九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
高木 厚司(たかき あつし) データ更新日:2019.06.21

助教 /  医学研究院 基礎医学部門 生体情報科学講座・統合生理分野


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
産学連携活動
 平成13-14年 九州大学箱崎キャンパス創造パビリオン内のインキュベーターにて産学連携事業を展開
 平成15-   九州大学馬出キャンパスコラボステーション2、711号室にて大学発ベンチャーの起業準備
 平成16年 九州大学発ベンチャー企業、(株)TAS プロジェクトの代表取締役に就任(役員兼業)
 平成17年 福岡市創業者応援団・平成17年度ステップアップ助成事業にて奨励賞受賞

九州経済産業局 大学発ベンチャーに関する若手研究員(2003.10.17-2004.3.31)

新連携・連携体構築全体会議、平成18年3月16日、アジア太平洋インポートマート71会議室(小倉)、「遺伝子の酸化損傷指標を用いた堆肥・有機野菜の検査・分析・評価についての講演、及び、連携体構築事業へのアドバイス」、経済産業省・平成17年度新連携対策補助事業
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2002.10, 経済連携協定に関する科学技術ミッション/マレーシア(文部科学省)に、ミッションメンバー(総勢7名)としてマレーシア国内の文部科学省関連諸施設の視察と交流会議に出席, 文部科学省.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2010.07, RKBラジオ、林田スマのハートフルトーク, 水と健康に関わる話.

2009.01, テレビ東京、ソロモン流、奈美悦子特集, 雑穀の効能についてテレビ番組中でコメント.

2009.02, RKBラジオ、おとなの学校, 「温泉」を特集したラジオの生番組中でのコメント.

2008.03, 映画「KIZUKI」制作委員会, 割箸の生物毒性を評価する映像を提供.

2006.03, 西日本新聞, 「ちょっと気になる水の話」の連載コラム執筆(1回/週、全20回).

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2014.07, 価値創造の源流/九州企業のイノベーションと起業家精神, 公益財団法人 九州経済調査会, 福岡市.

2012.12, アカモク由来フコイダン原料の概要とその機能性, データマックス主催, 福岡市.

2011.01, 食品に潜む生物毒性を監視する新システムの提案, 九州地域バイオクラスター推進協議会, 福岡市.

2010.06, 水と健康/方丈記考, 一水会の招待講演, 福岡市.

2010.05, 今、体内の水が汚れている!ちょっと気になる水の話, 第197回アバンティ・ゼミ, 福岡市.

2010.04, 輸入食品の想定外の毒性リスクをいかに予見するか、遺伝子損傷指標を応用した新しい簡易生物学的毒性評価法, 品質保証研究会主催(事務局、日本食糧新聞社), 東京(薬業健保会館).

2009.12, 遺伝子の酸化損傷指標を用いた安全で有用性の高い食品の差別化, 農工連携分科会第1回機能性天然素材研究会、九州イノベーション創出促進協議会主催、中小企業基盤整備機構九州支部後援, 福岡市.

2008.06, 割り箸浸出液の生物毒性評価, キワニスクラブ例会, 福岡市.

2008.06, ちょっと恐い水の話, 福岡ライオンズクラブ(第598回例会), 福岡市.

2008.04, ちょっと気になる水の話(健康編), 大賀薬局社内セミナー, 福岡市.

2008.02, 生命(いのち)を繋ぐ穀物, ベストアメニティ株式会社, 福岡市.

2007.05, メーカーと消費者をつなぐ商品情報の適正使用と同情報を利用したビジネス展開の可能性, (株)電通九州, 福岡市.

2007.09, 「生命(いのち)を繋ぐからくり/遺伝子ってなに」、環境と人にやさしい有機の里づくり, 福島県鮫川村, 福島県鮫川市.

2007.10, 光による水処理(水の安心と安全について)( 持続可能な未来に向けての研究開発), エコテクノ2007
主催:北九州市、(財)西日本産業貿易コンベンション協会
共催:(社)日本産業機械工業会、(財)地球環境産業技術研究機構、(財)北九州国際技術協力協会、九州地域環境・リサイクル産業交流プラザ、(財)クリーン・ジャパン・センター、(独)中小企業基盤整備機構
後援:国土交通省、環境省、経済産業省九州経済産業局、(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構、(独)環境再生保全機構、(財)新エネルギー財団、(財)省エネルギーセンター、(独)国際協力機構九州国際センター、他多数, 西日本総合展示場.

