九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
菊池 裕嗣(きくち ひろつぐ) データ更新日:2018.08.31

教授 /  先導物質化学研究所 融合材料部門 ナノ組織化


教育活動概要
九州大学先導物質化学研究所において総合理工学府大学院生の教育と研究指導に従事し、機能分子工学、分子プロセス工学の講義等を担当している。
九州大学工学部エネルギー科学科の講義、演習、実験、卒業研究等を担当。
担当授業科目
2016年度・後期, Applied Science for Electronics and Materials III.

2016年度・通年, Doctoral Research (III).

2016年度・冬学期, 量子プロセス理工学概論Ⅴ.

2016年度・後期, 応用物質工学.

2016年度・前期, 機能分子工学基礎.

2018年度・前期, 機能分子工学基礎.

2017年度・後期, 応用物質工学.

2017年度・前期, 機能分子工学基礎.

2017年度・冬学期, 量子プロセス理工学概論Ⅴ.

2017年度・後期, 機能分子工学演習.

2017年度・後期, 量子プロセス理工学特論第三.

2017年度・通年, Doctoral Research (III).

2017年度・後期, Applied Science for Electronics and Materials III.

2015年度・後期, 量子プロセス理工学概論Ⅴ.

2014年度・後期, 量子プロセス理工学概論Ⅴ.

2015年度・前期, 有機材料科学Ⅱ.

2015年度・前期, 機能分子工学.

2013年度・後期, 量子プロセス理工学概論Ⅴ.

2012年度・後期, 量子プロセス理工学概論Ⅴ.

2014年度・前期, 機能分子工学.

2014年度・前期, 有機材料科学Ⅱ.

2013年度・前期, 有機材料科学Ⅱ.

2013年度・前期, 化学Ⅱ.

2013年度・前期, 機能分子工学.

2012年度・前期, 有機材料科学Ⅱ.

2011年度・後期, 量子プロセス理工学概論Ⅴ.

2011年度・後期, 機能分子工学基礎.

2010年度・後期, 量子プロセス理工学概論Ⅴ.

2009年度・後期, 機能分子工学基礎.

2009年度・後期, 量子プロセス理工学概論.

2008年度・後期, 量子プロセス理工学概論.

2007年度・後期, 機能分子工学基礎.

2006年度・後期, 量子プロセス理工学概論.

2005年度・後期, 機能分子工学基礎.

2003年度・前期, 創造工学演習.

2003年度・前期, 高分子化学第二.

2003年度・前期, 物理化学演習.

2003年度・後期, 高分子材料学.

2003年度・後期, 高分子物性学.

2002年度・前期, 創造工学演習.

2002年度・前期, 高分子化学第二.

2002年度・前期, 材料物性化学.

2002年度・後期, 材料物性解析学.

2002年度・後期, 高分子材料学.

2002年度・前期, 物理化学演習.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2014年度, 京都大学, 2014年5月21-13日, 集中講義, 国内.

2010年度, 北海道大学, 2011年2月8,9,10日, 集中講義, 国内.

2005年度, 山形大学工学部, 2005.10.26-28, 集中講義, 国内.

2005年度, 佐賀大学理工学部, 2005.9.28-30, 集中講義, 国内.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」