九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
渡辺 幸信(わたなべ ゆきのぶ) データ更新日:2018.10.20

教授 /  総合理工学研究院 エネルギー科学部門 エネルギーシステム学


主な研究テーマ
核変換による高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化: 高速中性子核破砕反応に関する研究
キーワード:長寿命核分裂生成物, 核変換、核破砕反応、逆運動学、高速中性子生成
2014.10.
半導体デバイスに対する宇宙線誘起ソフトエラーに関する研究
キーワード:半導体デバイス、宇宙線、中性子、陽子、ミュオン、ソフトエラー、核反応、シミュレーション
2008.04.
加速器中性子源設計に関連した重陽子入射反応核データの研究
キーワード:重陽子、核データ、分解反応、連続状態離散化チャネル結合法、加速器中性子源
2007.04.
超高強度短パルスレーザーを用いたレーザー駆動イオン加速に関する研究
キーワード:量子ビーム技術、高強度フェムト秒レーザー、高速イオン、電子、医療応用、加速器用イオン源
2012.04.
核融合炉工学に関連した軽核の中性子核反応に関する研究
キーワード:核融合炉工学、中性子核反応、軽核、断面積計算、離散的チャネル結合法
2010.05~2017.03.
低価格・高速・高精度放射能測定装置の実用化開発
キーワード:NaIシンチレータ、アンフォ-ルディング、放射性セシウム、応答関数
2012.10~2014.09.
高エネルギー核データ評価・データベース化に関する研究
キーワード:高エネルギー核データ、核反応断面積データベース
1999.04~2015.03.
従事しているプロジェクト研究
安全・安心・スマートな長寿社会実現のための高度な量子アプリケーション技術の創出
2017.10~2021.03, 代表者:中野 貴志, 大阪大学
本プロジェクトは、科学技術振興機構が推進する産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA)の1つである。2つの研究領域”超スマート社会の安全基盤を支えるソフトエラー対策”と”健康長寿社会実現のためのアルファ線核医学治療の開発”で構成されており、九大チームは、前半の研究領域における研究開発課題「半導体ソフトエラー評価技術の確立」を担当する。.
核変換による高レベル放射性廃棄物の大幅な低減・資源化
2014.10~2018.03, 代表者:藤田 玲子
本プロジェクトは、総合科学技術・ イノベーション会議が実施する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の1つである。地層処分が唯一の選択肢であった長寿命核分裂生成物の核反応経路を究明し、生成物に含まれる白金族やレアメタル等を資源利用するエコ・システムに挑戦する。長寿命核分裂生成物の核反応データを世界で初めて取得し、短半減期核種または安定核種に変換する世界初の核反応経路を最先端施設により探る。九大チームは、理研RIBF施設を利用した核破砕反応データの取得と解析を主に担当する。.
Fusion Evaluated Nuclear Data Library FENDL-3
2008.12~2011.12, 代表者:Robin Forrest, 国際原子力機関(IAEA), 国際原子力機関(IAEA)
IFMIFやITER以降の次世代DEMO炉まで適用対象を拡張するために、核融合用核反応断面積データベースFENDL-2.1のアップグレードを狙ったIAEA研究協力プロジェクト(12カ国+2国際機関参加)。その成果がFENDL-3として2012年に公開された。.
研究業績
主要著書
1. 渡辺 幸信, 原子力・量子・核融合事典(第I分冊 1.3.2, 1.3.8, 1.3.11節), 丸善出版, 2014.12.
主要原著論文
1. Shinsuke Nakayama, Naoya Furutachi, Osamu Iwamoto, Yukinobu Watanabe, Role of breakup processes in deuteron-induced spallation reactions at 100–200 MeV/nucleon, Physical Review C, 10.1103/PhysRevC.98.044606, 98, 044606, 2018.10.
