九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
萩原 明人(はぎはら あきひと) データ更新日:2018.06.07

教授 /  医学研究院 基礎医学部門 環境社会医学


主な研究テーマ
救急医療の疫学的研究
キーワード:救急医療、OHCA, ウツタインデータ、アウトカム
2011.04.
消防庁のウツタインデータを用いた病院外心肺機能停止症例の予後および関連要因に関する疫学的研究
キーワード:病院外心肺機能停止、OHCA, ウツタインデータ、アウトカム
2011.04.
わが国の自殺に関する疫学的研究
キーワード:自殺、疫学、日本
2011.04.
わが国の医療者−患者間コミュニケーションに関する研究
キーワード:医師,患者,関係,コミュニケーション
2001.01.
わが国の医事紛争の原因および処理のあり方に関する基礎的研究
キーワード:医事紛争,訴訟,処理,原因
2001.01.
労働ストレスと身体的・精神的健康度の関係に関する研究
キーワード:労働ストレス,ソーシャル・サポート,身体的健康度,精神的健康度
2000.01.
DPCおよびパスデータを用いた医療の質改善に関する研究
キーワード:DPC、クリティカル・パス、医療の質
2008.04.
従事しているプロジェクト研究
東アジア地域における練炭自殺の発生に関する比較研究
2013.08~2015.03, 代表者:Shusen Cheng, The National University of Hong Kong, Honkong University
香港、台湾、シンガポール、韓国、日本における練炭を用いた自殺の発生頻度を時系列的に把握し、東アジア地域における練炭自殺の地域的な伝搬を定量的に評価する。.
消防庁のウツタインデータを用いた病院外心配機能停止患者の予後および関連要因に関する疫学的研究
2011.04~2017.03, 代表者:萩原明人, 九州大学
わが国の消防庁のウツタインデータを用い、病院外心配機能停止患者の予後および関連要因について疫学的検討を加える。.
福岡地域におけるインフルエンザの発生パターンに関連する要因の検討
2007.05~2010.12, 代表者:萩原明人, 九州大学, 福岡県保健環境研究所(日本)
過去10年間の季節性インフルエンザの発生パターンを分析し、発生に関連する要因を検討する。.
研究業績
主要著書
1. 萩原 明人, 小野塚 大介, 心肺機能停止患者の気道確保および輸液の効果に関する検討.消防防災科学技術研究開発事例集Ⅴ, 総務省消防庁, 2014.03.
2. 萩原 明人, ヘルス・コミュニケーション,これからの医療者の必
須技術
, 九大出版会, 2010.05.
3. Hagihara A, Tarumi K, Nishi M, Structure of the association between patient and physician evaluations of the level of physician explanations, NOVA Science (New York), In. Ed. Patricia C. Tokana. Decision making in medicine and health care, pp.133-151. , 2007.11.
4. Akihito Hagihara, A signal detection approach to grouping participants for tailored work-site weight-loss programs., Nova Science(New York), In (Ed) Carrie P. Saylor, Weight loss, exercise and health reserch, pp.71-97., 2005.12.
5. 信友浩一、萩原明人, ヘルスコミュニケーション, 九州大学出版会, 1998.11.
6. 萩原明人, 日本医師会医療安全推進者養成講座 紛争・訴訟予防論, 日本医師会総合政策研究機構, 第1章第2節「コミュニケーション論の理論的視点」(pp10−34), 2000.09.
7. 萩原明人、小田巻美里, ペイシェンツ・アイズ, 日経BP, 2001.05.
8. Akihito Hagihara, Koichi Nobutomo, Economic incentives and adherence to antihypertensive teratment among Japanese patients.
, Nova Science, New York., In (Ed) Mary N Smyth, Health care in transition Volume: 2, pp.145-158., 2003.03.
主要原著論文
1. Hagihara A, Onozuka D, Miyazaki S, Hasegawa M, Nagata T, Grand Sumo tournament and out-of-hospital cardiac arrests in Tokyo., JAHA, in press.
2. @Hagihara A, @Onozuka D, Shibuta H, Hasegawa M, Abe T, Nagata T, Dispatcher-assisted cardio-pulmonary resuscitation and survival in out-of-hospital cardiac arrest cases. , International Journal of Cardiology , doi:10.1016/j.ijcard.2018.04.067, in press.
3. Hagihara A, Onozuka D, Nagata T, Hasegawa M, Interaction of defibrillation waveform with the time to defibrillation or the number of defibrillation attempts on survival from out-of-hospital cardiac arrest., Resuscitation, 122, 54-60, 2017.12.
4. Hagihara A, Onozuka D, Nagata T, Hasegawa M, Abe T, Effects of advanced life support on patients who had cardiac arrest outside of hospital and were defibrillated., American Journal of Emergency Medicine, 2017.09.
5. Hagihara A, Onozuka D, Ono J, Nagata T, Hasegawa M, Age x sex interaction effect on resuscitation outcomes in patients with out-of-hospital cardiac arrest., Am J Cardiol, 120, 3, 387-392, 2017.09.
