九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
山田 健一(やまだ けんいち) データ更新日:2019.04.12

教授 /  薬学研究院 創薬科学部門 生体分子情報学講座


主な研究テーマ
加齢黄斑変性治療薬の開発
キーワード:加齢黄斑変性
2014.04.
新規MRI・蛍光造影剤の開発とセラノスティックスへの応用
キーワード:イメージング、MRI、セラノスティックス
2012.04.
生体から分子まで異なる階層間での検出・分析を可能とするイメージング剤の開発
キーワード:イメージング、磁気共鳴、蛍光
2012.04.
生体内レドックス変動の是正による生活習慣病メカニズム解明
キーワード:生活習慣病、レドックス
2012.04.
脂質代謝中間体検出手法開発と疾患モデルへの適用
キーワード:蛍光、ラジカル、脂質
2012.04.
脂質ラジカル検出蛍光プローブの開発と応用
キーワード:脂質ラジカル、酸化ストレス、蛍光、ニトロキシド、ESR、MRI
2010.04~2012.03.
磁気共鳴画像化のための新規造影剤の開発
キーワード:電子スピン共鳴、MRI、フリーラジカル、ニトロキシド、レドックス、酸化ストレス性疾患、造影剤
2001.12~2010.03.
酸化ストレス疾患の治療薬としての抗酸化物質の開発
キーワード:抗酸化物質、酸化ストレス
2010.04~2012.03.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
学会活動
所属学会名
日本脂質生化学会
日本油化学会
日本分子イメージング学会
日本ケミカルバイオロジー研究会
Society for Free Radical Biology and Medicine
The International EPR (ESR) Society
電子スピンサイエンス学会
日本薬学会
日本酸化ストレス学会
日本NO学会
学協会役員等への就任
2017.04~2019.03, 日本油化学会, 運営委員.
2017.01~2018.12, 日本分子イメージング学会, 理事.
2016.01~2017.12, 電子スピンサイエンス学会, 理事.
2014.01~2015.12, 電子スピンサイエンス学会, 理事.
2008.06, 日本酸化ストレス学会, 評議員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.10.17~2018.10.18, 第40回生体膜と薬物の相互作用シンポジウム, 座長.
2018.09.01~2018.09.02, 第17回次世代を担う若手ファーマ・バイオフォーラム, 座長.
2018.08.30~2018.08.31, 第16回レドックス・ライフイノベーションシンポジウム, 世話人.
2018.05.17~2018.05.18, 第71回日本酸化ストレス学会学術集会, 座長.
2013.07.19~2013.07.19, 第17回ESRフォーラム研究会, 世話人.
2011.11.13~2011.11.14, International Workshop “Advanced ESR Studies for New Frontiers in Biofunctional Spin Science and Technology” (AEBST 2011) , Advisory Committee.
2011.07.02~2011.07.03, 第64回日本酸化ストレス学会学術集会, 実行委員.
2009.10~2009.10, 第48回電子スピンサイエンス学会年会, 実行委員.
2009.06.11~2009.06.12, 第62回日本酸化ストレス学会学術集会, 実行委員.
2008.09.28~2008.09.30, A Joint Conference of 13th In Vivo EPR Spectroscopy and Imaging / 10th International EPR Spin Trapping/Spin Labeling, Organizing Committee.
2008.10~2008.10, 第47回電子スピンサイエンス学会年会, 年会実行委員.
2003.10, 第42回電子スピンサイエンス学会年会, 年会実行委員.
2003.04, The 10th International Workshop on Bio-Medical ESR Spectroscopy and Imaging, Secretariat.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2014.04, Journal of clinical biochemistry and nutrition, 国際, 編集委員.
2016.04, 日本油化学会, 国内, 編集委員.
2013.09, 電子スピンサイエンス学会, 国内, 編集委員長.
2013.08, 日本分子イメージング学会, 国内, 編集委員.
2007.09~2013.08, 電子スピンサイエンス学会, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度      
2016年度      
2015年度      
2014年度      
2013年度      
2012年度 10        10 
2011年度 15        15 
2010年度      
2009年度      
2008年度    
2007年度      
2006年度      
2005年度      
2004年度      
その他の研究活動
外国人研究者等の受入れ状況
2019.01~2019.02, 1ヶ月以上, マラヤ大学, Malaysia, 学内資金.
2017.12~2018.01, 1ヶ月以上, チュラロンコン大学, Thailand, 学内資金.
2016.12~2017.03, 1ヶ月以上, チュラロンコン大学, Thailand, 独立行政法人日本学生支援機構(JASSO).
受賞
日本酸化ストレス学会 学術奨励賞, 日本酸化ストレス学会, 2016.08.
長瀬研究振興賞, 公益財団法人長瀬科学技術振興財団, 2012.04.
Young Investigator Award, International Symposium on Free Radical Research, 2011.01.
日本酸化ストレス学会 学術奨励賞, 日本酸化ストレス学会, 2010.06.
第45回電子スピンサイエンス学会奨励賞, 電子スピンサイエンス学会, 2006.11.
第3回日本NO学会学術集会、Travel Awards, 日本NO学会, 2003.05.
The Takeda Enterpreneurship Award, Finalist Commendation, The Takeda Foundation, 2002.11.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2019年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 新たな細胞死フェロトーシスにおける脂質ラジカルの関与.
2017年度~2021年度, 新学術領域研究, 分担, 次世代メタボローム解析技術開発と応用.
2017年度~2019年度, 基盤研究(B), 代表, ラジカロミクス技術開発.
2016年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 還元ストレス検出蛍光プローブ開発.
2016年度~2017年度, 新学術領域研究, 代表, 生体内脂質クオリティ変化としての脂質ラジカル蛍光検出・構造解析.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 代表, 脂質ラジカルの異なる階層間での情報統合と疾患モデルへの適用.
2012年度~2013年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 環境・脂質ラジカル応答型蛍光化合物の開発と評価.
2010年度~2011年度, 若手研究(B), 代表, 脂質ラジカル検出手法開発.
2010年度~2012年度, 基盤研究(A), 分担, OMRIを用いた酸化ストレス疾患モデルにおけるレドックス動態の画像解析研究.
2007年度~2009年度, 若手研究(A), 代表, アルツハイマー病の次世代無侵襲画像診断手法の開発.
2005年度~2006年度, 若手研究(B), 代表, 異核種同時分離画像化法による生体内レドックス動態解析.
2003年度~2004年度, 若手研究(B), 代表, プロトン・電子2重共鳴法を用いた14N,15N標識スピンプローブの生体内分離画像.
2003年度~2006年度, 特定領域研究, 分担, 生体計測ESRIを用いた疾患モデル動物でのフリーラジカル動態解析.
2002年度~2003年度, 萌芽研究, 分担, 生体ラジカル二重共鳴画像解析用共振デバイスと画像化システムの開発.
2002年度~2003年度, 基盤研究(A), 分担, 酸化ストレス性疾患を対象とするESRI・MRI融合型画像解析装置の開発.
学内資金・基金等への採択状況
2018年度~2018年度, 橋渡し研究・新規開発シーズ(シーズA 九州大学公募), 代表, 血管性認知症発症・進展抑制剤.
2017年度~2017年度, 橋渡し研究・新規開発シーズ(シーズA 九州大学公募), 代表, 加齢黄斑変性発症・進展抑制剤.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」