九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
北川 敏明(きたがわ としあき) データ更新日:2017.05.30

教授 /  工学研究院 機械工学部門 燃焼科学


主な研究テーマ
超希薄高EGR下での乱流燃焼促進手法の提案
キーワード:ガソリンエンジン燃焼促進, 乱流火炎伝播, 超希薄混合気, 高排気再循環率
2014.10.
燃焼による粒子状物質の生成に関する研究
キーワード:粒子状物質, すす, 燃焼, 電子顕微鏡
2013.04.
非定常燃料噴流およびその燃焼の実験と数値シミュレーション
キーワード:非定常燃料噴流, 成層混合気, 成層燃焼
2013.04.
水素を含む予混合気の燃焼特性
キーワード:水素, 予混合気, 燃焼
2012.04.
拡散火炎の数値解析
キーワード:拡散火炎, 数値解析
2010.04~2013.03.
予混合火炎の消炎に及ぼす混合気希釈の影響
キーワード:予混合伝播火炎, 消炎, 不活性ガス, 混合気希釈, 火炎伸長, Markstein長さ, 不安定性, 熱−拡散効果
2010.04.
非定常水素噴流およびその燃焼の数値シミュレーション
キーワード:非定常噴流, 水素, 燃焼, 数値解析
2009.10~2013.03.
バイオマス由来ガスの燃焼特性
キーワード:バイオマス,水素,一酸化炭素,二酸化炭素希釈
2009.04~2016.03.
予混合火炎に及ぼす混合気希釈の影響
キーワード:予混合伝播火炎, 不活性ガス, 混合気希釈, 火炎伸長, Markstein長さ, 不安定性, 熱−拡散効果
2008.04.
石炭ガス化ガスの燃焼特性
キーワード:石炭ガス化ガス,水素,一酸化炭素,二酸化炭素希釈
2008.10.
バイオエタノールの燃焼特性
キーワード:バイオエタノール,予混合伝播火炎, 火炎伸長, Markstein長さ, 乱流火炎
2008.04~2010.03.
ノック現象の解析
キーワード:ノック, 予混合火炎伝播, 自着火
2008.04.
予混合乱流火炎伝播のモデル化と数値予測
キーワード:予混合火炎, 火炎伝播, 乱流火炎, 熱−拡散効果, 乱流燃焼モデル, 数値予測
2008.04.
予混合伝播火炎構造の数値計算による解析と予測
キーワード:予混合火炎, 火炎伝播, 層流火炎, 熱−拡散効果, 詳細反応機構, 数値予測
2006.04~2012.03.
層流予混合火炎伝播の数値予測
キーワード:予混合火炎, 火炎伝播, 火炎伸長, Markstein長さ, 層流火炎, 熱−拡散効果, 数値予測
2005.04~2010.03.
水素予混合気の燃焼,爆発特性
キーワード:水素, 予混合気, 燃焼, 爆発
2003.04~2012.03.
乱流予混合火炎の燃焼特性に及ぼす圧力の影響の解明
キーワード:予混合伝播火炎, 火炎伸長, Markstein長さ, 乱流火炎
2002.04~2013.03.
水素噴流の燃焼
キーワード:水素, 噴流, 燃焼
2003.04~2006.03.
予混合火炎の不安定性に及ぼす圧力の影響の解明
キーワード:予混合伝播火炎, 火炎伸長, Markstein長さ, 不安定性, 熱−拡散効果
2001.04~2008.03.
層流予混合火炎の燃焼速度と火炎伸長の特性に及ぼす圧力の影響
キーワード:予混合伝播火炎, 火炎伸長, Markstein長さ, 層流火炎, 熱−拡散効果
2000.04~2008.03.
成層混合気における希薄領域への火炎伝播特性
キーワード:成層混合気, 希薄可燃限界, 火炎伝播
2000.04~2005.03.
非定常気体燃料噴流の燃焼特性
キーワード:成層燃焼, 非定常噴流
1999.04~2005.03.
直接数値シミュレーションによる予混合乱流火炎の解析
キーワード:予混合燃焼, DNS
1993.04~1999.03.
直噴式火花点火成層燃焼方式の燃焼特性の解明
キーワード:成層燃焼
1989.04~1998.03.
従事しているプロジェクト研究
自着火反応過程における反応中間生成物の解明
2017.05~2018.03, 代表者:北川敏明
炭化水素系燃料の燃焼過程で生成される反応中間生成物の種類を,飛行時間型質量分析計を備えた包括的2次元クロマトグラフィー(GC×GC-TOFMS)で分析し明らかにする..
自着火反応過程における反応中間生成物の解明
2016.05~2017.03, 代表者:北川敏明
炭化水素系燃料の燃焼過程で生成される反応中間生成物の種類を,飛行時間型質量分析計を備えた包括的2次元クロマトグラフィー(GC×GC-TOFMS)で分析し明らかにする..
超希薄高EGR下での乱流燃焼促進手法の提案
2014.10, 代表者:北川敏明
戦略的イノベーション創造プログラム 革新的燃焼技術 高効率ガソリンエンジンのためのスーパーリーンバーン研究開発 において,超希薄高EGR下での火炎伝播促進手法の提案を行う..
自着火反応過程における反応中間生成物の解明
2015.05~2016.03, 代表者:北川敏明
炭化水素系燃料の燃焼過程で生成される反応中間生成物の種類を,飛行時間型質量分析計を備えた包括的2次元クロマトグラフィー(GC×GC-TOFMS)で分析し明らかにする..
自着火反応過程における反応中間生成物の解明
2014.05~2015.03, 代表者:北川敏明
炭化水素系燃料の燃焼過程で生成される反応中間生成物の種類を,飛行時間型質量分析計を備えた包括的2次元クロマトグラフィー(GC×GC-TOFMS)で分析し明らかにする..
乱流火炎に及ぼす乱れのスケールの影響の解明
2011.03~2012.03, 代表者:北川敏明
乱流火炎は乱れの影響を大きく受けており,乱れ強さの影響が明らかになってきた.しかしながら,乱れのスケールの影響はほとんど明らかにされておらず,大変重要である..
乱流伝播火炎についての基礎研究
2010.10~2014.03, 代表者:北川敏明
乱流伝播火炎の構造や特性を明らかにすることは,燃焼機器の性能向上,省エネルギー,地球環境保全の観点から重要である.ここでは,火炎に及ぼす乱れの影響について理論,実験,数値解析により基礎的に研究する..
火花点火エンジンのノック起点および進行の解明(継続)
2011.04~2012.03, 代表者:北川敏明
火炎伝播と末端未燃混合気自着火の関係,自着火発生後の圧力伝播や燃焼反応進行を定容容器で温度,濃度,圧力等の因子ごとに可視化し,ノックの燃焼機構を解明する。.
ECOPRO反応器シミュレーション精度向上に向けた燃焼・流動の要素解析に関する共同研究
2010.08~2011.03, 代表者:北川敏明
オープンソースや自製ソルバーを用いた燃焼場に対する大規模数値計算の実用化に向け,計算効率を高める領域分割法や代数方程式の解法など並列計算手法の最適化検討を行う..
燃焼の大規模数値計算実用化のための研究
2010.07~2011.03, 代表者:北川敏明
オープンソースや自製ソルバーを用いた燃焼場に対する大規模数値計算の実用化に向け,計算効率を高める領域分割法や代数方程式の解法など並列計算手法の最適化検討を行う..
九州大学・九州電力~ビクトリア州 褐炭高度利用基盤研究コンソーシアム
2009.11~2011.03, 日本,オーストラリア
褐炭高度利用技術研究.
火花点火エンジンのノック起点および進行の解明(継続)
2010.04~2011.03, 代表者:北川敏明
火炎伝播と末端未燃混合気自着火の関係,自着火発生後の圧力伝播や燃焼反応進行を定容容器で温度,濃度,圧力等の因子ごとに可視化し,ノックの燃焼機構を解明する。.
乱れのスペクトルによる非定常乱流火炎伝播機構のモデリング展開
2009.04~2011.03, 代表者:北川敏明
乱流火炎の伝播機構は複雑であり,さらに,近年,圧力の影響を大きく受けていることが明らかになってきた.この機構を解明するとともにモデルを構築することは,燃焼器やエンジンの性能向上,数値予測において重要である.本研究では,球状に伝播する火炎の大きさが変化するにつれて,乱れのスケールやエネルギースペクトルがどのように作用するかを明らかにし,有効乱れ強さに基づく火炎伝播過程および燃焼速度のモデルを,混合気特性に関連づけて構築する..
低カロリー燃料ガスの燃焼特性に関する研究
2009.04~2010.03, 代表者:北川敏明
水素、COと窒素混合燃料ガスの燃焼速度及び失火限界の理論計算及び文献調査を行う。.
火花点火エンジンのノック起点および進行の解明
2009.04~2010.03, 代表者:北川敏明
火炎伝播と末端未燃混合気自着火の関係,自着火発生後の圧力伝播や燃焼反応進行を定容容器で温度,濃度,圧力等の因子ごとに可視化し,ノックの燃焼機構を解明する。.
革新的ゼロエミッション石炭ガス化発電プロジェクト
2008.07~2013.03, 代表者:梶山千里
(独)新エネルギー・産業技術総合開発機構 革新的ゼロエミッション石炭ガス化発電プロジェクト 革新的ガス化技術に関する基盤研究事業(テーマ設定型基礎研究事業) 「O2/CO2石炭ガス化反応機構の解明とアジア地域の多様な石炭への適応(九州大学)」、共同研究テーマ「CO2回収型次世代IGCC技術開発」.
