九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動 病院臨床活動
鮎川 保則(あゆかわ やすのり) データ更新日:2019.07.05

准教授 /  歯学研究院 歯学部門 口腔機能修復学講座


主な研究テーマ
インプラント治療に関連した骨増生に関する研究
キーワード:インプラント、骨増生、トップダウントリートメント
2005.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Daisuke Esaki, Yasuyuki Matsushita, Yasunori AYUKAWA, NOBUO SAKAI, Yoshinori Sawae, kiyoshi koyano, Relationship between the magnitude of immediate loading and peri-implant bone strength in dogs., Clinical Oral Implants Research, 10.1111/j.1600-0501.2011.02305.x, 23, 11, 1290-1296, 2012.11.
2. Takashi Kono, Yasunori AYUKAWA, Moriyama Yasuko, Kosaku Kurata, Hiroshi Takamatsu, kiyoshi koyano, The Effect of Low-Magnitude, High-Frequency Vibration Stimuli on the Bone Healing of Rat Incisor Extraction Socket., Journal of Biomechanical Engineering, 134, 9, 091001-1-091001-6, 2012.09.
3. Koichi Yamane, Yasunori AYUKAWA, Toru Takeshita, Akihiro Furuhashi, Yoshihisa Yamashita, kiyoshi koyano, Bacterial adhesion affinities of various implant abutment materials, Clinical Oral Implants Research, 10.1111/j.1600-0501.2012.02574.x, in press, 2012.08.
4. Isoda K, Ayukawa Y, Tsukiyama Y, Sogo M, Matsushita Y, Koyano K., Relationship between the bone density estimated by cone-beam computed tomography and the primary stability of dental implants, Clinical Oral Implants Research, 10.1111/j.1600-0501.2011.02203.x, 23, 7, 832-836, 2012.07.
5. Okawachi H, Ayukawa Y, Atsuta I, Furuhashi A, Sakaguchi M, Yamane K, Koyano K., Effect of titanium surface calcium and magnesium on adhesive activity of epithelial-like cells and fibroblasts, Biointerphases, 10.1007/s13758-012-0027-9, 7, 27, 2012.04.
6. Atsuta I, Ayukawa Y,Ogino Y, Moriyama Y, Koyano K., Evaluations of epithelial sealing and peri-implant epithelial down-growth around “step-type” implants, Clinical Oral Implants Research, 10.1111/j.1600-0501.2011.02163.x, 23, 4, 459-466, 2012.04.
7. Akihiro Furuhashi, Yasunori AYUKAWA, ATSUTA IKIRU, Hideyuki Okawachi, kiyoshi koyano, The difference of fibroblast behavior on titanium substrata with different surface characteristics, Odontology, 100, 2, 199-205, 2012.04.
8. 古橋明大、鮎川保則、熱田 生、坂口真実、山根晃一、Rakhmatia YD、大川内秀幸、古谷野 潔, インプラントアバットメント材料としてのジルコニアに対する上皮性付着および生物学的幅径の形成, 別冊Quintessence Year Book 2012, 184-190, 2012.03.
9. Zhang L, Ayukawa Y, LeGeros RZ, Matsuya S, Koyano, K, Ishikawa K., Tissue-response to calcium-bonded titanium surface., Journal of Biomedical Materials Research , 95A, 1, 33-39, 2010.05.
10. Moriyama Y, Ayukawa Y, Ogino Y, Atsuta I, Todo M, Takao Y, Koyano K., Local application of fluvastatin improves peri-implant bone quantity and mechanical property. A rodent study., Acta Biomaterialia, 6, 4, 1610-1618, 2010.04.
11. Masuzaki T, Ayukawa Y, Moriyama Y, Jinno Y, Atsuta I, Ogino Y, Koyano K., The effect of a single remote injection of statin-impregnated poly (lactic-co-glycolic acid) microspheres on osteogenesis around titanium implants in rat tibia., Biomaterials, 31, 12, 3327-3334, 2010.04.
