九州大学 研究者情報
論文一覧
小山 智幸(こやま ともゆき) データ更新日:2019.06.18

准教授 /  人間環境学研究院 都市・建築学部門 構造防災系


原著論文
1. 当銘葵,小山智幸,肥後康秀,早川隆之, 暑中コンクリートに及ぼす人工軽量骨材の自己養生効果に関する一考察, コンクリート工学年次論文集, 40, 1, 1293-1298, 2018.07.
2. Bokyeong Lee, Gyuyong Kim, Jeongsoo Nam, Kyehyouk Lee, Gyeongtae Kim, Sangkyu Lee, Kyoungsu Shin and Tomoyuki Koyama, Influence of α-Calcium Sulfate Hemihydrate on Setting, Compressive Strength, and Shrinkage Strain of Cement Mortar, Materials, 59-66, 12,163 pp.1-13, 2019.01.
3. 伊藤雅文,小山智幸,関雅明,閑田徹志,笠井浩, 東南アジアにおけるフライアッシュコンクリートの強度予測に関する研究, 都市,建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 35, 59-66, 2019.01, The amount of fly ash generated in Asia is larger than in other areas. Among them, economic growth in Southeast Asia is remarkable. Considering that the amount of generated fly ash can further increase, it is necessary to consider using a large amount of fly ash as an admixture to concrete from the economic and environmental aspects.
In this study, we aim to conduct appropriate quality control of fly ash concrete, and compare the strength characteristics of compressive strength obtained from experiments using cement and FA in the three countries of India, Indonesia and Thailand. And, we examined the strength estimation formula of the fly ash concrete..
4. 申相澈, 小山智幸, 小山田英弘, 肥後康秀, 人工軽量骨材の自己養生効果による暑中コンクリートの物性向上に関する研究, コンクリート工学年次論文集, 39, 1, 1387-1392, 2017.07.
5. 阿武稔也,小山智幸,伊藤是清,大谷俊浩, 九州におけるコンクリート構造物の凍害に関する調査 その1 外観調査結果, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 32, 37-43, 2017.07, In temperate areas like Kyushu, the interest in frost damage of concrete is low, and deterioration situation is not sufficiently grasped. Although the degree of risk of frost damage is rank 1 in the vicinity of Aso and Unzen in Kyushu, frost damage occurs in other inland areas and mountainous areas. In cold areas, frost damage is likely to occur on the south side because the maximum temperature is often below freezing, and once concrete is frozen it must require the action of solar radiation to melt. However, in Kyushu, the lowest temperature rarely is below freezing, and concrete can be melted without the action of solar radiation. Therefore, in order to know the characteristics of frost damage in Kyushu, we made visual investigation of concrete structures. As a result, we found that the frost damage in Kyushu has characteristics different from those in cold areas such as deterioration seen in all directions..
6. 宮川美穂、岩城圭介,新大軌,小山智幸, フライアッシュを使用した調合における初期強度に及ぼすアミン系強度増進剤の効果, 日本建築学会構造系論文集, 82, 736, 783-789, 2017.06.
7. Sangchul SHIN, Tomoyuki Koyama, Korekiyo ITO, A STUDY ON THE MOCK-UP TEST FOR QUALITY CONTROL OF FLOOR SLAB CONCRETE ACCORDING TO CURING METHOD UNDER HOT WEATHER, The 7th International Conference of Asian Concrete Federation, 2016.11, This study was conducted to investigate the initial water movement and the hydration property of poured concrete under a hot weather environment and examined impacts from the curing method (water curing, sheet curing and membrane curing), start time and period of curing to the strength and durability of hardened concrete. The floor slab specimens produced in the size of 800 × 800 × 200 mm to consider real construction site. The results of this mock-up test indicate that the bleeding is finished after 3.5 hours, the concrete surface becomes dried state rapidly, and the hydration reaction was very fast in the hot weather condition. Curing is effective if it is started from the point of bleeding ending and start of surface drying. For curing method, the water curing is most effective. If the water curing is complicated, the quality control though the sheet curing or the membrane curing is available..