石炭等化石資源高度利用
2007.08~2013.03, 代表者:永島英夫
九州大学リサーチコア.
乱流火炎に及ぼす乱れのスケールの影響の解明
2006.04~2008.03, 代表者:北川敏明
乱流火炎は乱れの影響を大きく受けており,乱れ強さの影響が明らかになってきた.しかしながら,乱れのスケールの影響はほとんど明らかにされておらず,大変重要である..
圧力の影響を考慮した乱流火炎伝播機構の解明と乱流燃焼モデルの構築
2006.04~2008.03, 代表者:北川敏明
乱流火炎の伝播機構は複雑であり,さらに,近年,圧力の影響を大きく受けていることが明らかになってきた.この機構を解明するとともにモデルを構築することは,燃焼器やエンジンの性能向上,数値予測において重要である..
研究業績
主要著書
1. 北川 敏明, 革新的燃焼技術による高効率内燃機関開発最前線, エンジン内乱流と火炎伝播, エヌ・ティー・エス, 59-66, 2015.07.
2. 北川 敏明, 自動車の百科事典, 丸善, 2010.01.
主要原著論文
1. Ekenechukwu Okafor, Nagano Yukihide, Toshiaki Kitagawa, Experimental and Theoretical Analysis of Cellular Instability in Lean H2-CH4-Air Flames at Elevated Pressures, International Journal of Hydrogen Energy, Vol. 41, pp. 6581-6592, 2016.03.
2. Nagano Yukihide, Toshiaki Kitagawa, Atsushi Ohta, Shiro Takakura, Yutaka Tajima, Nobu Takahashi, Influences of Turbulence Scale on Development of Spherically Propagating Flame under High EGR Conditions
, SAE 2015 International Powertrain, Fuels & Lubricants Meeting, JSAE 20159112, SAE 2015-01-1868, 2015.09.
3. Nagano Yukihide, Toshiaki Kitagawa, Observation of flame propagation and knock in a constant volume vessel, The 25th International Colloquium on Dynamics of Explosions and Reactive Systems, 291, 2015.08.
4. チョウ イ, 武藤昌也, 堀高太郎, 渡邊 裕章, 北川 敏明, 非球形粒子運動の数値解析(一様流中の粒子運動に対する湧き出しの影響), 日本機械学会論文集, 81, 827., 2015.07.
5. Ekenechukwu C. Okafor, Yosuke Fukuda, Nagano Yukihide, Toshiaki Kitagawa, Turbulent Burning Velocities of Stoichiometric Hydrogen-Carbon Monoxide-Air Flames at Elevated Pressures, SAE 2014 International Powertrain, Fuels & Lubricants Meeting, 2014-01-2701, 2014.10.
6. Ekenechukwu Okafor, Akihiro Hayakawa, Nagano Yukihide, Toshiaki Kitagawa, Effects of hydrogen concentration on premixed laminar flames of hydrogen-methane-air, International Journal of Hydrogen Energy, Vol. 39, Issue 5 pp. 2409-2417, 2014.02.
7. Ekenechukwu C. Okafor, Nagano Yukihide, Toshiaki Kitagawa, Effects of Hydrogen Concentration on Stoichiometric H2/CH4/Air Premixed Turbulent Flames, SAE/KSAE 2013 International Powertrains, Fuels & Lubricants Meeting, 2013-01-2563, 2013.10.
8. Ekenechukwu C. Okafor, Masashi Toyoda, Akihiro Hayakawa, Nagano Yukihide, Toshiaki Kitagawa, Experimental and numerical studies on burning velocities and Markstein numbers of lean laminar H2/CH4/air flames, The 9th Asia-Pacific Conference on Combustion, 2013.05.
9. 早川晃弘, 三木由希人, 久保俊彦, 永野 幸秀, 北川 敏明, 球状伝播予混合乱流火炎の燃焼速度および火炎面形状の有効乱れ強さによる変化, 日本燃焼学会誌, 第55巻, 172号, 202-209, 2013.05.
10. Nagano Yukihide, Tetsuya Ohira, Masayuki Oonaka, Yu Uyama, Toshiaki Kitagawa, One-dimensional Flame Propagation and Auto-ignition of End Gas in Constant Volume Vessel, The 8th INTERNATIONAL CONFERENCE ON MODELING AND DIAGNOSTICS FOR ADVANCED ENGINE SYSTEMS, 2012.08.
11. Akihiro HAYAKAWA, Yukito MIKI, Yukihide NAGANO, Toshiaki KITAGAWA, Analysis of Turbulent Burning Velocity of Spherically Propagating Premixed Flame with Effective Turbulence Intensity, Journal of Thermal Science and Technology, Vol.7, No.4, pp.508-521., 2012.08.
12. Yukihide Nagano, Tomohiro Takeo, Koichi Tomari, Akihiro Hayakawa, Shoichi Kobayashi, Toshiaki Kitagawa, Combustion Properties of Hydrogen/Air Mixture with and without dilution, 2011 JSAE/SAE International Powertrains, Fuels & Lubricants, JSAE 20119219, SAE 2011-01-199, 2011.08.
13. Akihiro Hayakawa, Yukito Miki, Shoichi Kobayashi, Yukihide Nagano, Toshiaki Kitagawa, Effects of CO2 and N2 Dilutions on Laminar and Turbulent Flame Propagation, 2011 JSAE/SAE International Powertrains, Fuels & Lubricants, JSAE 20119182, SAE 2011-01-1878, 2011.08.
14. 角邦洋, 中原崇志, 竹尾友宏, 永野幸秀, 北川敏明, 石炭ガス化ガスを模擬した水素混合気の層流および乱流燃焼特性に及ぼす二酸化炭素希釈の影響, 日本エネルギー学会誌, Vol.90, No.1, pp.45-50., 2011.01.
15. 大原和剛, 月川正善, 荒木洋介, 早川晃弘, 小林正一, 永野幸秀, 北川敏明, エタノール予混合火炎の層流および乱流燃焼速度に及ぼす圧力の影響, 日本エネルギー学会誌, Vol.89, No.11, pp.1088-1094., 2010.11.
16. 北川敏明, 中原崇志, 角邦洋, 竹尾友宏, 球状伝播水素-空気火炎の乱流燃焼速度の乱流Karlovitz数による検討, 日本機械学会論文集, B編, 76, 769, pp.1426-1432., 2010.09.
17. 早川晃弘, 竹尾友宏, 山下晋平, 小林正一, 北川敏明, 乱流Karlovitz数を揃えたイソオクタン/空気/不活性ガス予混合火炎に及ぼす熱-拡散効果の影響, 自動車技術会論文集, Vol.41, No.2, pp. 307-312., 2010.03.
18. 早川晃弘, 丸山晃助, 黒川陽平, 小林正一, 北川敏明, イソオクタン予混合伝播火炎への混合気希釈の影響 ― 二酸化炭素希釈と窒素希釈の比較 ―, 自動車技術会論文集, Vol.41, No.1, pp. 61-66., 2010.01.
19. 早川晃弘, 丸山晃助, 小林正一, 北川敏明, イソオクタン層流および乱流予混合火炎に及ぼす二酸化炭素希釈の影響 ― 化学量論混合気の場合 ―, 自動車技術会論文集, Vol.40, No.35, pp. 1209-1215., 2009.09.
20. 早川晃弘, 小林正一, 北川敏明, メタン予混合乱流火炎における火炎核の消炎とその発生要因, 自動車技術会論文集, Vol.40, No.3, pp.811-816., 2009.05.
21. 北川敏明, 丸山晃助, 中原崇志, 角 邦洋, 早川晃弘, イソオクタン予混合火炎の層流および乱流燃焼速度に及ぼす圧力の影響, 自動車技術会論文集, Vol.40, No.1, pp.81-86., 2009.01.
22. Toshiaki Kitagawa, Takashi Nakahara, Kosuke Maruyama, Akihoro Hayakawa, Shoichi Kobayashi, Turbulent burning velocity of hydrogen–air premixed propagating flames at elevated pressures, International Journal of Hydrogen Energy, Vol. 33, Issue 20 pp. 5842-5849, 2008.10.
23. Toshiaki Kitagawa, Koichi Furukawa, Takashi Nakahara, Kosuke Maruyama, The Effects of Pressure on Laminar and Turbulent Burning Velocities of Spherically Propagating Iso-octane Flames, The Seventh International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems, pp. 505-510, 2008.07.
24. Andrew Smallbone, Toshiaki Kitagawa, Premixed Laminar and Turbulent Combustion: An Examination and Correlation in terms of Lewis Number, FISITA Transactions 2006, F2006P153T, 2007.10.
25. Andrew Smallbone, Toshiaki Kitagawa, Tetsuo Oonishi, Unstretched Laminar Burning Velocity Estimations from Unstable Flames at Elevated Pressures, Transactions of Society of Automotive Engineers of Japan, Vol.38, No.5, pp.143-148., 2007.09.
26. Toshiaki Kitagawa, Andrew Smallbone, Tetsuo Oonishi, Propagation and Quench of Premixed Turbulent Flames, 2007 JSAE/SAE International Fuels and Lubricants Meeting, JSAE Paper No. 20020077169, SAE Paper No. 2007-01-1828., 2007.07.
