九州大学 研究者情報
著書一覧
久枝 良雄(ひさえだ よしお) データ更新日:2019.12.10

教授 /  工学研究院 応用化学部門 生体機能化学講座


著書
1. 小野 利和, 久枝良雄, ビタミンB12 酵素反応に学ぶ有機合成 
  --- コバルト−炭素結合を介したラジカルフルオロアルキル反応
, 化学同人, ビタミンB12 酵素反応に学ぶ有機合成 
  --- コバルト−炭素結合を介したラジカルフルオロアルキル反応
小野利和, 久枝良雄
化学, 74, No.4, 70-71 (2019).
, 2019.04.
2. Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, Bioorganometallic B12 as Versatile Catalyst for Green Organic Synthesis, https://doi.org/10.1016/B978-0-12-814197-7.00019-4, Photoelectrochemically Driven Electrosynthesis
H. Shimakoshi, Y. Hisaeda
Modern Electrosynthetic Methods in Organic Chemistry, 1st Edition
Eds. by Frank Marken, Mahito Atobe, CRC Press, Chapter 3, (2018).
ISBN 9781482249163 - CAT# K23712, 2019.03, [URL].
3. Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, Photoelectrochemically Driven Electrosynthesis, CRC Press, Photoelectrochemically Driven Electrosynthesis
H. Shimakoshi, Y. Hisaeda
Modern Electrosynthetic Methods in Organic Chemistry, 1st Edition
Eds. by Frank Marken, Mahito Atobe, CRC Press, Chapter 3, (2018).
ISBN 9781482249163 - CAT# K23712
, 2018.09.
4. 嶌越恒, 久枝良雄, 有機電気化学における光反応の援用, 電気化学会, 有機電気化学における光反応の援用
「有機電気化学の基礎と測定法」第4回
嶌越恒, 久枝良雄
Electrochemistry, 85(12), 811–815 (2017). 12月
, 2017.12.
5. 小野 利和, 久枝良雄, 元素ブロック材料の創出と応用展開, シーエムシー出版, ヘテロ分子集積化技術を利用した有機固体発光材料の開発
Synthesis of New Materials Based on Element-Blocks and Their Applications
小野利和, 久枝良雄
元素ブロック材料の創出と応用展開, 中條善樹 監修, シーエムシー出版, 第1章-2 (2016). 6月
, 2016.06.
6. 嶌越恒, 久枝良雄, 環境汚染物質を光と電気エネルギーで分解する人工酵素, 花書院, 環境問題解決のための先進的技法, 九州大学東アジア環境研究機構,
第4章, 59-72., 2015.01.
7. Hisashi Shimakoshi, Yoshio Hisaeda, Electrosynthesis under Photo-Irradiation, R. F. Springer, In Encyclopedia of Applied Electrochemistry, 1st Edition
Eds. by Ota, K.; Kreysa, G.; Savinell,
Vol. 1, 814-821., 2014.09.
8. 久枝良雄, 光エネルギー変換, 朝倉書店, 光化学会光化学の辞典編集委員会編
7章,292−293., 2014.06.
9. 嶌越恒, 久枝良雄, ゾル-ゲル法を利用した金属錯体固定化触媒の作製, シーエムシー出版, 3章、205−210., 2014.02.
10. 久枝 良雄, バイオインスパイアード触媒 特集にあたって
, シーエムシー出版, バイオインダストリー, Vol.30, No.3, 3–4 (2013).

, 2013.03.
11. 久枝 良雄, 嶌越 恒, ビタミンB12をモデルとしたバイオインスパイアード触媒の開発
, シーエムシー出版, バイオインダストリー, Vol.30, No.3, 5–12 (2013).

, 2013.03.
12. 久枝 良雄, バイオミメティックからバイオインスパイアード触媒へ
  人・化合物・機会との一期一会
, 日本化学会, 化学と工業, Vol.65, No.12, 949–951 (2012).

