九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
杉村 丈一(すぎむら じょういち) データ更新日:2018.06.08

教授 /  工学研究院 機械工学部門 設計工学


主な研究テーマ
水素雰囲気におけるトライボロジー
キーワード:トライボロジー,水素,潤滑,摩耗,軸受,シール
2003.04.
薄膜潤滑におけるマルチスケール粗さの働き
キーワード:トライボロジー,表面粗さ,テクスチャー,薄膜潤滑,流体潤滑,気体,潤滑剤,光干渉
1998.04.
グリース潤滑の力学機構
キーワード:トライボロジー,グリース,潤滑,増ちょう剤,非定常,混相流
2009.04.
回転軸シールの潤滑と流体移動機構
キーワード:トライボロジー,オイルシール,表面粗さ,密封,潤滑,気体
2002.04.
摩耗粉と摩擦面の形成機構
キーワード:トライボロジー,摩耗,表面粗さ
1999.04.
従事しているプロジェクト研究
戦略的創造研究推進事業(CREST)−超低摩擦機械システムのためのトライボ化学反応を制御したナノ界面創成
2013.10~2019.01, 代表者:足立幸志, 東北大学, 科学技術振興機構(JST).
水素利用技術研究開発事業
2013.04~2018.03, 代表者:尾上清明,杉村丈一, 九州大学, 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO).
Study of the behaviour of grease lubricants in concentrated contacts
2008.07~2010.03, 代表者:Romeo Glovnea(UK)/杉村丈一(Japan), Brunel University / Kyushu University, British Council (UK).
水素材料先端科学基礎研究
2006.07~2013.03, 代表者:村上敬宜, 産業技術総合研究所, 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO).
コンプレッサーレスの高圧水電解水素ステーションの開発
2004.10~2006.03, 代表者:杉村丈一, 九州大学, 経済産業省・九州経済産業局
九州大学元岡新キャンパスに高圧水電解方式の水素ステーションを設置し,水素製造に関わる諸技術的課題に関する研究を行う.
水素用材料の疲労・トライボロジー特性研究
2003.04~2006.03, 代表者:村上敬宜, 九州大学, 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO).
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
1. Joichi Sugimura, Tribology and Materials for Hydrogen Energy Society, 6th World Tribology Congress, 2017.09, Recent advances in tribology and materials for hydrogen applications are overviewed. Important issues on materials include hydrogen embrittlement of metals and blistering and other failures of elastomers. Important issues in tribology include tribochemical reactions at metal surfaces, transfer film formation and hydrogen permeation in solids..
特許出願・取得
特許出願件数  2件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本ゴム協会
米国機械学会
日本トライボロジー学会
日本機械学会
米国トライボロジー学会
学協会役員等への就任
2017.05~2019.05, 日本トライボロジー学会, 校閲委員長.
2017.05~2019.05, 日本トライボロジー学会, 理事.
2017.03~2018.03, 日本機械学会, 支部会計幹事.
2014.10~2015.03, 日本機械学会, 学会賞委員会委員.
2012.05~2014.05, 日本トライボロジー学会, トライボロジー会議実行委員長.
2012.03~2013.03, 日本機械学会, 評議員.
2012.05~2014.05, 日本トライボロジー学会, 理事.
2010.03~2011.03, 日本機械学会, 評議員.
2008.05, 日本トライボロジー学会, シール研究会主査.
2008.05~2010.05, 日本トライボロジー学会, 理事.
2008.03~2009.03, 日本機械学会, 評議員.
2006.05, 日本トライボロジー学会, 国際トライボロジー会議実行委員会広報委員長.
2006.05, 日本トライボロジー学会, 英文オンラインジャーナル編集委員会副委員長.
2004.05~2006.05, 日本トライボロジー学会, 運営委員会EOLJ発行小委員会委員長.
2006.03~2007.03, 日本機械学会, 商議員.
2003.05~2004.05, 日本トライボロジー学会, 出版委員長.
2002.05~2004.05, 日本トライボロジー学会, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.11.15~2017.11.17, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2017 秋 髙松, シンポジウムオーガナイザー(Organizer).
2018.02.01~2017.02.02, International Hydrogen Energy Development Forum 2018, Organizer, Chairperson.
2017.05.15~2014.05.17, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2017-5 東京, 座長(Chairmanship).
2017.02.02~2017.02.03, International Hydrogen Energy Development Forum 2017, Organizer, Chairperson.
2016.10.12~2016.10.14, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2016 秋 新潟, シンポジウムオーガナイザー(Symposium organizer)、座長(Chairperson).