27. Andrew Smallbone, Toshiaki Kitagawa, Laminar Burning Velocity Measurements of Hydrogen-Air Mixtures at Elevated Pressures, Transactions of Society of Automotive Engineers of Japan, Vol.37, No.6, pp.155-160., 2006.11.
28. A.SMALLBONE, T.KITAGAWA, Premixed Laminar and Turbulent Combustion: An Examination and Correlation in terms of Lewis Number, FISITA 2006 World Automotive Congress, F2006P153, 2006.10.
29. A.SMALLBONE, K.TSUNEYOSHI, T.KITAGAWA, Turbulent and Stable/Unstable Laminar Burning Velocity Measurements from Outwardly Propagating Spherical Hydrogen-Air Flames at Elevated Pressures, Journal of Thermal Science and Technology, Vol.1, No.1, pp.31-41., 2006.06.
30. 北川敏明, 永野幸秀, 恒吉幸策, 圧力によるプロパン予混合伝播火炎の乱流燃焼速度の変化についての乱流Reynolds数およびMarkstein数による検討, 日本機械学会論文集, B編, 72, 715, pp.825-832., 2006.03.
31. 北川敏明, メタン予混合気における火炎核の消炎に及ぼす圧力の影響とその発生条件についてのMarkstein数による検討, 自動車技術会論文集, Vol.37, No.1, pp.7-12., 2006.01.
32. 北川敏明, 永野幸秀, 恒吉幸策, 圧力によるメタン予混合伝播火炎の乱流燃焼速度の変化についてのReynolds数およびMarkstein数による検討, 自動車技術会論文集, Vol.36, No.6, pp.13-18., 2005.11.
33. 北川敏明, メタンおよびプロパン予混合火炎の層流燃焼速度,Markstein数および総括活性化エネルギーの圧力依存性, 自動車技術会論文集, Vol.36, No.6, pp.7-12., 2005.11.
34. T.KITAGAWA, H.KIDO, N.NAKAMURA, M.AISHIMA, Flame Inertia into Lean Region in Stratified Hydrogen Mixture, International Journal of Hydrogen Energy, 30, 13-14, 1457-1464, Vol.30, Issues 13-14, pp. 1457〜1464., 2005.10.
35. T.KITAGAWA, Effects of Pressure on Burning Velocity and Instabilities of Propane-Air Premixed Flames, JSME International Journal, 48, 1, 2-8, Series B, Vol., No.48, No.1, pp.2-8, (2005)., 2005.02.
36. 北川敏明, 城戸裕之, 中村 望, 相嶋匡也, 非定常水素噴流の燃焼特性と希薄領域への火炎伝播特性, 日本機械学会論文集, B編, 70, 700, pp.3239-3245., 2004.12.
37. T.KITAGAWA, H.KIDO, K.S.KIM, H.KOGA and K.FUJIOKA, Flame Propagation into Lean Region in Stratified Methane Mixture, SAE 2002 Transactions - Journal of Fuels and Lubricants, pp.1221-1228, (2003)., 2003.09.
38. D. Bradley, M. Z. Haq, R. A. Hicks, T. Kitagawa, M. Lawes, C. G. W. Sheppard and R. Woolley, Turbulent Burning Velocity, Burned Gas Distribution, and Associated Flame Surface Definition, Combustion and Flame, Vol.133 (2003), pp.415-430., 2003.06.
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
1. 北川 敏明, 永野 幸秀, 中野道王, 定容容器内を伝播する予混合火炎とエンドガスにおける自着火, 日本燃焼学会誌, Vol.57, No.181, 199-205., 2015.08.
2. 北川 敏明, 永野 幸秀, 高CO2濃度雰囲気下におけるCOリッチ石炭ガス化ガスの燃焼特性およびそのメタンとの比較, 日本エネルギー学会誌, Vol.94 No.3, 2015.03.
3. 北川 敏明, 球状伝播予混合火炎に及ぼす圧力の影響, 日本燃焼学会誌, Vol.56 No.175, 2014.02.
4. 北川敏明, 日本機械学会誌「機械工学年鑑」特集号 燃焼, 日本機械学会誌, 第109巻, 第1053号, pp.642, 2006.08.
5. 北川敏明, 非定常気体燃料噴流により形成された成層混合気の燃焼特性, エンジンテクノロジー, Vol.4, No.2, pp.38-45, (2002)., 2002.03.
主要学会発表等
1. 北田 泰造, 林 伸治, 田中 大, 口田 征人, 永野 幸秀, 北川 敏明, ガソリンエンジンの二領域燃焼計算に利用する燃焼帯を考慮した乱流燃焼モデルの開発, 自動車技術会2017年春季大会学術講演会, 2017.05.26.
2. 森田 理喜, 福島 拓哉, 原田 幸信, 永野 幸秀, 北川 敏明, 定容燃焼容器による乱れのスケールが希薄・EGR条件下の火炎形状および燃焼特性に及ぼす影響の検討, 自動車技術会2017年春季大会学術講演会, 2017.05.24.
3. 永野 幸秀, 新屋 凌, 河野 健太, 田中昇太, 北川 敏明, 定容容器を用いた燃焼実験によるノック強度に影響を及ぼす因子についての考察, 自動車技術会2017年春季大会学術講演会, 2017.05.24.
4. 中野道王, 遠又 諒, 稲毛 基大, 新屋 凌, 河野 健太, 侯 峻峰, 永野 幸秀, 北川 敏明, 混合気温度が火炎伝播・エンドガス部の化学反応およびノックに及ぼす影響(第5報)(Toluene およびn-heptane の混合比が点火前高温下で生成される化合物に及ぼす影響), 第27回内燃機関シンポジウム, 2016.12.06.
5. 永野 幸秀, 森田 理喜, 福田 洋介, 野小生 晃, 北川 敏明, 定容容器による希薄・EGR条件下におけるイソオクタン予混合乱流火炎の火炎伝播特性に及ぼす乱れのスケールの影響の検討, 第26回内燃機関シンポジウム, 2016.12.05.
6. Wei Zhang, 渡邊 裕章, 北川 敏明, 一様流中を自由運動する単一粒子の着火の数値計算, 第54回燃焼シンポジウム, 2016.11.25.
7. 森田 理喜, 福田 洋介, 永野 幸秀, 渡邊 裕章, 北川 敏明, 乱れのスケールが希薄・EGR条件下の火炎伝播特性に及ぼす影響, 第54回燃焼シンポジウム, 2016.11.23.
8. Wei Zhang, Hiroaki Watanabe, Toshiaki Kitagawa, Direct numerical simulation of ignition of a single particle freely moving in a uniform flow, 36th International Symposium on Combustion, 2016.08.02.
9. 永野 幸秀, 福田洋介, 野小生 晃, 塚本泰己, 北川 敏明, 定容容器による希薄・EGR条件におけるイソオクタン予混合乱流火炎の成長過程に関する検討, 自動車技術会2016年春季大会学術講演会, 2016.05.25.
10. 中野道王, 遠又 諒, 井石拓哉, 田中昇太, 新屋 凌, 永野 幸秀, 北川 敏明, 混合気温度が火炎伝播・エンドガス部の化学反応およびノックに及ぼす影響(第4報) 当量比が点火前高温下で生成される化合物に及ぼす影響, 自動車技術会2016年春季大会学術講演会, 2016.05.25.
11. Yukihide Nagano, Yosuke Fukuda, Akira Noomo, Taiki Tsukamoto, Hiroaki Watanabe, Toshiaki Kitagawa, Study on Spherically Propagating i-C8H18 Turbulent Flames using lean and EGR Conditions using Constant Volume Vessel, The First Pacific Rim Thermal Engineering Conference, 2016.03.17.
12. 永野 幸秀, 大田篤志, 北川 敏明, 乱れのスケールが乱流火炎形状および燃焼特性に及ぼす影響, 第26回内燃機関シンポジウム, 2015.12.09.
13. Toshiaki Kitagawa, Study on Propagating Turbulent Flamein SIP Innovative Combustion Technology Projects, The 51st KOSCO Symposium, The Korean Society of Combustion, 2015.12.10.
14. 永野 幸秀, 福田洋介, 野小生晃, 塚本泰己, 北川 敏明, 定容容器による希薄・EGR条件におけるイソオクタン予混合乱流火炎の特性に関する検討, 第53回燃焼シンポジウム, 2015.11.17.
15. 山内 智暉, 渡邊 裕章, 北川 敏明, 3-feedシステム非予混合燃焼場のFlameletモデリング, 第53回燃焼シンポジウム, 2015.11.16.
16. 野小生 晃, 津田晃弘, 塚本泰己, 福田洋介, 永野 幸秀, 北川 敏明, イソオクタン予混合乱流火炎の火炎面形状に影響を及ぼす因子の検討, 熱工学コンファレンス2015, 2015.10.24.
17. 永野 幸秀, 福田洋介, 野小生晃, 塚本泰己, 北川 敏明, 定容容器によるイソオクタン予混合乱流火炎の希薄・EGR条件における燃焼特性の検討
, 自動車技術会2015年秋季大会学術講演会, 2015.10.16.
18. Nagano Yukihide, Toshiaki Kitagawa, Atsushi Ohta, Shiro Takakura, Yutaka Tajima, Nobu Takahashi, Influences of Turbulence Scale on Development of Spherically Propagating Flame under High EGR Conditions
, SAE 2015 International Powertrain, Fuels & Lubricants Meeting, 2015.09.02.
