九州大学 研究者情報
発表一覧
久枝 良雄(ひさえだ よしお) データ更新日:2019.12.10

教授 /  工学研究院 応用化学部門 生体機能化学講座


学会発表等
1. Yoshio Hisaeda, Electrochemical Perfluoroalkylations of Arenes and Heteroarenes by Bioinspired Catalytic System, 13th International Symposium on Organic Reaction (ISOR-13) , 2018.11.
2. 久枝良雄, 人工酵素 --バイオインスパイアード触媒--, 一般財団法人化学物質評価研究機構(CERI) 寄付講座, 2018.11.
3. Yoshio Hisaeda, Electrochemical Perfluoroalkylation of Arenes and Heteroarenes Catalyzed by Vitamin B12 Derivative, International Conference on Coordination Chemistry (ICCC), 2018.08.
4. Yoshio Hisaeda, Facile Synthesis of Porphycene Derivatives and Reactivity of Cobalt Porphycene, 10th International Conference on Porphyrins & Phthalocyanines (ICPP-10), 2018.07.
5. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalytic System with Vitamin B12 Function, Conference on New Advances in the Chemistry of Porphyrinoids, 2018.12.
6. 久枝良雄, 光および電気化学活性化を用いたバイオインスパイアード触媒の創製, 群馬大学元素科学国際教育研究センター主催講演会, 2017.12.
7. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalyst with Vitamin B12 Functions Using Photochemical and Electrochemical Methods, 5th CMS International Symposium (CMS-5) on Photofunctional Chemistry and Molecular Systems, 2017.12.
8. 久枝良雄, 人工酵素 バイオインスパイアード触媒, CERI公開講座 「先端材料化学〜設計、構造・物性から機能化まで〜」, 2017.10.
9. 久枝良雄, 光化学的手法を用いたバイオインスパイアード触媒の開発, 第29回配位化合物の光化学討論会, 2017.08.
10. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalytic Reactions Using Vitamin B12 Derivative, 6th Asian Conference on Coordination Chemistry(ACCC6), 2017.07.
11. 久枝良雄, 生体関連色素の化学 “ビタミンB12酵素から学ぶバイオインスパイアード触媒”, ブルカー・バイオスピン株式会社 九州サービスセンター開所記念セミナー, 2017.07.
12. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalyst with Vitamin B12 Functions Activated by Photochemical or Electrochemical Methods, 26th International Conference on Coordination and Bioinorganic Chemistry, 2017.06.
13. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalysts with Vitamin B12 Function Activated by Photochemical and Electrochemical Methods, 2nd International Symposium on Precisely Designed Catalysts with Customized Scaffolding, 2017.05.
14. Yoshio Hisaeda, 生体関連金属錯体の光化学および酸化還元挙動に関する研究, シンポジウム 「2017機能分子の先端ビーム化学」, 2017.01.
15. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalytic Reaction Lessons from Vitamin B12 Enzyme, 8th Asian Biological Inorganic Chemistry Conference (AsBIC8-2016), 2016.12.
16. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalysts with Vitamin B12 Derivatives Using Photochemical and Electrochemical Methods, International Symposium on Catalysis and Fine Chemicals in Taipei-2016 (C&FC-2016), 2016.11.
17. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalysts based on Vitamin B12 Chemistry, 9th International Conference on Porphyrins & Phthalocyanines(ICPP-9), 2016.07.
18. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalysts with Vitamin B12 Functions Using Photosensitizer or Electrochemical Method, The 12th International Symposium on Organic Reactions and The 6th German-Japanese Symposium on Electrosynthesis (ISOR-12 and GJSE-6), 2016.04.
19. Yoshio Hisaeda, Hisashi Shimakoshi, Toshikazu Ono, ARTIFICIAL ENZYMES COMPOSED OF PHOTOSENSITIZER AND VITAMIN B12 DERIVATIVE, 26th IUPAC Symposium on Photochemistry, 2016.04.
20. 久枝良雄, Bioinspired Catalysts: Lessons from Vitamin B12 Enzymes, Poland/Polish Academy of Sciences, 2015.06.
21. 久枝良雄, Bioinspired Catalysts Learned from B12 Enzyme for Degradation of Environmental Pollutants, XXV. INTERNATIONAL CONFERENCE ON COORDINATION AND BIOINORGANIC CHEMISTRY (ICCBIC-25), 2015.06.
22. 佐藤秀明, 塚口 舞, 杉島正一, 増子隆博, 和田 啓, 小俣義明, 久枝良雄, 野口正人, 山本 健, 新規ポルホビリノーゲン誘導体のヒドロキシメチルビランシンターゼに対する阻害剤としての効果, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
23. 森井卓也, 山崎 拓, 田原圭志朗, 張 謙, 宋 渓明, 久枝良雄, 菊池純一, ビタミンB12活性をもつハイブリッドセラソームの作製と分子通信インターフェースとしての機能, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
24. 清水遥加, Masaaki Abe, Toshikazu Ono, 嶌越恒, 久枝良雄, 多核クラスターユニットの事前修飾による 機能性高分子錯体の合成, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
25. 橋本将司, 嶌越恒, Toshikazu Ono, Masaaki Abe, 久枝良雄, 新規オキシム型二核コバルト錯体の合成とその性質, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
26. LUO, Zhonhli, INABA, Takuya, Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, Electrochemical Formation of Esters and Amides from Trichloromethylated Compounds Catalyzed by B12 Model Complex, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
27. 畠中 創, Toshikazu Ono, 嶌越恒, Masaaki Abe, 久枝良雄, 多孔性有機結晶のナノ空間を利用した芳香族炭化水素の高感度蛍光検出, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
28. 高橋洸洋, 嶌越恒, Toshikazu Ono, Masaaki Abe, 久枝良雄, ビタミンB12誘導体のコバルト-ヒドリド錯体を用いた有機合成反応の開拓, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
29. 福田有貴, Toshikazu Ono, 嶌越恒, Masaaki Abe, 久枝良雄, 多孔性有機結晶のナノ空間を利用した強発光性室温リン光材料の創製, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
30. 藤岡太郎, Masaaki Abe, Toshikazu Ono, 嶌越恒, 米村 弘明, 山田 淳, 久枝良雄, 自己組織化を利用した多核金属錯体のメゾスコピック超分子構造体形成とその特性, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
31. 金子和弘, Masaaki Abe, Toshikazu Ono, 嶌越恒, 久枝良雄, 新規メソ位イミダゾール修飾ポルフィセンの合成, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
32. Hisashi Shimakoshi, Yonemura, Shunsuke, Yoshio Hisaeda, Development of Visible Light Responsive Vitamin B12-TiO2 Hybrid Catalyst Composed of Interfacial Complexation, 日本化学会第96春季年会, 2015.03.
33. 二川裕紀, Masaaki Abe, 久枝良雄, ポルフィリン構造異性体を集積化した電解重合薄膜の作製とそのエレクトロクロミック特性, 日本化学会第95春季年会, 2015.03.
34. 久枝良雄, B12酵素に学ぶバイオインスパイアード触媒の創製と触媒機能, 分子研研究会, 2015.01.
35. 米村俊佑, 嶌越恒, 久枝良雄, 粒子間電子移動を利用した界面錯体型ビタミンB12-TiO2触媒システムの構築, 第33回固体・表面光化学討論会, 2014.12.
36. 森井卓哉, 喬 雲, 田原圭志朗, 帳 謙, 宋 溪明, 久枝良雄, 疎水性ビタミンB12を包埋した人工細胞膜による分子通信インターフェースの構築, 第8回有機電子系シンポジウム, 2014.11.
37. 脇谷航介, Toshikazu Ono, 嶌越恒, Masaaki Abe, 久枝良雄, ビタミンB12誘導体を触媒とするトリフルオロメチル化反応, 第47回酸化反応討論会, 2014.11.
38. 嶌越恒, 羅 中力, 稲葉卓也, 久枝良雄, 有機塩素化合物を資源とする有用物質の電解参加合成, 第47回酸化反応討論会, 2014.11.
39. Masaaki Abe, Mitsuru Tomoda, Naoki Taniguchi, Atsushi Inatomi, Yoshio Hisaeda, Synthesis, Electron-storage, and Guest Binding of Multi-metallic Giant Capsules, Vietnam Malaysia International Chemical Congress, 2014.11.
40. Masaaki Abe, Hiroaki Yamada, Toru Okawara, Yoshio Hisaeda, Synthesis and Redox-controlled Luminescence Behavior of a New Covalently-linked Ferrocene–porphycene Hybrid, the 18th Malaysian International Chemical Congress, 2014.11.
41. 嶌越恒, 法福紀之, 久枝良雄, イオン液体を電子メディエーターとした光駆動型ビタミンB12触媒反応の構築, 第5回イオン液体討論会, 2014.10.
42. Toshikazu Ono, 久枝良雄, ルイスペア包接結晶の分子デザインによる固体蛍光・リン光発光材料の創製, 2014年光化学討論会, 2014.10.
43. 米村俊佑, 嶌越恒, Toshikazu Ono, Masaaki Abe, 久枝良雄, 界面錯体形成を利用した可視光応答型ビタミンB12-TiO2触媒による物質変換反応, 2014年光化学討論会, 2014.10.
44. 向高寛人, Masaaki Abe, Toshikazu Ono, 嶌越恒, 久枝良雄, 新規リンポルフィセンの合成と発光特性, 2014年光化学討論会, 2014.10.
45. 畠中 創, Toshikazu Ono, 嶌越恒, Masaaki Abe, 久枝良雄, ルイスペア包接結晶の固相合成法の検討と発光特性, 2014年光化学討論会, 2014.10.
46. 嶌越恒, 法福紀之, 張 薇, 久枝良雄, 高分子イオン液体の錯体修飾による機能化と光駆動型B12触媒反応への応用, 第63回高分子討論会, 2014.09.
47. Masaaki Abe, 二川裕紀, 松瀬瑠美子, 久枝良雄, 金属配位と電解重合による直鎖型配位高分子薄膜の作製と可視・近赤外クロミック特性, 2014年電気化学秋季大会, 2014.09.
48. 二川裕紀, Masaaki Abe, 大川原 徹, Toshikazu Ono, 嶌越恒, 久枝良雄, ルテニウムポルフィセン重合薄膜の合成及びそのエレクトロクロミック特性, 錯体化学会第64回討論会, 2014.09.
49. 佐伯達也, Toshikazu Ono, 嶌越恒, Masaaki Abe, 久枝良雄, コバルトポルフィセン錯体の配位還元体を活性種とした反応とその機構, 錯体化学討論会第64回討論会, 2014.09.
50. Zhongli LUO, Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, Electrolysis of Trichloromethylated Compounds under Aerobic Condition Catalyzed by B12 Model Complex, 錯体化学会第64回討論会, 2014.08.
51. Toshikazu Ono, Yoshio Hisaeda, Highly Emitting Lattice Inclusion Crystals by Supramolecular Approach, 錯体化学会第64回討論会, 2014.09.
52. 友田 満, Masaaki Abe, Toshikazu Ono, 嶌越恒, 久枝良雄, ポルフィリン環を含むRu十二核錯箱型クラスターの合成、構造および溶液内挙動, 錯体化学会第64回討論会, 2014.09.
53. Hisashi Shimakoshi, Noriyuki HOUFUKU, Wei ZHANG, Yoshio Hisaeda, Applications of a Polymerized lonic Liquid for Photocatalyst with Vitamin B12 Function, 錯体化学会第64回討論会, 2014.09.
54. 嶌越恒, 久枝良雄, 表面ゾルーゲル法を利用したビタミンB12-TiO2ハイブリッド触媒の作成とアルケン還元への応用, 日本ゾルーゲル学会第12回討論会, 2014.08.
55. Masaaki Abe, 満生健太, 久枝良雄, アキシャル位連結型金属ポルフィリンーランタノイド二核錯体の合成と近赤外発光特性, 配位化合物の光化学討論会, 2014.08.
56. Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, B12-TiO2 Hybrid Catalyst for Light-Driven Molecular Transformations, 7th International Symposium on Bioorganometallic Chemistry, 2014.07.
57. Haruka SHIMIZU, Masaaki Abe, Toshikazu Ono, Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, Redox-Active Supramolecular Clusters through Tridenate Coordination Linkage:Solid-State Characterisscs and Reactivity, ICOMC 2014, 2014.07.
58. Hiroki FUTAGAWA, Masaaki Abe, Toshikazu Ono, Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, Synthesis and Characterizations of a New Metalloporphycene with Axially-Coordunated Electropolymerizable Functionalities, ICOMC 2014, 2014.07.
59. 畠中 創, Toshikazu Ono, 嶌越恒, Masaaki Abe, 久枝良雄, 固相合成法による発光性包接結晶の創製, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
60. 佐伯達也, Toshikazu Ono, 嶌越恒, Masaaki Abe, 久枝良雄, コバルトポルフィセンの酸化還元挙動と配位子還元体を利用した触媒反応, 2014.06.
61. 友田 満, Masaaki Abe, Toshikazu Ono, 嶌越恒, 久枝良雄, 多角箱形クラスターの合成と溶液内ホストゲスト相互作用のDOSYによる解析, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
62. 法福紀之, 嶌越恒, Toshikazu Ono, Masaaki Abe, 久枝良雄, 電子メディエーターの導入による高効率なビタミンB12-Ru光増感剤系の構築, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
63. 米村俊佑, 嶌越恒, Toshikazu Ono, Masaaki Abe, 久枝良雄, 界面錯体形成により可視光応答化したビタミンB12-TiO2触媒の作製と反応評価, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
64. 清水遥加, Masaaki Abe, Toshikazu Ono, 嶌越恒, 久枝良雄, 多角錯体を集積化したメタロ超分子ポリマーの創製とレドックス特性, 第51回化学関連支部合同九州大会, 2014.06.
