九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
古川 雅人(ふるかわ まさと) データ更新日:2018.07.26

教授 /  工学研究院 機械工学部門 流体工学講座


主な研究テーマ
スーパーコンピュータ「京」を用いた先進ガスタービン用遷音速軸流圧縮機の衝撃波を伴う乱流場のLES解析
キーワード:ターボ機械,軸流圧縮機,内部流れ,旋回失速
2017.04~2019.03.
スーパーコンピュータ「京」を用いた先進ガスタービン用遷音速軸流圧縮機の内部流れ場の高精度予測
キーワード:ターボ機械,軸流圧縮機,内部流れ,旋回失速
2015.04~2017.03.
スーパーコンピュータ「京」を用いたDESおよび知的可視化による多段軸流圧縮機の旋回失速初生現象の解明
キーワード:ターボ機械,軸流圧縮機,内部流れ,旋回失速
2012.10~2015.03.
遠心圧縮機のサージ予測に関する研究
キーワード:ターボ機械,遠心圧縮機,サージ
2011.11~2014.10.
ターボ機械における複雑渦流れ現象および異常流動現象に関する実験的および数値解析的研究
キーワード:ターボ機械,内部流れ,渦流れ
1981.04.
複雑内部流動現象の大規模数値解析とデータマイニング
キーワード:数値解析,知的可視化,複雑流れ
1996.04.
内部流れ場における非定常流れ現象と空力騒音に関する研究
キーワード:内部流れ,非定常流れ,空力騒音
2000.04.
風レンズ風車の空力設計法の開発
キーワード:風レンズ,風車,空力設計
2002.04.
実験流体力学(EFD)と計算流体力学(CFD)の融合解析に関する研究
キーワード:EFD,CFD,融合解析
2003.04.
ターボ機械の革新的空力設計手法の開発に関する研究
キーワード:ターボ機械,空力設計,子午面粘性流れ解析
2007.04.
マイクロ高速流れに関する研究
キーワード:マイクロ,低レイノルズ数,圧縮性流れ
2004.04~2008.03.
需要家用水素ガス計量システムの研究開発
キーワード:燃料電池,集合住宅,水素ガス,流量計
2005.11~2008.03.
従事しているプロジェクト研究
文部科学省・「ポスト「京」で重点的に取り組むべき社会的・科学的課題に関するアプリケーション開発・研究開発」重点課題 重点課題⑧「近未来型ものづくりを先導する革新的設計・製造プロセスの開発」 サブ課題C「準直接計算技術を活用したターボ機械設計システムの研究開発」
2015.02~2020.03, 代表者:加藤 千幸, 東京大学, 一般財団法人高度情報科学技術研究機構
ポスト「京」で稼働するためのアプリケーション開発であり,最大1兆グリッドの大規模解析技術およびこれをリファレンスデータとする多目的最適化技術を研究開発し,性能・信頼性を大幅に向上することができるターボ機械設計システムを実現する.具体的には, 格子ボルツマン法(LBM)による乱流場と音響場の直接計算手法の研究開発を行う. .
先進ガスタービン用遷音速軸流圧縮機の衝撃波を伴う乱流場のLES解析
2017.04~2019.03, 代表者:松岡 右典, 川崎重工業株式会社, 一般財団法人高度情報科学技術研究機構
産業用および航空機用の先進的な高効率ガスタービンの重要な構成要素である遷音速軸流圧縮機の場合,衝撃波を伴う極めて複雑な内部流動現象が発生することから,高い空力設計技術が求められる.本課題では,2段遷音速軸流圧縮機の実機について,稠密な計算格子(総計約20億点)を用いた大規模なLES(Large Eddy Simulation)解析を「京」上で実施するとともに,そのLES解析結果に知的可視化処理を施して,実験で計測することが困難な遷音速軸流圧縮機の実機における衝撃波と翼端漏れ渦および翼面乱流境界層との干渉メカニズム,ならびにそれら干渉の非定常挙動を抽出することにより,衝撃波を伴う乱流場が遷音速軸流圧縮機の空力性能特性に及ぼす影響を明らかにする.そこで得られた知見は,経験的なデータに依存しない高度な圧縮機空力設計技術の構築に資するものである..
ファンの音源分析
2017.04~2019.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
ファンをシステムに組み込んだ状態における音源を分析する。.
先進ガスタービン用遷音速軸流圧縮機の内部流れ場の高精度予測
2015.04~2017.03, 代表者:松岡 右典, 川崎重工業株式会社, 一般財団法人高度情報科学技術研究機構
産業用および航空機用の先進的な高効率ガスタービンに用いられる多段軸流圧縮機の構成要素としての遷音速軸流圧縮機2段を対象として,全周にわたる総計104翼間に対して約12億セルの計算格子を設定し,DES(Detached Eddy Simulation)による非定常流れ計算を「京」上で実施する.DES計算から得られる非定常三次元データに対して知的可視化処理を施すことにより,遷音速軸流圧縮機における衝撃波を伴う極めて複雑な非定常三次元内部流動現象を解明するとともに,それらの現象が遷音速軸流圧縮機の空力性能特性に及ぼす影響を明らかにする. .
遠心ファンの3次元翼設計手法の構築
2016.03~2019.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
子午面粘性流動解析を用いて,遠心ファンの3次元空力設計手法を構築する..
圧縮機の空力設計技術に関する共同研究
2014.04~2019.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
・圧縮機内部流れの大規模非定常解析と知的可視化の研究
 産業ガスタービン実機の14段軸流圧縮機を対象とした大規模非定常流動計算を実施し,計算結果に知的可視化を施すことにより,多段軸流圧縮機における旋回失速の初生現象を解明する。
・子午面粘性流れ解析による空力設計法の多段軸流圧縮機への適用技術の研究
 大規模非定常解析により得られた知見に基づき多段圧縮機内部流れのモデル化を行い,子午面粘性流設計ツールに組み込むことにより,多段圧縮機の空力設計への適用を図る。.
遠心圧縮機動翼内部流動の研究
2014.04~2019.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
低比速度形遠心圧縮機羽根車における低レイノルズ数流れ場での内部流動現象を解明する..
遠心圧縮機のサージ予測技術の構築
2014.09~2020.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
実験によりサージ発生時の非定常流動現象を明らかにするとともに,実験により得られた計測データに基づいて数値シミュレーションによるサージ予測の検証を行うことにより,サージ予測が可能なシミュレーション技術を構築する..
軸流ファンの損失メカニズムの解明
2014.10~2017.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
ファン周りの流れ損失を低減し、軸流ファンの高性能化を図る。.
Research of High Aerodynamic Performance Fan
2016.10~2017.06, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
Approach of high efficiency fan blade and improvement of acoustic noise.
DESおよび知的可視化による多段軸流圧縮機の旋回失速初生現象の解明
2014.04~2015.03, 代表者:松岡 右典, 川崎重工業株式会社, 一般財団法人高度情報科学技術研究機構
ガスタービンの実機に用いられている14段軸流圧縮機を対象として失速点近傍で非定常流れ解析を実施することにより,多段軸流圧縮機における旋回失速初生現象を解明することを目的とする.具体的には,14段軸流圧縮機の前半7段の全周にわたる総計601翼間に対して約20億セルの計算格子を設定し,DES(Detached Eddy Simulation)計算を「京」上で実施する.その際に,DES計算から得られる非定常三次元データに対して知的可視化処理を施し,渦構造および限界流線のトポロジー解析を同時に行うことにより旋回失速初生現象を抽出する.さらに,抽出された現象から,旋回失速初生の流体力学的なメカニズムおよび非定常挙動を解明する..
リングファン及びシュラウドステーへの三次元空力設計の適用
2014.06~2015.05, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
三次元空力設計手法を用い、自動車用熱交換器の冷却ファン(リングファン)及び冷却ファン下流のシュラウドステーの形状検討を行うことにより、冷却ファンの風性能・騒音の改善を行う。.
軸対称子午面解析にもとづく最適化手法を用いた低騒音空調ユニット用ファンケーシングの 空力設計手法に関する研究
2014.07~2015.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
空調ユニット用のインペラおよびスクロールケーシングに対して軸対称子午面流れ解析を使った最適化手法を適用し、騒音低減を可能とするファンケーシング形状を検討する。.
圧縮機の空力設計技術に関する共同研究
2013.04~2014.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
ガスタービン用の多段軸流圧縮機について,大規模なDES解析および知的可視化を実施し,圧縮機翼列内の流動現象を明らかにするとともに,流動損失の発生メカニズムを調べることにより,圧縮機の空力設計技術に資する知見を得る..
翼枚数および翼負荷最適化による低騒音空調ユニット用ファンの3次元空力設計手法に関する研究
2013.07~2014.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
空調ユニット用のファンに対して,子午面粘性流れ解析に基づく三次元空力設計法を適用し,翼枚数および翼負荷の最適化を図ることにより,失速を抑制するとともに騒音低減を可能とするファンの翼形状を探索する..
遠心圧縮機動翼内部流動の研究
2013.04~2014.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
低比速度形遠心圧縮機羽根車における低レイノルズ数流れ場での流動現象を解明する..
PSPによる圧力変動の計測
2013.04~2014.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
低速流れ場および回転流れ場における感圧塗料を用いた非定常圧力計測技術を確立することを目的とする..
リングファン及びシュラウドステーへの三次元空力設計の適用
2013.06~2014.05, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
リングファン及びシュラウドステーへ三次元空力設計法を適用することによって,空力性能の向上および空力騒音の低減化を実現する..
DESおよび知的可視化による多段軸流圧縮機の旋回失速初生現象の解明
2012.10~2015.03, 代表者:松岡右典, 川崎重工業株式会社, 一般財団法人 高度情報科学技術研究機構
ガスタービン用の14段軸流圧縮機を対象として失速点近傍で非定常流れ解析を実施することにより,多段軸流圧縮機における旋回失速の初生現象を解明することを目的とする.具体的には,14段軸流圧縮機の全段および全周にわたる総計1,860翼間に対して約100億セルの計算格子を設定し,DES(Detached Eddy Simulation)による非定常計算をスーパーコンピュータ「京」上で実施する.DES計算から得られる非定常三次元データに対して知的可視化処理を施すことにより旋回失速初生現象を抽出する.この抽出された現象から旋回失速初生の流体力学的なメカニズムおよびその非定常挙動を解明する..
空調ユニット用ファンの失速抑制および低騒音化のための3次元空力設計手法の改善に関する研究
2012.08~2013.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
空調ユニット用のファンに対して,失速抑制および低騒音化のための3次元空力設計手法を構築することを目的とする..
遠心圧縮機動翼内部流動の研究
2012.04~2013.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
低比速度の遠心圧縮機羽根車における低レイノルズ数流れ場での流動現象を解明する..
PSPによる圧力変動の計測
2012.04~2013.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
低速流れ場における感圧塗料を用いた非定常圧力計測技術を確立することを目的とする..
シュラウドステーへの三次元空力設計の適用による下流流れの制御
2011.11~2012.10, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
シュラウドステーへ三次元空力設計法を適用することによって,羽根車下流の流れを制御し,空力性能の向上を図る..
リングファンへの三次元空力設計の適用
2011.11~2012.10, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
リングファンへ三次元空力設計法を適用することによって,空力性能の向上および空力騒音の低減化を実現する..