19. Nagano Yukihide, Toshiaki Kitagawa, Observation of Flame Propagation and Knock in a Constant Volume Vessel, The 25th International Colloquium on the Dynamics of Explosions and Reactive Systems, 2015.08.04.
20. 村瀬 英一, 橋本 英樹, 川添 裕三, 北川 敏明, 永野幸秀, 福田 洋介, 超希薄高EGR下での火炎伝播促進手法の提案と検証, 2016.06.30.
21. 永野 幸秀, 津田晃弘, 野小生晃, 北川 敏明, H2/CO球状伝播予混合乱流火炎の燃焼速度と火炎面形状の検討, 第52回燃焼シンポジウム, 2014.12.04.
22. Ekenechukwu OKAFOR, Yosuke FUKUDA, 永野 幸秀, 北川 敏明, Effects of CO and CH4 addition on the propagation of stoichiometric laminar hydrogen flames, 第52回燃焼シンポジウム, 2014.12.03.
23. 永野 幸秀, 北川 敏明, 大田篤志, 高倉史郎, 但馬 寛, 高橋のぶ, 乱れのスケールが高EGR条件下における乱流燃焼特性に及ぼす影響の検討, 第25回内燃機関シンポジウム, 2014.11.27.
24. 井石拓哉, 古藤拓郎, 田中昇太, 永野 幸秀, 北川 敏明, 大川広平, 中野道王, 混合気温度が火炎伝播・エンドガス部の化学反応およびノックに及ぼす影響(第3報)(実験と詳細反応機構を用いた数値シミュレーションの比較), 第25回内燃機関シンポジウム, 2014.11.26.
25. 永野 幸秀, 津田晃弘, 甲斐達也, 野小生 晃, 茨木優一, 北川 敏明, H2/CO火炎の乱流燃焼速度と火炎面形状, 熱工学コンファレンス2014, 2014.11.08.
26. Ekenechukwu C. Okafor, Yosuke Fukuda, Nagano Yukihide, Toshiaki Kitagawa, Turbulent Burning Velocities of Stoichiometric Hydrogen-Carbon Monoxide-Air Flames at Elevated Pressures, SAE 2014 International Powertrain, Fuels & Lubricants Meeting, 2014.10.22.
27. 中野道王, 大川広平, 栗城 太輔, 古藤拓郎, 井石拓哉, 田中昇太, 永野 幸秀, 北川 敏明, 混合気温度が火炎伝播・エンドガス部の化学反応およびノックに及ぼす影響(第2報), 自動車技術会2014年春季大会学術講演会, 2014.05.22.
28. 宮田晃明, 藤崎泰弘, 永野 幸秀, 北川 敏明, イソオクタン-空気予混合火炎において生成される粒子状物質の透過型電子顕微鏡による観察, 自動車技術会2014年春季大会学術講演会, 2014.05.22.
29. 井石拓哉, 古藤拓郎, 田中昇太, 永野 幸秀, 北川 敏明, 混合気温度がエンドガス部の挙動およびノックに及ぼす影響, 日本機械学会九州支部第67期総会講演会, 2014.03.13.
30. 塚本泰己, 若林陽太郎, 野小生晃, 永野 幸秀, 北川 敏明, 球状伝播による予混合乱流火炎の火炎面密度の変化とそれに及ぼす圧力の影響, 第51回燃焼シンポジウム, 2013.12.06.
31. 宮田晃明, 藤崎泰弘, 永野 幸秀, 北川 敏明, 透過型電子顕微鏡による予混合火炎により生成される粒子状物質の観察, 第51回燃焼シンポジウム, 2013.12.05.
32. 永野 幸秀, 古藤拓郎, 井石拓哉, 田中昇太, 北川 敏明, 定容容器による圧力振動発生時の伝播火炎とエンドガス部における化学反応に関する研究, 第51回燃焼シンポジウム, 2013.12.05.
33. 永野 幸秀, 古藤拓郎, 井石拓哉, 田中昇太, 北川 敏明, 大川広平, 中野道王, 混合気温度が火炎伝播・エンドガス部の化学反応およびノックに及ぼす影響 ―点火前高温下での混合気組成変化―, 第24回内燃機関シンポジウム, 2013.11.26.
34. Nagano Yukihide, Keiichiro Tomari, Hiroyuki Tsurudome, Akihiro Tsuda, Toshiaki Kitagawa, Turbulent Burning Velocities of Coal Gasification Gas under High CO2 Atmosphere, The 12th Japan-China Symposium on Coal and C1 Chemistry, 2013.10.29.
35. Ekenechukwu C. Okafor, Nagano Yukihide, Toshiaki Kitagawa, Effects of Hydrogen Concentration on Stoichiometric H2/CH4/Air Premixed Turbulent Flames, SAE/KSAE 2013 International Powertrains, Fuels & Lubricants Meeting, 2013.10.23.
36. 永野 幸秀, 鶴留裕之, 津田晃弘, 北川 敏明, 高CO2濃度雰囲気下におけるH2/CO火炎の乱流燃焼速度と火炎形状, 熱工学コンファレンス2013, 2013.10.20.
37. 塚本泰己, 早川晃弘, 久保俊彦, 永野 幸秀, 北川 敏明, 球状伝播予混合乱流火炎の燃焼速度に及ぼす有効乱れ強さと火炎伸長の影響, 自動車技術会2013年春季大会学術講演会, 2013.05.22.
38. 永野 幸秀, 早川晃弘, 泊圭一郎, 鶴留裕之, 北川 敏明, 加圧下におけるCO2希釈されたH2/CO火炎の燃焼特性, 第50回燃焼シンポジウム, 2012.12.05.
39. 早川晃弘, 久保俊彦, 塚本泰己, 永野 幸秀, 北川 敏明, 平衡断熱燃焼温度が最高となる当量比の不活性ガス希釈による変化, 第50回燃焼シンポジウム, 2012.12.05.
40. 早川晃弘, 久保俊彦, 田中しおり, 永野 幸秀, 北川 敏明, 球状伝播予混合乱流火炎の火炎面形状に及ぼす圧力の影響, 第50回燃焼シンポジウム, 2012.12.05.
41. 早川晃弘, 久保俊彦, 田中しおり, 永野幸秀, 北川敏明, 火炎伝播および圧力による球状伝播予混合乱流火炎の火炎面密度の変化, 熱工学コンファレンス2012, 2012.11.18.
42. 早川晃弘, 久保俊彦, 三木由希人, 永野幸秀, 北川敏明, 球状伝播予混合乱流火炎の火炎面密度の火炎伝播に伴う変化, 第23回内燃機関シンポジウム, 2012.11.01.
43. 大平哲也, 永野幸秀, 宇山 有, 北川敏明, 定容燃焼容器を用いたノックの基礎的研究(伝播火炎とエンドガスにおける化学反応の観察), 第23回内燃機関シンポジウム, 2012.10.31.
44. Nagano Yukihide, Tetsuya Ohira, Masayuki Oonaka, Yu Uyama, Toshiaki Kitagawa, One-dimensional Flame Propagation and Auto-ignition of End Gas in Constant Volume Vessel, The 8th INTERNATIONAL CONFERENCE ON MODELING AND DIAGNOSTICS FOR ADVANCED ENGINE SYSTEMS, 2012.08.25.
45. 早川晃弘, 三木由希人, 久保俊彦, 壁谷祐助, 永野幸秀, 北川敏明, 球状伝播予混合乱流火炎の燃焼速度と火炎面形状の関係, 自動車技術会2012年春季大会学術講演会, 2012.05.23.
46. Yukihide Nagano, Tomohiro Takeo, Keiichiro Tomar, Toshiaki Kitagawa, Effects of CO2 Diluton on H2/CO Flames under the Condition of Constant Flame Temperature, The 8th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, 2012.03.19.
47. Ekenechukwu Chijioke Okafor, Akihiro Hayakawa, Yukihide Nagano, Toshiaki Kitagawa, Effects of Hydrogen Concentration on Hydrogen-Methane-Air Lean Laminar Flames, The 8th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, 2012.03.19.
48. Akihiro Hayakawa, Yukito Miki, Toshihiko Kubo, Yukihide Nagano, Toshiaki Kitagawa, Flame Front Shapes of Spherically Propagating Turbulent Premixed Flames at Various Pressures, The 8th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Conference, 2012.03.19.
49. 早川晃弘, 三木由希人, 久保俊彦, 永野幸秀, 北川敏明, 球状伝播予混合乱流火炎の火炎面形状の有効乱れ強さによる変化, 第49回燃焼シンポジウム, 2011.12.06.
50. Ekenechukwu Chijioke Okafor, 早川晃弘, 永野幸秀, 北川敏明, Effects of Hydrogen Concentration on Laminar Hydrogen-Methane-Air Flames, 第49回燃焼シンポジウム, 2011.12.06.
51. 永野幸秀, 竹尾友宏, 泊圭一郎, 鶴留裕之, 北川敏明, 断熱燃焼温度一定条件下におけるH2/CO火炎の燃焼特性, 第49回燃焼シンポジウム, 2011.12.06.
52. 三木由希人, 早川晃弘, 永野幸秀, 北川敏明, 球状伝播予混合乱流火炎の火炎面形状に及ぼす乱れの影響, 第22回内燃機関シンポジウム, 2011.11.30.
