九州大学 研究者情報
研究者情報 (研究者の方へ)入力に際してお困りですか?
基本情報 研究活動 教育活動 社会活動
安田 和弘(やすだ かずひろ) データ更新日:2019.06.20

准教授 /  工学研究院 エネルギー量子工学部門 エネルギー物質科学大講座


教育活動概要
大学院教育:
量子線応用物性学(エネルギー量子工学専攻)
核燃料サイクル実験Ⅰ(エネルギー量子工学専攻)
国際環境特別コース講義CL-5(国際環境特別コース)
Lattice Defects in Crystals(グローバルコース)
国際オープンマインド特論(工学府、システム情報学府)
   
学部教育:
基幹物理学演習IA(エネルギー科学科1年)
固体物理学 I(エネルギー科学科3年)
量子理工学実験(エネルギー科学科3年)
課題集約演習(エネルギー科学科3年)
国際オープンマインド入門(工学部学生)
担当授業科目
2018年度・後期, 核燃料サイクル工学実験Ⅰ.

2018年度・前期, 基幹物理学IA演習.

2018年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2018年度・前期, 国際環境特別コース講義CL-5.

2018年度・前期, 国際オープンマインド入門.

2018年度・前期, 国際オープンマインド特論.

2018年度・前期, Lattice Defects in Crystals.

2018年度・後期, 量子線応用物性学.

2017年度・後期, 核燃料サイクル工学実験Ⅰ.

2018年度・後期, 課題集約演習.

2018年度・後期, エネルギー量子工学基礎.

2017年度・後期, エネルギー量子工学基礎.

2017年度・前期, 国際オープンマインド特論.

2017年度・前期, 国際オープンマインド入門.

2017年度・前期, 国際環境特別コース講義CL-5.

2017年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2017年度・前期, 基幹物理学IA演習.

2017年度・後期, 核燃料サイクル工学実験Ⅰ.

2017年度・前期, Lattice Defects in Crystals.

2017年度・後期, 量子線応用物性学.

2017年度・後期, 課題集約演習.

2016年度・後期, 課題集約演習.

2016年度・後期, 量子線応用物性学.

2016年度・前期, Lattice Defects in Crystals.

2016年度・前期, 核燃料サイクル工学実験Ⅰ.

2016年度・前期, 基幹物理学IA演習.

2016年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2016年度・前期, 国際環境特別コース講義CL-5.

2015年度・後期, 課題集約演習.

2015年度・後期, 量子線応用物性学.

2015年度・前期, Lattice Defects in Crystals.

2015年度・前期, 基幹物理学IA演習.

2015年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2015年度・前期, 国際環境特別コース講義CL-5.

2015年度・前期, 核燃料サイクル工学実験Ⅰ.

2014年度・後期, 量子線応用物性学.

2014年度・後期, 課題集約演習.

2014年度・前期, 基幹物理学IA演習.

2014年度・前期, 量子工学実験.

2014年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2014年度・前期, 国際環境特別コース講義CL-5.

2013年度・後期, 課題集約演習.

2013年度・後期, 量子線応用物性学.

2013年度・前期, 国際環境特別コース講義CL-5.

2013年度・前期, 核融合炉基礎工学.

2013年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2012年度・後期, 量子線応用物性学.

2012年度・後期, 課題集約演習.

2012年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2012年度・前期, 国際環境特別コース講義CL-5.

2012年度・前期, 核融合炉基礎工学.

2012年度・前期, 核燃料サイクル工学実験Ⅰ.

2011年度・後期, 課題集約演習.

2011年度・後期, 量子線応用物性学.

2011年度・前期, 核燃料サイクル工学実験Ⅰ.

2011年度・前期, 核融合炉基礎工学.

2011年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2011年度・前期, 国際環境特別コース講義CL-5.

2010年度・後期, 量子線応用物性学.

2010年度・前期, 国際環境特別コース講義CL-5.

2010年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2010年度・前期, 核融合炉基礎工学.

2010年度・後期, 課題集約演習.

2010年度・後期, 量子線応用物性学.

2010年度・前期, 核燃料サイクル工学実験Ⅰ.

2009年度・前期, 核融合炉基礎工学.

2009年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2009年度・前期, 核燃料サイクル工学実験Ⅰ.

2009年度・前期, 国際環境特別コース講義CL-5.

2009年度・後期, 課題集約演習.

