九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
濵瀬 健司(はませ けんじ) データ更新日:2017.11.14



主な研究テーマ
キラルアミノ酸メタボロミクスを基盤とする創薬・診断の展開
キーワード:キラルアミノ酸、疾患メタボロミクス
2010.04.
哺乳類におけるD-アミノ酸の微量分析と機能解明
キーワード:D‐アミノ酸
1997.04.
各種ホルモンの微量分析
キーワード:微量分析
1997.04.
新規機能性試薬の設計と開発
キーワード:新規機能性試薬
1997.04.
従事しているプロジェクト研究
D-セリン含量制御酵素の活性変動に伴う中枢神経の機能変化解析
2011.04~2015.03, 代表者:本人
セリンラセマーゼ及びD-アミノ酸酸化酵素の活性変化モデルマウスを用い、神経機能の変化を解析する。.
高性能キラル固定相の設計開発
2010.04~2015.03, 代表者:本人
アミノ酸光学異性体を区別する優れた新規キラル固定相を設計開発する。.
DL体個別定量を可能とする全アミノ酸次世代分析装置の開発
2007.09~2009.03, 代表者:本人
光学異性体を区別するアミノ酸の次世代分析装置を開発し、創薬リード化合物やバイオマーカーの探索を行う。.
光学異性体を区別する全アミノ酸高感度一斉分析装置の開発
2005.07~2008.06, 代表者:本人
アミノ酸の光学異性体を一斉分析し、創薬のリード化合物や新規診断指標を探索する。.
研究業績
主要著書
主要原著論文
1. Akiko MORIKAWA, Kenji HAMASE, Tomohiro OHGUSU, Sachise ETOH, Hiroyuki TANAKA, Ichiro KOSHIISHI, Yukihiro SHOYAMA and Kiyoshi ZAITSU, Immunohistochemical localization of D-alanine to β-cells in rat pancreas, Biochemical and Biophysical Research Communications, 355, 872-876, 2007.04.
2. Kenji HAMASE, Akiko MORIKAWA, Tomohiro OHGUSU, Wolfgang LINDNER and Kiyoshi ZAITSU, Comprehensive analysis of branched aliphatic D-amino acids in mammals using an integrated multi-loop two-dimensional column-switching high-performance liquid chromatographic system combining reversed-phase and enantioselective columns, Journal of Chromatography A, 1143, 105-111, 2007.03.
3. Kenji HAMASE, Sayaka TAKAGI, Akiko MORIKAWA, Ryuichi KONNO, Akira NIWA, and Kiyoshi ZAITSU, Presence and origin of large amounts of D-proline in the urine of mutant mice lacking D-amino acid oxidase activity, Analytical and Bioanalytical Chemistry, 386, 705-711, 2006.10.
4. Junzo HIRANO, Kenji HAMASE, Hiroko FUKUDA, Tatsunosuke TOMITA and Kiyoshi ZAITSU, Novel stable fluorophore, 6-methoxy-4-quinolone, with strong fluorescence in wide pH range of aqueous media, and its application as a fluorescent labeling reagent, Journal of Chromatography A, 1059, 1-2, 225-231, 1059, 225-231, 2004.12.
5. Kenji HAMASE, Junzo HIRANO, Yuki KOSAI, Tatsunosuke TOMITA and Kiyoshi ZAITSU, A Sensitive Internal Standard Method for the Determination of Melatonin in Mammals using Precolumn Oxidation Reversed-Phase High-Performance Liquid Chromatography, Journal of Chromatography B, 811, 2, 237-241, 811, 237-241, 2004.11.
6. Hua ZHAO, Kenji HAMASE, Akiko MORIKAWA, Zongyin Qiu and Kiyoshi ZAITSU, Determination of D- and L-Enantiomers of Threonine and allo-Threonine in Mammals using Two-Step High-Performance Liquid Chromatography, Journal of Chromatography B, 810, 2, 245-250, 810, 245-250, 2004.10.
7. Junzo HIRANO, Kenji HAMASE, Takeyuki AKITA and Kiyoshi ZAITSU, Crystal Structure of N-[(6-Methoxy-4-oxo-1,4-dihydroquinolin-3-yl)methyl]-2,2-dimethylpropanamide, Analytical Sciences, 20, x115-x116, 2004.09.
