九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
清原 千香子(きよはら ちかこ) データ更新日:2019.05.27

講師 /  医学研究院 附属総合コホートセンター 社会環境医学講座


主な研究テーマ
肺がんのゲノム疫学
キーワード:遺伝子多型 薬物代謝酵素 DNA修復酵素 炎症
1994.04.
SLEの疫学研究
キーワード:遺伝子多型 腫瘍壊死因子 薬物代謝酵素
2004.04.
アトピー性疾患の分子疫学的研究
キーワード:アトピー性皮膚炎 遺伝子多型  遺伝要因-環境要因交互作用
2007.04~2010.03.
ADHDの疫学研究
キーワード:母親の妊娠気期の喫煙 ドーパミン関連遺伝子
2004.04.
パーキンソン病の疫学研究
キーワード:喫煙、遺伝子多型
2007.04.
従事しているプロジェクト研究
International Project on Genetic Susceptibility to Environmental Carcinogen
1996.04~2016.06, 代表者:Emanuela Taioli, The SUNY Downstate School of Public Health, USA.
International Lung Cancer Consortium
2003.04~2020.06, 代表者:Paul Brennan, IARC, France.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Kiyohara C, Takayama K, Nakanishi Y. , Lung cancer risk and genetic polymorphisms in DNA repair pathways: a meta-analysis., J Nucleic Acids, 2010, 701760, 2010.10.
2. Kiyohara C, Horiuchi T, Miyake Y, Takayama K, Nakanishi Y., Cigarette smoking, TP53 Arg72Pro, TP53BP1 Asp353Glu and the risk of lung cancer in a Japanese population., Oncol Rep., 23, 5, 1361-1368, 2010.05.
3. Truong T, Sauter W, McKay JD, Hosgood HD 3rd, Gallagher C, Amos CI, Spitz M, Muscat J, Lazarus P, Illig T, Wichmann HE, Bickeböller H, Risch A, Dienemann H, Zhang ZF, Naeim BP, Yang P, Zienolddiny S, Haugen A, Le Marchand L, Hong YC, Kim JH, Duell EJ, Andrew AS, Kiyohara C, Shen H, Matsuo K, Suzuki T, Seow A, Ng DP, Lan Q, Zaridze D, Szeszenia-Dabrowska N, Lissowska J, Rudnai P, Fabianova E, Constantinescu V, Bencko V, Foretova L, Janout V, Caporaso NE, Albanes D, Thun M, Landi MT, Trubicka J, Lener M, Lubinski J; EPIC-lung, Wang Y, Chabrier A, Boffetta P, Brennan P, Hung RJ., International Lung Cancer Consortium: coordinated association study of 10 potential lung cancer susceptibility variants., Carcinogenesis, 31, 4, 625-633, 2010.04.
4. Kiyohara C, Yoshimasu K., Association between major depressive disorder and a functional polymorphism of the 5-hydroxytryptamine (serotonin) transporter gene: a meta-analysis., Psychiatr Genet., 20, 2, 49-58, 2010.04.
5. Kiyohara C, Horiuchi T, Takayama K, Nakanishi Y., IL1B rs1143634 polymorphism, cigarette smoking, alcohol use, and lung cancer risk in a Japanese population., J Thorac Oncol., 5, 3, 299-304, 2010.03.
6. Kiyohara C, Washio M, Horiuchi T, Tada Y, Asami T, Ide S, Atsumi T, Kobashi G, Takahashi H; Kyushu Sapporo SLE (KYSS) Study Group., Cigarette smoking, STAT4 and TNFRSF1B polymorphisms, and systemic lupus erythematosus in a Japanese population.
, J Rheumatol. , 36, 10, 2095-2203, 2009.10.
7. Kiyohara C, Washio M, Horiuchi T, Tada Y, Asami T, Ide S , Takahashi H, Kobashi G and the Kyushu Sapporo SLE (KYSS) Study Group., Cigarette smoking, N-acetyltransferase 2 polymorphism and systemic lupus erythematosus in a Japanese population. , Lupus, 18(7):630-638., 2009.06.
8. Matsusue A, Kiyohara C,Tanaka K, Sasaki S, Miyake Y, ADAM33 genetic polymorphisms and risk of atopic dermatitis among Japanese children., Clin Biochem, 42(6): 477-483., 2009.04.
9. Cote ML, Chen W, Sealy-Jefferson S, Autrup H, Behamou S, Butkiewicz D, Fong KM, Hirvonen A, Kiyohara C, Larsen JE, Lin P, Povey AC, Reszka E, Risch A, Schneider J, Schwartz AG, Sorensen M, To-Figueras J, Tokudome S, Pu Y, Yang P, Wenzlaff AS, Taioli E. , Meta-and pooled analysis of GSTP1 and lung cancer: A HuGE-GSEC review., Am J Epdemiol., 169(7):802-814, 2009.04.