2009年度・後期, 量子線応用物性学.

2008年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2008年度・前期, 核融合炉基礎工学.

2008年度・後期, 材料科学実験.

2008年度・後期, 量子線応用物性工学.

2008年度・後期, 課題集約演習.

2007年度・前期, エネルギー物質科学実験計画演習A.

2007年度・前期, 核融合炉基礎工学.

2007年度・後期, 課題集約演習.

2007年度・後期, 量子線応用物性工学.

2007年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2007年度・前期, 材料科学実験.

2006年度・前期, エネルギー物質科学実験計画演習A.

2006年度・後期, 課題集約演習.

2006年度・後期, 量子線応用物性工学.

2006年度・前期, 核融合炉基礎工学.

2006年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2005年度・後期, 課題集約演習.

2005年度・前期, 量子機能工学実験B.

2005年度・前期, 量子機能工学研究計画演習B.

2005年度・前期, 量子理工学実験.

2005年度・前期, 核融合炉基礎工学.

2005年度・前期, 固体物理Ⅰ.

2005年度・後期, 量子線応用物性工学.

2004年度・後期, 課題集約演習.

2004年度・後期, 量子線応用物性工学.

2004年度・前期, 量子機能工学実験B.

2004年度・前期, 量子機能工学研究計画演習B.

2004年度・前期, 量子理工学実験.

2004年度・前期, 核融合炉基礎工学.

2003年度・前期, 量子機能工学実験B.

2003年度・前期, 量子機能工学研究計画演習B.

2003年度・前期, 量子理工学実験.

2003年度・前期, 核融合炉基礎工学.

2003年度・後期, 課題集約演習.

2002年度・前期, 創造科学工学演習I.

2002年度・前期, 量子機能工学研究計画演習B.

2002年度・前期, 核融合炉基礎工学.

2002年度・前期, 量子理工学実験.

2002年度・前期, 量子機能工学実験B.

2002年度・後期, 課題集約演習.

ファカルティディベロップメントへの参加状況
2017.10, 全学, 参加, 大学の物理教育における様々なアプローチ .

2017.03, 全学, パネリスト, 男女共同参画に関するFD.

2014.03, 部局, 参加, 学生のメンタルヘルスに関するFD.

2013.02, 部局, 参加, 教育に関するFD.

2010.06, 部局, 参加, 部門FD 英語教育研修の報告ならびに教育法について.

2009.03, 部局, 参加, 講義に関するFD.

2007.10, 部局, 参加, 適正な研究活動に向けた説明会.

2007.07, 部局, 参加, 移転に伴うトラブルに関する研修.

2007.02, 部局, 参加, 授業評価に関する研修.

2006.11, 学科, 参加, 工学基礎としての数学物理学系教育の改善に向けて .

2005.04, 全学, 参加, 平成17年度第1回全学 FD.

学生のクラス指導等
2018年度, 学部, エネルギー科学科平成26年度生4年生.

2017年度, 学部, エネルギー科学科平成26年度生3年生.

2016年度, 学部, エネルギー科学科平成26年度生2年生.

2015年度, 学部, エネルギー科学科平成26年度生1年生.

2008年度, 学部, エネルギー科学科平成20年度4年生.

2007年度, 学部, エネルギー科学科平成19年度3年生.

2006年度, 学部, エネルギー科学科平成18年度2年生.

2005年度, 学部, エネルギー科学科平成17年度1年生.

他大学・他機関等の客員・兼任・非常勤講師等
2006年度, 京都大学エネルギー理工学研究所, 非常勤講師, 国内.

2006年度, 京都大学エネルギー理工学研究所, 非常勤講師, 国内.

2005年度, 京都大学エネルギー理工学研究所, 非常勤講師, 国内.

2004年度, 日本原子力文化振興財団, 高校にて放射線に関する実験・講義, 非常勤講師, 国内.

国際教育イベント等への参加状況等
2019.03, The 3rd Japan-Taiwan International Engineering Forum, 東京工大, 6U-Happier,東京工業大学, 100.

2018.09, 6th Japan-UK Engineering Education-League Workshop 運営委員, 福岡市, 九州大学 工学研究院, 50.


九大関連コンテンツ

pure2017年10月2日から、「九州大学研究者情報」を補完するデータベースとして、Elsevier社の「Pure」による研究業績の公開を開始しました。
 
 
九州大学知的財産本部「九州大学Seeds集」