6. Hagihara A, Onozuka D, Hasegawa M, Nagata Takashi, Abe T, Nabeshima Y, Resuscitation outcomes of reproductive-age females who experienced out-of-hospital cardiac arrest , European Heart Journal: Acute Cardiovascular Care , DOI: 10.1177/2048872616633879., 1-9, 2016.03.
7. Hamasaki T, Katoh H, Kumagai T, Hagihara A, Association between dentist-dental Hygienist communication and dental treatment outcomes, Health Communication, http://dx.doi.org/10.1080/10410236.2016.1138376., 2016.05.
8. Hagihara A, Onozuka D, Abe T, Nabeshima Y, Ambulance dispatches from non-affected areas after the Great East Japan Earthquake: impact on emergency care in the non-affected areas, Disaster Medicine and Public Health Preparedness, DOI: http://dx.doi.org/10.1017/dmp.2015.92, 2015.07.
9. Akihito Hagihara, Physician presence in an ambulance car is associated with increased survival in out-of-hospital cardiac arrest: A prospective cohort analysis. , PLOS ONE, doi:10.1371, e84424, 2014.04.
10. Chang S S, Ying-Yeh Chen, Paul S F Yip, Won Jin Lee, Akihito Hagihara, David Gunnell, Regional Changes in Charcoal-Burning Suicide Rates in East/Southeast Asia from 1995 to
2011: A Time Trend Analysis., PLOS Medicine, doi:10.1371, e1001622, 2014.03.
11. Akihito Hagihara, Manabu Hasegawa, Takeru Abe, Yoshifumi Wakata, Takashi Nagata, Yoshihiro Nabeshima, Prehospital Lactated Ringer's Solution Treatment and Survival in Out-of-Hospital Cardiac Arrest: A Prospective Cohort Analysis., PLOS Medicine, 308, 1, e1001394, 2013.01.
12. Hagihara A, Abe T, Nagata T, Use of epinephrine for cardiac arrest prior to hospital arrival, JAMA, 308, 1, 29-31, 2012.07.
13. Hagihara A, Abe T, Hasegawa M, Nagata T, Wakata Y., Intravenous epinephrine use before hospital arrival and survival among out-of-hospital cardiac arrest patients. , JAMA, 307, 11, 1161-1168, 2012.03.
14. Abe T, Nagata T, Hasegawa M, Hagihara A., Life support related to survival after out-of-hospital cardiac arrest in infants: a population study in Japan., Resuscitation , 83, 612-618, 2012.01.
15. Hagihara A, Abe T., Effects of suicide news reports and subsequent stopping of suicide-related products sale upon suicide counts in Japan., European Archives of Psychiatry & Clinical Neuroscience, 10.1007/s00406-011-0279-2, 2011.12.
16. Hagihara A, Miyazaki S, Abe T, Tarumi K, Internet use and suicides between 1985 and 2008 in Japan., Acta Psychiat Scand , 2010 Feb 25. (Epub ahead of print), 2010.05.
17. Onozuka D, Hagihara A, Spatial and temporal dynamics of influenza in Fukuoka, Japan, Epidemiology, 19(6):824-828., 2008.11.
18. Hagihara A, Nishi M, Abe E, Nobutomo K, The sturucture of medical malpractice decision-making in Japan, Journal of Law and Medicine, 11:162-183, 2003.11.
19. Hagihara A, Nishi M, Nobutomo K, Standard of care and liablity in medical malpractice litigation in Japan, Health Policy, 10.1016/S0168-8510(02)00214-2, 65, 2, 119-127, 65:119-127, 2003.06.
20. Hagihara A, Tarumi K, Nobutomo K, Positive and negative effects of social support on the relationship between work stress and alcohol consumption, Journal of Studies on Alcohol, 64, 6, 874-883, 64:874-883., 2003.04.
21. Hagihara A, Tarumi K, Morimoto K, Type A and Type B behaviors, work stressors, and socal support at work, Preventive Medicne, 26:486-494, 1997.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. 大久保千恵、大久保純一郎、萩原明人, 母親の精神的健康度について.乳幼児を育てる母親の抑うつに関連する要因, 日本心理学会第70回大会, 2006.11.
その他の優れた研究業績
2012.03, 萩原らは心肺機能停止患者へのエピネフリン投与と心拍再開および1ヶ月生存率の関係を検討し、その知見をJAMAに発表した(Hagihara A, Hasegawa M, Abe T, Nagata T, Wakata Y, Miyazaki S. Intravenous epinephrine use before hospital arrival and survival among out-of-hospital cardiac arrest patients. JAMA 2012; 307(11):1161-1168)..
学会活動
所属学会名
欧州公衆衛生学会
日本衛生学会
日本公衆衛生学会
日本ヘルスコミュニケーション学会
日本健康支援学会
学協会役員等への就任
2008.10~2016.05, 日本ヘルスコミュニケーション学会, 理事.
2002.10, 日本予防医学リスクマネージメント学会, 幹事.
2005.10, 日本心身医学会, 英文学会誌編集委員.
2001.04~2005.11, 日本健康支援学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2014.05.25~2014.05.27, 日本衛生学会, 座長(Chairmanship).
2013.03.24~2013.03.26, 日本衛生学会, 座長(Chairmanship).
