九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
中村 誠司(なかむら せいじ) データ更新日:2019.08.29

教授 /  歯学研究院 歯学部門 九州大学大学院歯学研究院口腔顎顔面病態学講座顎顔面腫瘍制御学分野


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
日本学術会議の連携会員や日本学術振興会の各種審査委員を努める。大学での臨床的研究成果については、同窓会や歯科医師会主催の講演会において数多く講演をしている。内容は、口腔癌を含めた口腔粘膜疾患、口腔乾燥症(ドライマウス)、歯科材料アレルギ−などである。特に、口腔乾燥症は歯科医が治療すべき疾患であるということ啓発する活動を行なっており、日本ドライマウス研究会では代表世話人を努め、年に2回講習会を開催して認定医の教育を行なっている。また、九州シェ−グレン症候群研究会では世話人を努め、年に1度の研究会の開催を行なっている。さらに、日本口腔粘膜機構の副理事長、国際歯科医療安全機構の理事を務め、歯科医療機関に対する新規歯科治療や医療安全体制の啓発に努めている。
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2018.06~2020.05, 理事として調査関係の責務を務める。, 日本歯学系学会協議会.

2018.04~2019.03, 特別研究員等審査会専門委員, 日本学術会議.

2014.10~2020.09, 日本学術会議連携会員, 日本学術会議.

2000.06~2011.03, JICA留学生の指導教育, JICA.

文部科学省, 日本学術振興会等による事業の審査委員等就任状況
2018.07~2020.06, 特別研究員等審査会専門委員、卓越研究員候補者選考委員会書面審査員、国際事業委員会書面審査員・書面評価員, 日本学術振興会.

2016.12~2017.11, 科学研究費委員会専門委員・挑戦的研究部会第57小委員会Ⅱ, 日本学術振興会.

2016.12~2017.11, 科学研究費委員会専門委員, 日本学術振興会.

2016.02~2020.02, 医道審議会専門委員・歯科医師分科会員, 厚生労働省.

2015.05~2020.04, 歯科医師試験委員, 厚生労働省.

2011.04~2016.03, 歯学系CBT実施小委員会委員, (社)医療系大学間共用試験実施評価機構.

2012.04~2014.03, 文部科学省科学研究費補助金申請書審査員, 日本学術振興会.

2008.12~2009.11, 科学研究費委員会専門委員, 日本学術振興会.

2007.04~2011.03, 文部科学省科学研究費補助金申請書審査員, 日本学術振興会.

2007.08~2008.07, 教授要項改訂委員会口腔外科分野委員, 歯科大学学長・歯学部長会議.

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
2018.08, 朝日新聞, 「口の乾きや目の乾燥に悩んでいませんか シェーグレン症候群」というタイトルで、口腔や眼の乾燥を生じるシェーグレン症候群に関する啓発を行った。.

2018.06, KBCラジオ, 健康長生き! 教えてドクター テーマ 「口は健康の入口」  (6月7日、14日、21日、28日の計4回の放送).

2017.05, 読売新聞, 九州大学歯学部創立50周年特集 「伝統の継承と躍進 世界を牽引する歯科医療を」.

2017.01, 朝日新聞, 口腔がんの正しい理解のために 〜その診断と治療を語る〜.

2015.09, 日本経済新聞, 「口の渇き」高齢者に増える.

2015.06, 西日本新聞, いきいき健康・医療講座 口と歯の健康を守る 「歯周病は全身疾患智関連」.

2014.11, 朝日新聞, 2) 周術期口腔機能管理の重要性.

2014.09, 読売新聞, お口から健康長寿 発展する歯科医師の役割.

2014.04, KISSEI KUR 7(1):20-25, 2014, シェーグレン症候群の診断と治療 〜最新トピックス〜.

2014.01, RKB 今日感テレビ, シェーグレン症候群とはどんな病気?.

2013.04, 読売新聞, 市民の皆さんと考える 〜お口はカラダの健康の入り口〜.

2011.06, 読売新聞, あなたのお口健康ですか? .

2009.09, 朝日新聞, ドライマウス(口腔乾燥症)〜口腔内のトラブルと唾液の関係〜.

2009.07, リビング福岡中央, その不快な症状は病気(シェーグレン症候群)のせいかもしれません.

2009.05, 読売新聞, ビスフォスフォネート系薬剤と顎骨壊死の関連性.

