九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
阿部 義人(あべ よしと) データ更新日:2019.06.20

准教授 /  薬学研究院 臨床薬学部門 生命薬学


主な研究テーマ
アミロイド繊維化の抑制機構の研究
キーワード:タンパク工学、タンパク化学
2010.03.
無脊椎動物型リゾチームの構造解析
キーワード:構造生物学、タンパク工学
2005.04.
大腸菌DNA複製開始関連タンパク質の構造解析
キーワード:構造生物学、タンパク化学
2004.04.
膜タンパク質の構造解析
キーワード:構造生物学、タンパク化学
1999.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Saki Fujiyama, Yoshito Abe, Mitsunori Shiroishi, Yohei Ikeda, Tadashi Ueda, Insight into the interaction between PriB and DnaT on bacterial DNA replication restart
Significance of the residues on PriB dimer interface and highly acidic region on DnaT, Biochimica et Biophysica Acta - Proteins and Proteomics, 10.1016/j.bbapap.2019.01.008, 1867, 4, 367-375, 2019.01, [URL], When the replisome collapses at a DNA damage site, a sequence-independent replication restart system is required. In Escherichia coli, PriA, PriB, and DnaT assemble in an orderly fashion at the stalled replication fork and achieve the reloading of the replisome. PriB-DnaT interaction is considered a significant step in the replication restart. In this study, we examined the contribution of the residues Ser20, His26 and Ser55, which are located on the PriB dimer interface. These residues are proximal to Glu39 and Arg44, which are important for PriB-DnaT interaction. Mutational analyses revealed that His26 and Ser20 of PriB are important for the interaction with DnaT, and that the Ser55 residue of PriB might have a role in negatively regulating the DnaT binding. These residues are involved in not only the interaction between PriB and DnaT but also the dissociation of single-stranded DNA (ssDNA) from the PriB-ssDNA complex due to DnaT binding. Moreover, NMR study indicates that the region Asp66-Glu76 on the linker between DnaT domains is involved in the interaction with wild-type PriB. These findings provide significant information about the molecular mechanism underlying replication restart in bacteria..
2. Tatsuhiro Igawa, Shuhei Kishikawa, Yoshito Abe, Tomohiro Yamashita, Saki Nagai, Mitsunori Shiroishi, Chinatsu Shinozaki, Hiroyuki Tanaka, Hidetoshi Tozaki-Saitoh, Makoto Tsuda, Kazuhide Inoue, Tadashi Ueda, Evidence for detection of rat P2X4 receptor expressed on cells by generating monoclonal antibodies recognizing the native structure, Purinergic Signalling, 10.1007/s11302-019-09646-5, 2019.01, [URL], P2X purinergic receptors are ATP-driven ionic channels expressed as trimers and showing various functions. A subtype, the P2X4 receptor present on microglial cells is highly involved in neuropathic pain. In this study, in order to prepare antibodies recognizing the native structure of rat P2X4 (rP2X4) receptor, we immunized mice with rP2X4's head domain (rHD, Gln111-Val167), which possesses an intact structure stabilized by S-S bond formation (Igawa and Abe et al. FEBS Lett. 2015), as an antigen. We generated five monoclonal antibodies with the ability to recognize the native structure of its head domain, stabilized by S-S bond formation. Site-directed mutagenesis revealed that Asn127 and Asp131 of the rHD, in which combination of these amino acid residues is only conserved in P2X4 receptor among P2X family, were closely involved in the interaction between rHD and these antibodies. We also demonstrated the antibodies obtained here could detect rP2X4 receptor expressed in 1321N1 human astrocytoma cells..
3. Yoshito Abe, Naoki Odawara, Nantanat Aeimhirunkailas, Hinako Shibata, Naoki Fujisaki, Hirofumi Tachibana, Tadashi Ueda, Inhibition of amyloid fibril formation in the variable domain of λ6 light chain mutant Wil caused by the interaction between its unfolded state and epigallocatechin-3-O-gallate, Biochimica et Biophysica Acta - General Subjects, 10.1016/j.bbagen.2018.08.006, 1862, 12, 2570-2578, 2018.12, [URL].