8. 浜瀬健司,小柳多恵子,森川亜希子,井上朋美,財津 潔, チアマゾールの透析膜における吸着性,医学と薬学, 医学と薬学, 50(5), 625-629, 2003.11.
9. Koji YAMAMOTO, Kenji HAMASE and Kiyoshi ZAITSU, 2-Amino-3-phenylpyrazine, a Sensitive Fluorescence Prelabeling Reagent for the Chromatographic or Electrophoretic Determination of Saccharides, Journal of Chromatography A, 1004, 1-2, 99-106, 1004, 99-106, 2003.07.
10. Tatsunosuke TOMITA, Kenji HAMASE, Hiromi HAYASHI, Hiroko FUKUDA, Junzo HIRANO and Kiyoshi ZAITSU, Determination of Endogenous Melatonin in the Individual Pineal Glands of Inbred Mice using Precolumn Oxidation Reversed-Phase Micro-High-Performance Liquid Chromatography, Analytical Biochemistry, 316, 2, 154-161, 316, 154-161, 2003.05.
11. Akiko MORIKAWA, Kenji HAMASE and Kiyoshi ZAITSU, Determination of D-Alanine in the Rat Central Nervous System and Periphery using Column-Switching High-Performance Liquid Chromatography, Analytical Biochemistry, 312, 1, 66-72, 312, 66-72, 2003.01.
12. Kenji HAMASE, Tomomi INOUE, Akiko MORIKAWA, Ryuichi KONNO and Kiyoshi ZAITSU, Determination of Free D-Proline and D-Leucine in the Brains of Mutant Mice Lacking D-Amino-Acid Oxidase Activity, Analytical Biochemistry, 298, 2, 253-258, 298, 253-258, 2001.11.
13. Tomomi INOUE, Kenji HAMASE, Akiko MORIKAWA and Kiyoshi ZAITSU, Determination of Minute Amounts of D-Leucine in Various Brain Regions of Rat and Mouse Using Column-Switching High-Performance Liquid Chromatography, Journal of Chromatography B, 744, 1, 213-219, 744, 213-219, 2000.07.
14. Kenji HAMASE, Tatsunosuke TOMITA, Ayako KIYOMIZU and Kiyoshi ZAITSU, Determination of Pineal Melatonin by Precolumn Derivatization Reversed-Phase High Performance Liquid Chromatography and Its Application to the Study of Circadian Rhythm in Rats and Mice, Analytical Biochemistry, 279, 1, 106-110, 279, 106-110, 2000.01.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Kenji Hamase, Masashi Mita, Tsuneaki Kaneko, Walfgang Lindner, Kiyoshi Zaitsu, Two-Dimensional Determination of Hydrophobic D-Amino Acids in Mammals using Micro-ODS and Semimicro-Chiral Columns, 6th Asia-Pacific International Symposium on Microscale Separations and Analysis(APCE2006), 2006.11.
2. 浜瀬健司,三田真史,金子恒顕,財津 潔, マルチループ2D-ミクロHPLCを用いる哺乳類体内疎水性D-アミノ酸の一斉分析, 日本分析化学会第55年会, 2006.09.
3. Sachise Etoh, Kenji Hamase, Kiyoshi Zaitsu, Column-Switching HPLC Determination of D-Alanine in the Rat Plasma and the Study on the Circadian Changes, 30th International Symposium & Exhibit on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2006.06.
4. Kenji Hamase, Minako Nakata, Ryuichi Konno, Kiyoshi Zaitsu, Determination of Proline and 4-Hydroxyproline Enantiomers in the Plasma of Mutant Mice Lacking D-amino-acid Oxidase Activity, 30th International Symposium & Exhibit on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques, 2006.06.
5. Kenji Hamase and Kiyoshi Zaitsu, Determination of Trace Amounts of D-Amino Acids in Mammals Using Two-dimensional HPLC Combining Micro-RP and Chiral Columns, 29th International Symposium on Capillary Chromatography, 2006.06.
6. 浜瀬健司, 哺乳類内在性D-アミノ酸の高感度二次元分析と機能解析, 日本薬学会第126年会, 2006.03.
