九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
岡部 弘高(おかべ ひろたか) データ更新日:2019.07.28

准教授 /  工学研究院 エネルギー量子工学部門 応用物理学


主な研究テーマ
ソフトマテリアルの物性と応用研究
キーワード:ソフトマテリアル
1998.09.
光学、超音波、磁気計測の応用研究
キーワード:バイオフォトン、超音波、磁気
1986.04.
研究業績
主要著書
主要原著論文
主要総説, 論評, 解説, 書評, 報告書等
主要学会発表等
特許出願・取得
特許出願件数  1件
特許登録件数  4件
学会活動
所属学会名
応用物理学会
日本MRS
日本物理学会
学協会役員等への就任
2013.06~2017.03, 日本MRS, 編集委員会委員.
2011.06~2013.06, 日本MRS, 理事.
2008.04, 応用物理学会九州支部, 理事.
学会大会・会議・シンポジウム等における役割
2016.12.03~2016.12.04, 平成28年度応用物理学会九州支部学術講演会, 座長(Chairmanship).
2014.12.06~2014.12.07, 平成26年度応用物理学会九州支部学術講演会, 座長(Chairmanship).
2014.08.24~2014.08.30, The 15th IUMRS-ICA (International Union of Materials Research Societies, International Conference in Asia) , 座長(Chairmanship).
2013.11.30~2013.12.01, 平成25年度応用物理学会九州支部学術講演会, 座長(Chairmanship).
2012.12.01~2012.12.02, 平成24年度応用物理学会九州支部学術講演会, 座長(Chairmanship).
2010.11.27~2010.11.28, 平成22年度応用物理学会九州支部学術講演会, 座長(Chairmanship).
2008.11.29~2008.11.30, 平成20年度応用物理学会九州支部学術講演会, 座長(Chairmanship).
2016.12.03~2016.12.04, 平成28年度応用物理学会九州支部学術講演会, 予稿集編集担当.
2015.12.05~2015.12.06, 平成27年度応用物理学会九州支部学術講演会, 予稿集編集担当.
2014.12.06~2014.12.07, 平成26年度応用物理学会九州支部学術講演会, 予稿集編集担当.
2014.08.24~2014.08.30, The 15th IUMRS-ICA (International Union of Materials Research Societies, International Conference in Asia), Symposium B-5 Advanced Study in Science and Technology for Soft Matter Organizer.
2013.11.30~2013.12.01, 平成25年度応用物理学会九州支部学術講演会, 予稿集編集担当.
2012.12.01~2012.12.02, 平成24年度応用物理学会九州支部学術講演会, 予稿集編集担当.
2011.11.26~2011.11.27, 平成23年度応用物理学会九州支部学術講演会, 予稿集編集担当.
2010.11.27~2010.11.28, 平成22年度応用物理学会九州支部学術講演会, 現地実行委員・予稿集編集担当.
2010.09.14~2010.09.17, 2010年秋季 第71回応用物理学会学術講演会, 現地実行委員.
2010.09.05~2010.09.08, 2010年日本液晶学会講演会・討論会, 現地実行委員.
2009.11.21~2009.11.22, 平成21年度応用物理学会九州支部学術講演会, 予稿集編集担当.
2008.11.29~2008.11.30, 平成20年度応用物理学会九州支部学術講演会, 予稿集編集担当.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2018年度      
2017年度      
2015年度      
2014年度      
2009年度      
2008年度      
2003年度      
その他の研究活動
海外渡航状況, 海外での教育研究歴
ハワイ大学, UnitedStatesofAmerica, 2010.03~2010.03.
受賞
応用物理学会支部貢献賞, 応用物理学会九州支部, 2017.12.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2014年度~2016年度, 挑戦的萌芽研究, 連携, 深刻な水不足地域救済の為の革新的貯水技術の開発.
2012年度~2015年度, 基盤研究(B), 連携, 戦略的エネルギー関連資源確保の為の新技術の開発.
2011年度~2012年度, 挑戦的萌芽研究, 連携, マイクログローコロナによる発光分光分析.
2005年度~2006年度, 基盤研究(C), 代表, 電磁波による微量活性酸素生成と化学発光測定による抗酸化活性計測法の開発.
2002年度~2003年度, 基盤研究(C), 代表, 活性酸素による化学発光を利用した植物の生理状態測定法の開発.
2000年度~2001年度, 基盤研究(C), 代表, ホルモンを介した非線形相互作用による植物の群生発生機構の解明.
1999年度~2000年度, 基盤研究(C), 分担, 発電エネルギーの貯蔵機能を合わせ持つ新規光発電素子開発に関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2000年度~2000年度, 小笠原科学技術振興財団, 代表, 熱硬化性樹脂のネットワーク構造と生成物の物性および高性能化に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」