2. Seiya Manabe, Yukinobu Watanabe, Wang Liao, Masanori Hashimoto, Keita Nakano, Hikaru Sato, Tadahiro Kin, Shin-ichiro Abe, Koji Hamada, Motonobu Tampo and Yasuhiro Miyake, Negative and Positive Muon-Induced Single Event Upsets in 65-nm UTBB SOI SRAMs, IEEE Transaction on Nuclear Science, 10.1109/TNS.2018.2839704, 65, 8, 1742-1749, 2018.08.
3. Shoichiro Kawase, Keita Nakano, Yukinobu Watanabe, He Wang, Hideaki Otsu, Hiroyoshi Sakurai (他43名), Study of proton- and deuteron-induced spallation reactions on the long-lived fission product 93Zr at 105 MeV/nucleon in inverse kinematics, Prog. Theor. Exp. Phys., 10.1093/ptep/ptx110, 093D03 (10 pages), 2017.09, 理研RIBFにおいて逆運動学手法を用いて、長寿命核分裂生成物核種であるZr-93に対する105 MeV/核子 陽子・重陽子入射核破砕反応による同位体生成断面積を測定した。Zr、Y同位体生成量分布において、中性子魔法数N=50に起因すると思われるギャップを観測した。粒子・重イオン輸送計算コードPHITSに組み込まれている核反応理論モデル計算との比較の結果、計算は少数の核子を除去する反応の断面積を大きく過剰評価しており、現モデルの改良の必要性を明らかにした。本実験データは、核破砕反応が高レベル放射性廃棄物中のZr-93を処理する核反応プロセスの有力な候補であることを示唆している。.
4. Shouhei Araki, Yukinobu Watanabe, Mizuki Kitajima, Hiroki Sadamatsu, Keita Nakano, Tadahiro KIN, Yosuke Iwamoto, Daiki Satoh, Masayuki Hagiwara, Hiroshi Yashima, Tatsushi Shima, Systematic measurement of double-differential neutron production cross sections for deuteron-induced reactions at an incident energy of 102 MeV, Nuclear Instruments and Methods in Physics Research A, http://dx.doi.org/10.1016/j.nima.2016.10.043, 842, 62-70, 2017.01, Double-differential neutron production cross sections (DDXs) for deuteron-induced reactions on Li, Be, C, Al,
Cu, and Nb at 102 MeV were measured at forward angles ≤25° by means of a time of flight (TOF) method with
NE213 liquid organic scintillators at the Research Center of Nuclear Physics (RCNP), Osaka University. The experimental DDXs and energy-integrated cross sections were compared with TENDL-2015 data and Particle and Heavy Ion Transport code System (PHITS) calculation using a combination of the KUROTAMA model, the Liege Intra-Nuclear Cascade model, and the generalized evaporation model. The PHITS calculation showed better agreement with the experimental results than TENDL-2015 for all target nuclei, although the shape of the broad peak around 50 MeV was not satisfactorily reproduced by the PHITS calculation..
5. Shinsuke Nakayama, Hiroshi Kouno, Yukinobu Watanabe, Osamu Iwamoto, Kazuyuki Ogata, Theoretical model analysis of (d,xn) reactions on 9Be and 12C at incident energies up to 50 MeV, Physical Review C, DOI: 10.1051/epjconf/2016122004004, 94, 014618, 2016.07.
6. Shinsuke Nakayama, Yukinobu Watanabe, Systematic investigation of spectroscopic factors from (d,p) reactions for deuteron nuclear data evaluation, Journal of Nuclear Science and Technology, 10.1080/00223131.2015.1023380, 53, 1, 89-101, 2015.05.
7. Hairui Guo, Y. Watanabe, Takuma Matsumoto, Kazuyuki Ogata, Masanobu Yahiro, Systematic analysis of nucleon scattering from 6,7Li with the continuum discretized coupled channels method, Physical Review C, 10.1103/PhysRevC.87.024610, 87, 024610(9 pages), 2013.02.
