九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
渡邊 公一郎(わたなべ こういちろう) データ更新日:2017.10.03

教授 /  工学研究院 地球資源システム工学部門 地球工学講座


主な研究テーマ
北アフリカのレアメタル資源に関する研究
キーワード:北アフリカ レアメタル資源 アルジェリア エジプト
2011.04~2017.03.
希土類元素の資源量評価に関する研究
キーワード:REE、タイ、資源量評価
2007.04~2017.03.
地震による地質災害調査研究
キーワード:福岡地震、中部ジャワ地震、地盤変動、活断層
2005.03~2017.03.
地球資源データベースの構築
キーワード:金鉱床、インドネシア、データモデル、地球資源データベース
2006.04~2017.03.
フィッション・トラック法による熱履歴解析
キーワード:フィッション・トラック、熱履歴解析
1996.04~2004.03.
金鉱化作用と火山活動の時空関係
キーワード:金鉱化作用、火山活動、時空関係
1994.04~2017.03.
マグマの挙動を予測する火山灰モニタリングシステムの構築
キーワード:火山灰、モニタリング
1990.11~2017.01.
従事しているプロジェクト研究
インドネシアの金属鉱床の成因
2011.05~2014.04, 代表者:渡邊公一郎, 日本.
アルジェリアのレアメタル資源評価
2011.04~2014.03, 代表者:渡邊公一郎, 日本.
警固断層帯(南東部)における重点的な調査観測
2011.08~2014.03, 代表者:清水 洋, 日本.
インドネシアの地質災害に関する国際共同研究
2006.06~2013.03, 代表者:渡邊公一郎, インドネシア
2006年に発生したジョグジャカルタ地震の成因と、地震に関係した活断層の活動度の評価を行うため、現地フィールド調査に加え、衛星画像解析、GISを用いた地質データ評価、年代測定、地質層序の検討などを行っている。.
Hi-Linkジャワ島ゼオライト未利用資源開発プロジェクト
2005.03~2007.12, 代表者:糸井龍一, ガジャマダ大学(インドネシア)
インドネシア、ジャワ島に豊富に産するゼオライト資源の利用法の拡大を目指すプロジェクトで、JICAのHi-Linkプロジェクトの一部をなす。.
東南アジアの地球科学データベース構築
2006.06~2013.03, 代表者:渡邊公一郎, インドネシア、日本
東南アジアの地質災害、鉱物資源、エネルギー資源のポテンシャルを正 確に評価するため、指針となる精度の高い地球科学データベースを構築している。現在、インドネシアのジャワ島をモデル地区に選び、現地フィールド調査を実 施するとともに、東南アジア型のデータモデルを作成。.
AUN/SEED-Net インドネシア鉱物資源探査プロジェクト
2003.09~2012.12, 代表者:I Wayan, インドネシア
インドネシア・ジャワ島の金鉱床をモデルとし、最新地球年代学、同位体地球化学、モデリング、GISなどを用いた資源探査手法を開発する。.
研究業績
主要著書
1. 渡辺公一郎, 日本地方地質誌 九州・沖縄地方 「地下資源-火山島弧の恵み-」, 朝倉書店, 495-550, 2010.07.
2. 川瀬博、中野優、福岡晃一郎、江原幸雄、岩田知孝、青井真、渡邊公一郎、ワルトノ・ラハルジョ、ルーカス・D.セティジャジ、山崎文雄、村上ひとみ、大野隆造、倉本洋、楠浩一、前田巨樹、高橋典之, 2006年ジャワ島中部地震災害調査報告/Report on the Damage Investigation of the 2006 Central Java Earthquake, 日本建築学会, 296頁, 2007.02.
主要原著論文
1. K. SANEMATSU, K. WATANABE, R. A. DUNCAN, and E. IZAWA, The History of Vein Formation Determined by 40Ar/39Ar Dating of Adularia in the Hosen-1 Vein at the Hishikari Epithermal Gold Deposit, Japan, Economic Geology, Vol. 101, No. 3, pp.685-698, 2006.05.
2. Syafrizal, Imai, A., Motomura, Y. and Watanabe, K., Characteristics of Gold Mineralization at the Ciurug Vein, Pongkor Gold-Silver Deposit, Indonesia, Resource Geology, 55, 3, 225-238, 2005.09.
3. Sanematsu, K. Duncan, R., Imai, A. and Watanabe, K., Geochronological Constraints Using 40Ar/39Ar Dating on the Mineralization of the Hishikari Epithermal Gold Deposit, Japan, Resource Geology, 55, 3, 249-266, Vol.55, No.3, 249-266, 2005.09.
