九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
飯田 弘(いいだ ひろし) データ更新日:2019.06.03

教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 農業生物科学講座


教育活動概要
分子生物学、博物館標本実習, 基礎生物学実験, 動物学、動物発生学, 動物学および動物発生学実験、科学英語II(学部教育)
動物機能形態学、ゲノムサイエンスとエピジェネティクス、分子細胞生物学概論、農業生物資源学特論, 農業生物資源学特別演習、農業生物資源学特別講究、農業生物資源学プロジェクト演習、 動物学演習、Applied Genetics and Pest Management(大学院教育)
担当授業科目
2019年度・前期, 分子生物学.

2019年度・前期, 動物及び動物発生学実験.

2019年度・後期, ゲノムサイエンスとエピジェネティクス.

2019年度・前期, 動物発生学.

2019年度・後期, 動物学.

2019年度・後期, 基礎生物学実験.

2019年度・前期, 農業生物科学ティーチング演習.

2019年度・春学期, トランスジェニック生物学特論.

2019年度・後期, 農業生物科学特別演習第一.

2019年度・後期, 農業生物科学特別演習第二.

2019年度・通年, 農業生物科学特別研究第一.

2019年度・通年, 農業生物科学特別研究第二.

2019年度・通年, 農業生物科学演示技法.

2019年度・通年, 農業生物科学プロジェクト演習.

2018年度・後期, ゲノムサイエンスとエピジェネティクス.

2018年度・通年, 農業生物科学特別研究第一.

2018年度・通年, 農業生物科学特別研究第二.

2018年度・前期, 分子生物学.

2018年度・通年, 農業生物科学演示技法.

2018年度・通年, 農業生物科学プロジェクト演習.

2018年度・後期, 学術英語3・個別テーマ.

2018年度・前期, 動物及び動物発生学実験.

2018年度・通年, 農業生物科学特別講究.

2018年度・通年, 農業生物科学特別実験.

2018年度・前期, 動物発生学.

2018年度・通年, 農業生物科学特別演習.

2018年度・前期, 農業生物科学ティーチング演習.

2018年度・後期, 動物学.

2018年度・後期, 基礎生物学実験.

2018年度・春学期, トランスジェニック生物学特論.

2018年度・後期, 農業生物科学特別演習第一.

2018年度・後期, 農業生物科学特別演習第二.

2017年度・前期, 農学入門Ⅱ.

2017年度・後期, 農学入門Ⅱ.

2017年度・前期, 動物生産科学概要.

2017年度・後期, 動物生産科学概論.

2017年度・後期, 動物学.

2017年度・前期, 動物及び動物発生学実験.

2017年度・前期, 分子生物学.

2017年度・前期, ゲノムサイエンスとエピジェネティクス.

2017年度・後期, 動物機能形態学.

2017年度・通年, 動物学演習.

2017年度・前期, 動物発生学.

2017年度・夏学期, 糸島の水と土と緑Ⅱ.

2017年度・後期, 基礎生物学実験.

2017年度・前期, 動物学標本実習.

2017年度・後期, 糸島の水と森と緑.

2016年度・後期, 糸島の水と森と緑.

2016年度・後期, 糸島の水と森と緑.

2016年度・後期, 基礎生物学実験.

2016年度・前期, 動物学標本実習.

2016年度・通年, 農学入門II.

2016年度・後期, 動物生産科学概論.

2016年度・前期, 分子生物学.

2016年度・前期, 動物発生学.

2016年度・後期, 動物学.

2016年度・通年, 農業生物資源学特別演習.

2016年度・通年, 農業生物資源学特別講究.

2016年度・通年, ゲノムサイエンスとエピジェネティクス.

2016年度・通年, 動物機能形態学.

2016年度・通年, 農業生物資源学プロジェクト演習.

2016年度・通年, 動物学演習.

2016年度・通年, 動物学演習.

2016年度・通年, 農業生物資源学特別実験第二.