8. Shin-ichiro Abe, Yukinobu Watanabe, Nozomi Shibano, Nobuyuki Sano, Hiroshi Furuta, Masafumi Tsutsui, Taiki Uemura, and Takahiko Arakawa, Multi-Scale Monte Carlo Simulation of Soft Errors Using PHITS-HyENEXSS Code System, IEEE Transactions on Nuclear Science, 10.1109/TNS.2012.2187215, 59, 4, 965-970, 2012.08.
9. Tao Ye, Shintaro Hashimoto, Yukinobu Watanabe, Kazuyuki Ogata, Masanobu Yahiro, Analysis of inclusive (d,xp) reactions on nuclei from 9Be to 238U at 100 MeV, Physical Review C, 10.1103/PhysRevC.84.054606, 84, 054606(8 pages), 2011.11.
10. Y. Watanabe, K. Kosako, S. Kunieda, S. Chiba, R. Fujimoto, H. Harada, M. Kawai, F. Maekawa, T. Murata, H. Nakashima, K. Niita, N. Shigyo, S. Shimakawa, N. Yamamo, T. Fukahori, Status of JENDL High Energy File, J. Korean Physical Society, 10.3938/jkps.59.1040, 59, 2, 1040-1045, 2011.08.
11. Tao Ye, Yukinobu Watanabe, Kazuyuki Ogata, Analysis of deuteron breakup reactions on 7Li for energies up to 100 MeV, Physical Review C, Vol. 80, 014604(8 pages), 2009.07.
12. K. SHIBATA, T. KAWANO, T. NAKAGAWA, O. IWAMOTO, J. KATAKURA, T. FUKAHORI, S. CHIBA, A. HASEGAWA, T. MURATA, H. MATSUNOBU, T. OHSAWA, Y. NAKAJIMA, T. YOSHIDA, A. ZUKERAN, M. KAWAI, M. BABA, M. ISHIKAWA, T. ASAMI, T. WATANABE, Y. WATANABE, M. IGASHIRA, N. Y, Japanese Evaluated Nuclear Data Library Version 3 Revision-3: JENDL-3.3, J. of Nucl. Sci. and Technol., 10.3327/jnst.39.1125, 39, 11, 1125-1136, Vol.39, pp. 1125-1136, 2002.01.
13. Y. Watanabe, R. Kuwata, Sun Weili, M. Higashi, H. Shinohara, M. Kohno, K. Ogata, M. Kawai, Semiclassical distorted wave model analysis of multistep direct (p.p'x) and (p,nx) reactions to the continuum, Phys. Rev. C, 10.1103/PhysRevC.59.2136, 59, 4, 2136-2151, Vol. 59, No.4, pp.2136-2151, 1999.04.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 西沢 博志, 林 真照, 東 哲史, 渡辺 幸信, 金 政浩, 迅速測定が可能な放射能分析技術, 季刊 環境研究(公益財団法人日立財団) No.180, pp.5-13, 2016.01.
2. 安部晋一郎, 渡辺幸信, 半導体デバイスの宇宙線中性子起因ソフトエラーシミュレーション, 放射線, Vol.40, No.1, pp.29-37, 2014.03.
3. 西谷健夫、馬場 護、渡辺幸信、村田 勲, 核融合炉関連核データの現状と将来展望-フェムトスケールの物理が支える核融合炉開発-, 日本原子力学会誌, 2009.10.
4. 鬼柳善明、永宮正治、大山幸夫、池田裕二郎、大井川宏之、井頭政之、馬場 護、岩崎智彦、渡辺幸信、石橋健二, 大強度陽子加速器施設(J-PARC)で期待される原子核科学, 日本原子力学会誌, Vol.46, No.3, pp.173-197, 2004.03.
