九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
安澤 幸隆(やすざわ ゆきたか) データ更新日:2016.10.27

教授 /  工学研究院 船舶海洋構造工学


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
伊都祭で開催する「海と船を知る教室」(日本船舶海洋工学会海洋教育推進委員会)での「海洋エネルギーを利用した発電」講演
船体振動に関する民間企業や研究機関との共同研究および技術指導
水中線状構造物の強度に関する民間企業との共同研究
超大型浮体に関する日本大学海洋建築学科の研究室との研究連携
圧延による形状不整に関する鉄鋼メーカーとの共同研究
浮体式発電システムの開発、九州大学工学部公開講座講義録第9 号, 海洋エネルギー科学技術の現在と未来, pp.13-20, 2012.
公開講座「21世紀の海を拓く日本の造船技術」(h15.8.30)にて講演
公開講座H20年8月26日「マリンメッセ」にて「船の振動とオイラーの公式複素数の世界」を講演。
振動データベース研究会会長(H15より現在まで)
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
1997.04~2000.03, SR236の委員として研究に寄与。, 日本造船研究協会.

文部科学省, 日本学術振興会等による事業の審査委員等就任状況
2008.07, JABEE審査委員, 一般社団法人 日本技術者教育認定機構.

2006.04~2007.03, 審査委員オブザーバー, 日本技術者教育認定機構(JABEE).

新聞・雑誌記事及びTV・ラジオ番組出演等
1998.01, TNC, 浮体式海上空港に関するコメント.

2004.01, 南日本新聞, 船舶の座礁事故に対するコメント.

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2014.05, 海洋エネルギーを利用した発電, 日本船舶海洋工学会海洋教育推進委員会, 伊都キャンパス.

2015.05, 海洋エネルギーを利用した発電, 日本船舶海洋工学会海洋教育推進委員会, 伊都キャンパス.

2012.09, 浮体式発電システムの開発、九州大学工学部公開講座講義録第9 号, 海洋エネルギー科学技術の現在と未来, pp.13-20, 2012., 九州大学工学研究院海洋システム工学部門, 福岡市マリンメッセ福岡.

2008.08, 九州大学工学部公開講座
「船の振動とオイラーの公式・複素数の世界」, 九州大学工学研究院海洋システム工学部門, 福岡市マリンメッセ福岡.

2003.08, 九州大学, 国際会議場.

初等・中等教育への貢献状況
2012.07, 海洋再生可能エネルギー利用と波力発電, 長崎県立長崎東高等学校.

2008.11, 大学と研究について, 警固中学校 英知の会.

2007.12, 職業ガイダンス、超大型浮体構造物, 福岡市城南高校.

2006.08, 超大型浮体構造物「メガフロート」について, 北筑高等学校.

2006.11, 船と海洋構造物について, 警固中学校.

2004.11, 職業について講演, 警固中学校.

大学運営
学内運営に関わる各種委員・役職等
2010.04~2017.03, 工学研究院安全衛生委員会委員.

2015.04~2017.03, 広報委員会委員.

2013.04~2017.03, 環境安全衛生推進室(エネルギー資源管理部門)室員.

2010.04~2012.03, 大学説明会委員.

2011.04~2013.03, annual report編集委員会委員.

2010.04~2012.03, 修学相談員(地球環境工学科).

2012.04~2014.03, 工学部同窓会評議員.

2006.04~2015.03, 安全衛生専門部会.

2007.07~2008.03, 給与委員.

2006.04, 自己点検WG委員.

2005.04, 工学部英語教育改善WG委員.

2005.04, 安全衛生委員.

2002.04~2003.03, 工学部経理委員会委員.

2003.04~2009.03, 短期留学教務委員会委員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」