8. 申相澈, 小山智幸, 本田悟, 伊藤是清, 小山田英弘, 湯浅昇, 原 康隆, 暑中環境で施工される鉛直部材のコールドジョイントに及ぼすコンクリート打重ね時間間隔の影響, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 30, 51-60, 2016.07, Since the hydration reaction of concrete is more rapid in hot weather environment, extra care must be taken with placement to avoid cold joint. Especially in case of the vertical members such as walls and columns, it should be assured the early intervals of concrete placing time for consolidation with the previous concrete. Therefore, this study was conducted to investigate the effect of concrete placing time and interval of vertical members affecting the development of the cold joint under hot weather environment. As experimental factors of this mockup test, concrete placing time was set 0.5 and 1.5 hours, and the intervals of concrete placing time was set at 1, 2 and 3 hours. Experiment results indicate that the bleeding is finished after 2 hours, the concrete surface becomes dried state rapidly, and the hydration reaction was very fast in the hot weather condition. When approaching from the experimental factors, intervals of placing time was a dominant influence on the air permeability coefficient compared with concrete placing time. If proposed the air permeability coefficient in 10(×10-16m2) or less for quality control in respect of cold joint under hot weather environment, later concrete should be poured within 2 hours. Additionally, in the scope of this experiment, 1.0N/mm2 of Proctor penetration resistance and 50~60mm of N-type penetration depth can suggest a limits of placing time of later concrete..
9. 宮川美穂, 岩城圭介, 小山智幸, アミン系強度増進剤の各種混和材に対する効果に関する研究, コンクリート工学年次論文集, 38, 1, 111-116, 2016.07.
10. 陶山裕樹, 小山智幸, 高巣幸二, 小山田英弘, 使用材料の粒度および充填率がモルタルの物性に与える影響, セメント・コンクリート論文集, 69, 139-145, 2016.03, 本論文は、使用材料の粒度がモルタルの物性に与える影響について検討したものである。骨材を粉砕・分級して製造したPowder- Aggregate Material(PAM)を用いて使用材料の粒度を操作した実験を行い、次の知見を得た。(1) 細かいPAMを混合したモルタルのフロー値はプレーン調合より低く、フロー値は充填率と正の相関関係にあった。(2) PAMを混合したモルタルの圧縮強度はプレーン調合より高く、圧縮強度は充填率と負の相関関係にあった。(3) 使用材料の粒度は静弾性係数に影響をほとんど与えなかった.
11. 汪俊華, 竹内崇, 小山智幸, 孫 玉平, SBPDN鉄筋と鋼板拘束を用いたFA円形RC柱の耐震挙動に関する実験的研究, コンクリート工学年次論文集, 37, 2, 193-198, 2015.07, 付着強度の低い超高強度鉄筋(SBPDN鉄筋)を主筋に用い,鋼板拘束を施したFA円形RC柱の耐震性能に及ぼす,鋼板の接合方法と柱中央における主筋定着部の詳細及び主筋の定着長さの影響を解明することを目的として,逆対称曲げ柱形式の試験体に対して一定軸力下における正負繰り返し水平力載荷実験を行った。その結果,ボルトで接合された鋼板拘束柱は溶接鋼板拘束柱とほぼ同等の柱極限履歴性能を有することが明らかとなった。また,柱中央部での主筋の定着は柱の大変形までの二次剛性を保有するために,重要な役割を果たすことが分かった。.
12. 伊藤是清, 小山智幸, 原田志津男, 片村祥吾, 平山茉莉子, フライアッシュ外割混合コンクリートの耐硫酸性および耐硫酸塩性に関する研究, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 28, 165-170, 2015.07, In this paper, resistance to chemical deterioration of mortar containing large quantity of fly ash with constant Portland cement content was discussed by investigating the change of weight and length of specimens immersed in a 5% solution of sulfuric acid.
13. 申相澈, 小山智幸, 小山田英弘, 伊藤是清, 前田禎夫, 片村祥吾, 原康隆, 暑中環境で施工される床スラブコンクリートの品質管理に関する研究, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 26, 111-117, 2014.07, It is very important to start and maintain the curing of concrete at the early age in hot weather environment. Therefore, this study was conducted to investigate the effect of curing by reviewing the various characteristics according to curing method in order to control the quality of floor slab concrete under hot weather environment. Concrete curing was performed through three kinds of method: water spray curing, sheet curing and non-curing. Especially in the case of water spray curing, the start time of watering was set different. As the result of experiments, Even if floor slab concrete is manufactured in hot weather, the temperature of concrete did not rise significantly in comparison with column concrete specimen. In addition, Experiment results indicate that water spray curing is effective on the compressive strength, neutralization and air permeability. On the other hand, the characteristic difference of floor slab concrete according to curing method was not significant under standard weather environment. In addition, it was confirmed that the water curing within a few hours of placing is effective in order to satisfy both the strength and durability of concrete under hot weather environment..