主要学会発表等
1. Seiya Manabe, Yukinobu Watanabe, Wang Liao, Masanori Hashimoto, Keita Nakano, Hikaru Sato, Tadahiro Kin, Koji Hamada, Motonobu Tampo, Yasuhiro Miyake, Momentum and Supply Voltage Dependences of SEUs Induced by Low-energy Negative and Positive Muons in 65-nm UTBB-SOI SRAMs, RADECS2017, 2017.10, We have performed an irradiation test of low-energy positive and negative muons on 65-nm ultra-thin body and thin buried oxide (UTBB-SOI) SRAMs. The SEU cross sections were measured systematically as a function of incident muon momentum and operating supply voltage. The experimental result showed that the negative muon SEUs occur at about 3 times higher rate than the positive muon ones at the supply voltage of 0.5 V when the incident muons stop near the sensitive volume, because the capture of negative muon by atomic nuclei generates secondary ions with high LET in addition to direct ionization of incident muon..
2. Yukinobu Watanabe, Tadahiro Kin, Shouhei Araki, Shinsuke Nakayama, Osamu Iwamoto, Deuteron nuclear data for the design of accelerator-based neutron sources: measurement, model analysis, evaluation, and application, International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND2016), 2016.09.
3. Y. Watanabe, H. Guo, N. Nagaoka, T. Matsumoto, K. Ogata, M. Yahiro, Nucleon and triton production from nucleon-induced reactions on 7Li, Fifth International Workshop on Compound-Nuclear Reactions and Related Topics (CNR*15), 2015.10.
4. Shin-ichiro Abe, Yukinobu Watanabe, Analysis of Single Event Upsets Induced by Low Energy Neutrons in a 25 nm MOSFET, IEEE Nuclear and Space Radiation Effects Conference (NSREC2014), 2014.07, We have analyzed SEUs induced by low energy neutrons in a 25nm MOSFET using PHYSERD simulation and clarified that the relative importance between elastic recoils and light ions depends on the size of interaction volume..
5. Shin-ichiro Abe, Ryotaro Ogata, Yukinobu Watanabe, Impact of Nuclear Reaction Models on Neutron-Induced Soft Error Rate Analysis, International Conference on Radiation Effects on Components and Systems (RADECS2013), 2013.09, Terrestrial neutron-induced soft error rate (SER) analyses in the 25 nm design rule MOSFET are performed by means of multi-scale Monte Carlo simulation with different nuclear reaction models used in PHITS code. It is clarified that a choice of nuclear reaction models has a great effect on the SER prediction. Even if the calculated production cross sections for secondary ions are same among different reaction models, the difference in double-differential cross sections results in essential impact on the calculated SERs. Through validation of the nuclear reaction models used in PHITS code, it is found that the combined use of the e-mode with JENDL-4.0 below 20 MeV and the MQMD plus GEM above 20 MeV is the most suitable for the soft error simulation..
6. Y. Watanabe, S. Abe, Nuclear reaction models responsible for simulation of neutron-induced soft errors in microelectronics, International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND2013), 2013.03.
7. Yukinobu Watanabe, Shusuke Hirayama, Hiroshi Umishio, Yuuki Naito, Masateru Hayashi, Riccardo Bevilacqua, Vasily Simutkin, Stephan Pomp, Cecilia Gustavsson, Michael Österlund, Anders Hijalmarsson, Alexander Prokofiev and Udomrat Tippawan , Light ion production in 175 MeV quasi mono-energetic neutron induced reactions on carbon, oxygen, and silicon, 12th International Conference on Radiation Shielding (ICRS-12) & 17th Topical Meeting of the Radiation Protection and Shielding Division of the American Nuclear Society (RPSD-2012), 2012.09.
8. Y. Watanabe, T. Fukahori, S. Kunieda, K. Kosako, S. Chiba, R. Fujimoto, H. Harada, M. Kawai, F. Maekawa, T. Murata, H. Nakashima, K. Niita, N. Shigyo, S. Shimakawa, N. Yamamo, Status of JENDL High Energy File, International Conference on Nuclear Data for Science and Technology (ND2010), 2010.04.