4. Yoshito Abe, Seijiro Shioi, Shunsuke Kita, Hikaru Nakata, Katsumi Maenaka, Daisuke Kohda, Tsutomu Katayama, Tadashi Ueda, X‐ray crystal structure of Escherichia coli HspQ, a protein involved in the retardation of replication initiation., FEBS letter, 592, 22, 3805-3816, 2017.10.
5. Yoshito Abe, Mitsuru Kubota, Shinya Takazaki, Yuji Ito, Hiromi Yamamoto, Kang Dongchon, Tadashi Ueda, Taiji Imoto, Effect on catalysis by replacement of catalytic residue from hen egg white lysozyme to Venerupis philippinarum lysozyme, Protein Science, 10.1002/pro.2966, 25, 9, 1637-1647, 2016.06.
6. Tatsuhiro Igawa, Yoshito Abe, Tsuda Makoto, Kazuhiko Inoue, Tadashi Ueda, Solution structure of the rat P2X4 receptor head domain involved in inhibitory metal binding., FEBS letter, 589, 6, 680-686, 2015.03.
7. Saki Fujiyama, Yoshito Abe, Junya Tani, Masahi Urabe, Kenji Sato, Takahiko Aramaki, Tsutomu Katayama, Tadashi Ueda, Structure and mechanism of the primosome protein DnaT: functional structures for homotrimerization, dissociation of ssDNA from PriB-ssDNA complex and formation of DnaT-ssDNA complex, FEBS journal, 10.1111/febs.13080., 281, 23, 5356-5370, 2014.09.
8. Saki Fujiyama, Yoshito Abe, Taichi Takenawa, Takahiko Aramaki, Seijiro Shioi, Tsutomu Katayama, Tadashi Ueda, Involvement of histidine in complex formation of PriB and single-stranded DNA. , BBA proteins and proteomics, 1844, 2, 299-307, 2014.02.
9. Takahiko Aramaki, Yoshito Abe, Tsutomu Katayama, Tadashi Ueda, Solution structure of the N-terminal domain of a replication restart primosome factor, PriC, in Escherichia coli., Protein Science, 10.1002/pro.2314, 22, 9, 1279-1286, 2013.07.
10. Takahiko Aramaki, Yoshito Abe, Takatoshi Ohkuri, Tomonori Mishima, Shoji Yamashita, Tsutomu Katayama, Tadashi Ueda, Domain separation and characterization of PriC, a replication restart primosome factor in Escherichia coli. , Genes to Cells, 10.1111/gtc.12069, 18, 9, 723-732, 2013.07.
11. Masahiro Abe, Yoshito Abe, Takatoshi Ohkuri, mishima tomonori, 門司 晃, Shigenobu Kanba, Tadashi Ueda, Mechanism for retardation of amyloid fibril formation by sugars in Vλ6 protein., Protein Science, 22, 4, 467-474, 2013.02.
12. Takazaki S, Abe Y, Yamaguchi T, Yagi M, Ueda T, Kang D, Hamasaki N, Arg 901 in the AE1 C-terminal tail is involved in conformational change but not in substrate binding, BBA – Biomembranes , 1818, 3, 658-65, Epub 2011 Dec 1, 2012.03.
13. Takazaki S, Abe Y, Yamaguchi T, Yagi M, Ueda T, Kang D, Hamasaki N, Mutation of His 834 in human anion exchanger 1 affects substrate binding, BBA – Biomembranes , 1798, 5, 903-908, 2010.03.
14. Goto T,Abe Y, Kakuta Y, Takeshita K, Imoto T, and Ueda T, Crystal structure of Tapes japonica lysozyme with substrate analogue ; Structural basis of the catalytic mechanism and manifestation of its chitinase activity accompany with quaternary structural change, J. Biol. Chem., 282; 27459-67, 2007.10.