14. 汪俊華, 竹内崇, 小山智幸, 孫 玉平, Seismic Behavior of Circular Fly Ash Concrete Column Reinforced by Ultra High Strength Rebars and Steel Plates, コンクリート工学年次論文集, 36, 2, 115-120, 2014.07, This paper experimentally studied influences of the types of longitudinal rebars and transverse reinforcement methods on seismic behavior of circular fly ash concrete column. The experimental results have indicated that specimens with high strength rebars having low bond strength exhibit smaller residual deformation and more stable resistance than that of the specimens with high-strength deformed rebars. The specimens confined by steel plates shoved not only shoved higher lateral resistance but also less residual deformation than the specimens confined by conventional spirals. .
15. 大久保徳洋, 吉永哲大, 山口 謙太郎, 小山智幸, 川瀬博, 吉田雅穂, 乾式工法によるコンクリートブロック摩擦制振壁の開発研究
-制振壁の概要と壁-フレーム試験体の繰り返し水平載荷実験-, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 25, 87-93, 2014.01.
16. 陶山裕樹, 小山智幸, 伊藤是清, 松藤泰典, 各種粉体を外割混合したコンクリートにおける細孔組織を考慮した圧縮強度に関する検討, コンクリート工学論文集, 24, 3, 89-100, 2013.09.
17. Sun Yuping, Tomoyuki Koyama, Takeuchi Takashi, Seismic Performance and Evaluation of Fly-Ash Concrete Columns – Towards resilient and sustainable concrete structures, SCMT3(The 3rd International Conference on Sustainable Construction Materials and Technologies), e.251, 2013.08.
18. 宮川美穂, 小山智幸, 岩城圭介, 石橋宏一郎, 片村祥吾, 各温度環境下におけるフライアッシュコンクリート用添加剤を使用したモルタルの強度発現に関する研究, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 24, 139-146, 2013.07, Two types of flyash and two types of additives were investigated at the environmental temperature 10deg C, 20deg C, and 30deg C. In the environmental temperature 10deg C, the strength enhancement effect was seen rather than ordinary portland cement mix proportion in 1day. In environmental temperature 20deg C, although there was strength development rather than the additive-free of flyash mix proportion, strength development was not seen rather than ordinary portland cement mix proportion. In the environmental temperature 30deg C, the trend for strength to decline rather than the additive-free of flyash mix proportion according to the kind of an additive and flyash..
19. 石川嘉崇, 小山智幸, 伊藤是清, フライアッシュ起源高強度人工骨材コンクリートの長期性状に関する研究, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 24, 131-138, 2013.07, In this study, the long term exposure test of concrete specimens using ‘High Strength Artificial Aggregate” (hereafter called FA aggregate) which has a dense structure through properly controlled production was carried out. After ten years of exposure, the compressive strength of concrete using FA aggregate with water/cement ratio of 30 and 55% was the same as that of crushed stone concrete (hereafter called NA concrete), and was greater than that of ordinary artificial light weight aggregate concrete under the same conditions. And the carbonation rate of FA concrete was smaller than that of NA concrete..
20. 申相澈, 金振晩, 小山智幸, 中・低レベル放射性廃棄物処理用セメント固化体の圧縮強度と動弾性係数の関係, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 24, 123-130, 2013.07, Recently, the medium-low level radioactive waste from nuclear power plant must be transported from temporary storage to the final repository. Medium-low level radioactive waste, which is composed mainly of the liquid ion exchange resin, has been consolidated with cementitious material in the plastic or iron container. Since cementitious material is brittle, it would generate cracks by impact load during transportation, signifying leakage of radioactive ray. In order to design the safety transporting equipment, there is a need to check the compressive strength of the current waste. However, because it is impossible to measure strength by direct method due to leakage of radioactive ray, we will estimate the strength indirectly by the dynamic modulus of elasticity. Therefore, it must be identified the relationship between of strength and dynamic modulus of elasticity. According to the waste acceptance criteria, the compressive strength of cement based solid is defined as more than 3.44 MPa (500 psi). Compressive strength of the present solid is likely to be significantly higher than this baseline because of continuous hydration of cement during long period. On this background, we have tried to produce the specimens of the 28 day's compressive strength of 3 to 30 MPa having the same material composition as the solid product for the medium-low level radioactive waste, and analyze the relationship between the strength and the dynamic modulus of elasticity. By controling the addition rates of AE agent, we made the mixture containing the ion exchange resin and showing the target compressive strength(3 ∼ 30 MPa). The dynamic modulus of elasticity of this mixtures is 4.1∼10.2 GPa, about 20 GPa lower in the equivalent compressive strength level than that of ordinary concrete, and increasing the discrepancy according to increase strength. The compressive strength and the dynamic modulus of elasticity show the liner relationship..