9. Yukinobu Watanabe, Kouta Nishijima, Akihiko Kodama, Dimitre N. Kadrev, Cosmic-rays induced single-event upsets in microelectronics and related nuclear reaction database, International Nuclear Physics Conference, 2007.06.
10. Yukinobu Watanabe and Dimitre N. Kadrev, Extension of quantum molecular dynamics for production of light complex particles in nucleon-induced reactions, International Conference on Nuclear Data for Science and Technology, 2007.04.
11. Y. Watanabe and T. Fukahori, Nuclear data evaluation for JENDL high-energy file, Int. Conf. on Nuclear Data for Science and Technology, 2004.09.
特許出願・取得
特許出願件数  4件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本原子力学会
日本物理学会
米国物理学会
応用物理学会
学協会役員等への就任
2018.04~2019.03, 日本原子力学会九州支部, 支部長.
2017.04~2019.03, 日本原子力学会核データ部会, 副部会長.
2017.04~2019.03, 日本原子力学会, 代議員.
2017.04~2018.03, 日本原子力学会九州支部, 副支部長.
2015.04~2017.03, 日本原子力学会, 代議員.
2015.04~2017.03, 日本原子力学会核データ部会, 副部会長.
2009.05~2011.04, 日本原子力学会九州支部, 幹事.
2008.04~2010.03, 日本原子力学会核データ部会, 運営委員.
2006.04~2008.03, 日本原子力学会核データ部会, 運営委員.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2012.09.03~2012.09.07, 放射線遮蔽国際会議(ICRS-12), 座長(Chairmanship).
2010.04.26~2010.04.30, 核データ国際会議(ND2010), 座長(Chairmanship).
2006.06.01~2006.06.07, 第10回中性子ドジメトリー国際シンポジウム, 座長(Chairmanship).
2015.11.11~2015.11.13, The 11th International Workshop on Radiation Effects on Semiconductor Device for Space Applications (RASEDA), プログラム委員会委員.
2016.09.11~2016.09.16, International Conference on Nuclear Data for Science and Technology: ND2016, 国際プログラム委員会委員.
2015.10.20~2015.10.23, 5th International Workshop on Compound-Nuclear Reactions and Related Topics: CNR*15, 国際諮問委員会委員.
2013.03.04~2013.03.08, International Conference on Nuclear Data for Science and Technology: ND2013, 国際プログラム委員会委員.
2012.09.02~2012.09.07, International Conference on Radiation Shielding (ICRS-12), 国際プログラム委員会委員.
2011.09.19~2011.09.22, 日本原子力学会秋の大会, 現地委員.
2010.11.25~2010.11.26, 核データ研究会, 実行委員会委員長.
2010.04.26~2010.04.30, International Conference on Nuclear Data for Science and Technology: ND2010, 国際プログラム委員会委員.
2008.08.05~2008.08.08, The 4th Japan-Korea Joint Summer School on Accelerator and Beam Science, Nuclear Data, Radiation Engineering and Reactor Physics , 現地委員.
2008.11.13~2009.11.14, 10th Cross Straits Symposium on Materials, Energy, and Environmental Science (CSS10), 組織委員会委員および現地委員.
2004.03.01~2004.03.05, The Fifth Japan-China Joint Nuclear Physics Symposium, Executive Committee(現地実行委員).
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2000.07~2003.06, 日本原子力学会誌、J. of Nuclear Science and Technology, 国内, 編集委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度  
2016年度    
2015年度      
2014年度      
2013年度  
2012年度      
2011年度      
2010年度    
2009年度
2008年度
2007年度 11 
2006年度
2005年度
2004年度
2003年度
2002年度
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Varenna, Italy, 2018.06~2018.06.
UNIST, KAERI, Korea, 2017.11~2017.11.
Geneva, Switzerland, 2017.10~2017.10.
Brugge, Belgium, 2016.09~2016.09.
New York, UnitedStatesofAmerica, 2013.03~2013.03.
China Institute of Atomic Energy, China, 2012.10~2012.10.
