九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
関口 猛(せきぐち たけし) データ更新日:2019.05.24

助教 /  医学研究院 分子生命科学系部門 細胞工学


主な研究テーマ
酸化ストレスに対する細胞応答機構の解明
キーワード:8オキソグアニン、酸化RNA
2011.02~2018.03.
真核細胞における増殖と停止の分子レベルでのメカニズムの解明
キーワード:細胞周期、GTP結合タンパク、GTR1/2、Rag A/B, Rag C/D, RCC1, Ran
1997.04~2018.03.
食肉目(イタチ、テン、カワウソ)の分子生態学
キーワード:種判定、性判定、個体識別
2007.10~2018.03.
フコイダンの細胞への影響の研究
キーワード:フコイダン
2013.05~2018.03.
従事しているプロジェクト研究
マレーシアにおけるカワウソの研究
2015.04~2016.03, 代表者:佐々木浩, 筑紫女学園大学, 筑紫女学園大学(日本)
マレーシアのカワウソの生態と遺伝子研究。.
研究業績
主要原著論文
1. Takeshi Sekiguchi, Nobuaki Furuno, Takashi Ishii, Eiji Hirose, Fumiko Sekiguchi, Yonggang Wang, and Hideki Kobayashi, RagA, an mTORC1 activator, interacts with a hedgehog signaling protein, WDR35/IFT121, Genes to Cells, doi.org/10.1111/gtc.12663, 24, 2, 151-161, 2019.02.
2. Takeshi Sekiguchi, Yoshiaki Kamada, Nobuaki Furuno, Minoru Funakoshi, Hideki Kobayashi, Amino acid residues required for Gtr1p-Gtr2p complex formation and its interactions with the Ego1p-Ego3p complex and TORC1 components in yeast, Genes to cells, 19, 6, 449-463, 2014.06, The yeast Ras-like GTPases Gtr1p and Gtr2p form a heterodimer, are implicated in the regulation of TOR complex 1 (TORC1), and play pivotal roles in cell growth. Gtr1p and Gtr2p bind Ego1p and Ego3p, which are tethered to the endosomal and vacuolar membranes where TORC1 functions are regulated through a relay of amino acid signaling interactions. The mechanisms by which Gtr1p and Gtr2p activate TORC1 remain obscure. We probed the interactions of the Gtr1p-Gtr2p complex with the Ego1p-Ego3p complex and TORC1 subunits. Mutations in the region (179-220 a.a.) following the nucleotide-binding region of Gtr1p and Gtr2p abrogated their mutual interaction and resulted in a loss in function, suggesting that complex formation between Gtr1p and Gtr2p was indispensable for TORC1 function. A modified yeast two-hybrid assay revealed that Gtr1p-Gtr2p complex formation is important for its interaction with the Ego1p-Ego3p complex. GTP-bound Gtr1p interacted with the region containing the HEAT repeats of Kog1p and the C-terminal region of Tco89p. The GTP-bound Gtr2p suppressed a Kog1p mutation. Our findings indicate that the interactions of the Gtr1p-Gtr2p complex with the Ego1p-Ego3p complex and TORC1 components Kog1p and Tco89p play a role in TORC1 function..
3. Takeshi Sekiguchi, Riyoko Itoh, Hiroshi Hayakawa, Mutsuo Sekiguchi, Elimination and utilization of oxidized Guanine nucleotides in the synthesis of RNA and its precursors., J Biol Chem. , doi: 10.1074/jbc.M112.418723. , 288, 12, 8128-8135, 2013.03.
4. Sekiguchi, T., Hayashi, N., Wang, Y., Kobayashi, H., Genetic evidence that Ras-like GTPases, Gtr1p and Gtr2p, are involved in epigenetic control of gene expression in Saccharomyces cerevisiae, Biochem Biophys Res Commun, 368, 3, 748-754, 2008.04.
5. Sekiguchi1,T., Hayano,T., Yanagida, M., Takahashi,N., Nishimoto,T., NOP132 is required for proper nucleolus localization of DEAD-box RNA helicase DDX47., Nucleic Acid Res., 34,4593-4608, 2006.09.
6. Sekiguchi, T., Iida, H., Fukumura, J. and Nishimoto T, Human DDX3Y, the Y-encoded isoform of RNA helicase DDX3, rescues a hamster temperature-sensitive ET24 mutant cell line with a DDX3X mutation., Exp. Cell. Res., 10.1016/j.yexcr.2004.07.005, 300, 1, 213-222, Vol.300 pp213-222, 2004.10.
7. Sekiguchi, T., Todaka Y., Wang YG., Hirose, E., Nakashima, N. and Nishimoto, T., A novel human nucleolar protein, Nop132, binds to the G proteins, RRAG A/C/D., J. Biol. Chem., 10.1074/jbc.M305935200, 279, 9, 8343-8350, Vol.279 pp8343-8350, 2004.01.
8. Sekiguchi, T., Hirose, E., Nakashima, N., Ii, M. and Nishimoto, T., Novel G proteins, Rag C and Rag D, interact with GTP-binding proteins Rag A and Rag B., J. Biol. Chem., 10.1074/jbc.M004389200, 276, 10, 7246-7257, Vol.276,No.10,pp.7246-7257, 2001.01.