特許出願・取得
特許出願件数  10件
特許登録件数  15件
学会活動
所属学会名
D-アミノ酸学会
日本薬学会
日本分析化学会
日本生化学会
クロマトグラフィー科学会
学協会役員等への就任
2016.03~2018.02, 日本分析化学会九州支部, 常任幹事.
2014.03~2016.02, 日本分析化学会九州支部, 幹事.
2014.02~2016.02, 日本分析化学会, 代議員.
2013.03~2014.02, 日本分析化学会九州支部, 常任幹事.
2012.03~2013.02, 日本分析化学会九州支部, 副支部長.
2011.04~2018.06, モレキュラーキラリティー, 運営委員.
2010.04~2018.06, D-アミノ酸研究会, 運営委員.
2008.04~2010.03, 日本分析化学会九州支部, 幹事.
2008.04~2010.03, 日本薬学会, メールマガジン発行委員会委員.
2008.01~2018.03, クロマトグラフィー科学会, 理事.
2007.08~2010.03, 日本薬学会, 広報委員.
2004.04~2008.03, クロマトグラフィー科学会, 評議員.
2001.04~2012.03, 日本分析化学会九州支部, 幹事.
学会・研究会における座長等
2017.11.05~2017.11.09, HPLC2017Jeju, 座長.
2017.07.10~2017.07.13, The 3rd International Conference of D-Amino Acid Research, 座長.
2016.11.22~2016.11.25, 17th International Symposium on Luminescence Spectrometry, 座長.
2017.06.14~2017.06.16, 第24回クロマトグラフィーシンポジウム, 座長.
2016.11.13~2016.11.16, 27th International Symposium on Pharmaceutical and Biomedical Analysis, 座長.
2016.11.04~2016.11.04, 新アミノ酸分析研究会第6回学術講演会, 座長.
2016.07.29~2016.07.30, 第34回九州分析化学若手の会, 座長.
2015.11.28~2015.11.29, 第32回日本薬学会九州支部大会, 座長.
2015.09.09~2015.09.11, 日本分析化学会第64年会, 座長.
2015.08.29~2015.08.29, The 1st HU-TMU-KU Joint Symposium for Pharmaceutical Sciences, 座長.
2015.08.25~2015.08.26, 第11回D-アミノ酸研究会学術講演会, 座長.
2015.08.21~2015.08.22, 第28回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 座長.
2015.07.24~2015.07.25, 第33回九州分析化学若手の会, 座長.
2015.05.28~2015.05.30, 第22回クロマトグラフィーシンポジウム, 座長.
2015.03.25~2015.03.28, 日本薬学会第135年会, 座長.
2015.03.20~2015.03.20, 日本黒酢研究会第2回学術研究会, 座長.
2014.09.02~2014.09.05, The 2nd International Conference of D-Amino Acid Research, 座長.
2014.08.18~2014.08.30, 日本食品科学工学回第61回大会, 座長.
2014.03.27~2014.03.30, 日本薬学会第134年会, 座長.
2013.11.11~2013.11.13, 第24回クロマトグラフィー科学会議, 座長.
2013.09.05~2013.09.06, 第9回D-アミノ酸研究会学術講演会, 座長.
2013.07.26~2013.06.27, 第31回九州分析化学若手の会夏季セミナー, 座長.
2013.06.05~2013.06.07, 第20回クロマトグラフィーシンポジウム, 座長.
2012.03.27~2012.03.30, 日本薬学会第133年会, 座長.
2012.09.07~2012.09.08, 第8回D-アミノ酸研究会学術講演会, 座長.
2012.05.17~2012.05.18, Symposium on Molecular Chirality ASIA 2012, 座長.
2012.05.23~2012.05.25, 第19回クロマトグラフィーシンポジウム, 座長.
2011.09~2011.09, 第7回D-アミノ酸研究会学術講演会, 座長.
2011.05~2011.05, 第18回クロマトグラフィーシンポジウム, 座長.
2011.03~2011.03, 日本薬学会第131年会, 座長.
2010.09~2010.09, 日本分析化学会第59年会, 座長.
