九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
野瀬 健(のせ たける) データ更新日:2018.11.22



教育活動概要
1 基幹教育の運営
基幹教育セミナー、理系ディシプリン科目(化学)の運営、開発を行うとともに、総合科目などの講義を担当。
2 理学部化学科の教育
理学部化学科の学部の講義、卒業研究指導を行っている。
3 理学府化学専攻の教育
理学府の大学院教育を担当。生物化学関連講義および研究室における卒業論文指導を行っている。
担当授業科目
2018年度・前期, 生物化学Ⅲ.

2018年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2018年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2018年度・後期, 無機物質化学.

2017年度・前期, 生物化学Ⅲ.

2017年度・後期, Advanced Biological Chemistry Ⅲ.

2017年度・夏学期, 基幹教育セミナー.

2017年度・後期, 無機物質化学.

2017年度・後期, 課題協学科目.

2016年度・後期, 無機物質化学.

2016年度・前期, 生物化学III.

2016年度・前期, 課題協学科目B.

2016年度・前期, 基幹教育セミナー.

2015年度・前期, 基幹教育セミナー.

2015年度・前期, 課題協学科目B.

2015年度・前期, 生物化学III.

2015年度・後期, 無機物質化学.

2015年度・後期, 生物化学系特論III.

2015年度・後期, 自然科学総合実験.

2014年度・前期, 生物化学III.

2014年度・後期, リスクサイエンス.

2014年度・後期, 無機物質化学.

2014年度・後期, 課題協学科目B.

2014年度・前期, 身の回りの化学 .

2014年度・前期, 課題協学科目B.

2014年度・前期, 基幹教育セミナー.

2013年度・後期, 生物化学系特論III.

2013年度・後期, リスクサイエンス.

2013年度・前期, 生物化学III.

2012年度・後期, リスクサイエンス.

2012年度・前期, 生物化学学生実験.

2012年度・前期, 生物化学III.

2011年度・後期, 生物化学系特論III.

2011年度・後期, リスクサイエンス.

2011年度・前期, 生物化学学生実験.

2011年度・前期, 生物化学III.

2010年度・後期, リスクサイエンス.

2010年度・後期, 無機物質化学.

2010年度・前期, 生物化学学生実験.

2010年度・前期, 生物化学III.

2009年度・後期, リスクサイエンス.

2009年度・後期, 無機物質化学.

2009年度・後期, 生物化学系特論III.

2009年度・後期, 最先端化学.

2009年度・前期, 生物化学学生実験.

2009年度・前期, 生物化学III.

2008年度・前期, 生物化学学生実験.

2008年度・後期, 無機物質化学.

2008年度・後期, リスクサイエンス.

2008年度・前期, 生物化学III.

2007年度・後期, 生物化学系特論III.

2007年度・後期, リスクサイエンス.

2007年度・前期, 最先端化学.

2007年度・前期, 無機物質化学.

2007年度・前期, 生物化学III.

2007年度・前期, 生物化学学生実験.

2006年度・前期, 生物化学III.

2006年度・前期, 生物化学学生実験.

2005年度・後期, 生物化学系特論III.

2005年度・後期, 少人数ゼミナールB.

2005年度・前期, 生物化学III.

2005年度・前期, 生物化学学生実験.

2004年度・前期, 生物化学III.

2004年度・後期, 生物化学V.

2004年度・後期, 基礎有機化学.

2004年度・後期, 化学物質と人間環境.

2004年度・前期, 生物化学学生実験.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2018.03, 全学, 企画, FD・SD講演会「アクティブラーニングにおける学びの多様性 ~合理的配慮の観点からコミュニケーションが苦手な学生への対応を考える~」.

2018.03, 全学, 司会, FD講演会「理系大学院・学部の教育改革を先進事例に学ぶ」.

2018.03, 全学, 企画, カリキュラム・コーディネーター養成講座「カリキュラムデザイン・ワークショップ ~学位プログラムの視点から~」.

2018.02, 全学, 参加, イノベーション教育セミナー「研究活動における社会性と倫理を学ぶためのSTSステートメント」.

2018.01, 全学, 企画, FD・SDワークショップ 「これからの授業外学習支援を考える ―九州大学附属図書館の活動事例を通して―」.