53. Yukihide Nagano, Tomohiro Takeo, Koichirou Tomari, Akihiro Hayakawa, Shoichi Kobayashi, Toshiaki Kitagawa, Combustion Properties of Hydrogen/Air Mixture with and without dilution, 2011 JSAE/SAE International Powertrains, Fuels & Lubricants, 2011.09.01.
54. Akihiro Hayakawa, Yukito Miki, Shoichi Kobayashi, Yukihide Nagano, Toshiaki Kitagawa, Effects of CO2 and N2 Dilutions on Laminar and Turbulent Flame Propagation, 2011 JSAE/SAE International Powertrains, Fuels & Lubricants, 2011.08.30.
55. 永野幸秀, 竹尾友宏, 井上貴之, 泊圭一郎, 北川敏明, CO2希釈された石炭ガス化ガスの乱流燃焼特性, 第20回日本エネルギー学会大会, 2011.08.10.
56. Ekenechukwu Okafor, Akihiro Hayakawa, Yukihide Nagano, Toshiaki Kitagawa, Effects of Hydrogen Concentration on Hydrogen-Methane-Air Flames at Elevated Pressure, 自動車技術会2011年春季大会学術講演会, 2010.05.19.
57. Okafor Ekenechukwu, Akihiro Hayakawa, Yoshiharu Hirata, Yukihide Nagano, Toshiaki Kitagawa, EFFECTS OF MIXTURE TEMPERATURE ON PREMIXED METHANE/AIR FLAMES, 日本機械学会九州支部第64期総会講演会, 2011.03.
58. Yukihide Nagano, Kunihoro Kado, Tomohiro Takeo, Yukito Miki, Toshiaki Kitagawa, Effects of Diluent Gases on Combustion of Coal Gasification Gas: Comparison Between N2 and CO2 Dilutions, ASME/JSME 8th Thermal Engineering Joint Conference, 2011.03.
59. Akihiro Hayakawa, Tomohiro Takeo, Yukito Miki, Yukihide Nagano, Toshiaki Kitagawa, Study of Thermo-Diffusive Effects on Iso-Octane/Air Flames at Fixed Turbulence Karlovitz Number, ASME/JSME 8th Thermal Engineering Joint Conference, 2011.03.
60. 永野幸秀, 大平哲也, 大中真之, 伊美暢春, 大野洋輔, 北川敏明, 密閉容器内を一方向に伝播する火炎の挙動とエンドガス自着火, 第48回燃焼シンポジウム, 2010.12.
61. 永野幸秀, 竹尾友宏, 泊圭一郎, 北川敏明, 石炭ガス化ガスの燃焼特性に及ぼす希釈ガスの影響の断熱燃焼温度一定条件下における検討, 第48回燃焼シンポジウム, 2010.12.
62. 早川晃弘, 永野幸秀, 北川敏明, 乱流火炎伝播特性に及ぼす乱れのスペクトルおよびスケールの影響, 第48回燃焼シンポジウム, 2010.12.
63. 永野幸秀, 大平哲也, 大原和剛, 荒木洋介, 岩永真治, 北川敏明, 定容燃焼容器を用いたノックの基礎的研究 (火炎伝播とエンドガス自着火の観察), 第21回内燃機関シンポジウム, 2010.11.
64. 早川晃弘, 竹尾友宏, 小林正一, 永野幸秀, 北川敏明, 乱流Karlovitz数一定条件下におけるイソオクタン/空気予混合火炎に及ぼす熱-拡散効果の影響, 自動車技術会2010年秋季大会学術講演会, 2010.09.
65. 竹尾友宏, 角邦洋, 權大城, 永野幸秀, 北川敏明, 断熱燃焼温度一定条件下において希釈ガスが石炭ガス化ガスの燃焼に及ぼす影響, 第19回日本エネルギー学会大会, 2010.08.
66. 早川晃弘, 北川敏明, 有効乱れ強さが球状伝播予混合乱流火炎の燃焼速度に及ぼす影響, 自動車技術会2010年春季大会学術講演会, 2010.05.
67. Kunihiro Kado, Takashi Nakahara, Tomohiro Takeo, Toshiaki Kitagawa, Combustion Properties of Coal Gasification Gas for IGCC Power Generation System with CO2 Capture, International Conference on Power Engineering-09, 2009.11.
68. Kazutaka Ohara, Masayoshi Tsukikawa, Yousuke Araki, Akihiro Hayakawa, Shoichi Kobayashi, Toshiaki Kitagawa, Properties of Ethanol Laminar and Turbulent Premixed Flames, International Conference on Power Engineering-09, 2009.11.
69. 早川晃弘, 黒川陽平, 丸山晃助, 小林正一, 北川敏明, イソオクタン/空気/不活性ガス予混合気の燃焼特性, 自動車技術会2009年秋季大会学術講演会, 2009.10.
70. 小林正一, 大原和剛, 月川正善, 荒木洋介, 早川晃弘, 北川敏明, エタノール予混合火炎の層流および乱流燃焼速度, 第20回内燃機関シンポジウム, 2009.09.
71. 早川晃弘, 丸山晃助, 黒川陽平, 小林正一, 北川敏明, イソオクタン予混合伝播火炎への混合気希釈の影響(二酸化炭素希釈と窒素希釈との比較), 自動車技術会2009年春季大会学術講演会, 2009.05.
72. 小林正一, 丸山晃助, 早川晃弘, 北川敏明, イソオクタン層流および乱流予混合火炎に及ぼす二酸化炭素希釈の影響(化学量論混合気の場合), 自動車技術会2008年秋季大会学術講演会, 2008.10.
73. Toshiaki KITAGAWA, Koichi FURUKAWA, Takashi NAKAHARA, Kosuke MARUYAMA, The Effects of Pressure on Turbulent Burning Velocities of Spherically Propagating Hydrogen Flames, The 7th JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, 2008.10.
74. Toshiaki KITAGAWA, Koichi FURUKAWA, Takashi NAKAHARA, Kosuke MAUYAMA, The Effects of Pressure on Laminar and Turbulent Burning Velocities of Spherically Propagating Iso-octane Flames, The Seventh International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems, 2008.07.
75. 丸山晃助, 中原崇志, 角 邦洋, 早川晃弘, 北川敏明, イソオクタン予混合火炎の層流および乱流燃焼速度に及ぼす圧力の影響, 自動車技術会2008年春季大会学術講演会, 2008.05.
76. Toshiaki Kitagawa, Andrew Smallbone, Tetsuo Oonishi, Propagation and Quench of Premixed Turbulent Flames, 2007 JSAE/SAE International Fuels and Lubricants Meeting, 2007.07.
77. Andrew Smallbone, Toshiaki Kitagawa, The Influence of Thermo-Diffusive Aspects on Premixed Turbulent Flame Propagation Rates at Elevated Pressures, The Sixth Asia-Pacific Conference on Combustion, 2007.05.
78. Toshiaki Kitagawa, Andrew Smallbone, Laminar and Turbulent Combustion of Methane-air and Propane-air Mixtures: An Examination and Correlation in terms of Lewis Number, FISITA 2006 World Automotive Congress, 2006.10.
79. Andrew Smallbone, Toshiaki Kitagawa, Testuo Oonishi, Unstretched Laminar Burning Velocity Estimations from Unstable Flames at Elevated Pressures, 自動車技術会2006年秋季大会学術講演会, 2006.09.
80. Andrew Smallbone, 北川敏明, 大西哲雄, 高圧下での予混合水素火炎の層流燃焼速度と不安定性, 日本機械学会2006年度年次大会, 2006.09.
81. Toshiaki Kitagawa, Andrew Smallbone, Laminar Burning Velocity Measurements of Hydrogen-Air Mixtures at Elevated Pressures, 自動車技術会2006年春季大会学術講演会, 2006.05.
82. Toshiaki Kitagawa, Kousaku Tsuneyoshi, Andrew Smallbone, The Effects of Pressure on Turbulent Burning Velocity of Premixed Flames and their Correlations with Lewis Number, The 18th Internal Combustion Engine Symposium, 2005.12.
その他の優れた研究業績
2006.06, 自動車技術会フェローの称号の授与.
2005.01, 「21世紀COEプログラム」水素利用機械システムの統合技術 事業推進担当者.
学会活動
所属学会名
日本エネルギー学会
九州工学教育協会
日本機械学会
自動車技術会
日本燃焼学会
学協会役員等への就任
2016.04~2017.03, 日本燃焼学会, 先進的燃焼技術の調査研究タスクフォース 委員.
2017.04~2018.03, 日本燃焼学会, 平成29年度 先進的燃焼技術の調査研究 委員会 委員長.
2016.09~2017.10, 日本機械学会, The Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference オーガナイザー.
2017.04~2018.03, 日本エネルギー学会, 表彰選考委員.
2016.04~2017.03, 日本エネルギー学会, 表彰選考委員.
2016.04~2017.03, 日本エネルギー学会, 燃焼部会 部会長.
2013.10~2015.09, 自動車技術会/米国自動車技術会(Society of Automotive Engineers), 2015 Powertrains, Fuels and Lubricants Meeting, Session Organizer.
2014.04~2015.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2014年度年 代議員.
2014.04~2015.03, 日本燃焼学会, 平成26年度 先進的燃焼技術の調査研究 クリーン気体エネルギー小委員会 委員長.