2010.03~2009.03, 日本薬学会第130年会, 座長.
2009.12~2009.12, 第26回日本薬学会九州支部大会, 座長.
2009.11~2009.11, 第20回クロマトグラフィー科学会議, 座長.
2009.07.01~2009.07.04, The 1st International Conference of D-Amino Acid Research, 座長.
2009.05~2009.05, 第16回クロマトグラフィーシンポジウム, 座長.
2009.03~2009.03, 日本薬学会第129年会, 座長.
2008.12.02~2008.12.05, 33rd International Symposium on High Performance Liquid Phase Separations and Related Techniques (HPLC2008 Kyoto), 座長.
2008.12.01~2008.12.02, 第19回クロマトグラフィー科学会議, 座長.
2008.09.10~2008.09.12, 日本分析化学会第57年会, 座長.
2008.07.28~2008.07.29, 第26回九州分析化学若手の会夏季セミナー, 座長.
2008.05.29~2008.05.31, 第15回クロマトグラフィーシンポジウム, 座長.
2008.05.10~2008.05.10, 第21回九州分析化学若手の会春の講演会, 座長.
2008.03~2008.03, フィジカル・ファーマフォーラム2008(PPF2008), 座長.
2007.12~2007.12, 第24回日本薬学会九州支部大会, 座長.
2007.11~2007.11, 第18回クロマトグラフィー科学会議, 座長.
2007.07~2007.07, 第25回九州分析化学若手の会夏季セミナー, 座長.
2007.07~2007.07, 第20回バイオメディカル分析科学シンポジウム, .
2007.07~2007.07, 第20回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 座長.
2007.03~2007.03, 日本薬学会第127年会, オーガナイザー.
2006.12~2006.12, 第23回日本薬学会九州支部大会, 座長.
2006.11~2006.11, 第17回クロマトグラフィー科学会議, 座長.
2006.09~2006.09, 日本分析化学会第55年会, 座長.
2006.09~2006.09, 第2回D-アミノ酸研究会学術講演会, 座長.
2005.12~2005.12, 第22回日本薬学会九州支部大会, 座長.
2005.11~2005.11, 第16回クロマトグラフィー科学会議, 座長.
2005.08~2005.08, 第18回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 座長.
2005.08~2005.08, 第23回九州分析化学若手の会夏季セミナー, 座長.
2005.03~2005.03, 日本薬学会第125年会, 座長.
2004.12~2004.12, 第21回日本薬学会九州支部大会, 座長.
2004.11~2004.11, 第15回クロマトグラフィー科学会議, 座長.
2004.05~2004.05, 第11回クロマトグラフィーシンポジウム, 座長.
2003.12~2003.12, 第20回日本薬学会九州支部大会, 座長.
2003.09~2003.09, 日本分析化学会第52年会, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.08.31~2017.09.02, 第3回九大、北大、TMUジョイントシンポジウム, 事務局長.
2016.11.22~2016.11.25, ISLS2016, 実行委員.
2015.11.11~2015.11.13, 第26回クロマトグラフィー科学会議, 実行委員長.
2014.09.02~2014.09.05, IDAR2014, 実行委員.
2015.08.05~2015.08.07, 第56回分析化学講習会, 実行委員長.
2013.08.07~2013.08.09, 第54回分析化学講習会, 実行委員.
2013.05.10~2013.05.11, Symposium on Molecular Chirality 2013, 実行委員.
2012.08.08~2012.08.10, 第53回分析化学講習会, 実行委員.
2011.08~2011.08, 第52回分析化学講習会, 実行委員.
2012.05.17~2012.05.18, Symposium on Molecular Chirality ASIA 2012, 実行委員長.
2010.08~2010.08, 第51回分析化学講習会, 実行委員長.
2009.05.23~2009.05.23, 第22回九州分析化学若手の会春の講演会, 代表世話人.
2006.08~2006.08, 第19回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 実行委員.
2005.05~2005.05, 第12回クロマトグラフィーシンポジウム, 実行委員.
2003.05~2003.05, 第16回九州分析化学若手の会春の講演会, 代表世話人.
2002.07~2002.07, 第20回九州分析化学若手の会夏季セミナー, 代表世話人.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.04~2016.03, Journal of Pharmacuetical and Biomedical Analysis, Guest Editor.