4. Aramaki, Y., Yokoyama, T. Okaue, Y. Imai, A. and Watanabe, K., A study on the Formation of Smectite in Silica Scale Precipitated from Geothermal Water: The Effect of Magnesium, Resource Geology, 55, 3, 281-284, Vol.55, No.3, 281-284, 2005.09.
5. Agung HARIJOKO, Kenzo SANEMATSU, Robert A. DUNCAN, Sukmandaru PRIHATMOKO and Koichiro WATANABE, Timing of the Mineralization and Volcanism at Cibaliung Gold Deposit, Western Java, Indonesia, Resource Geology, 54, 2, 187-195, 187-195, 2004.06.
6. Takushi YOKOYAMA, Sachihiro TAGUCHI, Yoshinobu MOTOMURA, Koichiro WATANABE, Tetsuya NAKANISHI, Yoshinobu ARAMAKI and Eiji IZAWA, The effect of aluminum on the biodeposition of silica in hot spring water: Chemical state of aluminum in siliceous deposits collected along the hot spring water stream of Steep Cone hot spring in Yellowstone National Park, USA, Chemical Geology, 212, 3-4, 329-337, 2004.01.
7. Yoshinobu ARAMAKI, Takushi YOKOYAMA, Yoshihiro OKAUE and Koichiro WATANABE, Chemical adsorption of silicic acid to aluminum combined with cation exchange and chelate resins as model compounds of the surface of microbes, Chemical Geology, 212, 3-4, 339-349, 2004.01.
8. Ryota SEKINE, Eiji IZAWA and Koichiro WATANABE, Timing of fracture formation and duration of mineralization at the Hishikari deposit, southern Kyushu, Japan, Resource Geology, 52, 4, 395-404, 2002.12.
9. Jiro ETOH, Eiji IZAWA, Koichiro WATANABE, Sachihiro TAGUCHI and Ryota SEKINE, Bladed Quartz and Its Relationship to Gold Mineralization in the Hishikari Low-sulfidation Epithermal Gold Deposit, Japan, Economic Geology, 97, 8, 1841-1851, 2002.12.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 渡辺公一郎、Wartono Raharjo, Lucas Donny Setijadji, Didit Hadi Barianto, ジョグジャカルタ地域の地質学的特徴と2006年地震による地質災害/Geologicai features and 2006 earthquake geohazard in Yogyakarta region, Central Java, Indonesia, 2006年ジャワ島中部地震災害調査報告書(296P)、日本建築学会, 第2章、第4節、PP.30-39, 2007.02.
主要学会発表等
1. Koichiro Watanabe, International Education Program in Earth Resources Engineering, AJ-BCEP 2013-2015, AUN/SEED-Net Regional Conference, 2015.09.28.
2. Koichiro Watanabe, Research and Education for Earth Resources Engineering and Green Technology at Kyushu University, WRLD FORUM of Universities of Resources on SUSTAINABILITY, 2015.05.14.
3. Koichiro Watanabe, Endeavour for the World’s Top Research and Education Hub: New Campus, New Opportunity and New Challenge, Joint Workshop between IISERs & 7 Imperial Universities of Japan, 2015.02.23.
4. 渡邊 公一郎, 学術交流に関するアフリカにおける全国共同利用拠点としての今後の展望:九州大学の取り組みについて, 日本‐アフリカ学術交流ネットワーク発足シンポジウム, 2015.02.15.
5. Koichiro Watanabe, Environmental and Green Engineering projects in Kyushu University, Kumoh Institute of Technology and Kyushu University Joint Workshop on Green Energy, 2010.09.14.
6. 渡邊公一郎, 九州大学工学部のグローバル30への取組み, 工学教育学会, 2010.08.21.
7. K. Watanabe, T. Yamanaka, A. Harijoko, Saitra C. and I. W. Warmada, Caldera Activities in North Bali, Indonesia, International Symposium and The 2nd AUN/SeedNet Regional Conference on GeoDisaster Mitigation in ASEAN, 2010.02.26.
8. Koichiro Watanabe, Hishikari Gold Deposit and Volcanism Related to Epithermal Mineralization In Kyushu, Japan, International Symposium on Precanbrian World 2009, 2009.03.07.
9. Koichiro Watanabe and Norihiko Shiga, Petrological Monitoring of Initial Eruptive Activity for Volcanic Hazard Mitigation, 1st Regional Conference on Geo-Disaster Mitigation in ASEAN, 2009.03.03.
10. Koichiro Watanabe, Gold Mineralization and Related Volcanism in Kyushu, Japan, The 2nd International Workshop and Conference on Earth Resources Technology, 2008.04.
11. Koichiro Watanabe, Kenzo Sanematsu , Robert Duncan, Fracture formation process by 40Ar/39Ar dating at the Hishikari epithermal gold deposit, Japan, European Geosciences Union, 2008.04.
