., H. Kasai., Y. Matsuo, J. Maruyama, Y. Hayasaka, H. Konaka., Y. Yamada, S. Yamaguchi, K. Kamiya, T. Kamimura, H. Nobukuni, Synthesis of ordered carbonaceous frameworks from organic crystals, Nature Commun., 10.1038/s41467-017-00152-z, 8, 2017.07,  東北大学多元物質科学研究所の西原洋知准教授、九州大学先導物質化学研究所の谷文都准教授、大阪産業技術研究所の丸山純研究主任、兵庫県立大学大学院工学研究科の松尾吉晃教授らを中心とする研究グループ)は、錯体結晶のように規則正しい骨格構造をもち、その中に金属原子が埋め込まれた新規炭素系触媒を開発しました。
 金属有機構造体を含む錯体結晶においては緻密な構造設計により高活性な触媒が開発されていますが、熱や薬品に弱いことや導電性が無いといった欠点がありました。金属を含有する炭素系触媒では反対に、熱や薬品に強く、導電性を持つ利点がありますが、構造が乱雑であるため活性を高くできないことが問題でした。今回の研究では、錯体結晶のように規則的な構造をもつ金属含有炭素系触媒の合成ルートを発見しました。本手法により、触媒活性を発現する化学構造を持ちながら、炭素材料の利点である耐熱性、耐薬品性、導電性を兼ね備えた新材料の合成が可能となるため、CO2転換触媒、燃料電池用の白金代替触媒をはじめとする様々な新規触媒の開発に繋がるものと期待されます。
 本成果は、平成29年7月24日(月)午前10時(イギリス時間)にNature Communication誌にてオンライン公開されました。.
7. M. Yamaji, S. Kato, K. Tomonari, M. Mamiya, 五島 健太, H. Okamoto, Y. Nakamura, 谷 文都, Blue Fluorescence from BF2 Complexes of N,O-Benzamide Ligands: Synthesis, Structure, and Photophysical Properties, Inorg. Chem., 10.1021/acs.inorgchem.7b02013, 2017.10.
8. T. Hamada, M. Hayasaki, H. Kitahara, K. Yamashita, A. Kariyazaki, 谷 文都, S. Onitsuka, H. Okamura, Essential oil composition of citrus peels in Kikai-jima Island, Japan, American Journal of Essential Oils and Natural Products, American Journal of Essential Oils and Natural Products, 5, 12-15, 2017.08.
9. S. Fujino, M. Yamaji, H. Okamoto, T. Mutai, I. Yoshikawa, H. Houjou, 谷 文都, Systematic investigations on fused π-system compounds of seven benzene rings prepared by photocyclization of diphenanthrylethenes, Photochem. Photobio. Sci., 16, 925-934, 2017.10.
10. Y. Ooyama, T. Enoki, J. Ohshita, T. Kamimura, S. Ozako, 小出 太郎, 谷 文都, Singlet oxygen generation properties of an inclusion complex of cyclic free-base porphyrin dimer and fullerene C60, RSC Adv., 7, 18690-18695, 2017.05.
11. M. Yamaji, Y. Hakoda, H. Okamoto, 谷 文都, Photochemical synthesis and photophysical properties of coumarins bearing extended polyaromatic rings studied by emission and transient absorption measurements, Photochem. Photobio. Sci., 16, 555-563, 2017.01.
12. K. Tani, H. Kato, N. Sakata, T. Yashima, K. Kubono, K. Hori, K. Tao, 五島 健太, 谷 文都, H. Takemura, K. Sakakibara, Y. Tsujii, Synthesis and Radical Polymerization of Acrylamides Having One or Two 3-Carbazolylmethyl Moieties and Properties of the Formed Polymers, Chem. Lett., 46, 85-87, 2017.01.
13. T. Koide, M. Takesue, T. Murafuji, K. Satomi, Y. Suzuki, J. Kawamata, K. Terai, M. Suzuki, H. Yamada, 塩田 淑仁, 吉澤 一成, 谷 文都, An Azulene-Fused Tetracene Diimide with a Small HOMO–LUMO Gap, ChemPlusChem, 10.1002/cplu.201600356, 2016.08.
14. Y. Shigeri, T. Kamimura, M. Ando, K. Uegaki,, H. Sato, 谷 文都, R. Arakawa, T. Kinumi, 2-Hydrazinoquinoline: a reactive matrix for matrix-assisted laser desorption/ionization mass spectrometry to detect gaseous carbonyl compounds, Eur. J. Mass Spectrom, 22, 83-90, 2016.07.
15. Y. Ooyama, K. Uenaka, T. Kamimura, S. Ozako, M. Kanda, T. Koide, 谷 文都, Dye-sensitized solar cell based on an inclusion complex of a cyclic porphyrin dimer bearing four 4-pyridyl groups and fullerene C60, RSC Adv., 6, 16150-16158, 2016.02.
16. 上村拓也, 大久保 敬, 川島雄樹, 尾迫秀和, 坂口健一, 福住俊一, 谷 文都, Long-Lived Photoinduced Charge Separation in Inclusion Complexes Composed of a Phenothiazine-Bridged Cyclic Porphyrin Dimer and Fullerenes, J. Phys. Chem. C, 119, 25634-25650, 2015.11.
17. 谷 文都, Kamimura, Takuya, Sakai, Hayato, Hasobe, Taku, Supramolecular photovoltaic cells utilizing inclusion complexes composed of Li+@C-60 and cyclic porphyrin dimer, JOURNAL OF PORPHYRINS AND PHTHALOCYANINES, 10.1142/S1088424614501156, 19, 1-3, 242-250, 2015.01.
18. 谷 文都, Kamimura, Takuya, Komura, Motonori, Komiyama, Hideaki, Iyoda, Tomokazu, Linear assembly of a porphyrin-C-60 complex confined in vertical nanocylinders of amphiphilic block copolymer films, CHEMICAL COMMUNICATIONS, 10.1039/c4cc09262g, 51, 9, 1685-1688, 2015.02.
19. 谷 文都, Sakatani, Shuhei, Kamimura, Takuya, Ohkubo, Kei, Fukuzumi, Shunichi, Synthesis and photodynamics of diphenylethynyl-bridged porphyrin-quinoidal porphyrin hybrids, JOURNAL OF PORPHYRINS AND PHTHALOCYANINES, 10.1142/S1088424614501144, 19, 1-3, 219-232, 2015.01.
20. 谷 文都, Kawai, Minoru, Yamaguchi, Takahide, Masaoka, Shigeyuki, Kohzuma, Takamitsu, Chiang, Linus, Storr, Tim, Mieda, Kaoru, Ogura, Takashi, Szilagyi, Robert K., Shimazaki, Yuichi, Influence of Ligand Flexibility on the Electronic Structure of Oxidized Ni-III-Phenoxide Complexes, INORGANIC CHEMISTRY, 10.1021/ic501181k, 53, 19, 10195-10202, 2014.10.
21. T. Kamimura, H. Nobukuni, 谷 文都, 坂口 健一, 尾迫秀和, 石田 真敏, 宇野 英満, 森 重樹, Phenothiazine-Bridged Cyclic Porphyrin Dimers as High-Affinity Hosts for Fullerenes and Linear Array of C60 in Self-Assembled Porphyrin Nanotube, J. Org. Chem., 79, 2980-2992, 2014.03.
22. K. Asami, A. Takashina, M. Kobayashi, 谷 文都, F. Thomas, Y. Shimazaki, S. Iwatsuki, T. Yajima, A. Kochem, M. van Gastel, T. Kohzuma, Characterization of one-electron oxidized copper(II)-salophen-type complexes; effects of electronic and geometrical structures on reactivities, Dalton Trans., 43, 2283-2293, 2014.01.
23. T. Kamimura, K. Ohkubo, Y. Kawashima, H. Nobukuni, 成田 吉徳, 谷 文都, S. Fukuzumi, Submillisecond-lived photoinduced charge separation in inclusion complexes composed of Li+@C60 and cyclic porphyrin dimers, Chem. Sci., 4, 4, 1451-1461, 2013.03.
24. K. Asami, K. Tsukidate, S. Iwatsuki, 谷 文都, 唐澤 悟, L. Chiang, T. Storr, F. Thomas, Y. Shimazaki, New Insights into the Electronic Structure and Reactivity of One-Electron Oxidized Copper(II)-(Disalicylidene)diamine Complexes, Inorg. Chem., 51, 22, 12450-12461, 2012.11.
