九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
大中 佳三(おおなか けいぞう) データ更新日:2019.06.24



主な研究テーマ
生活習慣病の分子疫学研究
キーワード:生活習慣病、遺伝子多型
2003.04~2021.03.
癌の分子疫学研究
キーワード:がん、遺伝子多型
2010.04~2018.03.
骨粗鬆症の発症メカニズムの解明と新しい治療方法の開発
キーワード:骨代謝 、骨粗鬆症、骨芽細胞
2001.04~2020.03.
骨粗鬆症の発症に関与する遺伝子の探索
キーワード:骨粗鬆症、遺伝子多型
2005.04~2020.03.
従事しているプロジェクト研究
2型糖尿病のゲノムおよびエピゲノム研究
2018.04~2021.03, 代表者:大中佳三, 九州大学.
酸化ストレスと2型糖尿病に関する分子疫学的研究
2012.04~2020.03, 代表者:大中佳三, 九州大学.
多施設共同コホート研究
2010.04~2016.03, 代表者:田中英夫, 愛知県がんセンター.
がんの分子疫学的研究
2010.04~2016.03, 代表者:今井浩三, 東京大学医科学研究所.
生活習慣病のゲノム疫学研究
2009.04~2019.03, 代表者:加藤規弘, 国際医療センター.
生活習慣病の分子疫学的研究
2007.04~2013.03, 代表者:古野純典, 九州大学.
骨密度規定遺伝子群の同定
2008.04~2012.03, 代表者:高柳涼一, 九州大学.
骨粗鬆症発症メカニズム解明と新しい治療薬の開発
2007.04~2019.03, 代表者:大中佳三, 九州大学.
ステロイド性骨粗鬆症の新しい治療法の開発
2007.04~2011.03, 代表者:高柳涼一, 九州大学.
ステロイド性骨粗鬆症の発症メカニズムの研究
2005.04~2011.03, 代表者:高柳涼一, 九州大学.
ホルモン補充療法におけるオーダーメイド治療法の開発
2004.04~2009.03, 代表者:大中佳三, 九州大学.
研究業績
主要著書
1. 大中 佳三, 髙栁 涼一, クッシング症候群診療マニュアル 改訂第2版, メディカルレビュー社, 「クッシング症候群の疫学調査」(P38-40)
, 2015.12.
2. 大中 佳三, かかりつけ医のための老年病100の解決法, メディカルレビュー社, 13「味覚障害(味がしない、味がわからない)について教えてください」(P48-49)
39「手の震えへの対処法について教えてください」(P96-97), 2015.06.
3. 大中佳三, 糖尿病学の進歩2011 第45集 (日本糖尿病学会編集), 診断と治療社, 「糖尿病診療と骨粗鬆症」(p215-218), 2011.09.
4. 大中佳三, 新老年学 第3版 (大内尉義・秋山弘子編), 東京大学出版会, 「副甲状腺疾患」(p1050-1059), 2010.01.
5. 大中佳三、高柳涼一, 別冊・医学のあゆみ「骨粗鬆症-臨床と研究の最新動向」, 医歯薬出版株式会社, ステロイド骨粗鬆症の予防と治療 (p113-118), 2008.05.
6. 大中佳三、高柳涼一, 骨粗鬆症診療ハンドブック 改訂4版, 医薬ジャーナル社, ステロイド性骨粗鬆症(p38-44), 2006.06.
7. 大中佳三、高柳涼一, 日常診療に活かす老年病ガイドブック 第5巻.骨粗鬆症と骨折予防, メジカルビュー社, 「骨粗鬆症の治療.エストロゲン」(p88-94), 2005.09.
8. 大中佳三、高柳涼一、名和田新, 看護のための最新医学講座 [第2版] 第17巻.「老人の医療」, 中山書店, 「検査の目的と結果の読み方(高齢者での注意点)」(p136-139), 2005.09.
9. 高柳涼一、大中佳三、名和田新, 看護のための最新医学講座 [第2版] 第17巻.「老人の医療」, 中山書店, 「下垂体・副腎疾患」(p344-349), 2005.09.
10. 高柳涼一、大中佳三, ファーマナビゲーター ビスフォスフォネート編, メジカルレビュー社, ステロイド性骨粗鬆症(p64-77), 2005.05.
