九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
中村 誠司(なかむら せいじ) データ更新日:2019.08.29

教授 /  歯学研究院 歯学部門 九州大学大学院歯学研究院口腔顎顔面病態学講座顎顔面腫瘍制御学分野


主な研究テーマ
口腔癌に対する生体防御機構についての研究
キーワード:口腔癌、扁平上皮癌、生体防御機構、免疫、T細胞
1989.10.
シェ−グレン症候群の発症分子機構についての研究
キーワード:シェ−グレン症候群、自己免疫疾患、T細胞、唾液腺
1989.10.
口腔扁平苔癬の発症分子機構についての研究
キーワード:口腔扁平苔癬、自己免疫疾患、アレルギ−、口腔内常在菌、T細胞
1989.10.
アフタ−性口内炎の発症分子機構についての研究
キーワード:アフタ−性口内炎、自己免疫疾患、アレルギ−、、口腔内常在菌、T細胞
1998.10.
移植片対宿主病における口腔病変についての研究
キーワード:移植片対宿主病、自己免疫疾患、T細胞、唾液腺、口腔粘膜
1992.04.
歯科材料アレルギ−についての研究
キーワード:口腔粘膜疾患、皮膚疾患、免疫、アレルギ−、T細胞
1994.04.
口腔癌に対する治療法に関する臨床的研究
キーワード:口腔癌、頸部リンパ節転移、予後、手術療法、免疫療法
1994.04.
従事しているプロジェクト研究
厚生労働科学研究 難治性疾患克服研究事業補助金 IgG4関連全身硬化性疾患の診断法の確立と治療方法の開発に関する研究
2010.04~2012.03, 代表者:岡崎 和一, 関西医科大学内科学第三講座.
研究業績
主要著書
1. 中村 誠司, 口腔ケアと喫食., 医学書院 今日の治療指針 2013年版, 2013.01.
2. 中村誠司, 実力医の履歴書 外科系III脳神経外科の病期、頭頸部・口腔の癌、甲状腺癌 中村康生編
, ライフ企画、茅ケ崎, p449、2008
, 2008.10.
3. 中村誠司, ナーシングケアQ&A「口腔ケアQ&A」
, 2008.09.
4. 中村誠司, シェーグレン症候群の診断と治療マニュアル 印刷中
, 2008.10.
5. 中村誠司, 耳下腺に対するステロイド剤局所投与例(第5章 頻度の高い主訴と臨床での実際) 今日からはじめる!口腔乾燥症の臨床 -この主訴にこのアプローチ、安細敏弘、柿木保明編
, 医歯薬出版, 116-117、2008, 2008.09.
6. 中村誠司, 唾液分泌促進剤の投与例(第5章 頻度の高い主訴と臨床での実際) 今日からはじめる!口腔乾燥症の臨床 -この主訴にこのアプローチ、安細敏弘、柿木保明編
, 医歯薬出版, 114-115、2008, 2008.08.
7. 中村誠司, シェーグレン症候群における薬物療法(第3章 口腔乾燥症の治療) 今日からはじめる!口腔乾燥症の臨床 -この主訴にこのアプローチ、安細敏弘、柿木保明編
, 医歯薬出版, 93-97、2008, 2008.07.
8. 中村誠司, 画像診断(第2章 口腔乾燥症の検査と診断) 今日からはじめる!口腔乾燥症の臨床 -この主訴にこのアプローチ、安細敏弘、柿木保明編、
, 医歯薬出版, 62-65、2008, 2008.08.
9. 中村誠司, ドライマウス(5.治療、1.QOL改善のための治療) やさしいシェーグレン症候群の自己管理、住田孝之編
, 医薬ジャーナル社, 66-73、2008, 2008.06.
10. 中村誠司, アフタ性口内炎の好発部位と原因
, 日本医事新報
4384:94-95, 2008.05.