25. M. Ishida, J. M. Lim, B. S. Lee, 谷 文都, J. L. Sessler, D. Kim, 成田 吉徳, Photophysical Analysis of 1,10-Phenanthroline-Embedded Porphyrin Analogues and Their Magnesium(II) Complexes, Chem. Eur. J., 18, 45, 14329-14341, 2012.11.
26. J. Nakazawa, J. Hagiwara, 島崎優一, 谷 文都, 成田 吉徳, Synthesis, Characterization, and Small Hydrocarbon Encapsulation of Dicavitand-Porphyrins, Bull. Chem. Soc. Jpn., 85, 8, 912-919, 2012.08.
27. Yuichi Shimazaki, Natsumi Arai, Tim J. Dunn, Tatsuo Yajima, Fumito Tani, Caterina F. Ramogida and Tim Storr, Influence of the chelate effect on the electronic structure of one-electron oxidized group 10 metal(II)-(disalicylidene)diamine complexes, Dalton Trans., 40, 11, 2469, 2011.04.
28. H. Nobukuni, Y. Shimazaki, H. Uno, Y. Naruta, K. Ohkubo, T. Kojima, S. Fukuzumi, S. Seki, H. Sakai, T. Hasobe, F. Tani, Supramolecular Structures and Photoelectronic Properties of the Inclusion Complex of a Cyclic Free-Base Porphyrin Dimer and C60, Chem. Eur. J., 16, 38, 11611, 2010.10.
29. M. Ishida, S. Karasawa, H. Uno, F. Tani, Y. Naruta, Protonation-Induced Formation of a Stable Singlet Biradicaloid Derived from a Modified Sapphyrin Analogue, Angew. Chem. Int. Ed., 49, 34, 5906, 2010.08.
30. M. Ishida, Y. Naruta, F. Tani, A Novel Porphyrin-related Macrocycle with an Embedded 1,10-Phenanthroline Moiety as a Fluorescent Mg (II) Ion Sensor, Angew. Chem. Int. Ed., 49, 1, 91-94, 2010.01.
31. H. Nobukuni, F. Tani, Y. Shimazaki, Y. Naruta, K. Ohkubo, T. Nakanishi, T. Kojima, S. Fukuzumi, S. Seki, Anisotropic High Electron Mobility and Photodynamics of a Self-Assembled Porphyrin Nanotube Including C60 Molecules, J. Phys. Chem. C, 113, 19694-19699, 2009.12.
32. Nobukuni, H; Shimazaki, Y; Tani, F; Naruta, Y, A nanotube of cyclic porphyrin dimers connected by nonclassical hydrogen bonds and its inclusion C-60 in a linear arrangement, ANGEWANDTE CHEMIE-INTERNATIONAL EDITION, 46 (47): 8975-8978, 2007.12.
33. Y. Shimazaki, T. Nagano, H. Takesue, B. -H. Ye, F. Tani, Y. Naruta, Characterization of a Dinuclear MnV=O Complex and Its Efficient Evolution of O2 in the Presence of Water, Angew. Chem. Int. Ed., 10.1002/anie.200352564, 43, 1, 98-100, 43, 98-100., 2004.01.
34. J. -G. Liu, Y. Naruta, F. Tani, T. Chishiro, Y. Tachi, Formation and spectroscopic characterization of the dioxygen adduct of a heme-Cu complex possessing a cross-linked tyrosine-histidine mimic: modeling the active site of cytochrome c oxidase, Chem. Commun., 10.1039/b311538k, 1, 120-121, 120-121., 2004.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 村藤俊宏, 谷 文都, 広がるアズレンの化学-合成法の発展と有機材料への新展開, 化学, 2017.03.
2. 谷 文都, 自己集合性ポルフィリンナノ空間を利用したフラーレン類の配列制御, 高分子, 2014.04.
3. 谷 文都, 信国浩文, 上村拓也, フラーレンとポルフィリンからなる超分子系ナノカーボンの配列制御と光・電子物性, 炭素, 2013.11.
4. 谷 文都、信国浩文, 環状ポルフィリン二量体とフラーレンからなるπ複合体の超分子構造と光・電子物性, 光化学, 2011.04.
5. 成田 吉徳, 谷 文都, 銅複核錯体による酸素分子活性化反応の新しい中間体, 化学、化学同人, p.66, 1997.07.
主要学会発表等
1. 原田 紫月・宮永 佳苗・堀 一繁・久保埜 公二・五島 健太・ 谷 文都・谷 敬太, N-エチルカルバゾールの3位に電子求引基を有するD-A系化合物の合成と光物理的性質, 日本化学会 第99春季年会, 2019.03.
2. 宮永 佳苗・堀 一繁・久保埜 公二・森 直・谷 文都・五島 健太・谷 敬太, 剛直な骨格を有する[3.3](3,9)カルバゾロファン誘導体を用いた新規面不斉材料の開発, 日本化学会 第99春季年会, 2019.03.
3. 橋口 仁康・堀 一繁・久保埜 公二・五島 健太・谷 文都・榊原 圭太・辻井 敬亘・武村 裕之・谷 敬太, カルバゾロファン部位を有するメタクリラート系の合成とポリマー化, 日本化学会 第99春季年会, 2019.03.
4. 平田 拓馬・成田 昌弘・寺岡 孝明・村藤俊宏・五島 健太・谷 文都, チオフェンとアズレンからなる縮合多環型π共役系化合物の合成, 日本化学会 第99春季年会, 2019.03.
5. 矢野 諒介・河野 優太・五島 健太・谷 文都, チオフェンが縮環したπ拡張型ポルフィセンの合成, 日本化学会 第99春季年会, 2019.03.
6. 梶村 裕人・村藤 俊宏・五島 健太・谷 文都, アズレンとキノンからなる新規ヘリセン化合物の合成と物性, 日本化学会 第99春季年会, 2019.03.
7. 成田 昌弘・寺岡 孝明・村藤 俊宏・塩田 淑仁・吉沢 一成・五島 健太・谷 文都, イソベンゾチオフェンにアズレンが縮環したヘリセン類の合成と物性, 日本化学会 第99春季年会, 2019.03.
8. Md. Awlad Hossain, Fumito Tani, Kenta-Goto, and Ken-ichi Sugiura, Syntheses of Azulene Based Novel Polycyclic Aromatic Hydrocarbons and Their Photophysical Properties, The Pure and Applied Chemistry International Conference 2019 - PACCON 2019, 2019.02.
9. Fumito Tani, Two Harvests from One Metalloporphyrin Complex, The 11th Japan-Taiwan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules, 2018.08.
10. 成田昌弘・寺岡孝明・   村藤俊宏・五島健太・谷 文都, イソベンゾチオフェンとアズレンで構成されるヘリセン類の合成と物性, 有機典型元素化学討論会, 2018.11.
11. 五島健太、谷 文都, メカニカル結晶の緩和現象, 第12回分子科学討論会, 2018.09.
12. 成田 昌弘・寺岡孝明、村藤 俊宏・塩田 淑仁・吉澤 一成・五島 健太・谷 文都, アズレンが縮環したイソベンゾチオフェン類の酸化体の合成と性質, 第51回酸化反応討論会, 2018.11.
13. 成田昌弘、村藤俊宏、山下紗希、三方裕司、上條 真、石黒勝也、俣野善博、谷 文都, ボリルアズレン類の反応と性質, 第30回若手研究者のためのセミナー, 2018.09.
14. 谷敬太・八嶋徹・宮永佳苗・堀 一繁・五島健太・谷文都・羽深夢・鈴木克明・志津功將・梶弘典, カルバゾールをドナー(D)、ベンゾフェノンをアクセプター(A)とするD-A系の光物性と有機ELへの応用, 第29回基礎有機化学討論会, 2018.09.
15. 宮永佳苗・堀 一繁・谷 文都・五島健太・森 直・谷 敬太, 電子求引基を有するカルバゾロファン誘導体の構造と光物性, 第29回基礎有機化学討論会, 2018.09.
16. 平田 拓馬・成田 昌弘・寺岡 孝明・村藤 俊宏・五島 健太・谷 文都, チオフェンとアズレンからなる縮合多環型π共役系化合物の合成, 第29回基礎有機化学討論会, 2018.09.