15. Abe Y, Jo T, Matsuda Y, Matsunaga C, Katayama T and Ueda T, Structure and function of DnaA N-terminal domains: specific sites and mechanisms in inter-DnaA interaction and in DnaB helicase loading on oriC, J Biol Chem, 282: 17517-17529, 2007.07.
16. Li C, Takazaki S, Jin X, Kang D, Abe Y and Hamasaki N, Identification of Oxidized Methionine Sites in Erythrocyte Membrane Protein using LC/ESI MS Peptide Mapping, Biochemistry, 45(39), 12117 -12124, 2006.10.
17. Jin X, Abe Y, Li C, and Hamasaki N, Histidine-834 of Human Erythrocyte Band 3 has an essential role in the Conformational Changes that occur during the Band 3-mediated Anion Exchange, Biochemistry, 10.1021/bi0350809, 42, 44, 12927-12932, 42: 12927-12932, 2003.11.
18. Abe Y, Shodai T, Muto T, Mihara K, Torii H, Nishikawa S, Endo T, Kohda D, Structural basis of presequence recognition by the mitochondrial protein import receptor Tom20, Cell, 10.1016/S0092-8674(00)80691-1, 100, 5, 551-560, 100:551-560, 2000.03.
19. Abe Y, Odaka M, Inagaki F, Lax I, Schlessinger J, Kohda D, Disulfide bond structure of human epidermal growth factor receptor, Journal of Biological Chemistry, 273:11150-11157, 1998.05.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 阿部 義人, リゾチームの触媒機構:無脊椎動物型とニワトリ型の比較から, 生物物理, 2017.06.
2. 阿部 義人, 植田正, アサリ貝リゾチームの構造と機能, 生化学, 2009.04.
3. 阿部 義人, 濱崎 直孝, 複数回膜貫通型膜タンパク質の立体構造形成機構 ?バンド3タンパク質研究の成果より?, 生物物理, Vol. 46 (2006) , No. 1 4-9, 2006.01.
4. 阿部 義人, ミトコンドリアタンパク質輸送受容体のシグナル配列認識, 福岡医学会誌, 92: 266-271, 2001.01.
主要学会発表等
1. 阿部 義人, 抗P2X4受容体抗体の作成 〜抗原および抗体の調製について〜, バイオインターラクション研究会 第3回ワークショップ, 2018.11.
2. 阿部 義人, ATP 受容体 P2X4 に対する抗体と ATP 加水分解酵素を利用した「痛 み」抑制分子の開発, 日本応用酵素協会 酵素研究助成 第44回研究発表会, 2018.11.
3. 岸川秀平, 阿部 義人, 井川達弘, 齊藤 秀俊, 山下 智大, 津田 誠, 井上 和秀, 植田 正, 抗ラットP2X4受容体抗体の抗原抗体反応の特徴付け, 第17回日本蛋白質科学会年会, 2017.06.
4. 阿部 義人, 痛み受容体 P2X4 細胞外ドメイン抗原の調製および抗体作成, 大阪大学蛋白質研究所セミナー, 2016.11.
5. 阿部 義人, Mechanism for Retardation of Amyloid Fibril Formation by Small Molecules in Vλ6 Protein
, The 2nd HU-TMU-KU Joint Symposium for Pharmaceutical Sciences, 2016.09.
6. 阿部 義人, 構造を基盤とした大腸菌DNA複製再開始の分子機構, 第169委員会 第48回研究会, 2015.11.
7. Yoshito Abe, Saki Fujiyama, Takahiko Aramaki, Tsutome Katayama, Tadashi Ueda, Structure and mechanism of the replication restart primosome proteins, 日本生化学会, 2014.10.
8. Yoshito Abe, Takatoshi Ohkuri, 木村吉伸, 前田 恵, 二見淳一郎, Tadashi Ueda, オスモライトによるアミロイド線維化抑制とタンパク質の安定化機構, 日本薬学会, 2014.03.
9. 阿部 義人, 大腸菌複製再開始における分子機構の構造生物学的研究, 第38回日本応用酵素協会研究発表会, 2012.11.