10. Hung RJ, Christiani DC, Risch A, Popanda O, Haugen A, Zienolddiny S, Benhamou S, Bouchardy C, Lan Q, Spitz MR, Wichmann HE, LeMarchand L, Vineis P, Matullo G, Kiyohara C, Zhang ZF, Pezeshki B, Harris C, Mechanic L, Seow A, Ng DP, Szeszenia-Dabrowska N, Zaridze D, Lissowska J, Rudnai P, Fabianova E, Mates D, Foretova L, Janout V, Bencko V, Caporaso N, Chen C, Duell EJ, Goodman G, Field JK, Houlston RS, Hong YC, Landi MT, Lazarus P, Muscat J, McLaughlin J, Schwartz AG, Shen H, Stucker I, Tajima K, Matsuo K, Thun M, Yang P, Wiencke J, Andrew AS, Monnier S, Boffetta P, Brennan P., International lung cancer consortium: pooled analysis of sequence variants in DNA repair and cell cycle pathways., Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. , 17(11):3081-9., 2008.11.
11. Ozawa M, Washio M, Kiyohara C., Factors related to starting and continuing smoking among senior high school boys in Fukuoka, Japan., Asian Pac J Cancer Prev.
, 9(2):239-45.
, 2008.05.
12. Lee KM, Kang D, Clapper ML, Ingelman-Sundberg M, Ono-Kihara M, Kiyohara C, Min S, Lan Q, Le Marchand L, Lin P, Lung ML, Pinarbasi H, Pisani P, Srivatanakul P, Seow A, Sugimura H, Tokudome S, Yokota J, Taioli E., CYP1A1, GSTM1, and GSTT1 polymorphisms, smoking, and lung cancer risk in a pooled analysis among Asian populations., Cancer Epidemiol Biomarkers Prev. , 17(5):1120-6., 2008.05.
13. Kiyohara C, Wakai K, Mikami H, Sido K, Ando M, Ohno Y, Risk modification by CYP1A1 and GSTM1 polymorphisms in the association of environmental tobacco smoke and lung cancer: a case-control study in Japanese nonsmoking women., Int J Cancer, 10.1002/ijc.11355, 107, 1, 139-144, 107: 139-144, 2003.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. Kiyohara C, Ohno Y., Sex differences in lung cancer susceptibility: a review. , Gend Med., 7(5):381-401., 2010.10.
2. Kiyohara C*, Yoshimasu K, Takayama K, Nakanishi Y, Lung cancer susceptibility: are we on our way to identifying a high-risk group? , Future Oncol, 3: 617-627, 2007.12.
主要学会発表等
1. 吉益光一, 清原千香子, 宮井信行, 倉澤茂樹, 戸村多郎, 宮下和久, 児童の注意欠陥多動性障害と妊娠期の母親の喫煙の関連性., 第67回日本公衆衛生学会総会, 2008.10.
2. 三宅吉博, 田中景子, 藤原裕司, 三谷泰浩, 池見洋明, 佐々木敏, 清原千香子, 廣田良夫, 妊娠時における自宅と幹線道路との距離と子供のアレルギー発症との関連, 第20回日本アレルギー学会春季大会, 2008.06.
3. 松末綾, 清原千香子, 田中景子, 佐々木敏, 三宅吉博, アトピー性皮膚炎とADAM33遺伝子多型との関連., 第20回日本アレルギー学会春季大会, 2008.06.
4. Hung RJ, Christiani DC, Risch A, Haugen A, Benhamou S, Lan Q, Spitz M, Vineis P, Harris C, Wichmann H-E, Le Marchand L, Kiyohara C, Zhang Z-F, Seow A, Boffetta P, Brennan P, International Lung Cancer Consortium Investigators. International Lung Cancer Consortium: Pooled analysis of Sequence Variants in DNA Repair Pathway, American Association for Cancer Research Anunual Meeting 2007, 2007.04.
学会活動
所属学会名
日本アレルギー学会
日本リウマチ学会
日本癌学会
日本公衆衛生学会
日本衛生学会
日本疫学会
日本がん分子疫学研究会
がん疫学研究会
学協会役員等への就任
1994.04, 日本衛生学会, 評議員.
1998.04, 日本疫学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2012.09~2012.09, 第71回日本癌学会総会, 座長(Chairmanship).