2008.06, 日経メディカル, 特集「口を診る」.

2008.06, 読売新聞, ドライマウス 〜症状と治療法〜.

2008.05, 糸島新聞, 骨粗鬆症治療薬と歯科 〜医療関係者が研修〜.

2008.05, 福岡FBS放送, 骨粗鬆症治療薬と歯科 〜医療関係者が研修〜.

2007.02, しんぶん赤旗日曜版, ドライマウス:口腔乾燥症.

2006.10, 九州朝日放送, とっても健康らんど 〜ドライマウス〜.

2006.10, 日経メディカル, 診療アップデート 〜ドライマウスの診断と治療〜.

2006.09, 朝日新聞, 「口腔」「膠原病」それぞれの観点から「シェーグレン症候群」を探る.

2006.08, 聖教新聞, 口や目がかわく自己免疫疾患 〜シェーグレン症候群の治療法〜.

2006.07, メディカルトリビューン, シェーグレン症候群の病因、診断、治療.

2005.10, 西日本新聞, 口内炎に特効薬.

2005.10, 西日本新聞, 口内炎 身近なのに原因不明 多い謎.

2005.06, 朝日新聞, 急増する現代病 ドライマウス.

2005.05, 西日本新聞, 口腔乾燥症 治療法幅広く.

2005.05, 西日本新聞, 口腔乾燥症 専門外来広がる動き.

2004.02, テレビ西日本, ドライマウスの現状.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2018.09, 特別講演, 九州臨床再生歯科研究会, 東京.

2018.08, 特別講演, 医療法人徳真会徳真会, 東京.

2018.07, 特別講演, 九州外来呼吸器感染症研究会, 東京.

2018.06, 特別講演, 東京都港区芝・麻布赤坂歯科医師会, 東京.

2018.02, 特別講演, 宗像歯科医師会, 福岡.

2018.01, 座長・講演, 口腔がん撲滅委員会主催講演会, 福岡.

2014.03, シェーグレン症候群と IgG4 関連疾患の新しい理解, 神奈川シェーグレン症候群研究会, 横浜崎陽軒.

2014.03, シェーグレン症候群と IgG4 関連疾患の新しい理解, 兵庫・大阪シェーグレンフォーラム, 太閤園.

2014.02, IgG4 関連唾液腺疾患の免疫異常と病態形成, 日本画像医学会, 東京ステーションカンファレンス.

2013.11, 歯科に求められている新たな病診連携 〜特に周術期口腔機能管理に際して〜, 福岡市歯科医師会, 福岡県歯科医師会館.

2013.10, 医療現場で求められている周術期口腔ケア 〜特に口腔粘膜のケアについて〜, 福岡歯科大学, 福岡県歯科医師会館.

2013.04, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療  ~最新情報とインフォームドコンセントについて~, 歯誠会, 福岡県歯科医師会館.

2013.04, 第21回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, 東京コンファレンスセンター品川.

2013.03, 九州大学創立百周年記念・九州大学歯科部門市民公開講座 「市民の皆さんと考える 〜お口はカラダの健康の入り口〜」, 主催:九州大学病院歯科部門・九州大学歯学会・読売新聞西部本社、後援:福岡県・福岡市・福岡県歯科医師会・福岡市歯科医師会・九州大学大学院歯学研究院・九州大学歯学部同窓会, 九州大学医学部百年講堂.

2013.02, ドライマウスの臨床の最前線, 日本ドライマウス研究会, 大手町ファーストスクエア カンファレンス.

2013.01, 臨床家が注意すべき口腔粘膜疾患 〜ドライマウスを中心に〜, 宮崎市郡東諸県郡歯科医師会, JA・AZM 本館中研修室.

2012.10, Role of maxillo-mandibular fixation および AOCMF の概要, AOCMF, 福岡大学.

2012.11, 第20回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, 東京コンファレンスセンター品川.

2012.08, シェーグレン症候群の診断と治療 ~特にドライマウスについて~, 宮崎県医師会, 宮崎観光ホテル.

2012.08, 闘病中の口腔ケアの重要性と口腔がんの早期発見, 平成24年度福岡県「NPOと県との新たな公共サービス提案事業」, イムズ 「シャンガーデン」.

2012.06, 高齢者における口腔粘膜異常 〜唾液の関わりについて〜, 日本抗加齢医学会, パシフィコ横浜会議センター.