65. 嶌越恒, 高橋正弘, 久枝良雄, 二核コバルト錯体による協同的電解水素発生, 第38回有機電子移動化学討論会, 2014.06.
66. 脇谷航介, Toshikazu Ono, 嶌越恒, Masaaki Abe, 久枝良雄, ビタミンB12誘導体を触媒とするラジカル的トリフルオロメチル化反応の開発, 第38回有機電子移動化学討論会, 2014.06.
67. Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, Heavy-atom Effect on Porphyrin Isomers, The 10th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2014, 2014.06.
68. Mamoru Fujitsuka, Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, Tetsuro Majima, Photoinduced Electron Transfer Processes in Supraolecular Donor Acceptor Dyads using Porphyrin Isomers, KJFP-2014, 2014.06, Porphyrins have been used by various researchers as important building blocks of photofunctional molecules, while the number of studies on the excitation properties of the structural isomers of porphyrins is small when compared to those of porphyrins. In the present study, photoinduced electron transfer (ET) processes of supramolecular donor-acceptor dyads of 2,3,6,7,11,12,17,18-octaethylcorrphycenatozinc (ZnCn), one of the porphyrin isomers, and some imide compounds, which can coordinate to the central Zn ion as an electron acceptor, were investigated. Formation of the supramolecular donor-acceptor dyads was confirmed by steady state absorption change. Charge separation and charge recombination processes upon photoexcitation of ZnCn of the supramolecular dyads were successfully observed by subpicosecond laser flash photolysis. The estimated ET rates (kET) were compared with those of other porphyrin isomers. Differences in the driving force dependence of kET values of porphyrin isomers were attributed to the electronic coupling and internal reorganization energy. Electronic and structural factors, which brought about the difference in kET values, were reasonably explained on the basis of the theoretical calculation..
69. 脇谷航介, Toshikazu Ono, 嶌越恒, Masaaki Abe, 久枝良雄, ビタミンB12誘導体を用いたラジカル的トリフルオロメチル化反応, 第7回分子活性化公開シンポジウム, 2014.06.
70. Hisashi Shimakoshi, Takuya Inaba, Yoshio Hisaeda, Electrolysis of Trichlomethylated Compound Under Aerobic Condition Catalyzed By B12 Model Complex, 225th ECS Meeting, 2014.05, [URL], Tuesday, May 13, 2014: 16:40
Floridian Ballroom D, Lobby Level (Hilton Orlando Bonnet Creek)
H. Shimakoshi, T. Inaba (Kyushu University), and Y. Hisaeda (Department of Chemistry and Biochemistry, Graduate School of Engineering, Kyushu University)
Reductive dehalogenation reactions are presently of great interest, primary because of their potential use in the treatment of halogenated solvent wastes as well as in remedial approaches to remove such chemicals from contaminated soils. A Co(I) species of cobalamin emerged in the active site of B12-dependent enzyme is a supernucleophile and reacts with an alkyl halide to form an alkylated complex with dehalogenation. Thus, the superior ability of cobalamin for reductive dehalogenation prompted us to investigate the catalysis of a cobalamin derivative for degradation of various halogenated compounds such as 1,1-bis(4-chlorophenyl)-2,2,2-trichloroethane (DDT), perchloroethelene (PCE), chloroform and so on.
Electrolysis of such organic halides mediated by cobalt complex usually achieved in anaerobic condition to avoid loss of reactive Co(I) species by autooxidation. Carbon center radical formed by homolysis of cobalt-carbon bond in alkylated complex generally coupled to form dimerized compound or abstract hydrogen to form simply reduced product. Here we reported electrolysis of organic halide under aerobic condition and conducted the reaction of in-situ generated substrate radical with oxygen to form more valuable compound such as ester.
Electrolysis of trichloromethyl benzene at -0.9 V vs. Ag/AgCl in the presence of heptamethyl cobyrinate perchlorate (1) in ethanol under anaerobic condition using undivided cell equiped with Pt mesh cathode and Zn plate anode to yield Z and E forms of 1,2-dichlorostilbene with 49% and 7%, respectively. In contrast, the same reaction was carried out in an aerobic condition, ethyl benzoate was selectively produced in 61 % yield based on initial concentartion of substrate. When the electrolysis was carried out in methanol or isopropano, methyl benzoate and isopropyl benzoate were formed, respectively. As for mechanism, primary formed radical species from homolysis of alkylated complex may reacts with oxygen to form peroxy species. Homolysis of O-O bond of peroxy species should produce oxyl radical. Following disproportionation and isomerization may produce benzoyl chloride as key intermediate in this reaction. Reactive benzoyl chloride could reacts with solvent ethanol to yield ethyl benzoate. Application of this aerobic electrolysis with colalamin derivative toward various trichloromethylated compounds will be reported.
.
71. 久枝良雄, 人工酵素 バイオインスパイアード触媒, CERI公開講座「先端材料化学〜設計、構造・物性から機能化まで〜」, 2014.12.
72. 久枝良雄, バイオインスパイアード錯体化学<ピロール系金属錯体の化学>, 第3回錯体化学若手の会 九州・沖縄支部勉強会, 2014.11.
73. Yoshio Hisaeda, Shunsuke Yonemura, FAN YUCHI, Light-Driven Molecular Transformations Mediated by B12-TiO2 Hybrid Catalyst, OM&Cat-2014.
74. Yoshio Hisaeda, Electrochemical Bioinspired Catalytic Reactions Mediated by Hydrophonic Vitamin B12, Elevtrochemistry 2014.
75. Yoshio Hisaeda, Shunsuke YONEMURA, Kosuke WAKIYA, Hisashi Shimakoshi, Toshikazu Ono, Takahiro MASUKO, Bioinspired Catalytic Reactions:Lessons from Vitamin B12 Enzymes, ICOMC 2014.
76. Yoshio Hisaeda, Koichi Hashimoto, Tatsuya Saeki, Hisashi Shimakoshi, Redox Behavior and Reaction of Cobalt Porphycene Derivative, 225th ECS Meeting.
77. 久枝良雄, 嶌越恒, 増子隆博, 米村俊佑, 水溶液中の無機酸化・還元触媒の開発に関する研究, 住友金属鉱山(株)九州大学第7回連携協議会, 2014.03.
78. 久枝良雄, 環状ピロール系金属錯体を用いたバイオインスパイアード触媒, 2014年 研究会「金属新機能場の開発を目指して」, 2014.02.
79. 久枝良雄, 人工酵素 日本庭園の精神を活かした人工酵素, 一般財団法人化学物質評価研究機構(CERI) 寄付講座 CERI公開講座, 2013.12.
80. Yoshio Hisaeda, Hisashi Shimakoshi, Tatsuya Saeki, Koichi Hashimoto, Photochemical and Electrochemical Reactions of Porphycenes and Cobalt Porphycene, The 9th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2013(KJFP-2013), 2013.11.
81. 久枝良雄, 光駆動型バイオインスパイアード触媒の開発とその機能ー物質交換と環境浄化への挑戦ー, 大阪大学大学院理学研究科 講演会, 2013.09.
82. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Matroals:Lessons from Metalloenzymes with Tetrapyrrole Compounds, Lucite International UK Ltd.,UK 1st August,2013, 2013.08.
83. 嶌越恒, 米村俊佑, 久枝良雄, 錯体修飾による酸化チタンの高次機能化と反応特性, 第32回 固体・表面光化学討論会, 2013.12.
84. Shunsuke Yonemura, Hisashi Shimakoshi, Toshikazu Ono, Masaaki Abe, Yoshio Hisaeda, Preparation and Reactivity of Visible-light Responsive B12-TiO2 Catalyst Composed of Interfacial Complexation, Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience(KJFP-2013), 2013.11.
85. Noriyuki Hofuku, Hisashi Shimakoshi, Toshikazu Ono, Masaaki Abe, Yoshio Hisaeda, Synthesis of Vitamin B12-Ru(bpy)3 Polymer as Visible Light Driving Catalyst , Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience(KJFP-2013), 2013.11.
86. Tatsuya Saeki, Isao Aritome, Toshikazu Ono, Hisashi Shimakoshi, Masaaki Abe, Yoshio Hisaeda, Redox-active Ligand-mediated Catalytic Reaction of Cobalt Porphycene, Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience(KJFP-2013), 2013.11.
87. Kenta Mitsuiki, Masaaki Abe, Toshikazu Ono, Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, Synthesis and Photoluminescent Property of Lanthanide Complexes bearing Ruthenium Porphyrin linked by Coordination Bond, Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience(KJFP-2013), 2013.11.
88. Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, Vitamin B12-TiO2 Hybrid Catalyst for Green Molecular Transformation, Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience(KJFP-2013), 2013.11.
89. Yoshio Hisaeda, Preparation and Reactions of Porphycenes and Cobalt Prophycene, 第11回国際有機反応化学シンポジウム(ISOR11), 2013.11.
90. Yoshio Hisaeda, Preparation and Reactions of Porphycenes and Cobalt Prophycene, 第11回国際有機反応化学シンポジウム(ISOR11), 2013.11.
91. 久枝 良雄, 佐伯達也, 橋本浩一, 小野 利和, 嶌越 恒, 阿部 正明, コバルトポルフィセン錯体類の酸化還元挙動と酸化的付加反応, 第46回酸化反応討論会, 2013.11.
92. 米村俊佑, 嶌越 恒, 阿部 正明, 久枝 良雄, 界面錯体形成を利用した可視光応答型ビタミンB12-TiO2複合触媒の作製と反応特性, 2013年光化学討論会, 2013.09.
93. Hisashi Shimakoshi,and Yoshio Hisaeda, Oxygen Switch in Catalysis of Vitamin B12-TiO2 with Green Reaction , 第11回国際有機反応化学シンポジウム(ISOR11), 2013.11.
94. 畠中創・小野利和・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ホウ素-窒素錯形成を利用した超分子複合体の固相合成法の構築と固体発光特性の評価, 錯体化学会第63回討論会, 2013.11.
95. 向高寛人・阿部正明・大川原徹・小野利和・嶌越恒・久枝良雄, 非金属ポルフィセンの化学:新規リンポルフィセンの合成, 錯体化学会第63回討論会, 2013.11.
96. 友田満・阿部正明・谷口直毅・稲富敦・小野利和・嶌越恒・久枝良雄, ポルフィリンとルテニウム三核錯体をユニットとする多核箱型クラスターの構築とホストゲスト相互作用, 錯体化学会第63回討論会, 2013.11.
97. 佐伯達也・有留功・小野利和・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, コバルトポルフィセンの配位子レドックスを利用した触媒的脱ハロゲン化反応, 錯体化学会第63回討論会, 2013.11.
98. 満生健太・阿部正明・小野利和・嶌越恒・久枝良雄, 軸位連結型ルテニウム(II)ポルフィリン-ランタノイド(III)二核錯体の合成と発光特性, 錯体化学会第63回討論会, 2013.11.
99. 藤田勇祐・嶌越恒・小野利和・阿部正明・久枝良雄, コバルト錯体とバイオマスを用いた光駆動型水素発生触媒系の構築, 錯体化学会第63回討論会, 2013.11.
100. 橋本浩一・小野利和・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 水素化ポルフィセン金属錯体の合成と酸化還元特性, 錯体化学会第63回討論会, 2013.11.
101. 中西太郎・阿部正明・小野利和・嶌越恒・久枝良雄, 長鎖アルキル修飾ルテニウム三核錯体の合成とその自己集合特性, 錯体化学会第63回討論会, 2013.11.
102. Atsushi Ikegami,Masaaki Abe,Toshikazu Ono,Hisashi Shimakoshi,Yoshio Hisaeda, Synthesis of Oxo-Centered Heterometalic Clusters Decorated by Four Porohyrincarboxylato Ligands, 錯体化学会第63回討論会, 2013.11.
103. 嶌越恒・久枝良雄, 錯体修飾による光触媒の高次機能化とエネルギーおよび物質変換, 錯体化学会第63回討論会, 2013.11.
104. 小野利和、久枝良雄, ホウ素-窒素結合を活用したナフタレンジイミド誘導体の会合制御と固体発光特性の評価, 第7回バイオ関連化学シンポジウム, 2013.09.
105. Toshikazu Ono, Yoshio Hisaeda, Multi-Color and White Light Emitting Organic Inclusion Crystals Finely Prepared by Lewis Acid-Base Adducts as Supramolecular Element Blocks, 2013NNBS, 2013.09.
106. Kenichi Sasaki,Hisashi Simakoshi,Takahiro Masuko,and Yoshio Hisaeda, Synthesis and Photosensitizing Property of Prophycene with Ionic Liquid Tag, 20th International SPACC Symposium, 2013.09.
107. Yoshio Hisaeda,Shunsuke Yonemura,Hisashi Shimakoshi and Takahiro Masuko, Bioinspired Catalysts with Vitamin B12 Derivative and Photoseneitizers, 20th International SPACC Symposium, 2013.09.
108. 米村俊佑・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 界面錯体形成を利用した可視光応答型ビタミンB12-TiO2複合触媒の作製と反応特性, 2013年光化学討論会, 2013.09.
109. 法福紀之・嶌越恒・小野利和・阿部正明・久枝良雄, 可視光駆動型ビタミンB12高分子触媒の開発と物質変換反応への応用, 2013年光化学討論会, 2013.09.
110. 小野利和、久枝良雄, 嵩高いルイスペアを利用したナフタレンジイミド誘導体の会合制御と固体発光材料への応用, 2013年光化学討論会, 2013.09.
111. Wei Zhang,Hisashi Shimakoshi,Xi-Ming Song and Yoshio Hisaeda, Eco-Friendly Dehalogenation in Ionic Liquids, ASIANALYSIS XII, 2013.08.