11. 中村誠司, 口腔粘膜疾患の病因に関する新知見 -発症における慢性GVHDの関与-  病理と臨床(特集・口腔粘膜病変の臨床と病理)
, 病理と臨床(特集・口腔粘膜病変の臨床と病理)
26(6):593-602, 2008.04.
12. 中村誠司, 唾液 口腔ケア基礎知識(口腔ケア4級・5級認定資格基準準拠)、日本口腔ケア学会編集
, 2008.04.
13. 中村誠司, 口腔乾燥症 口腔内科学、尾崎登喜雄編
, 2008.04.
14. 中村誠司, ビスフォスフォネート系薬剤による顎骨壊死
, 八女筑後医報, 641(08.9):1-11, 2008.10.
15. 中村誠司, ビスフォスフォネート系薬剤による顎骨壊死 -歯科医師の対応方法について-
, 641(08.9):1-11, 2008.04.
16. 中村誠司, 特集「口を診る」
, 487(6):75-83, 2008.05.
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 中村誠司:高戸 毅監修、青木茂樹・小池和彦・近藤壽郎・森山啓司・矢作直樹・山根源之・渡辺晋一, 口が“かわく”と訴える患者が来院したら?, 金原出版株式会社, 2010.11.
2. 中村誠司・天笠光雄・草間幹夫・川辺良一, 開業医が診る口腔粘膜疾患 診断から対応まで, デンタルダイヤモンド社, 2010.09.
主要学会発表等
1. 中村誠司, ドライマウス患者におけるシェーグレン症候群の鑑別診断 シンポジウム1:「シェーグレン症候群のACR、EULAR診断基準の検証」, 第19回日本シェーグレン症候群学会, 2010.09.
2. 中村誠司, 唾液腺疾患の診断と治療, 口腔科学会 教育研修会, 2009.04.
3. 中村誠司, 口腔乾燥症(ドライマウス)の分類 ワークショップ:口腔乾燥症(ドライマウス)の分類, 第18回日本口腔粘膜学会総会, 2008.09.
4. 中村誠司, 唾液腺疾患の発症と免疫異常 シンポジウム1:免疫制御の科学, 第62回日本口腔科学会総会, 2008.04.
5. 中村誠司, 「ドライマウス 基礎から臨床」 ドライマウスの分類と診断, 第52回日本口腔外科学会総会 , 2007.10.
6. 篠崎昌一、林田淳之將、浜中恵子、山本晴久、南 栄、中村誠司, ドライマウスの診断における安静時唾液分泌量測定の有用性, 第52回日本口腔外科学会総会, 2007.09.
7. 森山雅文、林田淳之將、浜中恵子、篠崎昌一、南 栄、大山順子、佐々木匡理、中村誠司, ミクリッツ病の発症におけるTh2細胞およびIgG4陽性B細胞の関与, 第52回日本口腔外科学会総会, 2007.09.
学会活動
所属学会名
The International Association of for Dental Research
The International Association of Oral and Maxillofacial Surgeons
日本口腔外科学会
日本口腔科学会
日本免疫学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本リウマチ学会
日本口腔腫瘍学会
日本頭頸部癌学会
日本口腔内科学会
日本シェ−グレン症候群学会
日本顎関節学会
日本顎変形症学会
日本口腔インプラント学会
日本口腔顎顔面外傷学会
日本形成外科学会
日本口蓋裂学会
日本小児口腔外科学会
日本小児歯科学会
日本摂食・嚥下リハビリテーション学会
日本口腔ケア学会
日本有病者歯科医療学会
日本歯科放射線学会
日本顎顔面補綴学会
日本唾液腺学会
福岡医学会
日本ドライマウス研究会
日本歯科理工学会
臨床ゲノム医療研究会
日本老年歯科医学会
日本歯科基礎医学会
日本ドライシンドローム学会
九州シェーグレン症候群研究会
学協会役員等への就任
2019.06~2021.05, 国際歯科医療安全機構, 理事.
2018.08~2019.06, 日本歯科医学会, 運営委員.
2014.08~2015.06, 日本歯科医学会, 運営委員.