2014.03~2018.02, Chromatography, 編集委員長.
2010.03~2012.02, ぶんせき, 編集委員.
2010.06, Amino Acids, 編集委員.
2010.03~2013.02, Chem Pharm Bull, 編集委員.
2008.01, Analytical and Bioanalytical Chemistry, 編集委員.
2007.01, Journal of Chromatography B, 編集委員.
2004.03~2014.02, Chromatography, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度 56      58 
2015年度 61      66 
2014年度 70      72 
2013年度 55      58 
2012年度 45      47 
2011年度 70      75 
2010年度 60      65 
2009年度 30      32 
2008年度 30      31 
2007年度 22      25 
2006年度 21      23 
2005年度 28      29 
2004年度 21      22 
2003年度 19        19 
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, 研究活動や業績、研究概要等を紹介。(http:⁄⁄bunseki.phar.kyushu-u.ac.jp⁄), 1998.04.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
IDAR2017(バレーゼ), Italy, 2017.07~2017.07.
HPLC2017(プラハ), Czech Republic, 2017.06~2017.06.
台北医学大学, Taiwan, 2017.06~2017.06.
チュラロンコン大学, マヒドン大学, Thailand, 2017.05~2017.05.
台北医学大学, Taiwan, 2017.03~2017.03.
マラヤ大学, Malaysia, 2017.03~2017.03.
JSPS2017(バンコク), Thailand, 2017.03~2017.03.
台北医学大学, Taiwan, 2017.02~2017.02.
ウィーン大学, チュービンゲン大学, Austria, Germany, 2017.02~2017.02.
チュラロンコン大学, ナレスアン大学, Thailand, 2017.01~2017.01.
台北医学大学, Taiwan, 2017.01~2017.01.
チュラロンコン大学, マヒドン大学, コンケン大学, Thailand, 2016.12~2016.12.
ISLS2016(台北), Taiwan, 2016.11~2016.11.
PBA2016(広州), China, 2016.11~2016.11.
台北医学大学, Taiwan, 2016.10~2016.10.
台北医学大学, Taiwan, 2016.09~2016.09.
マラヤ大学, Malaysia, 2016.08~2016.08.
チュラロンコン大学, マヒドン大学, Thailand, 2016.07~2016.07.
台北医学大学, Taiwan, 2016.07~2016.07.
HPLC2016(サンフランシスコ), United States of America, 2016.06~2016.06.
台北医学大学, Taiwan, 2016.04~2016.04.
台北医学大学, Taiwan, 2016.03~2016.03.
マラヤ大学, Malaysia, 2016.03~2016.03.
台北医学大学, Taiwan, 2016.02~2016.02.
台北医学大学, Taiwan, 2015.12~2015.12.
台北医学大学, Taiwan, 2015.10~2015.10.
ウィーン大学, チュービンゲン大学, Austria, Germany, 2015.09~2015.09.
PBA2015(トビリシ), Georgia, 2015.07~2015.07.
HPLC2015(ジュネーブ), Switzerland, 2015.06~2015.06.
ハーバード大学, United States of America, 2015.06~2015.06.
台北医学大学, Taiwan, 2015.05~2015.05.
ウィーン大学, チュービンゲン大学, Austria, Germany, 2015.03~2015.03.
台北医学大学, Taiwan, 2015.02~2015.02.
ハーバード大学, United States of America, 2015.01~2015.01.
台北医学大学, Taiwan, 2015.01~2015.01.
台北医学大学, Taiwan, 2014.11~2014.11.
MC2014 Asia(北京), China, 2014.10~2014.11.
台北医学大学, Taiwan, 2014.10~2014.10.
ISC2014(ザルツブルグ), Austria, 2014.09~2014.09.
HPLC2014(ニューオーリンズ), United States of America, 2014.05~2014.05.
台北医学大学, Taiwan, 2014.04~2014.04.
台北医学大学, Taiwan, 2014.01~2014.01.
HPLC2013 Hobart(ホバート), Australia, 2013.11~2013.11.
台北医学大学, 輔仁大学, Taiwan, 2013.09~2013.10.
