九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
田中 昭代(たなか あきよ) データ更新日:2018.06.28

講師 /  医学研究院 基礎医学部門 社会医学講座


大学院(学府)担当

学部担当



電子メール
ホームページ
http://www.envmed.med.kyushu-u.ac.jp/
レアメタルであるインジウムは、国内需要の約9割がインジウム・スズ酸化物 (Indium-tin oxide : ITO) として使用され、パソコンやテレビのフラットディスプレイ、タッチパネル、携帯電話用の液晶ディスプレイの透明導電膜に用いられています。
環境医学分野(衛生学)では1990年代より、気管内投与法を用いてインジウムの肺毒性に着目した動物実験を行ってきました。
インジウム作業者の健康影響に関する知見が不足していることから、インジウム作業者の健康調査を継続して行っています。 .
電話番号
092-642-4729
FAX番号
092-642-4729
取得学位
医学博士
学位取得区分(国外)
なし
専門分野
環境医学
外国での教育研究期間(通算)
00ヶ年00ヶ月
活動概要
研究:一般環境および作業環境中の有害汚染物質の健康影響評価。特に、ヒ素、アンチモン、希土類元素などの無機金属化合物およびガリウムヒ素、インジウム素、インジウムリンなどの化合物半導体の実験動物を用いた毒性研究。カーボンナノチューブやフラーレンなどナノマテリアルの実験動物を用いた肺障害性の研究. 透明導電膜であるインジウム・スズ酸化物(ITO)のインジウム肺発症機序に関する実験学的研究
インジウム・スズ酸化物、酸化インジウム、金属インジウム等取扱作業者の健康調査および動物を用いた健康影響評価
太陽電池素材の健康リスク評価、プラズマ・ナノマテリアルの生体影響評価、レアメタルの健康影響評価

教育:医学部学生に対する環境衛生学および産業衛生学の講義および実習。全学教育における環境衛生学の講義
大学院学生に対する環境社会医学の講義。
非常勤講師として、九州大学歯学部社会歯科学の講義。

社会活動:福岡市建築審査会委員、福岡市保健環境研究所委員会委員、福岡市都市計画審議会委員、福岡県建築審査会委員、福岡県環境審議会委員、福岡県公害審査会委員、福岡県赤水対策専門家委員会委員、(一般財団法人)九州環境管理協会評議員

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」