17. 矢野諒介・河野優太・五島健太・谷 文都, チオフェンが縮環したπ拡張型ポルフィセンの合成, 第29回基礎有機化学討論会, 2018.09.
18. 梶村裕人・村藤俊宏・五島健太・谷 文都, キノンとアズレンからなる新規ヘリセン化合物の合成と物性, 第29回基礎有機化学討論会, 2018.09.
19. 成田昌弘・寺岡孝明・村藤俊宏・五島健太・谷 文都, イソベンゾチオフェンにアズレンが縮環したヘリセンの合成と性質, 第29回基礎有機化学討論会, 2018.09.
20. 永尾航平・真宅晃平・村藤俊宏・谷 文都・三方裕司・上條 真・石黒勝也, ジアズレニルボリン酸から誘導されるお椀型分子の合成検討, 第48回複素環化学討論会, 2018.09.
21. 坂本純基・村藤俊宏・谷 文都・石黒勝也・上條 真・三方裕司, アズレニルホウ酸エステルのカップリングによるターアズレン類の合成と環状エステルの効果, 第48回複素環化学討論会, 2018.09.
22. 山下紗希・成田昌弘・村藤俊宏・谷 文都・石黒勝也・上條 真, ニトロアズレン類の簡便合成と縮環反応, 第48回複素環化学討論会, 2018.09.
23. 平田 拓馬、寺岡 孝明、村藤 俊宏、五島 健太、谷 文都, チオフェンとアズレンからなる縮合多環型π共役系化合物の合成, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
24. 矢野諒介、河野優太、五島健太、谷 文都, チオフェンが縮環したπ拡張型ポルフィセンの合成, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
25. 梶村 裕人、村藤 俊宏、五島 健太、谷 文都, オルトキノンとアズレンからなる新規ヘリセノイド化合物の合成, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
26. 成田昌弘、村藤俊宏、山下紗希、三方裕司、上條 真、石黒勝也、俣野善博、谷 文都, ボリルアズレン類の反応と性質, 第55回化学関連支部合同九州大会, 2018.06.
27. Hirotomo Nishihara, Kenta Matsuura, Mao Ohwada, Yoshiaki Matsuo, Jun Maruyama, Yuichiro Hayasaka, Shingi Yamaguchi, Kazuhide Kamiya, Fumito Tani, Takashi Kyotania, Direct conversion of porphyrin crystals into ordered carbonaceous frameworks, International Conference on Coordination Chemistry, 2018, Sendai, Japan, 2018.07.
28. Hirotomo Nishihara, Kenta Matsuura, Mao Ohwada, Yoshiaki Matsuo, Jun Maruyama, Yuichiro Hayasaka, Shingi Yamaguchi, Kazuhide Kamiya, Fumito Tani, CONVERSION OF ORGANIC CRYSTALS INTO ORDERED CARBONACEOUS FRAMEWORKS WITH MICROPOROSITY, Carbon2018, 2018.07.
29. 大下宏美、島崎優一、谷 文都, 側鎖基にインドール基を有するNi, Cu-salen錯体の一電子酸化体の電子状態, 第98日本化学会春季年会, 2018.03.
30. 宮永 佳苗、堀 一繁、久保埜 公二、谷 文都、五島 健太、森 直、谷 敬太, [3.5](3,9)カルバゾロファンの配座制御と蛍光スイッチング, 第98日本化学会春季年会, 2018.03.
31. 平田拓馬・寺岡孝明・村藤俊宏・五島健太・谷 文都, チオフェンとアズレンからなる新規湾曲型π共役系化合物の合成, 第98日本化学会春季年会, 2018.03.
32. 矢野諒介・河野優太 ・五島健太・谷 文都, チオフェンが縮環した新規ポルフィセンの合成, 第98日本化学会春季年会, 2018.03.
33. 梶村裕人・村藤俊宏・五島健太・谷 文都, オルトキノンとアズレンからなる新規ヘリセノイド化合物の合成と物性, 第98日本化学会春季年会, 2018.03.
34. 寺岡 孝明・村藤 俊宏・五島 健太・谷 文都, イソベンゾチオフェンにアズレンが縮環したヘリセノイド化合物の合成と物性, 第98日本化学会春季年会, 2018.03.
35. 河野優太 ・小出太郎・村藤俊宏・五島健太・谷 文都, アズレンが縮環した新規ポルフィセンの合成, 第98日本化学会春季年会, 2018.03.
36. 五島 健太・谷 文都, 高次構造体の転移による光メカニカル能のスイッチング, 第98日本化学会春季年会, 2018.03.
37. 成田昌弘、村藤俊宏、上條 真、石黒勝也、三方裕司、谷 文都、俣野善博, アズレニルジメシチルボランの構造と光吸収および錯形成反応, 第44回有機典型元素化学討論会, 2017.12.
38. 寺岡 孝明,村藤 俊宏,五島 健太,谷 文都, イソベンゾチオフェンにアズレンが縮環したヘリセノイド化合物の合成と物性, 第44回有機典型元素化学討論会, 2017.12.
39. 成田昌弘、村藤俊宏、上條 真、石黒勝也、三方裕司、谷 文都、俣野善博, ジメシチルボリルアズレン類の構造及び反応性, 2017 ハロゲン利用ミニシンポジウム, 2017.11.
40. 梶村裕人,村藤俊宏,五島健太,谷 文都, オルトキノンとアズレン誘導体からなる新規ヘリセノイド化合物の合成, 2017 ハロゲン利用ミニシンポジウム, 2017.11.
41. 寺岡孝明・平田拓馬・村藤俊宏・五島健太・谷 文都, イソベンゾチオフェンにアズレンが縮環したヘリセノイド化合物の合成と物性, 2017 ハロゲン利用ミニシンポジウム, 2017.11.
42. 河野優太,矢野諒介,小出太郎,村藤俊宏,五島健太,谷 文都, アズレンが縮環した新規ポルフィセンの合成, 2017 ハロゲン利用ミニシンポジウム, 2017.11.
43. 梶村 裕人,村藤 俊宏,五島 健太,谷 文都, オルトキノンとアズレン誘導体からなる新規ヘリセノイド化合物の合成と物性, 第29回若手研究者のためのセミナー, 2017.08.
44. 寺岡 孝明,村藤 俊宏,五島 健太,谷 文都, アズレンが縮環したベンゾチオフェンの合成と物性 , 第29回若手研究者のためのセミナー, 2017.08.
45. 河野 優太,小出 太郎,村藤 俊宏,五島 健太,谷 文都, アズレンが縮環した新規ポルフィセンの合成, 第29回若手研究者のためのセミナー, 2017.08.
46. Yuta Kawano, Taro Koide, Toshihiro Murafuji, Goto Kenta, Fumito Tani, Synthesis of novel porphycenes fused with azulene, International Symposium on Materials for Chemistry and Engineering (IMCE 2018), 2018.03.
47. Takaaki Teraoka, Toshihiro Murafuji, Kenta Goto, Fumito Tani, Synthesis and properties of azulene-fused isobenzothiophene helicenoids, International Symposium on Materials for Chemistry and Engineering (IMCE 2018), 2018.03.
48. Fumito Tani, Two Harvests from One Metalloporphyrin Complex, International Symposium on Materials for Chemistry and Engineering (IMCE 2018), 2018.03.
49. Masahiro Narita,Toshihiro Murafuji,Shin Kamijo,Katsuya Ishiguro,Yuji Mikata,Fumito Tani,Yoshihiro Matano, Synthesis, Structure and Properties of Dimesitylborylazulenes, 17th International Symposium on Novel Aromatics ( ISNA 2017), 2017.07.
50. 成田昌弘、村藤俊宏、上條 真、石黒勝也、三方裕司、谷 文都、俣野善博, ジメシチルボリルアズレン類の構造及び反応性, 第28回基礎有機化学討論会, 2017.09.
51. 宮永佳苗,堀 一繁,久保埜公二,谷 文都 ,五島健太,谷 敬太, 二架橋を経由する三架橋カルバゾロファンの合成と物性, 第28回基礎有機化学討論会, 2017.09.
52. 梶村 裕人,村藤 俊宏,五島 健太,谷 文都, オルトキノンとアズレン誘導体からなる新規ヘリセノイド化合物の合成と物性, 第28回基礎有機化学討論会, 2017.09.