11. 高柳涼一、大中佳三、河手久弥, 内科学レビュー2004, 総合医学社, 副腎(p160-164), 2004.03.
12. Keizo Ohnaka, Ryoichi Takayanagi, Encyclopedia of Endocrine Diseases, Academic Press, "DHEA and the Elderly" Volume I, p647-650, 2004.03.
13. 大中佳三、高柳涼一, 内分泌疾患のとらえかた−眼でみるベッドサイドの病態生理−, 文光堂, 「お年寄りをさらに元気に−ホルモン補充療法−」(p223-232), 2004.01.
14. 大中佳三、高柳涼一, 高齢者の疾病と栄養改善へのストラテジー−エビデンスに基づく対策とチームワークのために−, 第一出版, 「高齢者疾病への対策.高尿酸血症」(p195-199), 2003.09.
15. 大中佳三、高柳涼一、名和田新, 看護のための最新医学講座.第17巻「老人の医療」, 中山書店, 「検査の目的と結果の読み方(高齢者での注意点)」(p120-123), 2001.04.
主要原著論文
1. Hirata A, Keizo Ohnaka, Tashiro N, Wang Z, Kohno M, Kiyohara C, Suminori Kono, Takayanagi R, Effect modification of green tea on the association between rice intake and the risk of diabetes mellitus: a prospective study in Japanese men and women, Asia Pac J Clin Nutr, 26, 3, 545-555, 2017.05.
2. Nisa H, Hirata A, Kohno M, Kiyohara C, Keizo Ohnaka, High-Sensitivity C-Reactive Protein and Risks of All-Cause and Cause-Specific Mortality in a Japanese Population, Asian Pac J Cancer Prev, 17, 5, 2643-2648, 2016.05.
3. Ohnaka K, Ikeda M, Maki T, Okada T, Shimazoe T, Adachi M, Nomura M, Takayanagi R, Kono S, Effects of 16-Week Consumption of Caffeinated and Decaffeinated Instant Coffee on Glucose Metabolism in a Randomized Controlled Trial., J Nutr Metab, 10.1155/2012/207426, 35, 8, 825-831, 2012, Article ID 207426, 9 pages, 2012.11.
4. Ohnaka K, Kono S, Inoguchi T, Yin G, Morita M, Adachi M, Kawate H, Takayanag R, Inverse associations of serum bilirubin with C-reactive protein, glycated hemoglobin, and prevalence of diabetes mellitus in middle-aged and elderly Japanese men and women, Diabetes Res Clin Pract, 10.1016/j.diabres.2009.12.022, 88, 4, 103-110, 2010.04.
5. Ohnaka K, Yamamoto K, Nakamura K, Adachi M, Kawate H, Kono S, Takayanagi R, Association of single nucleotide polymorphisms in secreted frizzled-related protein 1 gene with bone mineral density in Japanese women, Geriatr Gerontrol Int, 9: 304-309, 2009.05.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 大中佳三, ステロイド性骨粗鬆症, 日本臨床, 内分泌症候群(第3版)II p354-358, 2018.11.
2. 大中佳三, 骨密度・骨粗鬆症, 日本臨床, 76巻(増刊号7)老年医学(下)-基礎・臨床研究の最新動向- p582-586, 2018.08.
3. 大中 佳三, 性ホルモンと老化, CLINICAL CALCIUM, 27(7):947-954, 2017.07.
4. 大中 佳三, 副腎アンドロゲンDHEAと骨量・骨代謝, CLINICAL CALCIUM, 26(7):987-993, 2016.07.
5. 大中 佳三, デヒドロエピアンドロステロンと骨代謝, THE BONE, 28(4):451-456, 2014.12.
6. 大中 佳三, 髙栁 涼一, 加齢とDHEA, 最新医学, 69(5):950-956, 2014.05.
7. 大中佳三、古野純典、井口登與志、髙栁涼一, シリーズ:日本発臨床研究の紹介と反省点を語る-「九州大学福岡コホート研究」-, 日本内科学会, 日本内科学会雑誌 101(4): 1141-1144, 2012
, 2012.04.
8. Takayanagi R, Inoguchi T, Ohnaka K., Clinical and experimental evidence for oxidative stress as an exacerbating factor of diabetes mellitus., J Clin Biochem Nutr., 48(1):72-77, 2011. , 2011.01.