2014.04~2017.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2016年度年次大会実行委員会 委員.
2015.04~2016.03, 日本エネルギー学会, 燃焼部会 部会長.
2015.04~2016.03, 日本燃焼学会, 先進的燃焼技術の調査研究タスクフォース 委員.
2015.04~2016.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2015年度年 代議員.
2015.04~2016.03, 日本機械学会, 2015年度エンジンシステム部門 93期 広報委員会 委員長.
2015.04~2016.03, 日本燃焼学会, 平成27年度 先進的燃焼技術の調査研究 委員会 委員.
2015.04~2018.03, 日本機械学会, The 9th International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems Organizing Committee Secretary.
2015.04~2017.03, 日本機械学会, The 27th International Symposium on Transport Phenomena Local Organizing Committee Member.
2016.04~2017.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2016年度年 代議員.
2016.04~2017.03, 日本機械学会, 2016年度エンジンシステム部門 94期 広報委員会 委員長.
2016.04~2017.03, 日本機械学会, 日本機械学会 熱工学部門英文ジャーナル Journal of Thermal Science and Technology 編集委員会 委員.
2016.04~2018.03, 日本燃焼学会, 理事.
2016.04~2017.03, 日本燃焼学会, 平成28年度 先進的燃焼技術の調査研究 委員会 委員長.
2016.04~2017.03, 日本燃焼学会, 先進的燃焼技術の調査研究タスクフォース 委員.
2016.04~2018.03, 自動車技術会, 論文校閲 委員.
2016.04~2018.03, 自動車技術会, 理事.
2016.04~2018.03, 自動車技術会, 技術会議パワートレイン企画部会 ガス燃料エンジン部門委員会 委員.
2015.04~2016.03, 日本燃焼学会, 平成27年度 先進的燃焼技術の調査研究 委員会 委員.
2016.04~2017.03, 日本機械学会, 2016年度エンジンシステム部門 94期 運営委員会 委員.
2015.04~2016.03, 日本機械学会, 日本機械学会 イノベーションセンター 人材活躍・中小企業支援事業委員会 委員.
2014.04~2015.03, 日本機械学会, 日本機械学会 イノベーションセンター 人材活躍・中小企業支援事業委員会 委員.
2014.04~2015.03, 日本燃焼学会, 平成26年度 先進的燃焼技術の調査研究 クリーン気体エネルギー小委員会 委員長.
2015.04~2016.03, 日本機械学会, 2015年度エンジンシステム部門 93期 運営委員会 委員.
2015.04~2016.03, 日本機械学会, 日本機械学会 熱工学部門英文ジャーナル Journal of Thermal Science and Technology 編集委員会 委員.
2015.04~2016.03, 日本機械学会, 第1回環太平洋熱工学会議 Heat and Mass Transfer in IC Engine オーガナイザー.
2015.04~2016.03, 日本機械学会, 第1回環太平洋熱工学会議Japanese Scientific Committee 委員.
2015.04~2016.03, 日本機械学会, 2015年度エンジンシステム部門 93期 国際企画委員会 委員.
2015.04~2016.03, 日本エネルギー学会, 表彰選考委員.
2014.04~2015.03, 日本機械学会, 日本機械学会 イノベーションセンター 人材活躍・中小企業支援事業委員会 委員.
2014.04~2015.03, 日本機械学会, 日本機械学会 熱工学部門英文ジャーナル Journal of Thermal Science and Technology 編集委員会 委員.
2014.04~2015.03, 日本機械学会, 2014年度熱工学部門 92期 出版委員会 委員長.
2014.04~2016.03, 日本燃焼学会, 理事.
2014.04~2015.03, 日本エネルギー学会, 燃焼部会 委員.
2014.04~2016.03, 自動車技術会, 技術会議パワートレイン企画部会 ガス燃料エンジン部門委員会 委員.
2014.03~2016.02, 自動車技術会, 代議員.
2014.04~2016.03, 自動車技術会, 理事.
2014.04~2016.03, 自動車技術会, 論文校閲 委員.
2013.10~2015.09, 自動車技術会/米国自動車技術会(Society of Automotive Engineers), 2015 Powertrains, Fuels and Lubricants Meeting, Organizing Committee.
2012.10~2013.11, 自動車技術会, 第24回内燃機関シンポジウム 実行委員会 委員.
2013.04~2014.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2013年度年 代議員.
2012.04~2013.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2012年度年 代議員.
2013.02~2014.03, 自動車技術会, 内燃機関共同研究推進委員会 熱効率向上分科会 委員.
2013.04~2014.03, 日本機械学会, 日本機械学会論文集校閲委員.
2012.04~2014.03, 自動車技術会, 技術会議パワートレイン企画部会 ガス燃料エンジン部門委員会 委員.
2012.04~2014.03, 自動車技術会, 理事.
2012.04~2013.03, 自動車技術会, 論文校閲 委員.
2013.04~2014.03, 日本機械学会, 日本機械学会 イノベーションセンター 人材活躍・中小企業支援事業委員会 委員.
2012.04~2013.03, 日本機械学会, 日本機械学会 イノベーションセンター 人材活躍・中小企業支援事業委員会 委員.
2013.04~2014.03, 日本機械学会, 日本機械学会 熱工学部門英文ジャーナル Journal of Thermal Science and Technology 編集委員会 委員.
2013.04~2014.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2013年度熱工学部門 91期 出版委員会 委員長.
2013.04~2014.03, 日本エネルギー学会, 燃焼部会 委員.
2013.04~2014.03, 日本機械学会, 運営委員.
2013.04~2014.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2013年度年エンジンシステム部門 91期 部門賞委員会 委員長.
2012.04~2013.03, 日本エネルギー学会, 燃焼部会 委員.
2011.04~2012.03, 日本エネルギー学会, 燃焼部会 委員.
2012.04~2013.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2012年度エンジンシステム部門 90期 部門賞委員会 委員長.
2012.04~2013.03, 日本機械学会, 運営委員.
2010.04~2011.03, 日本機械学会, 九州先進エンジンテクノロジー研究会 主査.
2008.04~2010.03, 日本機械学会, 九州先進エンジンテクノロジー研究会 主査.
2009.04~2010.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2009年度年エンジンシステム部門 87期 部門賞委員会 委員.
2010.02~2012.07, 日本機械学会, 運営委員.
2010.02~2012.07, 日本機械学会, The Eighth International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems (COMODIA 2012), Chair, Host / Local Organizing Committee.
2010.01~2011.09, 自動車技術会/米国自動車技術会(Society of Automotive Engineers), 2011 Powertrains, Fuels and Lubricants Meeting, Session Organizer.
2010.04~2011.03, 日本機械学会, 幹事.
2010.04~2011.03, 日本機械学会, 運営委員.
2010.04~2011.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2010年度年 代議員.
2010.04~2012.03, 自動車技術会, 論文校閲 委員.
2010.04~2012.03, 自動車技術会, 理事.
2010.04~2012.03, 自動車技術会, 技術会議パワートレイン企画部会 ガス燃料エンジン部門委員会 委員.
2010.04~2011.03, 日本機械学会, 日本機械学会 イノベーションセンター 人材活躍・中小企業支援事業委員会 委員.
2010.04~2011.03, 日本燃焼学会, 運営委員.
2008.10~2009.10, 自動車技術会, 第20回内燃機関シンポジウム 実行委員会 委員.
2009.08~2009.08, 日本燃焼学会.
2009.09~2010.01, 日本機械学会, 日本機械学会 中小企業基盤整備機構委託事業 新現役チャレンジ支援事業委員会 委員.
2009.04~2010.03, 日本機械学会, 日本機械学会 人材活躍・中小企業支援事業委員会 委員.
2009.04~2010.03, 日本機械学会, 日本機械学会論文集校閲委員.
2008.04~2009.03, 日本機械学会.
2008.04~2010.03, 自動車技術会, 技術会議パワートレイン企画部会 ガス燃料エンジン部門委員会 委員.
2008.04~2010.03, 自動車技術会, 理事.
2006.04~2008.03, 自動車技術会, 理事.
2004.04~2006.03, 自動車技術会, 理事.
2009.04~2010.03, 日本機械学会.
2009.04~2010.03, 自動車技術会.
2009.04~2010.03, 日本機械学会, 幹事.
2009.04~2010.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2009年度年 九州支部 62期 商議員.
2009.04~2010.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2009年度年 代議員.
2009.04~2010.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2009年度年エンジンシステム部門 87期 総務委員.
2009.04~2010.03, 日本機械学会, 幹事.
2009.04~2010.03, 日本機械学会, 運営委員.
2008.04~2009.03, 自動車技術会.
2007.04~2008.03, 自動車技術会.
2006.04~2007.03, 自動車技術会.
2008.04~2010.03, 日本機械学会.
2007.11~2008.08, 日本機械学会.
2007.11~2008.08, 日本機械学会.
2008.04~2009.03, 日本機械学会, 日本機械学会 2008年度年エンジンシステム部門 86期 総務委員.
2008.04~2009.03, 日本機械学会, 運営委員.
2008.04~2009.03, 日本機械学会, 幹事.
2008.04~2009.03, 日本機械学会.
2008.04~2009.03, 日本機械学会.
1990.04~1991.03, 日本機械学会.
1995.04~1998.03, 日本機械学会, 幹事.
