九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
安澤 幸隆(やすざわ ゆきたか) データ更新日:2016.10.27

教授 /  工学研究院 船舶海洋構造工学


教育活動概要
おもに、船舶海洋構造物の材料力学、構造力学、振動学に関する講義を担当している。
担当授業科目
2015年度・通年, Advanced Theory of Vibration for Ship and Marine Structures.

2015年度・通年, 船舶海洋構造工学講究A.

2015年度・通年, 海洋システム工学演習第三.

2015年度・後期, 船舶海洋振動学特論.

2015年度・前期, 連続体力学.

2015年度・前期, 海洋構造工学.

2015年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2015年度・前期, 船舶海洋システム工学実験第一.

2015年度・前期, 船舶海洋振動学第二.

2015年度・後期, 船舶海洋振動学第一.

2015年度・後期, 材料力学(甲).

2015年度・前期, 地球環境工学入門I.

2014年度・通年, 船舶海洋構造工学講究A.

2014年度・通年, 海洋システム工学演習第三.

2014年度・後期, 船舶海洋振動学特論.

2014年度・前期, 連続体力学.

2014年度・前期, 海洋構造工学.

2014年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2014年度・前期, 船舶海洋システム工学実験第一.

2014年度・前期, 船舶海洋振動学第二.

2014年度・後期, 船舶海洋振動学第一.

2014年度・後期, 材料力学(甲).

2014年度・前期, 地球環境工学入門I.

2013年度・通年, 船舶海洋構造工学講究A.

2013年度・通年, 海洋システム工学演習第三.

2013年度・前期, 連続体力学.

2013年度・後期, 船舶海洋振動学特論.

2013年度・前期, 海洋構造工学.

2013年度・前期, 地球環境工学演習(コアセミナー).

2013年度・前期, 船舶海洋システム工学実験第一.

2013年度・前期, 船舶海洋振動学第二.

2013年度・後期, 船舶海洋振動学第一.

2013年度・前期, 地球環境工学入門I.

2013年度・後期, 材料力学(甲).

2013年度・通年, 卒業研究.

2012年度・後期, 地球環境工学入門II.

2012年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2012年度・通年, 海洋システム工学演習第三.

2012年度・通年, 船舶海洋構造工学講究A.

2012年度・前期, 海洋構造工学.

2012年度・後期, 船舶海洋振動学第一.

2012年度・前期, 船舶海洋振動学第二.

2012年度・前期, 地球環境工学演習(コアセミナー).

2012年度・前期, 船舶海洋システム工学実験第一.

2012年度・後期, 船舶海洋振動学特論.

2012年度・前期, 連続体力学.

2012年度・後期, 材料力学(甲).

2011年度・後期, 地球環境工学入門II.

2011年度・後期, 材料力学(甲).

2011年度・前期, 連続体力学.

2011年度・後期, 船舶海洋振動学特論.

2011年度・前期, 船舶海洋システム工学実験第一.

2011年度・前期, 地球環境工学演習(コアセミナー).

2011年度・前期, 船舶海洋振動学第二.

2011年度・後期, 船舶海洋振動学第一.

2011年度・前期, 海洋構造工学.

2011年度・前期, 計算工学演習第三.

2011年度・通年, 船舶海洋構造工学講究A.

2011年度・通年, 海洋システム工学演習第三.

2010年度・前期, 連続体力学.

2010年度・後期, 船舶海洋振動学特論.

2010年度・前期, 船舶海洋システム工学実験第一.

2010年度・前期, 地球環境工学演習(コアセミナー).

2010年度・後期, 地球環境工学入門第二.

2010年度・前期, 船舶海洋振動学第二.

2010年度・後期, 船舶海洋振動学第一.

2010年度・前期, 海洋構造工学.

2010年度・前期, 計算工学演習第三.

2010年度・通年, 船舶海洋構造工学講究A.

2010年度・通年, 海洋システム工学演習第三.

2009年度・通年, 海洋システム工学演習第三.

2009年度・通年, 船舶海洋構造工学講究A.

2009年度・前期, 計算工学演習第三.

2009年度・前期, 海洋構造工学.

2009年度・後期, 船舶海洋振動学第一.

2009年度・前期, 船舶海洋振動学第二.

2009年度・後期, 地球環境工学入門第二.

2009年度・前期, 地球環境工学演習(コアセミナー).

2009年度・前期, 船舶海洋システム工学実験第一.

2009年度・後期, 船舶海洋振動学特論.

2009年度・前期, 連続体力学.

2008年度・通年, 海洋システム工学演習第三.

2008年度・通年, 船舶海洋構造工学講究A.

2008年度・前期, 計算工学演習第三.

2008年度・前期, 海洋構造工学.

2008年度・後期, 船舶海洋振動学第一.

2008年度・前期, 船舶海洋振動学第二.

2008年度・後期, 地球環境工学入門第二.

2008年度・前期, 地球環境工学演習(コアセミナー).

2008年度・前期, 船舶海洋システム工学実験第一.

2008年度・後期, 船舶海洋振動学特論.

2008年度・前期, 連続体力学.

2007年度・前期, 計算工学演習第三.

2007年度・前期, 海洋構造工学.

2007年度・後期, 船舶海洋振動学第一.

2007年度・前期, 船舶海洋振動学第二.

2007年度・後期, 地球環境工学入門第二.

2007年度・前期, 地球環境工学演習(コアセミナー).