21. 松本侑也, 小山智幸, 小山田英弘, 気候変動下における暑中コンクリート工事適用期間の予測方法, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 24, 117-122 , 2013.07, On hot weather concreting, for the proper execution planning to prevent many problems on concrete quality, it is important to estimate the length and severity of hot weather ambience. In this study, the methods were discussed using the data opened to the public by Japan Meteorological Agency. The method described in JASS5 tends to estimate the period shorter due to the effect of recent global warming. The presented method using the mean value of ambient temperature at the nearest ten years could estimate better than the traditional one using the normal values. Additionally, it was shown that the length and severity of hot weather ambience were correlated well. .
22. 竹内崇, 小山智幸, 吉野健太郎, 孫 玉平, フライアッシュを外割混合したコンクリートを用いた鋼管横補強RC柱部材の耐震性能に関する実験的研究, コンクリート工学年次論文集, 35, 2, 151-156, 2013.07.
23. 竹内崇, 小山 智幸, 藤永隆, 孫 玉平, フライアッシュを外割混合したコンクリートを用いたRC 柱部材の耐震性能に及ぼす主筋強度の影響, コンクリート工学年次論文集, 34, 2, 145-150, 2012.06.
24. 伊藤是清,小山智幸,原田志津男,小山田英弘,松藤泰典, フライアッシュ外割コンクリートの各種環境下における耐久性に関する研究
-弱酸性の硫酸環境における長期曝露実験-, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 21, 41-47, 2012.01, Long term exposure tests on sulfuric acid resistance of concrete containing a large quantity of fly ash with constant cement content were carried out under weak acid environment, i.e., in the atmosphere and soil which has a pH value between 4 and 5. In six years’ exposure tests, the following results were obtained.
a) Specimens embedded in the acid soil expanded slightly, but cracking was not observed on the surfaces of the specimens. b) In specimens with no fly ash content (Portland cement only) or with low fly ash content, those surface parts were dissolved severely by sulfuric acid. Nevertheless, dynamic modulus of elasticity of these specimens was unimpaired. c) It was confirmed that with an increase in the fly ash content, the resistance of concrete to sulfuric acid improved, in other words, dissolution and discoloration of the surface parts hardly occurred..
25. 吉野健太,谷 昌典,小山智幸,孫 玉平, フライアッシュを外割混合したコンクリートを用いたRC 柱部材のせん断性状に関する研究, コンクリート工学年次論文集, 33, 2, 181-186, 2011.07.
26. 松本侑也,小山智幸,小山田英弘,原田志津男,伊藤是清,陶山裕樹, 暑中コンクリート工事における品質管理に関する研究
―実大柱および壁試験体による検討―, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 20, 129-138, 2011.07, This study was carried out with the aim of investigating the influence that the high temperature of ready mixed concrete as delivered and the time for formwork to remain in place exerted on the correction value of concrete strength and the carbonation ratio of the concrete on hot weather concreting. The specimens in the experiments were placed at 35℃ and 38℃ of the temperature of concrete as delivered. The times for formwork to remain in place of the specimen were from 1 day to 28 days. This paper describes that the appropriate correction value of concrete strength is 6N/mm2 on hot weather concreting and the time for formwork to remain in place shall be 5 days or longer from the view of the durability if the temperature of concrete as delivered exceeds 35℃..
27. Tomoyuki Koyama,Yasunori Matsufuji,Shizuo Harada,Toshio Yonezawa,Kyoichi Tanaka,Etsutaka Maeda and Fumio Oshida, DETERIORATION PROCESS OF CONCRETE IN WEAK SULFURIC ACID SOIL, 2nd International Symposium on Service Life Design for Infrastructure 2010, 1, 213-220, 2010.10.
28. Toshio Yonezawa, Yasunori Matsufuji, Shizuo Harada, Tomoyuki Koyama, Etsutaka Maeda, Kyoichi Tanaka and Fumio Oshida , NEUTRALISATION OF CONCRETE UNDER WEAK SULFURIC ACID ENVIRONMENT, 2nd International Symposium on Service Life Design for Infrastructure 2010, 1, 99-106, 2010.10.
29. 谷 昌典,孫 玉平,小山 智幸,小山田 英弘, フライアッシュを外割混合したコンクリートを用いたRC柱部材の力学性状, コンクリート工学年次論文集, 32, 2, 73-78, 2010.07.
30. 陶山裕樹,小山智幸,小山田英弘,松藤泰典, 粉体混和材を外割混合したコンクリートの強度式の検討, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 18, 61-68, 2010.07.