12. Koichiro Watanabe, Dwikorita Karnawati, Sbagyo Pramumijoyo, Heru Hendrayana , AUN/SEED-Net Education Program and Interdisciplinary Research Program for Geohazard Mitigation, Workshop on International University/Institute Consortium for Climate Change & Natural Disaster, 2008.03.
13. Koichiro Watanabe, Epithermal Gold Mineraliztion and Related Magmatism in Kyushu, Japan, 4th International Symposium on Gondwana to Asia & 2007 IAGR Annual Conventi, 2007.11.
14. Koichiro Watanabe, Kenji Hatae, Takushi Yamanaka,Yoshinobu Motomura, Kazunori Watanabe, Petrochemistry of juvenile micro-pumice detected from early tephra before lava dome appearance in Unzen Volcano 1990-1995 eruption, Cities on Volcanoes No.5, 2007.10.
15. Koichiro WATANABE and Lucas Donny SETIJADJI, Trial for engineering education through Japan-ASEAN university network, 工業教育国際シンポジウム, 2006.07.
16. Koichiro WATANABE, Kenichi UCHINO, Dwikorita KARNAWATI and Lucas Donny SETIJADJI, Building capacity of global geoscientific workforce through Japan-ASEAN university network, European Geosciences Union, 2006.04.
その他の優れた研究業績
2001.04, 浅熱水金鉱床に関する研究により、「Society of Economic Geologists」フェロー.
学会活動
所属学会名
日本地熱学会
国際鉱床学会
国際火山・地球内部化学会
応用地質学会
資源・素材学会
日本火山学会
資源地質学会
日本岩石鉱物鉱床学会
日本地質学会
学協会役員等への就任
2012.06~2014.05, 日本地球惑星科学連合, キャリア支援委員会委員.
2011.03~2013.03, 資源・素材学会, 評議員.
2011.04~2014.03, 資源地質学会, 評議員.
2009.04~2011.03, 日本応用地質学会, 代議員.
2009.04~2010.03, 資源地質学会, 学会賞選考委員会.
2009.01~2012.03, 日本鉱物科学会, キャリアパス支援委員会.
2007.04~2008.03, 資源地質学会, 評議員.
2004.04~2006.03, 資源・素材学会九州支部会, 常議員.
2004.04~2007.01, 資源・素材学会, 評議員.
2004.04~2014.03, 応用地質学会九州支部, 幹事.
2004.04~2008.01, 日本応用地質学会, 代議員.
1999.04~2002.03, 資源地質学会, 学会賞選考委員.
1999.04~2002.03, 資源地質学会, 評議員.
学会・研究会における座長等
2013.01~2013.01.19, AUN/SEED-Net Regional Conference in Geo-Resources and Geological Engineering in ASEAN , 座長.
2013.01.10~2013.01.12, Kick-off Seminar on ASEAN-Japan Build-up Cooperative Education Program for Global Human Resource Development in Earth Resources Engineering, 主催.
2012.12.11~2013.12.13, Kick-off Symposium on ASEAN-Japan Build-up Cooperative Education Program for Global Human Resource Development in Earth Resources Engineering, 主催.
2012.09.13~2012.09.17, 2nd Asia Africa Mineral Resources Conference, 主催.
2010.10.25~2010.10.26, SEED-Net Regional Conference , 座長.
2010.08.24~2010.08.26, SEED-Net Regional Conference , Organizer.
2010.02.25~2010.02.27, SEED-Net Regional Conference, 座長.
2009.08.28~2009.08.29, SEED-Net Regional Conference, 司会.
2009.03.03~2009.03.04, SEED-Net Regional Conference, 座長.
2009.03.26~2009.03.26, Hi-Link seminar, 司会.
2008.07.30~2008.08.01, SEED-Net Regional Conference, 司会.
2007.10~2007.10, SEED-Net Field-Wise Seminar, 司会.
2007.08~2007.08, SEED-Net Field-Wise Seminar, 司会.
2006.12, SEED-Net Field-Wise Seminar, 司会.
2006.08~2006.08, SEED-Net Field-Wise Seminar, 司会.
2005.12~2005.11, SEED-Net Field-Wise Seminar, 司会.
2005.06~2005.06, SEED-Net Field-Wise Seminar, 司会.
2004.12~2004.12, SEED-Net Field-Wise Seminar, 司会.
2004.08~2004.08, SEED-Net Field-Wise Seminar, 司会.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.11.30~2017.12.02, ミャンマー科学技術国際会議, 開会挨拶.
2016.09.13~2016.09.15, 6th Asia Africa Mineral Resources Conference, 主催.
2015.09.29~2015.09.30, AUN⁄SEED-Net Geo Resources Eng. Regional Conference , Keynote Speaker.
2015.10.01~2015.10.01, ITC pproject final symposium, Guest Speaker.