12. Ayukawa Y, Ogino Y, Moriyama Y, Atsuta I, Jinno Y, Kihara M, Tsukiyama Y, Koyano K., Simvastatin enhances bone formation around titanium implants in rat tibiae., Journal of Oral Rehabilitation, 37, 2, 123-130, 2009.11.
13. Moriyama Y, Ayukawa Y, Kabemura K, Matsushita Y, Kihara M, Tsukiyama Y, Todo M, Takao Y, Koyano K., The alteration of peri-implant bone response exposed to static lateral load, Journal of Biomechanical Science and Engineering, 4, 3, 326-335, 2009.07.
14. Jinno Y, Ayukawa Y, Ogino Y, Atsuta I, Tsukiyama Y, Koyano K., Vertical bone augmentation with fluvastatin in an injectable delivery system: a rat study. , Clinical Oral Implants Research, 20, 8, 756-760, 2009.05.
15. Ogino Y, Ayukawa Y, Kukita T, Atsuta I, Koyano K., Platelet-rich plasma suppresses osteoclastogenesis by promoting the secretion of osteoprotegerin in vitro., Journal of Periodontal Research, 44, 2, 217-224, 2009.04.
16. Ayukawa Y, Yasukawa E, Moriyama Y, Ogino Y, Wada H, Atsuta I, Koyano K., Local application of statin promoted bone repair through the suppression of osteoclasts and the enhancement of osteoblasts at bone-healing sites in rats. , Oral Surgery Oral Medicine Oral Pathology Oral Radiology and Endodontology, 107, 3, 336-342, 2009.03.
17. Moriyama Y, Ayukawa Y, Ogino Y, Atsuta I, Koyano K., Topical application of statin affects the bone healing around implants, Clinical Oral Implants Research, 19, 6, 600-605, 2008.05.
18. Ogino Y, Ayukawa, Y, Kukita T, Koyano K., The contribution of platelet-derived growth factor, transforming growth factor-beta1 and insulin-like growth factor-I in platelet-rich plasma (PRP) to the proliferation of osteoblast-like cells., Oral Surgery Oral Medicine Oral Pathology Oral Radiology and Endodontology, 101:724-729, 2006.06.
19. Ogino Y, Ayukawa, Y, Tsukiyama Y, Koyano K., The effect of platelet-rich plasma on the cellular response of rat bone marrow cells in vitro., Oral Surgery Oral Medicine Oral Pathology Oral Radiology and Endodontology, 10.1016/j.tripleo.2005.03.007, 100, 3, 302-307, 100:302-307, 2005.09.
20. Okamura A, Ayukawa Y, Iyama S, Koyano K, Effect of the difference of bone turnover on peri-titanium implant osteogenesis in ovariectomized rats, Journal of Biomedical Materials Research, 10.1002/jbm.a.30110, 70A, 3, 497-505, 70A: 497-505, 2004.07.
21. Ayukawa Y, Okamura A, Koyano K, Simvastatin promotes osteogenesis around titanium implants. A histological and histometrical study in rats, Clinical Oral Implants Research, 10.1111/j.1600-0501.2004.01015.x, 15, 3, 346-350, 15(3):346-350, 2004.06.
22. H. Ikeda, M. Shiraiwa, T. Yamaza, M. Yoshinari, M.A. Kido, Y. Ayukawa, T. Inoue, K. Koyano, T. Tanaka, Difference in penetration of horseradish peroxidase tracer as a foreign substance into the peri-implant or junctional epitherium of rat gingivae, Clin Oral Implants Res, 10.1034/j.1600-0501.2002.130303.x, 13, 3, 243-251, Vol.13,pp.243-251, 2002.01.