10. 阿部 義人, バイオ医薬品創製を目指したプロテインエンジニアリング, 第19回ファーマサイエンスフォーラム“バイオ医薬の現状と未来”, 2012.07.
11. 阿部義人、濱崎直孝, 赤血球膜蛋白質バンド3のタンパク化学的解析, 日本タンパク質科学会, 2012.06.
12. 阿部義人、大栗誉敏、片山勉、植田正, 構造生物学的アプローチによる大腸菌複製開始因子DnaAの機能解析, 日本生化学会九州支部例会, 2008.05.
13. Yoshito Abe, Takashi Goto, Yoshimitsu Kakuta, Kohei Takeshita, Taiji Imoto and Tadashi Ueda, Crystal structure of invertebrate-type lysozyme ; Structural basis of catalytic mechanism and manifestation of lysozyme activity, 8th International symposium on recent advances in drug discovery and development, 2007.10.
14. Yoshito Abe, Shinya Takazaki, Li Chun Yan, Xiu Ri Jin, Naotaka Hamasaki, Tadashi Ueda, Arginine 901 of Human Erythrocyte Band 3 has a functional role in the Conformational Changes that occur during the Band 3-mediated Anion Exchange, Asian Symposium for Pharmaceutical Science in JSPS Asian core program, 2006.01.
15. 阿部 義人, タンパク化学的手法を用いたヒト赤血球膜Band3の構造と機能の解析, 大阪大学蛋白質研究所セミナー " 膜蛋白質調製法の展開と構造・機能解析の最前線", 2005.07.
16. 阿部 義人, ヒト赤血球膜Band3の陰イオン交換活性を阻害する化学修飾部位の同定, 第5回日本蛋白質科学会年会, 2005.07.
17. 阿部義人, 種々の蛋白質の機能解明を目指した立体構造解析及びタンパク化学的解析, 日本生化学会九州支部例会, 2005.05.
18. 阿部義人、濱崎直孝, ヒト赤血球膜タンパク質Band3の構造と機能, 生物物理学会, 2004.12.
その他の優れた研究業績
2017.04, 産総研峯博士らとの共同研究である「The Structure of an Archaeal β-Glucosaminidase Provides Insight into Glycoside Hydrolase Evolution」は、Journal of Biological Chemistryに掲載され、九州大学のプレスリリースとして掲載された。また、日本経済新聞電子版に速報記事「九大、エキソ-β-D-グルコサミニダーゼの基質認識機構と分子進化を解明」として掲載された。.
2007.04, 「Structure and function of DNAA N-terminal domains: Specific sites and mechanisms in inter-DNAA interaction and in DNAB helicase loading on oriC」は、Journal of Biological Chemistryの「 Papers of the Week」に選ばれた。JBCでは年間5000をこえる論文が掲載されるがそのトップ 1%にある論文について、  「Papers of the week」が選ばれる。.
学会活動
所属学会名
日本蛋白質科学会
日本分子生物学会
日本薬学会
日本生物物理学会
日本生化学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.07~2019.03.09, 第6回生命分子科学研究会, 世話人、座長.
2018.11.28~2018.11.30, 第41回日本分子生物学会年会, ディスカッサー.
2018.03.07~2018.03.09, 第五回生命分子科学研究会, 座長(Chairmanship).
2017.09.01~2017.09.01, The 3rd HU-TMU-KU Joint Symposium for Pharmaceutical Sciences, 座長(Chairmanship).
2016.12.03~2016.12.04, 日本薬学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2016.09.07~2016.09.07, The 2nd HU-TMU-KU Joint Symposium for Pharmaceutical Sciences, 座長(Chairmanship).
2016.06.07~2016.06.09, 第16回日本蛋白質科学会年会, 司会(Moderator).