1995.04~1996.03, 日本機械学会.
1997.04~1999.03, 日本機械学会.
2000.04~2002.03, 日本機械学会.
2001.04~2002.03, 日本機械学会.
2001.04~2002.03, 日本機械学会.
2002.04~2003.03, 日本機械学会.
2002.04~2006.03, 日本機械学会.
2003.04~2005.03, 日本機械学会.
2005.02~2006.02, 日本機械学会・自動車技術会.
2005.04~2006.03, 日本機械学会.
2005.04~2007.03, 日本機械学会.
2005.04~2006.03, 日本機械学会.
2005.04~2006.03, 日本機械学会.
2006.04~2008.03, 日本機械学会.
2007.04~2008.03, 日本機械学会, 幹事.
2007.04~2008.03, 日本機械学会.
2007.04~2008.03, 日本機械学会, 幹事.
2007.04~2008.03, 日本機械学会.
1989.04~2014.03, 自動車技術会, 理事.
1998.04~1999.03, 自動車技術会.
2002.04~2004.03, 自動車技術会, 理事.
2004.04~2006.03, 自動車技術会.
2005.04~2006.03, 自動車技術会.
2004.04~2005.03, 自動車技術会.
2006.04~2008.03, 自動車技術会.
2006.04~2008.03, 自動車技術会.
2005.01~2007.07, 自動車技術会.
1989.04~1990.03, 日本燃焼学会.
2007.04~2008.03, 日本燃焼学会.
2000.04~2001.03, 日本燃焼学会.
2000.04~2001.03, 日本燃焼学会.
2001.04~2002.03, 日本燃焼学会.
2001.04~2002.03, 日本燃焼学会.
2006.04~2007.03, 日本燃焼学会.
2005.04~2006.03, 日本燃焼学会.
2004.04~2005.03, 日本燃焼学会.
2002.04~2003.03, 日本燃焼学会.
学会・研究会における座長等
2017.02.10~2017.02.10, 自動車技術会九州支部講演会, 司会.
2016.06.13~2016.06.13, 自動車技術会九州支部講演会, 司会.
2016.02.05~2016.02.05, 自動車技術会九州支部講演会, 司会.
2015.11.16~2015.11.18, 第53回燃焼シンポジウム, 座長.
2015.11.13~2015.11.13, 自動車技術会九州支部講演会, 司会.
2015.08.31~2015.09.04, 2015 JSAE/SAE International Powertrains, Fuels & Lubricants, 座長.
2015.06.12~2015.06.12, 自動車技術会九州支部講演会, 司会.
2015.06.03~2015.06.04, 第52 回日本伝熱シンポジウム, セッションオーガナイザー.
2014.12.03~2014.12.05, 第52回燃焼シンポジウム, 座長.
2014.11.08~2014.11.09, 熱工学コンファレンス2014, 座長.
2013.12.04~2013.12.06, 第51回燃焼シンポジウム, 座長.
2013.11.26~2013.11.28, 第24回内燃機関シンポジウム, 座長.
2013.02.08~2013.02.08, 自動車技術会九州支部講演会, 司会.
2012.12.05~2012.12.07, 第50回燃焼シンポジウム, 座長.
2012.11.17~2012.11.18, 熱工学コンファレンス2012, 座長.
2012.11.17~2012.11.18, 熱工学コンファレンス2012, セッションオーガナイザー.
2012.03.18~2012.03.21, The 8th KSME-JSME Thermal and Fluids Engineering Confeence, 座長.
2011.12.05~2011.12.07, 第49回燃焼シンポジウム, 座長.
2011.10.24~2011.10.24, 自動車技術会シンポジウム ガス燃料エンジンの現状と将来, 司会.
2011.08.30~2011.09.02, 2011 JSAE/SAE International Powertrains, Fuels & Lubricants, 座長.
2011.08.30~2011.09.02, 2011 JSAE/SAE International Powertrains, Fuels & Lubricants, セッションオーガナイザー.
2011.01.17~2011.01.17, 九州先進エンジンテクノロジー研究会 第18回研究会, 司会.
2010.12.08~2010.12.08, 九州先進エンジンテクノロジー研究会 第17回研究会, 研究会主査.
2010.12.01~2010.12.03, 第48回燃焼シンポジウム, 座長.
2010.12.01~2010.12.03, 第48回燃焼シンポジウム, 司会.
2010.10.30~2010.10.31, 熱工学コンファレンス2010, 座長.
2010.10.15~2010.10.15, 九州先進エンジンテクノロジー研究会 第16回研究会, 司会.
2010.09.29~2010.10.01, 自動車技術会2010年秋季大会, 座長.
2010.09.06~2010.09.09, 日本機械学会2010年度年次大会, 座長.
2009.12.02~2009.12.04, 第47回燃焼シンポジウム, 座長.
2009.11.17~2009.11.19, International Conference on Power Engineering-09, 座長.
2009.09.01~2009.09.03, 第20回内燃機関シンポジウム, 座長.
2009.09.01~2009.09.03, 第20回内燃機関シンポジウム, 実行委員.
2009.03.18~2009.03.18, 日本機械学会九州支部第62期総会講演会, 実行委員.
2008.12.03~2008.12.05, 第46回燃焼シンポジウム, 座長.
2008.07.28~2008.07.31, The Seventh International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems, 座長.
2008.07.28~2008.07.31, The Seventh International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems, セッションオーガナイザー.
2008.07.28~2008.07.31, The Seventh International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems, 論文委員会 委員.
2008.07.10~2008.07.10, 2nd Joint Seminar Kyuhsu University-Bordeaux University, 座長.
2008.03.19~2008.03.19, 日本機械学会九州支部第61期総会講演会, 座長.
2007.12.05~2007.12.07, 第45回燃焼シンポジウム, 座長.
2007.07.23~2007.07.26, 2007 JSAE/SAE International Fuels and Lubricants Meeting, 座長.
2007.07.23~2007.07.26, 2007 JSAE/SAE International Fuels and Lubricants Meeting, オーガナイザー.
2007.05.20~2007.05.23, The Sixth Asia-Pacific Conference on Combustion, 座長.
2007.03.16~2007.03.16, 日本機械学会九州支部第60期総会講演会, 座長.
2006.12.06~2006.12.08, 第44回燃焼シンポジウム, 座長.
2006.09.19~2006.09.21, 日本機械学会2006年度年次大会, 司会.
2006.09.19~2006.09.21, 日本機械学会2006年度年次大会, 座長.
2006.09.19~2006.09.21, 日本機械学会2006年度年次大会, セッションオーガナイザー.
2006.09.19~2006.09.21, 日本機械学会2006年度年次大会, 部門大会企画委員長.
2006.05.24~2006.05.26, 自動車技術会春季大会, 座長.
2005.12.05~2005.12.07, 第43回燃焼シンポジウム, 座長.
2005.10.15~2005.10.15, 日本機械学会九州支部大分地方講演会, 座長.
2005.09.28~2005.09.30, 自動車技術会秋季大会, 座長.
2005.03.11~2005.03.11, 日本機械学会九州支部第58期総会講演会, 座長.
2004.09.06~2004.09.08, 日本機械学会2004年度年次大会, 座長.
2004.03.19~2004.03.19, 日本機械学会九州支部第57期総会講演会, 座長.
2003.12.03~2003.12.05, 第41回燃焼シンポジウム, 座長.
2003.05.19~2003.05.23, 2003 JSAE/SAE International Spring Fuel & Lubricants Meeting, 座長.
2002.12.04~2002.12.06, 第40回燃焼シンポジウム, 座長.
2001.06.24~2001.06.27, Third Asia-Pacific Conference on Combustion, 座長.
2001.12.13~2001.12.14, Busan Engine International Symposium 2001, 座長.
2000.11.21~2000.11.23, 第38回燃焼シンポジウム, 座長.
2000.10.17~2000.10.19, 自動車技術会秋季大会, 座長.
1997.05.12~1997.05.15, First Asia-Pacific Conferenceon Combustion, 座長.
1996.10.20~1996.10.23, Third KSME/JSME Thermal Engineering Conference, 座長.
1992.10.19~1992.10.21, Second KSME/JSME Thermal Engineering Conference, 座長.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2017.12.06~2017.12.08, 第28回内燃機関シンポジウム, 実行委員会幹事.
2016.03.13~2016.03.17, The First Pacific Rim Thermal Engineering Conference, Japanese Scientific Committee.
2016.03.13~2016.03.17, The First Pacific Rim Thermal Engineering Conference, Session Organizer.
2017.10.28~2016.10.30, The Ninth JSME-KSME Thermal and Fluids Engineering Conference, Organizer.
2017.03.26~2017.03.30, Asian Conference on Thermal Sciences, Session Organizer.
2016.09.20~2016.09.23, The 27th International Symposium on Transport Phenomena, Organizing Committee.
2017.07.25~2017.07.28, The Nineth International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems ー COMODIA 2017, Secretary, Organizing Committee.
2016.09.11~2016.09.14, 日本機械学会 2016年度年次大会 実行委員会, 実行委員会委員.
2015.08.31~2015.09.04, 2015 SAE/JSAE Powertrain, Fuels & Lubricants Meeting, 実行委員会委員.
2013.11.26~2013.11.28, 第24回内燃機関シンポジウム, 実行委員会委員.
