九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
高木 厚司(たかき あつし) データ更新日:2018.07.17

助教 /  医学研究院 基礎医学部門 生体情報科学講座・統合生理分野


大学院(学府)担当



電子メール
ホームページ
http://www.med.kyushu-u.ac.jp/physiol/main_J.html
九州大学医学研究院統合生理 .
電話番号
092-642-6089
FAX番号
092-642-6093
就職実績-民間機関等
就職実績有, 2004.11.25 から、株式会社 TAS プロジェクトの代表取締役 CTO として役員兼業
取得学位
医学博士
専門分野
心身医学、環境生理学、代替医療
活動概要
主な研究業績
(1)摂食行動と性行動の中枢性制御
(2)腸内細菌が生体防御系の成立に果たす役割
  脳腸・肝・免疫連関の解明
  腸内細菌由来エンドトキシンの腸管粘膜バリヤーの通過を制御する因子の解明
  腸内細菌由来エンドトキシンが下垂体前葉系の内分泌機能に果たす役割の解明
(3)経口核酸食が生体防御系の成立に果たす役割
  経口無核酸食動物モデルで引き起こされる生体防御系の破綻機序の解明
  核酸添加によって誘導される Th1/Th2 バランスシフトの機序の解明
(4)遺伝子の酸化ストレス指標測定法の確立と産業利用の応用開発(PCT/JP01/02095, PCT/JP2012/57750)
  生体試料中の DNA 酸化損傷指標の簡易高感度測定システムの開発
  DNA 損傷指標を利用する天然及び人工化学物質の簡易生物学的評価法の開発
  同測定法を使った各種健康関連商品の安全性及び有用性の評価
  同測定法を使った「食」「健康」「環境」の安全性評価
(5)磁場触媒法を応用した新しい環境浄化システムの確立と産業利用の応用開発(PCT/JP00/08000, 2000.11.13)(米国6632332B1, 2003.10.14)
  酸化物半導体の触媒反応の強化法(磁場触媒法)を使った環境浄化法の開発
教育活動
 医学部2年生の生理学の講義及び生理学実習の指導
 修士課程学生の講義
 博士課程学生の研究指導
 非常勤講師
  昭和大学医学部小児科学教室(H13-14)
  昭和大学医学部解剖学教室(H15-)
  日本大学医学部公衆衛生学教室(H14-15)
  東京大学医学部心療内科(H15)
 客員助教授
  金沢大学医学部補完代替医療学講座(H18)
社会連携活動
 九州産業局 大学発ベンチャーに関する若手研究会委員
 文部科学省派遣 マレーシア科学ミッションメンバー(2003.10.6-10.10)
産学連携活動
 平成13-14年 九州大学箱崎キャンパス創造パビリオン内のインキュベーターにて産学連携事業
 平成15-16年 九州大学馬出キャンパスコラボステーション2、711号室にて大学発ベンチャーの起業準備
 平成16年- 九州大学発ベンチャーの(株)TAS プロジェクトの代表取締役 CTO に就任(役員兼業)
 マレーシア工業標準研究所(SIRIM)への九大発技術の移転事業をマネージメント

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」