2012.04, Role of maxillo-mandibular fixation および Lag screw: Principles and clinical application, AOCMF, 東京慈恵会医科大学.

2012.03, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療 〜最新情報とインフォームドコンセントについて〜, 福岡県歯科医師会, 福岡県歯科医師会館.

2012.03, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療 〜最新情報とインフォームドコンセントについて〜, 飯塚歯科医師会, 飯塚歯科医師会館.

2012.03, 外分泌腺障害の臨床:シェーグレン症候群による唾液腺障害を中心に, 日本ドライシンドローム学会, 東京ステーションコンファレンス(サピアタワー5階).

2012.02, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療, 宮崎市郡東諸県郡歯科医師会, 宮崎県歯科医師会館・ 4Fホール.

2011.12, 医事処理関連の症例について 〜口腔外科の立場から〜, 糟谷歯科医師会, 福岡県歯科医師会館.

2011.11, 第19回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2011.09, ビスフォスフォネート系薬剤と歯科治療, 日本ドライマウス研究会, 鶴見大学会館・ B1 メインホール.

2011.09, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, 玉名郡市歯科医師会, 司ロイヤルホテル.

2011.07, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療 〜最新情報とインフォームドコンセントについて〜, 佐賀県歯科医師会, 四季彩ホテル 千代田館.

2011.06, ドライマウス診療におけるシェーグレン症候群の鑑別診断, ドライマウス研究会, HAKUYOHビル1F会議室.

2010.11, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, 熊本県歯科医師会, 熊本県歯科医師会館・4階会議場.

2010.11, ドライマウス診療の新展開, 日本外傷歯学会, アクロス福岡・4階国際会議場.

2010.09, 「ビスフォスフォネート治療に対する歯科医・口腔外科医の対応」 ビスフォスフォネート治療における顎骨壊死の現状, 日本口腔外科学会主催, 九州大学医学部百年講堂.

2010.07, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, 佐賀リウマチ研究会, マリトピア 3階「吉祥」.

2010.06, 口底部悪性腫瘍の切除および再建術式, 口腔顎顔面外科研究会(OMFSM), 恵佑会札幌病院.

2010.06, 根治的頸部郭清術(radical neck dissection), 顎顔面手術手技研究会, 札幌プリンスホテル国際館パミール.

2010.06, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, 福岡県保険医協会・歯科保険医協会主催, 福岡国際ホール(西日本新聞会館 16F).

2010.06, 第2回歯科臨床セミナー 「骨粗鬆症患者の歯科治療」, 九州大学病院歯科部門・九州大学歯学会共催, 九州大学病院大講堂.

2010.05, 第2回高知口腔科学研究会 「 ドライマウス診療における新展開」, 高知口腔科学研究会, 総合あんしんセンター 3階大会議室.

2010.04, 「基本から見直す歯科小手術 〜一般外科から歯周外科・インプラント外 科までを総点検〜」 外来手術の際の心構え 〜大学での取り組みを中心に〜, 九州大学歯学部同窓会春季学術講演会, 福岡県歯科医師会館.

2010.04, 第17回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2010.03, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死 〜最新情報について〜, 飯塚薬剤師会, 飯塚市歯科医師会館.

2009.10, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, 粕屋薬剤師会, サンレイクかすや(福岡).

2009.09, 第16回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2009.08, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, エーザイ株式会社, エーザイ株式会社福岡コミュニケーションオフィス(太宰府).

2009.07, 口腔乾燥症(ドライマウス)と口臭, 口鼻臭臨床研究会, 福岡県歯科医師会館(福岡).

2009.07, 骨粗鬆症の臨床現場におけるBPの役割と問題点 〜歯科医の立場から〜, 西日本骨・関節関連疾患懇話会, タカクラホテル福岡.

2009.07, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, 粕屋三師会, 福岡県歯科医師会館(福岡).

2009.05, 第15回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2009.02, ビスフォスフォネート(BP)系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療, 北九州市門司歯科医師会, 門司歯科医師会館(北九州).

2009.02, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, 柳川山門歯科医師会, 柳川山門歯科医師会館(福岡).

2009.01, 求められる新たな歯科の診療分野 〜ドライマウスの診断と治療〜, キッセイ薬品, 全日空ホテル熊本(熊本).