2016.02.03~2016.02.04, International Hydrogen Energy Development Forum 2016, Organizer, Chairperson.
2015.09.16~2015.09.20, International Tribology Conference, Tokyo 2015, Symposium organizer, Chairperson.
2015.05.27~2015.05.29, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2015春 姫路, 座長(Chairmanship).
2015.02.03~2015.02.04, International Hydrogen Energy Development Forum 2015, 司会(Moderator).
2014.11.05~2014.11.07, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2014 秋 盛岡, 座長(Chairmanship).
2014.09.02~2014.09.05, 41st Leeds-Lyon Symposium on Tribology, 座長(Chairmanship).
2014.05.19~2014.05.19, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2014-5 東京, 座長(Chairmanship).
2013.10.23~2013.10.26, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2013秋 福岡, 座長(Chairmanship).
2013.09.09~2013.09.13, World Tribology Congress 2013, 座長(Chairmanship).
2013.05.20~2013.05.22, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2013-5 東京, 座長(Chairmanship).
2013.01.31~2013.01.31, 2013 Hydrogenius Tribology Symposium, International Hydrogen Energy Development Forum 2013, 司会(Moderator).
2012.11.21~2012.11.22, MJIIT-JUC Joint Symposium 2012, 座長(Chairmanship).
2012.10.08~2012.10.10, 2012 ASME/STLE International Joint Tribology Conference, 座長(Chairmanship).
2012.05.14~2012.05.16, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2012-5 東京, 座長(Chairmanship).
2012.03.16~2012.03.16, 日本機械学会九州支部第65期総会・講演会, 座長(Chairmanship).
2012.02.02~2012.02.02, 2012 Hydrogenius Tribology Symposium, International Hydrogen Energy Development Forum 2012, 司会(Moderator).
2011.10.30~2011.11.03, International Tribology Conference, Hiroshima 2011, 座長(Chairmanship).
2011.10.23~2011.10.26, 2011 ASME/STLE Joint Tribology Conference, 座長(Chairmanship).
2011.09.06~2011.09.09, 38th Leeds-Lyon Symposium on Tribology, 座長(Chairmanship).
2011.08.19~2011.08.21, 6th China International Symposium on Tribology, 座長(Chairmanship).
2011.05.23~2011.05.25, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2011-5 東京, 座長(Chairmanship).
2011.04.15~2011.04.18, Advanced Forum on Tribology 2011, 座長(Chairmanship).
2011.02.03~2011.02.03, 2011 Hydrogenius Tribology Symposium, International Hydrogen Energy Development Forum 2011, 司会(Moderator).
2010.05.17~2010.05.19, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2010-5 東京, 座長(Chairmanship).
2010.02.04~2010.02.04, Hydrogen Tribology Symposium, International Hydrogen Energy Development Forum 2010, 司会(Moderator).
2009.09.06~2009.09.11, World Tribology Congress 2009, 座長(Chairmanship).
2009.05.18~2009.05.18, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2009-5 東京, 座長(Chairmanship).
2009.02.05~2009.02.05, Hydrogen Tribology Symposium, International Hydrogen Energy Development Forum 2009, 司会(Moderator).
2008.09.16~2008.09.18, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 名古屋 2008-9, 座長(Chairmanship).
2008.02.07~2008.02.07, Hydrogen Tribology Workshop, International Hydrogen Energy Development Forum 2008, 司会(Moderator).
2007.10.20~2007.10.20, 日本機械学会沖縄講演会, 座長(Chairmanship).
2007.09.26~2007.09.28, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2007-9 佐賀, 座長(Chairmanship).
2007.05.28~2007.05.30, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2007-5 東京, 座長(Chairmanship).
2007.02, 第13回支部フォーラム「自然災害と機械工学」, 司会(Moderator).
2006.11, 日本機械学会中国四国支部九州支部合同企画鳥取講演会, 座長(Chairmanship).
2006.10, The Third Asia International Conference on Tribology, 座長(Chairmanship).
2006.10, The Third Asia International Conference on Tribology, 司会(Moderator).
2006.05, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2006-5 東京, 座長(Chairmanship).
2005.10, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2005-11 東京, 座長(Chairmanship).
2005.09, World Tribology Congress III, 座長(Chairmanship).
2005.05, International Tribology Conference, Kobe 2005, 座長(Chairmanship).
2004.12, 1st International Conference on Advanced Tribology 2004, 座長(Chairmanship).
2004.11, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2004-11鳥取, 座長(Chairmanship).
2004.09, KAIST-Kyushu Univerisity Joint Workshop on Mechanical and Aerospace Engineering, 座長(Chairmanship).