HPLC2013 (アムステルダム), Netherlands, 2013.06~2013.06.
ウィーン大学, チュービンゲン大学, Austria, Germany, 2012.11~2012.11.
HPLC2012 (ロサンゼルス), United States of America, 2012.06~2012.06.
HPLC2011 Dalian (大連), China, 2011.10~2011.10.
ウィーン大学, Austria, 2011.08~2011.09.
ICAAP2011(北京), China, 2011.08~2011.08.
ITP2011(トビリシ), グルジア, 2011.08~2011.08.
HPLC2011(ブタペスト), Hungary, 2011.06~2011.06.
HPLC2010(ボストン), United States of America, 2010.06~2010.06.
ISCD-20(ジュネーブ大学), 研究打合せ(ウィーン大学), 研究打合せ(パリ資生堂研究所), Switzerland, Austria, France, 2008.07~2008.07.
HPLC2008(ボルチモア), United States of America, 2008.05~2008.05.
ICAAP2007(カテリア), ウィーン大学, Greece, Austria, 2007.08~2007.09.
HPLC2007(ゲント), ウィーン大学, Belgium, Austria, 2007.06~2007.06.
HPLC2006, United States of America, 2006.06~2006.06.
ISCC2006, Italy, Austria, 2006.05~2006.06.
HPLC2005, Sweden, 2005.06~2005.06.
HPLC2003, ウイーン大学, France, Austria, 2003.06~2003.06.
外国人研究者等の受入れ状況
2017.08~2017.09, 台北医学大学, Taiwan, 学内資金.
2016.07~2016.08, マラヤ大学, Malaysia, 学内資金.
2016.04~2017.03, Brazil, 政府関係機関.
2017.02~2017.02, 台北医学大学, Taiwan, 政府関係機関.
2016.04~2016.06, 台北医学大学, Taiwan, 政府関係機関.
2016.01~2016.01, 台北医学大学, Taiwan, 学内資金.
2016.02~2016.03, 台北医学大学, Taiwan, 学内資金.
2016.02~2016.03, 台北医学大学, Taiwan, 学内資金.
2016.01~2016.02, ザルツブルグ大学, Austria, 学内資金.
2015.07~2015.09, 台北医学大学, Taiwan, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2015.03~2015.03, 台北医学大学, Taiwan, 学内資金.
2015.03~2015.03, 台北医学大学, Taiwan, 学内資金.
2015.03~2015.03, ザルツブルグ大学, Austria, 学内資金.
2014.05~2014.06, 台北医学大学, Taiwan, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2014.03~2014.03, 台北医学大学, Taiwan, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2014.02~2014.02, 台北医学大学, Taiwan, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2013.06~2013.09, 台北医学大学, Taiwan, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2003.09~2004.02, 重慶医科大学, China, 政府関係機関.
受賞
Hot Article Award, Analytical Sciences, 2015.11.
九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2012.11.
九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2011.11.
九州大学研究活動表彰, 九州大学, 2010.11.
Hot Article Award, Analytical Sciences, 2009.08.
日本薬学会奨励賞, 日本薬学会, 2006.03.
日本分析化学会奨励賞, 日本分析化学会, 2003.09.
AWARD Second Best Poster, HPLC Kyoto (クロマトグラフィー科学会), 2001.09.
ポスター賞, 日本分析化学会, 2001.11.
九州分析化学奨励賞, 日本分析化学会九州支部, 1997.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, キラルアミノ酸メタボロミクスを基盤とする腎不全の低侵襲早期診断法開発.
2015年度~2019年度, 基盤研究(S), 分担, 新世代の超微量惑星有機化合物研究:感度・分離と質量・空間分解の超高度化.
2013年度~2017年度, 新学術領域研究, 分担, 宇宙有機物の構造と同位体.
2013年度~2014年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 高理論段マイクロキラルカラムの開発.
2013年度~2015年度, 基盤研究(B), 代表, キラルアミノ酸メタボロミクスを基盤とするアミノ酸代謝障害の網羅的早期診断法開発.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 分担, 宇宙物質中の生体関連有機物の光学異性体比の超高感度分析法の開発.