空調ユニット用ファンの失速抑制および低騒音化のための内部流動改善に関する研究
2011.07~2012.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
空調ユニット用のファンに対して,失速抑制および低騒音化のための内部流動改善について検討する..
粘性子午面解析の実用化に関する研究
2011.05~2012.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
軸流タービンの空力設計法における粘性子午面流れの解析法を実用化する..
感圧塗料を用いた圧力計測による騒音発生メカニズムの解明に関する共同研究
2011.04~2012.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
感圧塗料を用いた非定常圧力計測を開発するとともに,その計測技術をに騒音発生メカニズムの解明に適用する..
空調ユニット用ファン形状の内部流動へ及ぼす影響に関する研究
2010.06~2011.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
空調ユニット用のファン羽根車に三次元空力設計法を適用して,羽根車での逆流を抑制する..
リングファン及びシュラウドステーへの三次元空力設計の適用
2010.09~2011.08, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
三次元空力設計手法を用いて,リングファンの性能および空力騒音の制御を行う..
タービン性能向上に関するフィージビリティ・スタディ
2009.08~2010.09, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
軸流タービンの空力設計法における子午面流れの革新的モデル化を創出する..
空調用ユニットのインペラ内流動改善
2009.07~2010.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
空調ユニット用のファン羽根車に三次元空力設計法を適用して,羽根車での逆流を抑制する..
リングファンへの三次元空力設計の適用
2008.12~2009.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
三次元空力設計手法を用いて,リングファンの性能および空力騒音の制御を行う..
実験解析および数値解析による空調ユニットの異音低減検討
2008.10~2009.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
空調ユニット内の非定常圧力計測と数値流動解析の併用による流れの評価および異音低減対策案の検討を行う..
空調ユニット異音低減検討
2006.11~2008.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
空調ユニット内の流れ場と空力騒音との関連を解明するために,空調ユニット内の非定常圧力計測と数値流動解析の併用による流れの評価および音源探査を行う..
中国における灌漑用の分散型安定電源として活用するための風レンズ風車技術
2006.04~2008.03, 代表者:大屋裕二, 九州大学応用力学研究所, 九州大学
中国の西北部地域に潜在する膨大な風力エネルギーを有効利用して,地球環境に多大な影響を及ぼす中国の広大な砂漠域の緑化に取り組む国際プロジェクトである..
水素利用機械システムの統合技術
2003.04~2008.03, 代表者:村上敬宜, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
本プロジェクトは,機械工学を中心に,航空宇宙工学,エネルギー科学,材料工学,化学工学の支援の下に,水素利用機械システムの統合技術を確立する研究拠点の形成を目的とする21世紀COEプログラムである..
需要家用水素ガス計量システムの研究開発
2005.11~2008.03, 代表者:古川雅人, 九州大学大学院工学研究院, 九州大学
本研究は,我が国におけるエネルギー環境政策の要の一つである,定置型燃料電池システムを,より広範な分野において効率的に利用するための基盤となる,水素ガス計量システムを開発することを目的とする..
風レンズ研究会
2001.04, 代表者:大屋裕二, 九州大学応用力学研究所, 九州大学
日本の風況に適した新形態の風車の開発を企図している..
ファン騒音低減技術開発プロジェクト推進機構
2001.11~2004.03, 代表者:後藤 彰, 荏原総研, 荏原総研(日本)
低環境負荷形ターボ機械の開発を目指し,ファンの空力騒音を低減化する技術の開発を企図して,ファンにおける非定常三次元渦流れ構造と空力騒音発生メカニズムとの関係を数値解析と実験により解析する..
研究業績
主要著書
1. 古川雅人,他60名, 機械工学便覧 基礎編α4 流体工学, 丸善, pp. 94-99., 2006.01.
2. 古川雅人,他8名, ターボ機械 −入門編−, 日本工業出版株式会社, pp. 135-158., 2005.09.
3. 古川雅人,他7名, 流体力学(JSMEテキストシリーズ), 丸善, pp. 67-88., 2005.03.
4. 古川雅人,他80名, 数値流体力学ハンドブック, 丸善, pp. 637-642., 2003.03.
主要原著論文
1. Sasuga Itou, Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Seiichi Ibaraki, Kenichiro Iwakiri, Yoshihiro Hayashi, Optimum Aerodynamic Design of Centrifugal Compressor using a Genetic Algorithm and an Inverse Method based on Meridional Viscous Flow Analysis, Proceedings of the 17th International Symposium on Transport Phenomena and Dynamics of Rotating Machinery 2017, 2017.12.
2. Seisiro Saito, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Yuki Tamura, Akinori Matsuoka, Naoyuki Niwa, Effects of Blade Tip Clearance on Hub-Corner Separation in a Stator Cascade of a Multi-Stage Transonic Axial Compressor, Proceedings of the Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Paper No. TFEC9-1582, 2017.10.
3. Taku Iwase, Tetsushi Kishitani, Masato Furukawa, Study on influence of blade number on aerodynamic noise of half-ducted propeller fans for packaged air-conditioners, International Journal of Fluid Machinery and Systems, 10.5293/IJFMS.2017.10.4.318, 10, 4, 318-327, 2017.10, [URL], Flow fields in 2-blade and 4-blade half-ducted propeller fans for the outdoor units of air-conditioners were calculated with large eddy simulation based on finite element method with the aim of investigating the influence of blade number on aerodynamic noise. We confirmed that the tip vortex had a great influence on aerodynamic noise in half-ducted propeller fans. The length of the tip vortex trajectory and the blade pitch for the 2-blade propeller fan were longer than those for the 4-blade propeller fan. These were suppressed the interaction between the tip vortex and the adjacent blade in the 2-blade propeller fan. The 2-blade propeller fan was therefore more silent than the 4-blade propeller fan..
4. Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Yuki Tamura, Seishiro Saito, Akinori Matsuoka, Kentaro Nakayama, Large-scale detached-eddy simulation analysis of stall inception process in a multistage axial flow compressor, Transactions of the ASME, Journal of Turbomachinery, 10.1115/1.4035519, 139, 7, 071002-1-071002-11, 2017.07, [URL], This paper describes the flow mechanisms of rotating stall inception in a multistage axial flow compressor of an actual gas turbine. Large-scale numerical simulations of the unsteady have been conducted. The compressor investigated is a test rig compressor that was used in the development of the Kawasaki L30A industrial gas turbine. While the compressor consists of a total of 14 stages, only the front stages of the compressor were analyzed in the present study. The test data show that the fifth or sixth stages of the machine are most likely the ones leading to stall. To model the precise flow physics leading to stall inception, the flow was modeled using a very dense computational mesh, with several million cells in each passage. A total of 2×109 cells were used for the first seven stages (3×108 cells in each stage). Since the mesh was still not fine enough for large-eddy simulation (LES), a detached-eddy simulation (DES) was used. Using DES, a flow field is calculated using LES except in the near-wall where the turbulent eddies are modeled by Reynolds-averaged Navier-Stokes. The computational resources required for such largescale simulations were still quite large, so the computations were conducted on the K computer (RIKEN AICS in Japan). Unsteady flow phenomena at the stall inception were analyzed using data mining techniques such as vortex identification and limiting streamline drawing with line integral convolution (LIC) techniques. In the compressor studied, stall started from a separation on the hub side rather than the commonly observed leading-edge separation near the tip. The flow phenomenon first observed in the stalling process is the hub corner separation, which appears in a passage of the sixth stator when approaching the stall point. This hub corner separation grows with time, and eventually leads to a leading-edge separation on the hub side of the stator. Once the leading-edge separation occurs, it rapidly develops into a rotating stall, causing another leading-edge separation of the neighboring blade. Finally, the rotating stall spreads to the upstream and downstream blade rows due to its large blockage effect..
5. Seishiro Saito, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Yuki Tamura, Akinori Matsuoka, Naoyuki Niwa, Vortical flow structure of hub-corner separation in a stator cascade of a multi-stage transonic axial compressor, Proceedings of the ASME 2017 Fluids Engineering Division Summer Meeting, 10.1115/FEDSM2017-69116, 1A-2017, ASME Paper No. FEDSM2017-69116, 2017.07, [URL], In this study, the hub-corner separation in a multi-stage transonic axial compressor has been investigated using a largescale detached eddy simulation (DES) with about 4.5 hundred million computational cells. The complicated flow field near the hub wall in a stator with partial tip clearances was analyzed by data mining techniques extracting important flow phenomena from the DES results. The data mining techniques applied in the present study include vortex identification based on the critical point theory and topological data analysis of the limiting streamline pattern visualized by the line integral convolution (LIC) method. It is found from the time-averaged flow field in the first stator that the hub-corner separation vortex formed near the solid part of the stator tip interacts with the leakage flow and secondary flow on the hub wall, resulting in a complicated vortical flow field. Near the leading edge of the stator, the leakage flow from the front partial clearance generates the tip leakage vortex, which produces loss from the leading edge to 10 percent chord position. At the mid-chord, the hub-corner separation vortex suffers a breakdown, resulting in the widespread huge loss production. It is shown from limiting streamlines on the suction surface of the stator that a reverse flow region expands radially from the solid part of the stator tip toward the downstream. From 50 percent chord position to the trailing edge of the stator, the leakage flow through the rear partial clearance interacts with the secondary flow on the hub wall. The leakage vortex generated along the rear partial clearance becomes a major loss factor there..
6. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Sasuga Itou, Seiichi Ibaraki, Kenichiro Iwakiri, Yoshihiro Hayashi, Optimum aerodynamic design of centrifugal compressor impeller using an inverse method based on meridional viscous flow analysis, Proceedings of the ASME Turbo Expo 2017: Turbomachinery Technical Conference and Exposition, 10.1115/GT2017-63539, 2C-2017, ASME Paper No. GT2017-63539, 2017.06, [URL], An optimum aerodynamic design method for centrifugal compressor impeller has been developed. The present optimum design method is using a genetic algorithm (GA) and a two-dimensional inverse blade design method based on a meridional viscous flow analysis. In the meridional viscous flow analysis, an axisymmetric viscous flow is numerically analyzed on a two-dimensional meridional grid to determine the flow distribution around the impeller. Full and splitter blade effects to the flow field are successfully evaluated in the meridional viscous flow analysis by a blade force modeling. In the inverse blade design procedure, blade loading distribution is given as the design variable. In the optimization procedure, the total pressure rise and adiabatic efficiency obtained from the meridional viscous flow analysis are employed as objective functions. Aerodynamic performance and three-dimensional flow fields in the Pareto-optimum design and conventional design cases have been investigated by three-dimensional Reynolds averaged Navier-Stokes (3D-RANS) and experimental analyses. The analyses results show performance improvements and suppressions of flow separations on the suction surfaces in the optimum design cases. Therefore, the present aerodynamic optimization using the inverse method based on the meridional viscous flow analysis is successfully achieved..
7. Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Hiromitsu Arai, Dai Kanzaki, Evolution of reverse flow in a transonic centrifugal compressor at near-surge, Proceedings of the ASME Turbo Expo 2017: Turbomachinery Technical Conference and Exposition, 10.1115/GT2017-63568, 2C-2017, ASME Paper No. GT2017-63568, 2017.06, [URL], In process centrifugal compressors used in various types of plants, the compressor is the heart of a plant, and it requires high reliability. Therefore, prediction of the surge is important for centrifugal compressors. There have been numerous researches on the surge: study on improvement of surge margin, and study on the rotating stall, which is recognized as a precursor to surge, in impeller or diffuser of the compressor. However, the researches have not focused on the surge inception flow phenomena, namely detailed flow mechanism leading to the surge, although understanding of such flow phenomena is important for prediction of the surge. The paper describes in detail unsteady flow fields in a transonic centrifugal compressor at near-surge conditions. The flow fields have been investigated by detached eddy simulations (DES) using 400 million grid points. The simulation results show that the huge reverse flow region occupies the flow field near the shroud in the impeller at off-design condition, triggered by the blade stall at the tip of impeller full-blade, and it drastically develops at near-surge. It is also found that the rotating disturbance with reversed flow appears in the diffuser near the endwall at around peak pressure-rise point, and it eventually evolves into the rotating stall cell with a large reverse flow, blocking the flow inside the diffuser at near-surge..
8. Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Satoshi Nakakido, Yuki Tamura, Akinori Matsuoka, Kentaro Nakayama, A Study on Unsteady Flow Phenomena at Near-Stall in a Multi-Stage Axial Flow Compressor by Large-Scale DES with K Computer, International Journal of Gas Turbine, Propulsion and Power Systems, Vol. 9, No. 1, 18-26, 2017.02.
9. Kazuya Kusano, Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Kil-Ju Moon, Direct Numerical Simulation of Turbulent Flow and Aeroacoustic Fields around an Airfoil Using Lattice Boltzmann Method, Proceedings of the ASME 2016 Fluids Engineering Summer Meeting, 1-7, ASME Paper No. FEDSM2016-7585, 2016.07.
10. Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Yuki Tamura, Seishiro Saito, Akinori Matsuoka, Kentaro Nakayama, Large-Scale DES Analysis of Stall Inception Process in a Multi-Stage Axial Flow Compressor, ASME Turbo Expo 2016, ASME Paper No. GT2016-57104, 2016.06.
11. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kenta Kawamitsu, Kazutoyo Yamada, Optimum Aerodynamic Design for Wind-Lens Turbine, Journal of Fluid Science and Technology, 10.1299/jfst.2016jfst0011, Vol. 11, No. 2, JFST0011-1-JFST0011-14, 2016.06.
12. Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Satoshi Nakakido, Yuki Tamura, Akinori Matsuoka, Kentaro Nakayama, A Study on Unsteady Flow Phenomena at Near-Stall in a Multi-Stage Axial Flow Compressor by Large-Scale DES with K Computer, The International Gas Turbine Congress 2015 Tokyo, Paper No. 85, 2015.11.
13. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Yuki Tamura, Shoji Yamada, Takahide Tadokoro, Naohiko Homma, Improvement in Aerodynamic Performance of a Half-Ducted Axial Flow Fan using Meridional Viscous Flow Analysis, The 13th Asian International Conference on Fluid Machinery, Paper No. AICFM13-073, 2015.09.
14. Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Satoshi Nakakido, Akinori Matsuoka, Kentaro Nakayama, Large-Scale DES Analysis of Unsteady Flow Field in a Multi-Stage Axial Flow Compressor at Off-Design Condition Using K Computer, ASME Turbo Expo 2015, ASME Paper No. GT2015-42648, 2015.06.
15. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Akihiro Oka, Yasushi Kurokawa, Aerodynamic Performances and Flow Fields of Pareto Optimal Solutions in an Aerodynamic Design Optimization of a Wind-Lens Turbine, ASME Turbo Expo 2015, ASME Paper No. GT2015-43619, 2015.06.
16. Isao Tomita, Koji Wakashima, Seiichi Ibaraki, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Dai Kanzaki, Effects of Flow Height of Impeller Exit and Diffuser on Flow Fields in a Transonic Centrifugal Compressor, ASME Turbo Expo 2015, ASME Paper No. GT2015-43271, 2015.06.
17. Kazuya Kusano, Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Numerical Analysis of Unsteady Three-Dimensional Flow in a Propeller Fan Using Lattice Boltzmann Method, The International Conference on Fan Noise, Technology and Numerical Methods 2015, ASME Paper No. GT2015-43619, 2015.04.
18. Nobuhito Oka, Kota Kido, Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Aerodynamic Design of Wind-Lens Turbine with Axisymmetric Viscous Flow Calculation using Lattice Boltzmann Method, The 5th Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science, Paper No. JP48, 2014.09.
19. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kota Kido, Akihoro Oka, Yasushi Kurokawa, Aerodynamic Performance of a Wind-Lens Turbine with Optimized Blade Loading Distribution and Wind-Lens Shape, The Grand Renewable Energy 2014 (GRE2014) International Conference, Paper No. O-Wd-6-1, 2014.07.
20. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Kenta Kawamitsu, Kota Kido, Akihoro Oka, Simultaneous Optimization of Rotor Blade and Wind-Lens for Aerodynamic Design of Wind-Lens Turbine, ASME Turbo Expo 2014, ASME Paper No. GT2014-25770, 2014.06.
21. Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Takanori Shibata, Satoshi Nakakido, Nobuhito Oka, Suppression of Secondary Flows in an Axial Flow Turbine Rotor with a Novel Blade Design Concept, ASME Turbo Expo 2014, ASME Paper No. GT2014-25630, 2014.06.
22. 草野 和也, 古川 雅人, 山田 和豊, 半開放形プロペラファンにおける翼端渦の三次元構造, 日本機械学会論文集, 10.1299/transjsme.2014fe0024, Vol. 80, No. 810, FE0024, 2014.02.
23. Fujio Akagi, Shota Setoguchi, Youichi Ando, Sumio Yamaguchi, Masato Furukawa, Maximum circulation of vortex ring generated by pulsating jet, Proceedings of the 4th International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, Paper No. ICJWSF2013-1019, 2013.09.
24. Nobuhito Oka, Kenta Kawamitsu, Soichiro Tabata, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Kota Kido, Numerical Analysis of Vortical Flow Field around Wind-lens Turbines, Proceedings of the 4th International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, Paper No. ICJWSF2013-1130, 2013.09.
25. Isao Tomita, Seiichi Ibaraki, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, The Effect of Tip Leakage Vortex for Operating Range Enhancement of Centrifugal Compressor, ASME Journal of Turbomachinery, 10.1115/1.4007894, Vol. 135, No. 3, 051020-1-051020-8, 2013.09.
26. Kazuya Kusano, Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Toward Direct Numerical Simulation of Aeroacoustic Field around Airfoil Using Multi-Scale Lattice Boltzmann Method, Proceedings of the ASME 2013 Fluids Engineering Summer Meeting, ASME Paper No. FEDSM2013-16526, 2013.07.
27. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Kota Kido, Aerodynamic Design for Wind-lens Turbine Using Optimization Technique , Proceedings of the ASME 2013 Fluids Engineering Summer Meeting, ASME Paper No. FEDSM2013-16569, 2013.07.
28. Kazutoyo Yamada, Hiroaki Kikuta, Masato Furukawa, Satoshi Gunjishima, Yasunori Hara, Effects of Tip Clearance on the Stall Inception Process in an Axial Compressor Rotor, ASME Turbo Expo 2013, ASME Paper No. GT2013-95479, 2013.06.
29. 山田 和豊, 喜久田 啓明, 古川 雅人, 郡司嶋 智, 原 靖典, 軸流圧縮機動翼列における旋回失速初生プロセスに及ぼす翼端すき間流れの影響
, 日本機械学会論文集B編, Vol. 79, No. 801, pp. 900-916, 2013.05.
30. Kazutoyo Yamada, Hiroaki Kikuta, Kenichiro Iwakiri, Masato Furukawa, Satoshi Gunjishima, Explanation for Flow Features of Spike-Type Stall Inception in an Axial Compressor Rotor, ASME Journal of Turbomachinery, 10.1115/1.4007570, Vol. 135, 021023-1-021023-11, 2013.03.
31. Kazutoyo Yamada, Hiroaki Kikuta, Kenichiro Iwakiri, Masato Furukawa, Satoshi Gunjishima, Explanation for Flow Features of Spike-Type Stall Inception in an Axial Compressor Rotor, ASME Turbo Expo 2012, ASME Paper No. GT2012-69186, 2012.06.
32. Isao Tomita, Seiich Ibaraki, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, The Effect of Tip Leakage Vortex for Operating Range Enhancement of Centrifugal Compressor, ASME Turbo Expo 2012, ASME Paper No. GT2012-68947, 2012.06.
33. Kazutoyo YAMADA, Hiroaki KIKUTA, Masato FURUKAWA and Satoshi GUNJISHIMA , Effects of Tip Leakage Vortex Breakdown on Unsteady Flow Fields at Near-Stall Condition in a Low-Speed Axial Flow Compressor Rotor with Large Tip Clearance, Proceedings of the International Gas Turbine Congress 2011 Osaka, Paper No. IGTC2011-56
, 2011.11.
34. Kazuya KUSANO, Jae-ho JEONG, Kazutoyo YAMADA and Masato FURUKAWA, Detached Eddy Simulation of Unsteady Flow Field and Prediction of Aerodynamic Sound in a Half-Ducted Propeller Fan, Proceedings of the ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011
, Paper No. AJK2011-22048
, 2011.07.
35. Hiroaki KIKUTA, Ken-ichiro IWAKIRI, Masato FURUKAWA, Kazutoyo YAMADA, Satoshi GUNJISHIMA and Goki OKADA, Unsteady and Three-Dimensional Flow Mechanism of Spike-Type Stall Inception in an Axial Flow Compressor Rotor, Proceedings of the ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011
, Paper No. AJK2011-22079, 2011.07.
36. 山田和豊,古川雅人,福島久剛,茨木誠一, スプリッタ付遠心圧縮機インペラの非設計点における剥離渦流れ構造, ターボ機械, Vol. 39, No. 6, pp. 332-339, 2011.06.
37. Yamada, K., Furukawa, M., Fukushima, H., Ibaraki, S. and Tomita, I., The Role of Tip Leakage Vortex Breakdown in Flow Fields and Aerodynamic Characteristics of Transonic Centrifugal Compressor Impellers, ASME Turbo Expo 2011, ASME Paper No. GT2011-46253, 2011.06.
38. Kazuya KUSANO, Jae-ho JEONG and Masato FURUKAWA, Unsteady Flow Phenomena Dominating Aerodynamic Noise in a Half Ducted Propeller Fan, Proceedings of the 7th International Conference on Flow Dynamics, pp. 316-317, 2010.11.
39. Soichiro TABATA, Masato FURUKAWA, Sinpei KOJIMA and Nobuhito OKA, Aerodynamic Blade Design for Wind-Lens Turbine, Proceedings of the 7th International Conference on Flow Dynamics, pp.314-315, 2010.11.
40. Kazutoyo YAMADA, Yusuke TAMAGAWA, Hisataka FUKUSHIMA, Masato FURUKAWA, Seiichi IBARAKI and Kenichiro IWAKIRI, Comparative Study on Tip Clearance Flow Fields in Two Types of Transonic Centrifugal Compressor Impeller with Splitter Blades, ASME TURBO EXPO 2010, ASME Paper No. GT2010-23345, 2010.06.
41. Hidenobu OKAMOTO, Akira GOTO and Masato FURUKAWA, Design of a Propeller Fan Using 3-D Inverse Design Method and CFD for High Efficiency and Low Aerodynamic Noise, Proceedings of the ASME 2009 Fluids Engineering Division Summer Meeting, ASME Paper No. FEDSM2009-78454, 2009.08.