2015.09.13~2014.09.17, World Forum of Universities of Resources on Sustainability, Annual Meeting, Invited Speaker.
2013.12.11~2013.12.12, AUN/SEED-Net Geo Resources Eng. Regional Conference, Keynote Speaker.
2013.08.26~2013.08.31, AJ-BCEP, Summer School, Keynote Speaker.
2013.09.20~2013.09.25, 3rd Asia Africa Mineral Resources Conference, Chief Organizer.
2013.05.21~2013.05.22, カンボジア工科大学サイエンスデイ, 特別講演.
2013.01.15~2013.01.16, Regional Conference in Geo-Resources and Geological Engineering in ASEAN , Keynote speaker.
2013.01.10~2013.01.12, Kick-off Seminar on ASEAN-Japan Build-up Cooperative Education Program for Global Human Resource Development in Earth Resources Engineering, Chief Organizer.
2012.12.05~2012.12.08, Kick-off Symposium for ASEAN-Japan Build-up Cooperative Education Program for Global Human Resource Development in Earth Resources Engineering, Chief Organizer.
2012.09.14~2012.09.17, 2nd Asia Africa Mineral Resources Conference , Chief Organizer.
2011.12.08~2011.12.11, 1st Asia Africa Mineral Resources Conference, Chief Organizer.
2010.11.25~2010.11.27, Regional Conference in Geo-Resources and Geological Engineering in ASEAN , chairman.
2010.12.08~2010.12.08, UNDP Workshop on Preparation for Establishment of Geo-Resources and Geotechnical Engineering Department, Keynote speaker.
2010.10.25~2010.10.26, Regional Conference in Natural Resources and Materials Engineering in ASEAN , Chairman, Keynote lecture.
2010.08.06~2010.08.06, Conference on Double Degree Program, Presentator.
2010.02.25~2010.02.27, Regional Conference in Geo-Disaster Mitigation and Waste Management in ASEAN, Chairman, Organizing Comittee.
2009.12.07~2009.12.08, International Conference on Earth Science and Technology, Organizer.
2009.03.09~2009.03.10, International Symposium on Precambrian World 2009, International excurtion leader.
2009.03.03~2009.03.04, Regional Conference in Geo-Disaster Mitigation and Waste Management in ASEAN, Chairman, Organizing Comittee.
2009.03.02~2009.03.02, Seminar on Kyushu University International Activities, Organizing Comittee .
2009.02.16~2009.02.16, FINAL PRESENTATION REPORT WORKSHOP for HI-LINK PROJECT UGM, Chairman.
2009.02.09~2009.02.10, Seminar on Double Degree Program, Organizar.
2008.12.01~2008.12.02, Int. Sympo. on Earth Science and Technology 2008, Organizing Committee member, Chairman.
2007.12~2007.12, International Workshop on Earth Science and Technology, Chairman of Paper Review Comittee.
2007.11~2007.11, 4th International Symposium on Gondwana to Asia, Organizing committee, Field Excursion Leader.
2007.04~2007.04, International Workshop on Earth Resources and Technology, Chief Organizer.
2006.12~2006.12, International Workshop on Earth Science and Technology, Chairman of Paper Review Comittee.
2006.08~2006.08, International Sedimentology Conference, Field trip leader.
2006.07~2006.07, International Mineralogy Association, Field trip leader.
2005.12~2005.12, International Symposium on Geohazard and Earth Resources Management, Steering Comittee.
2005.12~2005.12, International Workshop on Earth Science and Technology, Chairman.
2005.06~2005.06, SEED/Net Seminar, Steering Comittee.
2004.12~2004.12, International Workshop on Earth Science and Technology, Chairman of Paper Review Comittee.
2003.11~2003.11, International Workshop on Earth Science and Technology, Chairman of Paper Review Comittee.
2001.11~2001.11, International Symposium on Gold and Hydrothermal Systems, Co-chairman.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2010.04~2014.03, Gets九州, 編集委員.
2010.08~2014.07, ASEAN Engineering Journal, 編集委員.
2010.02~2013.03, Applied Geology of Southeast Asia, Editorial Board.
2005.07~2010.12, 九州・沖縄の地質, 編集委員.
2004.05~2011.03, Resource Geology, 編集委員.
1997.04~1998.03, 資源地質学会/Resource Geology, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2012年度 11 
2011年度 11 
2010年度 10 
2009年度
2008年度
2007年度 13 
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, 研究室における研究活動紹介, 2000.04.
ホームページ, 福岡県西方沖地震の災害状況報告, 2005.04.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
パテイン大学, ヤンゴン大学, Myanmar, 2016.11~2016.12.
リーズ大学, ロイヤルホロウェイ大学, United Kingdom, 2016.11~2016.11.
カンボジア工科大学, Cambodia, 2016.10~2016.10.
