九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
片山 勉(かたやま つとむ) データ更新日:2019.11.22

教授 /  薬学研究院 臨床薬学部門 生命薬学


教育活動概要
基礎生物学演習、コアセミナー、全学教育科目(生命科学II)、生命薬学 I、分子遺伝学、システム分子生物学、細胞複製システム論、生命薬学総論などの講義、および、生物化学実習:核酸の構造と機能、卒業研究指導、大学院生の研究指導とセミナー
また、理学部、農学部、医学部、生医研の教員と共同で、若手育成活動(共同セミナー、研究体験コース)などを実施している。

教科書:
片山 勉(2002)「VII章 染色体複製の制御、2.1 原核生物における複製制御」,
松影昭夫・正井久雄編「ゲノムの複製と分配」,
シュプリンガーフェアラーク東京
担当授業科目
2019年度・夏学期, 細胞複製システム論.

2019年度・春学期, システム分子生物学A.

2019年度・夏学期, システム分子生物学B.

2019年度・秋学期, 分子遺伝学A.

2019年度・冬学期, 分子遺伝学B.

2019年度・前期, 分子生物学.

2018年度・夏学期, 細胞複製システム論.

2018年度・前期, システム分子生物学.

2018年度・秋学期, 分子遺伝学A.

2018年度・冬学期, 分子遺伝学B.

2018年度・前期, 分子生物学.

2017年度・夏学期, 細胞複製システム論.

2017年度・後期, 生物科学系教育指導実習.

2017年度・通年, 先端研究実験 I および II.

2017年度・前期, 先端研究演習:生物薬学演習 I および II.

2017年度・前期, システム分子生物学.

2017年度・前期, 分子生物学.

2017年度・後期, 分子遺伝学.

2017年度・後期, 薬学少人数ゼミナール.

2017年度・後期, 安全取り扱い講義(遺伝子組換え実験).

2017年度・前期, 創薬科学総論I.

2017年度・後期, 薬学基礎実習III.

2017年度・通年, 薬学特別実習.

2016年度・前期, 先端研究演習:生物薬学演習 I および II.

2016年度・通年, 先端研究実験 I および II.

2016年度・後期, 生物科学系教育指導実習.

2016年度・前期, 先端研究基礎講義:細胞複製システム論.

2016年度・通年, 薬学特別実習.

2016年度・後期, 薬学基礎実習III.

2016年度・前期, 創薬科学総論I.

2016年度・後期, 安全取り扱い講義(遺伝子組換え実験).

2016年度・後期, 薬学少人数ゼミナール.

2016年度・前期, 分子生物学.

2016年度・後期, 分子遺伝学.

2016年度・前期, システム分子生物学.

2015年度・前期, 分子生物学.

2015年度・前期, 先端研究演習:生物薬学演習 I および II.

2015年度・通年, 先端研究実験 I および II.

2015年度・後期, 生物科学系教育指導実習.

2015年度・前期, 先端研究基礎講義:細胞複製システム論.

2015年度・通年, 薬学特別実習.

2015年度・後期, 薬学基礎実習III.

2015年度・前期, 創薬科学総論I.

2015年度・後期, 安全取り扱い講義(遺伝子組換え実験).

2015年度・後期, 分子遺伝学.

2015年度・前期, システム分子生物学.

2014年度・前期, 先端研究演習:生物薬学演習 I および II.

2014年度・通年, 先端研究実験 I および II.

2014年度・後期, 生物科学系教育指導実習.

2014年度・前期, 先端研究基礎講義:細胞複製システム論.

2014年度・通年, 薬学特別実習.

2014年度・後期, 薬学基礎実習III.

2014年度・前期, 創薬科学総論I.

2014年度・後期, 安全取り扱い講義(遺伝子組換え実験).

2014年度・後期, 分子遺伝学.

2014年度・前期, システム分子生物学.

2013年度・前期, コアセミナー.

2013年度・後期, 生命薬学I.

2013年度・後期, 分子遺伝学.

2013年度・前期, システム分子生物学.

2013年度・後期, 安全取り扱い講義(遺伝子組換え実験).

2013年度・前期, 創薬科学入門.

2013年度・後期, 薬学基礎実習III.

2013年度・通年, 薬学特別実習.

2013年度・前期, 先端研究英語講義:生物薬学研究.

2013年度・前期, 先端研究基礎講義:細胞複製システム論.

2013年度・後期, 生物科学系教育指導実習.

2013年度・通年, 先端研究実験 I および II.

