九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
篠田 岳思(しのだ たけし) データ更新日:2019.07.02

教授 /  工学研究院 海洋システム工学部門 海洋システム設計学講座


主な研究テーマ
コンテナターミナルにおける省エネ技術の向上に関する研究
キーワード:省エネ技術,コンテナターミナル,ルーフシェード,トランスファークレーン,ハイブリド型ストラドルキャリア,冷凍コンテナ,エネルギー消費シミュレーション,コンテナ荷役シミュレーション
2011.04~2018.03.
自動車運搬船における換気計画と数値シミュレーションによる評価解析に関する研究
キーワード:自動車運搬船、換気計画、数値シミュレーション
2013.04~2017.03.
水処理・回収のための濾過処理技術の向上
キーワード:水質環境改善,浄水製造,濾過装置開発、スクラバー廃液処理、バラスト水処理、浚渫土濾過、バイオエネルギー用藻類の回収
2012.04.
船内居住区の環境性能評価に関する研究
キーワード:配置問題、自動設計、快適環境,PMV,騒音
2010.04.
造船所における労働安全に関するリスク評価に関する研究
キーワード:ヒューマンファクター,安全工学,リスク解析,労働安全,作業改善,安全改善,モックアップ実験、画像分析、作業・安全観測システム、モニタリングシステム
2004.04.
船舶のバラスト水処理
キーワード:バラスト水処理,濾過装置開発
2000.04.
海洋環境保全と環境価値評価に関する研究
キーワード:環境保全,海洋環境価値評価,油濁汚染
1996.04.
コンテナターミナルの機能設計と機能性評価に関する研究
キーワード:コンテナターミナル,海上物流,機能性評価,荷役シミュレーション, 荷役計測
1995.04.
ヒューマンファクターを考慮した海上安全のためのリスク評価に関する研究
キーワード:FSA,安全工学,リスク評価,リスク解析、衝突海難,漁船と大型船との衝突海難,ベイジアンネットワーク,ヒューマンファクター,操船モデル,認知判断モデル
1994.04.
船舶艤装設計に関する研究
キーワード:機能設計工学,環境設計工学,設計工学,応用数理学,評価意思決定, テキストマイニング
1989.04.
研究業績
主要著書
1. 石井貞美,大柿哲朗,大幢勝利,奥平与人,河野昭彦,小山田英弘,篠田岳思,福島正治,前田潤滋,米谷秀子, 仮設工学 −建設工事のQCDSEからSとEを中心として−, 2008.02.
主要原著論文
1. 田中太氏,篠田岳思, 造船所の労働安全向上のための歩行路環境の安全性評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第9W号,pp.71-74, 2009.11.
2. 篠田岳思,木村孝司,田中太氏, テキストマイニングによる造船設計・工作のトラブルデータ分析に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第9W号,pp.75-78, 2009.11.
3. 篠田岳思, 下川和宏, 田村由佳, 漁船と大型船の衝突海難のリスク解析に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第9W号,pp.79-82, 2009.11.
4. Takeshi Shinoda, Takashi Tanaka, Shogo KITAJIMA, Analysis of Container Handling Operation by Observational Data of Work at Container Terminal, Proceedings of IMAM 2009(International Maritime Association of the Mediterranean 2009), 2009.10.
5. 田中太氏,篠田岳思, カオス解析による作業のための歩行路環境の安全性評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, Vol.9,pp.237-245, 2009.06.
6. Takashi Tanaka, Takeshi Shinoda, Applied Chaos Theory to Evaluation for Walking Environment on Occupational Safety Management at Shipyard, Proceedings of ISOPE-2009, pp.688-694, 2009.06.
7. Yuka TAMURA, Takeshi SHINODA, Safety Assesment with Marine Casuality Data on Collision Accidents between Fishing Vessels and Cargo Vessels., Proceedings of ISOPE-2009, pp.641-648, 2009.06.
8. 田中太氏,篠田岳思, 造船所における労働安全性評価のためのカオス解析の適用による歩行路環境の評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第8号,pp.549-552, 2009.05.
9. 篠田岳思,木村孝司,田中太氏, テキストマイニングによる造船設計・工作における誤りの構造分析に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第8号,pp.537-538, 2009.05.
10. 田村由佳, 篠田岳思, 下川和宏, 漁船および大型船の衝突海難データベース構築によるリスク解析に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第8号,pp.231-232, 2009.05.
11. 田中太氏,篠田岳思, 造船所における労働安全性評価のためのカオス解析の適用に関する研究
‐(その3)ゆらぎ解析による歩行環境評価への適用‐, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, 第7W号,pp.81-84, 2008.11.