2010年度~2012年度, 基盤研究(B), 代表, 光学異性体を区別するアミノ酸メタボローム分析法の開発と医療への展開.
2007年度~2008年度, 萌芽研究, 代表, D-アミノ酸テーラーメイド計測プレートの開発.
2005年度~2006年度, 基盤研究(B), 分担, メラトニン及びD−アラニンを新規ケミカル指標とする睡眠実質評価法の開発.
2004年度~2005年度, 若手研究(B), 代表, 哺乳類体内微量D‐アミノ酸分析を基盤とする創薬リード及び疾病マーカーの探索.
2002年度~2003年度, 基盤研究(B), 分担, メラトニン超高感度分析を基盤とするテーラーメイド医療の展開.
2002年度~2003年度, 若手研究(B), 代表, 哺乳類における微量D-アミノ酸二次元一斉分析を基盤とする創薬の展開.
2000年度~2001年度, 奨励研究(A), 代表, 哺乳類における内因性メラトニンのアトモル定量法開発と動態解析.
1997年度~1998年度, 奨励研究(A), 代表, 分子鋳型法を用いたD−アミノ酸の高感度かつ選択的分析法の開発.
1997年度~1998年度, 基盤研究(B), 分担, 生理活性タンパク質の新規精密標識法を基盤とする免疫測定法の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2010年度~2010年度, 国公私立大コンソーシアム・福岡 研究助成事業, 分担, 光学異性体比の超高感度検出システムの開発.
2005年度~2007年度, 産業技術研究助成事業 (経済産業省), 代表, 光学異性体を区別する全アミノ酸高感度一斉分析装置の開発.
2003年度~2003年度, 武田科学振興財団 薬学系研究奨励, 代表, 哺乳類におけるD-アミノ酸迅速二次元一斉分析を基盤とする創薬リードの探索.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2016.04~2017.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, D-アミノ酸高感度・高選択的検出法に関する技術指導.
2015.04~2016.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, D-アミノ酸高感度・高選択的検出法に関する技術指導.
2015.04~2016.03, 共同研究, 味の素株式会社, 代表, D-アミノ酸分析研究に関する技術的研究指導.
2014.04~2015.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, D-アミノ酸高感度・高選択的検出法に関する技術指導.
2014.04~2015.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, D-アミノ酸高感度・高選択的検出法に関する技術指導.
2013.04~2014.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, D-アミノ酸高感度・高選択的検出法に関する技術指導.
2012.04~2017.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, 医療領域における全DLアミノ酸プロファイリングと分析委受託.
2012.01~2015.03, 共同研究, 味の素株式会社, 代表, LC/MS/MSを用いるアミノ酸関連化合物新規超高速分析法の開発.
2011.04~2013.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, 全DLアミノ酸プロファイリングによる産業応用価値開発と分析委受託.
2010.10~2017.03, 共同研究, 坂元醸造, 代表, 黒酢中のD-アミノ酸分析と製造過程における含量変化解析.
2010.04~2011.09, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, D-アミノ酸関連疾患の診断方法の開発 .
2010.04~2011.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, アミノ酸光学異性体の産業応用を目的とする実用化装置開発.
2009.10~2011.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, D-アミノ酸関連疾患スクリーニング法の開発.
2009.10~2010.09, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, D-アミノ酸の生理機能に関する研究.
2009.10~2010.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, 非天然型アミノ酸の光学異性体の精密実用分析法の開発.
2009.04~2009.09, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, D-アスパラギン酸酸化酵素タンパク質の生理機能解明.
2009.04~2011.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, DL体個別定量を可能とする全アミノ酸次世代分析装置の実試料適用と医療分野における用途開発.
2008.12~2009.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, 糖尿病等疾患におけるD-アミノ酸分析と代謝制御を利用する新規機能性分子の探索.
2008.04~2008.09, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, D-アミノ酸精密分析・代謝制御を利用する新規機能性分子の探索.
2007.09~2009.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, DL体個別定量を可能とする全アミノ酸次世代分析装置の開発.
2006.10~2013.03, 共同研究, 株式会社資生堂, 代表, D-アミノ酸の超微量分析システムの開発及びそれを用いた生体内作用機序の解明に関する研究.

九大関連コンテンツ