31. 小山田英弘,福島正治,小山智幸,松藤泰典,宮崎友紀,上杉晶子, 建設業従事者の身体機能に関する調査, 日本建築学会技術報告集, 15, 31, 653-656, 2009.10.
32. 米澤敏男,松藤泰典,原田志津男,小山智幸,前田悦孝,田中恭一, 硫酸による弱酸性環境における中性化の研究, コンクリート工学論文集, 20, 3, 45-57, 2009.09.
33. 伊藤是清,小山智幸,小山田英弘,松藤泰典, フライアッシュを外割混合したコンクリートの中性化の評価, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 16, 141-147, 2009.07.
34. 大熊良典,小山智幸,小山田英弘,北山博規, 暑中コンクリートの温度推定式に関する研究 ―推定式中の係数α,βに関する実機実験―, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 16, 133-140, 2009.07.
35. 小山智幸,孫玉平,藤永隆,小山田英弘,緒方太, Mechanical Properties of Concrete Beam Made of a Large Amount of Fine Fly Ash, Proceedings of the 14th World Conference on Earthquake Engineering, 8pages(CD-ROM), 2008.10.
36. 小山智幸,松藤泰典,伊藤是清,小山田英弘, フライアッシュを大量混合したコンクリートの実大模擬部材試験体による検証, 日本建築学会技術報告集, 第14巻,第28号,pp.383-388, 2008.10.
37. 小山智幸,孫玉平,小山田英弘,藤永隆, フライアッシュを外割混合したコンクリートの圧縮応力—ひずみ関係のモデル化, コンクリート工学年次論文集, Vol.30,No.3,pp.85-90, 2008.07.
38. 藤永隆,孫玉平,小山智幸,小山田英弘, 石炭灰を大量混合したRC梁の曲げせん断挙動に関する実験的研究, コンクリート工学年次論文集, Vol.30,No.3,pp.247-252, 2008.07.
39. 北山博規,小山智幸,小山田英弘, 暑中環境下で打設されるコンクリートの湿潤養生期間に関する研究 —劣化層が圧縮強度に及ぼす影響—, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第14号,pp.159-167 , 2008.07.
40. 御手洗泰文,稲冨敬,大池武,守屋正裕,小山智幸, 重要構造物マスコンクリートの品質管理 −保護塗装の効果と耐久性に関する20年のモニタリング試験結果−, 日本建築学会技術報告集, No.24, pp.389-394, 2007.12.
41. Yasufumi Mitarai, Takeshi Ohike, Masahiro Moriya, Takanori Ogata and Tomoyuki Koyama, Long-term Study on Properties of High-strength Mass Concrete in PCCV
(Prestressed Concrete Containment Vessel)
(Monitoring Test Results and Durability of Concrete over 22 years), Transactions, SMiRT (STRUCTURAL MECHANICS in REACTOR TECHNOLOGY) 19, Toronto, August 2007 , H03/5-1〜8(CDROM), 2007.08.
42. 伊藤是清,小山智幸,小山田英弘,船本憲治,松藤泰典, フライアッシュを混合したコンクリートの自然曝露環境下における中性化性状に関する研究, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第12号,pp.115-121, 2007.07.
43. 安田正雪,阿部道彦,千歩修,小山智幸, 10年屋外暴露したフライアッシュを使用したコンクリートの性状, コンクリート工学年次論文集, Vol.29,No.1,pp.777-782, 2007.07.
44. 陶山裕樹,小山智幸,小山田英弘,松藤泰典, 無機粉体を外割混合したコンクリートの力学性状に及ぼす細孔空隙構造の影響, コンクリート工学年次論文集, Vol.29,No.1,pp.231-236, 2007.07.
45. 御手洗泰文,守屋正裕,大池武,小山智幸, 重要構造物マスコンクリートの品質管理手法に関する研究 その3 材齢10年の耐久性モニタリング試験結果について, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第11号,pp.143-149, 2007.01.
46. 小山智幸,小山田英弘,松藤泰典, 志免鉱業所遺跡建物に用いられたコンクリートおよび鋼材の品質に関する調査, 日本建築学会技術報告集, No.24, pp.61-66, 2006.12.
47. 小山田英弘,小山智幸,松藤泰典, 労働者の年齢と死傷労働災害発生率の関係に関する考察, 日本建築学会構造系論文集, No.610, pp.35-40, 2006.12.
48. 小山田英弘,福島正治,小山智幸,大柿哲朗,篠田岳志,松藤泰典, 暑中期建設現場の作業温度測定と熱中症労働災害のリスク, 第22回建築生産シンポジウム論文集, pp.235-240, 2006.07.