112. Hisashi Shimakoshi,and Yoshio Hisaeda, Bioinspired Dehalogenation with Eco-Friendly Method, ASIANALYSIS XII, 2013.08.
113. 小野利和、久枝良雄, 嵩高いルイスペアを活用したπ共役分子の会合制御と固体発光材料の開発, 第25回配位化合物の光化学討論会, 2013.08.
114. 嶌越恒・米村俊佑・久枝良雄, 界面錯形成を利用した金属錯体の酸化チタンへの固定化と可視光応答型反応への応用, 第25回配位化合物の光化学討論会, 2013.08.
115. Yoshio Hisaeda,Shunsuke Yonemura,Hisashi Shimakoshi and Takahiro Masuko, Bioinspired Catalysts with Cobalt Complexes and Photosensitizers:Lessons from Vitamin B12-dependent Enzymes, グリーンケミストリーに関する国際会議 6th International Conference on Green & Sustainable Chemistry (GSC-6), 2013.08.
116. 嶌越恒・米村俊佑・久枝良雄, 表面ゾル-ゲル法を利用した可視光応答型ビタミンB12-酸化チタンハイブリッド触媒の作成, 日本ゾル-ゲル学会 第11回討論会, 2013.08.
117. 米村俊佑・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 界面錯体形成を利用した可視光応答型ビタミンB12-TiO2触媒の作製と反応特性, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
118. 向高寛人・阿部正明・大川原徹・小野利和・嶌越恒・久枝良雄, 非金属ポルフィセンの化学:新規リンポルフィセン錯体の合成と発光特性, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
119. 法福紀之・嶌越恒・小野利和・阿部正明・久枝良雄, 光増感部位を利用したビタミンB12触媒システムの開発, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
120. 友田満・池上篤志・阿部正明・小野利和・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体をユニットとする箱型クラスターの合成と溶液内ホストゲスト相互作用, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
121. 佐伯達也・有留功・小野利和・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, コバルトポルフィセンの配位子還元を利用した脱ハロゲン的触媒反応, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
122. 満生健太・阿部正明・小野利和・嶌越恒・久枝良雄, ランタノイド錯体配位子を軸位に持つRuポルフィリン錯体の合成と発光特性, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
123. 藤田勇祐・嶌越恒・小野利和・阿部正明・久枝良雄, バイオマスを電子源とした非金属系光駆動型水素発生, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
124. 橋本浩一・大川原徹・小野利和・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 水素化ポルフィセンコバルト錯体の合成と機能特性, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
125. 中西太郎・阿部正明・小野利和・嶌越恒・久枝良雄, オキソカルボキシレート架橋ルテニウム三核錯体に対するクリックケミストリーの 検討, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
126. 池上篤志・阿部正明・小野利和・嶌越恒・久枝良雄, ポルフィリン集積型混合金属錯体の合成と機能特性, 第50回化学関連支部合同九州大会, 2013.07.
127. Keishiro Tahara,Ayaka Matsuzaki,Takahiro Masuko,Jun-ichi Kikuchi,and Yoshio Hisaeda, Synthesis and Characterization of a Hydrophobic Vitamin B12 Model Complex Having a Co-S Bond, 国際研究集会第9回「化学的にプログラムされた合成色素類の超分子ナノ科学」, 2013.06.
128. 米村俊佑・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 界面錯体形成による可視光応答型ビタミンB12-TiO2触媒の作製と反応特性, 第37回有機電子移動化学討論会 -エレクトロオーガニックケミストリー討論会- 第9回有機電子移動化学若手の会, 2013.06.
129. 法福紀之・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ビタミンB12-Ru 光増感剤触媒系によるクロスカップリング反応, 第37回有機電子移動化学討論会 -エレクトロオーガニックケミストリー討論会- 第9回有機電子移動化学若手の会, 2013.06.
130. 佐伯達也・有留功・小野利和・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, コバルトポルフィセンの配位子レドックスを利用した酸化的付加反応, 第37回有機電子移動化学討論会 -エレクトロオーガニックケミストリー討論会- 第9回有機電子移動化学若手の会, 2013.06.
131. Shunsuke Yonemura,Hisashi Shimakoshi,Yoshio Hisaeda, Visible Light Driven Bioinspired Catalyst with B12 Function, 1st International simposium on chemical energy Conversion process, 2013.06.
132. Masaaki Abe, Atsushi Inatomi, and Yoshio Hisaeda, A TRIMTALLIC MODULAR APPROACH TO REDOX-ACTIVE SUPRAMOLECULAR RING SYSTEM, The XXIV International Conference on Coordination and Bioinorganic Chemistry (ICCBIC), 2013.06.
133. 久枝良雄, ビタミンB12誘導体と光増感剤の組合せによる触媒系の構築と分子変換反応, 新学術領域研究「分子活性化」第5回公開プログラム, 2013.05.
134. 小野利和、久枝良雄, 嵩高いルイス酸-塩基形成を活用したナフタレンジイミド誘導体の包接結晶の創製とゲスト分子に依存した固体発行特性の評価, 第62回高分子学会年次大会, 2013.05.
135. 嶌越恒、高橋正弘、久枝良雄, コバルト二核錯体の協同効果を利用した電解水素発生, 電気化学会第80回大会, 2013.03.
136. 米村俊佑・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 界面錯体形成を利用した可視光応答型B12-TiO2触媒の作製と反応特性, 日本化学会第93春季年会(2013), 2013.03.
137. 向高寛人・阿部正明・大川原徹・小野利和・嶌越恒・久枝良雄, 非金属ポルフィセン化学の開拓:新規リンポルフィセンの合成, 日本化学会第93春季年会(2013), 2013.03.
138. 法福紀之・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ビタミンB12-Ru光増感剤ハイブリッドポリマーによるクロスカップリング反応の開発, 日本化学会第93春季年会(2013), 2013.03.
139. 友田満・阿部正明・谷口直毅・稲富敦・小野利和・嶌越恒・久枝良雄, ポルフィリン環を含む多核箱型クラスターの合成と溶液内ホストゲスト相互作用, 日本化学会第93春季年会(2013), 2013.03.
140. 佐伯達也・有留功・小野利和・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, コバルトポルフィセンの配位子還元を利用したCo-C結合の形成反応, 日本化学会第93春季年会(2013), 2013.03.
141. 池上篤志・阿部正明・小野利和・嶌越恒・久枝良雄, メタロセン集積型金属クラスターの合成と電子特性, 日本化学会第93春季年会(2013), 2013.03.
142. 小野利和・池上篤志・久枝良雄, 嵩高いルイス酸-塩基形成を活用したナフタレンジイミド誘導体の会合制御と超分子複合材料の開発, 日本化学会第93春季年会(2013), 2013.03.
143. 大川原徹・佐嶋孝徳・前田剛・田ノ上知里・満生健太・久枝良雄・磯村計明・竹原健司, ピラジン環を含むトリアリールエテンの結晶構造と発光特性, 日本化学会第93春季年会(2013), 2013.03.
144. 久枝良雄・嶌越恒・増子隆博・米村俊佑, 水溶媒中の無機酸化・還元触媒の開発に関する研究, 住友金属鉱山㈱-九州大学 第5回連携協議会, 2013.03.
145. 嶌越恒・張薇・久枝良雄, ビタミンB12および光増感剤を導入した高分子化イオン液体の創製と反応特性, 第3回イオン液体討論会, 2012.12.
146. 嶌越恒・久枝良雄, B12-酸化チタン複合触媒による光駆動型物質変換反応, 第45回酸化反応討論会, 2012.11.
147. Yoshio Hisaeda, Hisashi Shimakoshi, Takahiro Masuko, Keishiro Tahara, Bioinspired Catalysts with Vitamin B12 Function, 第12回国際有機化学京都会議(IKCOC-12), 2012.11.
148. Kazumasa Noda,Hisashi Shimakoshi, Masaaki Abe, Yoshio Hisaeda, Synthesis and Photochemical Properties of Tin(Ⅳ)Corrphycene Complex, 7th Asian Photochemistry Conference 2012 (APC2012), 2012.11.
149. Hisashi Shimakoshi,Masashi Nishi,Kazutoshi Ikeda,Yoshio Hisaeda, Photocatalytic Function of Vitamin B12 Complex with Potosensitizer, 7th Asian Photochemistry Conference 2012 (APC2012), 2012.11.
150. 満生健太・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ランタノイド錯体配位子を軸位に持つルテニウムポルフィリン錯体の合成と発光挙動, 2012年 日本化学会西日本大会, 2012.11.
151. 藤田勇祐・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, バイオマスを電子源としたコバルト錯体による水素発生触媒系の構築, 2012年 日本化学会西日本大会, 2012.11.
152. 橋本浩一・大川原徹・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ジヒドロポルフィセン金属錯体の合成と性質, 2012年 日本化学会西日本大会, 2012.11.
153. 中西太郎・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, クリックケミストリーによるデンドロン修飾ルテニウム多核錯体の合成, 2012年 日本化学会西日本大会, 2012.11.
154. 猪野陽佳・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, エネルギー移動型ビタミンB12光増感触媒の開発, 2012年 日本化学会西日本大会, 2012.11.
155. 久枝良雄・阿部正明・嶌越恒・小野利和, 環状ピロール系色素の新機能開拓, 「九州大学学術研究都市」セミナーin東京〜研究開発拠点形成が加速する九大学研都市〜, 2012.10.
156. Hisashi Shimakoshi, and Yoshio Hisaeda, Oxidative Dechlorination of Chlorinated Organic Compound Catalyzed by Vitamin B12-TiO2, PRiME 2012(第6回日米合同大会), 2012.10.
157. Atsushi Inatomi・Masaaki Abe・Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hisaeda, Synthesis, Structure and Redox Behavior of Triruthenium Core-Assembled Polygonal Complexes, 錯体化学会 第62回討論会, 2012.09.
158. 高橋正弘・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, コバルト二核錯体の協同効果を利用した水素発生触媒の開発, 錯体化学会 第62回討論会, 2012.09.
159. 嶌越恒・久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタン複合触媒による有機塩素化合物からの有用物質生産, 錯体化学会 第62回討論会, 2012.09.
160. 満生健太・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウムポルフィリンーランタノイド二核錯体の合成と発光特性, 錯体化学会 第62回討論会, 2012.09.
161. 松瀬瑠美子・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体電解重合膜のエレクトロクロミック特性と表面観察, 錯体化学会 第62回討論会, 2012.09.
162. 中西太郎・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, 巨大なデンドロン部位を有するルテニウム多核錯体の合成, 錯体化学会 第62回討論会, 2012.09.
163. 橋本浩一・大川原徹・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 水素化ポルフィセン金属錯体の合成と性質, 錯体化学会 第62回討論会, 2012.09.
164. 池上篤志・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, 混合金属クラスターの水素結合による二量化構造と物性, 錯体化学会 第62回討論会, 2012.09.
165. Yoshio Hisaeda, Hisashi Shimakoshi and Takahiro Masuko, Bioinspired Catalysts with Photosensitizers, The International Symposium on Preparative Chemistry of Advanced Materials-2012 Liaoning University, Shenyang・China, 2012.09.
166. 藤田勇祐・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, バイオマスを電子源とする非貴金属系光駆動型水素発生, 2012年 光化学討論会, 2012.09.
167. 嶌越恒・久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタン複合触媒によるトリハロメタン類の酸化的脱塩素化反応, 2012年 光化学討論会, 2012.09.
168. Atsushi Ikegami・Masaaki Abe・Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hisaeda, Long-Distance Hole Transfer in a Hydrogen-Bonded Supramolecular Assembly, 第40回錯体化学国際会議(40th ICCC), 2012.09.
169. Masaaki Abe,Atsushi Inatomi,Yoshio Hisaeda, Multiredox High-nuclearity Metallopolygons, 第40回錯体化学国際会議(40th ICCC), 2012.09.
170. Atsushi Inatomi・Masaaki Abe・Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hisaeda, Synthesis and Redox Behavior of Triruthenium Core-Assembled Loop-like Complexes, 第40回錯体化学国際会議(40th ICCC), 2012.09.
171. 松崎彩夏・田原圭志朗・増子隆博・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ビタミンB12誘導体によるチオールの触媒的酸化反応, 第6回バイオ関連化学シンポジウム, 2012.09.
172. Yoshio Hisaeda, Takahiro Masuko,and Hisashi Shimakoshi, Bioinspired Catalysts with Vitamin B12 Derivative and Photosensitizer, 9th JCSMCC(第9回日中クラスター会議), 2012.08.
173. 嶌越恒, 表面ゾル-ゲル法を利用したハイブリッド型光触媒の作製と環境汚染物質からの有用物質生産, 日本ゾル-ゲル学会 第10回討論会, 2012.07.
174. Yoshio Hisaeda, Bioinspired catalytic reactions with photosensitizers, 第24回国際応用化学連合 光化学シンポジウム(XXIV IUPAC), 2012.07.
175. Yoshio Hisaeda, Photochemical Oxygen Activation by Molybdenum Porphycene Complex, 第7回ポルフィリンおよびフタロシアニンに関する国際会議(ICPP-7), 2012.07.