23. H. Ikeda, T. Yamaza, M. Yoshinari, Y. Ohsaki, Y. Ayukawa, M.A. Kido, T. Inoue, M. Shimono, K. Koyano, T. Tanaka, Ultrastructural and immunoelectron microscopic studies of the peri-implant epitherium-implant (Ti-6Al-4V) interface of rat maxilla, J Periodontol, 10.1902/jop.2000.71.6.961, 71, 6, 961-973, Vol.71,pp.961-973, 2000.01.
24. Y. Ayukawa, F. Takeshita, T. Inoue, M. Yoshinari, M. Shimono, T. Suetsugu, T. Tanaka, An immunmoelectron microscopic localization of noncollagenous bone proteins (osteocalcin and osteopontin) at the bone-titanium interface, J Biomed Mater Res, 10.1002/(SICI)1097-4636(199807)41:1<111::AID-JBM14>3.0.CO;2-Q, 41, 1, 111-119, Vol.41,pp.111-119, 1998.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 鮎川保則、正木千尋、辻光弘、湯浅慶一郎、武田孝之, 集学的観点からインプラント治療を考える, 日本補綴歯科学会誌, https://doi.org/10.2186/ajps.11.116, 2019.04.
2. 鮎川保則, 組織再生と細胞・足場・生理活性物質, 顎顔面補綴, 2018.12.
主要学会発表等
1. Yasunori Ayukawa, An establishment and persistence of osseointegration and peri-implant soft tissue sealing. An experimental study., International Congress of Oral Implantologists Asia-Pacific Resion, 2015.11.
2. 鮎川 保則, インプラント埋入時の初期固定を確実にするためには?, 第45回日本口腔インプラント学会学術大会, 2015.09.
3. Yasunori Ayukawa, The acquisition of secure peri-implant soft tissue sealing, 2015 Joint Congress of JPS-CPS-KAP, 2015.04.
4. 鮎川 保則, 九州大学病院における病院情報システムリプレイスと歯科システムの評価, 平成25年度大学病院マネジメント部門連絡会議, 2014.02.
5. Yasunori Ayukawa, Osseo-/Soft Tissue Integration.How Are They Established?, The First Joint Workshop on Prosthodontic Research between Shanghai JiaoTong U, Kyushu U, and Korea U, 2013.04.
6. 鮎川 保則, 熱田 生, 古谷野 潔, インプラント-生体界面の統合的理解と持続性ある界面獲得のストラテジー, 第29回歯科医学を中心とした総合的な研究を推進する集い, 2013.01.
7. 鮎川保則, 歯科領域におけるInterface 制御 -歯科インプラントにおけるインターフェース形成と制御-, 第33回日本バイオマテリアル学会大会, 2011.11.
8. 鮎川保則, バイオエンジニアリングが拓く補綴歯科イノベーション -臨床ニーズに即した骨再生のストラテジー-
, 日本補綴歯科学会第120回記念学術大会, 2011.05.
9. 鮎川保則, 骨増生・骨再生の極近未来 -bench to clinic-, 平成22年度日本補綴歯科学会九州支部学術講演会, 2010.11.
10. Ayukawa Y., Bone engineering for dental implantology: which modalities are really potential?, The 6th Congress of the Asian academy of Osseointegration, 2010.11.
11. Ayukawa Y, Koyano K., Temporal changes in the ultrastructural localization of bone proteins at the bone-titanium interface of rat, Nano/Amorphous Materials and Interface Science Symposium, 2009.08.
学会活動
所属学会名
International Congress of Oral Implantologists
歯科基礎医学会
日本骨代謝学会
日本補綴歯科学会
日本口腔インプラント学会
日本バイオマテリアル学会
Japanese Association for Dental Research
International College of Prosthodontists
International Association for Dental Research
Asian Academy of Osseointegration
学協会役員等への就任
2019.06~2021.06, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2019.05~2019.05, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2016.01~2018.12, Asian Academy of Osseointegration, 評議員.
2018.07~2020.06, 日本口腔インプラント学会, 運営委員.
2018.07~2020.06, 日本口腔インプラント学会, 運営委員.
