九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
渡邊 公一郎(わたなべ こういちろう) データ更新日:2017.06.14

教授 /  工学研究院 地球資源システム工学部門 地球工学講座


教育活動概要
大学院・学部教育:大学院工学研究府地球資源システム工学専攻授業科目「資源地質学第一」、「鉱物工学」、「地球資源システム工学特論第一」、「地球資源システム工学演習第一」および「地球工学国際連携特論」、地球環境工学科低年次専攻教育科目「地球システム学概論」、同学科専攻教育科目「環境地球科学」および「地球システム工学インターンシップ」、地球環境工学科「資源と地球環境」を担当。フィールド調査や器機分析を用いた研究教育。

<その他の教育活動>
平成9年度:北海道大学理学部講師(併任)
平成7-11年度:福岡女子大学人間環境学部講師(併任)
平成6-11,13年度:九州大学地熱エネルギーアドバンス集団研修コース講師(併任)
平成11-17年度:国際資源大学校講師(併任)
平成14-17年度:九州大学国際環境システム工学特別コース講師(併任)
平成15年度:熊本大学理学部講師(併任)
平成25-29年度:秋田大学客員教授(併任)
担当授業科目
2016年度・前期, 地球システム工学インターンシップ.

2016年度・前期, 鉱物工学.

2016年度・後期, 地球資源システム工学特論第一.

2016年度・通年, 地球資源システム工学演習第一.

2016年度・前期, 地球工学国際連携特論.

2016年度・前期, 環境地球科学.

2016年度・後期, 地球システム学概論.

2016年度・前期, 資源地質学第一.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2017.12, 全学, 企画, リーズ大学英語FD.

2016.11, 全学, 参加, メンタルヘルス.

2016.05, 全学, 講演, SHARE-Qセミナー(全学FD・SD).

2016.01, 部局, 参加, 工学部FD,4学期制について.

2015.12, 部局, 講演, 医学部FD.

2014.03, 部局, 参加, 工学部FD.

2013.03, 部局, 講演, 工学部教育FD.

2013.02, 部局, 企画, Dasher教授(スタンフォード大学)講演会.

2012.10, 学科, 司会, 世界展開力強化FD.

2012.08, 学科, 司会, 世界展開力強化FD.

2011.08, 部局, 司会, アメリカの大学の教育システムについて.

2010.05, 部局, 参加, G30国際教育.

2010.03, 部局, 参加, 英語教育FD.

2009.10, 部局, 参加, 英語教育FD.

2009.10, 学科, 参加, 地球環境系将来構想検討 .

2008.09, 学科, 企画, 地球環境系将来構想検討.

2008.07, 学科, 企画, 地球環境系将来構想検討.

2008.05, 学科, 参加, 地球環境系将来構想検討.

2005.03, 全学, 参加.

2002.12, 全学, 参加.

学生のクラス指導等
2015年度, 全学, 国際化学生委員.

2014年度, 全学, 国際化学生委員会.

2013年度, 全学, 国際化学生委員会(委員長) .

2012年度, 全学, 国際化学生委員会(委員長) .

2011年度, 全学, 国際化学生委員会(委員長).

学生課外活動指導等
2014年度, 九州大学留学生会, 顧問.

2013年度, 九州大学留学生会, 顧問.

2012年度, 九州大学留学生会, 顧問.

2007年度, ボート部, 顧問.

2006年度, ボート部, 顧問.

2005年度, ボート部, 顧問.

2004年度, ボート部, 顧問.

2003年度, ボート部, 顧問.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2016年度, 秋田大学国際資源学部, 客員教員.

2015年度, 秋田大学国際資源学教育研究センター , 1年, 客員教員.

2014年度, 秋田大学国際資源学教育研究センター, 1年, 客員教員.

2013年度, 秋田大学国際資源学教育研究センター , 客員教員.

2012年度, 秋田大学国際資源学教育研究センター, 客員教員.

2010年度, H22年度 「資源・素材夏季集中合宿講座」資源・素材コース講義, H22.8.23, 集中講義.

2007年度, 資源大学校, 後期, 併任教員.

2006年度, 資源大学校, 後期, 併任教員.

2005年度, 資源大学校, 後期, 併任教員.

2004年度, 資源大学校, 後期, 併任教員.

2003年度, 熊本大学, 後期, 併任教員.

2000年度, オレゴン州立大学, 10ヶ月, 客員教員.

1997年度, 北海道大学, 6−7月, 併任教員.

国際教育イベント等への参加状況等
2016.12, キャンパスアジア学長フォーラム, 韓国・ソウル, 韓国教育院.

2016.11, RENKEI会議, 英国、リーズ, RENKEI.

2016.10, カンボジア・日本大学長会議, カンボジア・プノンペン, カンボジア政府、日本政府.

2016.08, TICAD6, ケニア・ナイロビ, 日本政府.

2016.07, アセアン工科系高等教育ネットワーク地域会議(資源工学地質工学) , バンコク, JICA.

2015.09, アセアン工科系高等教育ネットワーク地域会議(資源工学地質工学), マレーシア・ペナン, アセアン工科系高等教育ネットワーク.

2014.01, アセアン工科系高等教育ネットワーク地域会議(自然災害) , インドネシア・ジョグジャカルタ, JICA、ガジャマダ大学.

2013.12, インドネシア・日本学長会議, インドネシア・ジョグジャカルタ, ガジャマダ大学、インドネシア政府.

2013.12, アセアン工科系高等教育ネットワーク地域会議(資源工学地質工学), インドネシア・ジョグジャカルタ, JICA、ガジャマダ大学.