2016年度・通年, 農業生物資源学特別研究第一.

2016年度・通年, ティーチング演習.

2016年度・通年, 国際演示技法.

2016年度・前期, 農業生物資源学特論 Agricultural Bioresource Sciences.

2015年度・前期, 農業生物資源学特論 Agricultural Bioresource Sciences.

2015年度・通年, 国際演示技法.

2015年度・通年, ティーチング演習.

2015年度・通年, 農業生物資源学特別研究第一.

2015年度・通年, 農業生物資源学特別実験第二.

2015年度・通年, 動物学演習.

2015年度・通年, 農業生物資源学プロジェクト演習.

2015年度・通年, 動物機能形態学.

2015年度・通年, ゲノムサイエンスとエピジェネティクス.

2015年度・通年, 農業生物資源学特別講究.

2015年度・通年, 農業生物資源学特別演習.

2015年度・後期, 動物学.

2015年度・前期, 動物発生学.

2015年度・前期, 分子生物学.

2015年度・後期, 動物生産科学概論.

2015年度・通年, 農学入門II.

2015年度・前期, 動物学標本実習.

2015年度・後期, 基礎生物学実験.

2015年度・後期, 糸島の水と森と緑.

2014年度・後期, 糸島の水と森と緑.

2014年度・後期, 基礎生物学実験.

2014年度・前期, 動物学標本実習.

2014年度・通年, 動物生産科学概要.

2014年度・後期, 動物生産科学概論.

2014年度・前期, 分子生物学.

2014年度・前期, 動物発生学.

2014年度・後期, 動物学.

2014年度・通年, 農業生物資源学特別演習.

2014年度・通年, 農業生物資源学特別講究.

2014年度・通年, ゲノムサイエンスとエピジェネティクス.

2014年度・通年, 動物機能形態学.

2014年度・通年, 農業生物資源学プロジェクト演習.

2014年度・通年, 動物学演習.

2014年度・通年, 農業生物資源学特別実験第二.

2014年度・通年, 農業生物資源学特別研究第一.

2014年度・通年, 農業生物資源学特別実験.

2014年度・通年, ティーチング演習.

2014年度・通年, 国際演示技法.

2014年度・前期, 農業生物資源学特論 Agricultural Bioresource Sciences.

2013年度・前期, 農業生物資源学特論 Agricultural Bioresource Sciences.

2013年度・通年, 国際演示技法.

2013年度・通年, ティーチング演習.

2013年度・通年, 農業生物資源学特別実験.

2013年度・通年, 農業生物資源学特別研究第一.

2013年度・通年, 農業生物資源学特別実験第二.

2013年度・通年, 動物学演習.

2013年度・通年, 農業生物資源学プロジェクト演習.

2013年度・後期, 糸島の水と森と緑.

2013年度・通年, 動物機能形態学.

2013年度・通年, ゲノムサイエンスとエピジェネティクス.

2013年度・通年, 農業生物資源学特別講究.

2013年度・通年, 農業生物資源学特別演習.

2013年度・後期, 動物学.

2013年度・前期, 動物発生学.

2013年度・前期, 分子生物学.

2013年度・後期, 動物生産科学概論.

2013年度・通年, 動物生産科学概要.

2013年度・前期, 動物学標本実習.

2013年度・後期, 基礎生物学実験.

2012年度・後期, 基礎生物学実験.

2012年度・前期, 動物学標本実習.

2012年度・通年, 動物生産科学概要.

2012年度・後期, 動物生産科学概論.

2012年度・前期, 分子生物学.

2012年度・前期, 動物発生学.

2012年度・後期, 動物学.

2012年度・通年, 農業生物資源学特別演習.

2012年度・通年, 農業生物資源学特別講究.

2012年度・通年, ゲノムサイエンスとエピジェネティクス.

2012年度・通年, 動物機能形態学.

2012年度・後期, 糸島の水と森と緑.

2012年度・通年, 農業生物資源学プロジェクト演習.