, 2012.12.
13. 嶌越 恒、久枝良雄, 環状および非環状シッフ塩基型化合物の合成と錯形成による超分子機能の創製, 有機合成化学協会, 有機合成化学協会誌, 70, No.1, 60-70 (2012)., 2012.01.
14. 嶌越 恒、久枝良雄, ビタミンB12 人工酵素---光の照射で環境汚染物質を分解!, 化学同人, 2011.10.
15. 久枝良雄、嶌越 恒, バイオインスパイアード触媒の創製と環境浄化への応用---ビタミンB12酵素機能の活用, NTS, 未来材料, Vol.11, No.2, 13–19 (2011)., 2011.02.
16. Yoshio Hisaeda, Hisashi Shimakoshi, Handbook of Porphyrin Science, World Scientific, Bioinspired Catalysts with B12 Enzyme Functions
Y. Hisaeda, H. Shimakoshi
Handbook of Porphyrin Science, Vol. 10
Eds. by K. M. Kadish, K. M. Smith, R. Guilard, World Scientific, 313-370 (2010).
, 2010.09.
17. 久枝良雄、嶌越恒, 各種手法による有機物の分解技術, 情報機構, 第1章 第14節, 情報機構, pp.73-86, 2007.05.
18. 久枝良雄, 嶌越恒, 有機物の分解とそのメカニズム・分析
有機ハロゲン化合物を分解する生体関連触媒の開発
, 情報機構, 第1章 第14節, 73-86 , 2007.04.
19. 増子隆博, 久枝良雄, ビタミンB12酵素機能を有するハイブリッド触媒の創製, 九州大学中央分析センター報告, No.24, 50-58 , 2006.12.
20. 嶌越恒, 阿比留真, 久枝良雄, 渡辺美登里, ビタミンB12インスパイアード触媒の開発と環境調和型分子変換, Jasco Report, 48, No.2, 31-36 , 2006.10.
21. 久枝良雄, コバルト錯体を含むビタミン-ビタミンB12の面白い性質と多才な働き-
化学と教育
, 資源環境対策, 54, No.9, 486-489 , 2006.09.
22. 嶌越恒, 久枝良雄, 有機塩素化合物を高速分解できるビタミンB12ハイブリッド触媒の開発, 資源環境対策, 42, No.7, 99-102 , 2006.07.
23. 久枝良雄, モレキュラーインフォーマティクスを拓く分子機能材料
有機/無機ハイブリッドナノ触媒
, 日刊工業新聞, 105-113, 2006.01.
24. 久枝良雄, 嶌越恒, 増子隆博, ソルトサイエンス研究財団 平成15年度助成研究報告集
ビタミンB12修飾電極による脱塩素化反応
, ソルトサイエンス研究財団, 平成15年度助成研究報告集, 169-177, 2005.01.
25. 久枝良雄, 有機電解合成の新展開
金属錯体を用いる有機電解合成
, シーエムシー出版, 141-162, 2004.01.
26. Yoshio Hisaeda, Hisashi Shimakoshi, Mami Tokunaga, Tatsushi Baba, Electrochemical dehalogenation reaction of DDT mediated by hydrophobic vitamin B12, 10, 13-16, 2004, The controlled-potential electrolysis of 1,1-bis(4-chlorophenyl)-2,2,2- trichloroethane (DDT) was carried out in the presence of a hydrophobic vitamin B12, heptamethyl cobyrinate perchlorate. DDT was dechlorinated to form 1,1-bis(4-chlorophenyl)-2,2-dichloroethane (DDD), 1,1-bis(4-chlorophenyl)- 2,2-dichloroethylene (DDE), 1-chloro-2,2-bis(4-chlorophenyl)ethylene (DDMU) and 1,1,4,4-tetrakis(4-chlorophenyl)-2,3-dichloro-2-butene (TTDB) (E/Z), and quantitative recovery of the catalyst after the electrolysis was confirmed by the electronic spectroscopy. A photo-sensitive intermediate having a cobalt-carbon bond formed during the electrolysis was characterized by the electronic spectroscopy. The mechanism for the formation of various dehalogenated products was investigated by various spectroscopic methods..

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」