九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
関口 猛(せきぐち たけし) データ更新日:2019.05.24

助教 /  医学研究院 分子生命科学系部門 細胞工学


大学院(学府)担当



電子メール
電話番号
092-642-6179
FAX番号
092-642-6176
就職実績-民間機関等
就職実績有, ソーク研究所(アメリカ)
取得学位
理学博士
専門分野
分子生物学、生化学、細胞生物学、分子生態学
活動概要
ハムスター温度感受性変異株より変異遺伝子の分離をおこなってきた。
さらに分離した遺伝子(CCG1, RCC1, DAD1など)の細胞学的、生化学的解析をおこなってきた。
現在は、RCC1関連遺伝子Rag A/GTR1に関連した研究をおこなっている。RagAは、mTORのシグナル伝達経路でraptorと相互作用し働いていることがわかっている。RagAと関連する新規遺伝子の単離とそれらの解析を行なっている。RagAの酵母相同遺伝子GTR1を材料として酵母を用いた遺伝学的生化学的解析も行なっている。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」