2007年度・前期, 船舶海洋システム工学実験第一.

2007年度・後期, 船舶海洋振動学特論.

2007年度・前期, 連続体力学.

2006年度・後期, 船舶海洋振動学特論.

2006年度・前期, 船舶海洋システム工学実験第一.

2006年度・前期, 地球環境工学演習.

2006年度・後期, 地球環境工学入門第二.

2006年度・前期, 船舶海洋振動学第二.

2006年度・後期, 船舶海洋振動学第一.

2006年度・前期, 海洋構造工学.

2006年度・前期, 計算工学演習第三.

2006年度・前期, 連続体力学.

2005年度・前期, 船舶海洋振動学第二.

2005年度・後期, 地球環境工学入門第二.

2005年度・前期, 地球環境工学演習.

2005年度・前期, 船舶海洋システム工学実験第一.

2004年度・後期, 船舶海洋振動学特論.

2004年度・後期, 船舶海洋振動学第二.

2004年度・前期, 海洋構造工学.

2004年度・前期, 船舶海洋振動学第二.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2016.02, 部局, 参加, 男女共同参画セミナー.

2014.12, 部局, 参加, 平成26年度第2回工学部・工学府FD 米国の授業の実態(英語による講演) 講師:Ms Janice Coury.

2015.01, 学科, 参加, 第6回部門FD 船舶・海洋工学教育におけるコンピュータの利用.

2014.01, 学科, 参加, 第5回部門FD 「オープンキャンパスにおけるコース紹介の実施内容改善について」(1月9日).

2013.01, 部局, 参加, ハラスメント防止研修会.

2013.03, 学科, 参加, 部門FD.

2012.11, 学科, 参加, 部門FD コンピュータ関連授業の実施内容と今後の課題について.

2012.01, 学科, 企画, 学生実験科目 (船舶海洋システム工学実験) の実施内容及び改善すべき点.

2011.12, 部局, 参加, 工学部合同FD(学生のこころの健康支援の実際).

2011.02, 部局, 参加, 平成22年度工学部FD.

2008.01, 全学, 参加, 平成19年度第3回全学FD.

2007.10, 全学, 参加, 適正な研究活動に向けた説明会.

2003.11, 全学, 参加, 平成15年度情報セキュリティ講座.

2002.12, 全学, 参加, 平成14年度第2回全学FD.

学生のクラス指導等
2015年度, 学部, 地球環境工学科船舶海洋システム工学コース(平成26年度入学の過年度生).

2014年度, 学部, 地球環境工学科船舶海洋システム工学コース(平成18年度入学の過年度生).

2014年度, 学部, 地球環境工学科(平成26年度入学生、クラスS23のクラス担任).

2013年度, 学部, 地球環境工学科船舶海洋システム工学コース(平成18年度入学の過年度生).

2011年度, 学部, 地球環境工学科修学相談員.

2010年度, 学部, 地球環境工学科修学相談員.

2010年度, 学部, 地球環境工学科船舶海洋システム工学コース(平成18年度入学生)(留年生).

2009年度, 学部, 地球環境工学科修学相談員.

2009年度, 学部, 地球環境工学科船舶海洋システム工学コース4年生(平成18年度入学生).

2008年度, 学部, 九重研修.

2008年度, 学部, 地球環境工学科船舶海洋システム工学コース3年生.

2007年度, 学部, 九重研修.

2007年度, 学部, 地球環境工学科S11.

2006年度, 学部, 九重研修.

1988年度, 学部, 造船学科.

1998年度, 学部, 船舶海洋システム工学科.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2011年度, 国立大学法人愛媛大学, 平成23年7月13日~14日、船体振動, 非常勤講師.

2005年度, 長崎総合科学大学, 超大型浮体構造物の流力弾性応答, 集中講義.

その他の特筆すべき教育実績
2013.01, 国際コースの授業科目 1) 先端工学 III 2)Advanced Engineering A
において 2013年1月28日に 英語で「海洋エネルギーの利用」の講義を行った。.

2013.09, 平成25年度「造船技術者中級研修」の講師として、広島において船体振動に関する授業を行った。.

2012.07, 長崎県立長崎東高等学校への出張講義「海洋再生可能エネルギー利用と波力発電」.

2011.06, 国際環境システム特別コースの講義として、
6月20日 超大型浮体構造物
6月27日 船体構造振動
の講義を英語で行った。.

2012.02, 国際コースの授業科目 1) 先端工学 III 2)Advanced Engineering A
において 2012年2月6日に 英語で「海洋エネルギーの利用」の講義を行った。.

2010.09, 平成22年度「造船技術者中級研修」の講師として、広島において船体振動に関する授業を行った。.

2009.09, 日本船舶海洋工学会の平成21年 構造強度・材料溶接分野「夏の学校」において、講師として「船体振動の基礎知識」について講義を行った。.

2009.07, 日本技術者教育認定機構審査委員として、審査を実施。.

2008.07, 日本技術者教育認定機構審査委員.

2007.12, 城南高等学校への出張講義「超大型浮体構造物「メガフロート」について」.

2006.08, 北筑高等学校への出張講義「超大型浮体構造物「メガフロート」について」.

2006.04, 日本技術者教育認定機構審査委員オブザーバー.

2006.01, 九州大学工学部英語教育改善WGメンバー(2003年よりTOEIC IPおよびGyuto-Eの実施による工学部英語教育改善).

2005.10, 日本技術者教育認定機構審査委員講習会受講.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」