九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
外井 哲志(とい さとし) データ更新日:2018.06.11

准教授 /  工学研究院 環境社会部門 都市システム学


教育活動概要
大学院
講義名:交通流工学
講義名:交通情報・誘導学
講義名:オートモーティブ人間科学概論
講義名:国際コミュニケーション演習
講義名:上級国際コミュニケーション演習

学部

講義名:公共政策論
     経済学の初歩、費用効果分析、日本の財政 
講義名:交通計画学  
自動車の交通流理論、交通調査法、4段階推計法、交通網計画論などを講義。
    地域都市計画 

環境都市演習 第1,第2{地球環境工学科 建設都市コース2〜4年生)
 交通計画学、都市計画学、国土計画などに関する演習を行う。
 地球環境工学演習 (地球環境工学科1年生)

個別教養 (全学共通教育;分担)

教科書等の執筆
演習土木計画数学(共著)森下出版
地区交通計画(共著)国民科学社
新建築学シリーズ 都市計画(共著)朝倉書店
快適な歩行空間づくりをめざして(共著)櫂歌書房
公共政策論(単著)櫂歌書房
交通計画学(単著)櫂歌書房
担当授業科目
2018年度・通年, 国際コミュニケーション演習.

2018年度・前期, オートモティブ人間科学概論.

2018年度・前期, 交通流工学.

2018年度・前期, Transportation Planning.

2017年度・前期, オートモティブ人間科学概論.

2017年度・前期, Transportation Planning.

2017年度・前期, 交通流工学.

2017年度・通年, 国際コミュニケーション演習.

2016年度・通年, 国際コミュニケーション演習.

2016年度・後期, 交通計画学.

2016年度・前期, Transportation Planning.

2016年度・後期, 交通情報誘導学.

2016年度・前期, オートモティブ人間科学概論.

2016年度・前期, 交通流工学.

2015年度・前期, オートモティブ人間科学概論.

2015年度・後期, 交通情報誘導学.

2015年度・前期, 交通流工学.

2015年度・前期, Transportation Planning.

2015年度・前期, 交通計画学.

2015年度・通年, 国際コミュニケーション演習.

2014年度・前期, オートモティブ人間科学概論.

2014年度・後期, 交通情報・誘導学.

2014年度・前期, 交通流工学.

2014年度・前期, Transportation Planning.

2014年度・前期, 交通計画学.

2014年度・通年, 国際コミュニケーション演習.

2013年度・後期, 公共政策論.

2014年度・後期, 公共政策論.

2013年度・通年, 国際コミュニケーション演習.

2013年度・前期, 地球環境工学入門Ⅰ.

2012年度・前期, 地球環境工学入門Ⅰ.

2012年度・通年, 国際コミュニケーション演習.

2012年度・通年, オートモティブサイエンス演習Ⅰ~Ⅳ.

2012年度・前期, 交通流工学.

2012年度・後期, 交通情報誘導学.

2012年度・後期, 公共政策論.

2013年度・前期, オートモティブ人間科学概論.

2013年度・前期, 交通流工学.

2013年度・前期, Transportation Planning.

2013年度・前期, 交通計画学.

2011年度・通年, 都市環境システム工学演習第一.

2011年度・後期, 都市環境システム工学特論第一.

2011年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2011年度・後期, 交通情報・誘導学.

2011年度・前期, 地球環境工学入門Ⅰ.

2011年度・後期, 公共政策論.

2011年度・通年, オートモティブサイエンス演習Ⅰ~Ⅳ.

2011年度・前期, 国際コミュニケーション演習.

2011年度・前期, オートモティブ人間科学概論.

2011年度・前期, 交通流工学.

2010年度・通年, 国際コミュニケーション演習.

2010年度・前期, オートモティブ人間科学概論.

2010年度・後期, 交通情報・誘導学.

2010年度・前期, 交通流工学.

2010年度・後期, 公共政策論.

2010年度・前期, 環境・都市演習第二.

2010年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2010年度・前期, 基礎計画学.

2009年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2009年度・後期, 環境・都市演習第二及び設計製図.

2009年度・後期, 交通計画学.

2009年度・後期, 公共政策論.

2009年度・後期, 上級国際コミュニケーション演習.

2009年度・後期, 交通情報・誘導学.

2009年度・前期, 国際コミュニケーション演習.

2009年度・前期, オートモーティブ 人間科学概論.

2009年度・前期, 交通流工学.

2008年度・前期, 計画数理特論.

2008年度・後期, 公共政策論.

2008年度・前期, 地球環境工学演習.

2008年度・後期, 環境・都市演習第二及び設計製図.

2007年度・後期, 環境・都市演習第二及び設計製図.

2008年度・後期, 交通計画学.

2008年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2008年度・後期, 図形科学Ⅲ.

2007年度・後期, 図形科学Ⅲ.