49. 御手洗泰文,小山智幸, 重要構造物マスコンクリートの品質管理手法に関する研究 その2 構造体コンの夏期強度管理とプレクーリングについて, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第10号,pp.129-138, 2006.07.
50. 御手洗泰文,小山智幸, 重要構造物マスコンクリートの品質管理手法に関する研究 その1 構造体コンの冬期強度管理について, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第10号,pp.119-128, 2006.07.
51. 陶山裕樹,小山智幸,小山田英弘,境一弥,伊藤是清,松藤泰典, フライアッシュを外割混合した再生コンクリートの強度性状, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第10号,pp.111-118, 2006.07.
52. 小山智幸,松本尚樹,伊藤是清,小山田英弘,松藤泰典, 無機粉体スラリーを用いたコンクリートの流動性向上効果に関する研究 スラリーのゼータ電位とコンクリートの流動性に関する検討, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第10号,pp.103-109, 2006.07.
53. 小山智幸,松藤泰典,原田志津男,米澤敏男,田中恭一,前田悦孝, 弱酸性の硫酸酸性地盤に接するコンクリートの劣化モデルに関する一考察, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第10号,pp.91-101, 2006.07.
54. 陶山裕樹,小山智幸,伊藤是清,松藤泰典, 副産物系無機粉体を外割混合したコンクリートの強度発現性状, コンクリート工学年次論文集, Vol.28,pp.269-274, 2006.06.
55. 原田志津男,松藤泰典,小山智幸,米澤敏男,田中恭一,前田悦孝, 硫酸酸性地盤に10年間暴露された高品質コンクリートの物理性状, 日本建築学会構造系論文集, No.604,pp.1-8, 2006.06.
56. 小山智幸,松藤泰典,小山田英弘,山口謙太郎, 暑中環境における建設災害の発生傾向に関する研究, 日本建築学会構造系論文集, No.600,pp.17-21, 2006.02.
57. 山口謙太郎,松藤泰典,小山智幸,小山田英弘, 薄鋼板の横補剛効果を有する合わせ梁の曲げ耐力及び剛性, 日本建築学会構造系論文集, No.592,pp.185-191, 2005.06.
58. 山口謙太郎,松藤泰典,小山智幸,小山田英弘, イタコルマイト組織のアナロジーによる重ね梁の損傷限界曲げ耐力および初期剛性, 日本建築学会構造系論文集, No.591,pp.153-160, 2005.05.
59. 山口謙太郎,松藤泰典,小山智幸,小山田英弘, 摩擦抵抗型乾式組積造壁体のせん断耐力評価, 日本建築学会構造系論文集, No.589,pp.173-180, 2005.03.
60. Mohd. Faris Khamidi, Yasunori Matsufuji, Kentaro Yamaguchi, Adapting Dry-masonry Brick House System as a Green Cycle Model for Asian Markets, Proceedings of Conference on Use of the Recycled Materials in Building and Structures (PRO 40), Volume 1 RILEM 2004, pp.183-192, 2004.11.
61. 山口謙太郎,松藤泰典,小山智幸,小山田英弘, 凌震構造の静力学特性 −梁の曲げ耐力評価−, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第6号,pp.203-210, 2004.07.
62. 山口謙太郎,松藤泰典,小山智幸,小山田英弘, 凌震構造の静力学特性 −壁体のせん断耐力評価−, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第6号,pp.195-201, 2004.07.
63. 松藤泰典,小山智幸,小山田英弘,伊藤是清, コンクリートへの石炭灰混合量の最大化に関する研究, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第6号,pp.187-194, 2004.07.
64. 小山田英弘,松藤泰典,小山智幸,山口謙太郎, 建設作業における労働安全衛生マネジメントに関する研究 −作業環境の影響に関する分析−, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第5号,pp.99-106, 2004.01.
65. Y.Koshiro, T.Oike, T.Kawaguchi, T.Koyama, Y.Matsufuji, DEVELOPMENT OF SELF-COMPACTING CONCRETE CORRESPONDING TO THE SPECIFIED STRENGTH FOR CFT, 28th Conference on OUR WORLD IN CONCRETE & STRUCTURES, pp.357-364, 2003.08.
66. 濱崎仁,松藤泰典,小山智幸, 超音波を用いたコンクリートの打継ぎ不連続面の評価方法に関する基礎的研究, シンポジウム「コンクリート構造物の非破壊検査への期待」論文集, Vol.1, pp.149-156, 2003.07.