176. 猪野陽佳・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, エネルギー移動型ビタミンB12光増感触媒の開発, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
177. 高橋正弘・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, コバルト二核錯体による新たな水素発生触媒反応機構, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
178. 藤田勇祐・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, コバルト錯体とバイオマスを用いた光駆動型水素発生, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
179. 野田和正・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, コルフィセンスズ錯体の合成と光物性, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
180. 橋本浩一・大川原徹・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ジヒドロポルフィセンの合成と酸化還元挙動, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
181. 松崎彩夏・田原圭志朗・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ビタミンB12誘導体を触媒とするチオール類の酸化反応, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
182. 中川治興・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ポルフィリン配位子を導入した新規パドルホイール型ルテニウム二核錯体の合成, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
183. 満生健太・大川原徹・阿部正明・蒋鋒・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウムポルフィリンーランタノイド二核錯体の合成と発光挙動, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
184. 松瀬瑠美子・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体電解重合膜のエレクトロクロミック特性と表面観察, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
185. 稲富敦・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, 大環状クラスターの外周部化学修飾によるレドックス機能改変, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
186. 中西太郎・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, 巨大なデンドロン部位を有する新規ランタン型ルテニウム二核錯体の合成, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
187. 池上篤志・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, 水素結合による混合金属三核クラスターの二量化とその構造特異的レドックス挙動, 第49回化学関連支部合同九州大会, 2012.06.
188. 藤田勇祐・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, バイオマスを電子源とする光駆動型水素発生, 第36回有機電子移動化学討論会および第8回若手の会, 2012.06.
189. 満生健太・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウムポルフィリンの軸配位挙動を利用したランタノイド錯体との連結化と発光挙動, 第36回有機電子移動化学討論会および第8回若手の会, 2012.06.
190. 橋本浩一・大川原徹・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 水素化ポルフィセンの合成と酸化還元挙動, 第36回有機電子移動化学討論会および第8回若手の会, 2012.06.
191. Hisashi Shimakoshi・Masahiro Takahashi・Yoshio Hisaeda, Electrocatalytic Hydrogen Production Catalyzed by Dicobalt Complex with Imine/Oxxime Ligand, 221st ECS Meeting, 2012.05.
192. 久枝良雄, バイオインスパイアード・ケミストリーを基盤とする新規環境浄化法の開拓, 平成24年度科学研究費助成事業(基盤研究S)ヒアリング審査, 2012.04.
193. 大川原徹・阿部正明・橋本浩一・嶌越恒・久枝良雄, Ni(II)ジヒドロポルフィセン錯体の合成と触媒活性, 日本化学会第92春季年会(2012), 2012.03.
194. 中西太郎・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, カルボキシレート末端を有するデンドロン配位子とその金属二核錯体の合成, 日本化学会第92春季年会(2012), 2012.03.
195. 藤田勇祐・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, コバルト錯体とバイオマスを用いた光駆動型水素発生触媒系の構築, 日本化学会第92春季年会(2012), 2012.03.
196. 橋本浩一・大川原徹・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ジヒドロポルフィセンの合成, 日本化学会第92春季年会(2012), 2012.03.
197. 嶌越恒・久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタン複合触媒による有機塩素化合物の酸化的脱塩素化反応, 日本化学会第92春季年会(2012), 2012.03.
198. 満生健太・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ポルフィリン錯体をアンテナユニットとするランタノイド錯体の合成と発光特性, 日本化学会第92春季年会(2012), 2012.03.
199. 稲富敦・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, レドックス活性環状多核集積体の合成と分子内相互作用, 日本化学会第92春季年会(2012), 2012.03.
200. 池上篤志・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, 水素結合を利用したヘテロ金属集積体の構築と機能特性, 日本化学会第92春季年会(2012), 2012.03.
201. 久枝良雄, 光駆動型バイオインスパイアード触媒による物質変換反応, 新学術領域研究「分子活性化」第2回公開シンポジウム, 2012.01.
202. 嶌越恒・佐々木謙一・久枝良雄, イオンタグポルフィセンの開発と光増感剤としての評価, 第2回イオン液体討論会, 2011.12.
203. 佐々木謙一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ポルフィセン化合物の光励起状態に及ぼすイオン液体の効果, 第2回イオン液体討論会, 2011.12.
204. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalysts with Cyclic Tetrapyrrole Compounds, The 2011 Global COE International Symposium on Future Molecular Systems, 2011.11.
205. Atsushi Inatomi・Masaaki Abe・Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hisaeda, Cluster-cluster Interaction of Redox-active Multinuclear Loop-like Structures, The 2011 Global COE International Symposium on Future Molecular Systems, 2011.11.
206. Toru Okawara・Masaaki Abe・Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hisaeda, Synthesis,Structure,and Catalytic Activity of a Ni(II) Dihydroporphycene Complex, The 2011 Global COE International Symposium on Future Molecular Systems, 2011.11.
207. Yoshio Hisaeda,Hisashi Shimakoshi,Keishiro Tahara, and Kumiko Mikuriya, Bioinspired Catalysts with Vitamin B12 Function Using Visible Light, 第10回有機反応に関する国際シンポジウム(ISOR-10)10th International Symposium on Organic Reactions (ISOR10), 2011.11.
208. Hisashi Shimakoshi and Yoshio Hisaeda, Photocatalytic Function of Vitamin B12-TiO2 Hybrid Catalyst, 第10回有機反応に関する国際シンポジウム(ISOR-10)10th International Symposium on Organic Reactions (ISOR10), 2011.11.
209. Yoshio Hisaeda,Keishiro Tahara, and Hisashi Shimakoshi, Molecular Transformations by Bioinspired Catalyst with Vitamin B12 Derivative and Photosensitizer, 第1回分子活性化国際会議(1st International Symposium on Molecular Activation), 2011.11.
210. 久枝良雄・嶌越恒・佐々木謙一, ポルフィセン誘導体の光化学的挙動と酸化反応, 第44回酸化反応討論会, 2011.11.
211. Hisashi Shimakoshi,M. Nishi,J Aoki,Yoshio Hisaeda, Photocatalytic Function of Vitamin B12 Complex with Photosensitizer, The 8th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2011(KJFP-2011), 2011.10.
212. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalysts Composed of Vitamin B12 Derivative and Photosensitizers, 第3回アジア錯体化学会議(3rd Asian Conference on Coordination Chemistry), 2011.10.
213. Atsushi Inatomi・Masaaki Abe・Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hisaeda, Synthesis, Electrochemistry, and Solution Dynamics of Triruthenium-Assembled Ring Clusters, 第3回アジア錯体化学会議(3rd Asian Conference on Coordination Chemistry), 2011.10.
214. Atsushi Ikegami・Masaaki Abe・Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hisaeda, Synthesis, Structure, and Multiple Communications of Ferrocene-Appended High-Nuclearity Clusters, 第3回アジア錯体化学会議(3rd Asian Conference on Coordination Chemistry), 2011.10.
215. Toru Okawara・Masaaki Abe・Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hisaeda, Synthesis,Structure,and Electrochemical Properties of a Nickel(II) Dihydroporphycene, 錯体化学会第61回討論会, 2011.09.
216. 高橋正弘・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, イミン・オキシム型コバルト錯体の水素発生触媒としての利用, 錯体化学会第61回討論会, 2011.09.
217. 嶌越恒・西将史・田中章博・近間克己・久枝良雄, ビタミンB12-光増感剤ハイブリッドポリマーの合成と光反応特性, 錯体化学会第61回討論会, 2011.09.
218. 山田拓明・大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ポルフィセン-フェロセン連結化合物の合成、酸化還元特性及び光物性, 錯体化学会第61回討論会, 2011.09.
219. 谷口直毅・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体とピリジルポルフィリンから成る新規構造体の合成, 錯体化学会第61回討論会, 2011.09.
220. 松瀬瑠美子・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体電解重合膜の作製とその近赤外エレクトロクロミック特性, 錯体化学会第61回討論会, 2011.09.
221. 稲富敦・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム環状集積構造の溶液内ダイナミクス, 錯体化学会第61回討論会, 2011.09.
222. 阿部正明・稲富敦・大津博義・山口忠・久枝良雄, レドックス活性クラスターをユニットとする大環状π電子系の構築と混合原子価発現, 錯体化学会第61回討論会, 2011.09.
223. 池上篤志・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, 多点水素結合で誘起するヘテロ金属集積構造の構築と物性, 錯体化学会第61回討論会, 2011.09.
224. 大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ジヒドロポルフィセンNi 錯体の合成および酸化還元挙動, 第5回バイオ関連化学シンポジウム, 2011.09.
225. 松崎彩夏・田原圭志朗・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, チオレートコバラミン誘導体の合成と反応特性, 第5回バイオ関連化学シンポジウム, 2011.09.
226. 佐藤秀明,増子隆博,塚口舞,小俣義明,久枝良雄,野口正人, ヒドロキシメチルビラン合成酵素・基質複合体の質量分析法による同定, 第5回バイオ関連化学シンポジウム, 2011.09.
227. 嶌越恒・西将史・李麗・田中章博・近間克己・久枝良雄, 光増感型ビタミンB12触媒システムの開発, 第5回バイオ関連化学シンポジウム, 2011.09.
228. Yoshio Hisaeda,Keishiro Tahara,Hisashi Shimakoshi,Akihiro Tanaka, Redox Behavior and Electrochemical Catalytic Function of B12-Hyperbranched Polymer, 第62回国際電気化学会年次大会(ISE-2011), 2011.09.
229. SHIMAKOSHI Hisashi,HISAEDA Yoshio, Bioinspired Hydrogen Evolution and Molecular Transformation Catalyzed by Vitamin B12-TiO2, 2011年 光化学討論会, 2011.09.
230. 佐々木謙一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, イオン液体を媒体としたイオンタグポルフィセンの特性評価, 2011年 光化学討論会, 2011.09.
231. 川原慎也・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 金属担持酸化チタンによる光駆動型水素発生, 2011年 光化学討論会, 2011.09.
232. Masaaki Abe,Atsushi Inatomi,Yoshio Hisaeda, RING-SHAPED MOLECULAR CLUSTERS DISPLAYING VARIABLE MODES OF COMMUNICATION, The 14th Asian Chemical Congress (14ACC), 2011.09.
233. 大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ヒドロキシポルフィセンのプロトン共役電子移動, 第23回若手研究者のためのセミナー 第48回関連支部受賞者, 2011.08.
234. Yoshio Hisaeda,Keishiro Tahara,Hisashi Shimakoshi, Bioorganometallic Catalysts with Vitamin B12 Derivative and Photosensitizers, 第15回生物無機化学国際会議(ICBIC-15), 2011.08.
235. 佐々木謙一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, イオン液体中におけるポルフィセン化合物の光物性, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
236. 高橋正弘・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, イミン・オキシム型コバルト二核錯体の合成と水素発生能評価, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
237. 野田和正・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, コルフィセン化合物の合成と物性評価, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
238. 松崎彩夏・田原圭志朗・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, チオレート配位したビタミンB12誘導体の合成と反応特性, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
239. 稲富敦・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ディスクリートな環状集積型錯体における電子的および静電的相互作用, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
240. 大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ヒドロキシポルフィセンのプロント共役電子移動, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
241. 山田拓明・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, フェロセニル基を側鎖に有する新規ポルフィセン化合物の合成と光物性, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
242. 池上篤志・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, フェロセニル基を有するヘテロ金属クラスターの合成と機能特性, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
243. 中川治興・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ポルフィリンを導入した新規パドルホイール型二核錯体の合成, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
244. 谷口直毅・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体とポルフィリンから成る新規構造体の合成と性質, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
245. 松瀬瑠美子・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体のITO電極上電解重合膜の作製とそのエレクトロクロミズム, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
246. 川原慎也・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 光駆動型水素発生触媒の構築, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
247. 池田和敏・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 光騒動型ビタミンB12-アルブミン複合触媒の構築, 第48回化学関連支部合同九州大会, 2011.07.
248. Yoshio Hisaeda, Photochemical property and oxygen activation of molybdenum porphycene complex, 2011年酸素の活性化および均一系酸化触媒反応に関する国際会議(ADHOC-2011), 2011.07.
249. 大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, Pdヒドロキシポルフィセン錯体の光誘起電子移動における同位体効果, 第35回有機電子移動化学討論会, 2011.06.
250. 佐々木謙一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, イオンタグポルフィセンの光増感型有機合成, 第35回有機電子移動化学討論会, 2011.06.
251. 松崎彩夏・田原圭志朗・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, チオレート配位子とするビタミンB12誘導体の合成と反応特性, 第35回有機電子移動化学討論会, 2011.06.
252. 嶌越恒・久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタン複合触媒による光水素発生とアルケン還元, 第35回有機電子移動化学討論会, 2011.06.
253. 山田拓明・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, フェロセニル基を有する新規ポルフィセン化合物の酸化還元特性と光物性, 第35回有機電子移動化学討論会, 2011.06.
254. 松瀬瑠美子・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体電解重合膜における電子移動とエレクトロクロミズム, 第35回有機電子移動化学討論会, 2011.06.
255. 阿部正明, リング状多核分子システムの構築と構造特異的レドックス機能, 新学術領域研究「配位プログラム」第5回全体会議, 2011.06.
256. 嶌越恒・増子隆博・阿部正明・久枝良雄, ビタミンB12を基盤とするハイブリッド触媒の開発, 第6回九州大学未来化学創造センターシンポジウム, 2011.05.
257. 池上篤志・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, フェロセニル基を修飾した新規混合金属クラスターの合成と機能特性, 新学術領域「配位プログラム」第1回若手フォーラム, 2011.05.
258. 稲富敦・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体をユニットとしたループ状構造体の合成とクラスター間相互作用, 新学術領域「配位プログラム」第1回若手フォーラム, 2011.05.
259. 阿部正明・久枝良雄, レドックス活性多核超分子システムの構築と機能, 第6回九州大学未来化学創造センターシンポジウム, 2011.05.
260. Hisashi Shimakoshi,Yoko Nagami,and Yoshio Hisaeda, Bioinspired Hydrogen Production and Molecular Transformation Catalyzed by Vitamin B12-TiO2, 219th ECS Meeting, 2011.05.