2016.05.14~2016.05.15, 日本生化学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2015.09.10~2015.09.12, 第39回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2014.11.25~2014.11.27, 第37回日本分子生物学会年会, ディスカッサー.
2013.12.08~2013.12.09, 日本薬学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2012.09.15~2012.09.16, 第11回次世代を担う若手ファーマバイオフォーラム, 座長(Chairmanship).
2012.09.06~2012.09.08, 第36回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2012.05.26~2012.05.27, 平成24年度日本生化学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2011.09.29~2011.10.01, 第35回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2010.12.11~2008.12.12, 日本薬学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2009.12.22~2009.12.23, P&P合同公開シンポジウム「生命活動を制御する高次複合体の構造と機能」, 座長(Chairmanship).
2009.05.16~2009.05.17, 日本生化学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2008.12.06~2008.12.07, 日本薬学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2008.11.28~2008.11.28, Kyushu-Busan International joint seminar, 座長(Chairmanship).
2008.05, 日本生化学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2007.05, 日本生化学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2007.03, 日本薬学会第127年会, 座長(Chairmanship).
2006.09, 第30回 蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2006.05, 日本生化学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2005.12, 日本薬学会九州支部会, 座長(Chairmanship).
2014.09.11~2014.09.13, 第38回蛋白質と酵素の構造と機能に関する九州シンポジウム, 代表世話人.
2012.12.14~2012.12.16, 第85回日本生化学会大会, プログラム委員.
2009.11.10~2009.11.12, 第48回NMR討論会, 運営委員.
2008.12, 第46回日本生物物理学会年会, 実行委員.
2005.09, 第29回九州シンポジウム, 世話人.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.05~2014.07, BioMed Research International, 国際, ゲストエディター.
2013.09~2017.06, The Scientific World Journal, 国際, 編集委員.
2013.06~2017.07, Advances in biology, 国際, 編集委員.
2011.01~2013.12, 生化学, 国内, 「生化学」誌企画協力委員.
2009.04~2010.12, 生化学, 国内, 「生化学」誌企画協力委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度 10        10 
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度      
2011年度      
2010年度      
2009年度      
2007年度      
2006年度      
2004年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Taipei medical university, Taiwan, 2017.11~2017.11.
Naresuan University, Khon Kaen University, Thailand, 2017.11~2017.11.
Chulalongkorn University, Mahidol University, Thailand, 2017.09~2017.09.
Chulalongkorn University, Mahidol University, Thailand, 2017.08~2017.08.
National University of Singapore, Singapore, 2017.02~2017.03.
Naresuan University, Thailand, 2017.01~2017.01.
National University of Singapore, Singapore, 2016.02~2016.02.
Chulalongkorn University, Mahidol University , Thailand, 2016.07~2016.07.
Chulalongkorn University, Mahidol University, Thailand, 2016.12~2016.12.
European Antibody Congress in basel, Switzerland, 2016.11~2016.11.
The 2nd HU-TMU-KU Joint Symposium for Pharmaceutical Sciences in Taipei Medical University, Taiwan, 2016.09~2016.09.
Taipei Medical University, National Taipei University of Technology, Taiwan, 2015.02~2015.02.
Pepcon2010, China, 2010.03.
8th International symposium on recent advances in drug discovery and development, Korea, 2007.10.
SLS beam line, Switzerland, 2005.06.
Yale University, UnitedStatesofAmerica, 2001.03.
Keystone symposium, UnitedStatesofAmerica, 2002.03.
外国人研究者等の受入れ状況
2017.08~2017.09, 2週間未満, シンガポール国際大学, Singapore, .
2016.12~2016.12, 2週間以上1ヶ月未満, シンガポール国際大学, Singapore, 学内資金.
2016.12~2017.02, 1ヶ月以上, マラヤ大学, Malaysia, 学内資金.
受賞
平成17年度日本生化学会九州支部学術奨励賞, 日本生化学会九州支部, 2005.05.
第3回福岡医学会賞, 福岡医学会, 2001.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, P2X4に対する高親和性抗体を利用した痛みを抑制する誘導体化抗体の開発.