67. Y. Matsufuji, T. Koyama, etc., Development of Stabilization System of Coal Ash to Use Large Quantity into Concrete, ANNUAL REPORT of the Faculty of Engineering Kyushu University 2002, pp.94-95, 2003.05.
68. Y. Matsufuji, T. Koyama, etc., Habitat System to Maximize Throughput for Sustainable Development, ANNUAL REPORT of the Faculty of Engineering Kyushu University 2002, pp.88-93, 2003.05.
69. 小山田英弘,松藤泰典,小山智幸,山口謙太郎, 建設業における労働安全衛生マネジメントに関する研究     −労働者の年齢を評価基準とした災害発生率分析−, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第3号,pp.141-148, 2003.01.
70. 松藤泰典,小山智幸, 試論・循環建築学体系, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第3号,pp.1-15, 2003.01.
71. 松藤泰典,小山智幸, コンクリートへの大量リサイクルを可能にする石炭灰の安定化処理, CREST国際シンポジウム 「セラピューティック煉瓦造住宅の住環境効果」, pp.S2.1-1-S2.1-6,, 2002.10.
72. 松藤泰典,小山智幸, 伊藤是清, 石炭灰を大量使用するコンクリートにおける強度設定型調合則に関する研究, 材料, Vol.51, No.10, pp.1111-1116, 2002.10.
73. 船本憲治,松藤泰典,小山智幸,伊藤是清, 粗粉フライアッシュを外割大量使用するコンクリートの特性, 日本コンクリート工学協会     廃棄物のコンクリート材料への再資源化に関するシンポジウム論文集, pp.53-56, 2002.09.
74. 松藤泰典,小山智幸, 石炭灰処理技術の推進に関する研究, 石炭利用国際会議 2002, J3.1-1〜18(英文はE3.2-1〜20), 2002.09.
75. 松藤泰典,山口謙太郎,小山智幸,小山田英弘, 資源循環型建築構造を可能にする要素非接着型組積工法による壁体内のプレストレス分布, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第2号,pp.79-87, 2002.07.
76. 松藤泰典,小山智幸,山口謙太郎,小山田英弘,伊藤是清, 持続可能な火力発電を実現するための電力産石炭灰の環境負荷低減処理システム, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第2号,pp.57-68, 2002.07.
77. Y.Matsufuji,T.Koyama,K.Funamoto and K.Ito, Mix Proportion Principle of Concrete Containing Large Quantity of Coal Ash with Constant Cement Content, TRANSACTIONS OF JAPAN CONCRETE INSTITUTE, Vol.23, pp.97-110, 2002.02.
78. 濱崎仁,松藤泰典,小山智幸, コンクリートの打継ぎ不連続面の評価と防止技術に関する研究     −その1 強度低下および欠陥部の評価方法−, 九州大学工学集報, Vol.74, No.5, pp.587-593, 2001.09.
79. 松藤泰典,小山智幸,小山田英弘,山口謙太郎, 暑中環境における建設災害, 都市・建築学研究,九州大学大学院人間環境学研究院紀要, 第1号,pp.127-135, 2001.07.
80. 小山田英弘,松藤泰典,小山智幸,山口謙太郎,土黒貴史, 建設業における労働安全衛生マネジメントに関する研究     −建築工期と災害発生率の関係−, 九州大学工学集報, Vol.74, No.3, pp.243-248, 2001.05.
81. 小山田英弘,松藤泰典,小山智幸,山口謙太郎,土黒貴史, 建設業における労働安全衛生マネジメントに関する研究     −建築工事における墜落災害の傾向及び分析−, 九州大学工学集報, Vol.74, No.3, pp.237-242, 2001.05.
82. 小山田英弘,松藤泰典,小山智幸,山口謙太郎,土黒貴史, 建設業における労働安全衛生マネジメントに関する研究     −日常災害としての建設労働災害−, 九州大学工学集報, Vol.74, No.3, pp.231-236, 2001.05.
83. 松藤泰典,小山智幸,船本憲治,伊藤是清, 石炭灰を外割大量使用するコンクリートの調合に関する研究, コンクリート工学論文集, Vol.12, No.2 (Issue 26), pp.51-60, 2001.05.
84. 土井紀佳,松藤泰典,小山智幸, 品質管理データが人為的原因で偏りを持つ場合の分布関数に関する研究, 九州大学工学集報, Vol.74, No.2, pp.123-130, 2001.03.
85. 松藤泰典,小山智幸,磯部敏幸, 石炭灰をコンクリートに大量使用するための安定化処理に関する研究, 九州大学中央分析センター報告, 第18号(2000), pp.37-41, 2001.02.