9. Ohnaka K, Kono S., Bilirubin, cardiovascular diseases and cancer: epidemiological perspectives., Expert Rev Endocrinol Metab, 5(6): 891-904, 2010., 2010.10.
10. 大中佳三、高柳涼一, ステロイド骨粗鬆症の予防と治療, 医学のあゆみ, 221(1):113-118, 2007.04.
11. 大中佳三、高柳涼一, 血管老化とホルモン, 総合臨床, 56(2):239-243, 2007.02.
12. 大中佳三、高柳涼一, ステロイド性骨粗鬆症, 日本臨床, 別冊 新領域別症候群シリーズNo.2 内分泌症候群(第2版) II 87-91, 2006.06.
13. 大中佳三、高柳涼一, 急性副腎皮質機能低下症, 日本臨床, 別冊 新領域別症候群シリーズNo.1 内分泌症候群(第2版) I 559-561, 2006.05.
14. 大中佳三、高柳涼一, 慢性副腎皮質機能低下症[原発性,続発性], 日本臨床, 別冊 新領域別症候群シリーズNo.1 内分泌症候群(第2版) I 549-552, 2006.05.
15. 大中佳三、高柳涼一, ステロイド性骨粗鬆症の発症メカニズム, 総合臨床, 54(11):2810-2816, 2005.11.
16. 大中佳三、高柳涼一, 加齢による血管内皮機能の変化, 日本臨床, 63(6):989-993, 2005.06.
17. 大中佳三、高柳涼一, ステロイド性骨粗鬆症発症の新機構−グルココルチコイドによるWntシグナルの抑制−, Osteoporosis Japan, 13(2):299-301, 2005.05.
18. 大中佳三、高柳涼一, 高齢者糖尿病の血管障害の諸問題, 臨床と研究, 77(9):1756-1760, 2000.09.
主要学会発表等
1. 大中 佳三, 蘆田 健二, 小川 佳宏, 抗RANKL抗体デノスマブによる骨粗鬆症治療に関する検討, 第60回日本老年医学会学術集会, 2018.06.
2. 大中 佳三, 平田 明恵, 河野 倫子, 日本人中高年者において白米と緑茶の摂取が糖尿病発症リスクに及ぼす影響, 第61回日本糖尿病学会年次学術集会, 2018.05.
3. Hoirun Nisa, Akie Hirata, Michiko Kohno, Chikako Kiyohara, Keizo Ohnaka, High-Sensitivity C-Reactive Protein and Risks of All-Cause and Cause-Specific Mortality in Japan., The 21st IAGG World Congress of Gerontology and Geriatrics, 2017.07.
4. 大中 佳三, Hoirun Nisa, 河野 倫子, 平田 明恵, 中高年の地域一般住民における炎症マーカーと死亡率の関連, 第59回日本老年医学会学術集会, 2017.06.
5. 大中 佳三, 平田 明恵, 野村 政壽, 髙栁 涼一, 古野 純典, 中高年者における白米と緑茶摂取の糖尿病発症リスクへの影響, 第58回日本老年医学会学術集会, 2016.06.
6. 大中 佳三, 野村 政壽, 古野 純典, 髙栁 涼一, コーヒー飲用は糖尿病に予防的である-無作為化比較対照試験による検討-, 第53回日本糖尿病九州地方会, 2015.11.
7. 大中 佳三, フレイルを考慮した高齢者糖尿病の管理, 第53回日本糖尿病九州地方会, 2015.11.
8. 大中 佳三, 河野 倫子, 河手 久弥, 野村 政壽, 髙栁 涼一, 地域一般住民の中高年者における睡眠と糖尿病発症リスク, 第57回日本老年医学会学術集会, 2015.06.
9. 大中 佳三, 河野倫子, 河手 久弥, 野村 政壽, 井口 登與志, 髙栁 涼一, 中・高年の地域一般住民における疾患感受性遺伝子による2型糖尿病発症予測の検討, 第56回日本老年医学会学術集会, 2014.06.
10. 大中 佳三, 地域住民コホートと老年病研究, 第56回日本老年医学会学術集会, 2014.06.