シンガポール国立大学, ナンヤン工科大学, マラヤ大学, Singapore, Singapore, Malaysia, 2016.10~2016.10.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2016.09~2016.09.
モンゴル工科大学, Mongolia, 2016.09~2016.09.
ナイロビ大学, ジョモケヤッタ農工大学, Kenya, 2016.08~2016.08.
チュラロンコン大学, ヤンゴン大学, Thailand, Myanmar, 2016.07~2016.07.
ヤンゴン大学, Myanmar, 2016.05~2016.05.
ソウル大学, Korea, 2016.04~2016.04.
プキョン大学, Korea, 2016.03~2016.03.
カンボジア工科大学, Cambodia, 2016.03~2016.03.
東チモール大学, 東チモール, 2016.03~2016.03.
バンドン工科大学, Indonesia, 2016.01~2016.01.
マレーシア日本科学技術大学、マラヤ大学, Malaysia, 2015.12~2015.12.
シドニー大学、クイーンズランド大学, Australia, 2015.11~2015.11.
ルーバンカトリック大学、アーヘン工科大学, Belgium, Germany, 2015.11~2015.11.
ミャンマー鉱山省, Myanmar, 2015.10~2015.10.
カンボジア工科大学, Cambodia, 2015.10~2015.10.
マレーシア科学大学, Malaysia, 2015.09~2015.09.
フィリピン大学, Philippines, 2015.07~2015.07.
フライベルグ大学, Germany, 2015.06~2015.06.
カンボジア工科大学, Cambodia, 2015.06~2015.06.
エジプト科学技術大学, Egypt, 2015.05~2015.05.
バンドン工科大学, ガジャマダ大学, Indonesia, 2015.04~2015.05.
カンボジア工科大学, Cambodia, 2015.03~2015.03.
ハノイ国家大学、ハノイ地質鉱山大学, Vietnam, 2015.03~2015.03.
JUMBA, United States of America, 2015.01~2015.01.
カンボジア工科大学, Cambodia, 2014.12~2014.12.
クィ‐ンズランド大学, Australia, 2014.11~2014.11.
インペリアルホテルブンタウ、ホーチミン市工科大学, Vietnam, 2014.10~2014.10.
ヤンゴン大学, Myanmar, 2014.09~2014.09.
ユニバーシティカレッジロンドン、オックスフォード大学, United Kingdom, 2014.09~2014.09.
バリ島北西部地熱フィールド, Indonesia, 2014.08~2014.08.
チュラロンコン大学, Thailand, 2014.08~2014.08.
ヤンゴン大学, Myanmar, 2014.05~2014.06.
イリノイ大学、北アリゾナ大学, United States of America, 2014.05~2014.05.
カンボジア工科大学, Cambodia, 2014.03~2014.03.
モンゴル科技大学, Mongolia, 2014.02~2014.02.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2014.01~2014.01.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2013.12~2013.12.
ヤンゴン大学, Myanmar, 2013.11~2013.11.
チェンマイ大学, Thailand, 2013.11~2013.11.
モハメドV世大学, Morocco, 2013.10~2013.10.
モンゴル科技大学, Mongolia, 2013.09~2013.09.
立命館インド事務所, India, 2013.09~2013.09.
ホーチミン市工科大学, Vietnam, 2013.07~2013.07.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2013.06~2013.06.
北アリゾナ大学, United States of America, 2013.06~2013.06.
カンボジア工科大学, Cambodia, 2013.05~2013.05.
モンゴル科技大学, Mongolia, 2013.04~2013.04.
カンボジア工科大学, Cambodia, 2013.03~2013.03.
スマトラ・トバカルデラ, Indonesia, 2013.03~2013.03.
エジプト東砂漠等, Egypt, 2013.01~2013.02.
ホーチミン市工科大学, チュラロンコン大学, ホテル, Vietnam, Thailand, Malaysia, 2013.01~2013.01.
スタンフォード大学、サンノゼ州立大学, United States of America, 2012.12~2012.12.
ホウアリブーメディエン大学, Algeria, 2012.11~2012.11.
ホウアリブーメディエン大学, Algeria, 2012.10~2012.10.
モンゴル科技大学, Mongolia, 2012.10~2012.10.
パジャジャラン大学, Indonesia, 2012.09~2012.09.
モンゴル科技大学, Mongolia, 2012.09~2012.09.
ガジャマダ大学、バンドン工科大学, Indonesia, 2012.07~2012.08.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2012.04~2012.05.
カンボジア工科大学, Cambodia, 2012.03~2012.04.
JICAタイ, Thailand, 2012.03~2012.03.
ラオス国立大学, ラオス, 2012.03~2012.03.
ホウアリブーメディエン大学, Algeria, 2011.09~2011.09.