86. Hidehiro KOYAMADA, Yasunori MATSUFUJI, Tomoyuki KOYAMA and Rui AKAMATSU, AN EXPERIMENTAL STUDY ON THE MIX DESIGN OF MEDIUM-FLUIDITY CONCRETE, TRANSACTIONS OF THE JAPAN CONCRETE INSTITUTE, Vol.22, pp.21-26, 2001.02.
87. 高巣幸二,松藤泰典,小山智幸, 住宅建築における生産システムの構築 −ビルダーをエージェントとした資材調達システム−, 九州大学工学集報, Vol.74, No.1, pp.47-54, 2001.01.
88. 松藤泰典,小山智幸, グリーンコンクリートの引張り限界ひずみの定式化に関する研究, 日本建築学会構造系論文集, 第538号,pp.29-34, 2000.12.
89. 小山田英弘,松藤泰典,小山智幸,赤松塁, 中流動コンクリートの調合法に関する実験的研究, コンクリート工学年次論文集, 第22巻,第2号,pp.463-468, 2000.06.
90. 松藤泰典,磯部敏幸,小山智幸,重富光人, 石炭灰をコンクリートに大量使用するための安定化処理に関する研究, コンクリート工学年次論文集, 第22巻,第2号,pp.115-120, 2000.06.
91. 小山智幸,松藤泰典,仲田康司,伊藤是清, 石炭灰を大量使用したコンクリートの強度・中性化特性, コンクリート工学年次論文集, 第22巻,第2号,pp.97-102, 2000.06.
92. 安田正雪,阿部道彦,千歩修,小山智幸, フライアッシュを使用したコンクリートの屋外暴露試験, コンクリート工学年次論文集, 第22巻,第2号,pp.85-90, 2000.06.
93. 原田志津男,松藤泰典,小山智幸,田中恭一, 硫酸酸性地盤に接する高品質コンクリートの暴露7年目の物理性状, コンクリート工学年次論文集, 第22巻,第1号,pp.247-252, 2000.06.
94. 船本憲治,松藤泰典,森永繁,小山智幸,伊藤是清, フライアッシュを内割使用したコンクリートの暑中環境下における諸性質に関する実験的研究, 日本建築学会構造系論文集, 第531号,pp.1-6, 2000.05.
95. 松藤泰典,小山智幸,宮崎環,八尋栄治, グリーンコンクリートに生じる表層こわばりの対策に関する実験的検討, セメント・コンクリート論文集, No.53, pp.941-946, 2000.02.
96. 松藤泰典,小山智幸,小山田英弘,北條康夫, 表面及び内部の反発度と強度性状の相関に関する考察, セメント・コンクリート論文集, No.53, pp.805-810, 2000.02.
97. 松藤泰典,小山智幸,伊藤是清, 石炭灰を大量に用いたコンクリートの中性化挙動に関する研究, セメント・コンクリート論文集, No.53, pp.779-784, 2000.02.
98. 松藤泰典,小山智幸,船本憲治,伊藤是清, フライアッシュの大量混合を可能にするコンクリートの調合則, 九州大学工学集報, Vol.72, No.6, pp.703-710, 1999.11.
99. 原田志津男,松藤泰典,小山智幸,田中恭一, 硫酸酸性地盤に接する高品質コンクリートの暴露5年目の物理性状, コンクリート工学年次論文報告集, Vol.21, No.2, pp.883-888, 1999.07.
100. 船本憲治,松藤泰典,小山智幸,伊藤是清, フライアッシュ置換率40%までのコンクリートの初期性状, コンクリート工学年次論文報告集, Vol.21, No.2, pp.103-108, 1999.07.
101. 松藤泰典,小山智幸, 線形モデルとしてのコンストラクションマネジメント, 九州大学工学集報, Vol.72, No.2, pp.169-175, 1999.03.
102. 松藤泰典,小山智幸,小山田英弘,北條康夫, 硬化コンクリートの反発度の深さ方向分布に関する実験, セメント・コンクリート論文集, No.52, pp.1012-1017, 1998.12.
103. 松藤泰典,小山智幸,宮崎環,八尋栄治, グリーンコンクリートに生じる表層こわばりの発生要因に関する実験的検討, セメント・コンクリート論文集, No.52, pp.1006-1011, 1998.12.
104. 松藤泰典,小山智幸,伊藤是清, 石炭灰を大量に用いたコンクリートの初期性状に関する研究, セメント・コンクリート論文集, No.52, pp.922-927, 1998.12.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」