2008.10, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, 北九州戸畑歯科医師会, 戸畑歯科医師会館(北九州).

2008.10, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, 朝倉三師会, 朝倉医師会館(福岡).

2008.10, ビスフォスフォネート(BP)系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療, 九州大学歯学部同窓会大分支部, 大分県歯科医師会館(大分).

2008.09, 第14回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2008.08, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, 京都歯科医師会, 京都歯科医師会館(福岡).

2008.08, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, 八女筑後歯科医師会, 八女筑後歯科医師会館(北九州).

2008.08, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療, 若松歯科医師会, 若松歯科医師会館(北九州).

2008.07, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療, 松本歯科大学, 松本歯科大学.

2009.07, 求められる新たな歯科の診療分野 〜ドライマウスの診断と治療〜, 神奈川歯科大学学会, 神奈川歯科大学(神奈川).

2008.06, ビスフォスフォネート(BP)系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死・顎骨骨髄炎, 福岡市薬剤師会, 福岡氏薬剤師会館.

2008.06, ビスフォスフォネート(BP)系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療, 筑紫歯科医師会, 筑紫歯科医師会館.

2008.05, ビスフォスフォネート(BP)系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死・顎骨骨髄炎, 糸島歯科医師会・糸島医師会, 糸島歯科医師会館.

2008.05, ビスフォスフォネート(BP)系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療, ペリオリサーチ, 福岡県歯科医師会館.

2008.05, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療, 九州大学病院, 九州大学病院.

2008.05, ビスフォスフォネート(BP)系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療, 飯塚歯科医師会, 飯塚歯科医師会館.

2008.05, ビスフォスフォネート(BP)系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療, 宗像歯科医師会, 宗像歯科医師会館.

2008.04, 第13回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2008.04, ビスフォスフォネート(BP)系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療, 粕屋歯科医師会, 福岡県歯科医師会館.

2008.03, ビスフォスフォネート系薬剤の投与を受けている患者さんの顎骨壊死, 唐津東松浦医師会、唐津東松浦歯科医師会, 佐賀.

2008.03, ビスフォスフォネート(BP)系薬剤の投与を受けている患者さんの歯科治療, 福岡市歯科医師会医療管理講習会, 福岡県歯科医師会館.

2008.04, 求められる新たな歯科の診療分野 〜ドライマウスの診断と治療〜, 福岡市ロータリークラブ, 西鉄グランドホテル(福岡).

2007.10, 第12回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2007.04, 第11回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2007.02, 次世代医療システム産業化フォーラム 2006
「歯科医療で求められている新しい技術あるいは検査機器」, 大阪商工会議所, 大阪商工会議所.

2006.10, 第10回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2006.10, 日本病院歯科口腔外科協議会学術集会 シンポジウム 〜ドライマウス診療の新展開〜, 日本病院歯科口腔外科協議会, 北九州.

2006.10, 第1回摂食・嚥下機能支援セミナー, 九州大学病院歯科部門摂食・嚥下機能支援外来, 福岡.

2006.07, ドライマウスと口臭, MDA, 福岡.

2006.07, 求められている新たな歯科の診療分野 〜ドライマウスの診断と治療〜, 飯塚歯科医師会, 飯塚.

2006.06, ドライマウス札幌サテライト講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, 札幌.

2006.06, シェーグレン症候群におけるドライマウス, 膠原病友の会, 福岡.

2006.05, ドライマウス福岡サテライト講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, 九州大学医学部百年講堂(福岡).

2006.03, 第9回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2006.03, 歯科で求められている口腔外科の新たな役割, 九州御茶の水会, 福岡.

2005.11, 求められている新たな歯科の診療分野 〜ドライマウスの診断と治療〜, 九州大学歯学部同窓会, 福岡.

2005.11, 歯科に求められている口腔外科の新たな役割, 大分県南佐歯科医師会, 佐伯.

2005.11, 社会に求められている口腔外科の新たな役割, 九州中央病院, 福岡.

2005.11, 造血幹細胞移植後の慢性GVHDによる口腔粘膜病変 〜病態および治療〜, 九州大学小児科, 福岡.

2005.10, 口腔粘膜疾患について, 糸島歯科医師会, 福岡.

2005.10, 第8回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2005.08, 歯科で求められている口腔外科の新たな役割, 粕屋歯科医師会, 福岡.