2018.06~2020.05, 日本歯学系学会協議会, 理事.
2014.10~2020.09, 日本学術会議, 連携会員.
2001.01~2018.12, 国際歯科研究学会日本部会, 理事.
2015.09~2017.09, 日本口腔内科学会, 理事長.
2007.09~2017.09, 日本口腔内科学会, 理事.
2005.09~2017.09, 日本口腔内科学会, 評議員.
2005.09~2017.09, 日本口腔内科学会, 運営委員.
2015.09~2017.09, 日本口腔内科学会, 運営委員.
2007.09~2017.09, 日本口腔内科学会, 運営委員.
2015.09~2017.09, 日本口腔内科学会, 運営委員.
2015.09~2017.09, 日本口腔内科学会, 運営委員.
2015.09~2017.09, 日本口腔内科学会, 運営委員.
2008.04~2020.03, 日本口腔ケア学会, 理事.
2006.04~2020.03, 日本口腔ケア学会, 評議員.
2014.06~2020.05, 日本頭頸部癌学会, 理事.
2008.06~2020.05, 日本頭頸部癌学会, 評議員.
2014.06~2020.05, 日本頭頸部癌学会, 運営委員.
2014.06~2020.05, 日本頭頸部癌学会, 運営委員.
2013.10~2020.05, 日本頭頸部癌学会, 運営委員.
2011.06~2013.05, 日本頭頸部癌学会, 運営委員.
2012.02~2016.03, 日本頭頸部癌学会, 運営委員.
2014.10~2018.12, 日本口腔外科学会, 理事.
2015.01~2016.12, 日本口腔外科学会, 運営委員.
2016.01~2020.12, 日本口腔外科学会, 運営委員.
2005.10~2018.12, 日本口腔外科学会, 評議員.
2008.04~2010.03, 日本口腔外科学会, 運営委員.
2015.01~2018.12, 日本口腔外科学会, 運営委員.
2011.01~2016.12, 日本口腔外科学会, 運営委員.
2013.01~2020.12, 日本口腔外科学会, 運営委員.
2013.01~2020.12, 日本口腔外科学会, 運営委員.
2010.04~2020.10, 日本口腔科学会, 理事.
2005.05~2020.10, 日本口腔科学会, 評議員.
2010.06~2018.03, 日本口腔科学会, 運営委員.
2009.04~2011.03, 日本口腔科学会, 運営委員.
2011.01~2021.01, 日本口腔腫瘍学会, 理事.
2015.01~2019.01, 日本口腔腫瘍学会, 運営委員.
2013.01~2019.01, 日本口腔腫瘍学会, 運営委員.
2015.01~2019.01, 日本口腔腫瘍学会, 運営委員.
2017.01~2019.01, 日本口腔腫瘍学会, 運営委員.
2011.01~2019.01, 日本口腔腫瘍学会, 運営委員.
2011.01~2017.01, 日本口腔腫瘍学会, 運営委員.
2005.01~2019.01, 日本口腔腫瘍学会, 評議員.
2007.11~2015.03, 日本口腔腫瘍学会, 運営委員.
2009.04~2011.03, 日本口腔腫瘍学会, 運営委員.
2007.01~2019.01, 日本口腔腫瘍学会, 運営委員.
2012.04~2018.03, 日本癌治療学会, 運営委員.
2016.07~2018.07, 日本口腔顎顔面外傷学会, 理事.
2016.07~2018.07, 日本口腔顎顔面外傷学会, 評議員.
2009.04, 日本有病者歯科医療学会, 評議員.
2013.10~2019.09, 日本小児口腔外科学会, 評議員.
2015.11~2019.10, 日本小児口腔外科学会, 理事.
2015.10~2019.09, 日本小児口腔外科学会, 運営委員.
2012.04~2014.03, 日本顎顔面補綴学会, 評議員.
2007.04~2011.03, 日本口蓋裂学会, 評議員.
