九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
中園 学(なかぞの まなぶ) データ更新日:2019.08.18



主な研究テーマ
高感度計測を目的とする新規発光試薬の開発
臨床診断のための基礎研究
キーワード:蛍光・化学発光
1996.04.
研究業績
主要原著論文
1. Manabu Nakazono, Shinkoh Nanbu, Enhancement effect on the chemiluminescence of acridinium esters under neutral conditions, Luminescence, 33, 345-348, 2018.03.
2. Manabu Nakazono, Yuji Oshikawa, Mizuho Nakamura, Hidehiro Kubota, Shinkoh Nanbu, Strongly chemiluminescent acridinium esters under neutral conditions: synthesis, properties, determination and theoretical study, The Journal of Organic Chemistry, 82, 2450-2461, 2017.03.
3. Manabu Nakazono, Konen Obayashi, Yuji Oshikawa, Kazushi Tani, Genki Suenaga, Yukio Ando, Shinkoh Nanbu, Ryoichi Kuwano, Unsynmetric indolylmaleimides; synthesis, photophysical properties and amyloid detection, Journal of Photochemistry and Photobiology A: Chemistry, 289, 39-46, 2014.06.
4. Manabu Nakazono, Konen Obayashi, Kazumi Sasamoto, Katsumi Tomiyoshi, Genki Suenaga, Yukio Ando, Novel styrylbenzene derivatives for detecting amyloid deposits, Clinica Chimica Acta, 436, 27-34, 2014.05.
5. Manabu Nakazono, Kenichiro Saita, Yuji Oshikawa, Kazushi Tani, Shinkoh Nanbu, Kiyoshi Zaitsu, Fluorescence properties of 2-aryl substituted indoles, Spectrochimica Acta Part A, Molecular and bimolecular spectoroscopy, 78, 905-908, 2011, 2011.02.
6. Manabu Nakazono, Ai Jinguji, Shinkoh Nanbu, Ryoichi Kuwano, Zilong Zheng, Kenichiro Saita, Yuji Oshikawa, Yuta Mikuni, Tatsuhiro Murakami, Yi Zhao, Shigeki Sasaki, Kiyoshi Zaitsu, Fluorescence and chemiluminescence properties of indolylmaleimides: experimental and theoretical studies, Physical Chemistry Chemical Physics, 12, 9783-9793, 2010.08.
7. Hiroki Agawa, Manabu Nakazono, Shinkoh Nanbu, Kiyoshi Zaitsu, Chemiluminescence change of polyphenol dendrimers with different core molecules, Organic Letters, 10, 5171-5174, 2008.10.
8. Manabu Nakazono, Shinkoh Nanbu, Akihiro Uesaki, Ryoichi Kuwano, Manabu Kashiwabara, Kiyoshi Zaitsu , Bisindolylmaleimides with Large Stokes Shift and Long-lasting Chemiluminescence Properties, Organic Letters, 9, 3683-3686, 2007.08.
9. Manabu Nakazono, Akihiro Uesaki, Kiyoshi Zaitsu, The chemiluminescence mechanism of 3,4-bis(3-indolyl)-1H-pyrrole-2,5-dione, and the characteristics of chemiluminescence developed in the reaction with NaClO-H2O2 or antioxidants, Talanta, 70, 128-132, 2006.08.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本薬学会
日本分析化学会
生物発光化学発光研究会
アメリカ化学会
学協会役員等への就任
2019.03~2020.02, 日本分析化学会九州支部, 幹事.
2012.04, 生物発光化学発光研究会, 運営委員.
2002.04~2019.02, 日本分析化学会九州支部, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.10.13~2018.10.13, 生物発光化学発光研究会第34回学術講演会, 世話人.
2018.10.13~2018.10.13, 生物発光化学発光研究会第34回学術講演会, 座長.
2010.10~2010.10.01, 生物発光化学発光研究会第27回学術講演会, 座長.
2009.12~2009.12.01, 第26回日本薬学会九州支部大会, 座長.
2007.12~2007.12.01, 第24回日本薬学会九州支部大会, 座長.
2006.08~2006.08, 第19回バイオメディカル分析科学シンポジウム, 実行委員.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2013.04~2015.03, Journal of oleo science, 国際, 査読委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2019年度      
2018年度      
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度 10        10 
2013年度 10        10 
2012年度 15        15 
2011年度 20        20 
2010年度 20        20 
2009年度 20        20 
2008年度 15        15 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
University of Fribourg, Switzerland, 1999.07~1999.09.
University of Basel, Switzerland, 1999.10~2000.10.
受賞
日本薬学会九州支部学術奨励賞, 日本薬学会九州支部, 2007.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」