九州大学 研究者情報
発表一覧
髙山 浩一(たかやま こういち) データ更新日:2014.9.18

准教授 /  医学研究院 臨床医学部門 内科学


学会発表等
1. KOICHI TAKAYAMA, A prospective multi-center observational study for chemotherapy-induced nausea and vomiting in lung cancer patients in Japan.,15th World conference of lung cancer,2013.10.30.
2. KOICHI TAKAYAMA,Randomized Phase II study of Pemetrexed plus Carboplatin followed by Pemetrexed versus Paclitaxel plus Carboplatin followed by Pemetrexed in Advanced Non-squamous, Non-small Cell Lung Cancer (LOGIK 0904).,49th annual meeting of American Society of Clinical Oncology,2013.06.01.
3. 高山浩一,COPD合併肺がん-非観血的治療の現状,第52回日本呼吸器学会総会,2012.04.21.
4. Takayama K,Cancer Cell Detection using Modified Viral Vector ,16th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology ,2011.11.06.
5. Takayama K,The effect of body weight loss on the prognosis of advanced lung cancer patients,14th World Conference of Lung Cancer.,2011.07.06.
6. 高山浩一,ガイドライン・マススタディの功罪-肺がん-,第65回日本呼吸器学会・日本結核病学会九州支部 秋季学術講演会.,2010.10.12.
7. Takayama K,Mechanism of tumor associated angiogenesis and molecular target therapy for antiangiogenesis,第69回日本癌学会学術総会,2010.09.23.
8. 高山浩一、井上孝治、松本武格、大島 司、川崎雅之、徳永章二、中西洋一,III期非小細胞肺癌に対するCBDCA+PAC併用同時放射線治療およびVNR地固め療法第II相試験,第50回日本肺癌学会総会,2009.11.13.
9. Takayama K,Epidermal growth factor receptor and its related pathway.,CLC International Lung Cancer Symposium,2009.08.29.
10. Takayama K,Phase II study of biweekly gemcitabine and carboplatin as first-line treatment for elderly patients with advanced non-small cell lung cancer (LOGIK0406),13th World Conference of Lung Cancer,2009.08.02.
11. 高山浩一,肺癌治療の最前線:非小細胞肺癌の化学療法,第62回日本呼吸器学会・日本結核病学会九州支部 春季学術講演会,2009.05.23.
12. Koichi Takayama,Lung Cancer: Treatment Update,13th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology ,2008.11.19.
13. 高山浩一,肺がん進展の病態から分子標的治療への展開-肺癌の血管新生-,第48回日本呼吸器学会総会,2008.06.17.
14. 高山浩一、今永知俊、川崎雅之、久場睦夫、山崎 裕、中西洋一,化学療法不応・再発非小細胞肺癌に対するUFT/docetaxel併用療法の検討,第47回日本呼吸器学会総会,2007.05.
15. 高山浩一、内野順治、原田聡子、吉川順子、伊地知佳世、原田大志、中西洋一,細胞担体を用いた遺伝子導入,第47回日本肺癌学会総会,2006.12.
16. Koichi Takayama, Junji Uchino, Akiko Harada, Junko Yoshikawa, Taishi Harada, Tomomichi Sone, Masahide Kuroki, Yoichi Nakanishi,Tumor targeting carboxylesterase fused with anti CEA scFv improve the anticancer effect with a less toxic dose of irinotecan,The 11th International Symposium Cancer Chemotherapy,2006.12.
17. 高山浩一,呼吸器疾患の治療における最新知見 1.肺癌,第57回日本呼吸器学会九州地方会総会,2006.11.
18. Koichi Takayama,Prevention of radiation-induced pneumonitis by recombinant adenovirus-mediated transferring of soluble TGF-beta type II receptor gene,The 11th Congress of the Asian Pacific Society of Respirology,2006.11.
19. Koichi Takayama, Masao Ichiki, Masayuki Kawasaki, Kiyoshi Ninomiya, Naoki Miyazaki, Mutsuo Kuba, Taishi Harada, Yoichi Nakanishi,Phase II study of biweekly paclitaxel plus carboplatin in patients with non-small cell lung cancer (NSCLC):Kyushu Thoracic Oncology Group (KTOG) 0107,The 11th World Conference of Lung Cancer,2005.07.