2004.03, 日本機械学会九州支部第57期総会講演会, 座長(Chairmanship).
2003.11, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2003-11 新潟, 座長(Chairmanship).
2003.05, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2003-5 東京, 座長(Chairmanship).
2003.03, 日本機械学会九州支部第56期総会講演会, 座長(Chairmanship).
2002.10, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2002-10 仙台, 座長(Chairmanship).
2002.05, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 2002-5 東京, 座長(Chairmanship).
2017.02.02~2017.02.02, International Hydrogen Energy Development Forum 2017, ホスト.
2017.02.03~2017.02.03, 2017 Hydrogenius & I2CNER Tribology Symposium, オーガナイザー.
2016.10.14~2016.10.14, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 シンポジウム(3)  シールにおける最新のトライボロジー技術, オーガナイザー.
2016.02.03~2016.02.03, International Hydrogen Energy Development Forum 2016, ホスト.
2016.02.04~2015.02.04, 2016 Hydrogenius & I2CNER Tribology Symposium, オーガナイザー.
2015.09.18~2015.09.18, ITC Tokyo 2015, Sealing technology for extreme environments, シンポジウム・オーガナイザー.
2015.02.04~2015.02.04, 2015 Hydrogenius & I2CNER Tribology Symposium, オーガナイザー.
2015.02.03~2015.02.03, International Hydrogen Energy Development Forum 2015, ホスト.
2014.01.31~2014.01.31, International Hydrogen Energy Development Forum 2014, ホスト.
2014.01.31~2014.01.31, 2014 Hydrogenius & I2CNER Tribology Symposium, オーガナイザー.
2013.10.23~2013.10.23, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議 シンポジウム(1)  循環型社会の実現とグローバル化を支えるシール技術, オーガナイザー.
2013.10.23~2013.10.26, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議, 実行委員長.
2013.09.08~2013.09.13, Fifth World Tribology Congress, Track Organizer.
2013.01.31~2013.01.31, 2013 Hydrogenius Tribology Symposium, シンポジウム・オーガナイザー.
2012.02.02~2012.02.02, 2012 Hydrogenius Tribology Symposium, シンポジウム・オーガナイザー.
2011.11.02~2011.11.02, ITC Hiroshima 2011, Hydrogen Tribology for Future Energy, シンポジウム・オーガナイザー.
2011.03.17~2011.03.17, 日本機械学会九州支部第64期総会講演会, 実行委員長.
2009.09.06~2009.09.11, 第4回世界トライボロジー会議, 実行委員会広報委員長.
2011.02.03~2011.02.03, 2011 Hydrogenius Tribology Symposium, シンポジウム・オーガナイザー.
2007.09, 日本トライボロジー学会トライボロジー会議, 実行委員.
2007.03, 日本機械学会九州支部第60期総会講演会, 庶務幹事.
2007.02, 日本機械学会第13回支部フォーラム, 庶務幹事.
2006.10, The 3rd Asia International Conference on Tribology, 実行委員.
2004.09, 日本機械学会2004年度年次大会, シンポジウム・オーガナイザー.
2003.03, 日本機械学会九州支部第56期総会講演会, シンポジウム・オーガナイザー.
2000.10, International Tribology Conference, Nagasaki, 2000, 会議事務局長.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2017.05~2019.05, 日本トライボロジー学会誌「トライボロジスト」, 国内, 校閲委員長.
2017.05, Tribology Online, 国際, Editor-in-Chief.
2014.03, Journal of Tribology, 国際, 編集委員.
2009.05~2010.05, 日本トライボロジー学会誌「トライボロジスト」, 国内, 編集委員長.
2008.05~2009.05, 日本トライボロジー学会誌「トライボロジスト」, 国内, 編集副委員長.
2009.01, Tribology International, 国際, 編集委員.
2007.04, Lubrication Science, 国際, 編集委員.
2006.05, Tribology Online, 国際, Vice Editor.
2004.04~2006.05, 英文オンラインジャーナル, 国際, 発行小委員会委員長.
2003.10~2005.05, 日本トライボロジー学会編,「摩擦への挑戦−新幹線からハードディスクまで−」,コロナ社, 国内, 編集委員長.
2003.05~2004.05, 日本トライボロジー学会出版委員会(書籍出版関係), 国内, 出版委員長.
2002.05~2003.05, 日本トライボロジー学会誌「トライボロジスト」, 国内, 編集副委員長.