2005.07, 歯科で求められている口腔外科の新たな役割, 九州大学歯学部同窓会熊本支部, 熊本.

2005.06, シェーグレン症候群の発症および進展の分子機構, 九州大学小児科, 福岡.

2005.06, 求められる新たな歯科の診療分野 ~ドライマウスの診断と治療~, 歯誠会学術講演会, 福岡.

2005.05, 歯科で求められている口腔外科の新たな役割, 福岡市歯科医師会, 福岡.

2005.05, 歯科で求められている口腔外科の新たな役割, 筑紫歯科医師会学術講演会, 福岡.

2005.04, 第7回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2004.10, 第6回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2004.07, 第5回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2004.04, 第4回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2003.11, 前癌病変・口腔癌を見逃すな!, 九州大学歯学部同窓会, 福岡.

2003.11, シェーグレン症候群における唾液腺病変, 栃木県シェーグレンの会, 宇都宮.

2003.10, シェーグレン症候群の診断と治療, 北九州ドライマウス研究会, 北九州.

2003.10, 第3回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2003.04, 第2回ドライマウス講習会 〜シェーグレン症候群の病因、診断、治療〜, 日本ドライマウス研究会, KDDIホール(東京).

2003.02, 口腔領域のアレルギー性疾患 〜歯科金属アレルギーを中心に〜, 長崎県医科歯科保険医協会, 長崎.

諸外国を対象とした高度専門職業人教育活動
2010.06~2010.09, JICA, China.

2009.06~2009.09, JICA, China.

2008.06~2008.09, JICA, China.

2007.06~2007.09, JICA, China.

2007.07~2007.07, 12th AO Cranio-Maxillofacial Principles Course Seoul, Korea.

2006.06~2006.09, JICA, China.

2005.06~2005.09, JICA, China.

2004.06~2004.09, JICA, China.

2003.06~2003.09, JICA, China.

2002.06~2002.09, JICA, China.

その他の優れた社会貢献活動
2018年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2017年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2016年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2016年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2015年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2014年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2013年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2012年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2011年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2010年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2009年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2008年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2007年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2006年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2005年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2004年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2003年度, 日本ドライマウス研究会代表世話人.

2010年度, 九州シェーグレン症候群研究会世話人.

2009年度, 九州シェーグレン症候群研究会世話人.

2008年度, 九州シェーグレン症候群研究会世話人.

2007年度, 九州シェーグレン症候群研究会世話人.

2006年度, 九州シェーグレン症候群研究会世話人.

2005年度, 九州シェーグレン症候群研究会世話人.

2004年度, 九州シェーグレン症候群研究会世話人.

2003年度, 九州シェーグレン症候群研究会世話人.

2002年度, 九州シェーグレン症候群研究会世話人.

2009年度, 日本シェーグレン症候群研究会世話人.

2008年度, 日本シェーグレン症候群研究会世話人.

2007年度, 日本シェーグレン症候群研究会世話人.

2006年度, 日本シェーグレン症候群研究会世話人.

2005年度, 日本シェーグレン症候群研究会世話人.

2004年度, 日本シェーグレン症候群研究会世話人.

2003年度, 日本シェーグレン症候群研究会世話人.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2019.04~2021.03, 大学院歯学研究院長・歯学府長・学部長.

2018.04~2020.03, 九州大学優秀女性研究者賞候補者選考委員会委員.

2016.04~2020.03, 九州大学QRプログラム専門委員会委員.

2012.04~2019.03, 九州大学病院副病院長(統括・歯科担当).

2012.04~2018.06, 大学評価委員会.

2010.04~2013.03, 教育改革企画支援室会議委員.

2007.04~2013.03, 教務委員会.

2009.04~2011.03, 大学院共通教育専門委員会.

2009.04~2011.03, 入学試験委員長.

2009.04~2011.03, 副研究院長.

2005.04~2009.03, 教務委員会委員長.

2005.04~2010.03, 将来計画検討委員.

2005.04~2010.03, 任期制検討委員会作業部会委員.

2005.04~2010.03, 教育計画検討委員.

2005.04~2010.03, 広報委員.

2005.04~2010.03, 卒後臨床研修委員会委員.

2005.04~2010.03, 九州大学病院歯科部門企画委員(管理、診療体制担当).

2005.04~2010.03, 将来計画委員会歯科部会委員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」