九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
野田 百美(のだ まみ) データ更新日:2016.10.01

准教授 /  薬学研究院 臨床薬学部門 生命薬学講座 病態生理学分野


学部担当

医学部 医学科 生命基礎医学 神経科学の最前線(分担)
薬学部 総合薬学科 総合薬学 機能形態学、基礎生物薬学


電子メール
ホームページ
電話番号
092-642-6574
FAX番号
092-642-6574
取得学位
医学博士(論文)
専門分野
電気生理学、細胞生物学、病態生理学
活動概要
研究:
   病態生理学は、からだの正常な機能を研究するだけでなく、正常な機能がどのように変化したら病気になるのかを研究する学問です。
   20世紀は脳の時代といわれているように、脳を解明しようという研究が盛んに行われています。現在、日本の脳研究では、脳を知る、脳を守る、脳を創る、という大きなテーマがあり、私達もまず脳を知る、という研究をしています。
   脳には神経細胞だけではなく、それより何十倍、何百倍も多いグリア細胞というものがあります。神経細胞しか興奮しないので、今まで神経細胞ばかり研究されてきましたが、最近、グリア細胞も重要な働きをしていることがわかってきました。たとえば、アルツハイマー病やパーキンソン病、エイズや狂牛病などのスポンジ脳症にいたるまで、いろいろな脳疾患でグリア細胞が大きく関与していることがわかってきています。
   そこで、私達は、以上述べたような病気では、結果として、神経細胞が死んで脱落することに注目し、神経細胞が死ぬときにグリア細胞がどのように働きかけているのかを、主に電気生理学的に、また生化学的、免疫組織学的、形態学的な手段を用いて、幅広い分野にわたって研究しています。
教育:
学部教育;
1年生前期:コアセミナー(分担)
1年生前期:少人数セミナー(全学)
1年生前期:基礎生物学演習(分担)
2年生前期;機能形態学
3年生前期:科学論文総合演習II
学府教育(大学院);
生物薬学研究技術実習(分担)
医療薬学研究
薬理・基礎理論(隔年後期・分担)
生命薬学総論(分担)

共同研究:
1. 相手研究者氏名:東田陽博
研究課題 :受容体シグナル伝達系
研究機関名:金沢大学大学院医学研究院
研究期間 :1999年より(現在進行中)

2. 相手研究者氏名:David A. Brown
研究課題 :ミクログリアと受容体・イオンチャンネル
研究機関名:ロンドン大学
研究期間 :1999年より(現在進行中)

3. 相手研究者氏名:Helmut Kettenmann
研究課題 :ミクログリアにおけるイオンチャンネル・受容体の機能解明
研究機関名:Max-Delbruck-Center for Melecular Medicine, Berlin, Germany
研究期間 :2003年より(現在進行中)

4. 相手研究者氏名:中別府雄作
研究課題 :神経毒性と酸化還元に関する研究
研究機関名:九州大学生体防御医学研究所
研究期間 :2005年より(現在進行中)

5. 相手研究者氏名:高木厚司
研究課題 :水の酸化還元に関する研究
研究機関名:九州大学大学院医学研究院
研究期間 :2005年より(現在進行中)

6. 相手研究者氏名:井口東郎
研究課題 :肺癌脳転移のメカニズム
研究機関名:四国がんセンター
研究期間 :2005年より(現在進行中)

7. 相手研究者氏名:城戸瑞穂
研究課題 :脳組織の免疫学的染色法
研究機関名:九州大学大学院歯学研究院
研究期間 :2005年より(現在進行中)

8.相手研究者氏名:Bruce Ransom
研究課題 :酸化ストレスと神経障害
研究機関名:ワシントン州立大学医学部神経内科
研究期間 :2007年より(現在進行中)

9.相手研究者氏名:Leonid Churilov
研究課題 :甲状腺ホルモンの脳内作用
研究機関名: サンクトペテルスブルク州立大学医学部
研究期間 :2008年より(現在進行中)

10.相手研究者氏名:Helen Korneva, Elena Rybakina
研究課題 :核酸物質の神経保護作用
研究機関名: ロシア実験医学アカデミー(サンクトペテルスブルク)
研究期間 :2009年より

11. 相手研究者氏名:加藤 総夫
研究課題:パーキンの生理学的機能
研究機関:慈恵医科大学
期間:2007年-2008年

12. 相手研究者氏名:服部 信孝
研究課題:パーキンの発現と機能
研究機関:順天堂大学
期間:2007年-2008年

13. 相手研究者氏名:鍋倉 淳一
研究課題:慢性疼痛による一次体性感覚野の活動変化とその機序の解明
研究機関:生理学研究所
期間:2009年

14. 相手研究者氏名:片渕 俊彦
研究課題:慢性疲労におけるグリアの機能
研究機関:九州大学大学院医学系研究院
期間:2009年ー現在



九大関連コンテンツ