20. 高山浩一、張 海平、内野順治、岩間映二、南 貴博、原田大志、中西洋一,薬剤誘導プロモーターを用いた制限増殖型アデノウィルスの作成,第45回日本呼吸器学会総会,2005.04.
21. 高山浩一、菓子井達彦、山本信之、高田佳木、根来俊一、松井 薫、杉浦孝彦、高田 実、中西洋一、加藤晃史、福岡正博,進行期非小細胞肺癌に対するVNR+GEM併用療法とCBDCA+GEM併用療法の臨床第II相比較試験:WJTOG0104,第45回日本肺癌学会総会,2004.10.
22. 高山浩一、内野順治、原田聡子、猪島尚子、岩間映二、南 貴博、原田大志、David T.Curiel、中西洋一,制限増殖型および非増殖型アデノウィルスの共感染による遺伝子治療効果の増強,第45回日本肺癌学会総会,2004.10.
23. 高山浩一、内野順治、原田聡子、岩間映二、南 貴博、原田大志、David T.Curiel、中西洋一,新規ウィルスベクターによる癌遺伝子治療研究,第63回日本癌学会,2004.09.
24. 高山浩一、一木昌郎、川崎雅之、二宮 清、宮崎直樹、久場睦夫、岩見文行、中西洋一,進行期非小細胞肺癌に対するパクリタキセルとカルボプラチンのBiweekly併用化学療法の臨床第II相試験,第44回日本肺癌学会九州地方会,2004.06.
25. Koichi Takayama, Akiko Ikegami, Hiroyuki Inoue, Lioudmila Kaliberova, Junji Uchino, Daivid T.Curiel, Yoichi Nakanishi,VEGF promoter-based conditionally replicative adenoviruses are useful for the treatment of malignant pleural mesothelioma,American Society of Gene Therapy 7th annual meeting,2004.05.
26. K. Takayama,Phase II study of biweekly Taxol plus Paraplatin in patients with non-small cell lung cancer (NSCLC); Kyushu Thoracic Oncology Group (KTOG) 0107.,Bristol-Myers Investigators Workshop Bangkok,2004.01.
27. 高山浩一,遺伝子治療の現状と展望,第44回日本肺癌学会総会,2003.11.
28. 高山浩一、原田大志、南貴博、内野順治、石橋里恵、池上聡子、鬼塚じゅん、川崎雅之、二宮清、山崎裕、竹尾貞徳、久場睦夫、林真一郎、金澤裕信、原信之、中西洋一,局所進行非小細胞肺癌に対するパクリタキセル・カルボプラチン・放射線同時併用療法の第II相試験,第44回日本肺癌学会総会,2003.11.
29. 高山浩一,制限増殖型アデノウィルスによる肺癌治療の基礎研究,第51 回日本呼吸器学会九州地方会総会,2003.11.
30. 高山浩一、内野順治、池上聡子、原田大志、Curiel.D.T.、中西洋一,制限増殖型および非増殖型アデノウィルス共感染による遺伝子治療効果の増強,第44回日本肺癌学会総会,2003.11.
31. K.Takayama,Adenovirus vector for cancer gene therapy,National Education Course on Lung Cancer in Shanghai Pneumology Hospital,2003.10.
32. 高山浩一、池上聡子、内野順治、原田大志、Curiel D.T.、中西洋一,制限増殖型アデノウィルスを用いた悪性胸膜中皮腫治療の基礎研究,第3回トランスレーショナルリサーチ・ワークショップ,2003.09.
33. K. Takayama1,2, Y. Nakanishi1,2, M. Kawasaki2, H. Yamasaki2, K. Ninomiya2, S. Takeo2, S. Hayashi2, K. Oishi2, M. Kuba2, N. Hara2,Concurrent paclitaxel, carboplatin and radiation therapy for locally advanced non-small cell lung cancer.,10th World Conference on Lung Cancer,2003.08.
34. 高山浩一、内野順治、池上聡子、Curiel D.T.、中西洋一,アデノウィルスベクターの構造蛋白改変およびモザイク化による遺伝子導入効率の改善,第23回RMCB研究会,2003.07.
35. K.Takayama1,2, L.Kaliberova2, A.Ikegami1, J.Uchino1, Y.Adachi2, Y.Nakanishi1, D.T. Curiel2,VEGF promoter-based conditionally replicaitive adenoviruses are useful for the treatment of malignant pleural mesothelioma.,6th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy,2003.06.
