九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
KANG DONGCHON(かん どんちよん) データ更新日:2019.08.01

教授 /  医学研究院 基礎医学部門 病態制御学


主な研究テーマ
ミトコンドリアDNAの障害、修復、複製
遺伝子検査
臨床化学、臨床検査医学
キーワード:ミトコンドリア、ミトコンドリアDNA、活性酸素、DNA修復、DNA酸化障害、DNA複製、ミトコンドリア病
1994.01.
従事しているプロジェクト研究
MID-NETを用いた医薬品等のベネフィット・リスク評価のための薬剤疫学研究等の実践的な分析手法及び教育に関する研究
2014.04~2017.03, 代表者:中島 直樹, 九州大学病院 メディカル・インフォメーションセンター.
「拠点病院における地域医療情報との連携に向けた課題の整理と実効性の検証・運用維持に関する研究‐地域医療情報の現状と課題、ならびに標準化作業におけるコスト評価‐」
2014.04~2017.03, 代表者:藤井 進, 佐賀大学医学部附属病院 医療情報部.
地域医療基盤開発推進研究事業「電子的医療情報の利活用に必要な標準化の整備と普及に関する研究」
2012.04~2014.03, 代表者:大江和彦, 東京大学医学部附属病院企画情報運営部.
 認知症対策 研究事業「アルツハイマー病の危険因子の解明と予防に関する大規模ゲノム疫学研究」
2010.04~2013.03, 代表者:清原 裕, 九州大学
アルツハイマー病の原因としてのミトコンドリアDNA変異の関与の可能性の研究.
成育疾患克服等次世代育成基盤研究事業「不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究」
2007.04~2010.03, 代表者:斉藤滋, 富山大学,

不育症に原因のひとつである血液凝固異常症の遺伝子検査.
日本フィンランド二国間交流事業共同研究 「体細胞ミトコンドリアゲノム遺伝情報の維持とその発現:老化と疾患」
2007.04~2009.03, 代表者:康 東天, 九州大学, 九州大学(日本)
ミトコンドリアゲノムの維持の分子機構に関わる国際共同研究.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本臨床微生物学会
日本臨床検査医学会
日本臨床化学会
日本ミトコンドリア学会
日本臨床検査自動化学会
日本臨床検査専門医会
日本遺伝子診療学会
日本生化学会
日本分子生物学会
日本臨床検査同学院
アジアミトコンドリア学会
学協会役員等への就任
2011.04~2015.03, 日本臨床化学会, 理事.
2012.01~2015.12, 日本臨床検査医学会, 理事.
2008.12, 日本ミトコンドリア学会, 理事.
2009.04, 日本臨床検査同学院, 理事.
2008.04~2012.03, 日本臨床検査専門医会, 幹事.
2011.06, 日本臨床検査項目標準マスター運用協議会, 会長.
2009.04~2011.03, 日本臨床化学会, 九州支部長.
1999.04, 日本臨床化学会, 評議員.
2006.01~2011.12, International Federation of Clinical Chemistry, Committee on Reference system of Enzyme 常任委員.
2000.04, 日本臨床検査医学会, 評議員.
2001.01~2008.12, 日本ミトコンドリア研究会, 評議員.
2011.01, Asian Society for Mitochondrial Researc and Medicine, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2007.12, 第30回日本分子生物学会年会・第80回日本生化学会大会 合同大会 , 座長(Chairmanship).
2007.12, 第7回日本ミトコンドリア学会年会, 座長(Chairmanship).
2007.02, The 4th Conference of the Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine , 座長(Chairmanship).
2006.12, 第6回日本ミトコンドリア学会年会, 座長(Chairmanship).
2006.12, J-mit and F-mit joint INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MITOCHONDRIA, 座長(Chairmanship).
2005.12, The 3rd Conference of the Asian Society for Mitochondrial Research and Medicine (ASMRM), 座長(Chairmanship).
2005.05, 第5回日本蛋白質科学会年会, 座長(Chairmanship).
2004.12, 第4回日本ミトコンドリア研究会年会, 座長(Chairmanship).
2004.12, 第27回日本分子生物学会年会, 座長(Chairmanship).
2004.09, 第52回臨床検査医学会総会・第45回日本臨床化学会年会 連合大会, 組織事務局長.
2004.05, 平成17年度日本生化学会九州支部例会, 座長(Chairmanship).
2004.04, The Second Scientific Meeting of the Asian Society of Mitochondrial Research and Medicine, 座長(Chairmanship).
2003.12, 第3回日本ミトコンドリア研究会年会, 座長(Chairmanship).
2003.12, 第26回日本分子生物学会年会, 座長(Chairmanship).
2003.10, 第50回日本臨床検査医学会総会、第43回日本臨床化学会年会連合大会, 座長(Chairmanship).
2003.10, 第76回日本生化学会大会, 座長(Chairmanship).