2001.04~2003.03, 日本機械学会出版事業部会, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2017年度 60  61 
2016年度 32  32 
2015年度 23  24 
2014年度 18  18 
2013年度 10  10 
2012年度 49  55 
2011年度
2010年度 10  12 
2009年度
2008年度
2007年度
2006年度 13 
2005年度
2004年度
2003年度 10  13 
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
STLE 73rd Annual Meeting & Exhibition, UnitedStatesofAmerica, 2018.05~2018.05.
Korea-China-Japan Joint Workshop on Hydrogen Materials, Korea, 2018.04~2018.04.
24th International Conference on Fluid Sealing, UnitedKingdom, 2018.03~2018.03.
2017 Winter Retreat in San Antonio, UnitedStatesofAmerica, 2017.12~2017.12.
日中韓ワークショップ, China, 2017.10~2017.10.
6th World Tribology Congress, China, 2017.09~2017.09.
STLE 72nd Annual Meeting & Exhibition, UnitedStatesofAmerica, 2017.05~2017.05.
ITS-IFTOMM 2017 / K-TIS 2017, Korea, 2017.03~2017.03.
2016 STLE Tribology Frontiers Conference, UnitedStatesofAmerica, 2016.11~2016.11.
ICETAT2016, Taiwan, 2016.11~2016.11.
Ecole Centrale de Lyon, France, 2016.10~2016.10.
MJJIC2016, Malaysia, 2016.09~2016.09.
STLE 71st Annual Meeting & Exhibition, UnitedStatesofAmerica, 2016.05~2016.05.
MITC2015, Malaysia, 2015.11~2015.11.
42nd Leeds-Lyon Symposium on Tribology, France, 2015.09~2015.09.
Sandia National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 2014.12~2014.12.
Czech-Japan Tribology Workshop, CzechRepublic, 2014.11~2014.11.
3rd International Conference on Engineering Materials and Metallurgy, Iran, 2014.11~2014.11.
41st Leeds-Lyon Symposium on Tribology, UnitedKingdom, 2014.09~2014.09.
CIMTEC 2014, Italy, 2014.06~2014.06.
41st International Conference on Metallurgical Coatings and Thin Films, UnitedStatesofAmerica, 2014.04~2014.05.
World Tribology Congress 2013, Italy, 2013.09~2013.09.
STLE Annual Meeting, UnitedStatesofAmerica, 2013.05~2013.05.
Sandia National Laboratory, Livermore, UnitedStatesofAmerica, 2013.03~2013.03.
Universiti Teknologi Malaysia, Malaysia, 2012.11~2013.11.
2012 International Joint Tribology Conference, UnitedStatesofAmerica, 2012.10~2012.10.
University of Leeds, UnitedKingdom, 2012.09~2012.09.
2012 International Hydrogen Conference, UnitedStatesofAmerica, 2012.09~2012.09.
I2CNER Satellite Kick-off Symposium, UnitedStatesofAmerica, 2012.03~2012.03.
21st International Conference on Fluid Sealing, UnitedKingdom, 2011.11~2011.12.
2011 International Joint Tribology Conference, UnitedStatesofAmerica, 2011.10~2011.10.
INSA de Lyon, France, 2011.09~2011.09.
6th China International Symposium on Tribology, China, 2011.08~2011.08.
Second Advanced Forum on Tribology, China, 2011.04~2011.04.
International Tribology Conference - Asiatrib 2010, Australia, 2010.12~2010.12.
2010 International Joint Tribology Conference, UnitedStatesofAmerica, 2010.10~2010.10.
Nordtrib 2010, Sweden, 2010.06~2010.06.
University of Sussex, UnitedKingdom, 2010.03~2010.03.
Brunel University, UnitedKingdom, 2008.11~2008.11.
University of Leeds, UnitedKingdom, 2008.09~2008.09.
STLE, UnitedStatesofAmerica, 2008.05~2008.05.
STLE, Argonne National Laboratory, General Motors R&D Center, UnitedStatesofAmerica, 2007.05~2007.05.
Queensland University of Technology, Australia, 2006.12~2006.12.
x, UnitedStatesofAmerica, 2005.09~2005.09.
x, Singapore, 2004.12~2004.12.
University of Leeds, UnitedKingdom, 2004.09~2004.09.
Imperial College, UnitedKingdom, 1994.09~1995.09.
外国人研究者等の受入れ状況
2018.01~2018.02, 2週間未満, Federal Institute for Materials, Germany, 学内資金.
2018.01~2018.02, 2週間未満, Argonne National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2017.06~2017.07, 2週間未満, University of Sussex, UnitedKingdom, 学内資金.