261. Yoshio Hisaeda,Yi Chen,Ling Pan,Keishiro Tahara,Takahiro Masuko,and Hisashi Shimakoshi, Carbon-Skeleton Rearrangement Reaction Mediated Simple Vitamin B12 Model Complex with Electrochemical Duet Process, 219th ECS Meeting, 2011.05.
262. 嶌越恒・青木惇一・久枝良雄, ビタミンB12-Ru(bpy)3連結錯体の合成と反応特性, 電気化学会第78回大会, 2011.03.
263. 田原圭志朗・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, B12修飾ハイパーブランチポリマーの電気化学的挙動と脱ハロゲン化触媒への応用, 日本化学会第91春季年会, 2011.03.
264. 大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, Pdポルフィセン錯体の光誘起プロトン共役電子移動反応, 日本化学会第91春季年会, 2011.03.
265. 高橋正弘・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, イミン・オキシム型コバルト二核錯体の合成と水素発生触媒能評価, 日本化学会第91春季年会, 2011.03.
266. 池上篤志・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, フェロセニル基を修飾した新規混合金属クラスターの合成と機能特性, 日本化学会第91春季年会, 2011.03.
267. 山田拓明・大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, フェロセニル基を側鎖として有する新規ポルフィセン化合物の合成と性質, 日本化学会第91春季年会, 2011.03.
268. 稲富敦・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体をユニットとしたループ状構造体の合成とクラスター間相互作用, 日本化学会第91春季年会, 2011.03.
269. 松瀬瑠美子・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体を含む電解重合膜の作製とそのエレクトロクロミック特性, 日本化学会第91春季年会, 2011.03.
270. Yoshio Hisaeda, Bio-inspired Catalysts:Lessons from Vitamin B12 Enzymes , 2011.03.
271. 嶌越恒・永見容子・久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタンハイブリッド触媒の創製とエネルギー・物質変換, シンポジウム「2011最先端ビーム機能化学」, 2011.01.
272. 久枝良雄・前田大輔・嶌越恒, モリブデンおよびスズポルフィセン錯体の合成と光化学的性質, シンポジウム「2011最先端ビーム機能化学」, 2011.01.
273. 青木惇一・嶌越恒・久枝良雄, 光騒動型ビタミンB12-Ru(R2-bpy)3連結系分子触媒の機能特性, シンポジウム「2011最先端ビーム機能化学」, 2011.01.
274. 嶌越恒・李麗・久枝良雄, イオン液体中でのビタミンB12錯体の光増感特性と脱塩素化反応への応用, 第1回イオン液体討論会, 2011.01.
275. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalysts with Metalloenzyme Functions, 分子研研究会, 2011.01.
276. 久枝良雄, 金属酵素に学ぶバイオインスパイアード触媒, 第14回機能性分子シンポジウム, 2011.01.
277. Masaaki Abe, Toru Okawara, Shiho Ashigara, Hisashi Shimakoshi, and Yoshio Hisaeda, Macrocyclic and Axial Ligand Effects in Ruthenium Porphycenes, PACIFICHEM 2010(2010環太平洋国際化学会議), 2010.12.
278. Yoshio Hisaeda, Molecular design of bioinspired catalysts with vitamin B12 functions, PACIFICHEM 2010(2010環太平洋国際化学会議), 2010.12.
279. Atsushi Inatomi,Masaaki Abe,Hisashi Shimakoshi,and Yoshio Hisaeda, Multistep redox property of molecular loops composed of integrated multinuclear clusters, PACIFICHEM 2010(2010環太平洋国際化学会議), 2010.12.
280. Junichi Aoki,Hisashi Shimakoshi,Masaaki Abe, Yoshio Hisaeda, Photochemical and electrochemical properties of B12-Ru(bpy)3 catalytic system, PACIFICHEM 2010(2010環太平洋国際化学会議), 2010.12.
281. Toru Okawara,Masaaki Abe,Yoshio Hisaeda, Hisashi Shimakoshi, Photochemistry of the hydroxyporphycene and its metal complexes, PACIFICHEM 2010(2010環太平洋国際化学会議), 2010.12.
282. Atsushi Ikegami,Masaaki Abe,Hisashi Shimakoshi,and Yoshio Hisaeda, Synthesis and Electrochemical Properties of Mixed-Metal Cluster Complexes Modified with Ferrocenly Carboxylates, PACIFICHEM 2010(2010環太平洋国際化学会議), 2010.12.
283. Masaaki Abe, Atsushi Inatomi, and Yoshio Hisaeda , Synthesis and electron transfer processes of redox-active macrocyclic clusters, PACIFICHEM 2010(2010環太平洋国際化学会議), 2010.12.
284. Shiho Ashigara,Masaaki Abe,Hisashi Shimakoshi,Yoshio Hisaeda, Synthesis and properties of ruthenium porphycene complexes having solvent ligands in the axialsites and application to construct bridged assemblies, PACIFICHEM 2010(2010環太平洋国際化学会議), 2010.12.
285. Hisashi Shimakoshi・ Yoshio Hisaeda, Tetrayrrole macrocycles as green catalyst in ionic liquid, PACIFICHEM 2010(2010環太平洋国際化学会議), 2010.12.
286. 佐藤秀明・増子隆博・小俣義明・久枝良雄・野口正人, ヒドロキシメチルビラン合成酵素-基質複合体の精製と同定, BMB2010, 2010.12.
287. 嶌越恒・永見容子・久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタン複合触媒の創製とエネルギー・物質変換, 第29回固体・表面光化学討論会, 2010.11.
288. 久枝良雄・陳怡・田原圭志朗・潘玲・増子隆博・嶌越恒, B12モデル錯体の酸化的付加反応によるCo-C結合形成と電気化学的官能基転位反応, 第43回酸化反応討論会, 2010.11.
289. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalysts with Vitamin B12 Functions, Post-AsBIC-V Symposium, 2010.11.
290. Yoshio Hisaeda,Keishiro Tahara and Hisashi Shimakoshi, Bioinspired Catalysts Composed of Vitamin B12 and Photosensitizer, 第5回アジア生物無機化学会議(AsBIC-V), 2010.11.
291. Kazutoshi Ikeda,Hisashi Shimakoshi,Masaaki Abe,Yoshio Hisaeda, Construction of Vitamin B12-Human Serum Albumin Hybrid Catalyst with Visible-light Driven System, The 7th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2010(KJFP-2010), 2010.10.
292. Hisashi Shimakoshi,Yoko Nagami,Yoshio Hisaeda, Hydrogen Evolution and Molecular Transformation Mediated by VitaminB12-Tio2 Hybrid Catalyst, The 7th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2010(KJFP-2010), 2010.10.
293. Shinya Kawahara,Hisashi Shimakoshi,Masaaki Abe,Yoshio Hisaeda, Light-driven Hydrogen Evolution Catalyzed by Cobalt Complex, The 7th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2010(KJFP-2010), 2010.10.
294. Yoshio Hisaeda,Keishiro Tahara and Hisashi Shimakoshi, Photochemical Molecular Transformations Mediated by Bioinspired Cataltsts with Vitamin B12 Functions, The 7th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2010(KJFP-2010), 2010.10.
295. Satona Takada,Hisashi Shimakoshi,Masaaki Abe,Yoshio Hisaeda, Photosensitizing Property of Brominated Hemiporphycene, The 7th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2010(KJFP-2010), 2010.10.
296. Yoko Nagami,Hisashi Shimakoshi,Masaaki Abe,Yoshio Hisaeda, Synthesis and Catalysis of Covalently Bounded Vitamin B12-TiO2 Hybrid Catalyst, The 7th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2010(KJFP-2010), 2010.10.
297. Kenichi Sasaki,Hisashi Shimakoshi,Masaaki Abe,Yoshio Hisaeda, Synthesis and Photosensitizing Property of Prophycene with Ionic Liquid Tag, The 7th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2010(KJFP-2010), 2010.10.
298. Junichi Aoki,Hisashi Shimakoshi,Masaaki Abe,Yoshio Hisaeda, The Electron Transfer Mechanism and Catalytic Reaction of Vitamin B12-Ru(bpy)3 System, The 7th Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience-2010(KJFP-2010), 2010.10.
299. Masaaki Abe, Atsushi Inatomi, Atsushi Ikegami,Naoki Taniguchi, Yoshio Hisaeda , Tunable electronic communication in supramolecular coordination architecture, 第4回Asian Network of Metal Chemistry, 2010.10.
300. 李麗・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, イオン液体を反応場とするビタミンB12誘導体の合成と光化学特性, 第60回錯体化学討論会, 2010.09.
301. 大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, Photoinduced Electron Transfer between Hydroxyporphycene Complexes and Quinones, 第60回錯体化学討論会, 2010.09.
302. 谷口直毅・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, ピリジルポルフィリンとルテニウム三核錯体から成る新規クラスターの合成, 第60回錯体化学討論会, 2010.09.
303. 足柄志保・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, ピリジン配位ポルフィセンルテニウム(II)錯体の軸配位子交換反応に及ぼす環構造・側鎖の影響, 第60回錯体化学討論会, 2010.09.
304. 池上篤志・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, フェロセニル基集積型混合金属クラスターの合成と機能特性, 第60回錯体化学討論会, 2010.09.
305. 青木惇一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 可視光駆動型ビタミンB12-Ru(bpy)3複合錯体の創製, 第60回錯体化学討論会, 2010.09.
306. 稲富敦・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, 多核錯体の集積化によるループ状錯体の形成と酸化還元特性, 第60回錯体化学討論会, 2010.09.
307. 川原慎也・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 金属saloph錯体を用いた光駆動型エネルギー・物質変換, 第60回錯体化学討論会, 2010.09.
308. 嶌越恒・永見容子・川原慎也・久枝良雄, 金属錯体-酸化チタン複合触媒の創製とエネルギー・物質変換, 第60回錯体化学討論会, 2010.09.
309. 久枝良雄・田原圭志朗・嶌越恒, ビタミンB12-光増感剤の組み合わせによる可視光騒動型物質変換反応, 第4回バイオ関連化学シンポジウム, 2010.09.
310. 池田和敏・嶌越恒・久枝良雄, 可視光駆動型ビタミンB12-アルブミンハイブリッド触媒の構築, 第4回バイオ関連化学シンポジウム, 2010.09.
311. Hisashi Shimakoshi,Yoko Nagami,and Yoshio Hisaeda, Green Molecular Transformation Catalyzed by Vitamin B12-Tio2 Hybrid Catalyst, NCSS 2010, 2010.09.
312. 佐々木謙一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, イオン液体タグを導入したポルフィセンの合体と光増感型酸化反応, 2010年光化学討論会, 2010.09.
313. 永見容子・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタン複合触媒の創製と反応特性, 2010年光化学討論会, 2010.09.
314. 高田里菜・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 臭素化ヘミポルフィセンの合成と光増感特性, 2010年光化学討論会, 2010.09.
315. 嶌越恒・永見容子・川原慎也・久枝良雄, 金属錯体-酸化チタン複合触媒による光水素発生と物質変換, 2010年光化学討論会, 2010.09.
316. 大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, 側鎖に置換基を有するポルフィセン錯体の光誘起電子移動, 第22回配位化合物の光化学討論会, 2010.08.
317. Masaaki Abe, Atsushi Inatomi, Yoshio Hisaeda, Macrocyclic Coordination Architectures Displaying Multiple Electron-Transfer Processes, 39th International Conference on Coordination Chemistry (ICCC39 2010) 第39回錯体化学国際会議, 2010.07.
318. 佐々木謙一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, イオンタグを有する新規ポルフィセンの合成と触媒反応, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
319. 李麗・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, イオン液体を反応場とするビタミンB12誘導体の合成と機能特性, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
320. 永見容子・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタン複合触媒の反応特性, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
321. 谷口直毅・ 阿部正明・ 嶌越恒・ 久枝良雄 , ピリジルポルフィリンとルテニウム三核錯体を用いた新規ハイブリッドクラスターの合成とその特性 , 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
322. 山田拓明・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄 , フェロセニル基を有するポルフィセンを指向したピロールの合成, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
323. 高田里菜・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ヘミポルフィセンの光特性に及ぼす置換基の効果とその光増感特性, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
324. 蒋鋒・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, ランタノイド元素を含む新規ポルフィセン金属錯体の合成, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
325. 足柄志保・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, ルテニウムポルフィセン錯体およびその誘導体におけるアキシャル位配位子置換反応, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
326. 稲富敦・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, レドックス活性多核錯体をユニットとした分子性ループ型構造体の構築と電気化学的物性評価, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
327. 川原慎也・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄 , 光駆動化を目指したコバルト二核錯体の合成と機能評価, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
328. 池田和敏・青木惇一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄 , 光駆動型ビタミンB12-アルブミンハイブリッド触媒の構築, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
329. 青木惇一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 可視光捕集ユニットを有するビタミンB12-Ru(bpy)3複合錯体の光物性と酸化還元挙動, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
330. 池上篤志・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, 複数のフェロセニル基を有する混合金属クラスターの酸化還元特性, 第47回化学関連支部合同九州大会, 2010.07.
331. Toru Okawara,Masaaki Abe, Yoshio Hisaeda, Hisashi Shimakoshi, Relationships between Proton and Redox of Hydroxyporphycenes, Sixth International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines(ICPP-6), 2010.07.
332. Keishiro Tahara, and Yoshio Hisaeda, Visible-Light-Driven Reductive Dehalogenation Mediated by Vitamin B12-Rose Bengal System, Sixth International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines(ICPP-6), 2010.07.
333. Yoshio Hisaeda, Vitamin B12-derivatives as Functional Catalysts, Sixth International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines(ICPP-6), 2010.07.
334. 佐々木謙一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, イオン液体中におけるポルフィセン化合物の光増感型有機反応, 第6回有機電子移動化学若手の会・第34回有機電子移動化学討論会, 2010.06.
