九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
安澤 幸隆(やすざわ ゆきたか) データ更新日:2016.10.27

教授 /  工学研究院 船舶海洋構造工学


大学院(学府)担当

工学府 海洋システム工学専攻 船舶海洋構造工学

学部担当



電子メール
ホームページ
FAX番号
092-802-3453
取得学位
工学博士(東京大学)
専門分野
船舶海洋工学
活動概要
大型船舶や海洋構造物のような大規模海洋構造物は、破壊や損傷による人命や環境への影響が大きいので、十分に安全性や環境影響を考慮して設計・建造されなければならない。このことに関連して、私は、構造安全性および快適性にとって重要な、大型船舶や海洋構造物の構造強度および動的弾性挙動に関する研究と教育を行っている。
船体構造の接水振動や超大型浮体構造物の流力弾性応答に関する研究や超大型浮体構造物の信頼性およびリスク評価に関する研究を行っている。
また、地球温暖化対策に貢献すべく、再生可能エネルギーの一つである海洋エネルギーの利用に関する情報を収集し、波力エネルギー利用システムの開発研究を行っている。

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」