53. 寺岡 孝明,村藤 俊宏,五島 健太,谷 文都, アズレンが縮環したベンゾチオフェンの合成と物性 , 第28回基礎有機化学討論会, 2017.09.
54. 河野 優太,小出 太郎,村藤 俊宏,五島 健太,谷 文都, アズレンが縮環した新規ポルフィセンの合成, 第28回基礎有機化学討論会, 2017.09.
55. 五島健太、谷 文都, 高次構造体変化を伴う熱転移に誘発される光アクチュエーター能のスイッチング, 第28回基礎有機化学討論会, 2017.09.
56. Fumito Tani, An Azulene-Fused Tetracene Diimide with a Small HOMO-LUMO Gap, The 10th Taiwan-Japan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules, 2017.10.
57. 中野雅也, 正木深雪, 久保埜公二, 森 直, 五島 健太, 谷 文都, 谷 敬太, 非対称な部分重なり型カルバゾロファン誘導体の光物性と光学分割, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
58. 宮永佳苗, 堀 一繁, 久保埜公二, 谷 文都, 五島 健太, 谷 敬太, 酸素で架橋された[3.3.5](3,6,9)カルバゾロファン誘導体の合成と性 質, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
59. 梶村 裕人, 村藤 俊宏, 谷 文都, オルトキノンとトリメチルアズレンからなる新規ヘリセノイド化合物の合成と物性, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
60. 河野 優太, 小出 太郎, 村藤 俊宏, 谷 文都, アズレンが縮環したポルフィリノイドの合成, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
61. 寺岡 孝明, 村藤 俊宏, 谷 文都, チオフェンとアズレンからなる新規ヘリセノイド化合物の合成, 日本化学会第97春季年会, 2017.03.
62. 成田昌弘, 村藤俊宏, 上條 真, 石黒勝也, 三方裕司, 谷 文都, 俣野善博, ジメシチルボリルアズレンの合成と錯形成, 第27回基礎有機化学討論会, 2016.09.
63. 大山陽介, 上中康史, 上村拓也, 尾迫秀和, 神田正弘, 小出 太郎, 谷 文都, 環状ポルフィリンニ量体およびフラーレ ン包接錯体を用いた色素増感太陽電池の光電変 換特性, 2016年光化学討論会, 2016.09.
64. 松浦健太, 西原洋知, 谷 文都, 上村拓也, 小出 太郎, 大和田真生, 松尾吉晃, 丸山純, 京谷隆, 有機結晶の炭素化による多孔質カーボンアロイ調製の検討, 第43回炭素材料学会, 2016.12.
65. 成田昌弘, 村藤俊宏, 上條 真, 石黒勝也, 三方裕司, 谷 文都, 俣野善博, アズレンの臭素化とハロアズレンのハロゲンーメタル交換反応によるボリル基の導入, 2016ハロゲン利用ミニシンポジウム, 2016.11.
66. 谷 文都, 小出 太郎, 武居壯昴, 村藤俊宏, 里見浩一郎, 鈴木康孝, 川俣 純, 寺井健吾, 鈴木充朗, 山田容子, 塩田 淑仁, 吉澤 一成, アズレンが縮環した新規テトラセンジイミド誘導体の合成と物性, 2016ハロゲン利用ミニシンポジウム, 2016.11.
67. 谷 文都, Hirofumi Nobukuni, Ken-ichi Sakaguchi, Takuya Kamimura, Supramolecular structures and photoelectronic properties of inclusion complexes of self-assembling cyclic porphyrin dimers and fullerenes, KJF International Conference on Organic Materials for Electronics and Photonics 2016, 2016.09.
68. 五島 健太, 谷 文都, アルキルアミンを有するナフタレンジイミド類の合成および光照射による機械的応答の表面観察, 第27回基礎有機化学討論会, 2016.09.
69. 谷 敬太, 堀 一繁, 久保埜 公二, タケムラ裕之, 五島 健太, 谷 文都, 榊原 圭太, 辻井 敬亘, ヘキシル基を有する[3.n](3,9)カルバゾロファン誘導体の合成とそれらのラジカル重合, 第27回基礎有機化学討論会, 2016.09.
70. 河野優太, 小出 太郎, 谷 文都, アズレンが縮環した新規ポルフィセンの合成, 第27回基礎有機化学討論会, 2016.09.
71. 谷 文都, Supramolecular structures and photoelectronic properties of iInclusion complexes of self-assembling cyclic porphyrin dimers and fullerenes, The 70th Fujihara Seminar, 2016.04.
72. 谷 文都, Hirotomo Nishihara, Takuya Kamimura, Masato Nishimura, Hideki Tanaka, Minoru T. Miyahara, Mao Owada, Takashi Kyotani, Induced-Fit Gas Uptake in Solids of Cyclic Porphyrin Dimers, 12th International Conference on the Fundamentals of Adsorption, 2016.05.
73. 中野 雅也, 宮永 佳苗, 堀 一繁, 五島 健太, 谷 文都, 武村 裕之, 谷 敬太, ヘキシル基を有する[3.n](3,9)カルバゾロファン誘導体の合成と性質, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
74. 八嶋 徹, 谷 敬太, 堀 一繁, 五島 健太, 谷 文都, 榊原 圭太, 辻井 敬亘, [3.3](3,9)カルバゾロファン部位を有するメタクリルエステルポリマーの合成と性質, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
75. 浅井 美穂, 谷 敬太, 堀 一繁, 五島 健太, 谷 文都, 武村 裕之, 酸素で架橋した[3.5] (3,9)カルバゾロファン誘導体の合成と性質, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
76. 八嶋 徹, 谷 敬太, 堀 一繁, 久保埜公二, 五島 健太, 谷 文都, 榊原圭太, 辻井敬亘, アミノアルコールで架橋した完全および部分重なり型[3.3](3.9)カルバゾロファンの合成と性質, 第26回基礎有機化学討論会, 2015.09.
77. 成田昌弘, 村藤俊宏, 上條 真, 石黒勝也, 谷 文都, 俣野善博, ボリル基の導入によるアズレンの吸収・蛍光特性の変化, 第26回基礎有機化学討論会, 2015.09.
78. 白根真悠, 村藤俊宏, 垰 圭介, 上條 真, 石黒勝也, 谷 文都, 俣野善博, アズレンから誘導されるローバンドギャップ分子の合成と性質, 第26回基礎有機化学討論会, 2015.09.
79. 成田昌弘, 村藤俊宏, 上條 真, 石黒勝也, 谷 文都, 俣野善博, ジメシチルボリル基を導入した アズレン誘導体の合成, 第8回臭素化学懇話会, 2015.11.
80. 成田昌弘, 村藤俊宏, 上條 真, 石黒勝也, 谷 文都, 俣野善博, ジメシチルボリル基を有するアズレン類の合成と性質, 第42回有機典型元素化学討論会, 2015.12.
81. 西原 洋知, 松浦 健太, 廣田徹也, 谷 文都, 上村 拓也, 大和田 真生, 松尾 吉晃, 丸山 純, 京谷 隆, 有機結晶の炭素化による構造規則性カーボンアロイの調製, 日本学術振興会 産学協力研究委員会第117委員会「炭素材料」第314回研究会, 2015.07.
82. 松浦 健太, 西原 洋知, 廣田徹也, 谷 文都, 上村 拓也, 大和田 真生, 松尾 吉晃, 丸山 純, 京谷 隆, 1.5 nmの長周期規則構造を持つ新規カーボンアロイの調製, 第53回炭素材料夏季セミナー, 2015.08.
83. 谷 文都, 小出太郎, 武居 壯昂, 里見 浩一郎, 鈴木 康孝, 川俣 純, 村藤 俊宏, アズレンが縮環したテトラセンジイミド誘導体の合成と物性, 日本化学会第96春季年会, 2016.03.
84. 谷 文都, 小出太郎, 武居 壯昂, 村藤 俊宏, 里見 浩一郎, 鈴木 康孝, 川俣 純, アズレンが縮環したテトラセンジイミド誘導体の合成と物性, 第9回有機π電子系シンポジウム, 2015.11.
85. 小出太郎, 武居 壯昂, 村藤 俊宏, 里見 浩一郎, 鈴木 康孝, 川俣 純, 谷 文都, アズレンが縮環した新規テトラセン誘導体の合成と物性, 第26回基礎有機化学討論会, 2015.09.