2012年度・通年, 動物学演習.

2012年度・通年, 農業生物資源学特別実験第二.

2012年度・前期, 農業指導法1 .

2012年度・通年, 農業生物資源学特別研究第一.

2011年度・前期, 農業指導法1 .

2011年度・通年, 農業生物資源学特別実験第二.

2011年度・通年, 動物学演習.

2011年度・通年, 農業生物資源学プロジェクト演習.

2011年度・後期, 糸島の水と森と緑.

2011年度・通年, ゲノムサイエンスとエピジェネティクス.

2011年度・通年, 動物機能形態学.

2011年度・前期, 動物学および動物発生学実験.

2011年度・後期, 基礎生物学実験.

2011年度・前期, 分子生物学.

2011年度・前期, 動物発生学.

2011年度・後期, 動物学.

2010年度・後期, 動物学.

2010年度・前期, 動物発生学.

2010年度・前期, 分子生物学.

2010年度・後期, 基礎生物学実験.

2010年度・前期, 動物学および動物発生学実験.

2010年度・通年, 動物機能形態学.

2010年度・通年, ゲノムサイエンスとエピジェネティクス.

2010年度・後期, 糸島の水と森と緑.

2009年度・通年, 動物生産科学概要.

2009年度・前期, 科学英語 II.

2009年度・前期, The applied Genetics and Pest Management.

2009年度・通年, 動物学講究.

2009年度・通年, 動物昆虫学講究演習.

2009年度・前期, 動物学標本実習.

2009年度・後期, 動物生産科学概論.

2009年度・前期, 分子細胞生物学ー 理論と実際.

2009年度・通年, 動物昆虫学特別研究第二.

2009年度・通年, 動物昆虫学特別研究第一.

2009年度・通年, 動物学演習第二.

2009年度・通年, 動物学演習第一.

2009年度・後期, 基礎生物学実験.

2009年度・前期, 分子生物学.

2009年度・通年, 動物学及び動物発生学特論.

2009年度・前期, 動物発生学.

2009年度・後期, 動物学.

2009年度・前期, 動物学および動物発生学実験.

2008年度・通年, 動物学特論.

2008年度・後期, 動物学および動物発生学実験.

2008年度・前期, 動物発生学.

2008年度・後期, 動物学.

2008年度・通年, 動物学及び動物発生学特論.

2008年度・前期, 分子生物学.

2008年度・後期, 基礎生物学実験.

2008年度・通年, 動物学演習第一.

2008年度・通年, 動物学演習第二.

2008年度・通年, 動物昆虫学特別研究第一.

2008年度・通年, 動物学講究.

2008年度・通年, 動物昆虫学講究演習.

2008年度・前期, 動物学標本実習.

2008年度・後期, 動物生産科学概論.

2008年度・後期, 科学英語 I.

2008年度・前期, 分子細胞生物学ー 理論と実際.

2008年度・通年, 動物昆虫学特別研究第二.

2008年度・前期, The applied Genetics and Pest Management.

2008年度・通年, 動物生産科学概要.

2008年度・前期, 科学英語 II.

2006年度・後期, 基礎生物学実験.

2006年度・後期, 脊椎動物発生学特論.

2006年度・通年, 基礎動物学.

2006年度・前期, 動物発生学.

2005年度・前期, 動物学および動物発生学実験.

2005年度・前期, 動物発生学.

2003年度・前期, 動物発生学.

2003年度・後期, 基礎生物学実験.

2003年度・後期, 動物学および動物発生学実験.

2003年度・後期, 脊椎動物発生学特論.

2003年度・通年, 動物学特論.

2003年度・通年, 動物学演習I.

2004年度・後期, 基礎生物学実験.

2005年度・通年, 基礎動物学.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2017.07, 全学, 参加, 奨学金プログラム.

2016.08, 部局, 参加, 本学における障害者支援について.

2016.02, 部局, 参加, 「企業との共同研究における研究成果のデザイン」~共同発明に関する取扱の留意点~.