2013.10, アフリカ・日本学長会議, モロッコ・ラバト, 筑波大学.

2013.06, AUN/SEED-Netフィールドマネージメント会議, インドネシア・ジョグジャカルタ, JICA.

2011.11, 国際教育に関するルンド大学(スウェーデン)・九州大学合同国際セミナー , 福岡, 九州大学.

2010.12, カンボジアの資源人材育成に関するシンポジウム, カンボジア・プノンペン, カンボジア工科大学、国連UNDP.

2010.11, アセアン工科系高等教育ネットワーク地域会議 , カンボジア・シェムリアップ, JICA.

2010.11, 国際教育に関するルンド大学(スウェーデン)・九州大学合同国際セミナー, 日本・福岡, 九大工学研究院.

2010.09, アセアン工科系高等教育ネットワーク地域会議, マレーシア・ランカイ, マレーシア科学大学.

2010.08, アセアン工科系高等教育ネットワーク地域会議 , 日本・京都, JICA.

2010.03, ダブルディグリー協議会, スウェーデン、ルンド, 九州大学、ルンド大学.

2010.02, アセアン工科系高等教育ネットワーク地域会議, インドネシア、バリ, JICA.

2009.12, ダブルディグリー協議会, 福岡市, 九州大学.

2009.08, アセアン工科系高等教育ネットワーク地域会議, フィリピン、マニラ, JICA.

2009.06, ダブルディグリー協議会, スウェーデン・ルンド, 九大・ルンド大.

2009.05, ダブルディグリー協議会, 福岡, 九大・チュラロンコン大学.

2009.03, アセアン工科系高等教育ネットワーク地域会議, マレーシア・クアラルンプール, アセアン工科系高等教育ネットワーク.

2009.02, Korea Maritime University, 九州大学国際セミナー, 福岡, 九州大学.

2009.02, ダブルディグリー協議会, スェーデン・ルンド, 九大、ルンド大学.

2009.01, ダブルディグリー協議会, タイ・バンコク, 九大、チュラロンコン大学.

2009.01, アセアン工科系高等教育ネットワークプロジェクト(フェーズ2)運営指導調査, ラオス・ビエンチャン, JICA.

2008.11, ダブルディグリー協議会, タイ・バンコク, 九大、チュラロンコン大学.

2008.10, The 15th AUN/SEED-Net Steering Committee Meeting, 日本、東京, JICA.

2008.09, ダブルディグリー国際シンポジウム, 日本、東京, 慶応大学.

2008.07, アセアン工科系高等教育ネットワーク地域会議, タイ・チェンマイ, JICA.

2007.10, アセアン工科系高等教育ネットワークセミナー, ベトナム・ホーチミン市, JICA.

2006.12, アセアン工科系高等教育ネットワークセミナー, ラオス・ビエンチャン, ラオス国立大学・JICA.

2006.08, アセアン工科系高等教育ネットワークセミナー, インドネシア・ジョグジャカルタ, ガジャマダ大学・JICA.

2006.07, 工学・工業教育研究講演会国際セッション「工学教育に於ける国際連携」, 北九州市, 日本工学教育協会.

2006.04, ヨーロッパ地球科学連合年会・地球科学に関する教育セッション, オーストリア・ウィーン, ヨーロッパ地球科学連合.

2005.12, アセアン工科系高等教育ネットワークセミナー, タイ・バンコク, チュラロンコン大学・JICA.

2005.05, アセアン工科系高等教育ネットワークセミナー, カンボジア・プノンペン, カンボジア工科大学・JICA.

2004.08, アセアン工科系高等教育ネットワークセミナー, フィリピン・タガイタイ, フィリピン大学、JICA  .

2004.01, アセアン工科系高等教育ネットワークセミナー, マレーシア・ペナン, マラヤ科学大学・JICA.

2003.08, アセアン工科系高等教育ネットワークセミナー, ベトナム・ホーチンミン市, ホーチンミン市工科大学・JICA.

2003.03, アセアン工科系高等教育ネットワークセミナー, インドネシア・ジョグジャカルタ, ガジャマダ大学・JICA.

その他の特筆すべき教育実績
2015.10, カンボジア教育大臣へカンボジア高等工学教育について日本式工学教育の導入の利点を説明.

2010.07, OECD高等教育における学習成果の評価(AHELO)第8回研究会にて講演「九州大学大学院工学府におけるダブルディグリープログラムの展開」
.

2009.02, ガジャマダ大学工学部地質工学科博士学生の学位審査における外部審査員.

2009.02, インドネシア・ディポネゴロ大学理学部・工学部における学生の教育・講義等.

2009.02, インドネシア・ガジャマダ大学工学部における学生の教育・講義等.

2009.01, 国立ラオス大学工学部における学生の教育・講義等.

2008.08, インドネシア・ガジャマダ大学工学部における学生の教育・講義等.

2008.03, インドネシア・パジャジャラン大学工学部における学生の教育・講義等
.

2008.03, インドネシア・バンドン工科大学理学部における学生の教育・講義等.

2007.12, インドネシア・ガジャマダ大学工学部における学生の教育・講義等.

2007.08, インドネシア・ガジャマダ大学工学部における学生の教育・講義等.

2006.10, インドネシア・ガジャマダ大学工学部における学生の教育・講義等.

2005.12, ミャンマーのヤンゴン大学とヤンゴン工科大学にて九州大学のプロモーション活動実施.


九大関連コンテンツ