86. 松浦 健太, 西原 洋知, 谷 文都, 上村 拓也, 小出 太郎, 大和田 真生, 松尾 吉晃, 丸山 純, 京谷 隆, ポルフィリン類の炭素化による新規カーボンアロイの調製, 第42回炭素材料学会年会, 2015.12.
87. 谷 文都, Supramolecular Structures and Photoelectronic Properties of Inclusion Complexes of Self-Assembling Cyclic Porphyrin Dimers and Fullerenes, International Symposium on Construction and Application of Functional Molecules/Systems, 2015.10.
88. 谷 文都, Hirofumi NOBUKUNI, Ken-ichi SAKAGUCHI, Takuya KAMIMURA, Shuwa OZAKO, Supramolecular Structures and Photoinduced Charge Separation of Inclusion Complexes of Cyclic Porphyrin Dimers and Fullererenes, The 8th Taiwan-Japan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules, 2014.11.
89. 谷 文都, 新名主 輝男, 武居壯昂, 村藤俊宏, アズレンが縮環した新規テトラセンジイミド誘導体の合成, 第8回有機π電子系シンポジウム, 2014.11.
90. 谷 文都, 新名主 輝男, 武居壯昂, 村藤俊宏, アズレンが縮環した新規テトラセンジイミド誘導体の合成, 第8回有機π電子系シンポジウム, 2014.11.
91. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 新名主 輝男, 福住俊一, 酒谷修平, ポルフィリンーキノイドポルフィリン連結分子の合成と光化学的性質, 第8回有機π電子系シンポジウム, 2014.11.
92. 谷 文都, 尾迫秀和, 新名主 輝男, 俣野善博, 環状ジアザポルフィリン二量体の合成と性質, 第8回有機π電子系シンポジウム, 2014.11.
93. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島雄樹, 尾迫秀和, 坂口健一, 新名主 輝男, 福住俊一, フェノチアジン架橋環状ポルフィリン二量体とフラーレン類からなる包接錯体のサブミリ秒寿命光誘起電荷分離, 第8回有機π電子系シンポジウム, 2014.11.
94. 谷 文都, 西原洋知, 上村拓也, 大和田真生, 京谷 隆, 廣田徹也, 有機分子性結晶の熱処理による規則構造性炭素化物の調製, 第41回炭素材料学会年会, 2014.12.
95. 谷 文都, 西原洋知, 上村拓也, 西村将人, 田中秀樹, 宮原 稔, 大和田真生, 京谷 隆, 環状ポルフィリン二量体のガス吸着特性, 第28回日本吸着学会研究発表会, 2014.10.
96. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島雄樹, 尾迫秀和, 坂口健一, 新名主 輝男, 福住俊一, フェノチアジン架橋環状ポルフィリン二量体とフラーレン類からなる包接錯体のサブミリ秒寿命光誘起電荷分離, 2014年光化学討論会, 2014.10.
97. 谷 文都, 新名主 輝男, 武居壯昂, 村藤俊宏, アズレンが四置換したナフタレンジイミド誘導体の合成と物性, 第25回基礎有機化学討論会, 2014.09.
98. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 新名主 輝男, 福住俊一, 酒谷修平, ポルフィリンーキノイドポルフィリン連結分子の合成と光化学的性質, 第25回基礎有機化学討論会, 2014.09.
99. 谷 文都, 尾迫秀和, 新名主 輝男, 俣野善博, 環状ジアザポルフィリン二量体の合成と性質, 第25回基礎有機化学討論会, 2014.09.
100. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島雄樹, 尾迫秀和, 坂口健一, 新名主 輝男, 福住俊一, フェノチアジン架橋環状ポルフィリン二量体とフラーレン類からなる包接錯体のサブミリ秒寿命光誘起電荷分離, 第25回基礎有機化学討論会, 2014.09.
101. 谷 文都, 新名主 輝男, 武居壯昂, 村藤俊宏, アズレンが四置換したナフタレンイミド誘導体の合成と性質, 第46回構造有機化学若手の会 夏の学校, 2014.08.
102. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 新名主 輝男, 福住俊一, 酒谷修平, ポルフィリンーキノイドポルフィリン連結分子の合成と光化学的性質, 第46回構造有機化学若手の会 夏の学校, 2014.08.
103. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島雄樹, 尾迫秀和, 坂口健一, 新名主 輝男, 福住俊一, フラーレン-ポルフィリン-フェノチアジンからなる超分子複合体の長寿命光誘起電荷分離, 第46回構造有機化学若手の会 夏の学校, 2014.08.
104. 谷 文都, 尾迫秀和, 新名主 輝男, 俣野善博, 環状ジアザポルフィリン二量体の合成と性質, 第35回光化学若手の会, 2014.06.
105. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島雄樹, 尾迫秀和, 坂口健一, 新名主 輝男, 福住俊一, フラーレン-ポルフィリン-フェノチアジンからなる超分子複合体の長寿命光誘起電荷分離, 第35回光化学若手の会, 2014.06.
106. 谷 文都, 上村拓也, 信国浩文, 宇野英満, 島崎優一, 成田 吉徳, 環状ポルフィリン二量体とフラーレンからなる包接錯体の超分子構造, 福岡万有シンポジウム 第8回「三地区若手交歓会 福岡ミニシンポジウム」, 2014.06.
107. 谷 文都, 上村拓也, 新名主 輝男, 武居壯昂, 村藤俊宏, アズレンが四置換したナフタレンジイミド誘導体の合成と物性, 日本化学会第94春季年会, 2014.03.
108. 谷 文都, 上村拓也, 新名主 輝男, 尾迫秀和, 俣野善博, 環状ジアザポルフィリンの合成と性質, 日本化学会第94春季年会, 2014.03.
109. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 福住 俊一, 新名主 輝男, 酒谷 修平, ポルフィリン−キノイドポルフィリン連結分子の合成と光化学的性質, 日本化学会第94春季年会, 2014.03.
110. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島 雄樹, 福住 俊一, 新名主 輝男, 尾迫 秀和, 坂口 健一, フェノチアジン架橋環状ポルフィリン二量体とフラーレン類からなる包接錯体のサブミリ秒寿命光誘起電荷分離, 日本化学会第94春季年会, 2014.03.
111. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島 雄樹, 福住 俊一, 信国 浩文, 宇野 英満, 島崎優一, Supramolecular Structures and Photoelectronic Properties of Inclusion Complexes of Self-assembling Cyclic Porphyrin Dimers and Fullerenes, 15th International Symposium on Novel Aromatic Compounds, 2013.07.
112. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島 雄樹, 福住 俊一, 信国 浩文, 宇野 英満, 島崎優一, Supramolecular Structures and Photoelectronic Properties of Inclusion Complexes of Self-assembling Cyclic Porphyrin Dimers and Fullerenes, 7th International Conference on Materials for Advanced Technologies, 2013.07.
113. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島 雄樹, 福住 俊一, 信国 浩文, 成田 吉徳, Li+@C60と環状ポルフィリン二量体からなる包接錯体の長寿命光誘起電荷分離, 2013年光化学討論会, 2013.09.
114. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島 雄樹, 福住 俊一, 信国 浩文, 成田 吉徳, リチウムカチオン内包フラーレンC60と環状ポルフィリン二量体からなる包接錯体の長寿命光誘起電荷分離, 第24回基礎有機化学討論会, 2013.09.
115. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島 雄樹, 福住 俊一, 信国 浩文, 成田 吉徳, Li+@C60と環状ポルフィリン二量体からなる包接錯体の長寿命光誘起電荷分離, 第45回構造有機化学若手の会 夏の学校, 2013.08.
116. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島 雄樹, 福住 俊一, 信国 浩文, 成田 吉徳, Submillisecond-Lived Photoinduced Charge Separation in Inclusion Complexes Composed of Li+@C60 and Cyclic Porphyrin Dimers, 15th International Symposium on Novel Aromatic Compounds, 2013.07.
117. 谷 文都, 上村拓也, 信国 浩文, 成田 吉徳, 宇野英満, 島崎優一, 自己集合能を有する環状ポルフィリン二量体と種々のフラーレン類からなる包接錯体の超分子構造, 第25回万有札幌シンポジウム 3地区交流ミニセミナー, 2013.07.
118. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島 雄樹, 福住 俊一, 信国 浩文, 成田 吉徳, Li+@C60と環状ポルフィリン二量体からなる包接錯体の長寿命光誘起電荷分離, 第34回光化学若手の会, 2013.06.
119. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島 雄樹, 福住 俊一, 信国 浩文, 成田 吉徳, Li+@C60と環状ポルフィリン二量体からなる包接錯体の長寿命光誘起電荷分離, 第25回万有札幌シンポジウム, 2013.07.
120. 谷 文都, 上村拓也, 大久保 敬, 川島 雄樹, 福住 俊一, 信国 浩文, 成田 吉徳, Li+@C60と環状ポルフィリン二量体からなる包接錯体の長寿命光誘起電荷分離, 第23回万有福岡シンポジウム, 2013.06.
121. Fumito TANI, 信国浩文, 上村拓也, Yoshinori Naruta, 宇野英満, 島崎優一, Supramolecular Structures and Photoelectronic Properties of Inclusion Complexes of Cyclic Porphyrin Dimers and Fullerenes, The 7th International Conference on Molecular Electronics and Bioelectronics, 2013.03.
122. 上村拓也, 大久保 敬, 川島雄樹, 信国浩文, 成田 吉徳, 谷 文都, 福住俊一, Li+@C60と環状ポルフィリン二量体からなる包接錯体の長寿命電荷分離, 日本化学会第93回春季年会, 2013.03.
123. 坂口健一, 上村拓也, 信国浩文, 石田真敏, 成田 吉徳, 宇野英満, 谷 文都, フェノチアジン及びアントラセンを架橋基とする新規環状ポルフィリン二量体の合成とフラーレンの包接, 日本化学会第93回春季年会, 2013.03.
124. 上村拓也, 信国浩文, 宇野英満, 島崎優一, Yoshinori Naruta, 谷 文都, 環状ポルフィリン二量体とPCBMの包接錯体の超分子構造, 第6回有機π電子系シンポジウム, 2012.12.
125. 坂口健一, 上村拓也, 信国浩文, 石田真敏, 成田 吉徳, 谷 文都, 架橋基を伸長した新規環状ポルフィリン二量体の合成とフラーレン類の包接, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
126. 上村拓也, 信国浩文, 宇野英満, 島崎優一, Yoshinori Naruta, 谷 文都, ブタジイン架橋環状ポルフィリン二量体とフラーレン類の包接錯体の超分子構造, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
127. 坂口健一, 信国浩文, 石田真敏, 上村拓也, 縄手裕典, 成田 吉徳, 谷 文都, 架橋基を伸長した新規環状ポルフィリン二量体の合成とフラーレンの包接, 第23回基礎有機化学討論会, 2012.09.
128. 上村拓也, 信国浩文, 宇野英満, 島崎優一, Yoshinori Naruta, 谷 文都, ブタジイン架橋環状ポルフィリン二量体とPCBMからなる包接錯体の超分子構造, 第23回基礎有機化学討論会, 2012.09.
129. 上村拓也, 信国浩文, 宇野英満, 島崎優一, Yoshinori Naruta, 谷 文都, Supramolecular Structures of Inclusion Complexes of Fullerene C70 and Cyclic Porphyrin Dimers, The 7th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines, 2012.07.
130. 宇野英満, H. Watanabe, K. Tagawa, S. Mori, T. Okujima, 谷 文都, N. Komatsu, Selective porphyrin molecular tweezers for C60 and C70, The 7th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines, 2012.07.
131. Fumito TANI, 信国浩文, 上村拓也, 宇野英満, 島崎優一, Yoshinori Naruta, Supramolecular Structures of Inclusion Complexes of Cyclic Porphyrin Dimers and Fullerenes, The 7th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines, 2012.07.
132. 谷 文都, Supramolecular Structures of Inclusion Complexes of Cyclic Porphyrin Dimers and Fullerene PCBM, The 7th Japan-Taiwan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules, 2012.10.
133. 坂口健一、信国浩文、石田真敏、成田吉徳、谷 文都, 架橋基を伸長した新規環状ポルフィリン二量体の合成とフラーレンの包接, 日本化学会第92春季年会, 2012.03.
134. 上村拓也、信国浩文、宇野英満、島崎優一、成田吉徳、谷 文都, ブタジイン架橋環状ポルフィリン二量体とフラーレンからなる包接錯体の超分子構造, 日本化学会第92春季年会, 2012.03.
135. 井上康幸、信国浩文、成田吉徳、谷 文都, π共役系を拡張した新規環状ポルフィリン二量体の合成とその物性, 日本化学会第92春季年会, 2012.03.
136. 縄手裕典、上村拓也、信国浩文、成田吉徳、谷 文都, メソ位にフェニル基を導入した環状ポルフィリン二量体の合成, 日本化学会第92春季年会, 2012.03.
137. 坂口健一、信国浩文、石田真敏、成田吉徳、谷 文都, 架橋基を伸長した新規環状ポルフィリン二量体の合成とフラーレンの包接, 第22回基礎有機化学討論会, 2011.09.
138. 上村拓也、信国浩文、宇野英満、島崎優一、成田吉徳、谷 文都, 環状ポルフィリン二量体のフラーレンC70包接挙動, 第22回基礎有機化学討論会, 2011.09.
139. 井上康幸、信国浩文、成田吉徳、谷 文都, π共役系を拡張した新規環状ポルフィリン二量体の合成とその物性, 第22回基礎有機化学討論会, 2011.09.
140. 谷 文都, 環状ポルフィリン二量体とフラーレンからなるπ複合体の超分子構造と光・電子物性, 第2回有機分子・バイオエレクトロニクスの未来を拓く若手研究者討論会, 2011.09.
141. 谷 文都, Supramolecular Structures of Inclusion Complexes of Cyclic Porphyrin Dimers and Fullerene C70, The 6th Japan-Taiwan Bilateral Symposium on Arcjitecture of Functional Organic Molecules, 2011.08.
142. 谷 文都、信国浩文、宇野英満、島崎優一、上村拓也、成田吉徳, 環状ポルフィリン二量体とC70からなるπ複合体の超分子構造, 第35回有機電子移動化学討論会, 2011.06.
143. 谷 文都, 環状ポルフィリン二量体とフラーレンからなるπ複合体の構造と光・電子物性, 有機合成化学協会九州山口支部主催 有機合成化学講演会 -合成有機化学のフロンティア-, 2011.05.
144. 坂口健一、信国浩文、石田真敏、成田吉徳、谷 文都, 架橋基を伸長した新規環状ポルフィリン二量体の合成とフラーレン包接, 日本化学会第91春季年会, 2011.03.
145. 上村拓也、信国浩文、宇野英満、島崎優一、成田吉徳、谷 文都, 環状ポルフィリン二量体へのフラーレンC70の包接挙動, 日本化学会第91春季年会, 2011.03.
146. 井上康幸、信国浩文、成田吉徳、谷 文都, π共役系を拡張した新規環状ポルフィリン二量体の合成とその物性, 日本化学会第91春季年会, 2011.03.
147. 谷 文都, 環状ポルフィリン二量体とフラーレンからなるπ複合体の超分子構造と光・電子物性, 第4回有機π電子シンポジウム, 2010.11.
148. Tani, F., Creation of p-space and Functional p-complexes through the Self-Assembly of Porphyrin Compounds, 2nd International Symposium on Emergence of Highly Elaborated p-space and Its Function, 2010.11.
149. Tani, F., Supramolecular Structures and Photoelectronic Properties of Inclusion Complexes of Self-Assembling Cyclic Porphyrin Dimers and Fullerene C60, The 5th Taiwan-Japan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules, 2010.10.
150. 信国浩文、谷 文都、島崎優一、成田吉徳、宇野英満, 環状ポルフィリン二量体のフラーレンC70包接, 第21回基礎有機化学討論会, 2010.09.
151. 坂口健一、谷 文都、信国浩文、成田吉徳, 新規環状ポルフィリン二量体の合成とフラーレン包接, 第21回基礎有機化学討論会, 2010.09.
152. Tani, F.; Nobukuni, H.; Shimazaki, Y.; Naruta, Y.; Ohkubo, K.; Nakanishi, T.;Kojima, T.; Fukuzumi, S.; Seki, S.; Uno, H., Supramolecular Structures and Photoelectronic Properties of Inclusion Complexes of Self-Assembling Cyclic Porphyrin Dimers and Fullerenes, International Conference on Science and Technology of Synthetic Metals 2010, 2010.07.