42. Ken-ichiro IWAKIRI, Masato FURUKAWA, Seiichi IBARAKI and Isao TOMITA, Unsteady and Three-Dimensional Flow Phenomena in a Transonic Centrifugal Compressor Impeller at Rotating Stall, ASME TURBO EXPO 2009, ASME Paper No. GT2009-59516, 2009.06.
43. Jae-ho JEONG, Soichiro TABATA, Satoshi GUNJISHIMA, Masato FURUKAWA and Tsuyoshi EGUCHI, Analysis of Unsteady Flow Phenomena Related to Aero-Acoustic Noise in an Air Conditioning System, Proceedings of the 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Paper No. L221, 2008.10.
44. Soichiro TABATA and Masato FURUKAWA, Three-Dimensional Aerodynamic Design Method for Half-Ducted Propeller Fan, Proceedings of the 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Paper No. G225, 2008.10.
45. Kazuo HARA, Masato FURUKAWA and Naoki AKIHIRO, Experimental and Numerical Analysis of High Heat Transfer Phenomenon in Minichannel Gaseous Cooling, Transactions of the ASME, Journal of Turbomachinery, , Vol. 130, No. 2, pp. 021017-1 - 021017-8, 2008.04.
46. Soichiro TABATA, Fumito HIRATANI and Masato FURUKAWA, Axisymmetric Viscous Flow Modeling for Meridional Flow Calculation in Aerodynamic Design of Half-Ducted Blade Rows, Memoirs of the Faculty of Engineering, Kyushu University, Vol. 67, No. 4, pp. 199-208, 2007.12.
47. Ken-ichiro IWAKIRI, Masato FURUKAWA, Isao TOMITA, Takuro KAMEDA, Motoo KUROUMARU and Masahiro INOUE, Unsteady Flow Phenomena in an Axial Flow Compressor Rotor at Near-Stall Condition, Proceedings of the International Gas Turbine Congress 2007, Paper No. TS-046, 2007.12.
48. Ken-ichiro IWAKIRI, Masato FURUKAWA, Ryota SUZUKI, Seiichi IBARAKI and Isao TOMITA, Analysis of Vortical Flow Field in a Centrifugal Compressor Impeller with Vaneless Diffuser, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Paper No. AICFM9-092, 2007.10.
49. Jaeho JEONG, Masato FURUKAWA and Yoriko NINOMIYA, On the Relationship Between Vortical Flow Behavior and Aerodynamic Noise in Propeller Fans, Proceedings of the 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, Paper No. AICFM9-089, 2007.10.
50. Jaeho JEONG, Kazuya TAKAHASHI, Ken-ichiro IWAKIRI and Masato FURUKAWA, Three-Dimensional Structure of Separated and Vortical Flows in a Half-Ducted Propeller Fan, Proceedings of the 5th Joint ASME/JSME Fluids Engineering Conference, Paper No. FEDSM2007-37607, 2007.07.
51. Kazuo HARA, Masahiro INOUE and Masato FURUKAWA, Heat Transfer in Minichannel Gaseous Cooling, JSME Journal of Environment and Engineering, Vol. 2, No. 3, pp. 525-534, 2007.07.
52. Seiichi IBARAKI, Masato FURUKAWA, Ken-ichiro IWAKIRI and Kazuya TAKAHASHI, Vortical Flow Structure and Loss Generation Process in a Transonic Centrifugal Compressor Impeller, ASME Paper No. GT2007-27791, 2007.06.
53. Kazuo HARA, Masato FURUKAWA and Naoki AKIHIRO, Experimental and Numerical Analysis of High Heat Transfer Phenomenon in Minichannel Gaseous Cooling, Proceedings of the 4th ASME International Conference on Nanochannels, Microchannels and Minichannels, Paper No. 2006-96213, 2006.06.
54. Kazutoyo YAMADA, Masato FURUKAWA, Masahiro INOUE, Ken-ichi FUNAZAKI, Numerical Analysis of Tip Leakage Flow Field in a Transonic Axial Compressor Rotor, 日本ガスタービン学会誌, Vol. 34, No. 2, pp. 42-50., 2006.04.
55. Ken-ichiro IWAKIRI, Masato FUKAWA, Isao TOMITA, Kazutoyo YAMADA, and Motoo KUROUMARU, Vortical Flow Field in an Axial Flow Compressor Rotor at Rotating Stall Inception, Proceedings of the 3rd International Conference on Vortex Flows and Vortex Models, pp. 211-216., 2005.11.
56. K. YAMADA, M. FURUKAWA, T. NAKANO, M. INOUE and K. FUNAZAKI, Unsteady Three-Dimensional Flow Phenomena due to Breakdown of Tip Leakage Vortex in a Transonic Axial Compressor Rotor, ASME Paper, No. GT2004-53745, pp. 1-12., 2004.06.
57. Jang, C-M, Furukawa, M. and Inoue, M., Frequency Characteristics of Fluctuating Pressure on Rotor Blade in a Propeller Fan, JSME International Journal, Series B, 10.1299/jsmeb.46.163, 46, 1, 163-172, Vol. 46, No. 1, pp. 163-172., 2003.02.
58. Jang, C-M, Furukawa, M. and Inoue, M., Analysis of Vortical Flow Field in a Propeller Fan by LDV Measurements and LES: Part 1. Three-Dimensional Vortical Flow Structures, Transactions of the ASME, Journal of Fluids Engineering, 10.1115/1.1412565, 123, 4, 748-754, Vol. 123, No. 4, pp. 748-754., 2001.12.
59. Jang, C-M, Furukawa, M. and Inoue, M., Analysis of Vortical Flow Field in a Propeller Fan by LDV Measurements and LES: Part 2. Unsteady Nature of Vortical Flow Structures due to Vortex Breakdown, Transactions of the ASME, Journal of Fluids Engineering, 10.1115/1.1412566, 123, 4, 755-761, Vol. 123, No. 4, pp.755-761., 2001.12.
60. Jang, C-M, Furukawa, M. and Inoue, M., Noise Reductiion by Controlling Tip Vortex in a Propeller Fan, JSME International Journal, Series B, 10.1299/jsmeb.44.748, 44, 4, 748-755, Vol. 44, No. 4, pp. 748-755., 2001.11.
61. Furukawa, M., Saiki, K., Yamada, K. and Inoue, M., Unsteady Behavior Due to Breakdown of Tip Leakage Vortex in an Axial Compressor Rotor at Near-Stall Condition, ASME Paper, No. 2000-GT-0666, pp. 1-12., 2000.05.
62. 古川雅人, 才木一寿, 山田和豊, 井上雅弘, 軸流圧縮機動翼の失速点近傍における翼端漏れ渦の崩壊に伴う異常流動現象, 日本機械学会論文集B編, 66巻644号, pp. 1029-1037., 2000.04.
63. Furukawa, M., Inoue, M., Saiki, K. and Yamada, K., The Role of Tip Leakage Vortex Breakdown in Compressor Rotor Aerodynamics, Transactions of the ASME, Journal of Turbomachinery, 121, 3, 469-480, Vol. 121, No. 3, pp. 469-480., 1999.07.
64. Furukawa, M., Saiki, K., Nagayoshi, K., Kuroumaru, M. and Inoue, M., Effects of Stream Surface Inclination on Tip Leakage Flow Fields in Compressor Rotors, Transactions of the ASME, Journal of Turbomachinery, 120, 4, 683-692, Vol. 120, No. 4, pp. 683-694., 1998.10.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 古川 雅人, レンズ風車の空力設計, ターボ機械協会誌, Vol. 44, No. 7, pp. 420-428, 2016.07.
2. 古川 雅人, 山田 和豊, 圧縮機のCFD解析, 日本ガスタービン学会誌, Vol. 43, No. 6, pp. 388-394, 2015.11.
3. 古川 雅人, 遠心圧縮機サージ予測, ターボ機械協会誌, Vol. 43, No. 9, pp. 521-527, 2015.09.
4. 山田 和豊, 古川 雅人, 半開放形プロペラファンにおける翼端渦の挙動, ターボ機械協会誌, Vol. 43, No. 1, pp. 22-28, 2015.01.
5. 古川 雅人, 山田 和豊, 多段軸流圧縮機の旋回失速初生現象の解明, ターボ機械協会誌, Vol. 42, No. 5, pp. 339-347, 2014.05.
6. 古川 雅人, 山田 和豊, 圧縮機における非定常流動現象に対する可視化技術の活用, 日本ガスタービン学会誌, Vol. 41, No. 5, pp. 351-358., 2013.09.
7. 古川 雅人, 翼端漏れ渦の崩壊が圧縮機の内部流動および性能特性に及ぼす影響, ターボ機械協会誌, Vol. 40, No. 11 pp. 674-679., 2012.11.
8. 古川雅人, 軸流圧縮機の旋回失速初生における非定常流動現象, 日本ガスタービン学会誌, Vol. 39, No. 2, pp. 69-74., 2011.03.
9. 古川雅人, 大学発の新型風車の開発, ターボ機械協会誌, Vol. 39, No. 1 pp. 20-25., 2011.01.
10. 古川雅人, 遠心圧縮機羽根車の旋回失速時における非定常流動現象, ターボ機械協会誌, Vol. 35, No. 5, pp. 276-281., 2009.05.
11. 古川雅人, 減速翼列の失速点近傍における非定常流動現象の予測に向けて, ターボ機械協会誌, Vol. 34, No. 9, pp. 527-534., 2006.09.
12. 古川雅人, ターボ機械における流動現象の知的可視化, 可視化情報学会誌, Vol. 23, No. 91, pp. 206-213., 2003.10.
13. 古川雅人, CFDを用いたプロペラファンの騒音解析例, ターボ機械, Vol. 31, No. 5, pp. 266-271., 2003.05.
14. 古川雅人, 翼列内の渦流れ構造解析, ターボ機械, Vol. 28, No. 12, pp. 711-716., 2000.12.
主要学会発表等
1. Sasuga Itou, Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Seiichi Ibaraki, Kenichiro Iwakiri, Yoshihiro Hayashi, Optimum Aerodynamic Design of Centrifugal Compressor using a Genetic Algorithm and an Inverse Method based on Meridional Viscous Flow Analysis, The 17th International Symposium on Transport Phenomena and Dynamics of Rotating Machinery, 2017.12.
2. Seishiro Saito, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Yuki Tamura, Akinori Matsuoka, Naoyuki Niwa, Effects of Blade Tip Clearance on Hub-Corner Separation in a Stator Cascade of a Multi-Stage Transonic Axial Compressor, The Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, 2017.10.
3. Seishiro Saito, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Yuki Tamura, Akinori Matsuoka, Naoyuki Niwa, Vortical flow structure of hub-corner separation in a stator cascade of a multi-stage transonic axial compressor, The ASME 2017 Fluids Engineering Summer Meeting, 2017.08.
4. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Sasuga Itou, Seiichi Ibaraki, Kenichiro Iwakiri, Yoshihiro Hayashi, Optimum aerodynamic design of centrifugal compressor impeller using an inverse method based on meridional viscous flow analysis, ASME Turbo Expo 2017, 2017.06.
5. Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Hiromitsu Arai, Dai Kanzaki, Evolution of reverse flow in a transonic centrifugal compressor at near-surge, ASME Turbo Expo 2017, 2017.06.
6. 岡田 伸, 齋藤 誠志朗, 古川 雅人, 山田 和豊, 高圧力比遷音速遠心圧縮機の羽根車における損失生成メカニズム, 第31回数値流体力学シンポジウム, 2017.12.