パリ鉱山大学、ゲオルグアグリコラ大学、ルンド大学, France, Germany, Sweden, 2011.08~2011.09.
カンボジア工科大学, Cambodia, 2011.08~2011.08.
パジャジャラン大学, バンドン工科大学, ガジャマダ大学, Indonesia, 2011.07~2011.08.
エジプト核物質研究所, Egypt, 2011.05~2011.06.
Heritage Hotel Ipoh, Malaysia, 2011.05~2011.05.
モンゴル科技大学, Mongolia, 2011.03~2011.03.
ボーフム応用科学工科大学, Germany, 2011.03~2011.03.
パジャジャラン大学, ガジャマダ大学, Indonesia, 2011.02~2011.02.
UNDPカンボジア, Cambodia, 2010.12~2010.12.
カンボジア工科大学、マラヤ大学, Cambodia, Malaysia, 2010.11~2010.11.
University Science Malaysia, Malaysia, 2010.10~2010.10.
University of Science and Technology Houari Boumediene, Algeria, 2010.09~2010.09.
Kumoh University, Korea, 2010.09~2010.09.
パジャジャラン大学、ガジャマダ大学、バンドン工科大学, Indonesia, 2010.08~2010.08.
遼寧工業大学, China, 2010.06~2010.06.
Royal Paradise Hotel, Phuket, Thailand, 2010.05~2010.05.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2010.02~2010.02.
ルンド大学, Sweden, 2010.02~2010.02.
シンガポール国立大学, Singapore, India, 2010.01~2010.01.
チュラロンコン大学, Thailand, 2009.12~2009.12.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2009.12~2009.12.
バリ島ベドゥグル地域, Indonesia, 2009.09~2009.09.
フィリピン大学, Philippines, 2009.08~2009.08.
ルンド大学, Sweden, 2009.05~2009.06.
コロナホテル, Malaysia, 2009.03~2009.03.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2009.02~2009.02.
ルンド大学, Sweden, 2009.02~2009.02.
ラオス国立大学, Laos, 2009.01~2009.01.
天文学・地球物理学研究所, Egypt, 2008.12~2008.12.
チュラロンコン大学, Thailand, 2008.11~2008.11.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2008.08~2008.08.
Mae Mohリグナイト鉱山, Thailand, 2008.07~2008.08.
ウィーン国際会議場, Austria, 2008.04~2008.04.
チュラロンコン大学, Thailand, 2008.04~2008.04.
ウダヤナ大学, Indonesia, 2008.03~2008.03.
ラオス国立大学, ガジャマダ大学, バンドン工科大学, パジャジャラン大学, Laos, Indonesia, 2008.02~2008.03.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2007.12~2007.12.
オレゴン州立大学, United States of America, 2007.12~2007.12.
ホーチミン市工科大学, ラオス国立大学, Vietnam, Laos, 2007.10~2007.10.
チュラロンコン大学, Thailand, 2007.09~2007.09.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2007.08~2007.08.
AOGS, Thailand, 2007.07~2007.08.
EGU、アーヘン工科大学, Austria, Germany, 2007.04~2007.04.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2007.03~2007.03.
ベトナム地質鉱物資源研究所、ハノイ鉱山地質大学、ハノイ理科大学, ハノイ鉱山地質大学, Vietnam, 2007.01~2007.01.
ラオス国立大学, Laos, 2006.12~2006.12.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2006.09~2006.10.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2006.07~2006.08.
ガジャマダ大学, 中部ジャワ, Indonesia, 2006.06~2006.06.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2006.05~2006.05.
ローランド大学, ハンガリー北部, Hungary, 2006.04~2006.04.
ホーチミン市工科大学他, メコン川流域, Vietnam, 2006.03~2006.03.
ガジャマダ大学, 東ジャワ, Indonesia, 2006.01~2006.01.
チュラロンコン大学, Thailand, 2005.12~2005.12.
ホテルinプーケット, Thailand, 2005.08~2005.08.
セミララ鉱山, Philippines, 2005.08~2005.09.
カンボジア工科大学, Cambodia, 2005.06~2005.06.
ヤンゴン大学, ラオス国立大学, Myanmar, Laos, 2004.12~2004.12.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2004.07~2004.08.
ニース国際会議場, France, 2004.04~2004.05.
セミララ鉱山, Philippines, 2004.04~2004.04.
マレーシア理科大学, Malaysia, 2004.01~2004.01.
オークランド大学, New Zealand, 2003.11~2003.11.
国際会議場, United States of America, 2003.11~2003.11.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2003.09~2003.09.
ホーチミン工科大学, Vietnam, 2003.08~2003.08.
ハワイ大学, United States of America, 2003.07~2003.07.
ガジャマダ大学, Indonesia, 2003.03~2003.03.