11. 大中 佳三, 河野倫子, 山本 健, 河手 久弥, 野村 政壽, 古野 純典, 井口 登與志, 髙栁 涼一, 疾患感受性遺伝子による2型糖尿病発症予測の検討, 第87回日本内分泌学会学術総会, 2014.04.
12. Ohnaka K, Kohno M, Adachi M, Kawate H, Nomura M, Kono S, Takayanag R, A randomized controlled trial of 16-week consumption of caffeinated and decaffeinated instant coffee on glucose metabolism in overweight men, 95th Annual Meeting of The Endocrine Society, 2013.06.
13. 大中 佳三, 河野 倫子, 足立 雅広, 河手 久弥, 野村 政壽, 髙栁 涼一, 中高年者における食事習慣と味覚受容体遺伝子多型の関連に関する研究, 第55回日本老年医学会学術集会, 2013.06.
14. 大中佳三、河野倫子、足立雅広、河手久弥、野村政壽、髙栁涼一, 高齢者褐色細胞腫の臨床的特徴の検討, 第54回日本老年医学会学術集会, 2012.06.
15. 大中佳三、高柳涼一, ステロイドの骨に対する影響, 第56回日本リウマチ学会総会・学術総会, 2012.04.
16. 大中佳三、山本健、古野純典, UTG1A1遺伝子多型と大腸がんリスク:福岡大腸がん研究, 第70回日本癌学会学術集会, 2011.10.
17. 大中 佳三, 河野倫子, 足立 雅広, 河手 久弥, 野村 政壽, 髙栁 涼一, 閉経後女性におけるRANKLおよびosteoprotegerinの遺伝子多型と骨密度の関連解析, 第53回日本老年医学会学術集会, 2011.06.
18. 大中佳三、河野倫子、足立雅広、河手久弥、野村政壽、高柳涼一, RANKLおよびosteoprotegerinの遺伝子多型が閉経後女性の骨密度に及ぼす影響, 第84回日本内分泌学会学術総会, 2011.04.
19. 大中佳三, 糖尿病診療と骨粗鬆症, 第45回糖尿病学の進歩, 2011.02.
20. Ryoichi Takayanagi, Toyoshi Inoguchi, Keizo Ohnaka. , Clinical and experimental evidence for oxidative stress as an exacerbating factor of diabetes mellitus. , International Symposium on Free Radical Research: Contribution to Medicine, 2011.01.
21. 古野純典、高柳涼一、大中佳三, 九州大学福岡コホートの展望, 第21回日本疫学会学術集会, 2011.01.
22. 大中佳三、山本 健、古野純典, ヘム・オキシゲナーゼ1遺伝子多型と大腸がんリスク:福岡大腸がん研究, 第69回日本癌学会学術集会, 2010.09.
23. 大中佳三、井口登與志、足立雅広、河手久弥、野村政壽、髙栁涼一, 中・高齢の一般地域住民における血清ビリルビン値とHbA1cおよび糖尿病有病との関連解析, 第52回日本老年医学会学術集会, 2010.06.
24. Keizo Ohnaka, Suminori Kono, Toyoshi Inoguchi, Masahiro Adachi, Hisaya Kawate, Masatoshi Nomura, Ryoichi Takayanagi, Inverse associations of serum bilirubin with C-reactive protein, glycated hemoglobin, and prevalence of diabetes mellitus in middle-aged and elderly Japanese men and women, 14th International Congress of Endocrinology, 2010.03.
25. 大中佳三、井口登與志、高柳涼一, 高ビリルビン血症の虚血性心疾患、脳梗塞の有病に及ぼす効果, 第51回日本老年医学会学術集会, 2009.06.
26. 大中佳三, ビリルビンの抗酸化作用と生活習慣病, 第63回日本栄養・食糧学会大会, 2009.05.
27. 大中佳三、河手久弥、高柳涼一, Wntシグナル関連遺伝子の一塩基多型(SNPs)と骨密度の相関解析, 第26回日本骨代謝学会学術集会, 2008.10.
28. 大中佳三, 日本人の骨密度関連遺伝子の網羅的解析(高密度SNP):福岡骨粗鬆症コホート研究, 第50回日本老年医学会学術集会, 2008.06.
29. 大中佳三、足立雅広、河手久弥、高柳涼一, 一般住民高齢女性における血中プロテインS濃度とプロテインS遺伝子変異についての解析, 第50回日本老年医学会学術集会, 2008.06.