2007年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2007年度・後期, 最適化数理.

2007年度・後期, 交通計画学.

2007年度・前期, 計画数理特論.

2007年度・前期, 地球環境工学演習.

2003年度・後期, 環境・都市演習第二及び設計製図.

2004年度・後期, 環境・都市演習第二及び設計製図.

2005年度・後期, 環境・都市演習第二及び設計製図.

2003年度・前期, 計画数理特論.

2006年度・後期, 環境・都市演習第二及び設計製図.

2004年度・前期, 計画数理特論.

2004年度・前期, 計画数理特論.

2003年度・後期, 交通計画学.

2005年度・前期, 計画数理特論.

2004年度・後期, 交通計画学.

2005年度・後期, 交通計画学.

2006年度・後期, 交通計画学.

2003年度・後期, 最適化数理.

2004年度・後期, 最適化数理.

2005年度・後期, 最適化数理.

2006年度・後期, 最適化数理.

2003年度・前期, 地球環境工学演習.

2004年度・前期, 地球環境工学演習.

2005年度・前期, 地球環境工学演習.

2003年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2006年度・前期, 地球環境工学演習.

2004年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2005年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

2006年度・通年, 地球環境工学卒業研究.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2009.01, 全学, 参加, 教育GPを通じた教育改革.

学生のクラス指導等
2011年度, 全学, 保健管理専門委員会委員.

2011年度, 全学, 第1種奨学資金返還免除候補者推薦予備選考委員会委員.

2012年度, 全学, 学生委員会委員.

2002年度, 学部, 地球環境工学科建設都市コース.

1995年度, 全学, 地球環境工学科建設都市コース.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2012年度, 九州大学合成システム生物学研究センター, 平成24年度より, 併任教員, 国内.

2011年度, 九州大学炭素資源国際教育研究センター, 併任教員, 国内.

2010年度, 炭素資源国際教育研究センター, 平成22年度~平成23年度, 併任教員, 国内.

2007年度, 九州工業大学, 前期, 集中講義, 国内.

1999年度, 九州産業大学大学院, 平成11年 4月〜平成12年3月, 非常勤講師, 国内.

1996年度, 佐賀大学工学部(土木計画学), 平成8年 4月〜平成10年3月, 非常勤講師, 国内.

1998年度, 福岡大学工学部土木工学科, 平成10年 4月〜平成10年9月, 非常勤講師, 国内.

1993年度, 山口大学工学部, 平成 5年 4月〜平成 5年 9月, 非常勤講師, 国内.

1992年度, 九州産業大学工学部土木工学科, 平成 4年10月 〜平成 5年 3月, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2011.03, 国際ワークショップ-アジアの低炭素化に向けた都市の取組み, 北九州市, IGES, 200.

2007.12, 国連ハビタット専門家会議, 福岡, 国連ハビタットアジア太平洋事務所, 50.

2006.05, 外国碩学招請講演会, 韓国釜山, 東義大学校都市工学科, 100.

2005.09, EASTS, バンコク, EASTS, 500.

1999.01, EASTS, 台湾台北, EASTS, 300.

その他の特筆すべき教育実績
2010.10, 学部授業の公共政策論のテキストを作成した。内容は、経済学の基礎知識、わが国の財政、公共政策の経済効果分析(費用効果分析と産業連関分析).

2009.10, 交通計画学のテキストを作成した。内容は、交通調査、交通需要予測、交通流と交通容量、交通需要管理、新しい都市交通政策などである。.

2009.06, 研究室での学生の指導に当たっては研究指導に限らず、学生の人格形成に資するため、参考となる教養書の内容紹介や、講演会の概要を伝えるなどの努力をしている。.

2009.04, 統合新領域学府オートモーティブサイエンスの専任であるが、工学府都市環境システム工学専攻においても同様に、博士課程、修士課程の学生の研究指導を実施している。.

2008.10, 学部教育では、地球環境工学科建設都市コースの学生を対象にして、公共政策論、交通計画学の2科目の授業を行っているが、このうち、公共政策論は新設の科目であり、多くの経済学の書籍を参考として、公共経済学の内容を盛り込んだ教科書を作成した。授業の内容は、経済学の基礎、財政と予算、公共事業の費用効果分析の3部構成である。
.

2009.04, 大学院教育では、統合新領域学府オートモーティブサイエンス専攻において、交通流工学、交通情報・誘導学、およびオートモーティブ人間科学概論(分担)の授業、国際コミュニケーション演習の指導を行っている。交通流工学では、講義以外に交通シミュレーションの実技演習を取り入れ、実務に資する技術の習得を目指した指導を行っている。.

2009.10, 交通情報・誘導学はこれまで学問として体系化されていない。このため、これまでの研究をもとに、この分野の体系化を試み、教科書を作成した。
.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」