2017.12, 全学, 司会, 第5回 全学FD「大学生の学習時間はなぜ短いのか」.

2017.12, 全学, 講演, 第4回 九州大学基幹教育シンポジウム 「新たな教養教育の実践と課題~科目開発の実際とその評価を中心に~」.

2017.10, 全学, 企画, ライティング支援ワークショップ 「ピア・サポートによるライティング支援の現状と課題~対話を通じて今後を展望する~」.

2017.10, 全学, 参加, 物理教育ワークショップ「大学の物理教育におけるアクティブ・ラーニングへの挑戦」.

2017.09, 全学, 参加, 九州大学アクティブラーニング教室 「The ATLAS initiative:STEM教育におけるアクティブラーニングの大量採用を目指して」.

2017.09, 全学, 企画, PBLセミナー「PBL教育体制の構築と授業展開 ―三重大学の例をふまえて―」.

2017.08, 全学, 企画, 学部混合・全学一斉展開型科目開発のためのワークショップ「基幹教育セミナー」公開体験授業.

2017.03, 全学, 参加, FD講演会「TA制度改革と大学・大学院教育改善:広島大学を事例として」.

2017.03, 全学, 参加, 外国学修歴・資格評価セミナー「外国学修歴・資格評価セミナー(東洋大学)への出張報告」.

2017.02, 全学, 参加, PBLワークショップ「教養教育におけるシナリオ型PBLの実践」.

2017.02, 全学, 参加, FD講演会「学位プログラムとカリキュラム設計 ―チューニングの方法論に学ぶ―」.

2017.01, 全学, 企画, 文理融合型科目開発のための公開授業・ワークショップ~「課題協学科目」の実践から~.

2017.01, 全学, 参加, PBL講演会「PBL(problem-based learning)問題基盤型学習について」.

2016.12, 全学, 参加, FD研修会「3ポリシー・ガイドラインの活用とカリキュラム設計」.

2017.09, 部局, 企画, 夏期基幹教育院FD.

2017.03, 学科, 参加, M2B講習会(FD).

2017.03, 部局, 企画, 基幹教育院FD.

2017.03, 全学, 司会, これからの基幹教育を考える.

2016.09, 部局, 企画, 夏期基幹教育院FD.

2016.03, 部局, 企画, 基幹教育院冬期FD.

2016.02, 部局, 参加, 課題協学科目FD.

2015.03, 全学, 企画, 基幹教育セミナーFD.

2015.03, 全学, 参加, 平成26年度九州大学全学FD(キャンパスライフ・健康支援センター講演会)  「障害学生支援におけるバリアフリー―合理的配慮をめぐって―」.

2015.02, 部局, 企画, 基幹教育院冬期FD.

2014.08, 部局, 企画, 基幹教育院夏季FD.

2014.03, 部局, 司会, 基幹教育セミナー科目実践FD.

2013.09, 部局, 参加, 課題協学科目FD.

2013.08, 部局, 企画, 基幹教育院夏季FD.

2012.03, 部局, 参加, 平成23年度九大理学府FD/HD.

2011.02, 部局, 参加, 平成22年度九大理学府FD/HD.

2009.03, 学科, 企画, 平成20年度九大理学部化学科FD/HD.

2009.03, 部局, 参加, 平成20年度九大理学府FD.

2008.09, 全学, 参加, 平成20年度第2回全学FD.

2007.03, 学科, 参加, 平成18年度九大理学部化学科FD/HD講演会.

2005.03, 学科, 参加, 平成16年度九大理学部化学科FD/HD講演会.

2005.03, 部局, 参加, 平成16年度九大理学部FD.

2004.04, 全学, 参加, 平成16年度第1回全学FD.

学生のクラス指導等
2013年度, 学部, 理学部化学科1年生および2年生の一部.

2012年度, 学部, 理学部化学科1年生および2年生の一部.

2011年度, 学部, 理学部化学科1年生および2年生の一部.

2010年度, 学部, 理学部化学科1年生および2年生の一部.

2009年度, 学部, 理学部化学科1年生および2年生の一部.

2008年度, 学部, 理学部化学科1年生および2年生の一部.

2007年度, 学部, 理学部化学科1年生および2年生の一部.

2006年度, 学部, 理学部化学科1年生および2年生の一部.

2004年度, 学部, 1年生.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」