九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
森田 健敬(もりた たけひろ) データ更新日:2018.06.11

助教 /  工学研究院 機械工学部門 設計・生体システム


主な研究テーマ
水素雰囲気におけるバルブ用材料の摩擦摩耗
キーワード:水素,摩擦,摩耗
2004.10.
フレッチングき裂を用いたピッチングき裂のき裂伝ぱに関する実験的研究
キーワード:転がり疲れ,ピッチング,き裂伝ぱ,油進入,表面粗さ
1998.03.
ピッチングき裂の連続観察
キーワード:転がり疲れ,ピッチングき裂,表面粗さ,粗さ筋目
1993.04~1998.03.
転がり疲れき裂の発生と伝ぱに及ぼす塑性流動の影響
キーワード:転がり疲れ,き裂,伝ぱ,塑性流動
1998.04~2001.03.
従事しているプロジェクト研究
水素先端科学基礎研究事業
2006.06, 代表者:高田保之, 九州大学, 独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構
水素環境のトライボ材料の摩擦・摩耗・潤滑特性に及ぼす影響を調べ,産業界へフィードバックする..
研究業績
主要原著論文
1. 森田健敬,和泉直志,松隈直樹,杉村丈一, ステライト6BとSUS316の摩擦摩耗に及ぼす雰囲気中酸素, トライボロジスト, 第54巻第9号637-641, 2009.09.
主要学会発表等
1. Takehiro Morita1, Yoshinori Sawae,Hayato Ideguchi, Hiroshi Kojima,Kazuhiro Nakashima,Joichi Sugimura, Effects of Polymers Surface Roughness and Filler Materials in Polymer Composite on Hydrogen Sealing Ability
, 2014 International Conference on Engineering Tribology Technology, 2014.11.
2. Takehiro Morita,Fuminori Sato, Yoshinoro Sawae,Joichi Sugimura, Effects of metal counter surfaces on friction and wear of polymeric seal materials in hydrogen, 21st International Conference on Fluid Sealing, 2011.11.
3. Takehiro Morita,Hiroyoshi Tanaka, Yoshinoro Sawae,Joichi Sugimura, Effects of Water Concentration and Sliding Conditions on Friction and Wear of Some Alloys in Hydrogen, International Tribology Conference, Hiroshima , 2011.11.
4. Takehiro Morita,Hiroyoshi Tanaka,Kanao Fukuda, Joichi Sugimura, Friction and wear of some alloys in gaseous hydrogen, The 37th Leeds-Lyon Symposium on Tribology, 2010.09.
5. Takehiro Morita,Takuya Iwao,Kanao Fukuda, Joichi Sugimura, Influence of water vapor in hydrogen gas on the friction and wear of cobalt-based alloy, World Tribology Congress 2009, 2009.09.
学会活動
所属学会名
日本トライボロジー学会
日本機械学会
日本設計工学会
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2018.04.12~2018.04.14, 第9回日中トライボロジー先端フォーラム(北九州), 実行委員.
2018.03.16~2018.03.16, 日本機械学会 九州支部 第71期 総会・講演会, フェロー賞(若手優秀講演)審査員.
2017.10.20~2017.10.21, 日本機械学会 九州支部 久留米講演会, 座長(Chairmanship).
2015.05.27~2015.05.29, 日本トライボロジー学会 トライボロジー会議 2015春 姫路, 座長(Chairmanship).
2015.03.13~2015.03.13, 日本機械学会 九州支部 第68期総会・講演会, 座長(Chairmanship).
2014.05.19~2014.05.21, 日本トライボロジー学会, 座長(Chairmanship).
2012.05.14~2012.05.16, 日本トライボロジー学会, 座長(Chairmanship).
2010.09.14~2010.09.17, 日本トライボロジー学会, 座長(Chairmanship).
2009.10.10~2009.10.10, 日本機械学会, フェロー賞(若手優秀講演)審査員.
2008.03.19~2008.03.19, 日本機械学会, 座長(Chairmanship).
2007.05, 日本トライボロジー学会, 座長(Chairmanship).
2003.11, 日本トライボロジー学会, 座長(Chairmanship).
2013.10.23~2013.10.25, トライボロジー会議 福岡2013-10, 実行委員.
2007.09, トライボロジー会議 佐賀2007-9, 実行委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2011年度      
2010年度      
2008年度      
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2016年度, 基盤研究(B), 分担, 極低摩擦生体類似摺動組織の形成および機能評価技術の構築.
2014年度~2016年度, 基盤研究(C), 分担, 多元情報の客観的複合解析を応用したしゅう動初期不安定要因の解析.
2011年度~2013年度, 基盤研究(C), 分担, 摩擦摩耗における多元情報の客観的複合解析技術の開発.

九大関連コンテンツ