2016.06~2020.06, 日本顎顔面補綴学会, 代議員.
2006.10, 日本口腔顎顔面外傷学会, 評議員.
2002.05, 日本ドライマウス研究会, 代表世話人.
2003.10, 日本シェ−グレン症候群学会, 理事.
2003.05, 日本口腔科学会九州地方部会, 幹事.
2010.11~2012.10, 臨床ゲノム医療研究会, 代議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2015.05.13~2015.05.15, 第59回 日本口腔科学会学術集会, 座長(Chairmanship).
2010.09.03~2010.09.03, 第14回九州地区口腔癌研究会, 座長(Chairmanship).
2010.10.16~2010.10.18, 第55回日本口腔外科学会総会, 座長(Chairmanship).
2010.09.09~2010.09.10, 第19回日本シェーグレン症候群研究会, 座長(Chairmanship).
2010.09.04~2010.09.04, 第59回日本口腔外科学会主催歯科臨床医リフレッシュセミナー, 座長(Chairmanship).
2010.07.31~2010.08.01, 第20回日本口腔粘膜学会, 座長(Chairmanship).
2010.06.24~2010.06.25, 第64回日本口腔科学会総会 , 座長(Chairmanship).
2009.11.20~2009.11.21, 第6回日本口腔ケア学会総会・学術大会, 座長(Chairmanship).
2009.10.09~2009.10.11, 第54回日本口腔外科学会総会, 座長(Chairmanship).
2009.04.16~2009.04.17, 第63回日本口腔科学会総会 , 座長(Chairmanship).
2009.07~2009.07, 第19回日本口腔粘膜学会, 座長(Chairmanship).
2008.10.20~2008.10.21, 第53回日本口腔外科学会総会, 座長(Chairmanship).
2008.09~2008.09, 第18回日本口腔粘膜学会, 座長(Chairmanship).
2008.04.17~2008.04.18, 第62回日本口腔科学会総会 , 座長(Chairmanship).
2007.09.29~2007.09.30, 第52回日本口腔外科学会総会, 座長(Chairmanship).
2007.09, 第16回日本シェーグレン症候群研究会, 座長(Chairmanship).
2007.07, 第17回日本口腔粘膜学会, 座長(Chairmanship).
2007.04, 第61回日本口腔科学会総会 , 座長(Chairmanship).
2007.02, 第25回日本口腔腫瘍学会, 座長(Chairmanship).
2006.10, 第15回日本シェーグレン症候群研究会, 座長(Chairmanship).
2006.10.12~2006.10.13, 第51回日本口腔外科学会総会, 座長(Chairmanship).
2006.05, 第60回日本口腔科学会, 座長(Chairmanship).
2006.01, 第24回日本口腔腫瘍学会, 座長(Chairmanship).
2005.10.24~2005.10.25, 第50回日本口腔外科学会総会, 座長(Chairmanship).
2005.05, 第59回日本口腔科学会, 座長(Chairmanship).
2003.05, 第57回日本口腔科学会, 座長(Chairmanship).
2002.10, 第一回九州シェ−グレン症候群研究会, 座長(Chairmanship).
2009.09.09~2009.09.10, 第19回日本シェーグレン症候群学会, シンポジスト.
2010.09.04~2010.09.04, 第78回日本口腔外科学会九州地方会, 大会会長.
2010.09.04~2010.09.04, 第59回日本口腔外科学会主催歯科臨床医リフレッシュセミナー, 世話人、企画、座長、演者.
2010.09.03~2010.09.03, 第14回九州地区口腔癌研究会学術講演会, 世話人、企画、座長.
2010.06.23~2010.06.23, 第64回日本口腔科学会学術集会, 教育研修会の企画・司会進行.
2009.09.03~2009.09.04, 第18回日本シェーグレン症候群学会, 大会長.
2006.10, 第20回日本病院歯科口腔外科協議会学術集会, シンポジストおよびシンポジウムの企画.
2005.07, 第15回日本口腔粘膜学会総会, シンポジストおよびシンポジウムの企画.