バンドン工科大学, Indonesia, 2002.09~2002.09.
オレゴン州立大学, United States of America, 2002.08~2002.09.
タリム盆地, China, 2002.08~2002.08.
ポンコール鉱山他, Indonesia, 2002.06~2002.06.
オレゴン州立大学, United States of America, 2001.11~2001.11.
国際会議場, China, 2001.10~2001.11.
ティサパ鉱山, Mexico, 2001.07~2001.08.
オレゴン州立大学, United States of America, 2000.03~2000.12.
外国人研究者等の受入れ状況
2015.01~2015.02, ボーフム科学技術大学, Germany, 日本学術振興会.
2015.03~2015.03, Northern Arizona University, United States of America, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2014.09~2015.03, University of yangon, Myanmar, 政府関係機関.
2014.09~2015.08, Toripoli University, Lybia, 民間・財団.
2014.04~2014.04, Northern Arizona University, United States of America, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2014.01~2014.02, Northern Arizona University, United States of America, 日本学術振興会.
2014.01~2014.02, Northern Arizona University, United States of America, 日本学術振興会.
2013.09~2013.09, マレーシア科学大学, Malaysia, 日本学術振興会.
2013.08~2013.08, チュラロンコン大学, Thailand, 日本学術振興会.
2013.08~2013.08, ガジャマダ大学, Indonesia, 日本学術振興会.
2013.08~2013.08, バンドン工科大学, Indonesia, 日本学術振興会.
2013.08~2013.08, パジャジャラン大学, Indonesia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2013.05~2013.05, アデレイド大学, Australia, 民間・財団.
2013.02~2013.02, ボーフム科学技術大学, Germany, 政府関係機関.
2013.02~2013.02, University of Boumerdes, Algeria, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2012.11~2012.11, ホウアリ・ブーメディエン理工大学, Japan, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2012.11~2012.12, ヤンゴン大学, Myanmar, 政府関係機関.
2012.11~2012.12, ガジャマダ大学, Indonesia, 民間・財団.
2012.10~2012.12, 核物質研究機関, Japan, 日本学術振興会.
2011.11~2011.12, University of Boumerdes , Algeria, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2011.01~2011.01, Technische Fachhochschule Georg Agricola für Rohstoff, Germany, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2010.12~2010.12, ホウアリ・ブーメディエン理工大学, Algeria, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2010.10~2010.10, University of Boumerdes, Algeria.
2010.10~2010.12, ガジャマダ大学, Indonesia, 政府関係機関.
2010.11~2010.11, ルンド大学, Sweden, 日本学術振興会.
2010.10~2010.10, パジャジャラン大学, Indonesia, .
2010.07~2010.09, 鉱物資源局, Thailand, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2009.12~2010.03, ガジャマダ大学, Indonesia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2009.10~2009.09, マレーシア理科大学, Malaysia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2009.09~2009.09, Zhejiang University, China, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2009.05~2009.05, オストラバ工科大学, Czech Republic, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2009.05~2009.05, チュラロンコン大学, Indonesia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2009.05~2009.04, ディポネゴロ大学, Indonesia, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2009.02~2009.02, パジャジャラン大学, Indonesia, .
2008.11~2008.11, ガジャマダ大学, Indonesia, 民間・財団.
2008.11~2008.11, 国立天文地球物理研究所, Egypt, 文部科学省.
2008.10~2009.01, ガジャマダ大学, Indonesia, 民間・財団.
2008.07~2008.07, 国立天文地球物理研究所, Egypt, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2007.09~2007.10, ガジャマダ大学, Indonesia, 政府関係機関.
2007.09~2007.10, ガジャマダ大学, Indonesia, 政府関係機関.
2006.10~2006.12, ガジャマダ大学, Indonesia, 政府関係機関.
2006.08~2007.03, ガジャマダ大学, Indonesia, .
2006.05~2006.08, 核物質研究機関, Egypt, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2005.10~2005.10, ガジャマダ大学, Indonesia, 学内資金.
2005.09~2005.12, 核物質研究機関, Egypt, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2005.09~2005.12, 核物質研究機関, Egypt, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2005.04~2006.03, 石油大学, China, 学内資金.
2003.03~2003.09, Algeria, 学内資金.
2004.04~2004.06, Gadjah Mada University, Indonesia, .
受賞
Best Paper Award, International Symposium on Earth Science and Technology, 2016.12.
Best Poster Award, 6th Asia Africa Mineral Resources Conference 2016 運営委員会, 2016.09.
Best Paper Award, Cooperative International-Network for Earth Science and Technology, 2009.12.
Best Paper Award, Cooperative International-Network for Earth Science and Technology, 2008.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2010年度~2013年度, 基盤研究(A), 代表, アフリカ・東南アジアのレアメタル資源ポテンシャル評価と資源データモデルの開発.