2015.11, 部局, 参加, 「韓国のサバティカルの実状と課題」.

2014.07, 部局, 参加, 平成26年度 第2回農学研究院FD /ハラスメント防止の要点    グローバル人材育成推進事業-教員の英語スキルアッププログラムについて-.

2013.11, 部局, 参加, 平成25年度博士課程教育リーディングプログラム「持続可能な社会を開く決断科学大学院プログラム」について.

2013.07, 部局, 参加, 基幹教育と基幹教育カリキュラム.

2012.11, 部局, 参加, JSPSグローバル人材育成推進事業(特色型).

2011.10, 部局, 参加, 留学生の異文化適応について.

2011.07, 部局, 参加, こころが不調になった学生の理解と接し方.

2010.10, 部局, 参加, セクシャルハラスメントとパワーハラスメントの現状と対策について.

2010.09, 部局, 参加, 動物実験における麻薬・向精神約等の使用について.

2010.08, 部局, 参加, 農学研究院部門組織再編の基本方針等について.

2010.04, 部局, 参加, GPA制度について.

2009.10, 部局, 参加, セクシャルハラスメントとパワーハラスメントの現状と対策について、.

2009.09, 部局, 参加, 動物実験における麻薬・向精神約等の使用について.

2009.08, 部局, 参加, 農学研究院部門組織再編の基本方針等について.

2009.04, 部局, 参加, GPA制度について .

2008.05, 部局, 参加, 教育研究と学生生活.

2008.04, 部局, 参加, 科学技術政策、農学部FD.

2009.04, 部局, 参加, 「英語による授業の質の向上を目指して」.

2008.06, 部局, 参加, 「セクシュアル・ハラスメント、アカデミック・ハラスメ ント及び男女共同参画」.

2008.03, 全学, 参加, GPAについて .

2007.09, 全学, 参加, 2007, 9-11-2007 全学FD.

2007.09, 全学, 参加, 全学FD.

2006.09, 部局, 参加, 味の素における生産革新の展開.

2006.03, 部局, 参加.

2005.07, 部局, 参加.

2004.07, 部局, 参加.

学生のクラス指導等
2004年度, 学部, 37.

学生課外活動指導等
2018年度, 九大吹奏楽団, 顧問.

2017年度, 九州大学吹奏楽団, 顧問.

2016年度, 九州大学吹奏楽団, 顧問.

2014年度, 九州大学吹奏楽団, 顧問.

2013年度, 九州大学吹奏楽団, 顧問.

2012年度, 九州大学吹奏楽団, 顧問.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2018年度, 九州産業大学 工学部 大学院, 後期 火曜日2限, 非常勤講師, 国内.

2017年度, 九州産業大学 工学部 大学院, 後期 火曜日2限, 非常勤講師, 国内.

2016年度, 九州産業大学 工学部 大学院, 後期 火曜日2限, 非常勤講師, 国内.

2014年度, 九州産業大学, 後期 火曜日2限, 非常勤講師.

2013年度, 九州産業大学 工学部 大学院, 後期 火曜日2限目, 非常勤講師, 国内.

2012年度, 九州産業大学 工学部 大学院, 後期 火曜日2限目, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 九州大学医学部, 前期、組織学, 非常勤講師, 国内.

2010年度, 九州産業大学 工学部 大学院, 後期 火曜日2限目, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 九州産業大学 工学部 大学院, 後期 火曜日2限目, 非常勤講師, 国内.

2009年度, 九州大学医学部, 前期、組織学, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 九州大学医学部, 前期、組織学, 非常勤講師, 国内.

2008年度, 九州産業大学 工学部 大学院, 後期 火曜日2限目, 非常勤講師, 国内.

2007年度, 九州産業大学 工学部 大学院, 後期 火曜日2限目, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 九州産業大学, 後期, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 九州産業大学, 後期, 非常勤講師, 国内.

2004年度, 九州産業大学, 後期, 非常勤講師, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」