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 分担, 複製開始領域および新規な制御因子DARSとdatAにおける複合体の時空間動態制御.
2014年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 神経障害性疼痛モデル動物を用いた「痛みの客観的評価」の研究基盤の確立.
2015年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, Anti-Drug Antibodies 産生を抑制する抗体医薬品創製基盤の確立 .
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 代表, 複製再開始複合体における分子集合・解離メカニズムの解明.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 分担, ヒトP2X4受容体の3次元構造を基盤とした神経障害性疼痛抑制分子の探索.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 代表, 大腸菌複製再開始複合体におけるDnaBヘリケース導入の構造基盤.
2008年度~2010年度, 一般研究(C), 代表, 大腸菌染色体複製関連タンパク質における相互作用解析.
2008年度~2010年度, 基盤研究(C), 連携, 糖尿病検査試薬ケトアミンオキシダーゼの多角的アプローチによる高機能化.
2007年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, 複製開始複合体の高次構造に基づく、複合体形成・DNA開裂・解離の分子機構解明.
2006年度~2007年度, 一般研究(C), 代表, 大腸菌DNA複製に関わるタンパク質の構造的基盤に基づく機能解析.
2004年度~2005年度, 基盤研究(B), 分担, 新しいプロテインC/プロテインS機能測定方法の確立と血栓症治療薬の開発.
2002年度~2002年度, 特定領域研究, 分担, 核磁気共鳴装置を用いたβ-アミロイドペプチドのリン酸イオンによる凝集抑制機構の解明.
2002年度~2003年度, 基盤研究(C), 分担, 高分解能核磁気共鳴装置を用いたインターロイキン13遺伝子変異体のアレルギー発症機構解明.
2002年度~2003年度, 若手研究(B), 代表, 赤血球膜蛋白質band3の構造解析.
2001年度~2002年度, 基盤研究(C), 分担, ミトコンドリアゲノム維持におけるホリデー構造様DNA分岐構造の役割.
2001年度~2002年度, 特定領域研究, 代表, 膜タンパク質の膜貫通領域におけるタンパク質-タンパク質相互作用の検出.
2000年度~2001年度, 基盤研究(C), 分担, 高分解能核磁気共鳴装置を用いた酵素リボヌクレアーゼの基質結合時の動的挙動の解析.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2001年度~2001年度, 貝原守一医学振興財団研究奨励金, 代表, 赤血球膜蛋白質バンド3の構造解析.
2000年度~2000年度, 臨床研究奨励基金, 代表, 日本人海外研修助成.
2001年度~2001年度, 福岡県ヤングベンチャー育成支援事業, 分担, 日本人特有の血栓性体質分析による新診断方法の開発.
2005年度~2007年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 分担, 光学異性体を区別する全アミノ酸高感度一斉分析装置の開発..
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2012.04~2013.03, 代表, 平成24年度 難治疾患共同研究拠点 共同研究
「痛み受容体「P2X4」への抗体・薬物の結合親和性評価法の開発」.
寄附金の受入状況
2017年度, 財団法人 日本応用酵素協会, 2017年度研究助成金 「酵素の応用研究、および 生命科学に関連する酵素の研究」
研究課題「ATP受容体P2X4に対する抗体とATP加水分解酵素を 利用した「痛み」抑制分子の開発」.
2011年度, 財団法人 日本応用酵素協会, 平成23年度研究助成金 「酵素の応用研究、および 生命科学に関連する酵素の研究」
研究課題「大腸菌複製再開始における分子機構の構造生物学的研究:DnaBヘリカーゼとプライモソームの相互作用を中心に」.
学内資金・基金等への採択状況
2015年度~2016年度, 平成26年度 教育の質向上支援プログラム, 分担, 国際コ—スに向けた教育環境整備への取組.
2007年度~2009年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 分担, 九州圏構造生物学研究拠点形成を目指した九州大学における研究・教育コンソーシアム形成.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」