2012.09.13~2012.09.15, The Sixth KAIST-Kyushu University Joint Workshop on Frontiers in Mechanical and Aerospace Engineering, Co-chair.
2012.07.23~2012.07.26, The Eighth International Conference on Modeling and Diagnostics for Advanced Engine Systems ー COMODIA 2012, Chair, Local Organizing Committee.
2011.08.30~2011.09.01, 2011 SAE/JSAE Powertrain, Fuels & Lubricants Meeting, オーガナイザー.
2009.03.18~2009.03.18, 日本機械学会 九州支部第62期総会講演会, 実行委員会委員.
2009.09.01~2009.09.03, 第20回内燃機関シンポジウム, 実行委員会委員.
2010.12.01~2010.12.03, 第48回燃焼シンポジウム, 実行委員会委員.
2008.07.28~2008.07.31, The 7th INTERNATIONAL CONFERENCE ON MODELING AND DIAGNOSTICS FOR ADVANCED ENGINE SYSTEMS (COMODIA), 論文委員会委員.
2008.07.28~2008.07.31, The 7th INTERNATIONAL CONFERENCE ON MODELING AND DIAGNOSTICS FOR ADVANCED ENGINE SYSTEMS (COMODIA), セッションオーガナイザー.
1989.12.04~1989.12.06, 第27回燃焼シンポジウム, 実行委員会委員.
2000.11.29~2000.12.01, 第38回燃焼シンポジウム, 実行委員会委員.
2005.10.15~2005.10.15, 日本機械学会 大分地方講演会, セッションオーガナイザー.
2006.09.19~2006.09.21, 日本機械学会 2006年度年次大会, 実行委員会委員.
2006.09.19~2006.09.21, 日本機械学会 2006年度年次大会, エンジンシステム部門 年次大会企画委員会 委員長.
2006.09.19~2006.09.21, 日本機械学会 2006年度年次大会, エンジンシステム部門 年次大会 セッションオーガナイザー.
2007.07.23~2007.07.26, 2007 JSAE/SAE International Fuels and Lubricants Meeting, セッションオーガナイザー.
2007.09.10~2007.09.13, 日本機械学会 2007年度年次大会, エンジンシステム部門 年次大会 セッションオーガナイザー.
学会誌・雑誌・著書の編集への参加状況
2016.04~2018.03, 自動車技術会論文集, 査読委員.
2014.04~2016.03, 自動車技術会論文集, 査読委員.
2012.04~2013.03, 日本機械学会論文集, 査読委員.
2012.04~2013.03, 自動車技術会論文集, 査読委員.
2013.04~2017.03, 日本機械学会 熱工学部門英文ジャーナル Journal of Thermal Science and Technology, 編集委員.
2013.04~2014.03, 自動車技術会論文集, 査読委員.
2013.04~2014.03, 日本機械学会論文集, 査読委員.
2005.04~2008.03, エンジンテクノロジー, コレスポンデント.
2004.04~2005.03, JSME International Journal特集号 "Advance Combustion Technology in Internal Combustion Engines" 編集企画委員, 編集委員.
2002.04~2003.03, 日本機械学会誌, トピックス委員.
1990.04~1991.03, 日本機械学会「メカライフ」, コレスポンデント.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度 10  20  34 
2015年度   19 
2014年度 29    41 
2013年度 19    26 
2012年度 14 
2011年度 14  25 
2010年度 11 
2009年度 12  20 
2008年度 15  24 
2007年度 19 
2006年度 12 
2005年度
2004年度
2003年度 10  11 
2002年度
その他の研究活動
研究活動に関する情報の公開
ホームページ, http://www.mech.kyushu-u.ac.jp/~rgd/index-j.html.
ホームページ, http://sip.st.keio.ac.jp/topics/%e5%ae%9a%e5%ae%b9%e5%ae%b9%e5%99%a8%e3%81%ab%e3%82%88%e3%82%8b%e3%82%a4%e3%82%bd%e3%82%aa%e3%82%af%e3%82%bf%e3%83%b3%e4%ba%88%e6%b7%b7%e5%90%88%e4%b9%b1%e6%b5%81%e7%81%ab%e7%82%8e%e3%81%ae%e5%b8%8c/.
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
Jeju, Korea, 2015.12~2015.12.
Gyeongju, Korea, 2013.05~2013.05.
KAIST, Korea, 2012.09~2012.09.
Songdo Convensia, Incheon, Korea, 2012.03~2012.03.
KAIST, Korea, 2008.09~2008.09.
Jeju, Korea, 2005.12~2005.12.
Jeju, Korea, 2005.03~2005.03.
Kohala, Hawaii, United States of America, 2003.03~2003.03.
San Diego, United States of America, 2002.10~2002.10.
The University of Edingburgh, United Kingdom, 2000.07~2000.07.
The University of Leeds, United Kingdom, 1998.09~1999.07.
外国人研究者等の受入れ状況
2010.10~2010.10, The University of Leeds, United Kingdom, 文部科学省.
2007.04~2007.07, The University of Leeds, United Kingdom, .
2006.08~2006.08, The University of Leeds, United Kingdom, .
2006.04~2007.03, The University of Leeds, United Kingdom, .
2005.09~2006.03, The University of Leeds, United Kingdom, .
受賞
日本機械学会 熱工学部門一般表彰(講演論文表彰), 日本機械学会, 2012.11.
自動車技術会フェロー, 自動車技術会, 2006.05.
日本機械学会奨励賞(研究), 日本機械学会, 1997.04.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2015年度~2017年度, 挑戦的萌芽研究, 代表, 予混合火炎における粒子状物質生成機構の解明と生成量低減.
2009年度~2011年度, 基盤研究(C), 代表, 乱れのスペクトルによる非定常乱流火炎伝播機構のモデリング展開.
2006年度~2007年度, 基盤研究(C), 代表, 圧力の影響を考慮した乱流火炎伝播機構の解明と乱流燃焼モデルの構築.
2003年度~2004年度, 基盤研究(C), 分担, ノッキング現象の解明とその回避方法の提案.
2002年度~2003年度, 基盤研究(C), 代表, 高圧下における予混合火炎の不安定性と乱流燃焼特性.
1995年度~1995年度, 奨励研究(A), 代表, 総括反応モデルを用いた乱流火炎伝ぱDNSのための衝突頻度因子の解析的検討.
1990年度~1990年度, 奨励研究(A), 代表, レーザーシート法による直噴式成層燃焼方式における燃料噴流の混合および燃焼の解析.
1992年度~1992年度, 奨励研究(A), 代表, PTVおよびフラクタル解析による成層混合気形成過程の解析.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2014年度~2018年度, 内閣府 戦略的イノベーション創造プログラム 革新的燃焼技術 高効率ガソリンエンジンのためのスーパーリーンバーン研究開発, 分担, 高効率ガソリンエンジンのためのスーパーリーンバーン研究開発 「超希薄高EGR下での乱流燃焼促進手法の提案」.
2012年度~2012年度, 産学官地域連携による水素社会実証研究, 代表, 水素漏洩時の火炎伝播阻止に向けた水素火炎消炎特性に関する研究.
2011年度~2011年度, 産学官地域連携による水素社会実証研究, 代表, 水素漏洩時の被害軽減に向けた水素火炎消炎距離に関する研究.
2009年度~2009年度, 九州大学・九州電力~ビクトリア州 褐炭高度利用基盤研究コンソーシアム, 分担, 褐炭利用技術研究に関する共同研究.
2008年度~2012年度, (独)新エネルギー・産業技術総合開発機構 革新的ゼロエミッション石炭ガス化発電プロジェクト, 分担, 革新的ガス化技術に関する基盤研究事業(テーマ設定型基礎研究事業)「O2/CO2石炭ガス化反応機構の解明とアジア地域の多様な石炭への適応(九州大学)」、共同研究テーマ「CO2回収型次世代IGCC技術開発」.
2007年度~2009年度, 中小企業産学連携製造中核人材育成事業(経済産業省), 分担, アジアで活躍できる地球環境・資源制約に対応する石炭等化石資源高度利用中核人材育成.
2005年度~2007年度, 研究拠点形成費補助金(21世紀COE) (文部科学省), 分担, 水素利用機械システムの統合技術.
2000年度~2001年度, ゼネラル石油研究奨励財団, 代表, 高圧下の乱流燃焼促進の研究.
2000年度~2001年度, スズキ財団, 代表, 高圧下の予混合気の燃焼促進.
2001年度~2002年度, マツダ財団, 代表, 高圧下における予混合気の不安定性と乱流火炎伝播特性.
2000年度~2001年度, 谷川熱技術振興基金, 代表, 高圧下の燃焼促進の研究.
寄附金の受入状況
2001年度, マツダ財団, マツダ財団研究助成
「高圧下における予混合気の不安定性と乱流火炎伝播特性」.
2000年度, スズキ財団, スズキ財団科学技術研究助成
「高圧下の予混合気の燃焼促進」.
2000年度, ゼネラル石油研究奨励財団, ゼネラル石油研究奨励財団研究奨励助成「高圧下の乱流燃焼促進の研究」.
2000年度, 谷川熱技術振興基金, 谷川熱技術振興基金研究助成
「高圧下の燃焼促進の研究」.
学内資金・基金等への採択状況
2002年度~2002年度, 九州大学後援会 教官の研究プロジェクト助成, 代表, 高圧下における予混合火炎の不安定性と乱流火炎伝播特性.

九大関連コンテンツ