2009年度~2010年度, 特別研究員奨励費, 代表, 炭化水素資源予測のためのデータ統合と自己学習アルゴリズムの開発.
2007年度~2009年度, 萌芽研究, 代表, 超高精度年代測定による地殻内フラクチャー形成の時空解析.
2007年度~2009年度, 基盤研究(B), 分担, 埋立地における都市ごみ焼却残渣の地球化学的風化現象と重金属の長期挙動の解明.
2007年度~2010年度, 基盤研究(A), 分担, 重希土類元素およびインジウムの濃集機構と資源ポテンシャル評価の研究.
2006年度~2009年度, 基盤研究(B), 代表, 東南アジアにおける地球資源ポテンシャル評価と統合解析システムの構築.
2006年度~2006年度, 特別研究促進費, 分担, 2006年5月インドネシアジャワ島中部地震による被害に関する調査研究.
2006年度~2006年度, 基盤研究(C), 分担, アフリカ・ザンビアにおける資源生産と環境保全に関する技術動向調査.
2002年度~2005年度, 基盤研究(B), 代表, 噴火活動初期におけるマグマ過程の予測と火山災害の軽減.
1998年度~2002年度, 基盤研究(A), 分担, マグマ性熱水系の鉱化ポテンシャル評価に関する研究.
1996年度~1998年度, 国際学術研究, 分担, 発達史的観点を取り入れた地熱構造の解明とその地熱資源探査への応用に関する研究.
1996年度~1998年度, 国際学術研究, 分担, 地熱環境における微生物活動とシリカの沈殿.
1995年度~1998年度, 基盤研究(A), 分担, 発達史的観点を取り入れた地熱構造の解明とその地熱資源探査への応用に関する研究.
1994年度~1997年度, 特別推進研究, 分担, 熱水からのシリカスケール生成における微生物活動とスケールの制御に関する研究.
1992年度~1995年度, 基盤研究(A), 分担, 火山島弧における金鉱床形成過程に関する研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2011年度~2013年度, アジア・アフリカ学術基盤形成事業, 代表, アジア・アフリカ地球資源工学ネットワーク形成と若手資源研究者育成.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2008年度~2009年度, 5. 九州大学P&P, 分担, 化学的・微生物学的手法による地熱熱水からのシリカ資源とレアメタル回収.
2007年度~2007年度, JSTシーズ発掘試験, 代表, 産業廃棄物からの環境配慮型貴金属の分離・リサイクル方法の検討.
2004年度~2006年度, 日本鉱業振興助成, 代表, 環境低負荷型貴金属リサイクルシステムの構築.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2004.10~2005.02, 共同研究, 出光大分地熱株式会社, 代表, TR-8号井掘削試料の変質鉱物分析に関する研究.
寄附金の受入状況
2013年度, JX日鉱探開㈱, 地球資源システム工学部門における研究助成 .
2012年度, 住鉱資源開発㈱, 地球資源システム工学部門における研究助成 .
2012年度, 住鉱資源開発㈱, 地球資源システム工学部門における研究助成 .
2010年度, 日鉱探開株式会社, 地球資源システム工学部門における研究助成 .
2010年度, 住鉱資源開発株式会社, 地球資源システム工学部門における研究助成 .
2010年度, 九州環境管理協会, 地球資源システム工学部門における研究助成 .
2010年度, 住友コンサルタント株式会社, 地球資源システム工学部門における研究助成.
2009年度, 九州環境管理協会, 地球資源システム工学部門における研究助成.
2009年度, 日鉱探開株式会社, 地球資源システム工学部門における研究助成.
2009年度, 住友コンサルタント株式会社, 地球資源システム工学部門における研究助成 .
2008年度, 九州環境管理協会, 地球資源システム工学部門における研究助成.
2008年度, 西日本技術開発, 地熱井スケール抑制の研究.
2007年度, 住友コンサルタント株式会社, 地球資源システム工学部門における研究助成.
2007年度, 九州環境管理協会, 地球資源システム工学部門における研究助成
.
2006年度, 住友コンサルタント株式会社, 地球資源システム工学部門における研究助成.
2005年度, 出光大分地熱㈱, 地球資源システム工学部門における研究助成.
2005年度, 住友コンサルタント株式会社, 地球資源システム工学部門における研究助成.
2004年度, 住友コンサルタント株式会社, 地球資源システム工学部門における研究助成.
2003年度, 住友コンサルタント株式会社, 地球資源システム工学部門における研究助成.
学内資金・基金等への採択状況
2008年度~2009年度, 九州大学教育研究プログラム・研究拠点形成プロジェクト, 分担, 化学的・微生物学的手法による地熱熱水からのシリカ資源とレアメタル回収.

九大関連コンテンツ