九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
古賀 靖子(こが やすこ) データ更新日:2019.09.30

准教授 /  人間環境学研究院 都市・建築学部門 計画環境系


社会貢献・国際連携
社会貢献・国際連携活動概要
日本照明工業会ISO/TC274国内審議委員会委員、建築・住宅国際機構ISO/TC163/WG4・ISO/TC205/WG1・WG7対応委員、ISO/TC274リエゾン担当、ISO/TC274/JWG4・JWG5専門委員、国際照明委員会(CIE)リエゾン担当
国内, 国際政策形成, 及び学術振興等への寄与活動
2017.01~2017.01, 港湾照明に関する勉強会講師, (社)港湾荷役機械システム協会.

2014.12~2018.09, 国際標準化機構(ISO)の技術委員会TC205「建築環境設計」のWG「屋内視環境」において、昼光照明設計プロセスに関するISO規格原案作成のプロジェクト・リーダーを務めている。, 国際標準化機構(ISO).

2013.01~2015.12, 国際エネルギー機関 (IEA) 太陽熱利用冷暖房 (SHC) プログラムのTask 50「建築物の改修のための先端照明技術」に参加し、日本の研究成果や技術情報を提供している。, 国際エネルギー機関 (IEA).

2012.09~2016.09, 光と照明に関する国際規格・勧告・推奨などを作成し公布する国際機関CIEの屋内照明に関する部会において副部会長を務め、また、屋内作業場の照明に関するISOとCIEの合同国際規格ISO 8995-1:2002 (CIE S 008/E:2001) "Lighting of Work Places - Part 1: Indoor"の見直しと改訂のための技術委員会TC3-53を提案し、委員長として見直しと改訂の作業を進めている。CIEは国際標準化機構ISOと技術協力を締結しており、光と照明に関するCIE規格は、ISO規格原案として採用される。, 国際照明委員会(Commission Internationale de l'Eclairage).

2011.04~2016.03, ISO TC163/SC2/WG14、ISO TC163/WG4(ISO TC205との合同WG)、ISO TC205/WG7において、専門委員として、建築光環境および建築照明に関連するISO規格の原案作成を行っている。, 国際標準化機構(International Organization for Standardization)TC163及びTC205(国内引き受け団体:建築・住宅国際機構).

一般市民、社会活動及び産業界等を対象とした活動
2019.05, 九州大学学術研究・産学官連携本部.

2018.09, 建築環境デザイン - 光と建築, 福岡県立春日高校, 福岡県立春日高校.

2017.01, 中学生のためのキャリアデザイン啓発事業「建築と光空間デザインの仕事」, 福岡市, 和白丘中学校(福岡市東区).

2017.03, LEDコンテナヤード照明評価委員会, 博多港ふ頭株式会社, 福岡市.

2012.02, 株式会社産学連携機構九州.

2010.07, 第30期照明基礎講座スクーリング, 照明学会, 福岡市・電気ビル本館.

2009.06, おおいた省エネ照明フォーラム, 大分県地球温暖化防止活動推進センター, 大分県庁本庁舎2F正庁ホール.

2009.12, 株式会社産学連携機構九州.

2008.12, 株式会社産学連携機構九州.

その他の優れた社会貢献活動
2019年度, 国際エネルギー機関(IEA)太陽熱利用冷暖房(SHC)プログラムTask 61「昼光照明と電気照明の統合技術 - 構成要素から利用者中心のシステム効率まで」.

2018年度, 国際エネルギー機関(IEA)太陽熱利用冷暖房(SHC)プログラムTask 61「昼光照明と電気照明の統合技術 - 構成要素から利用者中心のシステム効率まで」.

2015年度, 国際エネルギー機関(IEA)太陽熱利用冷暖房(SHC)プログラムTask 50「建築物の改修のための先端照明技術」.

2014年度, 国際エネルギー機関(IEA)太陽熱利用冷暖房(SHC)プログラムTask 50「建築物の改修のための先端照明技術」.

2014年度, LED型ヤード照明評価委員会・委員(博多港ふ頭).

2013年度, 国際エネルギー機関(IEA)太陽熱利用冷暖房(SHC)プログラムTask 50「建築物の改修のための先端照明技術」.

2010年度, Reporter of CIE R3-13 Lighting Vocabulary.

2010年度, Committee member of CIE TC3-39 Discomfort Glare from Daylight in Buildings.

2010年度, Committee member of CIE TC3-42 Lighting Design Applications.

2010年度, Committee member of CIE TC3-46 Research Roadmap for Healthful Interior Lighting Applications.

2010年度, Committee member of ISO TC205/WG7 Indoor Visual Environment.

2010年度, 日本照明委員会・部会特別委員.

2010年度, 日本照明委員会・第3部会国内委員会・委員長.

2010年度, 日本建築学会・男女共同参画推進委員会・委員.

2010年度, 日本照明委員会・ISO/CIE規格国内審議委員会・専門委員.

2009年度, Reporter of CIE R3-13 Lighting Vocabulary.

2009年度, Committee member of CIE TC3-39 Discomfort Glare from Daylight in Buildings.

2009年度, Committee member of CIE TC3-42 Lighting Design Applications.

2009年度, Committee member of CIE TC3-46 Research Roadmap for Healthful Interior Lighting Applications.

2009年度, Committee member of ISO TC205/WG7 Indoor Visual Environment.

2009年度, 日本照明委員会・部会特別委員.

2009年度, 日本照明委員会・第3部会国内委員会・委員長.

2009年度, 日本建築学会・男女共同参画推進委員会・委員.

2008年度, Reporter of CIE R3-13 Lighting Vocabulary.

2008年度, 日本建築学会・男女共同参画推進委員会・委員.

2008年度, 照明学会・光環境総合評価システム作成研究調査委員会・委員長.

2008年度, 日本照明委員会・第3部会国内委員会・委員長.

2008年度, 日本照明委員会・部会特別委員.

2008年度, Committee member of ISO TC205/WG7 Indoor Visual Environment.

2008年度, Committee member of CIE TC3-46 Research Roadmap for Healthful Interior Lighting Applications.

2008年度, Committee member of CIE TC3-42 Lighting Design Applications.

2008年度, Committee member of CIE TC3-39 Discomfort Glare from Daylight in Buildings.

2007年度, 日本建築学会・男女共同参画推進委員会・委員.

2007年度, 照明学会・光環境総合評価システム作成研究調査委員会・委員長.

2007年度, 日本照明委員会・第3部会国内委員会・委員長.

2007年度, 日本照明委員会・部会特別委員.

2007年度, Reporter of CIE R3-13 Lighting Vocabulary.

2007年度, Committee member of CIE TC3-42 Lighting Design Applications.

2007年度, Committee member of CIE TC3-39 Discomfort Glare from Daylight in Buildings.

2007年度, Committee member of ISO TC205/WG7 Indoor Visual Environment.

2006年度, 照明学会・光環境総合評価システム作成研究調査委員会・委員長.

2006年度, 日本照明委員会・第3部会国内委員会・委員長.

2006年度, 日本照明委員会・部会特別委員.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」