153. Nobukuni, H.; Tani, F.; Naruta, Y.; Shimazaki, Y.; Uno, H.; Ohkubo, K.; Nakanishi, T.;Kojima, T.; Fukuzumi, S.; Seki, S.; Sakai, H; Hasobe, T , Supramolecular Structures and Photoelectronic Properties of Cyclic Porphyrin Dimers Including Fullerene Derivatives, 6th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines, 2010.07.
154. M. Ishida, F. Tani, Y. Naruta, Synthesis of Novel 1,10-Phenanthroline-Embedded Sapphyrin-Like Macrocycle and Formation of a Stable Singlet Biradical upon Addition of an Acid, 5th International Symposium on Macrocycle & Supramolecular Chemistry, 2010.06.
155. Tani, F.; Nobukuni, H.; Shimazaki, Y.; Naruta, Y.; Ohkubo, K.; Nakanishi, T.;Kojima, T.; Fukuzumi, S.; Seki, S.; Uno, H., Supramolecular Structures and Photoelectrochemical Properties of Self-Assembled Porphyrin Nanotubes Including Fullerenes, 217th Electrochemical Society Meeting, 2010.04.
156. 信国浩文、谷 文都、島崎優一、成田吉徳、宇野英満、大久保 敬、中西達昭、小島隆彦、福住俊一、関 修平 , フラーレン類を包接した環状ポルフィリン二量体の超分子構造とその光・電子物性, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
157. 石田真敏、成田吉徳、谷 文都, 新規サッフィリン類縁化合物の合成とプロトン化による安定一重項ビラジカルの生成, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
158. 太田雄大、千代健文、谷 文都、成田吉徳, 三座窒素配位子配位銅錯体を有するヘムー銅二核錯体の酸素活性化反応, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
159. 谷 文都, 環状ポルフィリン二量体とフラーレン類から形成されるπ複合体の超分子構造と光・電子物性, 2009年 日本化学会西日本大会, 2009.11.
160. 信国浩文、谷 文都、島崎優一、成田吉徳、大久保 敬、中西達昭、小島隆彦、福住俊一、関 修平、宇野英満, フラーレン類を包接した環状ポルフィリン二量体の超分子構造とその光・電子物性, 第20回基礎有機化学討論会, 2009.09.
161. 谷 文都、成田吉徳、大久保 敬、福住俊一, C60が直結したフタロシアニンの合成と光化学ダイナミクス, 第20回基礎有機化学討論会, 2009.09.
162. Fumito Tani, Hirofumi Nobukuni, Yuichi Shimazaki, Yoshinori Naruta, Kei Ohkubo, Tatsuaki Nakanishi, Takahiko Kojima, Shunichi Fukuzumi, Shu Seki, A Self-Assembled Nanotube of Cyclic Porphyrin Dimers and Its Inclusion of C60 in a Linear Arrangement Affording a Supramolecular Peapod, The 4th Taiwan-Japan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules, 2009.08.
163. 信国浩文、谷 文都、島崎優一、成田吉徳、大久保敬、中西達昭、小島隆彦、福住俊一、関 修平, フラーレンを包接したポルフィリンナノチューブの構造と光・電子物性, 日本化学会第89春季年会, 2009.03.
164. 谷 文都, 自己集合性ポルフィリンによる高次π空間の創出と機能性π複合体の構築, 高次π空間の創発と機能開発 第1回公開シンポジウム, 2009.01.
165. 谷 文都, 環状ポルフィリン二量体の自己集合による有機ナノチューブ形成とそのフラーレン包接, 山口大学大学院医学系研究科産学連携セミナー, 2009.01.
166. 谷 文都、信国浩文、島崎優一、成田吉徳, ポルフィリン錯体の自己集合による有機ナノチューブ形成とそのフラーレン包接, 九州錯体化学懇談会創設40周年記念シンポジウム, 2008.11.
167. 谷 文都, A Self-Assembled Nanotube of Cyclic Porphyrin Dimers and Its Inclusion of C60 in a Linear Arrangement Affording a Supramolecular Peapod, Global COE Program: Prof. Jean-Marie Lehn Symposium III, 2008.10.
168. 信国浩文、谷 文都、島崎優一、成田吉徳、大久保敬、中西達昭、小島隆彦、福住俊一、関 修平, フラーレンを包接したポルフィリンナノチューブの構造と光・電子物性, 第19回基礎有機化学討論会, 2008.10.
169. 信国浩文、島崎優一、谷 文都、成田吉徳, 環状ポルフィリン二量体の自己集合によって形成される有機ナノチューブとそのフラーレン包接, 第25回有機合成化学セミナー, 2008.09.
170. 信国 浩文、谷 文都、島崎優一、成田吉徳, 環状ポルフィリン二量体の自己集合によって形成される有機ナノチューブとそのフラーレン包接, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
171. 谷 文都、信国浩文、島崎優一、成田吉徳, A Self-Assembled Nanotube of Cyclic Porphyrin Dimers and Its Inclusion of C60 in Linear Arrangement Affording Supramolecular Peapod, 5th International Workshop on Supramolecular Nanoscience of Chemically programmed Pigments, 2008.06.
172. 信国 浩文、谷 文都、島崎優一、成田吉徳, 環状ポルフィリン二量体から成る有機ナノチューブとそのフラーレン包接, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
173. 谷 文都、島崎優一、成田吉徳, 共有結合で連結されたポルフィリンーフタロシアニンのヘテロ二量体の高効率分子内エネルギー移動, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
174. 信国浩文、谷 文都、島崎優一、成田吉徳, A SELF-ASSEMBLED NANOTUBE OF CYCLIC PORPHYRIN DIMERS AND ITS INCLUSION OF C60 IN ONE-DIMENSIONAL ARRANGEMENT, The 1st Kyushu University Global COE/Yonsei University BK21 Joint Symposium on 'Future Molecular Systems', 2008.02.
175. 信国浩文、谷 文都、島崎優一、成田吉徳, A Self-Assembled Nanotube of Cyclic Porphyrin Dimers and Its Inclusion of C60 in Linear Arrangement, 5th Japan-China Crossover Science Symposium, 2008.02.
176. 信国浩文、谷 文都、島崎優一、成田吉徳, 環状ポルフィリン二量体から成る有機ナノチューブとそのC60包接, 第1回有機π電子シンポジウム, 2007.12.
177. 谷 文都、島崎 優一、成田吉徳, 共有結合で連結されたポルフィリンーフタロシアニンヘテロ二量体の合成と高効率エネルギー移動, 第37回構造有機化学討論会, 2007.10.
178. 信国浩文、谷 文都、島崎優一、成田吉徳, 環状ポルフィリン二量体および三量体の集積構造, 第37回構造有機化学討論会, 2007.10.
179. 谷 文都、信国 浩文、島崎優一、成田吉徳, Cyclic Porphyrin Trimers as precursors for Self-assembled Organic Nanotubes via Hydrogen Bonds, The Post ISNA-12 Symposium on Physical Organic Chemistry in Fukuoka, 2007.07.
180. 信国 浩文、谷 文都、島崎 優一、成田 吉徳, 環状ポルフィリン三量体の集積構造, 日本化学会第87回春季年会, 2007.03.
181. 谷 文都、島崎 優一、成田 吉徳, 共有結合で連結されたポルフィリンーフタロシアニンヘテロ二量体の高効率分子内エネルギー移動, 日本化学会第87回春季年会, 2007.03.
182. 信国 浩文、谷 文都、島崎 優一、成田 吉徳, 環状ポルフィリン三量体の水素結合による積層化, 第18回基礎有機化学連合討論会, 2006.10.
183. 谷 文都、島崎 優一、成田 吉徳, 共有結合で連結されたポルフィリンーフタロシアニンのヘテロ二量体の合成と性質, 第18回基礎有機化学連合討論会, 2006.10.
184. 信国 浩文、谷 文都、島崎 優一、成田 吉徳, Directed stacking of cyclic porphyrin trimers via hydrogen bonds, International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines, 2006.07.
185. 谷 文都、小池 充洋、島崎 優一、成田 吉徳, Synthesis and properties of new porphyrin-phthalocyanine hetero dimers, International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines, 2006.07.
