九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
高田 保之(たかた やすゆき) データ更新日:2017.07.27

教授 /  工学研究院 機械工学部門 熱工学


大学院(学府)担当

工学府 機械科学専攻 熱流体物理

学部担当

その他の教育研究施設名



電子メール
FAX番号
092-802-3098
取得学位
工学博士
専門分野
熱工学
活動概要
[研究]
相変化に及ぼす表面濡れ性の効果: 沸騰,蒸発,凝縮などの相変化現象に及ぼす超親水性から超撥水性までの広範囲な濡れ性の効果を調べるための実験的研究
マイクロ冷凍機およびマイクロ熱輸送デバイスの基礎研究: MEMS技術を駆使して,マイクロチャンネルで構成されるジュールトムソン型マイクロ冷凍機や自励振動型熱輸送デバイスの開発を行っている.
高圧水素物性の測定: 〜100MPaの超高圧水素のPVT関係,粘性係数,熱伝導率などの物性値を測定する.
高温面の水冷却: 製鉄工業における熱処理,特にスプレー冷却に関する実験.スリットラミナー冷却の数値シミュレーション.
超伝導体の冷却安定性: 超伝導導体の冷却安定性に関する実験と数値解析.
相変化と自由表面を伴う熱流動数値解析: 沸騰気泡の成長離脱,電場における気泡の挙動,アモルファス金属リボンの製造プロセスのシミュレーションなどを実施.これに関する数値解放の開発.
相変化熱伝達の制御: 光触媒を応用した蒸発伝熱促進技術の開発.プラズマ照射による表面濡れ性の改善効果を利用した伝熱促進技術の開発
動力サイクルの熱力学解析:LNG冷熱を利用した炭酸ガス回収型複合発電サイクル

[教育]
学部教育: 熱力学・同演習,伝熱工学を担当.
大学院: Heat and Mass Transfer(熱物質移動),先端熱工学特論,水素工学概論など熱工学・水素工学に関する講義を担当.

[社会連携活動]
特筆すべき事項はない.

九大関連コンテンツ