2004.07, 第14回日本口腔粘膜学会総会, シンポジスト.
2004.05, 第58回日本口腔科学会総会, ランチョンセミナー.
2003.07, 第25回日本口腔衛生学会九州地方会総会, シンポジスト.
2003.01, 第21回日本口腔腫瘍学会総会, シンポジスト.
2002.10, 第一回九州シェ−グレン症候群研究会, 代表世話人.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2013.10~2019.10, 日本頭頸部癌学会, 国内, 編集委員.
2010.06~2015.05, Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, Medicine, Pathology, 国際, 副編集委員長 .
2010.06~2015.05, Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, 国際, 副編集委員長 .
2007.04~2011.09, 日本口腔粘膜学会誌, 国内, 編集委員.
2006.10, International Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, 国際, 編集委員.
2007.01, Asian Journal of Oral and Maxillofacial Surgery, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2013年度 35  20      55 
2012年度 30  10      40 
2011年度 28  10      38 
2010年度 16  10      26 
2009年度 10      15 
2008年度 16      24 
2007年度    
2006年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
米国バージニア大学医学部内科学教室リウマチ部門, UnitedStatesofAmerica, 1988.10~1989.09.
米国オクラホマ医学研究所免疫学部門, UnitedStatesofAmerica, 1987.08~1988.09.
外国人研究者等の受入れ状況
2015.09~2019.09, 1ヶ月以上, 九州大学大学院歯学府, Bangladesh, 日本学術振興会.
2012.04, 1ヶ月以上, 九州大学大学院歯学府, Indonesia, 文部科学省.
2009.04, 1ヶ月以上, 九州大学大学院歯学府, China, 文部科学省.
2006.04~2000.03, 1ヶ月以上, 九州大学大学院歯学府, Bangladesh, 文部科学省.
2004.04~2008.03, 1ヶ月以上, 九州大学大学院歯学府, Indonesia, 文部科学省.
2002.04~2005.03, 1ヶ月以上, 九州大学大学院歯学府, Bangladesh, 文部科学省.
2002.04~2005.03, 1ヶ月以上, 九州大学大学院歯学府, China, 文部科学省.
受賞
第51回日本口腔外科学会総会学会メダルティス賞, 日本口腔外科学会, 2006.10.
Young Scientist Award, The European Association of Oral Medicine, 2006.08.
第60回日本口腔科学会総会学会優秀発表賞, 日本口腔科学会, 2006.05.
第50回日本口腔外科学会総会ゴールドリボン賞, 日本口腔外科学会, 2005.10.
第50回日本口腔外科学会総会ゴールドリボン賞, 日本口腔外科学会, 2005.10.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2022年度, 基盤研究(B), 分担, IgG4関連疾患とその世界初モデルマウスにおける臓器線維化メカニズム解明.
2018年度~2021年度, 国際共同研究強化(B), 分担, IgG4関連疾患の病因解明と新規治療戦略 -特異なT・B細胞を標的として-.
2019年度~2021年度, 挑戦的研究(萌芽), 代表, 唾液中の可溶性マーカーに着目したIgG4関連疾患の新たな診断方法の開発.
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, 癌の微小環境構築に関わるkey regulatorを標的とした新しい癌治療戦略.
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 分担, 日米共同研究によるIgG4関連疾患の国際的疾患概念の構築と新規診断法への展開.
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 分担, Toll様受容体を標的としたシェーグレン症候群の新規治療戦略.
2017年度~2019年度, 基盤研究(A), 代表, IgG4関連疾患の病因解明とマウス疾患モデルの作製による検証.
2014年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, LH-PCR 法と次世代シーケンサーを用いた口腔カンジダ症の新たな診断方法の確立.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, 上皮間葉転換による口腔癌の浸潤・転移機構の解明 〜特にZEB1,2に着目して〜.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, 口腔扁平苔の病態形成に関わる免疫細胞ネットワークの解析.