12. 篠田岳思,田中太氏,杉原雅明,熊田徹,渕口淳哉, 工場内物流模擬実験による造船所における物流管理に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, Vol.6,pp.487-490, 2008.05.
13. 篠田岳思,田中太氏,西川勝大,熊田徹, コンテナターミナルにおけるトランスファークレーン方式 の荷役データ分析に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, Vol.6,pp.443-444, 2008.05.
14. 田村由佳,篠田岳思,山口裕介, 海難事故データベースの構築と要因分析- 大型船と漁船の衝突事故-, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, Vol.6,pp.309-310, 2008.05.
15. 田中太氏,篠田岳思, 田中太氏,篠田岳思,造船所における労働安全性評価のためのカオス解析の適用に関する研究
(その2)歩行動作のゆらぎを利用した歩行安全評価, 日本船舶海洋工学会講演会論文集, Vol.6,pp.311-314, 2008.05.
16. 田中太氏,篠田岳思, 造船工場における労働安全性評価のための歩行および作業環境のカオス解析, 21世紀COEプログラム「循環型住空間システムの構築」講演集, 6号,pp.30-33, 2008.01.
17. 篠田岳思,池田耕平,合戸崇司,田中太氏, 造船所における歩行安全評価のためのヒューマンモデルに関する研究, 日本船舶海洋工学会論文集, Vol.6, pp.83-89, 2007.12.
18. Takeshi Shinoda, Takashi Tanaka, Hwayoung Kim, Construction of Container Handling Simulation Model in Container Terminal by Database Analysis, Proceedings of IMAM 2007(International Maritime Association of the Mediterranean 2007), 2007.09.
19. 篠田岳思, 表広倫, 田中太氏, 長江流域圏における浮体型コンテナターミナルを活用したコンテナ物流システムと可能性評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演論文集, 第4号, pp.485-486, 2007.05.
20. 篠田岳思, 金生芳樹, 田村由佳, 田中太氏, 造船所における労働災害データベースの構築とリスク解析に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演論文集, 第4号, pp.409-410, 2007.05.
21. 田中太氏, 篠田岳思, 造船所における労働安全性評価のためのカオス解析の適用に関する研究−歩行動作の時系列解析−, 日本船舶海洋工学会講演論文集, 第4号, pp.407-408, 2007.05.
22. 篠田岳思, 池田耕平, 合戸崇司, 田中太氏, 造船所における歩行路環境評価のためのヒューマンモデルに関する研究, 日本船舶海洋工学会講演論文集, 第4号, pp.411-412, 2007.05.
23. 田中太氏,篠田岳思, 労働安全性評価のためのカオス理論を適用した歩行動作の時系列データ解析, 21世紀COEプログラム「循環型住空間システムの構築」第5回フォーラム講演集, pp.63-68, 2007.03.
24. 篠田岳思,金生芳樹,山本和弘,田中太氏, 造船所における労働安全リスク評価に関する研究—労働災害データベース構築と歩行動作解析について—, 第1回仮設工学フォーラム講演集, pp.29-34, 2006.10.
25. 篠田岳思, 柄谷佑樹,黒木旭, 田中太氏, 海上輸送に伴う環境リスク評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演論文集, 第2W号,pp.35-36, 2006.05.
26. 篠田岳思, 福原啓輔,熊田徹, 田中太氏, 海上物流の物流価値向上のためのユビキタス技術の利用に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演論文集, 第2E号,pp.3-4, 2006.05.
27. 篠田岳思, 白葉義遙, 山本和弘, 田中太氏, 人的要因を考慮した造船所における労働安全に関する研究-モーションキャプチャーを用いた歩行動作実験と解析-, 日本船舶海洋工学会講演論文集, 第2W号,pp.53-54, 2006.05.
28. 田中太氏,篠田岳思,城下潤,金華榮, 動態分析による国際物流モードと拠点形成に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演論文集, 2E号,pp.13-14, 2006.05.
29. Hwayoung Kim, Takeshi Shinoda, Takashi Tanaka, Nobuyoshi Fukuchi, Study on Improvement for Container Throughput by Daily work report Analysis on Container Handling, Proceedings of ISOPE-2006, 2006.05.
30. 篠田岳思,金華榮,城下潤,田中太氏, コンテナターミナルの荷役データ分析によるコンテナスループット向上に関する研究, 日本船舶海洋工学会講演論文集, 第1号,pp.449-450, 2005.11.
主要学会発表等
1. Yuka TAMURA, Takeshi SHINODA, A Trial FSA Application to Collision Accidents between Fishing Vessels and Cargo Vessels, Association of Maritime Engineering Societies (PAAMES) Forum, 2011.12.
2. 篠田岳思,田中太氏,平尾和浩, 作業・安全観測法による造船所の作業リスクアセスメントに関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2011.06.