2005.12, 遺伝子損傷指標を利用した食品等の安全性/機能性検査事業, フクオカベンチャーマーケット・マンスリーマーケット, 福岡アクロス.

2006.01, 生活環境に潜む健康被害のリスクとその対策(食・水・空気), 第2回医薬農工連携促進セミナー、主催(財)石川県産業創出支援機構・プロジェクト推進部, 石川県産業振興センター新館.

2006.01, デオキシグアノシンの酸化誘導性から見た健康食品素材の安全性と機能性, 統合医療展2006・市民公開講座, パシフィコ横浜.

2006.02, グアノシン酸化誘導試験を用いた「食」及び「環境」の安全性・機能性評価事業, 第72回ベンチャープラザ2月会ビジネスプラン評価会、(社)九州ニュービジネス協議会主催, 福岡アクロス.

2006.09, 「安心」「安全」「健康」21世紀は生命の時代, 川邊事務所主催情報交換会, 福岡.

2006.03, 心と身体の健康指標・ヘルスツーリズムへの応用, (株)エスアールエル, 八王子ラボ.

2006.09, ちょっと気になる水の話, 日華化学学術セミナー, 福井市.

2006.10, 生体のストレス指標を用いた食品の安全性と有用性の検証, 食品開発展2006・記念セミナー, 東京ビッグサイト.

2006.11, 生体の酸化ストレス指標を用いた食品の安全性と有用性の検証, 富士化学工業・学術セミナー, 富山県.

2006.11, 活性酸素をやっつける掛け流し温泉の効用, 「朝食の会」事務局(株)ウィザード・アール・ディ・アイ, 八重洲富士屋ホテル.

2006.12, 遺伝子の酸化損傷指標を利用した温泉水の抗酸化能評価、温泉研究プロジェクト成果報告会, 栃木県芦野温泉, 栃木県.

2002.02, 水と健康/新しい環境共生型の社会の提案, 福岡キワニスクラブ例会, 福岡.

2001.11, 磁場触媒原理による浄水システムと遺伝子の酸化損傷を利用した機能水の評価, ウオーターサイエンス研究会, 東京.

2001.08, 水と健康/生命(いのち)と水の不思議な関係を科学する, 「科学を語る会」, 九州エネルギー館.

2003.12, 遺伝子の酸化損傷誘指標を用いた健康関連商品の安全性と有用性評価., 石川ハイテク交流センター, 石川.

2003.10, 磁場触媒原理による浄水システムと遺伝子の酸化損傷指標を利用した機能水の評価., 第91回 ウォーターサイエンス・フォーラム, 東京.

2003.03, 食品や飲料水、生活環境の簡易生物毒性評価法と健康関連ビジネスへの応用, 福岡産学ジョイントプラザ 2003, 福岡.

2003.03, 遺伝子の酸化損傷指標による水の評価SIMPLIFIED BIOLOGICAL EVALUATION METHOD OF NATURAL AND ARTIFICIAL CHEMICALS BY USING INDEX OF DNA OXIDATIVE DAMAGE(Takaki Assay System, TAS, PCT/JP01/02095)., 第3回世界水フォーラム, 京都.

2004.10, 8OHdG を指標とした食品の酸化ストレス試験法の開発.特別プレゼンテーション, 食品開発展2004, 東京.

2005.06, 健康食品の安全性と抗酸化効果の最新の評価系について、, 日本補完代替医療学会, 東京.

2005.10, 簡易遺伝子損傷指標を用いた環境媒体(水・空気・土壌)の安全性評価, 北九州市、(財)西日本産業貿易コンベンション協会, 西日本総合展示場.

2005.02, 水と健康/遺伝子の酸化損傷指標を用いた水の安全性と機能性評価, 薬剤師会スキルアップ講習会, 佐賀県.

2005.11, スミセイさわやか介護講座, 住友生命、西日本新聞, エルガーラホール.

2005.11, 水を巡るサイエンス研究会, 主催・環境技術研究所, 福岡県春日市.

その他の優れた社会貢献活動
2019年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2018年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2017年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2016年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2015年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2014年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2013年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2012年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2011年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2010年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2009年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2008年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2007年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2006年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2005年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.

2004年度, (株)TAS プロジェクト代表取締役 CTO 兼業.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」