7. 齋藤誠志朗,山田和豊,古川雅人,松岡右典,丹羽直之, 遷音速多段軸流圧縮機の動静翼列干渉場における損失生成メカニズム, 日本機械学会九州支部久留米講演会, 2017.10.
8. 齋藤誠志朗,山田和豊,古川雅人,松岡右典,丹羽直之, 遷音速多段軸流圧縮機の静翼列流れに及ぼす動翼列の三次元効果に関する全周DES解析, 第45回日本ガスタービン学会定期講演会, 2017.10.
9. 伊藤流石,岡信人,古川雅人,山田和豊,茨木誠一,岩切健一郎,林良洋, 子午面粘性流れ解析に基づく逆解法と遺伝的アルゴリズムを用いた遠心圧縮機の最適空力設計, 第78回ターボ機械協会(富山)講演会, 2017.09.
10. 齋藤誠志朗,田村優樹,山田和豊,古川雅人,松岡右典,丹羽直之, 遷音速多段軸流圧縮機における動静翼位相固定アンサンブル平均流れ場, 日本機械学会2017年度年次大会, 2017.09.
11. 古川 雅人, ほか, その他 5件, 各種学会講演会, 2017.04.
12. Kazuya Kusano, Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Kil-Ju Moon, Direct Numerical Simulation of Turbulent Flow and Aeroacoustic Fields around an Airfoil Using Lattice Boltzmann Method, The ASME 2016 Fluids Engineering Summer Meeting, 2016.07.
13. Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Yuki Tamura, Seishiro Saito, Akinori Matsuoka, Kentaro Nakayama, Large-Scale DES Analysis of Stall Inception Process in a Multi-Stage Axial Flow Compressor, ASME Turbo Expo 2016, 2016.06.
14. 齋藤 誠志朗, 田村 優樹, 古川 雅人, 山田 和豊, 松岡 右典, 丹羽 直之, 遷音速多段軸流圧縮機の静翼列におけるハブ・コーナーはく離のDES解析, 第30回数値流体力学シンポジウム, 2016.12.
15. 小森 淳史, 古川 雅人, 山田 和豊, 遷音速遠心圧縮機の内部流動に及ぼすレイノルズ数の影響, 第30回数値流体力学シンポジウム, 2016.12.
16. 齋藤 誠志朗, 田村 優樹, 古川 雅人, 山田 和豊, 松岡 右典, 丹羽 直之, 遷音速多段軸流圧縮機の静翼列におけるハブ・コーナーはく離の流れ構造, 日本機械学会第94期流体工学部門講演会, 2016.11.
17. 齋藤 誠志朗, 田村 優樹, 古川 雅人, 山田 和豊, 松岡 右典, 丹羽 直之, 遷音速軸流圧縮機の静翼列におけるハブ・コーナーはく離に及ぼす翼端隙間の影響, 第44回日本ガスタービン学会定期講演会, 2016.10.
18. 桑野 裕, 古川 雅人, 山田 和豊, 郡司嶋 智, 本間 直彦, 森川 翔太, 半開放形軸流ファンの空力性能に及ぼす翼負荷分布およびスタッキングの影響, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016.09.
19. 岡 信仁, 松本 卓也, 古川 雅人, 山田 和豊, 茨木 誠一, 冨田 勲, 岩切 健一郎, 子午面粘性流れ解析に基づく空力設計法による遠心圧縮機の空力性能向上, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016.09.
20. 岡本 篤樹, 荒井 博光, 古川 雅人, 郡司嶋 智, 山田 和豊, 遷音速遠心圧縮機のサージ点近傍における非定常流動現象, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016.09.
21. 小森 淳史, 古川 雅人, 山田 和豊, 低レイノルズ数・低比速度遷音速遠心圧縮機の内部流動に及ぼす翼先端隙間の影響, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016.09.
22. 田村 優樹, 齋藤 誠志朗, 古川 雅人, 山田 和豊, 松岡 右典, 丹羽 直之, 遷音速多段軸流圧縮機における非定常流れ場の大規模DES解析, 日本機械学会2016年度年次大会, 2016.09.
23. 古川 雅人, ほか, その他 3件, 各種学会講演会, 2016.04.
24. Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Satoshi Nakakido, Yuki Tamura, Akinori Matsuoka, Kentaro Nakayama, A Study on Unsteady Flow Phenomena at Near-Stall in a Multi-Stage Axial Flow Compressor by Large-Scale DES with K Computer, The International Gas Turbine Congress 2015 Tokyo, 2015.11.
25. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Yuki Tamura, Shoji Yamada, Takahide Tadokoro, Naohiko Homma, Improvement in Aerodynamic Performance of a Half-Ducted Axial Flow Fan using Meridional Viscous Flow Analysis, The 13th Asian International Conference on Fluid Machinery, 2015.09.
26. Mori Hideo, Kyohei Maeda, Masato Furukawa, Masao Akiyoshi, Measurement Technique for Unsteady Low-Speed Flow Fields Using Poly (TMSP)-Based Pressure Sensitive Paint, The ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2015, 2015.07.
27. Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Satoshi Nakakido, Akinori Matsuoka, Kentaro Nakayama, Large-Scale DES Analysis of Unsteady Flow Field in a Multi-Stage Axial Flow Compressor at Off-Design Condition Using K Computer, ASME Turbo Expo 2015, 2015.06.
28. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Akihiro Oka, Yasushi Kurokawa, Aerodynamic Performances and Flow Fields of Pareto Optimal Solutions in an Aerodynamic Design Optimization of a Wind-Lens Turbine, ASME Turbo Expo 2015, 2015.06.
29. Isao Tomita, Koji Wakashima, Seiich Ibaraki, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Dai Kanzaki, Effects of Flow Height of Impeller Exit and Diffuser on Flow Fields in a Transonic Centrifugal Compressor, ASME Turbo Expo 2015, 2015.06.
30. Kazuya Kusano, Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Numerical Analysis of Unsteady Three-Dimensional Flow in a Propeller Fan Using Lattice Boltzmann Method, The International Conference on Fan Noise, Technology and Numerical Methods 2015, 2015.04.
31. 岡 信仁, 古川 雅人, 山田 和豊, レンズ風車の最適空力設計におけるパレート解とその流れ場の関係, 第29回数値流体力学シンポジウム, 2015.12.
32. 黒川 靖, 岡 信仁, 山田 和豊, 古川 雅人, 格子ボルツマン法を用いた子午面粘性流動解析によるレン ズ風車の最適空力設計, 第29回数値流体力学シンポジウム, 2015.12.
33. 山田 和豊, 神埼 大, 古川 雅人, 岡本 篤樹, 大規模DESによる遷音速遠心圧縮機サージ点近傍の非定常流動解析, 第29回数値流体力学シンポジウム, 2015.12.
34. 田村 優樹, 古川 雅人, 山田 和豊, 齋藤 誠志朗, 松岡 右典, 中山 健太郎, 「京」による多段軸流圧縮機旋回失速初生現象の大規模DES解析, 第29回数値流体力学シンポジウム, 2015.12.
35. 黒川 靖, 桑野 裕, 岡 明宏, 岡 信仁, 古川 雅人, 翼負荷分布と風レンズ形状を連成最適化したレンズ風車の性能特性と流動現象, 第93期日本機械学会流体工学部門講演会, 2015.11.
36. 古川 雅人, 山田 和豊, 松岡 右典, 中山 健太郎, 多段軸流圧縮機の旋回失速初生プロセスの大規模DES解析, 日本機械学会2015年度年次大会, 2015.09.
37. 岡 信仁, 田村 優樹, 古川 雅人, 山田 彰二, 田所 敬英, 本間 直彦, 子午面粘性流れ解析による半開放形軸流ファンの空力性能の向上, 日本機械学会2015年度年次大会, 2015.09.
38. 山田 和豊, 田村 優樹, 古川 雅人, 松岡 右典, 中山 健太郎, 大規模DESによる多段軸流圧縮機旋回失速初生現象の数値解析, 第43 回日本ガスタービン定期講演会, 2015.09.
39. 山田 和豊, 神﨑 大, 古川 雅人, 岡本篤樹, 遷音速遠心圧縮機のサージ点近傍における逆流の成長過程に関する大規模DES解析, 第73回ターボ機械協会 総会講演会, 2015.05.
40. 古川 雅人, 神﨑 大, 岡本篤樹, 郡司嶋 智, 山田 和豊, 遷音速遠心圧縮機のサージ発生時における非定常流動現象の計測, 第73回ターボ機械協会 総会講演会, 2015.05.
41. 古川 雅人, ほか, その他 5件, 各種学会講演会, 2015.05.
42. Nobuhito Oka, Kota Kido, Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Aerodynamic Design of Wind-Lens Turbine with Axisymmetric Viscous Flow Calculation using Lattice Boltzmann Method, The 5th Asian Joint Workshop on Thermophysics and Fluid Science, 2014.09.
43. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kota Kido, Akihoro Oka, Yasushi Kurokawa, Aerodynamic Performance of a Wind-Lens Turbine with Optimized Blade Loading Distribution and Wind-Lens Shape, The Grand Renewable Energy 2014 (GRE2014) International Conference, 2014.07.
44. Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Takanori Shibata, Satoshi Nakakido, Nobuhito Oka, Suppression of Secondary Flows in an Axial Flow Turbine Rotor with a Novel Blade Design Concept, ASME Turbo Expo 2014, 2014.06.
45. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Kenta Kawamitsu, Kota Kido, Akihoro Oka, Simultaneous Optimization of Rotor Blade and Wind-Lens for Aerodynamic Design of Wind-Lens Turbine, ASME Turbo Expo 2014, 2014.06.
46. 古川 雅人, 複雑内部流れ場の知的可視化と流動診断, 日本機械学会 No.14-133講習会 「流体現象のポスト処理 ~特徴物理量の抽出~」, 2014.12.
47. 山田 和豊, 草野 和也, 古川 雅人, 格子ボルツマン法による半開放形プロペラファンの空力騒音予測に関する研究, 第28回数値流体力学シンポジウム, 2014.12.
48. 古川 雅人, 神崎 大, 山田 和豊, 「京」による遠心圧縮機のサージ点近傍における非定常流れ場の大規模DES解析, 第28回数値流体力学シンポジウム, 2014.12.
49. 古川 雅人, 山田 和豊, 中木戸 智史, 松岡 右典, 中山 健太郎, 「京」による多段軸流圧縮機の失速点近傍における非定常流れ場の超大規模DES解析, 第27回翼列研究会, 2014.11.
50. 山田 和豊, 神崎 大, 古川 雅人, 茨木 誠一, 冨田 勲, 遷音速遠心圧縮機における羽根車出口およびディフューザの流路高さが内部流動に及ぼす影響, 第92期 日本機械学会流体工学部門 講演会, 2014.10.
51. 岡 信仁, 黒川 靖, 古川 雅人, 山田 和豊, レンズ風車によるベッツ限界の超越に向けて, 第92期 日本機械学会流体工学部門 講演会, 2014.10.
52. 神崎 大, 西澤 崇, 古川 雅人, 山田 和豊, 遷音速遠心圧縮機のサージ点近傍における非定常流動現象の大規模DES解析, 第42回日本ガスタービン学会定期講演会, 2014.10.