9. T, Sekiguchi, T.Nishimoto and T. Hunter, Overexpression of D-type cyclins, E2F-1, SV40 large T antigen and HPV16 E7 rescue cell cycle arrest of tsBN462 cells caused by the CCG1/TAFII250 mutation, Oncogene., 10.1038/sj.onc.1202508, 18, 10, 1797-1806, Vol.18,pp.1797-1806, 1999.03.
10. Sekiguchi, T., T. Hunter, Induction of growth arrest and cell death by overexpression of the cyclin-Cdk inhibitor p21 in hamster BHK21 cells, Oncogene., Vol.16,pp.369-380, 1998.01.
11. Sekiguchi,T., Nohiro,Y., Nakamura,Y., Hisamoto,N.and T.Nishimoto., The human CCG1 gene, essential for progression of the G1 phase, encodes a 210-Kilodalton nuclear DNA-binding protein, Molecular and Cellular Biology., 11, 6, 3317-3325, Vol.11,pp.3317-3325, 1991.11.
12. Uchida,S., Sekiguchi,T., Nishitani,H., Miyauchi,K., Ohtsubo,M.and T.Nishimoto., Premature chromosome condensation is induced by a point mutation in the hamster RCC1 gene, Molecular and Cellular Biology., 10, 2, 577-584, Vol.10,pp.577-584, 1990.10.
13. Sekiguchi,T., Miyata,T.and T.Nishimoto., Molecular cloning of the cDNA of human X chromosomal gene (CCG1) which complements the temperature-sensitive G1 mutants, tsBN462 and ts13, of the BHK cell line, The EMBO Journal., 7, 6, 1683-1687, Vol.7,pp.1683-1687, 1988.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 関口猛、古野伸明、小林英紀, mTORC1の制御Gタンパク質RagAはWDR35タンパク質と相互作用する。, 第8回TOR研究会, 2018.06.
2. 関口 猛, 石井健士, 早川浩, 古野伸明, 小林英紀, 関口睦夫, 毒性物質の排出における出芽酵母Gtr1タンパク質の働き, 第39回分子生物学会年会, 2016.12, 環境にはさまざまな化学物質があり生物の生存に適さないものもある。活性酸素やカフェインなどの薬剤は細胞にとっては毒性物質である。それらを細胞から取り除く仕組みとして、輸送タンパク質のABCトランスポーターがある。ABCトランスポーターは細胞膜にあって細胞に入ったさまざまな毒性物質を細胞外へと排出し細胞内濃度を下げて、細胞が生存できるようにしている。私達は、出芽酵母などをもちいてこの仕組みを研究してきた。出芽酵母で、過酸化水素やカフェインに感受性になる変異株として、栄養状態を感知するシグナル伝達経路に働くTORC1複合体の調節タンパク質Gtr1の変異株を同定した。そこで、出芽酵母のABCトランスポーターであるSnq2をこの変異株に導入したところ、これらの毒性物質に耐性となった。さらに、TORC1複合体の他の変異株もカフェインに対する感受性を示していた。一方、TORC1の活性を直接阻害する物質として知られているラパマイシンに対する感受性はSnq2の過剰発現でも変化なかった。以上のことから、TORC1複合体が活性酸素やカフェインンなどの毒性物質の排出に関っており、Gtr1がその働きを調整していることが示唆された。また、TORC1の活性が抑制されると細胞にとって毒性のある物質の排出が抑制される可能性が示唆された。.
3. 関口 猛, Riyoko Itoh, Hiroshi Hayakawa, Mutsuo Sekiguchi, Elimination of oxidized nucleic acid, 第86回日本生化学会大会, 2013.09, During the de novo synthesis of guanine nucleotides, GMP is formed first, which is converted to GDP by guanylate kinase (GMK), an essential protein for E.coli. This enzyme hardly acts on an oxidized form of GMP (8-oxo-GMP), formed by the oxidation of GMP or by the cleavage of 8-oxo-GDP and 8-oxo-GTP by MutT protein. Although the formation of 8-oxo-GDP from 8-oxo-GMP is thus prevented, 8-oxo-GDP itself may be produced by the oxidation of GDP by ROS. The 8-oxo-GDP thus formed can be converted to 8-oxo-GTP, since nucleoside diphosphate kinase and adenylate kinase, both of which catalyze conversion of GDP to GTP, do not discriminate 8-oxo-GDP from normal GDP. The 8-oxo-GTP produced in this way and also by the oxidation of GTP can be used for RNA synthesis. This misincorporation is prevented by MutT protein, which has a potential to cleave 8-oxo-GTP as well as 8-oxo-GDP to 8-oxo-GMP. When 14C-labeled 8-oxo-GTP was applied to CaCl2-permeabilized cells of mutT- mutant strain, it could be incorporated into RNA at 4% of the rate for GTP. Escherichia coli cells appear to possess mechanisms to prevent misincorporation of 8-oxo-Gua into RNA..