30. Keizo Ohnaka, Association study of protein S polymorphism with the plasma protein S level in Japanese women: the Fukuoka Cohort Study, JSPS-NRCT Hematology Workshop 'Thrombosis and Thalassemia in Asia', 2008.02.
31. Ryoichi Takayanagi, Masahiro Adachi, Keizo Ohnaka, Hisaya Kawate, Suminori Kono, Positive association of physical activity and coffee consumption with BMD in postmenopausal women: The Fukuoka Cohort Study, American Society for Bone and Mineral Research 29th Annual Meeting, 2007.09.
32. Keizo Ohnaka, Yuki Matsuzaki, Mizuho Tanabe, Masahiro Adachi, Hisaya Kawate, Ryoichi Takayanagi, Glucocorticoid enhances the expression of a Wnt antagonist, secreted frizzled-related protein 3, in cultured human osteoblasts, American Society for Bone and Mineral Research 29th Annual Meeting, 2007.09.
33. 大中佳三、河手久弥、高柳涼一, グルココルチコイドは培養骨芽細胞においてsecreted frizzled-related protein 3(sFRP3)の発現を増加させる, 第25回日本骨代謝学会学術集会, 2007.07.
34. 大中佳三、足立雅広、河手久弥、高柳涼一, Wntシグナル遺伝子の一塩基多型(SNPs)と骨密度の関連解析, 第49回日本老年医学会学術集会, 2007.06.
35. Keizo Ohnaka, Mizuho Tanabe, Hisaya Kawate, Ryoichi Takayanagi, Glucocorticoid suppresses the canonical Wnt signal in primary cultured human osteoblasts: Novel mechanism of glucocorticoid-induced osteoporosis, The Endocrine Society's 88th Annual Meeting, 2006.06.
36. 大中佳三、高柳涼一, ステロイド骨粗鬆症発症の新機構:グルココルチコイドによるWntシグナルの抑制, 第78回日本内分泌学会学術総会, 2005.07.
37. 大中佳三、河手久弥、高柳涼一, グルココルチコイドはヒト初代培養骨芽細胞の標準的Wntシグナルを抑制する, 第23回日本骨代謝学会学術総会, 2005.07.
38. Keizo Ohnaka, Hiroshi Taniguchi, Hisaya Kawate, Hajime Nawata, Ryoichi Takayanagi, Glucocorticoid enhances the expression of dickkopf-1 in primary cultured human osteoblasts: novel mechanism of glucocorticoid-induced osteoporosis, 26th Annual Meeting of American Society of Bone Mineral Research, 2004.10.
39. 大中佳三、高柳涼一, ステロイド骨粗鬆症発症の分子機構, 第5回日本骨粗鬆症学会, 2003.10.
学会活動
所属学会名
日本内科学会
日本老年医学会
日本内分泌学会
日本糖尿病学会
日本骨粗鬆症学会
日本骨代謝学会
日本ステロイドホルモン学会
学協会役員等への就任
2003.04~2020.03, 日本内分泌学会, 代議員.
2005.06~2020.06, 日本老年医学会, 代議員、理事会幹事、学術プログラム委員会幹事.
2005.06~2020.06, 日本老年医学会九州支部, 九州支部会幹事.
2011.09~2020.06, 日本内分泌学会九州支部, 評議員.
2019.05~2023.04, 日本糖尿病学会九州支部, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2019.03.02~2019.03.02, 第29回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2017.03.04~2017.03.04, 第27回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2016.09.10~2016.09.10, 第16回日本内分泌学会九州支部学術集会, 座長(Chairmanship).
2016.06.08~2016.06.10, 第58回日本老年医学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2016.03.05~2016.03.05, 第26回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2015.03.07~2015.03.07, 第25回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2014.06.12~2014.06.14, 第56回日本老年医学会学術集会, 司会(Moderator).
2014.03.08~2014.03.08, 第24回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2013.06.04~2013.06.06, 第55回日本老年医学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2012.06.28~2012.06.30, 第54回日本老年医学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2011.10.14~2011.10.15, 第49回日本糖尿病学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2011.06.15~2011.06.17, 第53回日本老年医学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2011.03.05~2011.03.05, 第21回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2010.06.24~2010.06.26, 第52回日本老年医学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2010.03.13~2010.03.13, 第20回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2009.06.18~2009.06.20, 第51回日本老年医学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2009.03.07~2009.03.07, 第19回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2008.11~2008.11, 福岡膵疾患Update, 座長(Chairmanship).