53. 中木戸 智史, 山田 和豊, 古川 雅人, 松岡 右典, 中山 健太郎, ガスタービン用多段軸流圧縮機の失速点近傍における非定常流動現象の大規模DES解析, 第42回日本ガスタービン学会定期講演会, 2014.10.
54. 片山 光彦, 桑原 昇平, 岡 信仁, 古川 雅人, 山田 和豊, 石川 雅一, 静翼付き半開放形プロペラファンの空力性能に及ぼす翼負荷分布およびスタッキングの影響, 第72回タ-ボ機械協会 大分講演会, 2014.10.
55. 岡 信仁, 岡 明宏, 黒川 靖, 古川 雅人, 翼負荷および風レンズ体が連成最適化されたレンズ風車まわりの流れ場に関するEFD およびCFD 解析, 日本機械学会2014年度年次大会, 2014.09.
56. 古川 雅人, ほか, その他 11件, 各種学会講演会, 2014.05.
57. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Kenta Kawamitsu, Kota Kido, Aerodynamic Design Optimization of Wind-Lens Turbine, EWEA Europe’s Premier Wind Energy Event 2014, 2014.03.
58. Fujio Akagi, Shota Setoguchi, Youichi Ando, Sumio Yamaguchi, Masato Furukawa, Maximum circulation of vortex ring generated by pulsating jet, The 4th International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, 2013.09.
59. Nobuhito Oka, Kenta Kawamitsu, Soichiro Tabata, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Kota Kido, Numerical Analysis of Vortical Flow Field around Wind-lens Turbines, The 4th International Conference on Jets, Wakes and Separated Flows, 2013.09.
60. Kazuya Kusano, Kazutoyo Yamada, Masato Furukawa, Toward Direct Numerical Simulation of Aeroacoustic Field around Airfoil Using Multi-Scale Lattice Boltzmann Method, The ASME 2013 Fluids Engineering Summer Meeting, 2013.07.
61. Nobuhito Oka, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, Kota Kido, Aerodynamic Design for Wind-lens Turbine Using Optimization Technique, The ASME 2013 Fluids Engineering Summer Meeting, 2013.07.
62. Kazutoyo Yamada, Hiroaki Kikuta, Masato Furukawa, Satoshi Gunjishima, Yasunori Hara, Effects of Tip Clearance on the Stall Inception Process in an Axial Compressor Rotor, ASME Turbo Expo 2013, 2013.06.
63. 古川 雅人, 実用的高精度CFD(DES の動向), ターボ機械協会 第112回セミナー, 2014.02.
64. 古川 雅人, 山田 和豊, 林 良洋, 松岡 右典, 中山 健太郎, 「京」による多段軸流圧縮機の失速点近傍における非定常流れ場の大規模DES解析, 第27回数値流体力学シンポジウム, 2013.12.
65. 古川 雅人, 山田 和豊, 軸流圧縮機動翼列の翼端すき間流れが旋回失速初生メカニズムに及ぼす影響, 第26回 翼列研究会, 2013.11.
66. 古川 雅人, 山田 和豊, 林 良洋, 松岡 右典, 中山 健太郎, 多段軸流圧縮機における旋回失速初生現象の大規模数値解析, 日本機械学会2013年度年次大会, 2013.09.
67. 岡 信仁, 古川 雅人, 川満 健太, 山田 和豊, 木戸 康太, 風レンズ風車の空力性能と流れ場との関係, 第69回ターボ機械協会 総会講演会, 2013.05.
68. 古川 雅人, ほか, その他 18件, 各種学会講演会, 2013.09.
69. Isao Tomita, Seiich Ibaraki, Masato Furukawa, Kazutoyo Yamada, The Effect of Tip Leakage Vortex for Operating Range Enhancement of Centrifugal Compressor, ASME Turbo Expo 2012, 2012.06.
70. Kazutoyo Yamada, Hiroaki Kikuta, Kenichiro Iwakiri, Masato Furukawa, Satoshi Gunjishima, An Explanation for Flow Features of Spike-Type Stall Inception in an Axial Compressor Rotor, ASME Turbo Expo 2012, 2012.06.
71. 古川 雅人, 山田 和豊, 柴田 貴範, 子午面粘性流れ解析による軸流タービン翼列流れの予測, 第40回日本ガスタービン学会定期講演会, 2012.10.
72. 古川 雅人, 動翼列における失速時のはく離渦流れ現象, P-SCD366 噴流,後流,およびはく離流れの基礎と先進的応用に関する研究分科会, 2012.09.
73. 古川 雅人, 山田 和豊, 喜久田啓明, 翼端漏れ渦の崩壊が圧縮機の内部流動および性能特性に及ぼす影響, 第67回ターボ機械協会 総会講演会, 2012.05.
74. 古川 雅人, ほか, その他 14件, 各種学会講演会, 2012.09.
75. 古川雅人,田畑創一朗,岡信仁,川満健太, 三次元空力設計による風レンズ風車の高性能化, 第25回数値流体力学シンポジウム, 2011.12.
76. 古川雅人,山田和豊,喜久田啓明, 翼端漏れ渦の崩壊が圧縮機翼列流れに及ぼす影響, 第24回 翼列研究会, 2011.12.
77. Kazutoyo YAMADA, Hiroaki KIKUTA, Masato FURUKAWA and Satoshi GUNJISHIMA, Effects of Tip Leakage Vortex Breakdown on Unsteady Flow Fields at Near-Stall Condition in a Low-Speed Axial Flow Compressor Rotor with Large Tip Clearance, International Gas Turbine Congress 2011 Osaka , 2011.11.
78. Kazuya KUSANO, Jae-ho JEONG, Kazutoyo YAMADA and Masato FURUKAWA, Detached Eddy Simulation of Unsteady Flow Field and Prediction of Aerodynamic Sound in a Half-Ducted Propeller Fan, The ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011, 2011.07.
79. Hiroaki KIKUTA, Ken-ichiro IWAKIRI, Masato FURUKAWA, Kazutoyo YAMADA, Satoshi GUNJISHIMA and Goki OKADA, Unsteady and Three-Dimensional Flow Mechanism of Spike-Type Stall Inception in an Axial Flow Compressor Rotor, The ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011, 2011.07.
80. Kazutoyo YAMADA, Masato FURUKAWA, Hisataka FUKUSHIMA, Seiichi IBARAKI and Isao TOMITA, The Role of Tip Leakage Vortex Breakdown in Flow Fields and Aerodynamic Characteristics of Transonic Centrifugal Compressor Impellers, ASME Turbo Expo 2011, 2011.06.
81. 古川雅人,草野和也,山田和豊, 半開放形プロペラファンにおける流動現象と空力音との関係, ターボ機械協会総会講演会, 2011.05.
82. 古川雅人,ほか, その他 11件, 各種学会講演会, 2011.09.
83. Kazuya KUSANO, Jae-ho JEONG and Masato FURUKAWA, Unsteady Flow Phenomena Dominating Aerodynamic Noise in a Half Ducted Propeller Fan, The 7th International Conference on Flow Dynamics, 2010.11.
84. Soichiro TABATA, Masato FURUKAWA, Sinpei KOJIMA and Nobuhito OKA, Aerodynamic Blade Design for Wind-Lens Turbine, The 7th International Conference on Flow Dynamics, 2010.11.
85. 古川雅人, 風レンズ風車の開発におけるTURBOdesign-1の活用, VINAS Users Conference 2010, 2010.10.
86. 古川雅人, ターボ機械と渦, 日本機械学会流体工学部門No. 10-66 講習会「渦流れの科学」, 2010.07.
87. Kazutoyo YAMADA, Yusuke TAMAGAWA, Hisataka FUKUSHIMA, Masato FURUKAWA, Seiichi IBARAKI and Kenichiro IWAKIRI, Comparative Study on Tip Clearance Flow Fields in Two Types of Transonic Centrifugal Compressor Impeller with Splitter Blades, ASME Turbo Expo 2010, 2010.06.
88. 古川雅人,岩切健一郎,喜久田啓明, Detached Eddy Simulationによる翼列の非定常流動解析, ターボ機械協会総会講演会, 2010.05.
89. 古川雅人,ほか, その他 16件, 各種学会講演会, 2010.09.
90. Hidenobu OKAMOTO, Akira GOTO and Masato FURUKAWA, Design of a Propeller Fan Using 3-D Inverse Design Method and CFD for High Efficiency and Low Aerodynamic Noise, ASME 2009 Fluids Engineering Division Summer Meeting, 2009.08.
91. Ken-ichiro IWAKIRI, Masato FURUKAWA, Seiichi IBARAKI and Isao TOMITA, Unsteady and Three-Dimensional Flow Phenomena in a Transonic Centrifugal Compressor Impeller at Rotating Stall, ASME Turbo Expo 2009, 2009.06.
92. 古川雅人,尾場瀬康裕,小嶋晋平, 風レンズ風車の高性能化, ターボ機械協会総会講演会, 2009.05.
93. 古川雅人,ほか, その他 14件, 各種学会講演会, 2009.09.
94. Jae-ho JEONG, Soichiro TABATA, Satoshi GUNJISHIMA, Masato FURUKAWA and Tsuyoshi EGUCHI, Analysis of Unsteady Flow Phenomena Related to Aero-Acoustic Noise in an Air Conditioning System, The 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, 2008.10.
95. Soichiro TABATA and Masato FURUKAWA, Three-Dimensional Aerodynamic Design Method for Half-Ducted Propeller Fan, The 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, 2008.10.
96. 古川雅人,ほか, その他 18件, 各種学会講演会, 2008.05.
97. Ken-ichiro IWAKIRI, Masato FURUKAWA, Isao TOMITA, Takuro KAMEDA, Motoo KUROUMARU and Masahiro INOUE, Unsteady Flow Phenomena in an Axial Flow Compressor Rotor at Near-Stall Condition, The International Gas Turbine Congress 2007, 2007.12.
98. Ken-ichiro IWAKIRI, Masato FURUKAWA, Ryota SUZUKI, Seiichi IBARAKI and Isao TOMITA, Analysis of Vortical Flow Field in a Centrifugal Compressor Impeller with Vaneless Diffuser, The 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, 2007.10.
99. Jaeho JEONG, Masato FURUKAWA and Yoriko NINOMIYA, On the Relationship Between Vortical Flow Behavior and Aerodynamic Noise in Propeller Fans, The 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, 2007.10.
100. Jaeho JEONG, Kazuya TAKAHASHI, Ken-ichiro IWAKIRI and Masato FURUKAWA, Three-Dimensional Structure of Separated and Vortical Flows in a Half-Ducted Propeller Fan, The 5th Joint ASME/JSME Fluids Engineering Conference, 2007.07.
101. Seiichi IBARAKI, Masato FURUKAWA, Ken-ichiro IWAKIRI and Kazuya TAKAHASHI, Vortical Flow Structure and Loss Generation Process in a Transonic Centrifugal Compressor Impeller, ASME TURBO EXPO 2007, 2007.06.
102. 鄭宰昊,古川雅人,二宮世理子, プロペラファンにおける複雑渦流れ構造, 日本機械学会 九州支部第60期総会講演会, 2007.03.
103. 平谷文人,堀尾恭,杉田祐輔,古川雅人, 風レンズ風車の準三次元翼設計, 日本機械学会 九州支部第60期総会講演会, 2007.03.
104. 西川幸治,古川雅人, 超音波式水素ガス流量計の内部流動に関する数値解析, 日本機械学会 九州支部第60期総会講演会, 2007.03.