4. 関口猛、早川浩、関口睦夫, HeLa細胞に導入したグアニンヌクレオチドの運命, 日本遺伝学会第84回大会, 2012.09, HeLa細胞に外部から導入したグアニンヌクレオチドを取込ませ核酸への取込み様式を明らかにするのが目的である。HeLa細胞に外部から導入したα-P32 GTPのラベルは、ほとんどがRNAに入っておりDNAへはわずかだった。RNAを分解し組成分析をおこなったところ4つのヌクレオチドに均等にラベルが入っていた。外部から導入したグアニンヌクレオチド3リン酸のグアニンが他の3つの塩基がシャッフルされて、ヌクレオチド3リン酸を形成しRNAに取込まれたことがわかった。過剰になったグアニヌクレオチドを分解し、NTPのバランスを維持することと、リボースとリン酸をうまく再利用するメカニズムがあることが考えられる。.
5. Takeshi Sekiguchi, Riyoko Ito, Hiroshi Hayakawa, and Mutsuo Sekiguchi, Specific cleavage of oxidatively damaged RNA for accurate protein synthesis, Gordon Research Conferences, 2012.08.
6. 関口 猛1、鎌田 芳彰、古野 伸明、小林 英紀, ヘテロ2 量体G タンパク質のGtr1、Gtr2とTor 複合体1との相互作用, 日本遺伝学会第83回大会, 2011.09.
7. Takeshi Sekiguchi, Yoshiaki Kamada, Yoshinori Ohsumi, Yonggang Wang, Hideki Kobayashi, Role of Gtr1-Gtr2 complex formation on their biologic function., The 24th annual symposium of the protein society, 2010.08.
8. 関口猛、鎌田 芳彰、大隅 良典、王永剛、小林英紀, Gtr1-Gtr2複合体のTORシグナル経路における機能解析。, 第32回日本分子生物学会, 2009.12.
9. Takeshi Sekiguchi, Yonggang Wang, Naoyuki Hayashi, Hiroyuki Toh, Hideki Kobayashi , Characterization of Gtr1/2 small G proteins., The 23rd annual symposium of The Protein Society, 2009.07.
10. 関口 猛、堀池 由起子、小林 英紀 , Ran GEFであるRCC1のタンパク質リン酸化 , 第31回日本分子生物学会, 2008.12.
11. 関口猛、林直之、王永剛、小林英紀, 出芽酵母Ras様GTPaseであるGtr1とGtr2が、遺伝子発現の後成的制御に関わっている。, 日本遺伝学会, 2008.09.
12. 王永剛、中島信孝、西本毅治、関口猛, GTP結合タンパク質GTR2のGDP結合型での機能, 分子生物学フォーラム, 2006.12.
学会活動
所属学会名
日本生化学会
Protein Society
日本遺伝学会
日本哺乳類学会
アメリカ生化学分子生物学会
日本癌学会
日本分子生物学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2012.09.24~2012.09.26, 日本遺伝学会第84回大会, 座長(Chairmanship).
2010.09.20~2010.09.22, 日本遺伝学会第82回大会, 座長(Chairmanship).
2008.09.03~2009.09.05, 日本遺伝学会第80回大会, 座長(Chairmanship).
2012.09.24~2012.09.26, 第84回日本遺伝学会, プログラム委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2010年度      
2009年度      
2007年度      
2006年度      
2005年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
マレーシア国民大学, Malaysia, 2017.12~2017.12.
マレーシア国民大学, Malaysia, 2010.04~2010.04.
Salk Institute for biological research, UnitedStatesofAmerica, 1994.04~1997.02.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, RNAの酸化シグナルによる細胞死誘導機構.
2012年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 損傷をうけたRNAを排除する分子および細胞レベルの新規の機構.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 代表, TOR情報伝達系におけるRagA,B/C,Dの機能解析.
2001年度~2005年度, 特定領域研究, 代表, タンパクの分解と運送による制御.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.11~2016.03, 代表, フコースをはじめとした海産有効成分の細胞への影響に関する研究.
2014.08~2015.03, 分担, フコイダンの細胞への影響に関する研究。.
2013.11~2014.03, 代表, フコイダンの細胞への影響.
2007.04~2008.03, 分担, G2/M期における細胞周期制御蛋白質の解析.
寄附金の受入状況
2019年度, 国際航業株式会社, 医学研究資金/イタチ類の遺伝子解析.
2018年度, 対馬自然写真研究所, 医学研究資金/カワウソの遺伝子解析.
2017年度, 鳥居春巳, 医学研究資金/奈良県のイタチ糞遺伝子解析.
2017年度, 対馬自然写真研究所, 医学研究資金/糞サンプルの遺伝子解析.
2017年度, 国際航業, 医学研究資金/イタチ糞の遺伝子解析.
2015年度, 国際航業, 医学研究資金/ニホンイタチ遺伝子解析.
2014年度, 国際航業株式会社, 医学研究資金.
2011年度, 自然環境研究センター, 医学研究資金.
2008年度, 国際航業株式会社, 医学研究資金.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」