36. K.Takayama1,2, J.Uchino1, A.Ikegami1, P.N.Reynolds2, Y.Adachi2, L.Kaliberova2,V. Krasnykh2, Y.Nakanishi1, D.T. Curiel2,VEGF promoter-based conditionally replicaitive adenoviruses are useful for the treatment of lung cancer.,6th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy,2003.06.
37. K.Takayama1,2, P.N.Reynolds2, J.S.Short2, Y.Kawakami2, Y.Adachi2, J.N.Glasgow2, M.G.Rots2, V. Krasnykh2, J.T.Douglas2, D.T. Curiel2,A mosaic adenovirus possessing serotype Ad5 and serotype Ad3 knobs exhibits expanded tropism .,6th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy,2003.06.
38. 高山浩一,遺伝子治療研究の方向性,第43回日本呼吸器学会総会,2003.03.
39. 高山浩一,制限増殖型アデノウィルスによる肺癌治療の試み,肺癌治療セミナー,2003.03.
40. 高山浩一,肺癌治療の最近のトピックス-分子標的治療の現状-,平成14年度第2回福岡県医師会肺がん検診講習会,2003.02.
41. 高山浩一,制限増殖型アデノウィルスによる肺癌治療の試み,第42回肺の免疫と代謝の研究会,2003.02.
42. 高山浩一、中西洋一、内野順治、池上聡子、出水みいる、David T.Curiel、原信之,アデノウィルスファイバーの改変による遺伝子導入効率の改善,第2回肺分子病態研究会,2003.01.
43. 高山浩一,制限増殖型アデノウィルスによる肺癌治療の可能性,Kyowa Hakko Lung Cancer Symposium 2K2,2002.12.
44. 高山浩一、中西洋一、内野順治、池上聡子、出水みいる、David T.Curiel、原信之,非増殖型および制限増殖型アデノウィルス共感染による肺癌治療の試み,第43回日本肺癌学会総会 ,2002.11.
45. 高山浩一,肺癌の遺伝子治療,Kyushu Thorocic Oncology Group肺癌治療セミナー,2002.11.
46. 高山浩一、中西洋一、内野順治、池上聡子、出水みいる、David T.Curiel、原信之,キメラファイバーを有する制限増殖型アデノウィルスによる肺癌治療の試み,第43回日本肺癌学会総会,2002.11.
47. K. Takayama1,2, P. N.Reynolds1,2, Y. Adachi1,2, T. Seki1,2, M. Yamamoto1,2, V. Krasnykh1,2,,Conditionally replicative adenovirus, AdGRPE1 shows the specific propagation and oncolytic effect to GRP positive SCLC cell lines.,5th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy,2002.06.
48. K. Takayama, P. N. Reynolds, Y. Adachi, V. Krasnykh and D. T. Curiel.,Conditionally replicaitive adenovirus, AdVEGFE1 has a possibility for univarsal application in various cancer treatment.,5th Annual Meeting of the American Society of Gene Therapy,2002.06.
49. 高山浩一、中西洋一、上野光、裴新海、原信之,肺癌の遺伝子治療-血管新生阻害による癌遺伝子治療,第40回日本呼吸器学会総会,2000.03.
50. 高山浩一、中西洋一、上野光、原信之,肺癌細胞にアポトーシスを誘導する分子の探索,第40回日本肺癌学会総会,1999.10.
51. 高山浩一、中西洋一、川崎雅之、上野光、尾崎真一、裴新海、葉青、原信之,FADD遺伝子導入によるp53耐性肺癌細胞の増殖抑制,第39回日本肺癌学会九州地方会,1999.07.
52. 高山浩一、上野光、 中西洋一、原信之,血管新生と転移を制御する分子標的
・可溶型VEGF受容体の筋肉内遺伝子発現による腫瘍血管新生抑制と腫瘍退縮,第3回がん分子標的治療研究会総会,1999.06.
53. 高山浩一、中西洋一、上野光、裴新海、尾崎真一、井上孝治、綿屋洋、肝付兼仁、南貴博、高木陽一、原信之,可溶型血管新生因子受容体による腫瘍血管新生阻害および抗腫瘍効果の検討,第39回日本呼吸器学会総会,1999.03.
54. 高山浩一、中西洋一、上野光、川崎雅之、尾崎真一、裴新海、井上孝治、高野浩一、南貴博、原信之,新たな肺癌治療戦略ー遺伝子治療の基礎的検討ー,第39回日本呼吸器学会九州地方会総会,1998.11.