2008.03~2008.03, 第78回日本衛生学会総会, 座長(Chairmanship).
2007.03~2007.03, 第77回日本衛生学会総会, 座長(Chairmanship).
2006.03~2006.03, 第76回日本衛生学会総会, 座長(Chairmanship).
2003.01~2003.01, 第13回日本疫学会学術総会, 座長(Chairmanship).
2017.03.26~2017.03.28, 第87回日本衛生学会学術総会, シンポジウム「発達障害と環境要因」での指定発言.
2012.09.19~2012.09.21, 第71回日本癌学会学術総会, 座長.
2007.03~2007.03, 第77回日本衛生学会総会, ストレス研究会 講演者.
2003.01~2003.01, 第43回日本呼吸器学会総会シンポジウム, シンポシスト.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2005.04~2006.03, Cancer Letters, 国際, Reviewer.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度 33  33 
2017年度 26  26 
2016年度 25  25 
2015年度 19  19 
2014年度 18  18 
2013年度 21  21 
2012年度 17  17 
2011年度 25  25 
2010年度 14  14 
2009年度 23  23 
2008年度 21  21 
2007年度 25  26 
2006年度 38  38 
2005年度 27  27 
2004年度 23  26 
2003年度
2002年度
2001年度
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 分担, アジア人種の食と腸内フローラと健康に関する調査研究.
2013年度~2016年度, 基盤研究(B), 代表, エストロゲン関連遺伝子と喫煙との交互作用に関する肺癌のゲノム疫学研究.
2013年度~2015年度, 萌芽研究, 代表, 大学生への肺癌感受性遺伝子多型告知による禁煙行動への影響.
2011年度~2014年度, 基盤研究(C), 分担, NICU高照度環境が及ぼす早産児の睡眠・覚醒リズム形成と心身発達の前方視的研究.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 分担, アトピー性皮膚炎予防の環境要因と遺伝要因の交互作用解明に関する前向きコホート研究.
2009年度~2012年度, 基盤研究(B), 代表, 炎症関連遺伝子と肺がんに関するゲノム疫学研究.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 分担, アトピー性皮膚炎の発症関連環境要因と遺伝要因の交互作用解明に関する疫学研究.
2006年度~2008年度, 基盤研究(C), 分担, 妊娠期の母親のライフスタイルと児童の注意欠陥多動性障害に関する症例対照研究.
2006年度~2008年度, 基盤研究(C), 分担, 妊娠期の母親のライフスタイルと児童の注意欠陥多動性障害に関する症例対照研究.
2005年度~2008年度, 基盤研究(B), 代表, 肺がんにおける喫煙と遺伝要因の交互作用に関する分子疫学的研究 -International Lung Cancer Consortium (ILCCO) 国際共同研究-.
2002年度~2003年度, 基盤研究(C), 代表, 薬物代謝酵素の遺伝子多型と喫煙の交互作用に関する肺腺癌の分子疫学的研究.
2000年度~2001年度, 基盤研究(C), 代表, 喫煙と肺がん発生リスクの性差に関する分子疫学的研究.
1997年度~1999年度, 基盤研究(C), 代表, 肺がんの個体特性に関する分子疫学的研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2021年度, , 代表, 喫煙関連呼吸器疾患のゲノム疫学研究.
2010年度~2014年度, , 代表, 肺がんにおける炎症関連遺伝子と喫煙の交互作用に関する分子疫学的研究.
2009年度~2009年度, 聖ルカ・ライフサイエンス研究所研究助成金, 代表, 肺がんにおける喫煙と炎症反応関連遺伝子の交互作用に関する分子疫学的研究.
2005年度~2007年度, NCI grant (USA), 分担, International Lung Cancer Consortium: Pooled analysis on DNA repair pathway.
2004年度~2008年度, 喫煙科学研究財団研究助成金, 代表, 児童の注意欠陥多動性障害に関する分子疫学的研究:胎児期の母親の喫煙とドーパミン関連遺伝子多型との交互作用.
2000年度~2002年度, , 代表, 薬物代謝酵素の遺伝子多型と受動喫煙の交互作用に関する肺癌の分子疫学的研究.
寄附金の受入状況
2015年度, 日本心臓財団/FAME研究:家族性高コレステロール血症に対する脂質低下療法の有効性および安全性に関する調査FAME trial.
2014年度, 日本心臓財団/FAME研究:家族性高コレステロール血症に対する脂質低下療法の有効性および安全性に関する調査FAME trial.
学内資金・基金等への採択状況
2012年度~2013年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト(Bタイプ), 分担, アジア人の食と腸内細菌と健康に関する調査研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」