105. 古川雅人, 減速軸流翼列の失速点近傍における非定常流動現象, ターボ機械協会 ターボポンプ分科会, 2007.02.
106. 古川雅人,岩切健一郎,茨木誠一,冨田勲, 羽根なしディフューザ付き遠心圧縮機内部流動のLES解析, 第19回翼列研究会, 2006.12.
107. 岩切健一郎,古川雅人,鈴木亮太,茨木誠一,冨田勲, 羽根なしディフューザ付き遠心圧縮機内の複雑流動解析, 第20回数値流体力学シンポジウム, 2006.12.
108. 原和雄,古川雅人,秋廣直紀, 実験と数値計算によるミニチャンネル伝熱機構の解明, 日本機械学会 流体工学部門講演会, 2006.10.
109. 岩切健一郎,太田黒竜佑,盆子原翔,柴本康広,山田和豊,古川雅人, 軸流圧縮機動翼列の旋回失速発生時におけるはく離流れの非定常三次元挙動, 日本機械学会 流体工学部門講演会, 2006.10.
110. 岩切健一郎,太田黒竜佑,盆子原翔,柴本康広,古川雅人, 軸流圧縮機動翼列における旋回失速の三次元流れメカニズム, 日本機械学会 2006年度年次大会, 2006.09.
111. 盆子原 翔,岩切 健一郎,太田黒 竜佑,柴本 康広,古川 雅人, 軸流圧縮機動翼列における旋回失速セル構造に及ぼす翼端すき間の影響, 日本機械学会 2006年度年次大会, 2006.09.
112. 高橋 一哉,古川 雅人,佐伯 尚文, 半開放形プロペラファンにおける三次元渦流れ構造, 日本機械学会 2006年度年次大会, 2006.09.
113. 堀尾 恭,杉田 祐輔,古川 雅人, 逆問題解析手法を用いた風レンズ風車の三次元空力設計, 日本機械学会 2006年度年次大会, 2006.09.
114. 平谷文人,杉田祐輔,堀尾 恭,古川雅人, 風レンズ風車の準三次元空力設計, 日本流体力学会年会2006, 2006.09.
115. 鄭 宰昊,二宮世理子,古川雅人, プロペラファンにおけるはく離渦流れ場の数値解析, 日本流体力学会年会2006, 2006.09.
116. 古川 雅人, ベクトル型並列計算機からスカラー型並列計算機へ?, 先駆的科学計算に関するフォーラム2006, 2006.08.
117. Kazuo HARA, Masato FURUKAWA and Naoki AKIHIRO, Experimental and Numerical Analysis of High Heat Transfer Phenomenon in Minichannel Gaseous Cooling, The 4th ASME International Conference on Nanochannels, Microchannels and Minichannels, 2006.06.
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本機械学会
日本ガスタービン学会
ターボ機械協会
日本航空宇宙学会
可視化情報学会
日本流体力学会
学協会役員等への就任
2017.04~2018.03, 日本航空宇宙学会, 幹事.
2017.04~2019.03, 日本ガスタービン学会, 産官学連携委員.
2016.05~2017.03, 日本機械学会, 表彰部会委員.
2016.03~2017.03, 日本機械学会, 九州支部会計幹事.
2016.03~2017.03, 日本機械学会, 九州支部第 69 期商議員.
2016.04~2017.03, 日本航空宇宙学会, 幹事.
2015.04~2017.03, ターボ機械協会, 理事.
2014.04~2015.03, 日本機械学会, 代表会員.
2014.04~2016.03, 日本流体力学会, 幹事.
2015.04~2017.03, 日本ガスタービン学会, 産官学連携委員.
2015.04~2016.03, 日本航空宇宙学会, 幹事.
2011.01~2015.03, 日本ガスタービン学会, 産官学連携委員.
2014.04~2015.03, 日本航空宇宙学会, 幹事.
2013.04~2014.03, 日本機械学会, 代表会員.
2013.04~2014.03, 日本機械学会, 九州支部第66期商議員.
2011.04~2013.03, ターボ機械協会, 理事.
2010.04~2012.03, 日本機械学会, 評議員.
2010.04~2011.03, 日本機械学会, 流体工学部門 部門長.
2010.04~2011.03, 日本ガスタービン学会, 評議員.
2009.04~2010.03, 日本ガスタービン学会, 地方委員会委員.
2009.04~2010.03, 日本機械学会, 流体工学部門 副部門長.
2008.04~2009.03, 日本ガスタービン学会, 地方委員会委員.
2008.04~2009.03, 日本ガスタービン学会, 評議員.
2008.04~2010.03, ターボ機械協会, 理事.
2008.04~2009.03, 日本機械学会, 流体工学部門技術委員会委員長.
2008.04~2009.03, 日本機械学会, 和文論文集 B1編 編修委員長.
2007.04~2009.03, 日本機械学会, 和文論文集 編修委員会委員.
2007.04~2009.03, 日本機械学会, 運営委員.
2007.04~2008.03, 日本機械学会, 流体工学部門企画・編修委員会委員長.
2006.04, 日本流体力学会, 幹事.
2006.04~2007.03, 日本機械学会, 流体工学部門総務委員会委員長.
2005.04~2006.03, 日本機械学会, 流体工学部門技術委員講演会WG主査.
2005.03~2008.02, 日本ガスタービン学会, 評議員.
2005.04~2007.03, ターボ機械協会, 理事.
2001.04~2014.03, 日本航空宇宙学会, 幹事.
2004.04~2005.03, 日本機械学会, 幹事.
1999.04~2001.03, 日本機械学会, 運営委員.
1999.04~2004.03, 日本機械学会, 流体工学部門技術委員会委員.
1999.04~2000.03, 日本機械学会, 幹事.
1993.07~1995.06, 日本機械学会, 幹事.
1990.04~1992.03, 日本機械学会, 幹事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.12.16~2017.12.21, The 17th International Symposium on Transport Phenomena and Dynamics of Rotating Machinery, 座長(Chairmanship).
2017.12.12~2017.12.14, 第31回数値流体力学シンポジウム, オーガナイザー および 座長(Chairmanship).
2017.09.03~2017.09.06, 日本機械学会2017年度年次大会, オーガナイザー および 座長(Chairmanship).
2016.12.12~2016.12.14, 第30回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会2016年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2015.12.15~2015.12.17, 第29回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2015.09.07~2015.09.10, The 13th Asian International Conference on Fluid Machinery, 実行委員会委員.
2015.09.13~2015.09.16, 日本機械学会2015年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2014.12.09~2014.12.11, 第28回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2014.09.07~2014.09.10, 日本機械学会2014年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2013.12.17~2013.12.19, 第27回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2013.11.09~2013.11.10, 第91期日本機械学会流体工学部門講演会, 司会(Moderator).
2013.09.08~2013.09.11, 日本機械学会2013年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2012.12.18~2012.12.20, 第26回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2012.10.04~2012.10.05, 可視化情報全国講演会(姫路2012), 座長(Chairmanship).
2012.09.09~2012.09.12, 日本機械学会2012年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2012.05.25~2012.05.25, ターボ機械協会第67回総会講演会, 座長(Chairmanship).
2011.07.24~2011.07.29, The ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011, 座長(Chairmanship).
2011.12.19~2011.12.21, 第25回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2011.09.15~2011.09.15, ターボ機械協会第66回宮崎講演会, 座長(Chairmanship).
2011.09.11~2011.09.14, 日本機械学会2011年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2011.05.20~2011.05.20, ターボ機械協会第65回総会講演会, 司会(Moderator).
2010.10, 可視化情報学会全国講演会, 座長(Chairmanship).
2010.09, 日本機械学会2010年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2009.09, 日本機械学会2009年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2009.05, ターボ機械協会第61回総会講演会, 座長(Chairmanship).
2008.09, 日本流体力学会年会2008, 座長(Chairmanship).
2008.08, 日本機械学会2008年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2008.05, ターボ機械協会第59回総会講演会, 座長(Chairmanship).
2008.03, 日本機械学会 九州支部第61期総会講演会, 座長(Chairmanship).
2007.12, 第21回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2007.11, 日本機械学会 流体工学部門講演会, 座長(Chairmanship).
2007.10, The 9th Asian International Conference on Fluid Machinery, 座長(Chairmanship).
2007.09, 日本機械学会 2007年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2007.07, The 5th Joint ASME/JSME Fluids Engineering Conference, 座長(Chairmanship).
2007.03, 日本機械学会 九州支部第60期総会講演会, 座長(Chairmanship).
2006.12, 第20回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2006.10, 日本機械学会 流体工学部門講演会, 座長(Chairmanship).
2006.09, 日本機械学会 2006年度年次大会, 司会(Moderator).
2006.09, 日本機械学会 2006年度年次大会, 座長(Chairmanship).
2006.09, 日本流体力学会年会2006, 座長(Chairmanship).
2003.12, 第17回数値流体力学シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2016.12.12~2016.12.14, 第30回数値流体力学シンポジウム, オーガナイザー.
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会2016年度年次大会, オーガナイザー.
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会2016年度年次大会, 実行委員会.
2015.12.15~2015.12.17, 第29回数値流体力学シンポジウム, オーガナイザー.
2015.12.15~2015.12.17, 第29回数値流体力学シンポジウム, 実行委員会委員.
2015.09.13~2015.09.16, 日本機械学会2015年度年次大会, オーガナイザー.
2014.12.09~2014.12.11, 第28回数値流体力学シンポジウム, オーガナイザー.
2014.09.07~2014.09.10, 日本機械学会2014年度年次大会, オーガナイザー.
2013.12.17~2013.12.19, 第27回数値流体力学シンポジウム, オーガナイザー.
2013.11.09~2013.11.10, 第91期日本機械学会流体工学部門講演会, 副実行委員長.
2013.09.08~2013.09.11, 日本機械学会2013年度年次大会, オーガナイザー.
2012.12.18~2012.12.20, 第26回数値流体力学シンポジウム, オーガナイザー.
2012.10.04~2012.10.05, 可視化情報全国講演会(姫路2012), オーガナイザー.
2012.09.09~2012.09.12, 日本機械学会2012年度年次大会, オーガナイザー.
2011.12.19~2011.12.21, 第25回数値流体力学シンポジウム, オーガナイザー.
2011.09.11~2011.09.14, 日本機械学会2011年度年次大会, オーガナイザー.
2011.07, The ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011, オーガナイザー.
2011.07, The ASME-JSME-KSME Joint Fluids Engineering Conference 2011, 実行委員会.
2010.10, 可視化情報学会全国講演会, オーガナイザー.
2010.09, 日本機械学会2010年度年次大会, オーガナイザー.
2009.09, 日本機械学会2009年度年次大会, オーガナイザー.
2008.09, 日本流体力学会年会2008, オーガナイザー.
2008.08, 日本機械学会2008年度年次大会, オーガナイザー.
2007.10, 日本機械学会 九州支部・中国四国支部合同企画 沖縄講演会, オーガナイザー.
2007.07, The 5th ASME/JSME Joint Fluids Engineering Conference, オーガナイザー.
2006.12, 第20回数値流体力学シンポジウム, オーガナイザー.
2006.09, 日本機械学会 2006年度年次大会, オーガナイザー.
2006.09, 日本流体力学会 年会2006, 実行委員,オーガナイザー.
2003.10, The 7th Asian International Conference on Fluid Machinery, 実行委員会幹事.
2002.11, The 5th JSME-KSME Fluids Engineering Conference, オーガナイザー.