55. 高山浩一、中西洋一、上野光、裴新海、井上孝治、高野浩一、尾崎真一、南貴博、高木陽一、原信之,可溶性VEGF受容体発現アデノウィルスを用いた抗腫瘍効果の検討,第39回日本呼吸器学会九州地方会総会,1998.11.
56. 高山浩一、中西洋一、上野光、裴新海、井上孝治、高野浩一、綿屋洋、尾崎真一、肝付兼仁、南貴博、高木陽一、原信之,可溶性VEGF受容体発現アデノウィルスを用いた肺癌治療の試み
ー臨床応用に向けての基礎的研究ー,第39回日本肺癌学会総会,1998.10.
57. K.Takayama, Y.Nakanishi, S Osaki, H.Ueno, X-H. Pei, K.Inoue, F.Bai, K.Takano, H.Wataya, T.Minami, Y.Takagi and N.Hara.,Complete inhibition of the human lung cancer tumor in vivo by the adenovirus-mediated soluble form VEGF receptor (Flt-ExR) gene transfer.,第5回アジア太平洋呼吸器学会(APSR),1998.10.
58. 高山浩一,特別報告:気管支鏡前処置・麻酔に関するアンケート調査結果,第21回日本気管支学会九州支部総会,1998.08.
59. 高山浩一,気道異型上皮における分子生物学的異常の解析-TBB標本を用いた検討-,第22回日本気管支学会九州支部総会,1998.08.
60. 高山浩一、中西洋一、上野光、尾崎真一、裴新海、高野浩一、井上孝治、綿屋洋、肝付兼仁、南貴博、原信之,可溶性VEGF受容体発現アデノウィルスを用いた抗腫瘍効果の検討,第38回日本肺癌学会九州地方会,1998.07.
61. 高山浩一、中西洋一、上野光、裴新海、原信之,可溶性VEGF受容体発現アデノウィルスを用いた腫瘍血管新生阻害及び抗腫瘍効果の検討,第2回がん分子標的治療研究会総会,1998.06.
62. 高山浩一,肺癌細胞に対するp53遺伝子の導入ーアデノウィルスを用いた検討ー,第3回九州肺癌カンファレンス,1998.03.
63. 高山浩一、中西洋一、上野光、裴新海、井上孝治、綿屋洋、肝付兼仁、尾崎真一、八並淳、川崎雅之、原信之,肺癌の診断、治療に対する分子生物学的アプローチ 演題:遺伝子治療ー臨床応用に向けての基礎的研究ー,第38回日本呼吸器学会総会,1998.03.
64. 高山浩一、上野光、裴新海、中西洋一、井上孝治、尾崎真一、高野浩一、原信之,肺癌腫瘍へのアデノウィルスを用いた遺伝子導入効率の検討,第38回日本肺癌学会総会,1997.11.
65. 高山浩一、中西洋一、上野光、裴新海、井上孝治、尾崎真一、原信之,癌抑制遺伝子を用いた肺癌遺伝子治療,第39回日本呼吸器学会九州地方会総会,1997.10.
66. 高山浩一、上野光、裴新海、井上孝治、綿屋洋、高野浩一、八並淳、川崎雅之、中西洋一、原信之,野生型p53およびp21遺伝子導入による肺癌治療の基礎的検討,第37回日本肺癌学会九州地方会,1997.07.
67. 高山浩一、上野光、裴新海、中西洋一、原信之,肺癌細胞のアデノウィルス感受性と遺伝子導入効率,第1回がん分子標的治療研究会総会,1997.06.
68. K.Takayama, H.Ueno, X-H. Pei, Y.Nakanishi, M.Kawasaki, J.Yatsunami, F.Bai, K.Wakamatsu, K.Mizuno, N.Tsuruta, K.Abe and N.Hara.,Growth suppression of lung cancer by recombinant adenovirus-mediated human p53 and p21 cDNA.,第33回米国臨床腫瘍学会(ASCO),1997.05.
69. 高山浩一、上野光、裴新海、中西洋一、若松謙太郎、阿部和明、川崎雅之、八並淳、水野圭子、鶴田伸子、原信之,野生型p53およびp21遺伝子導入による肺癌治療の基礎的検討,第37回日本胸部疾患学会総会,1997.04.
