九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
岸田 昌浩(きしだ まさひろ) データ更新日:2017.05.30

教授 /  工学研究院 化学工学部門 分子・生物システム工学大講座


大学院(学府)担当

学部担当



電子メール
ホームページ
取得学位
博士(工学)
専門分野
化学工学,触媒反応工学,材料工学
活動概要
【研究活動概要】
無機の機能性材料を対象とした反応工学分野を専門として次のような研究を行っている.
(1)ナノ粒子の合成とシリカコーティングに関する研究
 各種手法を用いて数nm〜数10nmのナノ粒子を合成し,さらにその粒子表面をシリカでコーティングする研究を行っている。逆ミセル法を用いて,数nmの金属あるいは金属酸化物ナノ粒子を合成し,その粒子表面を厚さ10nm程度のシリカ層で均一にコーティングすることに成功している。さらに,サブミクロンサイズの不定形無機粒子に対しても,同様のナノコーティングにも成功している。
(2)燃料電池電極触媒のシリカ被覆
 燃料電池の電極触媒を数nm厚さのシリカ層で被覆することにより,電極触媒の耐久性を飛躍的に向上できることを見出した.さらに,従来は利用することが不可能であった非白金金属をシリカ被覆すると電極触媒として利用可能であることを世界で初めて見出した.これによって現在緊急の課題となっている白金使用量低減化に対して,極めて大きく貢献でき,実用化に関する検討を行っているところである.
(3)シリカナノカプセルの創製と工学的応用
 有機物質を包括したシリカナノカプセルの創製に成功した.これまでに,分子サイズの大きい(ポルフィリンなど)均一系触媒をカプセル内に包括し,その触媒の反応溶液への溶出をさせない状態で,分子サイズの小さい(トルエンなど)原料分子を触媒反応させることに成功している.カプセル内には様々な分子を包括することが可能であり,さらに界面活性剤や微粒子保護剤など補助的な試薬も不要なことから,様々な応用展開を検討しているところである.

【教育活動】
 博士課程・修士課程の大学院生および学部の卒業研究生に対する指導を行っている.学部の授業では,反応工学第一(2年生),反応工学第二(3年生),物質科学工学実験第三演習(3年生)を担当している.また大学院の授業では,化学機能材料工学(大学院),材料プロセス工学(大学院)を担当している.その他にもまた,コアセミナー(1年生),物質科学工学概論(1年生),工業倫理・工業経営(3年生)の授業を分担して行っている.
 研究室では,大学院生,卒業研究生,および留学生に対して個別の研究打合せ,実験の指導,ゼミおよび検討会を行っており,定期的に先端工学に関する講義も行っている.学生に対しては学術・研究分野だけでなく倫理・道徳面での指導も行っている.さらに,卒業論文及び大学院論文等の研究指導を積極的に行い,大学院生については国内外での学会発表を推進している.
 全学,部局あるいは部門のFDに毎年参加し,教育改善及び教育方法の向上を図っている.

【国際連携活動】
 国際共同研究や国際会議を通して海外の研究者と交流を行っている.また,幾つかの国際会議で,scientific boardやEditorを務めている.
 教育・研究を目的とした海外への研究者や学生の派遣および海外への研究者や学生の派遣を積極的に行っている.また,国際学術誌における校閲および査読業務を行っている.

【社会活動】
 社会連携活動として,化学工学会,触媒学会,および石油学会において講習会,講演会の企画,運営を行っている.学会の研究委員会や国際委員会を通して,産学官の連携を図っている.特に,化学工学会では反応工学部会事務局長および庶務幹事を務めている.また社会人教育として,化学工学会の企画である「化学工学の基礎と応用講習会」の講師を務めている.
 その他の社会活動として,幾つかの文科省あるいは経産省に関係する委員を務めるとともに,民間との共同研究の企画・立案・準備・運営・評価などの産学連携活動を積極的に推進している.

【大学運営】
 部局の運営審議会委員を務め,また幾つかの部局委員の委員長,副委員長などを仰せつかって,部局の運営に協力している.全学に対しても大学評価専門委員会委員などを通して大学運営に協力している.鉄鋼リサーチセンターや超高圧電子顕微鏡センターの運営委員としても協力を行っている.
 学内での管理業務に必要な第一種衛生管理の資格を取得している.
 試験監督に関する業務を行っている.部門内での委員会あるいはワーキンググループの委員を務めて,部門運営に積極的に協力している.研究室内の業務(会計,備品,安全,衛生,情報等の管理業務)を行っている.

九大関連コンテンツ