九州大学 研究者情報
総説一覧
関口 猛(せきぐち たけし) データ更新日:2019.10.07

助教 /  医学研究院 分子生命科学系部門 細胞工学


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 関口猛, 変異を相補する正常遺伝子の単離の例, 生物薬学講座 広川書店, 印刷中.
2. 関口猛、西谷秀男、西本毅治, RanGTPaseサイクルとその機能, 蛋白質核酸酵素, Vol.44(12)1869-1876, 1999.12.
3. 関口猛、西本毅治, Ran, Bio science 新用語ライブラリー、(細胞内シグナル伝達) , 211, 1999.01.
4. 関口猛, CCG1遺伝子, Bio science 用語ライブラリー、(細胞周期) , pp98-99.
5. 関口猛、中島寅彦、林田俊郎、砂本秀利、西本毅治, CCG1遺伝子, 蛋白質核酸酵素, Vol.39 (6) pp967-971, 1994.06.
6. 関口猛, ゲノムDNAを用いたBHK21細胞への遺伝子導入と回収, 蛋白質核酸酵素, Vol.36(13)pp2262-2265, 1991.01.
7. 西本毅治、山下克美、大坪素秋、佐々木宏、古野伸明、西谷秀男、内田早苗、清野浩明、関口猛 , BN2変異とG2ブロック, Vol.34、pp1188-1203, 1989.01.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」