186. 信国 浩文、谷 文都、島崎 優一、成田 吉徳, 水素結合による環状ポルフィリン三量体の積層化, 日本化学会第86回春季年会, 2006.03.
187. 谷 文都、小池 充洋、島崎 優一、成田 吉徳, Synthesis and characterization of covalently linked porphyrin-phthalocyanine hetero dimers, Pacifichem 2000, 2005.12.
188. 信国 浩文、谷 文都、島崎 優一、成田吉徳, Directed stacking of cyclic porphyrin trimers via hydrogen bonds, Pacifichem 2000, 2005.12.
189. 信国 浩文、谷 文都、島崎 優一、成田 吉徳, 環状ポルフィリン三量体の水素結合による積層化, 第35回構造有機化学討論会, 2005.09.
190. 信国 浩文、谷 文都、島崎 優一、成田 吉徳, 水素結合による環状ポルフィリン三量体の積層化, 日本化学会第85回春季年会, 2005.03.
特許出願・取得
特許出願件数  4件
特許登録件数  5件
その他の優れた研究業績
2017.06, 有機分子結晶の熱的炭素化により、世界で初めて高度な構造秩序性の新しい炭素材料の合成に成功した。研究成果をNature Commun.に発表し、プレスリリースをおこなった。
http://www.kyushu-u.ac.jp/ja/researches/view/148
また、研究成果は日経産業新聞などの複数のメディアで紹介された。.
学会活動
所属学会名
基礎有機化学会
光化学協会
錯体化学会
有機合成化学協会
日本化学会
学協会役員等への就任
2019.03~2020.02, 日本化学会九州支部, 幹事.
2017.01~2017.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
2016.01~2016.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
2009.01~2015.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
2008.01~2008.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
2005.01~2005.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
2007.01~2007.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
2006.01~2006.12, 有機合成化学協会九州山口支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.07.13~2019.07.13, 第56回化学関連支部合同九州大会, 代表世話人.
2018.03.20~2018.03.23, 日本化学会第98春季年会, 講演賞審査委員.
2017.09.07~2017.09.09, 第28回基礎有機化学討論会, 実行委員(Organizer).
2018.03.16~2018.03.16, International Symposium on Materials for Chemistry and Engineering (IMCE 2018), 座長(Chairmanship).
2017.10.14~2017.10.17, The 10th Taiwan-Japan Bilateral Symposium on Architecture of Functional Organic Molecules, 座長(Chairmanship).
2017.08.26~2017.08.26, 第29回若手研究者のためのセミナー, 座長(Chairmanship).
2010.09.09~2010.09.11, 第21回基礎有機化学討論会, 座長(Chairmanship).
2013.09.05~2013.09.07, 第24回基礎有機化学討論会, 座長(Chairmanship).
2013.03.22~2013.03.25, 日本化学会第93春季年会, 座長(Chairmanship).
2012.03.25~2012.03.28, 日本化学会第92春季年会, 座長(Chairmanship).
2011.06.23~2011.06.24, 第35回有機電子移動化学討論会, 座長(Chairmanship).
2009.11.07~2009.11.08, 2009年日本化学会西日本大会, 座長(Chairmanship).
2010.03.26~2010.03.29, 日本化学会第90春季年会, 座長(Chairmanship).
2009.09.25~2009.09.27, 第59回錯体化学討論会, 座長(Chairmanship).
2009.09.28~2009.09.30, 第20回基礎有機化学討論会, 座長(Chairmanship).
2008.09, 錯体化学討論会, 座長(Chairmanship).
2008.03, 日本化学会第88春季年会, 座長(Chairmanship).
2006.10, 第18回基礎有機化学連合討論会, 学生ポスター賞審査委員.
2004.03, 日本化学会春季年会, 座長(Chairmanship).
2017.09.07~2017.09.09, 第28回基礎有機化学討論会, 実行委員.
2017.10.14~2017.10.17, 第10回台湾-日本機能性有機分子構築に関する 二国間シンポジウム, 実行委員.
2014.09.17~2014.09.19, 第31回有機合成化学セミナー, 実行委員.
2010.07.10~2010.07.10, 第47回化学関連支部合同九州大会, 実行委員.
2008.09, 第25回有機合成化学セミナー, 実行委員.
2006.08, 第18回有機合成化学若手研究者のためのセミナー(有機合成化学協会九州山口支部), 主催.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度 12        12 
2017年度 15        15 
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2006年度
2004年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
The 11th Taiwan-Japan Bilateral Symposium, Taiwan, 2018.08~2018.08.
International Symposium on Construction and Application of Functional Molecules/Systems, Taiwan, 2015.10~2015.10.
The 15th International Symposium on Novel Aromatic Compounds, Taiwan, 2013.07~2013.08.
The 7th International Conference on Materials for Advanced Technologies, Singapore, 2013.06~2013.07.
The 7th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines, Korea, 2012.07~2012.07.
The 7th Taiwan-Japan Bilateral Symposium, Taiwan, 2012.10~2012.10.
The 5th Taiwan-Japan Bilateral Symposium, Taiwan, 2010.10~2010.10.
The 217 ECS meeting, Canada, 2010.04~2010.04.
Pacifichem 2005, UnitedStatesofAmerica, 2005.12~2005.12.
ICPP 4, Italy, 2006.06~2006.07.
Pacifichem 2000, UnitedStatesofAmerica, 2000.12~2000.12.
9th ICBIC , UnitedStatesofAmerica, 1999.07~1999.07.
受賞
日本化学会BCSJ賞, 日本化学会, 2011.12.
日本化学会生体機能関連化学部会講演賞, 日本化学会生体機能関連化学部会, 2002.09.
有機合成化学協会(大塚化学)研究企画賞, 有機合成化学協会、大塚化学, 2000.03.
Pacifichem 1989 Student Award, Pacifichem 1989 Comitte, 1989.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, アズレン骨格を構成要素とする不斉ヘリセン化合物の合成と機能開拓.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 代表, 自己集合性ポルフィリンとフラーレン類からなる複合体の配列制御と機能化.
2008年度~2012年度, 新学術領域研究, 代表, 自己集合性ポルフィリンによる高次π空間の創出と機能性π複合体の構築.
2005年度~2009年度, 基盤研究(S), 分担, 水と酸素の相互変換分子触媒の創製.
2006年度~2007年度, 萌芽研究, 分担, 酸化酵素を規範とした超分子錯体を用いる小アルカン分子酸化触媒反応.
2005年度~2006年度, 基盤研究(B), 代表, 金属ー酸素活性種の詳細解析と新酸化触媒系への合成的展開.
2004年度~2005年度, 特定領域研究, 分担, 合理的設計に基づく金属錯体の動的反応制御とテーラーメイド触媒への応用.
2005年度~2005年度, 特定領域研究, 代表, ヘム酵素の人工モデル錯体を用いる酸素分子活性化過程の解明.
2004年度~2005年度, 萌芽研究, 分担, メタン分子の識別・捕捉と選択的酸化分子触媒創製への挑戦.
2004年度~2005年度, 萌芽研究, 分担, メタン分子の識別・捕捉と選択的酸化分子触媒創製への挑戦.
2002年度~2005年度, 基盤研究(A), 分担, 新規酸素活性化分子触媒の開発と生体型燃料電池への展開.
2002年度~2003年度, 萌芽研究, 分担, プロスタグランジン合成酵素モデル:人工酵素への挑戦.
2003年度~2003年度, 特定領域研究(A)特定領域研究(B), 分担, 合理的設計に基づく金属錯体の動的反応制御とテーラーメイド触媒への応用.
1996年度~1996年度, 奨励研究(A), 代表, 金属酵素モデル錯体を用いた酸素分子活性化機構の解明.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
1996年度~1997年度, 武田科学振興財団研究助成, 代表, 人工モデル錯体による金属酵素反応機構解明と新酸化反応の創生.
2000年度~2001年度, 大塚化学研究助成, 代表, チトクロムP-450酵素の合成モデル錯体を用いる酸素分子活性化反応と新しい酸化触媒系の創製.
寄附金の受入状況
2012年度, 池谷科学技術振興財団, 自己集合性ポルフィリンとフラーレンからなるπ複合体の合成と有機太陽電池への応用.
2009年度, 徳山科学技術振興財団, 自己組織型のポルフィリンナノチューブを用いる機能性π複合体の創製.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」