九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
飯田 弘(いいだ ひろし) データ更新日:2019.06.03

教授 /  農学研究院 資源生物科学部門 農業生物科学講座


主な研究テーマ
(1) 生殖細胞の分化・成熟機構、(2)受精機構
キーワード:精子形成、受精
2000.04~2020.03.
従事しているプロジェクト研究
ナノマテリアル開発のための超顕微解析共用拠点
2012.07~2014.03, 代表者:松村晶 , 九州大学超高圧電顕室, 九州大学
電顕を使用した研究支援.
九州ナノテクノロジー拠点ネットワーク
2007.04~2012.03, 代表者:松村晶 , 九州大学超高圧電顕室, 九州大学
電顕を使用した研究支援.
ナノテクノロジー総合支援プロジェクト
2002.04~2006.03, 代表者:木下智見, 九州大学, 文部科学賞(日本)
ナノ構造材料の解析、物性評価および組織・物性制御に関する研究計画ならびに研究実施の支援.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Ishibashi Y, Yoshinaga Y, Saito T, Abe H, Iida H, Yoshida MC, Polymorphic microsatellite DNA markers in the field vole Microtus montebelli., Mol. Ecology, 8, 1, 163-164, 8: 157-158, 1999.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本動物学会
日本解剖学会
日本顕微鏡学会
日本哺乳類学会
日本発生生物学会
日本細胞生物学会
学協会役員等への就任
2016.06~2018.09, 公益法人日本動物学会, 運営委員.
2014.04~2016.03, 日本動物学会, 学会賞選考委員.
2011.04~2019.06, 公益法人日本動物学会, 理事.
2016.06~2018.06, 日本動物学会九州支部, 運営委員.
2011.03~2018.03, 日本解剖学会, 評議員.
2011.04~2019.03, 日本顕微鏡学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.05.29~2018.05.31, 日本顕微鏡学会 第74回学術講演会, プログラム委員.
2017.09.02~2017.09.03, 中国四国地区・九州地区合同研修会, 実行委員長.
2017.03.30~2008.03.01, 第122回日本解剖学会総会・全国学術集, 座長(Chairmanship).
2013.09.27~2013.09.27, 日本動物学会, 座長(Chairmanship).
2011.08.20~2012.08.21, 日本動物学会九州支部 談話会, 司会(Moderator).
2010.09.04~2010.09.04, 第23回九州電子顕微鏡技術研究会, 座長(Chairmanship).
2010.12.04~2010.12.04, 第52回 日本顕微鏡学会九州支部総会・学術講演会, 学会会頭.
2009.12.05~2010.05.04, 第51回 日本顕微鏡学会九州支部総会・学術講演会, 座長(Chairmanship).
2009.09~2009.05.01, 第79回日本動物学会, 司会(Moderator).
2009.09~2009.05.01, 第79回日本動物学会, 座長(Chairmanship).
2008.03~2008.03, 日本解剖学会, 座長(Chairmanship).
2007.05~2007.05, 動物学会九州支部, 座長(Chairmanship).
2006.06~2006.06, 日本解剖学会九州支部, 座長(Chairmanship).
2006.06~2006.06, 発生生物学会, 座長(Chairmanship).
2004.05~2004.05, 日本動物学会九州支部, 座長(Chairmanship).
2015.09.19~2016.05.13, 日本動物学会第86回大会 , 座長.
2013.09.27~2013.09.27, 第48回日本動物学会, 座長.
2011.09.04~2011.09.04, 第23回九州電子顕微鏡技術研究会, 座長.
2011.09.08~2011.09.11, 日本哺乳類学会2011年度大会, 実行委員.
2010.12.04~2010.12.04, 第52回 日本顕微鏡学会九州支部総会, 会頭.
2009.12.05~2010.05.04, 日本顕微鏡学会九州支部総会, 運営委員.
2008.09~2009.05.01, 第79回日本動物学会, 準備委員会庶務 シンポジウム企画.
2005.11~2005.11, 第50回日本顕微鏡学会シンポジウム, プログラム委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2008年度      
2007年度      
2003年度      
2005年度      
受賞
第10回日韓合同国際シンポジウム Best Poster Presentation Award (to: Elsaid Salaheldeen, Ali Howida, and Hiroshi Iida), 農学研究院, 2013.11.
解剖学会奨励賞, 日本解剖学会, 1993.03.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2018年度, 基盤研究(C), 代表, 精子形成に関わる尾鞘(マンチェット)結合分子TMCO5Aの解析.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 代表, 精上皮に発現するイムノグロブリンスーパーファミリー分子Ceacamの解析.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 代表, テクチンを中心とした哺乳類精子鞭毛の分子構造解析.
2009年度~2010年度, 特別研究員奨励費, 代表, 哺乳類精子鞭毛に」おける分子アーキテクチャーの研究.
2009年度~2011年度, 特別研究員奨励費, 代表, 精細管上皮に発現する新規細胞接着分子Ceacam6-Lの研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
1999年度~2002年度, 環境ホルモン研究, 代表, 生理撹乱物質が農林水産生態系の野性生物に及ぼす影響評価手法の開発と影響実態の把握.
2001年度~2001年度, 成茂動物科学振興基金, 代表, 精子変態を制御する新規遺伝子の単離とその機能解析.
2002年度~2002年度, 武田科学振興財団一般研究奨励, 代表, 哺乳類精子形成に特異的な新規遺伝子spergen-1の発現パターンと発現制御機構の解析.
2005年度~2005年度, 成茂動物科学振興基金, 代表, 哺乳類精子鞭毛における分子アーキテクチャーの研究.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2003.01~2004.12, 代表, 生理撹乱物質が農林水産生態系の野性生物に及ぼす影響評価手法の開発と影響実態の把握.
寄附金の受入状況
2018年度, コージーホーム 寄付金.
2017年度, 平成29年度研究助成, 伊藤記念財団平成29年度研究助成.
2005年度, 成茂動物科学, 成茂動物科学振興基金.
2002年度, 武田科学振興財団, 武田科学振興財団一般研究奨励.
2001年度, 成茂動物科学, 成茂動物科学振興基金.
学内資金・基金等への採択状況
2018年度~2018年度, 伊都キャンパス移転事業等経費, 代表, 伊都キャンパスの哺乳類調査.
2017年度~2017年度, 伊都キャンパス移転事業等経費, 代表, 伊都キャンパス哺乳類の調査.
2016年度~2016年度, 伊都キャンパス移転事業等経費, 代表, 伊都キャンパス哺乳類の調査.
2015年度~2015年度, 伊都キャンパス移転事業等経費, 代表, 伊都キャンパス哺乳類の調査.
2014年度~2014年度, 伊都キャンパス移転事業等経費, 代表, 伊都キャンパス哺乳類の調査.
2013年度~2013年度, 伊都キャンパス移転事業等経費, 代表, 伊都キャンパス哺乳類の調査.
2011年度~2011年度, 伊都キャンパス移転事業等経費, 代表, 伊都キャンパス哺乳類の調査.
2010年度~2010年度, 伊都キャンパス移転事業等経費, 代表, 伊都キャンパス哺乳類の調査.
2009年度~2009年度, 伊都キャンパス移転事業等経費, 代表, 伊都キャンパス予定地における哺乳類の調査費.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」