70. 高山浩一、上野光、裴新海、中西洋一、川崎雅之、八並淳、阿部和明、高野浩一、原信之,肺癌細胞への野生型p53遺伝子導入による抗腫瘍効果の検討,第37回日本胸部疾患学会九州地方会総会,1996.11.
71. 高山浩一、上野光、裴新海、中西洋一、川崎雅之、八並淳、若松謙太郎、水野圭子、鶴田伸子、原信之,アデノウイルスベクターを用いた野生型p53遺伝子導入の基礎的検討,第37回日本肺癌学会総会,1996.10.
72. 高山浩一、上野光、裴新海、中西洋一、川崎雅之、八並淳、若松謙太郎、水野圭子、鶴田伸子、原信之,アデノウィルスベクターを用いた肺癌細胞へのp53遺伝子導入の基礎的検討,第36回日本肺癌学会九州地方会,1996.07.
73. 高山浩一、古森恭子、鶴田伸子、川崎雅之、中西洋一、原信之、山崎,多発性の気管支隆起性病変を呈した後天性表皮水疱症の一例,第19回日本気管支学会総会,1996.05.
74. 高山浩一、若松謙太郎、八並淳、川崎雅之、中西洋一、原信之、世良、常盤,肺癌患者における肺組織内化学発癌物質濃度とCYP1A1遺伝子多型の検討,第36回日本胸部疾患学会総会,1996.04.
75. 高山浩一、水野圭子、鶴田伸子、若松謙太郎、犬塚悟、八並淳、川崎雅之、中西洋一、原信之,肺癌化学療法におけるG-CSF皮下投与と8時間持続点滴投与との比較検討,第35回日本胸部疾患学会九州地方会総会,1995.11.
76. 高山浩一、緒方賢一、中西洋一、八並淳、川崎雅之、犬塚悟、落合早苗、原信之,肺癌におけるアポト-シス関連遺伝子bcl-2発現の意義,第36回日本肺癌学会総会,1995.10.
77. 高山浩一、若松謙太郎、犬塚悟、八並淳、橋本修一、中西洋一、原信之,G-CSF産生が疑われた胸腺癌の一例,第35回日本肺癌学会九州地方会,1995.07.
78. 高山浩一、永田忍彦、原信之,TBLB標本を用いた胞隔炎定量化の試み,第18回日本気管支学会総会,1995.06.
79. 高山浩一、出水みいる、藤田昌樹、若松謙太郎、落合早苗、松木裕暁、八並淳、川崎雅之、橋本修一、中西洋一、原信之,肺癌患者に合併した肥大性肺性骨関節症多数例の臨床的検討,第35回日本胸部疾患学会総会,1995.05.
80. 高山浩一、本田真一郎、諸橋憲一郎、大村恒雄,CYP11A及びCYP11B遺伝子上流の転写制御領域,第66回日本生化学会大会,1993.10.
81. 高山浩一、本田真一郎、諸橋憲一郎、大村恒雄,CYP11A及びCYP11B遺伝子上流の転写制御領域,第65回日本生化学会大会,1993.10.
82. 高山浩一、永田忍彦,サルコイドーシス胞隔炎定量化の試み,第26回日本胸部疾患学会九州地方会総会(春季),1991.06.
83. 高山浩一、犬塚悟、荻野英夫、林真一郎、中西洋一、阿部正義、重松信昭,HTLV-1関連肺病変とIIPの鑑別についての検討,第31回日本胸部疾患学会総会,1991.04.
84. 高山浩一、永田忍彦、重松信昭,サ症胞隔炎の定量化による活動性評価の試み,第31回日本胸部疾患学会総会,1991.03.
85. 高山浩一,ATLA陽性者の肺疾患とIIPの鑑別についての検討,第25回日本胸部疾患学会九州地方会総会,1990.11.
86. 高山浩一、永田忍彦、宮川洋介、平野裕志、重松信昭,TBLB階段切片標本作製によるサ症肉芽腫検出及び活動性評価の試み,第30回日本胸部疾患学会総会,1990.04.
87. 高山浩一、宮崎浩行、大島司、二宮清、山本邦彦,多発性肺動静脈ろうの一例,第23回日本胸部疾患学会九州地方会総会,1988.11.
88. 高山浩一、富安幸博、中西真之、台丸尚子、松葉健一、重松信昭,15年間にわたり慢性に進行したLIP一症例の臨床病理学的・免疫学的検討,第22回日本胸部疾患学会九州地方会,1987.11.

九大関連コンテンツ