335. 青木惇一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ビタミンB12-Ru(bpy)3連結系分子における光誘起電子移動, 第6回有機電子移動化学若手の会・第34回有機電子移動化学討論会, 2010.06.
336. 嶌越恒・永見容子・久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタン複合触媒による光水素発生と物質変換, 第6回有機電子移動化学若手の会・第34回有機電子移動化学討論会, 2010.06.
337. 久枝良雄, 有機電子移動化学の基礎, 第6回有機電子移動化学若手の会・第34回有機電子移動化学討論会, 2010.06.
338. 久枝良雄, ビタミンB12酵素機能を有するバイオインスパイアード触媒の創製と環境浄化への応用, 【高分子学会】ポリマーフロンティア21, 2010.06.
339. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalysts with Vitamin B12 Functions, 中国・遼寧大学特別セミナー, 2010.05.
340. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalysts Learned from Vitamin B12 Enzyme, 中国・東北師範大学特別セミナー, 2010.05.
341. 大川原徹・足柄志保・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウムポルフィセン錯体の光誘起脱カルボニル反応と酸化還元挙動, 20周年記念万有福岡シンポジウム, 2010.05.
342. Yoshio Hisaeda,Yi Chen,Keishiro Tahara,Ling Pan,Takahiro Masuko, and Hisashi Shimakoshi, Electrochemical Molecular Transformation Catalyzed by Simple Vitamin B12 Model Complex, The 7th Asian Conference on Electrochemistry(第7回アジア電気化学会議), 2010.05.
343. Masaaki Abe,Yuki Tomiyasu,and Yoshio Hisaeda, Electrochromic Heat-shielding Polymer Films Containing Oxo-centered Triruthenium Redox Chromophores, The 7th Asian Conference on Electrochemistry(第7回アジア電気化学会議), 2010.05.
344. Atsushi Ikegami,Masaaki Abe,Hisashi Shimakoshi, and Yoshio Hisaeda, Synthesis and Electrochemical Properties of Oxo-Centered Mixed-Metal Cluster Complexes Containing Ferrocenyl Carboxylates, The 7th Asian Conference on Electrochemistry(第7回アジア電気化学会議), 2010.05.
345. Atsushi Inatomi,Masaaki Abe,Hisashi Shimakoshi, and Yoshio Hisaeda, Synthesis and Redox Property of Molecular Loops Composed of Oxo-Centers, The 7th Asian Conference on Electrochemistry(第7回アジア電気化学会議), 2010.05.
346. Hisashi Shimakoshi・Masashi Nishi・akihiro Tanaka and Yoshio Hisaeda, Catalytic Function of Polymer-supported B12 Complex utilizing Electron Transter, 217th ECS Meeting, 2010.04.
347. Yoshio Hisaeda・Keishiro Tahara and Hisashi Shimakoshi, Photo-induced Dehalogenation Reactions Mediated by Hydrophobic Vitamin B12, 217th ECS Meeting, 2010.04.
348. 嶌越恒・西将史・田中章博・久枝良雄, ポリマー内での電子移動を利用したビタミンB12ハイブリッドポリマーの反応特性, 電気化学会第77回大会, 2010.03.
349. 足柄志保・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, アキシャル位に溶媒配位子をもつルテニウムポルフィセン錯体の合成、構造及び多量体合成への応用, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
350. 大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ヒドロキシポルフィセンNi錯体の酸化によるラジカルの生成, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
351. 谷口直毅・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, ピリジル基を有するポルフィリンとルテニウム三核錯体から成る新規ハイブリッドクラスターの合成とその特性, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
352. 池上篤志・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, フェロセニルカルボン酸イオンにより修飾された新規混合金属クラスターの合成と機能特性, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
353. 高田里菜・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ヘミポルフィセン化合物に及ぼす置換基の効果とその光増感特性, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
354. 稲富敦・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体をユニットとした分子性環状構造体の合成とレドックス特性評価, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
355. 池田和敏・青木惇一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 光増感機能を有するビタミンB12-アルブミン複合触媒の開発, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
356. 青木惇一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 光捕集ユニットRu(bpy)3を有するビタミンB12分子複合錯体の光化学物性評価, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
357. 田原圭志朗・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 有機色素増感剤を用いた可視光駆動型ビタミンB12触媒システムの構築, 日本化学会第90春季年会, 2010.03.
358. 久枝良雄, B12誘導体を触媒とした可視光駆動型物質変換システム, 特定領域研究「均一・不均一系触媒化学の概念融合による協奏機能触媒の創成」第7回公開シンポジウム, 2010.03.
359. 嶌越恒・久枝良雄・渡辺美登里, イオン液体を反応場とする反応, 第2回「イオン液体の科学」全体会議, 2010.01.
360. 大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ヒドロキシポルフィセンの酸化によるラジカル種の生成, 第42回酸化反応討論会, 2009.11.
361. 前田大輔・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, モリブデンポルフィセン錯体の光還元および酸化反応, 第42回酸化反応討論会, 2009.11.
362. Yoshio Hisaeda・Ling Pan・Hisashi Shimakoshi・and Takahiro Masuko, Biomimetic Methyl Transfer Reaction Learned from Vitamin B12 Enzyme, 2nd Asian Conference of Coordination Chemistry, 2009.10.
363. Hisashi Shimakoshi・Junichi Aoki・Yoshio Hisaeda, Photocatalytic B12Function Based on Photosensitizer, The 6th Korean-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2009.10.
364. Atsushi Ikegami・Masaaki Abe・Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hsaeda, SELECTIVE SUBSTITUTION OF BRIDGING CARBOXYLATES IN OXO-CENTERED MIXED-METAL TRINUCLEAR CLUSTER COMPLEXES   , 2nd Asian Conference of Coordination Chemistry, 2009.10.
365. Atsushi Inatomi・Masaaki Abe・Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hsaeda, SYNTHESES AND PROPERTIES OF TRIRUTHENIUM CLUSTER-BASED PENTAGONAL AND HEXAGONAL STRUCTURES, 2nd Asian Conference of Coordination Chemistry, 2009.10.
366. Yoko Nagami・Hisashi Shimakoshi・Masaaki Abe・Yoshio Hisaeda, Selective Coupling of Alkyl Halide Catalyzed by a B12-Tio2 Hybrid Catalyst, The 6th Korean-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2009.10.
367. Masaaki Abe, Atsushi Inatomi, and Yoshio Hisaeda, Synthesis and Intramolecular Electronic Coupling of Redox-Active Cyclic Clusters, 2nd Asian Conference of Coordination Chemistry, 2009.10.
368. Junichi Aoki・Hisashi Shimakoshi ・Masaaki Abe・Yoshio Hisaeda, Synthesis and Photophysical Properties of B12-Ru(bpy)3 Connecting System, The 6th Korean-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2009.10.
369. Satona Takada・Hisashi Shimakoshi・Masaaki Abe・Yoshio Hisaeda, Synthesis and Photophysical Properties of Hemiporphycene Family, The 6th Korean-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2009.10.
370. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalists Learned from B12 Enzyme for Degradation of Organic Halide Pollutants, インスブルック大学特別セミナー, 2009.10.
371. Yoshio Hisaeda・Ling Pan・Hisashi Shimakoshi, Electrochemical Methy-transfer Reaction Catalyzed by Hydrophobic Vitamin B12 Using Sacrificial Electrode, 216th ECS Meeting, 2009.10.
372. Hisashi Shimakoshi・Junichi Aoki・Naoya Kabashima・Yoshio Hisaeda, Synthesis and Properties of B12 Complex with Photosenstizing Ru(bpy)3 Moiety, 216th ECS Meeting, 2009.10.
373. 前田大輔・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, クラウンエーテル修飾二核金属錯体によるツインテンプレート構造体の構築, 第59回錯体化学討論会, 2009.09.
374. 西将史・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ビタミンB12高分子錯体の合成と性質, 第59回錯体化学討論会, 2009.09.
375. 足柄志保・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウムポルフィセン錯体の集積化およびその電気化学的特性と光物性, 第59回錯体化学討論会, 2009.09.
376. 稲富敦・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, レドックス活性な多核錯体をユニットとしたディスクリートな環状体の形成, 第59回錯体化学討論会, 2009.09.
377. 池上篤志・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, 位置選択的な架橋配位子置換による新規混合金属クラスターの合成とその特性, 第59回錯体化学討論会, 2009.09.
378. 青木惇一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 光増感能を有するビタミンB12分子触媒の合成と機能特性, 第59回錯体化学討論会, 2009.09.
379. 冨安佑騎・阿部正明・森川圭介・天野雄介・東田昇・久枝良雄, 近赤外吸収能を有するルテニウム三核錯体を複合した高分子膜の作製とその熱線遮蔽効果, 第59回錯体化学討論会, 2009.09.
380. 大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, 酸塩基応答性を示す新規ポルフィセン錯体の合成と性質, 第59回錯体化学討論会, 2009.09.
381. 永見容子・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ビタミンB12-Tio2複合触媒の創製と光反応特性, 2009 光化学討論会, 2009.09.
382. 高田里菜・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ヘミポルフィセン光増感剤の開発と光特性, 2009 光化学討論会, 2009.09.
383. 種田将嗣・前田大輔・嶌越恒・田中章博・阿部正明・久枝良雄, ポルフィセンスズ(Ⅳ)錯体の光増感反応に及ぼす軸配位ハロゲンの効果, 2009 光化学討論会, 2009.09.
384. 藤塚守・嶌越恒・藤乗幸子・前田大輔・久枝良雄・真嶋哲郎, 亜鉛ポルフィセンを用いたドナー・アクセプター超分子の光誘起電子移動, 2009 光化学討論会, 2009.09.
385. 前田大輔・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 軸配位子を利用したスズポルフィセン錯体の光誘起電子移動反応, 2009 光化学討論会, 2009.09.
386. Yoshio Hisaeda・Ling Pan・Hisashi Shimakoshi and Takahiro Masuko, Methyl Transfer Reaction Catalyzed by Hydrophobic Vitamin B12 under Electrochemical Conditions Using Sacrificial Electrode, 「均一・不均一系触媒科学の概念融合による協奏機能触媒の創成」第4回国際シンポジウム, 2009.08.
387. Yoshio Hisaeda・Ling Pan・Hisashi Shimakoshi, Electrochemical Methy-transfer Reaction Catalyzed by Hydrophobic Vitamin B12 Using Sacrificial Electrode, Gordon Research Confernces, 2009.08.
388. Hisashi Shimakoshi・Junichi Aoki・Naoya Kabashima・Yoshio Hisaeda, Synthesis and Properties of B12 Complex with Photosenstizing Ru(bpy)3 Moiety, Gordon Research Confernces, 2009.08.
389. Hisashi Shimakoshi,and Yoshio Hisaeda, Light Driven B12 Catalytic Function Based on Photosensitizer, 2nd International Symposium, 2009.07.
390. Yoshio Hisaeda, Bio-inspired Catalists with Vitamin B12 Enzyme Functions, ICBIC 14, 2009.07.
391. Masahiko Inamo・ Kaori Aoki・Toshimitu Goshima・Yohei Kozuka・Yukiko Kawamori・Noboru Ono・Yoshio hisaeda・Hideo D Takagi, Electron Transfer Reaction of Prophyrin and Prophycene Complexes of Cu(II)and Zn(II) in Acetonitrile, ICBIC 14, 2009.07.
392. Hisashi Shimakoshi・Naoya Kabashima・Keishiro Tahara・Yoshio Hisaeda, Enhanced and Recycled Catalysis of a Vitamin B12Inspired Catalyst in Ionic Liquid , ICBIC 14, 2009.07.
393. Jun-ichi Aoki・Hisashi Shimakoshi ・Masaaki Abe・Yoshio Hisaeda, Synthesis and Characterization of VitaminB12 Derivative Catalyst Having Ru(bpy)3 Unit as a Rhotosensitizer, ICBIC 14, 2009.07.
394. Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hisaeda, Construction of B12 Hybrid Catalyst with Eco-Friendly Molecular Transformation, Pre ICBIC, 2009.07.
395. 大川原徹・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, 9-ヒドロキシポルフィセン錯体の合成と酸化還元挙動, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
396. 冨安佑騎・阿部正明・森川圭介・天野雄介・東田昇・久枝良雄, エレクトロクロミック特性を有するルテニウム三核錯体を複合したキャスト膜の作成とその熱線遮蔽効果, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
397. 池上篤志・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, カルボン酸イオン架橋混合金属錯体における架橋配位子の選択的置換反応, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
398. 前田大輔・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, クラウンエーテル修飾シッフ塩基化合物の合成と超分子構造体の構築, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
399. 田原圭志朗・嶌越恒・西将史・阿部正明・田中章博・久枝良雄, コリノイド錯体集積ナノ触媒の機能特性, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
400. 西将史・嶌越恒・田原圭志朗・阿部正明・田中章博・久枝良雄, ビタミンB12組込み型高分子の合成と性質, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
401. 高田里菜・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ヘミポルフィセン光増感剤の開発, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
402. 前田大輔・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, ポルフィリノイドスズ錯体の光化学特性, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
403. 稲富敦・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, ルテニウム多核錯体をユニットとした分子性巨大環状構造体の形成, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
404. 青木惇一・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 可視光捕集ユニットRu(bpy)3を持つビタミンB12分子触媒の合成, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
405. 永見容子・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 結晶構造に起因したビタミンB12一酸化チタンハイブリッド触媒の反応特性, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
406. 足柄志保・阿部正明・嶌越恒・久枝良雄, 配位結合を用いたルテニウムポルフィセン錯体の軸方向集積体の構築及び物性, 第46回化学関連支部合同九州大会, 2009.07.