2013年度・前期, 先端研究演習:生物薬学演習 I および II.

2012年度・前期, 先端研究演習:生物薬学演習 I および II.

2011年度・前期, 先端研究演習:生物薬学演習 I および II.

2012年度・通年, 先端研究実験 I および II.

2011年度・通年, 先端研究実験 I および II.

2012年度・後期, 生物科学系教育指導実習.

2011年度・後期, 生物科学系教育指導実習.

2012年度・前期, 先端研究基礎講義:細胞複製システム論.

2011年度・前期, 先端研究基礎講義:細胞複製システム論.

2012年度・前期, 先端研究英語講義:生物薬学研究.

2011年度・前期, 先端研究英語講義:生物薬学研究.

2012年度・通年, 薬学特別実習.

2011年度・通年, 薬学特別実習.

2012年度・後期, 薬学基礎実習III.

2011年度・後期, 薬学基礎実習III.

2012年度・前期, 創薬科学入門.

2011年度・前期, 創薬科学入門.

2012年度・後期, 安全取り扱い講義(遺伝子組換え実験).

2011年度・後期, 安全取り扱い講義(遺伝子組換え実験).

2012年度・前期, システム分子生物学.

2012年度・後期, 分子遺伝学.

2011年度・前期, システム分子生物学.

2011年度・後期, 分子遺伝学.

2012年度・後期, 生命薬学I.

2011年度・後期, 生命薬学I.

2012年度・前期, 基礎生物学演習.

2011年度・前期, 基礎生物学演習.

2011年度・前期, 理系コア科目(生物科学 II):DNAの基礎分子生物学.

2012年度・前期, コアセミナー.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2019.10, 部局, 参加, 馬出地区4部局合同男女共同参画FD.

2019.07, 全学, 参加, 3ポリシーに関する全学FD~日本学術会議分野別参照基準に基づく理学部物理学科の3ポリシー~.

2018.11, 部局, 参加, 薬学研究院FD「Scopusの論文データを用いた薬学研究院の研究力分析」および「BIツールを用いた研究力分析の紹介」.

2018.10, 部局, 参加, 馬出地区4部局合同男女共同参画FD「医師のための働き方見直し~ワークライフバランスとダイバーシティの観点から~」および「本学の男女共同参画の取り組みについて」.

2018.09, 部局, 参加, 薬学研究院FD「M2B/Moodleに関するFD」.

2018.07, 全学, 参加, 第2回全学FD 平成33年度入学者選抜改革 【九州大学新入試QUBE】 .

2017.10, 部局, 参加, 病院地区4部局合同男女共同参画FD「無意識のバイアスからの開放:ダイバーシティのススメ」および公開討論会.

2017.03, 部局, 参加, 第3回 薬学研究院FD「情報セキュリティ対策」.

2016.10, 部局, 参加, 馬出地区キャンパスFD 「なぜ今『女性活躍推進法』か?    ―男女共同参画の必要性と九州大学における取組み―」.

2016.05, 部局, 参加, 第2回薬学部FD企画講演会:「外国人留学生の受入と管理(情報管理、輸出管理)について」.

2015.06, 部局, 参加, 薬学部FD企画講演会:製薬業界の環境変化を受けた今後のMR活動とメディカルアフェアーズの確立について.

2015.02, 部局, 参加, 薬学部FD企画講演会.

2011.03, 部局, 参加, 薬学部FD企画講演会.

2010.04, 部局, 参加, 薬局実務実習指導評価講習会.

2009.10, 部局, 参加, OSCE評価者講習会.

2008.12, 部局, 参加, 薬学部における客観的臨床能力実技試験に対する教員技能の養成.

2002.01, 部局, 参加.

学生のクラス指導等
2019年度, 学部, クラス指導教員(臨床薬学科1年).

2016年度, 学部, クラス指導教員(臨床薬学科1年).

2011年度, 学部, クラス指導教員(臨床薬学科1年).

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2013年度, 慶応大学環境情報学部および先端生命科学研究所, 12月17日, 集中講義, 国内.

2009年度, 奈良先端科学技術大学バイオサイエンス研究科, 2009年10月20日, 集中講義, 国内.

2008年度, 広島大学, 前期, 集中講義, 国内.

2004年度, 国立遺伝学研究所, 通年, 客員教員, 国内.

2003年度, 国立遺伝学研究所, 通年, 客員教員, 国内.

2002年度, 国立遺伝学研究所, 通年, 客員教員, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」