Jeju lsland, Korea, 2010.04~2010.04.
国際原子力機関, Austria, 2010.03~2010.03.
Bordeaux , France, 2009.10~2009.10.
Uppsala University, Sweden, 2009.06~2006.06.
国際原子力機関, Austria, 2008.12~2008.12.
Uppsala University, Chalmers University of Technology, Sweden, Sweden, 2008.10~2008.10.
アクロポリス国際会議場@ニース, France, 2007.04~2007.04.
Uppsala University, Sweden, 2006.06~2006.06.
フランス原子力庁DIF, France, 2005.09~2005.09.
サンタフェ, UnitedStatesofAmerica, 2004.09~2004.09.
中国応用物理・計算数学研究院, 中国原子能研究所, China, 2003.10~2003.10.
Uppsala University, Sweden, 2003.06~2003.06.
Korea Advanced Institute of Science and Technology, Korea, 2002.02~2002.02.
外国人研究者等の受入れ状況
2017.05~2017.05, 2週間未満, Institute for Nuclear Research and Nuclear Energy, Bulgaria, .
2010.10~2010.12, 1ヶ月以上, Institute for Nuclear Research and Nuclear Energy, Bulgaria, 日本学術振興会.
2007.10~2007.12, 1ヶ月以上, Institute of Applied Physics and Computational Mathematics, China, 政府関係機関.
2007.04~2007.04, 2週間未満, Chalmers University of Technology, Sweden, 学内資金.
2007.06~2007.06, 2週間未満, Uppsala University, Sweden, 民間・財団.
2005.11~2007.10, 1ヶ月以上, Institute for Nuclear Research and Nuclear Energy, Bulgaria, 日本学術振興会.
2002.08~2003.09, 1ヶ月以上, Institute for Nuclear Research and Nuclear Energy, Bulgaria, 日本学術振興会.
2001.10~2001.10, 2週間以上1ヶ月未満, Institute for Nuclear Research and Nuclear Energy, Bulgaria, 日本学術振興会.
受賞
RADECS2017 Best Paper Award, RADECS 2017 Conference, 2018.09.
第42回環境賞(環境大臣賞・優秀賞), 公益財団法人 日立財団, 2015.05.
Award for the RADECS2013 Best Poster Paper, RADECS 2013 Conference, 2014.07.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2016年度~2018年度, 基盤研究(B), 代表, 半導体デバイスのミューオン誘起ソフトエラー率評価のための技術基盤構築.
2015年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, レーザー駆動量子ビーム照射場を用いた半導体デバイス用宇宙線影響評価手法の開発.
2010年度~2012年度, 基盤研究(C), 代表, 分解反応過程を考慮した核融合中性子及び重陽子核反応断面積計算コードシステム開発.
2007年度~2009年度, 基盤研究(C), 代表, 加速器中性子源設計に関連した重陽子入射反応核データの研究.
2007年度~2010年度, 基盤研究(S), 連携, 材料損傷機構の実験および理論による包括的研究と高エネルギー量子ビーム場用材料開発.
2001年度~2003年度, 基盤研究(B), 代表, タンデム加速器を利用した先進的単色中性子源の実用化と中性子ビーム理工学への応用.
1997年度~1999年度, 基盤研究(B), 代表, 粒子線高度利用分野における中高エネルギー陽子核データに関する研究.
1995年度~1997年度, 一般研究(C), 代表, 前平衡核反応過程の多段階直接反応機構に関する理論的研究.
1991年度~1991年度, 奨励研究(A), 代表, ICメモリーのエラー率評価用荷電粒子核データ.
1990年度~1990年度, 奨励研究(A), 代表, 20~40MeV陽子入射における放出粒子の連続スペクトルに関する研究.
1989年度~1989年度, 奨励研究(A), 代表, 10~20MeV中性子及び陽子入射における12C->3α過程に関する研究.