2008.03.01~2008.03.01, 第18回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2007.06.20~2007.06.22, 第49回日本老年医学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2006.07~2006.07, 第6回西日本骨関節関連疾患研究会, 座長(Chairmanship).
2006.06.07~2006.06.09, 第48回日本老年医学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2006.03.04~2006.03.04, 第16回日本老年医学会九州地方会, 座長(Chairmanship).
2005.07~2005.07, 第5回西日本骨関節関連疾患研究会, 座長(Chairmanship).
2004.07~2004.07.01, 第4回西日本骨関節関連疾患研究会, 座長(Chairmanship).
2003.11.24~2003.11.28, 7th Asia/Oceania Regional Congress of Gerontrogy, 座長(Chairmanship).
2014.06.12~2014.06.14, 第56回日本老年医学会学術総会, 事務局.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度
2017年度
2016年度
2015年度 20  21 
2014年度
2013年度 13  17 
2012年度 19  22 
2011年度 14  20 
2010年度 15  19 
2009年度 12  18 
2008年度 14 
2007年度 11  20 
2006年度 15  23 
2005年度 16  19 
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2015.11~2016.05, Indonesia.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(C), 代表, 2型糖尿病発症に及ぼす生活習慣とゲノム、エピゲノムの包括的研究.
2015年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, ヒトにおける加齢に伴うエピゲノム変化の捕捉とその病的意義の解明.
2014年度~2016年度, 基盤研究(A), 分担, 日本人の飲酒行動の異常メカニズムを解明する大規模全ゲノム関連解析研究.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 代表, 地域住民コホートに基づく酸化ストレスと2型糖尿病に関する分子疫学研究.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 分担, 味覚受容体遺伝子多型とインクレチン分泌及び食行動代謝障害との関連解析.
2010年度~2015年度, 新学術領域研究, 分担, 「がん研究分野の特性等を踏まえた支援活動」.
2009年度~2011年度, 基盤研究(A), 分担, 地域住民コホートに基づく生活習慣要因と炎症・糖尿病に関する分子疫学研究.
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 分担, 骨粗鬆症コホート集団の高密度SNP解析による骨密度規定遺伝子群の同定と機能解析.
2007年度~2009年度, 基盤研究(C), 代表, 膜型受容体Rykを介した骨代謝作用の解明と骨粗鬆症治療への応用開発.
2007年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, 肥満と大腸発がんに関する分子疫学的研究.
2006年度~2008年度, 萌芽的研究, 分担, ステロイドホルモン誘導性non-coding RNAの生理機能と発現調節機構の解明.
2004年度~2006年度, 基盤研究(C), 代表, 血栓症における新しい病因の解明−性ステロイドによるプロテインSの調節とその異常−.
2002年度~2004年度, 基盤研究(B), 分担, 三次元高精細画像観察によるポストレセプター異常検出システムの構築,分担.
2001年度~2001年度, 特定領域研究(A)特定領域研究(B), 分担, 有機スズ化合物によるヒト卵巣のエストロゲン合成阻害機構の解明,分担.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2004年度~2006年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, ゲノム情報に基づくホルモン補充療法合併症の発症予測システムの開発.
寄附金の受入状況
2018年度, サノフィ株式会社, 内分泌代謝研究資金.
2018年度, MSD製薬, 内分泌代謝研究資金.
2018年度, 日本イーライリリー株式会社, 内分泌代謝研究資金.
2018年度, アステラス製薬株式会社, 内分泌代謝研究資金.
2017年度, 日本イーライリリー株式会社, 内分泌代謝研究資金.
2017年度, 第一三共株式会社, 内分泌代謝研究資金.
2017年度, アステラス製薬株式会社, 内分泌代謝研究資金.
2017年度, ノボノルディスクファーマ株式会社, 内分泌代謝研究資金.
2015年度, 第一三共製薬, 骨粗鬆症の臨床的研究.
2014年度, 第一三共製薬, 骨粗鬆症の臨床的研究.
2014年度, 武田薬品工業, 2型糖尿病の発症リスクに関するゲノム疫学研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」