2017.07~2018.06, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2018.06~2020.06, 日本口腔インプラント学会, 運営委員.
2017.06~2019.06, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2017.06~2017.07, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2017.06~2016.07, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2016.07~2016.09, 日本口腔インプラント学会, 運営委員.
2016.07~2016.07, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2014.03~2018.06, 日本口腔インプラント学会, 運営委員.
2013.05~2015.06, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2015.06~2017.06, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2014.07~2014.07, The 9th Scientific Meeting of the Asian Academy of Osseointegration, Oral presentation evaluation committee member.
2014.10~2014.10, International Congress of Oral Implantologists World Congress XXXI, Poster evaluation committee member.
2011.04, 日本口腔インプラント学会, 評議員.
2010.04~2013.05, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2013.05~2013.05, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2009.04~2013.05, 日本補綴歯科学会, 評議員.
2008.05~2012.03, 日本口腔インプラント学会, 運営委員.
2012.05~2012.05, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2011.04~2013.03, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2011.04, 日本補綴歯科学会, 運営委員.
2005.04~2007.03, 日本補綴歯科学会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.11.11~2018.11.11, Asian Academy of Osseointegration Congress meets ITI Korea and KASFO 2018 International Allied Conference, 特別講演演者.
2018.09.21~2018.09.21, 11th Asian Academy of Prosthodontics Biennial Congress, 特別講演演者.
2018.08.25~2018.08.25, 平成30年度日本補綴歯科学会九州支部学術大会, 特別講演演者.
2018.11.18~2018.11.18, 第38回日本口腔インプラント学会中国・四国支部学術大会, シンポジスト.
2018.09.08~2018.09.08, 第60回歯科基礎医学会学術大会, シンポジスト、コーディネーター.
2018.09.16~2018.09.16, 第48回日本口腔インプラント学会学術大会, シンポジスト.
2018.06.30~2018.06.30, 第35回日本顎顔面補綴学会総会・学術大会, シンポジスト.
2018.06.15~2018.06.17, 日本補綴歯科学会第127回学術大会, 課題口演審査委員.
2018.06.15~2018.06.17, 日本補綴歯科学会第127回学術大会, 座長.
2017.09.23~2017.09.24, 第47回日本口腔インプラント学会, 座長(Chairmanship).
2016.09.17~2016.09.19, 第46回日本口腔インプラント学会, 座長(Chairmanship).
2015.09.21~2015.09.23, 第45回日本口腔インプラント学会, 座長(Chairmanship).
2015.08.01~2015.08.02, ICOI Japan Congress 2015, 座長(Chairmanship).
2015.01.31~2015.02.01, 日本口腔インプラント学会九州支部学術大会, 座長(Chairmanship).
2014.07.04~2014.07.04, The 9th Scientific Meeting of the Asian Academy of Osseointegration, 座長(Chairmanship).
2013.09.13~2013.09.15, 第43回日本口腔インプラント学会学術大会, 運営.
2013.09.13~2013.09.15, 第43回日本口腔インプラント学会, 座長(Chairmanship).
2013.01.19~2013.01.20, 日本口腔インプラント学会九州支部学術大会, 座長(Chairmanship).
2012.09.21~2012.09.23, 第42回日本口腔インプラント学会, 座長(Chairmanship).
2012.02.16~2012.02.16, 九州大学大学院歯学研究院プロジェクト「口腔健康科学」&「口腔組織の再生・再建医療」大学院生発表会, 座長(Chairmanship).
2011.09.17~2011.09.18, 第41回日本口腔インプラント学会, 座長(Chairmanship).
2011.03.04~2011.03.05, The 6 th International Joint Symposium on "Dental and Craniofacial Morphogenesis and Tissue Regeneration" and "Oral Health Science", 座長(Chairmanship).
2010.09.18~2010.09.19, 第40回日本口腔インプラント学会, 座長(Chairmanship).
2007.05~2007.05, Asian Academy of Prosthodontics, 座長(Chairmanship).