日本学術振興会への採択状況(科学研究費補助金以外)
2010年度~2010年度, 外国人招へい研究者(短期), 高エネルギー核子入射反応による軽クラスターイオンの動的生成過程の研究
M.K. Gaidarov准教授(ブルガリア).
2008年度~2008年度, 特定国派遣, 代表, 生体組織及び半導体デバイスにおける高エネルギー粒子・イオン輸送に関する研究.
2005年度~2007年度, 外国人特別研究員, Study of light ion production in high energy neutron-induced reactions for accelerator applications
Dr. D.N. Kadrev (Bulgaria).
2003年度~2003年度, 特定国派遣研究者(スウェーデン), 中間エネルギー中性子誘起原子核反応とその応用に関する研究.
2002年度~2003年度, 外国人特別研究員, 中間エネルギー核子入射核反応における前平衡多段階直接過程の研究
Dr. M.K. Gaidarov(ブルガリア).
2001年度~2001年度, 外国人招へい研究者(短期), 中間エネルギー前平衡核反応に与える短距離核子核子相関の影響
A.N. Antonov教授(ブルガリア).
2000年度~2000年度, 特定国派遣研究者(ブリガリア), 前平衡原子核反応における多段階直接反応過程の研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2017年度~2021年度, 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム(OPERA), 分担, 安全・安心・スマートな長寿社会実現のための高度な量子アプリケーション技術の創出に関する国立大学法人九州大学による研究開発.
2014年度~2018年度, 革新的研究開発推進プログラム(ImPACT), 分担, 高速中性子核破砕反応に関する研究.
2012年度~2014年度, JST研究成果展開事業 先端計測分析技術・機器開発プログラム「放射線計測領域」(再委託), 分担, 低価格・高速・高精度放射能測定装置の実用化開発.
共同研究、受託研究(競争的資金を除く)の受入状況
2015.04~2019.03, 代表, PHITSの高度化と応用に関する研究.
2014.04~2015.03, 代表, レーザー駆動イオン加速器の利用に関する研究.
2014.04~2015.03, 代表, PHITSの核反応モデル高度化に関する研究.
2012.04~2015.03, 代表, レーザー駆動イオン加速の条件下で発生する高密度プラズマ状態の把握.
2011.07~2014.03, 代表, PHITSの核反応モデル高度化に関する研究.
2010.04~2011.03, 代表, 宇宙線中性子起因ソフトエラーシミュレーションに関する研究.
2010.07~2011.01, 代表, 重陽子による中性子エネルギースペクトラムに関する研究.
2009.07~2010.01, 代表, 重陽子による中性子エネルギースペクトラムに関する研究.
2009.04~2010.03, 代表, 宇宙線中性子起因ソフトエラーシミュレーションに関する研究.
2008.04~2009.03, 代表, 宇宙線中性子起因ソフトエラーシミュレーションに関する研究.
2004.11~2005.02, 代表, 高エネルギー核データ用理論計算コードの開発整備(IV).
2003.09~2004.02, 代表, 高エネルギー核データ用理論計算コードの開発整備(III).
2002.09~2003.02, 代表, 高エネルギー核データ用理論計算コードの開発整備(II).
2001.09~2002.02, 代表, 高エネルギー核データ用理論計算コードの開発整備.
学内資金・基金等への採択状況
2006年度~2006年度, 九州大学後援会外国人研究者等の招へい助成事業, 代表, Lembit Sihver教授(Chalmers University of Technology, Sweden)の招へい.
2005年度~2005年度, 浅田榮一研究奨励金事業, 代表, 国際学術講演会の助成(次世代核データ研究の展望に関する国際ワークショップ参加).
2004年度~2004年度, 浅田榮一研究奨励金事業, 代表, 国際学術講演会の助成(科学と技術のための核データ国際会議参加).
2003年度~2003年度, 九州大学後援会・教職員の海外派遣等への助成, 代表, 原子核物理・中性子物理・原子核エネルギーに関する国際スクール参加.

九大関連コンテンツ