2014年度~2017年度, 基盤研究(C), 分担, 口腔がん治療により生じる口腔細菌叢の量的・質的変化の次世代シーケンサーによる解析.
2014年度~2017年度, 基盤研究(B), 分担, 新疾患概念「IgG4関連疾患」の病態解明に向けた自然免疫からの新戦略.
2014年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, IgG4関連疾患の診断における唾液腺検査の有用性の検討.
2012年度~2017年度, 基盤研究(A), 代表, 抗腫瘍T細胞を利用した口腔癌の早期診断法およびオーダーメイド免疫療法の開発.
2011年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, ドライマウスの診断方法の確立 〜唾液を用いた新しい鑑別診断方法〜.
2008年度~2012年度, 基盤研究(B), 代表, 癌ペプチドを用いた口腔癌の早期診断法およびオーダーメイド免疫療法の開発.
2007年度~2010年度, 基盤研究(B), 分担, 遊離組織移植の生着率向上のための血管吻合手技と管理法の確立.
2007年度~2009年度, 萌芽研究, 代表, ドライマウスの分類および診断方法の確立.
2007年度~2009年度, 萌芽研究, 代表, ドライマウスの分類および診断基準の確立 〜唾液を用いた新しい診断方法について〜.
2002年度~2004年度, 基盤研究(C), 分担, 新しいシェーグレン症候群モデルマウスにおける自己抗原の同定と臨床応用.
2001年度~2003年度, 基盤研究(S), 代表, T細胞レセプター解析による口腔粘膜疾患の病態解明と新しい診断法の確立.
2000年度~2001年度, 萌芽研究, 代表, 再発性アフター性口内炎の発症分子機構の解明.
2000年度~2002年度, 一般研究(B), 代表, T細胞が認識する口腔扁平上皮癌関連抗原の同定.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2015年度~2020年度, 私立大学戦略的研究基礎基盤形成事業, 分担, 口腔の加齢制御を目指した集学的研究拠点の形成.
2015年度~2018年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, IgG4 関連疾患の診断基準並びに治療指針の確立を目指した研究
.
2015年度~2018年度, 日本医療研究開発機構研究費補助金 (難治性疾患実用化研究事業), 分担, IgG4 関連疾患の病因病態解明と新規治療法確立に関する研究.
2015年度~2018年度, 日本医療研究開発機構研究費補助金 (難治性疾患実用化研究事業), 分担, 自己免疫疾患のイノベーション研究.
2013年度~2013年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, HTLV-1関連炎症性希少疾患の病態解析と免疫療法開発研究.
2012年度~2013年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, IgG4関連疾患に関する調査研究.
2011年度~2017年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 自己免疫疾患に関する調査研究.
2011年度~2011年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, IgG4関連全身硬化性疾患の診断法の確立と治療方針の開発に関する研究.
2010年度~2010年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, IgG4関連全身硬化性疾患の診断法の確立と治療方針の開発に関する研究.
2012年度~2012年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 高齢者のドライマウスの実態調査及び標準的ケア指針の策定に関する研究.
2011年度~2011年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 高齢者のドライマウスの実態調査及び標準的ケア指針の策定に関する研究.
2010年度~2010年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 分担, 高齢者のドライマウスの実態調査及び標準的ケア指針の策定に関する研究.
2009年度~2009年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 連携, IgG4関連全身疾患の病態解明と疾患概念確立のための臨床研究.
2001年度~2003年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 連携, 高齢者の口腔乾燥症と唾液物性に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
1991年度~1991年度, 武田科学財団研究助成, 代表, 口腔領域の免疫学的疾患の発症メカニズムに関する研究.
1997年度~1997年度, 日本歯科医学会委託研究, 分担, 歯科臨床とアレルギー.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2008.12~2011.12, 代表, 糖質調整栄養補助食品「グルコパル」の血糖コントロールおよび栄養状態改善に対する有用性についての臨床研究(市販後調査).
1997.04~1998.03, 分担, 歯科臨床とアレルギー.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」