3. 篠田岳思,田村由佳,片山智博,下川和宏, CVM を適用した衝突海難リスクの改善性評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2011.06.
4. 田中太氏,篠田岳思, ゆらぎ解析による造船工場の歩行路環境の安全性評価に関する研究
− NC 切断機のコンベアラインの歩行動作への適用−, 日本船舶海洋工学会, 2011.06.
5. 篠田岳思,魚住 順一,物部 長順,, スプリングフィルターを用いた濾過処理による バラスト水処理装置の開発, 日本船舶海洋工学会, 2011.06.
6. 田中太氏,篠田岳思, 歩行中の身体のゆらぎ解析による作業・歩行路環境の安全性評価, 日本船舶海洋工学会, 2011.06.
7. Takeshi SHINODA, Takashi TANAKA, Yoshiki KANO, Risk Analysis for Occupational Safety Management at Shipyard, 日本船舶海洋工学会, 2011.06.
8. 篠田岳思,田中太氏,西川勝大,北島祥吾, コンテナターミナルの荷役オペレーションの機能性評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2011.06.
9. 田中太氏,篠田岳思, 船舶の居住区配置設計のための最適配置問題, 日本船舶海洋工学会, 2011.06.
10. 田中太氏,篠田岳思, 造船工場の歩行路環境の安全性評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2011.06.
11. 篠田岳思,魚住 順一,物部 長順, IMO バラスト水管理のための濾過処理装置の開発, 日本船舶海洋工学会, 2011.06.
12. 篠田岳思,田村由佳,下川和宏,片山智博, 関門海域における船舶航行データを用いた漁船と大型船の衝突海難のリスク解析, 日本船舶海洋工学会, 2011.05.
13. Yuka TAMURA, Takeshi SHINODA, FSA Application to Collision Accidents Between Fishing Vessels and Cargo Vessels, 日本船舶海洋工学会, 2011.05.
14. 篠田岳思,田村由佳, 人的要因を考慮した衝突海難のリスク解析に関する研究 −漁船と大型船の衝突事故への適用−, 日本航海学会, 2010.05.
15. 篠田岳思,木村孝司,田中太氏, テキストマイニングによる造船設計・工作のトラブルデータ分析に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2009.11.
16. 田中太氏,篠田岳思, 造船所の労働安全向上のための歩行路環境の安全性評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2009.11.
17. 篠田岳思, 下川和宏, 田村由佳, 漁船と大型船の衝突海難のリスク解析に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2009.11.
18. Takashi TANAKA, Takeshi SHINODA, Applied Chaos Theory to Evaluation for Walking Environment on Occupational Safety Management at Shipyard, ISOPE2009, 2009.06.
19. Yuka TAMURA, Takeshi SHINODA, Safety Assesment with Marine Casuality Data on Collision Accidents between Fishing Vessels and Cargo Vessels., ISOPE2009, 2009.06.
20. 田村由佳, 篠田岳思, 下川和宏, 漁船および大型船の衝突海難データベース構築によるリスク解析に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2009.05.
21. 田中太氏,篠田岳思, カオス解析による作業のための歩行路環境の安全性評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2009.05.
22. 篠田岳思,木村孝司,田中太氏, テキストマイニングによる造船設計・工作における誤りの構造分析に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2009.05.
23. 田中太氏,篠田岳思, 造船所における労働安全性評価のためのカオス解析の適用に関する研究
‐(その3)ゆらぎ解析による歩行環境評価への適用‐, 日本船舶海洋工学会, 2008.11.
24. 篠田岳思,田中太氏,杉原雅明,熊田徹,渕口淳哉, 工場内物流模擬実験による造船所における物流管理に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2008.05.
25. 篠田岳思,田中太氏,西川勝大,熊田徹, コンテナターミナルにおけるトランスファークレーン方式 の荷役データ分析に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2008.05.
26. 田中太氏,篠田岳思, 造船所における労働安全性評価のためのカオス解析の適用に関する研究
(その2)歩行動作のゆらぎを利用した歩行安全評価, 日本船舶海洋工学会, 2008.05.
27. 田村由佳,篠田岳思,山口裕介, 海難事故データベースの構築と要因分析- 大型船と漁船の衝突事故-, 日本船舶海洋工学会, 2008.05.
28. 田中太氏,篠田岳思, 造船工場における労働安全性評価のための歩行および作業環境のカオス解析, 21世紀COEプログラム「循環型住空間システムの構築」第6回フォーラム, 2008.01.
29. Takeshi Shinoda, Takashi Tanaka, Hwayoung Kim, Construction of Container Handling Simulation Model in Container Terminal by Database Analysis, International Maritime Association of the Mediterranean, 2007.09.