2012.03.25~2012.03.25, 日本衛生学会, 座長(Chairmanship).
2012.03.24~2012.03.26, 日本衛生学会, 座長(Chairmanship).
2009.05.30~2009.05.30, 日本医療・病院管理学会, 座長(Chairmanship).
2008.03.27~2008.03.30, 第79回日本衛生学会学術総会, シンポジスト.
2008.11.05~2008.11.07, 第67回日本公衆衛生学会総会, 座長(Chairmanship).
2013.10.22~2013.10.25, European Public Health Association, Panelist.
2004.09.01, The 2nd International Conference on Communication in Healthcare, シンポジスト.
2003.03, International Conference of Risk Management for Preventive Medicine (ICRMPM), シンポジスト.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2008.02, The Open Communication Journal, 国際, 編集委員.
2007.11, The Open Addiction Journal(TOADDJ) , 国際, 編集委員.
2007.10, The Open Health Services and Policy Journal, 国際, 編集委員.
2003.01, Journal of General Internal Medicine, 国際, .
2004.04, Medical Care, 国際, .
2006.09, PharmacoEconimics, 国際, .
2005.10, BMC BioPsychoSocial Medicine, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2015年度 16 
2014年度 12 
2013年度 17 
2012年度 16 
2011年度
2010年度 10  19 
2009年度 11  20 
2008年度 16  29 
2007年度 22  26 
2006年度 18  21 
2005年度 10  16 
2004年度 10  24 
2002年度
2003年度 12 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ハーバード大学公衆衛生大学院, UnitedStatesofAmerica, 2006.11~2006.11.
ボストン大学公衆衛生大学院, UnitedStatesofAmerica, 2006.11~2006.11.
受賞
平成21年度高木賞奨励賞, 全日本鍼灸学会, 2010.03.
Medical Care's Exceptional Reviewers, 2006 and 2007, Medical Care, 2008.04.
第1回川井記念賞(共同受賞), (財)厚生統計協会, 1999.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 救急搬送及び入院治療データの分析による救急医療システムの検討.
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 救急搬送及び入院治療データの分析による救急医療システムの検討.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, 世界的規模の気候変動による健康影響に関する疫学研究.
2013年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, コミュニケーションを加味した手術室運用に関する基礎的研究.
2010年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 介護保険サービスを利用する貧困高齢者の健康格差に関する基礎的研究.
2012年度~2014年度, 基盤研究(C), 分担, 歯科領域における多職種コミュニケーションと医事紛争に関する研究.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 代表, わが国のメンタルヘルス対策事業の多軸的評価に関する基礎的研究.
2002年度~2003年度, 基盤研究(C), 代表, ソーシャル・サポートの労働ストレス緩和および増悪効果の両面性に関する基礎的研究.
2002年度~2002年度, 萌芽研究, 分担, 我が国における外因による死亡・障害のインパクトについてのマクロ分析−日本とスウェーデンの比較を通じて.
2003年度~2003年度, 萌芽研究, 代表, 医療者−患者コミュニケーションにおける程度用語の理解に関する基礎的研究.
2004年度~2004年度, 萌芽研究, 代表, 医療者−患者間のコミュニケーションギャップに関する基礎的研究.
2004年度~2005年度, 萌芽研究, 代表, 「Work−Family Conflict」の健康影響に関する基礎的研究.
2005年度~2006年度, 萌芽研究, 分担, FTA(自由貿易協定)発効後のわが国における看護等従事者の動向に関する研究.
2006年度~2007年度, 基盤研究(B), 代表, 患者−薬剤師のリスク・コミュニケーションに関する基礎的研究.
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 代表, 医師の説明義務とコミュニケーション態様に関する基礎的研究.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 代表, 歯科医師-患者-歯科衛生士のリスクコミュニケーションに関する研究.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 分担, 医事訴訟における歯科医師の法的責任とコミュニケーション要因に関する研究.
2010年度~2011年度, 基盤研究(C), 分担, 介護保険サービスを利用する貧困高齢者の健康格差に関する基礎的研究.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2007年度~2007年度, , 分担, 高齢者施設における医療職種の配置と入所者の低栄養に関する研究.
2005年度~2005年度, , 分担, 医療機関の安全風土に関する尺度の信頼性と妥当性の検討.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2012年度~2013年度, 消防防災科学技術研究推進制度, 代表, 心肺機能停止患者の気道確保および輸液の効果に関する検討.
2012年度~2013年度, 消防防災科学技術研究推進制度, 代表, 心肺機能停止患者の気道確保および輸液の効果に関する検討 .
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2011.08~2012.02, 代表, 心肺機能停止患者に対する輸液の効果に関する検討.
2003.10~2004.03, 代表, 糖尿病合併症および糖尿病人工透析患者の生活実態調査に関する分析.
寄附金の受入状況
2008年度, 大分県老人施設協議会, 大分県老人施設協議会の経営実態に関する調査研究.
学内資金・基金等への採択状況
2011年度~2012年度, 教育の質向上支援プログラム(EEP), 連携, 医療の質の改善のための評価教材の開発.

九大関連コンテンツ