1999.07, The 3rd ASME/JSME Joint Fluids Engineering Conference, オーガナイザー.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2015.06~2017.05, ターボ機械, 国内, 編集委員.
2011.04~2013.03, ターボ機械, 国内, 編集委員.
2008.04~2010.03, ターボ機械, 国内, 編集委員.
2008.04~2009.03, 日本機械学会論文集B1編, 国内, 編集委員長.
2007.04~2008.03, 日本機械学会論文集B1編, 国内, 編集委員.
2005.04~2007.03, ターボ機械, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度
2016年度
2015年度
2014年度  
2013年度
2012年度
2011年度 11  25  37 
2010年度  
2009年度 10  16 
2008年度 42  49 
2007年度 40  44 
2006年度 16  23 
2005年度 10 
2004年度
2003年度 10 
2002年度    
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
The 17th International Symposium on Transport Phenomena and Dynamics of Rotating Machinery, UnitedStatesofAmerica, 2017.12~2017.12.
ASME 2017 Fluids Engineering Division Summer Meeting, UnitedStatesofAmerica, 2017.07~2017.08.
ASME Turbo Expo 2017, UnitedStatesofAmerica, 2017.06~2017.06.
ASME 2016 Fluids Engineering Division Summer Meeting, UnitedStatesofAmerica, 2016.07~2016.07.
ASME Turbo Expo 2016, SouthKorea, 2016.06~2016.06.
ASME Turbo Expo 2015, Canada, 2015.06~2015.06.
The International Conference on Fan Noise, Technology and Numerical Methods 2015, France, 2015.04~2015.04.
ASME Turbo Expo 2014, Germany, 2014.06~2014.06.
ASME 2013 Fluids Engineering Division Summer Meeting, UnitedStatesofAmerica, 2013.07~2013.07.
ASME Turbo Expo 2013, UnitedStatesofAmerica, 2013.06~2013.06.
ASME Turbo Expo 2012, Denmark, 2012.06~2012.06.
ASME Turbo Expo 2011, Canada, 2011.06~2011.06.
ASME Turbo Expo 2010, UnitedKingdom, 2010.06~2010.06.
ASME Turbo Expo 2009, UnitedStatesofAmerica, 2009.06~2009.06.
ケンブリッジ大学Whittle研究所, UnitedKingdom, 1996.03~1997.03.
受賞
日本機械学会120周年記念功労者表彰, 日本機械学会, 2017.11.
日本機械学会賞(論文), 日本機械学会, 2016.04.
優秀成果賞, HPCI利用研究課題成果報告会プログラム委員会, 2015.10.
日本機械学会流体工学部門 部門賞, 日本機械学会, 2012.11.
日本機械学会流体工学部門 一般表彰(貢献表彰), 日本機械学会流体工学部門, 2007.11.
日本機械学会流体工学部門 一般表彰(フロンティア表彰), 日本機械学会流体工学部門, 2004.11.
日本機械学会賞(論文), 日本機械学会, 2003.04.
日本機械学会 計算力学講演会 優秀講演表彰, 日本機械学会, 2001.02.
日本ガスタービン学会賞(論文賞), 日本ガスタービン学会, 2000.04.
ターボ機械協会賞(論文賞), ターボ機械協会, 1988.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2018年度~2020年度, 基盤研究(B), 代表, データ同化による複雑内部流れ場の非定常三次元流動診断技術の高度化.
2012年度~2014年度, 基盤研究(B), 代表, 風レンズ風車の革新的三次元空力設計法の創出とそのベッツ限界への挑戦.
2009年度~2011年度, 基盤研究(B), 代表, EFD/CFD融合解析による三次元内部流動診断技術の開発.
2003年度~2005年度, 基盤研究(B), 代表, 複雑内部流れ解析におけるEFDとCFDの同化.
2000年度~2001年度, 基盤研究(C), 代表, 圧縮機動翼列における翼端漏れ渦の崩壊に起因した旋回失速の初生.
2000年度~2001年度, 基盤研究(B), 代表, 渦構造の制御によるターボ機械羽根車の広帯域騒音低減化技術の開発.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2005年度~2007年度, 科学技術振興調整費 (文部科学省), 代表, 需要家用水素ガス計量システムの研究開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2017.04~2018.03, 代表, 圧縮機の空力設計技術に関する共同研究.
2016.03~2019.03, 代表, 遠心ファンの3次元翼設計手法の構築.
2017.04~2018.03, 代表, ファンの音源分析技術.
2017.07~2018.03, 代表, 高圧力比遠心圧縮機内部流動と翼列性能向上の研究.
2017.06~2018.03, 代表, 遠心圧縮機動翼内部流動の研究.
2016.10~2017.06, 代表, Research of High Aerodynamic Performance Fan.
2016.04~2017.03, 代表, 圧縮機の空力設計技術に関する共同研究.
2016.04~2017.03, 代表, 軸流ファンの損失メカニズムの解明.
2016.07~2017.03, 代表, 高圧力比遠心圧縮機内部流動と翼列性能向上の研究.
2016.06~2017.03, 代表, 遠心圧縮機動翼内部流動の研究.
2015.04~2016.03, 代表, 近未来型ものづくりを先導する革新的設計・製造プロセスの開発.
2015.09~2016.03, 代表, 低比速度遠心圧縮機内部流動解析と解析に基づく圧縮機性能の改善.
2015.04~2016.03, 代表, 圧縮機の空力設計技術に関する共同研究.
2015.07~2016.03, 代表, 子午面形状変化を考慮した最適化手法による低騒音空調ユニット用インペラおよびケーシングの空力設計手法に関する研究.
2015.06~2016.05, 代表, リングファン及びシュラウドステーへの三次元空力設計の適用.
2015.04~2016.03, 代表, 軸流ファンの損失メカニズムの解明.
2015.05~2016.03, 代表, 遠心圧縮機動翼内部流動の研究.
2014.10~2015.03, 代表, 軸流ファンの損失メカニズムの解明.
2014.09~2015.03, 代表, 遠心圧縮機のサージ予測技術の構築.
2014.07~2015.03, 代表, 軸対称子午面解析にもとづく最適化手法を用いた低騒音空調ユニット用ファンケーシングの空力設計手法に関する研究.
2014.06~2015.05, 代表, リングファン及びシュラウドステーへの三次元空力設計の適用.
2014.04~2015.03, 代表, 圧縮機の空力設計技術に関する共同研究.
2014.04~2015.03, 代表, 遠心圧縮機動翼内部流動の研究.
2013.04~2014.03, 代表, 圧縮機の空力設計技術に関する共同研究.
2013.07~2014.03, 代表, 翼枚数および翼負荷最適化による低騒音空調ユニット用ファンの3次元空力設計手法に関する研究.
2013.04~2014.03, 代表, 遠心圧縮機動翼内部流動の研究.
2013.04~2014.03, 代表, PSPによる圧力変動の計測.
2013.06~2014.05, 代表, リングファン及びシュラウドステーへの三次元空力設計の適用.
2012.08~2013.03, 代表, 空調ユニット用ファンの失速抑制および低騒音化のための3次元空力設計手法の改善に関する研究.
2012.04~2013.03, 代表, 遠心圧縮機動翼内部流動の研究.
2012.04~2013.03, 代表, PSPによる圧力変動の計測.
2011.11~2012.10, 代表, シュラウドステーへの三次元空力設計の適用による下流流れの制御.
2011.11~2012.10, 代表, リングファンへの三次元空力設計の適用.
2011.07~2012.03, 代表, 空調ユニット用ファンの失速抑制および低騒音化のための内部流動改善に関する研究.
2011.05~2012.03, 代表, 粘性子午面解析の実用化に関する研究.
2011.04~2012.03, 代表, 感圧塗料を用いた圧力計測による騒音発生メカニズムの解明に関する共同研究.
2010.09~2011.08, 代表, リングファン及びシュラウドステーへの三次元空力設計の適用.
2010.06~2011.03, 代表, 空調用ユニットのインペラ内流動改善.
2009.08~2010.09, 代表, タービン性能向上に関するフィージビリティ・スタディ.
2009.07~2010.03, 代表, 空調用ユニットのインペラ内流動改善.
2008.12~2009.03, 代表, リングファンへの三次元空力設計の適用.
2008.10~2009.03, 代表, 実験解析および数値解析による空調ユニットの異音低減検討.
2007.11~2008.03, 代表, 空調ユニット異音低減対策に関する検討.
2006.11~2007.03, 代表, 空調ユニット異音低減検討.
2005.11~2006.03, 代表, 輻流ターボの内部流動に関する研究.
寄附金の受入状況
2017年度, 川崎重工業(株), 工学研究院研究資金.
2017年度, 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株), 工学研究院研究資金.
2016年度, 川崎重工業(株), 工学研究院研究資金.
2016年度, 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株), 工学研究院研究資金.
2016年度, 一般社団法人ターボ機械協会, 工学研究院研究資金.
2016年度, 三菱日立パワーシステムズ(株), 工学研究院研究資金.
2015年度, (株)日立製作所, 工学研究院研究資金.
2015年度, 三菱重工業(株), 工学研究院研究資金.
2015年度, 川崎重工業(株), 工学研究院研究資金.
2014年度, (株)日立製作所, 工学研究院研究資金.
2014年度, 三菱重工業(株), 工学研究院研究資金.
2014年度, 一般社団法人ターボ機械協会, 工学研究院研究資金.
2014年度, 川崎重工業(株), 工学研究院研究資金.
2013年度, 三菱重工業(株), 工学研究院研究資金.
2013年度, (株)日立製作所, 工学研究院研究資金.
2013年度, 川崎重工業(株), 工学研究院研究資金.
2013年度, (株)日立製作所, 工学研究院研究資金.
2012年度, 川崎重工業(株), 工学研究院研究資金.
2012年度, 三菱重工業(株), 工学研究院研究資金.
2012年度, (株)日立製作所, 工学研究院研究資金.
2012年度, (株)日立プラントテクノロジー, 工学研究院研究資金.
2012年度, ダイキン工業(株), 工学研究院研究資金.
2011年度, 三菱重工業(株), 工学研究院研究資金.
2011年度, (株)日立プラントテクノロジー, 工学研究院研究資金.
2010年度, 三菱重工業(株), 工学研究院研究資金.
2010年度, (株)日立製作所, 工学研究院研究資金.
2010年度, ダイキン工業(株), 工学研究院研究資金.
2010年度, (株)日立プラントテクノロジー, 工学研究院研究資金.
2009年度, 三菱重工業(株), 工学研究院研究資金.
2009年度, ダイキン工業(株), 工学研究院研究資金.
2008年度, ターボ機械協会, 工学研究院研究資金.
2008年度, 三菱重工業(株), 工学研究院研究資金.
2008年度, ダイキン工業(株), 工学研究院研究資金.
2007年度, 三菱重工業(株), 工学研究院研究資金.
2007年度, カルソニックカンセイ(株), 工学研究院研究資金.
2006年度, 三菱重工業(株), 工学研究院研究資金.
2006年度, カルソニックカンセイ(株), 工学研究院研究資金.
2005年度, カルソニックカンセイ(株), 工学研究院研究資金.
2004年度, 三菱重工業(株), 工学研究院研究資金.
学内資金・基金等への採択状況
2002年度~2003年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト教育研究, 分担, 風レンズ効果による低風速利用技術の開発.

九大関連コンテンツ