30. 篠田岳思, 池田耕平, 合戸崇司, 田中太氏,池田耕平, 造船所における歩行路環境評価のためのヒューマンモデルに関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2007.05.
31. 篠田岳思, 金生芳樹, 田村由佳, 田中太氏, 造船所における労働災害データベースの構築とリスク解析に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2007.05.
32. 篠田岳思, 表広倫, 田中太氏, 長江流域圏における浮体型コンテナターミナルを活用したコンテナ物流システムと可能性評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2007.05.
33. 田中太氏, 篠田岳思, 造船所における労働安全性評価のためのカオス解析の適用に関する研究−歩行動作の時系列解析−, 日本船舶海洋工学会, 2007.05.
34. 田中太氏,篠田岳思, 労働安全性評価のためのカオス理論を適用した歩行動作の時系列データ解析, 21世紀COEプログラム「循環型住空間システムの構築」第5回フォーラム, 2007.03.
35. Hwayoung Kim, Takeshi Shinoda,, Takashi Tanaka, Study on Improvement for Container Throughput by Data Base Analysis on Container Handling, International Society of Offshore and Polar Engineers, 2006.09.
36. 篠田岳思,金生芳樹,山本和弘,田中太氏, 造船所における労働安全リスク評価に関する研究
—労働災害データベース構築と歩行動作解析について—, 仮設工学研究フォーラム, 2006.06.
37. 篠田岳思,白葉義遥,山本和弘,田中太氏, 人的要因を考慮した造船所における労働安全に関する研究
−モーションキャプチャーを用いた歩行動作実験と解析−, 日本船舶海洋工学会, 2006.05.
38. 篠田岳思,柄谷佑樹,黒木旭,田中太氏, 海上輸送に伴う環境リスク評価に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2006.05.
39. 篠田岳思,福原啓輔,熊田徹,田中太氏, 海上物流の物流価値向上のためのユビキタス技術利用に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2006.05.
40. 田中太氏,篠田岳思,城下潤,金華榮,, 動態分析による国際物流モードと拠点形成に関する研究, 日本船舶海洋工学会, 2006.05.
特許出願・取得
特許出願件数  5件
特許登録件数  0件
学会活動
所属学会名
日本航海学会
SNAME
日本船舶海洋工学会
日本機械学会
西部造船会技術研究会
学協会役員等への就任
2010.04~2020.03, 日本船舶海洋工学会, 研究企画委員.
2018.04~2020.03, 日本航海学会, 代議委員.
2013.04~2020.03, 西部造船会技術研究会, 機能システム部会・部会長.
2002.04~2013.03, 西部造船会技術研究会, 機能システム部会幹事.
2002.04~2020.03, 日本船舶海洋工学会, 船体艤装工作部会部会長.
2006.04~2008.03, 日本船舶海洋工学会, 運営委員.
2006.04~2020.03, 日本船舶海洋工学会, 運営委員.
2006.04~2020.03, 日本船舶海洋工学会, 運営委員.
学術論文等の審査
年度 外国語雑誌査読論文数 日本語雑誌査読論文数 国際会議録査読論文数 国内会議録査読論文数 合計
2016年度 15  28 
2015年度 15    25 
2014年度 10  10    23 
2013年度   10 
2009年度  
2007年度    
2006年度
受賞
Elmer L. Hann Award, The Society of Naval Architects and Marine Engineers, 2017.10.
工学講義賞, 九州大学工学部, 2015.12.
第12回(平成26年度)産学官連携功労者表彰(国土交通大臣賞), 内閣府, 2014.09.
功労会員, 日本船舶海洋工学会, 2013.05.
日本船舶海洋工学会論文賞, 日本船舶海洋工学会, 2010.05.
日本海事協会賞, 日本海事協会, 2010.05.
日本造船学会賞論文賞, 日本造船船学会, 1992.05.
日本海事協会賞, 日本海事協会, 1992.05.
日本造船学会学会長賞, 日本造船学会, 1992.05.
研究資金
科学研究費補助金の採択状況(文部科学省、日本学術振興会)
2008年度~2010年度, 基盤研究(B), 代表, 造船所における作業安全向上のためのリスク解析と改善性評価に関する研究.
2006年度~2007年度, 基盤研究(B), 代表, ヒューマンファクターを考慮した造船所における労働安全に関する研究.
2004年度~2005年度, 基盤研究(C), 代表, ゼロ・エミッションを支援する高度循環型物流システムに関する研究.
競争的資金(受託研究を含む)の採択状況
2011年度~2013年度, 厚生労働科学研究費補助金 (厚生労働省), 代表, 携帯情報端末を用いた作業・安全分析による造船・建設業におけるリスクアセスメントシステムの構築と展開に関する研究.

九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」