2007.03~2007.03, 「魅力ある大学院教育イニシアティブ」第2回 国際シンポジウム = 口腔顎顔面領域の発生と再生 =, 座長(Chairmanship).
1999.06, 第29回日本口腔インプラント学会, 座長(Chairmanship).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2018.07~2020.06, International Journal of Implant Dentistry, 国際, 編集委員.
2014.02, Implant Dentistry, 国際, 編集委員.
2011.04, Journal of Prosthodontic Research, 国際, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2013年度
2012年度 15  19 
2011年度 15  20 
2010年度 12  14 
2009年度 12  14 
2008年度 12  15 
2007年度
2006年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Malmo University, Sweden, 2016.03~2016.03.
University of Iowa, UnitedStatesofAmerica, 2012.06~2012.08.
受賞
日本補綴歯科学会課題口演コンペティション, 日本補綴歯科学会, 2003.10.
Best Oral Award, European Association for Osseointegration, 2004.09.
日本補綴歯科学会奨励論文賞, 日本補綴歯科学会, 2005.05.
日本補綴歯科学会中堅優秀論文賞, 日本補綴歯科学会, 2011.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2019年度~2022年度, 基盤研究(B), 代表, インプラント治療とMesenchymal Stem Cell Aging.
2015年度~2019年度, 基盤研究(A), 分担, デンタルインターフェースにおける応力-セルシグナル変換の解明と個体差医療への展開.
2016年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 間葉系幹細胞を用いた自律反応型メカノセンサーの開発.
2015年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 未分化間葉系幹細胞を用いた力を起因とする歯科疾患の超早期自律診断と予防治療の開発.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, インプラントの細胞骨格制御能に注目したオッセオインテグレーションへのアプローチ.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, マイクロクラックから解明するオッセオインテグレーション獲得後の骨リモデリング機構.
2014年度~2015年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, チタンをニッチとしたヒト歯肉由来間葉系幹細胞によるインプラント周囲組織の再生治療.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, チタン親和性を有する間葉系幹細胞の開発と歯科インプラント治療への応用 .
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 破骨細胞の分化制御を基盤としたインプラント周囲骨動態制御法の開発.
2012年度~2015年度, 基盤研究(A), 分担, インプラント界面成立機構の解明と機能的界面の維持に関する研究.
2011年度~2013年度, 基盤研究(B), 代表, 骨増生の予知性を高める新規手法の開発とその効果の検討.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, ティッシュエンジニアリングの三要素から見た補綴前処置としてのテーラーメイド骨再生.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 分担, 応力によるインプラント周囲骨吸収メカニズムの解明と適切なインプラント形状の提案.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, チタンをニッチとした間葉系幹細胞による新規インプラント治療.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, 再生医学と低結晶性炭酸アパタイトを応用した新規骨再生法の開発.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 分担, チタン・生体双方へのアプローチによるインターフェースの構築・維持に関する研究.
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 代表, 戦略的補綴治療としての補綴前骨増生を手術なしで行う手法の開発とその原理の検討.
2008年度~2009年度, 萌芽研究, 分担, インプラント周囲骨吸収に対する負担荷重の関与の解明-特に感染との関連について-.
2007年度~2008年度, 基盤研究(C), 分担, 埋入トルク値に基づくインプラント補綴治療の新しいプロトコールの展開
.
2006年度~2008年度, 基盤研究(B), 分担, ドラッグデリバリーシステムを用いた新規骨再生法の開発とその細胞内メカニズムの解明.
2002年度~2004年度, 若手研究(A), 代表, 接着性ペプチドの応用によるチタンの生体親和性を向上させる薬剤の開発.
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会以外)
2012年度~2013年度, JST研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ, 代表, インプラント周囲軟組織封鎖性向上を目指した新規デザインの開発.
2013年度~2013年度, JST研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)探索タイプ, 分担, スタチンを応用した新規炭酸アパタイト骨補填材の開発.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」