2003.04, 第26回日本医学会総会, 座長(Chairmanship).
2003.02, The First Scientific Meeting of Asian Society for Miotochondrial Reasearch and Medicine, 座長(Chairmanship).
2002.10, The first J-mit international symposium, 座長(Chairmanship).
2002.10, The 18th International Congress of Clinical Chemistry and Laboratory Medicine, 座長(Chairmanship).
2002.08, The 3rd Nordic Region Workshop on Mitochondrial Biogenesis and Disease, 座長(Chairmanship).
2002.01, 第1回日本ミトコンドリア研究会年会, 座長(Chairmanship).
2001.12, 第24回日本分子生物学会, 座長(Chairmanship).
2000.12, 第23回日本分子生物学会, 座長(Chairmanship).
2000.10, 第73会日本生化学会, 座長(Chairmanship).
1999.12, 第22回日本分子生物学会, 座長(Chairmanship).
2014.12.03~2014.12.05, 第14回日本ミトコンドリア学会, 大会長.
2014.11.22~2014.11.25, 第61回日本臨床検査医学会学術集会 会長, 大会長.
2010.04.02~2010.04.02, 日本臨床検査自動化学会第24回春季セミナー, 例会長.
2010.02.13~2010.02.13, 第21回日本臨床化学会 九州支部総会第55回日本臨床検査医学会 九州地方会九州合同地方会, 総会長.
2008.12~2009.12, J-mit and F-mit joint INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MITOCHONDRIA3, オーガナイザー.
2008.09~2008.09, 第3回九州遺伝子診療研究会, 開催世話人.
2007.12, J-mit and F-mit joint INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MITOCHONDRIA2, オーガナイザー.
2007.02, 日本臨床検査医学会第51回九州支部総会, 総会長.
2006.12, J-mit and F-mit joint INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON MITOCHONDRIA, オーガナイザー.
2005.09, 第52回臨床検査医学会総会・第45回日本臨床化学会年会 連合大会, 組織委員長.
2002.10, 第1回J-mit 国際シンポジウム, オーガナイザー.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2008.04, 日本臨床検査医学会, 国内, 編集委員.
2002.04, 臨床化学, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2005年度      
2004年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Samsung Medical Center, Korea, 2004.07~2004.08.
Max-Planck Institute, Germany, 1992.09~1993.08.
外国人研究者等の受入れ状況
2013.08~2014.07, 1ヶ月以上, フィンランドタンペレ大学, UnitedKingdom, .
2008.02~2009.02, 1ヶ月以上, Daegue University, Korea, .
2007.06~2007.11, 1ヶ月以上, Hallym大学医学部, Korea, 民間・財団.
2003.01~2003.03, 1ヶ月以上, Deague University, Korea, 日本学術振興会.
2002.01~2002.03, 1ヶ月以上, Czech Natiinal Academy of Science, CzechRepublic, 日本学術振興会.
2000.10~2000.10, 2週間以上1ヶ月未満, Columbia University, UnitedStatesofAmerica, 日本学術振興会.
受賞
福岡県医師会長賞, 福岡県医師会, 1993.01.
Bergmeyer-Kawai賞, 日本臨床検査医学会, 1998.01.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2009年度~2010年度, 新学術領域研究, 代表, ミトコンドリア蛋白質の翻訳異常に伴う活性酸素の産生と細胞周期連関.
2011年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, アルツハイマー病とミトコンドリアDNA多型の大規模解析.
2012年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, アルツハイマー病とミトコンドリアDNA多型の大規模解析.
2011年度~2012年度, 新学術領域研究, 代表, p32遺伝子ノックアウトによる活性酸素産生、電子伝達系、サイトカイン産生の変化.
2010年度~2012年度, 基盤研究(A), 代表, 癌、糖尿病、老化の病態解析と診断に向けた先端的ミトコンドリア機能解析法の開発.
2009年度~2011年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 糖尿病大規模コホート研究におけるミトコンドリアDNA解析.
2007年度~2009年度, 基盤研究(A), 代表, ミトコンドリアDNAの異常発生機構解析に基づいた体系的診断システムの構築.
2001年度~2002年度, 基盤研究(C), ミトコンドリアゲノム維持におけるホリデー構造様DNA分岐構造の役割.
2003年度~2003年度, 特定領域研究(C), 代表, ヒトミトコンドリアメタボリオーム構成成分の解析.
2005年度~2006年度, 基盤研究(B), 代表, TFAM過剰発現動物を用いたミトコンドリアDNA老化仮説の実証.
2004年度~2004年度, 特定領域研究, 代表, ヒトミトコンドリアDNAヌクレオイド構成成分の網羅的同定.
2005年度~2006年度, 基盤研究(B), 代表, TFAM過剰発現動物を用いたミトコンドリアDNA老化仮説の実証.