407. Toru Okawara, Shiho Ashigara, Masaaki Abe, Hisashi Shimakoshi, and Yoshio Hisaeda, Photoinduced Ligand Substitutions and Redox Properties of Ruthenium Porphycene Complexes, 18th ICPPCC, 2009.07.
408. Masaaki Abe, Yuki Tomiyasu, Keisuke Morikawa, Noboru Higashida, Yusuke Amano, and Yoshio Hisaeda, Polymer Films Containing Mixed-Valent Near Infrared Dyes for Novel Heat Shield Materials, 18th ICPPCC, 2009.07.
409. 嶌越恒・青木惇一・久枝良雄, 光誘起電子移動型ビタミンB12錯体触媒の開発, 第33回有機電子移動化学討論会, 2009.06.
410. 永見容子・嶌越恒・阿部正明・久枝良雄, 結晶構造の違いに起因したビタミンB12一酸化チタンハイブリッド触媒の反応特性, 第33回有機電子移動化学討論会, 2009.06.
411. Yoshio Hisaeda・Hisashi Shimakoshi・Shin-ichiro Izumi・Yoko Nagami, Bio-inspired Catalysts with Vitamin B12 Functions for Degradation of Organic Halides Pollutants, ICCE 2009, 2009.06.
412. Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hisaeda, Bio-related Tetrapyrrole Macrocycles for Catalysis in Ionic Liquid, COIL-3, 2009.06.
413. Hisashi Shimakoshi・Yusuke Iseki,and Yoshio Hisaeda, Porhycence Phptosensitizer withIonic-Liquid Tag, COIL-3, 2009.05.
414. Hisashi Shimakoshi・Yoshio Hisaeda・Midori Waatanabe, Porhycence Phptosensitizer withIonic-Liquid Tag, 「イオン液体の科学」全体会議, 2009.05.
415. 嶌越 恒・井関勇介・久枝良雄, イオン液体タグを導入したポルフィセン化合物の光増感特性, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
416. 池上篤志・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, オキソーアセタト架橋混合金属三核錯体における架橋カルボン酸イオンの選択的置換, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
417. 久枝良雄, ビタミンB12酵素機能を有するバイオインスパイアード触媒の創製と環境浄化触媒としての応用, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
418. 足柄志保・大川原徹・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, ピリジル-タ-ピリジル型多座配位子を軸位に有するポルフィセンルテニウム錯体の合成と性質, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
419. 高田里菜・嶌越 恒・阿部正明・久枝良雄, ヘミポルフィセン骨格を有する光増感剤の開発, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
420. 前田大輔・嶌越 恒・阿部正明・久枝良雄, ポルフィセン構造異性体スズ錯体の光化学特性評価, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
421. 稲富 敦・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, ルテニウム三核錯体を構成ユニットとする分子性構造体の構築と修飾, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
422. 大川原徹・阿部正明・嶌越 恒・久枝良雄, 側鎖にヒドロキシル基を導入したポルフィセン錯体の合成と性質, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
423. 前田大輔・嶌越 恒・阿部正明・久枝良雄, 分子構造制御を目指したクラウンエーテル修飾コバルト二核錯体の合成, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
424. 田原圭志朗・嶌越 恒・西将史・阿部正明・田中章博・久枝良雄, 分岐高分子の特異反応場を利用したビタミンB12ハイブリッド触媒の機能特性, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
425. 冨安佑騎・阿部正明・嶌越 恒・柘植清志・久枝良雄, 種々のピリジル配位子をもつルテニウム三核錯体の紫外・可視・近赤外光吸収特性, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
426. 青木惇一・嶌越 恒・阿部正明・久枝良雄, 自己光増感能を有するビタミンB12分子触媒の創製, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
427. 西 将史・嶌越 恒・田原圭志朗・阿部正明・田中章博・久枝良雄, 触媒機能を有するビタミンB12ポリマーの合成と性質, 第89日本化学会春季年会, 2009.03.
428. 嶌越恒・井関勇介・久枝良雄, イオン液体タグを導入したポルフィセン化合物の光増感特性, 第9回GSシンポジウム, 2009.03.
429. 嶌越 恒、泉 晋一郎、久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタンハイブリッド触媒の創製と反応特性, 第58回錯体化学討論会, 2008.09.
430. 久枝良雄、嶌越 恒、泉 晋一郎、永見容子, ビタミンB12酵素機能を有するバイオインスパイアード触媒による物質変換反応, 第3回バイオ関連化学合同シンポジウム, 2008.09.
431. 前田大輔、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, ポルフィセン及びヘミポルフィセンスズ錯体の合成と光化学特性, 2008年光化学討論会, 2008.09.
432. 中村浩一郎、久枝良雄、山内 博, 光化学的ヒ素の無毒化反応:ビタミンB12誘導体による無機ヒ素のメチル化反応に及ぼす光照射効果, 2008年光化学討論会, 2008.09.
433. 井関勇介、嶌越 恒、馬場達志、阿部正明、久枝良雄, 臭素置換基が及ぼすポルフィセンの光増感特性, 2008年光化学討論会, 2008.09.
434. Keishiro Tahara, Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, Synthesis and Catalytic Activity of Novel Hybrid Catalyst Composed of Vitamin B12-Hyperbranched polymer, The 2nd CNSI UCLA/G-COE Kyushu University Joint Symposium, 2008.09.
435. 嶌越 恒、馬場達志、井関勇介、久枝良雄, ポルフィセン光増感剤のゾル-ゲル固定化と光酸化特性, 日本ゾル-ゲル学会第6回討論会, 2008.07.
436. 久枝良雄, 生体関連環状テトラピロール系金属錯体の反応特性と触媒機能, 平成20年度分子研研究会, 2008.07.
437. Koichiro Nakamura, Yoshio Hisaeda, Ling Pan and Hiroshi Yamauchi, Detoxification of Arsenic Trioxide by Vitamin B12 Derivatives Mediated Methyl Transfer Reaction, 5th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines(ICPP-5), 2008.07.
438. Yoshio Hisaeda, Hisashi Shimakoshi, Shinichiro Izumi, Takahiro Masuko, Hybrid Catalysts Composed of Vitamin B12 and Nanomaterials, 5th International Conference on Porphyrins and Phthalocyanines(ICPP-5), 2008.07.
439. 潘 玲、嶌越 恒、中村浩一郎、阿部正明、久枝良雄, Catalytic Methyl Transfer Reaction Mediated by Hydrophobic Vitamin B12, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
440. 田原圭志朗、嶌越 恒、阿部正明、田中章博、久枝良雄, ハイパーブランチポリマーの特異反応場を利用したビタミンB12触媒反応, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
441. 西 将史、嶌越 恒、田原圭志朗、阿部正明、田中章博、久枝良雄, ビタミンB12-コアシェル型ハイパーブランチポリマーの合成と反応特性, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
442. 近藤麻衣子、阿部正明、嶌越 恒、久枝良雄, ビタミンB12-ルテニウム三核複合錯体の修飾電極の作製とその特性, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
443. 井関勇介、嶌越 恒、馬場達志、阿部正明、久枝良雄, ポルフィセン化合物の光励起状態に及ぼす重原子置換基効果, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
444. 前田大輔、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, モリブデンポルフィセン錯体の光反応特性, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
445. 大川原 徹、阿部正明、嶌越 恒、久枝良雄, ルテニウムポルフィセン錯体の光誘起配位子置換反応と機能化, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
446. 稲富 敦、阿部正明、嶌越 恒、久枝良雄, ルテニウム三核-カルボニル錯体を連結したレドックス活性分子ワイヤーの合成と性質, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
447. 椛島直哉、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, ルテニウム光増感剤-疎水性ビタミンB12による可視光駆動型物質変換反応, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
448. 前田大輔、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, 光反応場の構築を目指したレドックス応答型超分子錯体の合成と性質, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
449. 冨安佑騎、阿部正明、嶌越 恒、久枝良雄, 混合原子価ルテニウム三核錯体の光吸収及びエレクトロクロミック特性, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
450. 泉 晋一郎、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, 環境調和型有機合成を志向したビタミンB12-TiO2複合触媒の開発, 第45回化学関連支部合同九州大会, 2008.07.
451. 泉 晋一郎、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, 光誘起電子移動を駆動力としたビタミンB12-酸化チタンハイブリッド触媒の創製と反応特性, 第32回有機電子移動化学討論会, 2008.06.
452. 嶌越 恒、田原圭志朗、西 将史、田中章博、久枝良雄, 分岐高分子の機能特性を相乗したビタミンB12ハイブリッド触媒の創製と反応特性, 第32回有機電子移動化学討論会, 2008.06.
453. Koichiro Nakamura, Yoshio Hisaeda, Ling Pan and Hiroshi Yamauchi, Arsenic Detoxification: Efficient Methyl Group Transfer Reaction from Hydrophobic Vitamin B12 to Arsenic Trioxide, 第18回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, 2008.06.
454. Yoshio Hisaeda, Takahiro Masuko and Hisashi Shimakoshi, Artifical Reductive Dehalogenase Constructed with Human Serum Albumin and Hydrophobic Vitamin B12, 第18回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, 2008.06.
455. Ling Pan, Hisashi Shimakoshi, Koichiro Nakamura, Yoshio Hisaeda, Methyl Transfer Reaction Catalyzed by Hydrophobic Vitamin B12 under Electrochemical Conditions, 第18回金属の関与する生体関連反応シンポジウム, 2008.06.
456. Yoshio Hisaeda, Daisuke Maeda, Hisashi Shimakoshi, and Masa-aki Abe, Redox Behavior and Photochemical Properties of Molybdenum Porphycene Complex, 213th ECS Meeting, 2008.05.
457. Hisashi Shimakoshi, Makoto Abiru and Yoshio Hisaeda, Synthesis and Recativity of B12-TiO2 Hybrid Catalyst Immobilized onto Glass Plate, 213th ECS Meeting, 2008.05.
458. Yoshio Hisaeda, Hisashi Shimakoshi, Shinichiro Izumi, Organic/Inorganic Hybrid Catalyst
---Ring-expansion Reactions Mediated by B12-TiO2 Hybrid Catalyst---, The Second International Symposium on Chemistry of Concerto Catalysis, 2008.04.
459. 西 将史、嶌越 恒、田原圭志朗、阿部正明、田中章博、久枝良雄, コアシェル型ハイパーブランチポリマーを用いたビタミンB12ハイブリッド触媒の創製, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
460. 中村浩一郎、久枝良雄、潘 玲、山内 博, バイオインスパイアード触媒によるヒ素の無毒化反応, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
461. 泉 晋一郎、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタン複合型触媒の作動機構と光反応特性, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
462. 中村浩一郎、久枝良雄、潘 玲、山内 博, ビタミンB12誘導体のメチル基転移反応による無機ヒ素の無毒化反応, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
463. 井関勇介、嶌越 恒、馬場達志、阿部正明、久枝良雄, ポルフィセンパラジウム錯体の光増感特性, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
464. 嶌越 恒、馬場達志、井関勇介、久枝良雄, ポルフィセン環骨格への化学修飾に起因する光化学的性質, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
465. 前田大輔、道家弘毅、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, モリブデンポルフィセン錯体の光化学反応, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
466. 大川原 徹、阿部正明、嶌越 恒、久枝良雄, ルテニウムポルフィセン錯体の光誘起配位子置換反応と新規錯体合成への応用, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
467. 冨安佑騎、阿部正明、嶌越 恒、久枝良雄, ルテニウム三核錯体における紫外・可視・近赤外域エレクトロクロミック特性, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
468. 稲富 敦、阿部正明、嶌越 恒、久枝良雄, レドックス活性分子ワイヤーを志向したルテニウム三核-カルボニル錯体の連結化, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
469. 田原圭志朗、嶌越 恒、阿部正明、田中章博、久枝良雄, 分岐高分子担体を利用したビタミンB12インスパイアード触媒の開発, 日本化学会第88春季年会, 2008.03.
470. 泉 晋一郎、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, ビタミンB12と光触媒の複合化および環境調和型有機合成反応の開発, 第8回GSCシンポジウム, 2008.03.
471. Yoshio Hisaeda, Bioinspired Catalysts Learned from Vitamin B12 Enzyme, 1st Kyushu Univ. Global COE-CNSI/UCLA Joint Symposium on Nano-& Molecular Systems, 2008.01.
472. Daisuke Maeda, Hisashi Shimakoshi, Masa-aki Abe, Yoshio Hisaeda, Photochemical Property of Molybdenum Porphyrin Isomer, 1st Kyushu Univ. Global COE-CNSI/UCLA Joint Symposium on Nano-& Molecular Systems, 2008.01.
473. Yoshio Hisaeda, Daisuke Maeda, Hisashi Shimakoshi and Masaaki Abe, Photochemical Reduction of Molybdenum Porphycene, 2007 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2007.11.
474. Hisashi Shimakoshi and Yoshio Hisaeda, Porphycene as Photosensitizer, 2007 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2007.11.
475. 久枝良雄, 環境汚染物質を分解するバイオインスパイアード触媒, 2007年日本化学会西日本大会, 2007.11.
476. Hisashi Shimakoshi and Yoshio Hisaeda, Enhanced and Recycled Catalysis of a Hydrophobic Vitamin B12 in Ionic Liquid, The Second International Congress on Ionic Liquids, 2007.08.
477. 久枝良雄, 超分子化学と人工酵素, 高専 平成19年度物質系サマーレクチャー, 2007.08.
478. Yoshio Hisaeda, Hisashi Shimakoshi, Makoto Abiru, Shin-iichiro Izumi, Takahiro Masuko, Pan Ling, and Koichiro Nakamura, Bioinspired Catalysts with Vitamin B12 Function, 13th International Conference on Biological InorganicChemistry(ICBIC-13), 2007.07.
