九州大学 研究者情報
総説一覧
北川 敏明(きたがわ としあき) データ更新日:2020.01.23

教授 /  工学研究院 機械工学部門 燃焼科学


総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 北川敏明,三上真人, 第12回アジア太平洋燃焼会議(The 12th Asia-Pacific Conference on Combustion (ASPACC2019))開催報告, 日本燃焼学会誌, 第62巻199号, 2020.02.
2. 飯田訓正,横森剛,津江光洋,北川敏明,小酒英範,三好明,森吉泰生, SIP「革新的燃焼技術」ガソリン燃焼チームの研究成果 ―高効率ガソリンエンジンのためのスーパーリーンバーン研究開発―, 日本燃焼学会誌, 第61巻197号, 2019.08.
3. 永野 幸秀, 新屋 凌, 河野健太, 田中昇太, 北川 敏明, 定容容器を用いた燃焼実験によるノック強度に影響を及ぼす因子の検討, 自動車技術, Vol.72, No.4, 63-69., 2018.04.
4. 北川 敏明, 吹っ飛ばして運動量, 日本エネルギー学会誌, Vol. 94, No. 11, p. 1173, 2015.11.
5. 北川 敏明, 永野 幸秀, 中野道王, 定容容器内を伝播する予混合火炎とエンドガスにおける自着火, 日本燃焼学会誌, Vol.57, No.181, 199-205., 2015.08.
6. 北川 敏明, 永野 幸秀, 高CO2濃度雰囲気下におけるCOリッチ石炭ガス化ガスの燃焼特性およびそのメタンとの比較, 日本エネルギー学会誌, Vol.94 No.3, 2015.03.
7. 北川 敏明, 球状伝播予混合火炎に及ぼす圧力の影響, 日本燃焼学会誌, Vol.56 No.175, 2014.02.
8. 北川敏明, 日本機械学会誌「機械工学年鑑」特集号 燃焼, 日本機械学会誌, 第109巻, 第1053号, pp.642, 2006.08.
9. 北川敏明, 高圧下における予混合気の不安定性と乱流火炎伝播特性, マツダ財団研究報告書, Vol.14, 225-231, (2004)., 2004.06.
10. 北川敏明, 高圧下における乱流燃焼促進の研究, ゼネラル石油研究奨励財団研究報告書, 第10号, pp.174-180, (2002)., 2002.12.
11. 北川敏明, 高圧下における燃焼促進の研究, 谷川熱技術振興基金事業報告, Vol.20, pp25-28, (2002)., 2002.06.
12. 北川敏明, 高圧下における予混合気の燃焼促進, スズキ財団ニュース, Vol.22, No.29, pp.23-24, (2002)., 2002.05.
13. 北川敏明, 非定常気体燃料噴流により形成された成層混合気の燃焼特性, エンジンテクノロジー, Vol.4, No.2, pp.38-45, (2002)., 2002.03.
14. 城戸裕之, 北川敏明, 中島健四郎, プラズマジェット点火による直接噴射式成層燃焼方式での未燃炭化水素の低減, マツダ財団研究報告, Vol.2, pp.19-32, (1991)., 1991.03.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」