2017.01~2017.02, 2週間未満, Xi'an Jiaotong University, China, 学内資金.
2017.01~2017.02, 2週間未満, University of Southampton, UnitedKingdom, 学内資金.
2015.12~2016.05, 1ヶ月以上, University of Southampton, UnitedKingdom, 学内資金.
2015.03~2016.05, 1ヶ月以上, National University of Singapore, Singapore, 学内資金.
2016.02~2016.02, 2週間未満, Federal Institute for Materials, Germany, 学内資金.
2016.02~2016.02, 2週間未満, Argonne National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2015.07~2015.07, 2週間未満, University of Sussex, UnitedKingdom, 学内資金.
2015.01~2015.02, 2週間未満, Argonne National Laboratory, India, 学内資金.
2015.01~2015.02, 2週間未満, University of Southampton, UnitedKingdom, 科学技術振興機構.
2014.05~2014.05, 2週間未満, University of Sussex, UnitedKingdom, 学内資金.
2014.01~2014.01, 2週間未満, Ecole Centrale de Lyon, France, 学内資金.
2014.01~2014.01, 2週間未満, IIT, India, 学内資金.
2013.11~2013.11, 2週間未満, UC Berkley, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2013.10~2013.10, 2週間未満, Ecole Centrale de Lyon, France, 学内資金.
2013.06~2013.07, 2週間未満, University of Sussex, UnitedKingdom, 学内資金.
2013.08~2014.07, 1ヶ月以上, University of Southampton, UnitedKingdom, 日本学術振興会.
2013.01~2013.01, 2週間未満, NASA (retiree), UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2012.09~2012.12, 1ヶ月以上, VTT Technical Research Center of FInland, Finland, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2012.07~2012.07, 2週間未満, University of Sussex, UnitedKingdom, 学内資金.
2011.12~2012.03, 1ヶ月以上, Forschungszentrum Juelich GmbH, Germany, .
2011.12~2011.12, 2週間未満, University of Sussex, UnitedKingdom, 学内資金.
2011.02~2011.02, 2週間未満, Mohawk Innovative Technology Inc., UnitedStatesofAmerica, 政府関係機関.
2010.08~2010.08, 2週間未満, Argonne National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 学内資金.
2010.02~2010.02, 2週間未満, Federal Institute for Materials Research and Testing (BAM), Germany, 政府関係機関.
2009.07~2009.07, 2週間未満, Brunel University, UnitedKingdom, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2009.02~2009.02, 2週間未満, Argonne National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 政府関係機関.
2008.07~2008.07, 2週間未満, Brunel University, UnitedKingdom, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
2008.02~2008.02, 2週間未満, Argonne National Laboratory, UnitedStatesofAmerica, 政府関係機関.
2007.04~2007.09, 1ヶ月以上, University of Pisa, Germany, 外国政府・外国研究機関・国際機関.
受賞
2016年度トライボロジーオンライン論文賞(Tribology Online Best Paper Award 2016), 社団法人日本トライボロジー学会, 2017.05.
平成25年度トライボロジーオンライン論文賞(Tribology Online Best Paper Award 2013), 社団法人日本トライボロジー学会, 2014.05.
平成24年度トライボロジーオンライン論文賞(Tribology Online Best Paper Award 2012), 社団法人日本トライボロジー学会, 2013.05.
平成20年度論文賞, 社団法人日本トライボロジー学会, 2009.05.
平成16年度論文賞, 社団法人日本トライボロジー学会, 2005.05.
平成10年度機素潤滑設計部門賞(業績賞), 社団法人日本機械学会, 1999.07.
The 1998 ASME Tribology Division Best Paper Award, The American Society of Mechanical Engineers, 1998.10.
平成4年度奨励賞, 社団法人日本トライボロジー学会, 1993.05.
平成3年度日本機械学会賞(研究奨励賞), 社団法人日本機械学会, 1992.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2004年度~2005年度, 萌芽研究, 代表, 撥油面とソフトEHLによる超低摩擦の実現.
2004年度~2006年度, 基盤研究(B), 代表, 表面構造の非定常性とマルチスケール性にもとづく潤滑破綻機構の解明と応用技術.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2004年度~2005年度, 地域新生コンソーシアム研究開発事業, 代表, コンプレッサーレスの高圧水電解水素ステーションの開発.
2002年度~2002年度, メカトロニクス技術高度化財団研究助成, 分担, ナノ潤滑薄膜のアクティブコントロール.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2004.12~2008.03, 代表, コンプレッサーレスの高圧水電解水素ステーションの開発.

九大関連コンテンツ