479. Yoshio Hisaeda, Misayo Tomura, Takahiro Masuko and Hisashi Shimakoshi, Dechlorination of DDT Catalyzed by Artificial Enzyme Composed of Human Serum Albumin and Hydrophobic Vitamin B12, Gordon Research Conferences on: Vitamin B12 and Corphins , 2007.07.
480. 久枝良雄, ビタミンB12酵素機能を有する有機・無機ハイブリッド触媒, 特定領域研究「協奏機能触媒」第2回公開シンポジウム, 2007.06.
481. Yoshio Hisaeda, Design of Bioinspire Catalysts with Vitamin B12 Functions, Seminar in Pusan National University,, 2007.06.
482. Hisashi Shimakoshi and Yoshio Hisaeda, Sol-Gel Modified Electrode Trapped with a Cobalamin Derivative, 211th ECS Meeting, 2007.05.
483. 久枝良雄, バイオインスパイアード触媒の創製と機能特性, 日本化学会第87春季年会, 2007.03.
484. Yoshio Hisaeda, Organic/Inorganic Hybrid Catalyst Learned from Vitamin B12 Enzyme, Kyushu University 21C COE /POSTECH(CIMS)1st Joint Symposium on "Molecular Systems and Molecular Informatics", 2007.02.
485. Hisashi Shimakoshi and Yoshio Hisaeda, Molecular Transformation by Electron Transfer Catalyst Consist of Vitamin B12-TiO2, 2nd International Symposium on Organic Electron Transfer Chemistry(ISOETC-2007), 2007.01.
486. Yoshio Hisaeda, Daisuke Maeda, Hisashi Shimakoshi and Masaaki Abe, Preparation and Photochemical Reaction of Molybdenum Porphycene, 2007.01.
487. Misayo TOMURA, Takahiro MASUKO, Hisashi SHIMAKOSHI and Yoshio HISAEDA, Artifical Enzyme Composed of Human Serium Albumin and Hydrophobic Vitamin B12, 第二回「配位空間の化学」国際会議(ISCCS 2006), 2006.12.
488. Hisashi SHIMAKOSHI and Yoshio HISAEDA, Vitamin B12-TiO2 Hybrid Catalyst for Greener Molecular Transformation System, 第二回「配位空間の化学」国際会議(ISCCS 2006), 2006.12.
489. Hisashi SHIMAKOSHI and Yoshio HISAEDA, Eco-Friendly Molecular Transformation Catalyzed by Vitamin B12-TiO2 Hybrid Catalyst, 2006 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2006.11.
490. Md. Abdul JABBAR, Hisashi SHIMAKOSHI and Yoshio HISAEDA, First Example of the Hydrophobic Vitamin B12 Mediated Environmentally Benign Electrolytic Reductive Dechlorination of DDT in Ionic Liquid, 2006.11.
491. Yoshio HISAEDA, Misayo TOMURA, Takahiro MASUKO, Hisashi SHIMAKOSHI and Masaaki ABE, Photo-induced Molecular Transformations Mediated by Bio-inspired Catalysts, 2006 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2006.11.
492. Daisuke MAEDA, Hisashi SHIMAKOSHI, Masaaki ABE and Yoshio HISAEDA, Photochemical Properties of Molybdenum Porphycene, 2006 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2006.11.
493. Tatsushi BABA, Hisashi SHIMAKOSHI, Masaaki ABE and Yoshio HISAEDA, Photooxygenations mediated by solid-supported porphycene catalyst, 2006 Korea-Japan Symposium on Frontier Photoscience, 2006.11.
494. Tatsushi BABA, Hisashi SHIMAKOSHI, Masaaki ABE and Yoshio HISAEDA, Preparation and Photochemical Properties of Porphycene Derivatives, 第2回分子情報科学の機能イノベーションに関する国際シンポジウム, 2006.11.
495. 久枝良雄, バイオインスパイアード触媒による光誘起電子移動型分子変換, 奈良先端科学技術大学院大学「光ナノサイエンス特別講義」, 2006.11.
496. 馬場達志、井関勇介、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, 人工ポルフィリン類縁体を基盤とするハイブリッド触媒の創製と物質変換, 院生企画シンポジウム〜機能性物質が拓く明日の化学〜, 2006.11.
497. Masaaki ABE, Hiromitsu UEHARA, Yoshio HISAEDA, Kohei UOSAKI, Shen YE, Masatoshi OSAWA and Yoichi SASAKI, Proton-Responsive Molecular Architectures on Gold: Surface Assembly and Proton-Coupled Electron Transfer, 6th China-Japan Joint Symposium on Metal Cluster Compounds(第6回日中金属クラスター会議), 2006.10.
498. モハメド アブダル ジャバール、嶌越 恒、久枝良雄, イオン液体中でのビタミンB12を触媒としたDDTの環境調和型分解, 2006年電気化学秋季大会, 2006.09.
499. 馬場達志、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, コバルトポルフィセン錯体を含むゾルーゲル修飾電極の創製と電気化学特性, 第56回錯体化学討論会, 2006.09.
500. 嶌越 恒、作森恵美子、阿比留 真、久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタンハイブリッド触媒の開発と環境適合型物質変換, 第21回生体機能関連化学シンポジウム, 2006.09.
501. 宮川裕樹、柘植清志、阿部正明、久枝良雄、加藤昌子、佐々木陽一, ピリジン誘導体を6つの末端配位座に持つレニウム六核クラスターの諸性質, 第56回錯体化学討論会, 2006.09.
502. 前田大輔、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, ポルフィリン類縁体モリブデン錯体の物性と反応特性, 第56回錯体化学討論会, 2006.09.
503. 久枝良雄、前田大輔、嶌越 恒、阿部正明, モリブデンポルフィリン異性体の創製と光反応挙動, 2006年光化学討論会, 2006.09.
504. 堀木裕之、上原広充、道 貴之、阿部正明、久枝良雄、加藤昌子、魚崎浩平、佐々木陽一, ルテニウム三核錯体とポルフィリンユニットを融合した積層型ハイブリッド分子層の構築と電子移動特性, 第56回錯体化学討論会, 2006.09.
505. 柴田かおり、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, レドックス応答型コバルト超分子錯体の合成と認識特性, 第56回錯体化学討論会, 2006.09.
506. 嶌越 恒、渡辺 健、柴田かおり、久枝良雄, 二核金属錯体型超分子デバイスの開発と動的構造制御, 第56回錯体化学討論会, 2006.09.
507. 阿比留 真、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, 光駆動型バイオミメティック触媒による環境調和型有機合成システムの構築, 第56回錯体化学討論会, 2006.09.
508. 道家弘毅、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, 新規ニオブポルフィセン錯体の合成と物性評価, 第56回錯体化学討論会, 2006.09.
509. 嶌越 恒、阿比留 真、久枝良雄, 電子移動型ハイブリッド触媒の開発と物質変換, 2006年電気化学秋季大会, 2006.09.
510. 近藤一幸、道 貴之、阿部正明、柘植清志、久枝良雄、加藤昌子、魚崎浩平、佐々木陽一, 2つのジスルフィド末端を有する新規ルテニウム三核錯体の合成と固液界面での電子移動・配位子置換特性, 第56回錯体化学討論会, 2006.09.
511. 阿比留 真、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタンハイブリッド触媒による官能基転位反応, 第18回若手研究者のためのセミナー(有機合成化学若手の会), 2006.08.
512. 田原圭志朗、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, ビタミンB12の多機能化, 第18回若手研究者のためのセミナー(有機合成化学若手の会), 2006.08.
513. 馬場達志、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, ポルフィセン類の化学修飾及び光反応特性, 第18回若手研究者のためのセミナー(有機合成化学若手の会), 2006.08.
514. 柴田かおり、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, レドックス応答型超分子錯体の合成と認識能評価, 第18回若手研究者のためのセミナー(有機合成化学若手の会), 2006.08.
515. 道家弘毅、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, 新規ニオブポルフィセン錯体の合成, 第18回若手研究者のためのセミナー(有機合成化学若手の会), 2006.08.
516. 馬場達志、嶌越 恒、久枝良雄, 新規ポルフィセン固定化触媒の創製と光反応特性, 第18回生体関連化学若手の会サマースクール, 2006.08.
517. Yoshio HISAEDA, Hisashi SHIMAKOSHI, Emiko SAKUMORI and Makoto ABIRU, Greener Catalytic Reactions Learned from Vitamin B12 Chemistry, Third International Symposium on Bioorganometallic Chemistry (ISBOMC'06), 2006.07.
518. Md. Abdul JABBAR, Hisashi SHIMAKOSHI and Yoshio HISAEDA, Reactivity of a Hydrophobic Vitamin B12 Derivative towards DDT in ionic Liquid, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
519. Makoto ABIRU, Hisashi SHIMAKOSHI and Yoshio HISAEDA, Study of Light Driven Vitamin B12-TiO2 Hybrid Catalyst toward Eco-Friendly Organic Synthesis, The Fukuoka Symposium "New Horizon of Natural Product and Biological Chemistries", 2006.07.
520. Daisuke MAEDA and Yoshio HISAEDA, Synthesis and Property of Molybdenum Polphyrin Isomer, The Fukuoka Symposium "New Horizon of Natural Product and Biological Chemistries", 2006.07.
521. 戸村美沙代、増子隆博、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, アルブミンを反応場とするビタミンB12の反応, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
522. 馬場達志、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, コバルトポルフィセン錯体修飾電極の創製と機能, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
523. 阿比留 真、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, ビタミンB12-TiO2ハイブリッド触媒による環境調和型有機合成反応, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
524. 田原圭志朗、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, ビタミンB12の化学修飾と多機能化, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
525. 嶌越 恒、阿比留 真、久枝良雄, ビタミンB12ー酸化チタンハイブリッド触媒の開発と環境調和型物質変換, 日本ゾル-ゲル学会 第4回討論会, 2006.07.
526. 馬場達志、嶌越 恒、久枝良雄, ポルフィセンコバルト錯体を含むゾル-ゲル修飾電極の創成と機能, 日本ゾル-ゲル学会 第4回討論会, 2006.07.
527. 柴田かおり、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, レドックス応答型超分子錯体の合成と認識特性, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
528. 小西まり子、潘 玲、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, 分子認識部位を有するビタミンB12修飾体の反応特性, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
529. 道家弘毅、前田大輔、有留 功、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, 新規ニオブポルフィセン錯体の合成と性質, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
530. 前田大輔、有留 功、嶌越 恒、阿部正明、久枝良雄, 新規モリブデンポルフィセン錯体の合成と光反応特性, 第43回化学関連支部合同九州大会, 2006.07.
531. 嶌越 恒、ジャバール モハメド アブダル、久枝良雄, イオン液体中におけるビタミンB12触媒の脱塩素化反応特性, 第30回有機電子移動化学討論会, 2006.06.
532. 久枝良雄、嶌越 恒、作森恵美子、阿比留 真, ビタミンB12と二酸化チタンからなる人工酵素, 第16回金属の関与する生体関連反応シンポジウム(SRM 2006), 2006.06.
533. Hisashi SHIMAKOSHI and Yoshio HISAEDA, Eco-Friendly Dehalogenations Methods by Vitamin B12-TiO2 Hybrid Catalyst, The 209th ECS Meeting, 2006.05.
534. Yoshio HISAEDA, Isao ARITOME, Tatsushi BABA and Hisashi SHIMAKOSHI, Redox Behavior and Catalytic Function of Cobalt Polphycenes , The 209th ECS Meeting , 2006.05.
535. 嶌越 恒、柴田かおり、藤田路子、新海征治、久枝良雄, 多核金属錯体を基本とする超分子デバイスの開発と動的構造制御, 第1回ホスト・ゲスト化学シンポジウム, 2006.05.
536. Hisashi SHIMAKOSHI, Yoshio HISAEDA, Photochemical Molecular Transformations Mediated by Vitamin B12-TiO2 Hybrid Catalyst, XXIst IUPAC Symposium on Photochemistry 2006, 2006.04.
537. 久枝良雄, 金属酵素モデルを用いた電気化学的・光化学的環境汚染物質の分解反応, 電気化学会第73回大会, 2006.04.
538. 馬場達志、嶌越 恒、久枝良雄, スルホン化ポルフィセンコバルト錯体を含むゾルーゲル修飾電極の創製と機能, 日本化学会第86春季年会, 2006.03.
539. 嶌越 恒、阿比留 真、久枝良雄, バイオミメティック光触媒の開発と環境調和型グリーン有機合成への応用, 第6回グリーンサスティナブルケミストリーシンポジウム, 2006.03.
540. 嶌越 恒、作森恵美子、阿比留 真、久枝良雄, バイオミメティック光触媒の開発と環境調和型物質変換, 日本化学会第86春季年会, 2006.03.
541. 阿比留 真、嶌越 恒、久枝良雄, ビタミンB12-酸化チタンハイブリッド触媒の開発とラジカル型有機合成反応への応用, 日本化学会第86春季年会, 2006.03.
542. 前田大輔、有留 功、嶌越 恒、久枝良雄, 新規モリブデンポルフィリン錯体の合成と光化学特性, 日本化学会第86春季年会, 2006.03.
543. 永井宏和、松尾貴史、林 高史、久枝良雄, 糖クラスター化学修飾ヘムを有する再構成ミオグロビンの構築, 日本化学会第86春季年会, 2006.03.
544. 村田 大、松尾貴史、林 高史、久枝良雄, 鉄ポルフィセンを有する西洋ワサビペルオキシダーゼの構築と反応評価, 日本化学会第86春季年会, 2006.03.
545. 嶌越 恒、久枝良雄, ビタミンB12駆動型エコフレンドリー分子変換, 第1回未来化学創造センターシンポジウム, 2006.02.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」