2005年度~2006年度, 萌芽研究, 代表, 1細胞PCRを用いたミトコンドリアDNA分類によるがん早期診断.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2016年度~2019年度, (受託研究)医薬品等規制調和・評価研究事業, 代表, 医薬品等の安全対策のための医療情報データベースの利用拡大に向けた基盤整備に関する研究.
2014年度~2016年度, (受託研究)医薬品等規制調和・評価研究事業, 分担, 「拠点病院における地域医療情報との連携に向けた課題の整理と実効性の検証・運用維持に関する研究‐地域医療情報の現状と課題、ならびに標準化作業におけるコスト評価‐」.
2016年度~2019年度, (受託研究)医薬品等規制調和・評価研究事業, 分担, MID-NETを用いた医薬品等のベネフィット・リスク評価のための薬剤疫学研究等の実践的な分析手法及び教育に関する研究
.
2016年度~2020年度, , 分担, うつ病の病態に基づく層別化と神経回路調整による革新的診断・治療法開発.
2012年度~2013年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 電子的医療情報の利活用に必要な標準化の整備と普及に関する研究.
2010年度~2012年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, アルツハイマー病発症におけるミトコンドリアゲノムとミトコンドリア機能の関連についての探索.
2008年度~2010年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2007年度~2008年度, 二国間交流, 代表, 体細胞ミトコンドリアゲノム遺伝情報の維持とその発現:老化と疾患.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2008年度~2011年度, 橋渡し研究支援推進プログラム, 分担, 革新的バイオ医薬医工学の医療技術開発拠点.
2003年度~2003年度, 内藤記念科学振興財団助成金, ミトコンドリアDNAヌクレオイド解析.
2002年度~2002年度, 上原記念生命科学財団研究助成金, ミトコンドリアゲノム維持機構関連蛋白質群の同定とその病態における変化.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.04~2017.09, 代表, 抗菌薬 特定使用成績調査 -STFX、LVFX、CPDX、CMZ、PAPM-

.
2014.04~2019.03, 代表, ①細胞内オルガネラ機能と疾患(ミトコンドリアタンパク質p32の自然免疫における機能の解析)
②生命動態マーカー探索(癌特異的な代謝制御機構に関連する新規癌マーカー探索)
.
2013.10~2016.09, 代表, インフルエンザウイルスの遺伝子変異と薬剤耐性ならびに臨床的意義に関する共同研究
.
2013.10~2016.03, 代表, バイオチップの臨床検査への適応に関する研究
.
2013.04~2013.09, 代表, 「ゾシン静注用2.25、4.5 特定使用成績調査-ゾシンの各種細菌(腸球菌属、ペプトストレプトコッカス属、クロストリジウム属(クロストリジウム・ディフィシルを除く)プレボテラ属)に対する耐性化状況の確認-」.
2013.02~2014.09, 代表, クラビット®点滴静注バッグ500mg/100mL、点滴静注500mg/20mL特定使用成績調査「第10回抗菌薬感受性年次別推移の検討」.
2010.04~2010.09, 代表, ゾシン静注用2.25、4.5特定使用成績調査 -ゾシンの各種細菌に対する耐性化状況の確認-.
2010.04~2011.03, 代表, 福岡県糖尿病患者データベース.
2010.02~2011.09, 代表, クラビット特定使用成績調査「第9回抗菌薬感受性年次別推移の検討.
2009.07~2010.06, 代表, 生体試料に含まれる微量タンパク質測定に関する検討.
2009.01~2010.03, 代表, 新規HDL-C、LDL-C測定試薬の基礎的検討.
2008.10~2009.09, 代表, セフェビム塩酸塩感受性試験.
2008.09~2011.03, 代表, 検体検査測定法についての研究.
2008.04~2009.03, 代表, 検体中のヒト脳性ナトリウム利尿ペプチド前駆体N端フラグメント(NT-proBNP)の安定性確認とその活用.
2008.04~2009.03, 代表, 腎機能マ-カ-並びに脂質マ-カ-に関する研究.
2007.12~2011.03, 代表, バイオチップのヒト検体への適応に関する研究.
2007.09~2009.03, 代表, 検体検査測定法に関する研究.
2007.09~2009.03, 代表, 生化学試薬における心筋マ-カ-;CK-MBの臨床的評価に関する研究.
2007.06~2009.03, 代表, クラビット特定使用調査「第8回抗菌剤感受性年次別推移の検討」.
2006.05~2007.03, 代表, 資質関連測定試薬の臨床的評価に関する研究.
2006.04~2007.03, 代表, 脳性ナトリウム利尿ペプチド(BNP)測定法に関する研究.
2006.01~2007.03, 代表, がん患者の早期診断薬としての評価検討.
2006.03~2007.02, 代表, イヌリン測定試薬(酸素法)「ダイアカラー・イヌリン」の基礎的検討.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」